FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

大切なものは相性、価値観

何の脈絡もなくいきなりアレですけどね(笑)、

オッサンとは?という話題で呑んで大盛り上がりをした、

実にくだらない呑み会がありました、数か月前ですけど(笑)。

オッサンとは何か、どういう状態をオッサンと言うのか、オッサンあるある、

みたいなね、今思っても全くどうでもいい、実に下世話で低次元な(笑)、

でもしかし、酔った者だからこそ的を得た内容(笑)だったように思います。

因みに、その呑み会に参加していたのはアタシを含めて4名、

全員50代の【オッサン】です(笑)。

どんな定義付け、括り方、認定の仕方をしたかと言いますと、

例えば【オッサンは何処でもクシャミの音がデカイ】(笑)。

例えば【オッサンは歩きながら屁が出てしまう】・・・ここで注意点、

【屁を出すのではなく、(意図せず)出てしまう】のがポイントです(笑)。

【朝、歯磨きをするとオエオエする】、【朝の駅の上り階段で躓いて転ぶ】(笑)、

【スーツのズボンにオシッコが漏れて滲む】・・・(泣)、等など。

延々と盛り上がりに盛り上がりまして、ええ。

悉く自分らのことを言っているんだね、コレ(笑)。

いや、でもホントにさ、これって全部迷惑行為、要介護手前の現象じゃないですかね(笑)。

そんな生態のオッサンと恋愛、外の恋などできますか、皆さん!(笑)

セックスの最中に屁が出ちゃう・・・どう考えてもダメですよねぇ(笑)。

デートの待ち合わせ場所に現れたスーツ姿、見ればファスナーの横にオシッコ痕(笑)。

一気に恋心も醒めそうですね、コレは(笑)。

アタシもね、誕生日を経て、またひとつ年を取りましたんで、ええ。

自らこういうオッサン化現象に乗っからないように気持ちを引き締めていきますよ。

んー・・・何の話を書こうとしていたかといいますと・・・(笑)、あ、そうだ。

相性と価値観だったですね、ハイ。

よく巷で相性がいいとか、悪いとか、そういう言い方をします。

日常的な生活全般の中での相性、波長といいますか、そういうのもあれば、

セックスの相性ってのもありますね、体の相性のような。

で、セックス以外の相性は合うのにセックスだけは相性が悪い、

どうしても合わないというね、そういう人もいます。

逆もあって、セックスの相性は抜群で申し分ない・・・にもかかわらず、

その他の相性は全然ダメ、年がら年中お互いに不機嫌、かみ合わない、コレもある。

アタシは外の恋をしてきた中で、セックスの相性がダメだったという相手はね、

ありがたいことに一人もいないんですね。

全員、過去の人妻熟女の方々、全員ともセックスが気持ちいい、抱いていて幸せ、

その瞬間瞬間に、この女はホントにいい女だ、最高だ、そう思うばかりでした。

一方でセックス以外のところ、ちょっとした会話とか、メールのやり取り、

行き来する内容、リズム、掛け合いのような、そういうところでしっくりしない人、

これはね、いました・・・。

過去、彼女だった人妻熟女、誰一人として悪い人じゃない。

それはよ~~~~くわかっているんです。

逢ってセックスしてガッカリすることも後悔することも一度もなくて、

体の相性、セックスの相性はホントにいいと思いました。

それはただ単にアタシがセックス好きでスケベなだけ、なんでしょうかね(笑)。

外の恋はセックスだけしている訳じゃあないですから、ええ。

逢わない・逢えないでいる時間、日々さえも丁寧にできるだけ楽しく過ごしたいですよね。

そこには便利なメールというツールがあったり、電話で話すことだってできるでしょうし、

何でもない些細なことに気持ちを向け合うような、どうでもいいことに話題が盛り上がるような、

そういう何て言いますかね、向き合える心の距離感みたいなものがね、アタシは欲しいんだね。

で、逢えば情熱的に愛し合いたい。

こればかりはジグソーパズルのピースのようなもので、相性という形がお互いに

はまり合うかどうか、あとからの努力でうまくいくものもあるとは思いますけど、

やはり予め決まっていることなのかなぁ・・・と思うんですね。

スポンサーサイト



Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.05 14:40 | | # [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
いちごさん、コメントありがとうございます。
思うようにはならないのが他人で、変わることができるのは自分で、
結局そういうことなんですよね。
何処かに皆、本当はそうじゃない形、あり方を欲しがるんだけれども
そうはいかないので(笑)、折り合いをつけて大人の対応をする。
多分ね、彼もいちごさんに対して何かしら何処かしらで同じような
思いを抱いているのかもしれない。
そう思えばお互い様だな、と思えてきます。
2017.09.06 07:06 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/891-2c90d858