FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

束の間の外の恋、永久の外の恋

毎度、アタシです。

束の間なんて言葉、最近使いました?(笑)

そもそも束の間って言葉自体を知らないというね、そういう人もいますかね。

知っているアタシが何だか年寄のようなイメージになりそうですが、

束の間、わずかな時間、短い期間という意味ですね。

束の間の反対が・・・何でしょうね(笑)、永遠ですかね、いや違いますかね、

束の間の反対は長い期間ですから、何でしょうかね、何でもいいか(笑)。

永久(とわ)なんて言葉につないでみましたけどね、今日の記事の題名では。

相対する言葉じゃないですね。

アタシの外の恋、永久の経験はありません(笑)。

まぁ永久のモノなど何もないんですから、正しい言い回しじゃないですかね。

長く続く外の恋という意味合いでとらえてみてください。

何処からが長い部類に入るのか、これもまた色々意見がありそうですが(笑)、

アタシはそうですねぇ・・・3年以上続く外の恋なら長い部類なのかなぁ・・・。

3年続く外の恋、未体験です。

最長で2年半と少し・・・です。

束の間のバージョンもありました、ええ。

半月とかね(笑)、デート1回で終わったとかね。

これはこれでアタシは仕方ないことだと思っておりますよ、ええ。

束の間だからダメ、永久だからOK・・・とは限らない気がします。

そりゃあね、思い、気持ちがあるなら長く続く外の恋、永久の方がいいとは思います。

でもさ、束の間の外の恋だって素敵な思い出や出来事、あるもんですからね。

印象に深く強く残る束の間の外の恋だってあるんですよね。

束の間で終わるにも理由はありまして、当人として不本意ながらオシマイにしなきゃ

ならない外の恋、結果的に束の間だった、コレはありますよねぇ・・・。

家族の事情、家庭の問題、既婚者がする外の恋には付き物です。

好きだけど、最高の相手だけど、もうコレ以上は続けてはいけない、というね。

明日何があるかなんて誰にもわからない、そういうものです。

例えがよろしくないアレですけど、大きな災害が起きるかもしれないし、

怪我したり、事故に巻き込まれたり、思いも依らずにトンデモナイことが起きる可能性もある。

人生誰にも約束されたものはない・・・んですよね、確か(笑)。

なので、外の恋は毎日が最終回のつもりで臨まなきゃなりません・・・なりませんでもないか(笑)。

続く関係はその意味では奇跡といってもいいのかもですね。

ましてや何年も続く永久の外の恋なら、もう奇跡というべきでしょう。

だから外の恋は、常に楽しむことを遠慮しないと言いますか、

節度をもって全部やるといいますか(笑)。

後悔なくその日を過ごすようにしたいものですね。

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/804-7c4c5f5d