FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

始まりにならない始まり

雨の日曜日、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

雨音を聞きながら、静かに読書を・・・ビールを呑みながらのアタシです(笑)。

もうね、今日は朝から昼過ぎまでに家のことも、何もかもやり終えましたんで、ええ。

雨で外に出掛けるのもアレですからね、もう昼下がりから先、自堕落に過ごします(笑)。

外の恋、調子いかがですか。

浮き立つような気持ちに包まれて、何を見てもハッピーな気分でいる人、

どんよりと沈んで、冴えない気分のまま時間だけが過ぎる人、

外の恋も色々ですね。

安い出逢いの安い関係、始まりはそんなもの。

外の恋のことです。

いや、そんなことはないという人もいることでしょうけど、アタシがしてきたのは

安い出逢いだったように思います。

安いからダメだとか無価値だとかではないですし。

SNSやネットで繋がりを得ること、今どき当たり前にある訳で、

気軽と言えば気軽、簡単、そして安い(笑)。

お互いが共通の生活圏内とか、実生活の中で知っている相手同士が始めた関係と

SNSやネットで出逢い、関係を作るのとは、やはり違うように思いまして。

顔も名前も知らない状態が起点です。

メールとか通話とか、それを使って相手の人となりを知る、というか推し量っていくですかね。

確かめつつ、気持ちを醸成しつつ、初めて逢う日を定めていく訳で。

終ぞ顔かたちを知らぬままに初デートの日を迎えることだってあるでしょう。

初デートまで皆、それなりの時間、日数を経ますよね。

1ヶ月、2ヶ月、それ以上の時間を経てご対面、あると思います。

その間、大抵の場合は期待が膨らむんですよね、お互いに。

想像しますから、色んなことをね、概ね自分に都合よく(笑)。

そして逢う。

皆さん、初デートの時にね、相手の顔かたちを知らない状態で、

初めて逢ったとき、どう思いました?

あまりにも不細工で体型も伝えられていたものとかけ離れていたので、

駅のトイレに行くフリをして黙って帰った、なんて人いますかね(笑)

初デートのことで、一人、思い出深い人妻熟女がいます。

もう10年近く前の話です。

顔かたち、お互いに知らないままに逢うことになったんです。

でね、彼女は前日のメールでこう送ってきたんです。

【私は顔にも体型にも全然自信がない。コンプレックスしかない】

【だから、もし待ち合わせ場所でガッカリさせちゃったら、それを正直に言って】

【そのときは駅でお茶だけして帰りましょう】

結論から言いますと、アタシはその人妻とは1年近くお付き合いしましたよ。

相手の家庭事情でお別れすることになりましたけど、それがなかったら続いたと思う。

顔かたち、裸になって抱いたとき、初めて逢って、目の前でお互いに聴く相手の声、

感情、行き交う気持ち、アタシはその人妻熟女とは初デートの日こそが、

本当のスタートだったな、と思いました。

期待値が期待値のままに、そして初めて逢ってみて、さらにそれが良くなったという話。

相手もアタシに対してそういう思いで一致したんだと思いました。

だから続いた。

初デートまでの道のりがあって、その初デートが最後のデートになることだってありますよね。

逢ってみてわかること、良くも悪くも。

想像していた相手と違ってしまった。

緊張感がぷっつりと切れて、自分でもよくわからないほどに急に冷めていく想いとか。

これはね、アタシは仕方ないことなんだと思うんですね。

逢えばわかる、そして逢わなきゃわからないですもん。

あ、違ったな、と思えば無理に続けることは自分に嘘を吐き続けることであり、

相手をだましていることでもあり、そもそもつらさしかないでしょう。

ダメなものはダメなんです。

無理なものは無理なんですね。

そこはあっさりと、サッパリと。

スポンサーサイト



Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.10.30 16:46 | | # [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
いちごさん、コメントありがとうございます。
少しご無沙汰でした。
その後のこと、気にしてましたよ。
まぁ概ねいい方向に進んでいるんじゃないですかね。
というか、雨降って地固まるのような、そんな方向感かな、と。
積み重ねた年月はお互いの理解そのものに繋がっている、
そう思いました。
羨ましい限りです。
2017.10.30 21:18 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/920-caed0fbe