FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

ひとりで充分、複数人が必要

あ、どうも、アタシです。

いや寒いですね、しかし。

今シーズン一番の猛烈な寒波が来るとか、来たとか(笑)。

毎年この冬の季節に思うことではありますは、アタシはつくづく関東住まいで

シアワセだなぁ・・・と。

北陸とか上越とかね、日本海側の真っ白い雪の世界、吹雪いている映像とか観るたびに、

とてもとてもアタシには生活できる場所じゃあないと、そう思うのですよ、ええ。

転勤とかね、そういう理由で行かざるを得ないとしたらね、そりゃあ行きますけどね(笑)。

自ら望んで行きたい、住みたい、生活したいとは思わないですねぇ・・・。

第一ね、あの雪の世界で外の恋などできますか?(笑)

・・・できるんでしょうね、そりゃあ(笑)。

ただ、そうは言ってもさ、何かと不便じゃあないんですかね、どうなんでしょうかね。

豪雪のためデート不可・・・あるんじゃないですかね。

外出しようものなら遭難するかもしれないとか(笑)。

電車にしても、クルマにしてもね、大変だと思いますよ、ええ。

なんてことを思うのは関東住まいのアタシだけで、雪が当たり前の地域に住む人は

意外と平然に、当たり前のように楽々と(笑)、外の恋をエンジョイできているんでしょう。

外の恋のためなら知恵も行動力もエネルギーも湧くんですね(笑)。

んー・・・外の恋ですが、お相手がひとり、お互いに1対1というね、

そういう関係が自然であり、普通であり・・・とは限らないんですよね。

外の恋をする人、お相手が複数人いるという人妻、いるでしょう。

逆も勿論ね、複数人の人妻とお付き合いしているという人も。

良し悪しじゃあないですよ、コレは。

あり方、それぞれですから。

アタシはね、複数人派・・・ではないんだね(笑)。

お相手は常にひとりだけ、都度、人妻熟女ひとりとお付き合いしてきました。

正直に言うと、重なった期間があったかな(笑)。

終わりかけた関係の人妻と、始まろうとしている関係の人妻と1週間の中で

デートしたことがありました(笑)。

どちらともセックスしました(笑)。

すみません・・・って誰に謝ってんだろうね(笑)。

いや別に謝ることじゃあないね、良し悪しじゃあない、考え方、価値観だから。

まぁとにかくね、そんな微妙な重なり合いはありましたけれども、

アタシは常にお相手はひとりだけ。

身が持たない(笑)。

時間も持たない(笑)。

気持ちもね、分散化するような器用さがないんです、むしろ不器用(笑)。

じゃあ、相手はどうだったのか、アタシだけが唯一の存在だったか。

それはさぁ、わかんないですよね。

かも知れなかったし、そうじゃなかったかも知れないし。

で、アタシはどちらであったとしても構わないというね、そういうアレでした。

だって、アタシがコントロールできることじゃあないからね。

そうしたいなら仕方ないことで、ただ、ただね、気持ちとしてはアタシ以外の男がいても

それを公言も宣言も、あるいは匂わすことも希望はしませんでした(笑)。

複数人いるならいるでいいけれども、分からないようにやってくれと。

・・・こんな風に書いてみたら、そんなことを昔言われたことがあったなぁ、と

ある人妻に【私以外の人とセックスするのは自由だけど、こっそりやってね】

なんてことを言われた記憶が浮かび上がってきました(笑)。

アレはやっぱり気持ちとしてはひとりだけ、自分だけと関係してねというね、

そういう意思表示のひとつだったと思いますけど。

んー・・・やはりアタシはひとりだけ、ひとりの人妻熟女だけでいいなぁと思います。

スポンサーサイト



Comment

セシル says... ""
私も、一人だけがいいな

どうしても 私以外に必要なら私にバレないようにしてほしい
お互い配偶者を裏切って、隠れてこそこそ会ってる訳だけど… なんとなくそこに「誠意」みたいなモノがほしい

とか言いながら、彼一人に溺れないように、複数の彼を作って逃げ道確保も良いかなと思ったり…
2017.01.13 18:30 | URL | #- [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
セシルさん、コメントありがとうございます。
外の恋も色々な形、存在がありますね。
ひとり限定が一番だとしても、時と場合によっては
そうでもない気分になったり(笑)。
感情は動くものですから、それはそれで仕方ないですよね。
2017.01.14 05:57 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/792-6a5476b6