FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

緊張感、時々、慢心

あ、どうも、アタシです。

5月31日、明日から6月でございますねー。

だから何?というアレじゃあないんですけどね(笑)。

6月・・・1年の折り返しの月ですけどね、どうやら。

・・・嗚呼、やっぱり1年早いぞ!(笑)

もう今年誕生日を迎えた人も、これからの人も、ついこの間が誕生日だったような、

そんな気がしませんかね・・・え?しません?(笑)

じゃあアナタはまだまだ若いんだね、そういうこと。

アタシくらいの世代・年代になるとね、もう1年が半年くらいの感覚ですから(笑)。

いや、ちょっと大袈裟ですけどね(笑)。

んー・・・振り返ってみますと、嫁と結婚して22年目です、確か(笑)。

見合い結婚じゃあありませんからね、こう見えて(笑)。

恋愛期間を経て結婚したというね、そういうアレです。

もうあまりにも昔のことですから・・・なんてことを言うと、だから男はダメなんだ!と

言われそうですけど(笑)、嫁と恋人同士だった頃、独身の頃は

今の嫁との関係性の中にはない、新鮮さ、初々しさ、ありましたよね、きっとね(笑)。

夫婦になり、お互いに子を持つ親になり、1年365日、何年もひとつ屋根の下で

暮らしてくると、もう空気のような存在、凡そ恋人時代に感じたような、

燃え盛るような恋愛感情も性欲も微塵もない(笑)、ホントにない(笑)。

姿かたち、在り方が変わりました。

家族であり、人生の運命共同体であり、多分おそらく死ぬまで寄り添うであろう相手。

それでいい、そう思うんですよ、アタシはね。

恋愛は外で。

燃え盛るような恋心と欲情する心を向ける相手は外に。

それでいいと、そう思うんだね。

ただ、外の恋でもね、付き合いが長くなれば、あるいは長くなくても深くなれば、

嫁や旦那に感じるような、妙に安定感のある気持ちと、

楽であることに慣れ過ぎて慢心というか、手抜き感といいますか、

別の言い方をすると、トキメキが足りなくなるような(笑)、そんな感覚があるんだね。

そう。慣れは人をだらしなくする、緩ませる。

慢心と安定は表裏一体ですから。

良くも悪くも人は慣れる、楽をしたがる。

それが時に心のすれ違いになるんだけどね。

でも仕方ないと思う気持ちもありまして、それは誰しもあることだから。

ただ、本質を見誤らければいいと思うんだね。

大切なものは何だったか、それさえ忘れなければ。

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/843-ce26b55c