FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

二度あることは三度ある・・・とは思えない(笑)。

いや、しかし寒いですね。

久々のとか、前代未聞のとかね、そんな大寒波らしいですね、今回。

確かに寒いです。

吹く風が肌に痛い感覚です。

何たってアレですよ、関東の気温が冷蔵庫の中よりも低いんだとか。

そりゃあ寒い訳だね。

いっそのこと、冷蔵庫の中にいた方がいいですよ、皆さん(笑)。

こう寒いと体の芯まで冷えますね、外を歩きますと。

アタシは今日、営業で外回りをしていて便意を催しました(笑)。

お腹が冷えちゃったんですかねぇ・・・あ、食事中の方、ごめんなさい(笑)。

ちょうど東京駅近くの商業施設もたくさん入っている高層ビルにいましたので、

そこのトイレに行きました、ええ。

男子トイレは小用便器が4つ、大用が3つ。

アタシは大に用がある訳ですから(笑)、3つある内の

ひとつだけ空いていた個室に入りました。

ベルトを外してスーツのズボンを下げ、ボクサーパンツを脱ぎ、尻を出し・・・

あ、そんなことは書く必要はないですね(笑)。

まぁとにかくね、アタシは個室で用を足しました・・・と言いますか、

足しておりました(笑)。

アタシが入ったことで大用の個室、3つ全部が使用中です。

するとね、早歩きというか急ぎ足というんでしょうかね、

激しい靴音をタイル張りの床に響かせまして、

誰かが入って来ました、トイレ内に。

で、立ち止まった後、すぐに出ていく足音が聞こえました。

間違いなく大用に用があったんでしょう(笑)。

全部使用中なので待てない!別のフロアのトイレへ・・・!

と、アタシは用を足し終えながら(笑)瞬時に判断したのです。

用が済んだら長居は無用ですからね、こんなところに(笑)。

アタシは用を足し終え、身支度をしておりますと、

先ほどのあの靴音がまた戻ってきました(笑)。

もう何て言うんですかねぇ・・・靴音に切羽詰まった感がある(笑)。

他の2つの個室ではまだ用が足し終えられていない気配ですから(笑)、

アタシがいち早く出て、この人を救わねば!と思いまして、ええ。

鍵をスライドさせて個室のドアの押し開けて、その人と目が会いました。

さぁどうぞ、と会釈くらいしようかと思いつつ、ドアを開けたんです。

1メートルもない先に立つ人は、30歳前後の女性でした!(笑)

アタシと目が会った瞬間に【え?!あら?!え?!】

なんて言葉を発しております(笑)。

アタシの方こそ【え?!あら?!え?!】と言いたいですね(笑)。

完全に女子トイレと勘違いした様子ですね、この女性。

【え?!あら?!え?!】と言った1秒後には小走りに去っていき、

すぐ隣にある正しい入口へ駈け込んでいかれたようです(笑)。

アナタ、すぐ目の前に小用の便器が並んでいたでしょうに(笑)。

切羽詰まると目の前にあるものさえも目に入らなくなるんでしょうかね。

いや、まぁとにかくね、ちょっと驚きましたね。

一瞬、アタシが女子トイレに入ってしまったのか?!と(笑)。

かなり以前にこのブログで書いた記憶がありますが、

アタシは女子トイレで用を足した経験がありますから(笑)。

入口に掲示してある古代ローマの彫刻にあるような絵で

男女のトイレを示していたんですけどね、アタシはその日その時、

まさに切羽詰まった瀕死の状態でしたので(笑)。

入口の絵をよく確かめずに(笑)、もう駈け込んでドアを閉めて用を足して、

ホッと一息ついたんです。

個室の中、目の前に見慣れない白く塗られた金属製の缶のような

ものがありまして(笑)。

何だこれ?と思っていたら、会話をしながらトイレに入ってくる女性の声です。

アタシは腹痛による脂汗のち、ここから如何に脱出するかの冷汗です(笑)。

誰もいない、いなくなったと、人の気配がないと判断できるまで

何分だか、何十分だか、忘れましたが(笑)、個室にとどまり、

そして意を決してドアを開け、アタシは駆け抜けましたトイレの出口へ。

洗面所の大鏡で化粧を直す女性と鏡越しに目が合いまして(笑)、

あの時の女性の驚愕の表情ね、未だに忘れることができません(笑)。

事件にも何にもなりませんでしたけどね、おかげさまで(笑)。

今日の出来事で、遠い記憶を呼び起こしたのでした。

ある意味で、今日の女性はアタシの驚愕の表情を記憶に刻んだことでしょう。

またいつか、何処かでお会いしましょう(笑)。

スポンサーサイト



Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.01.26 19:22 | | # [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
いちごさん、コメントありがとうございます。
寒さ厳しき日々ですね。
インフルエンザもピークに差し掛かっているような。
どうぞお気を付けください。
誕生日、記念日、特別の日、一番それに関わってほしい人は
そうならず、そうでもない或いはどうでもいい人が何故かそれを
してくれたりします(笑)。
一言の重みも相手次第です。
敢えてその日、そのこと自体に価値を置かない人もいて、
そういう人はおめでとうの一言もないんです、悪気なく。
そう思うようにしても損はないかもしれませんよ(笑)。
2018.01.26 23:20 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/970-65534391