FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

求める質と量と中身と

先週の今頃は、アタシ軽井沢におりました。

避暑地で別荘地で、東京から新幹線で1時間。

素敵な場所でしたねー軽井沢。

引き戻されるように東京へ足早に帰り、

翌日から浴びせられたアスファルトの中の猛暑ね(笑)。

以降、ずーーーーーーーっと暑いでしょ、毎日。

今日8月7日はアナタ、知ってますか?立秋ですよ、立秋。

意味、知ってます?立秋。

初めて秋の気配が現れてくる頃・・・(笑)。

何処が?何処に?(笑)。

狂ったようにアブラゼミとミンミンゼミが鳴き喚いてるってーの!

秋、不意に感じさせる日が来るんでしょうかね。

んー・・・アタシは鍵付きのアカウントでツイッターをやっておりますが、

前にも何度か書きましたけど、不倫やら浮気やら、離婚だ再婚だと、

そんなこんなの男女ばかりがそこにはいらっしゃる(笑)。

ついこの間、1年ぶりに彼とデートだという人妻のつぶやきがありました。

1年ぶりってことはさ、前回のデートが1年前ってことでしょ?当たり前だけど。

1年に1回のデートなんですよね、つまりは。

で、その人のつぶやきを辿ると、本当に1年に1回ペースでデートなんだね。

で、何とそれがもう7年続いている!

7年で逢ったのは7回・・・!

アタシは唯々凄いな、立派だな、純愛なんだな、と思いました、ええ。

アタシ自身の身に置き換えたときに、年1回で7年、続くかな、と。

いや、わかんないですよ、その人妻はね、もしかしたら他にも相手というか、

彼のような存在がいて、ただそれを明らかにしていないだけかもしれないし(笑)。

にしてもさ、年1回の関係ってのは色んな意味で凄いね。

お互いに飽きない、いつまでも新鮮であろう筈と同時に、

お互いの恋愛感情に本気というか、この人!というね、

そういう腹決めみたいなものがあるんでしょうね、と。

なんて風に思っておりましたが、

ある人に言わせると、そうでもないんじゃないかと。

年1回がちょうどいいペース、無理のない頻度ってことを思う

外の恋の2人だって世の中にはいるんだと。

そう仰っておられました、ツイッターの中で。

なるほどですねー・・・人それぞれの価値観と在り方はね、確かにそうですね。

同じくその鍵付きのツイッターの中で、週5ペースで外彼とデートを繰り返す

人妻もいたりします。

週5ですよ、週5。

土日関係なくですよ、ええ(笑)。

しかも、2人とも同じ市内に在住と言うね(笑)。

このペース、やはりアタシは驚きを隠せない訳でございますよ、ええ(笑)。

週5もセックスできます?(笑)。

出しても出しても精子が尽きない高校生男子じゃないってーの(笑)。

人それぞれと言えばそれまでの話ですが、

要は何を求めているか、何を価値に置くか、ということなんでしょうね。

遠距離で中々逢えない2人もいる、近距離で毎日のように逢える2人もいる、

遠いけど頻繁に逢える、近いけど中々逢えない、そんな場合だってあるでしょう。

わかりませんが・・・何となく思うに、頻繁さに求められるものはセックス。

年1回でも逢いたいと思わせるものは、精神的なつながり、ですかね。

何れもベースにあるものは、ありのままの自分を知ってほしい、

分かってほしい、認めてほしいという気持ちに変わりはないと思います。

その人、外の恋の相手にだけ見せることができる姿、存在。

置き換え不能の関係なら、尚のことですね。

スポンサーサイト



Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.08.07 22:01 | | # [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
saraさん、コメントありがとうございます。
ご無沙汰でしたー。
暦の上では立秋・・・気のせいか今朝見上げた空は
秋の気配を感じさせるような刷毛で描いたような雲。
気のせいでしょうね(笑)。
置き換え不能・・・その時はお互いにそう思える相手でも
置き換えできちゃうことに気が付くことだって、
誰しもあるものなんでしょうね(笑)。
2016.08.08 07:06 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/753-411ff857