FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

曖昧さが繋ぐ関係

今月も半分まで来ました。

早いですねー。

豆まきした日、もはや遠い昔のような気がします(笑)。

今日はね仏滅ですよ、皆さん、そしてバレンタイン・デーだ。

義理とか本命とか、今日もまたチョコレートが飛び交うんですかね。

外の恋の相手にもバレンタイン・デー、やる人はやるんでしょう(笑)。

何方かアタシにバレンタイン・デーな人、いますかね(笑)。

いや、もう気持ちだけで充分ですから(笑)。

・・・チョコレートなんかいりません、気持ちだけで。

気持ちと、それからね、熟れた肉体で十分です(笑)。

そんな話はどうでもいいですね、失礼いたしました(笑)。

曖昧さということについて書いてみますよ、今日は。

言うまでもなく外の恋の事です。

時々ね、アタシは見聞きする機会があるんですが、

それは何かといいますとね、付き合っているんだか付き合っていないんだか、

何ともよくわからない関係の外の恋の人。

外野のアタシが云々するものじゃあないことなんです、勿論。

私たち2人は外の恋の関係、付き合っています、繋がっています・・・と、

確かにそうだと実感できるもの、基準とかね、皆さんあります?

例えばね、こういう2人がいたとして、どう思います?

逢うのは年に数回、メールは月に数回、相手からは送ってこない。

こういう在り方でも外の恋・・・ですかね。

ですかね、ではないんだな(笑)。

本人が本人同士がそうだと思っていれば、確かにそうだし、

片方が何とも微妙~と思っていても、それが続いているなら

その人なりの外の恋なんでしょう。

毎日欠かさず数回、数十回とメールやLINEで連絡を取り合い、

毎週のように逢う、そういうペースを維持している人もいて、

ある意味で対極の立場、形、ですよね。

物事に白黒ハッキリつけたい人、います。

○なのか×なのか、どっちなのかを常に知りたい人。

月1回や2回のメール、それも相手が起点のメールは来ないということなら、

気持ちなんか全然ないでしょう・・・ということで、相手に結論を迫る人もいれば、

まぁいいか、別にこのままでもいいか、という人もいて。

自然消滅的にフェードアウトしていくことが嫌でもなく、それならそれで、という人も。

そういう緩さと曖昧さ、物事の在り方を突き詰めないがために、

外の恋が何となくいつまでも続くというね、そういう在り方もあるんですね。

価値の置き所がどこにあるか、何を求めるかに依るんでしょうね、お互いが。

アタシは曖昧さの中で繋がる関係ってのを経験したことなくてですね(笑)、

かと言って、機械のように日々正確にお互いの生存を確かめ合うような、

そんなルーチンを求めてきたわけでもないですよ(笑)。

程々でいいじゃん、適当でいいじゃん、所詮、外の恋なんだから、と。

確かにそう思います。

でも、やはり心のどこかで確かなものを実感したいのが外の恋じゃないかなと、

アタシはこう思うわけ。

答えがない問いですね。

スポンサーサイト



Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.02.14 10:53 | | # [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.02.14 14:14 | | # [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
ゆみこさん、コメントありがとうございます。
インフル、お疲れさまでした(笑)。
今シーズンは2つとも罹る贅沢な人、少なくないみたいですね~(笑)。
病み上がり、少しずつ始動ですね。
思いを断ち切れないというか、記憶から消せず、
心の中にいつまでもいる存在、自分の人生ですから納得いくように
できることをしてみるのがいいと思いますよ。
相手あってのことですから、悔いなく是非。
バレンタイン・・・着払いで結構ですよ(笑)。
返品なしでOKですから(笑)。
2018.02.14 21:45 | URL | #- [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
のん。さん、コメントありがとうございます。
去年、そんなことが確かありましたね、覚えてますよ。
今年は今年こそは去年の分も含めて取り返したいですね(笑)。
いいことがたくさんあるように祈りますね!
2018.02.14 21:47 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.02.19 20:14 | | # [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
のん。さん、コメントありがとうございます。
残念な出来事ですね。
仕事ですから仕方ないとは言え確かに残念。
土壇場での事ではなかっただけ救いかもしれないですが、
時間をかけて次のチャンスを待ちましょう。
いや、待てる状態になるまで待ちましょう。
2018.02.20 06:44 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/981-624f7035