FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

トイレに並ぶ熟女を見て思う

アタシは仕事で移動する時、電車を使います。

あ、もちろん通勤も電車だね。

ついでに言うと外の恋のデートでも電車です(笑)。

自動車を運転する仕事、自動車通勤、自動車を使って外の恋デート、

何れもアタシには当て嵌まりません、幸か不幸か(笑)。

いや、自動車はね、好きなんですよ。

運転も嫌いじゃないし、何たってさ、あのクルマってのは密室でしょ(笑)。

考えてみたら凄いですよ、クルマって。

音楽聴ける、TVも観られる、冷暖房完備、その気になれば何処にでも行ける・・・。

そしてね、密室だ(笑)。

男女があの隣り合わせに座った密室の中でイヤラシイ事をしたがるのも

当然と言えば当然でございます!(笑)。

外の恋で自家用車を使う人、案外いるんだそうですね。

抜け目ない配偶者はマイカーの距離メーター、ガソリンの減り具合、チェックしてるとか。

そして特に勘が鋭く嗅覚が強い女性はね、微かに残る香水の匂い、

座席シートにある髪の毛一本さえも見逃さないといいますから、ええ。

恐ろしくてアタシは自家用車を使う外の恋デートなどできませんよ(笑)。

・・・んーと(笑)、話が全然関係ない方向へ展開してしまいましたが(笑)。

なんでしたっけ、話(笑)。

あ、そうそう、だからね電車通勤なんですよ、アタシはさ。

でね、今朝、近くのホールで大きな催し物が開催中のある駅で、

女子トイレに長々と並ぶ熟女の行列を見かけたんです。

厳密に言いますと、熟女よりもやや上、アタシのストライクゾーンよりも少し外れの(笑)。

対象が40代より50代、50代よりも60代が多いような、そんな催し物らしく、

その駅でトイレを待つ人なんですね。

アレね、皆さん、用を足すまで間に合うんでしょうかね(笑)。

朝の時間帯と言えばね、駅の男子トイレ、凄いんですから、もう。

脂汗滲ませ、止まらぬ小刻みな貧乏揺すり、内腿をピターッとくっ付けて、

歯を食いしばりトイレの個室が空くのを今か今かと待つ人々(笑)。

いやホントに笑いごとじゃないですけどね。

あの女子トイレの行列に平然と並ぶ方々は待てるのか、そもそも間に合うのか(笑)、

そんな大きなお世話なことを考えてしまいました・・・

ホント、どうでもいいことですね、すみません(笑)。

先週のある朝、アタシもお腹が痛くなりましてね、駅から会社まで歩いて8分位なんですけど、

大丈夫だ、行ける、会社まで我慢だ、なんてことで駅のトイレに寄らずに(笑)。

コレが大きな判断の誤りでございました(笑)。

あ、あのね先に言っておきますが、粗相をしてしまった訳じゃあないですよ(笑)。

とにかく会社のトイレをのみ目指してアタシは歩く、内股で歩く、小走りに近い状態で(笑)。

こういう時に限って・・・でもないんでしょうけど、赤信号が果てしなく長く感じます。

クルマが来ないから道路を斜めに渡ろうかと思いきや、パトカーが現れる(笑)。

北風が強くてねぇ・・・お腹に堪えるんですよ、こういう時は。

下っ腹をギュッと締めたままアタシは走る、走る、内股気味に(笑)。

オフィスビルに付き、エレベーターに乗った瞬間にアタシはもうベルトを緩め、

勿論コートもスーツの上着も脱ぎ(笑)、マフラーも手袋も鞄に丸めて押し込み、

あとはパンツを下ろして便座に座ればOK!

・・・そこまでは脱いでませんけどね!(笑)、ただホントにベルトは外しておりました。

フロアに着いたら最短最速で行けるように(笑)。

アタシが降りるフロアの一つ手前、そこでなんとエレベーターが止まるんだね、こんな時に誰!

開いたエレベーターのドアの向こうに立つのは掃除のオバサンでした(笑)。

この真冬にコートもスーツも脱いで小脇に抱えて、しかもねベルトが外れかかったズボン(笑)。

掃除のオバサン、驚愕の・・・でもなかったけど一瞬怯んでおりました(笑)。

怯んでおりました、なんて観察をしている余裕もなくてね、実際は。

掃除のオバサン、瞬時にアタシのただならぬ様子で察したか、

【どうぞ先に行ってください】とエレベータに乗らず(笑)。

アタシに襲われるとでも思ったんですかね・・・思うかよ!(笑)。

おかげさまで(笑)、アタシは事なきを得て、3分後にアタシの会社オフィスのフロアへ

現れました掃除のオバサンと再会をいたしました。

【大丈夫だったですか?】とアタシを見た瞬間に尋ねてきまして(笑)。

大丈夫じゃなかったとしても大丈夫じゃなかったですとは言えないアレですけどね(笑)。

【大丈夫でした、おかげさまで】とアタシ。

・・・というかね、アタシがどういうアレだったのか見破られてたんですかね(笑)。

最後まで何の話を書きたかったんだかよくわかりません(笑)。

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/797-6e72bc89