FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

縁も所縁もない関係

どうも蒸しますね、何気に。

今朝の電車、微妙な温度設定でねぇ・・・車内がもわ~んとしておりました。

そういう時に限ってアタシの至近距離にデブのオッサンがいるんだね(笑)。

風呂上がりのように髪が濡れている、アタマから湯気がゆらゆら立ち上るような、

そんなオッサンがアタシの背中側にいてねぇ・・・離れない(笑)。

アタシのこと好きなんですかね!(笑)。

同じデブ・・・いや、ふくよかな体型の熟女ならね、もうどんなに纏わり付かれても

一向に構わない・・・どころか大歓迎でございますよ、ええ!(笑)。

来週あたり、いよいよ関東も梅雨入りですかね。

んー・・・縁も所縁もない関係、そんなことを書いてみたいと思いますよ。

もちろん、外の恋のことです(笑)。

縁も所縁もない相手が外の彼、彼女という人、たくさんいらっしゃるでしょう。

アタシは歴代のお相手、皆そうでした。

元々、何の縁も所縁もない存在。

仕事絡みの知り合い、昔から知っている人、学生時代の友人、同じエリアに住む知り合いの知り合い・・・

いずれも当て嵌まりません(笑)。

まぁアタシの場合はね、以前も書きましたけどツイッターとかね、そういうSNSで繋がりを得て、

そこから外の恋に発展したことが殆どでしたから。

ですから、可能性としてはね、辿って行けば知り合いとの繋がりがある人かもしれない、

あるいは偶然にも知り合いだった、なんてことがゼロではない。

ですが、これまでゼロです(笑)。

何処の誰だか知らないままにお付き合いを始める、関係を重ね、深め、続けていく。

そういう外の恋でございました。

縁も所縁もある、元々知っている、そういう関係性から外の恋を育まれた人(笑)、

これもまた少なくないんでしょうねぇ・・・。

アタシには未体験ゾーンです(笑)。

で、アタシはね、アタシはその選択はしてこなかったし、多分この先もしないね、まず。

生活圏内、生活感があるところ、物心ともにね、そういう中でアタシにとっては非日常の

時間を過ごす外の恋というモノを存在させたくないんだね、要するに。

何かこう想像するに、日常と非日常の境目がなくなってしまうような。

キリカエができなくなりそうな(笑)。

アタシにとって縁も所縁もない人妻、熟女の方々とご縁をいただきお付き合いをする、

それがアタシの外の恋。

スポンサーサイト



Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.05.26 08:49 | | # [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.05.26 14:26 | | # [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
るるさん、コメントありがとうございます。
蒸しますね。雨は雨で濡れて蒸し、晴れても暑くて蒸し(笑)。
縁も所縁もない、るるさんと同じくその方がいいと思うんですよね。
リスク回避という意味からも(笑)。
外の恋は非日常のことなので縁も所縁もない方が楽しめます(笑)。
2016.05.27 07:31 | URL | #- [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
akoさん、コメントありがとうございます。
ほどほどの距離感、大切ですね。
知らないでいいことは知らないでいいし、関係ないことに立ち入らない、
見て見ぬふりも必要ですし、大人の対応も必要ですしねー。
アタシのブログ、カテゴリーや書かれている文言を拾って
警告対象になってしまうんじゃないですかね(笑)。
お騒がせしてスミマセン(笑)。
2016.05.27 07:35 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.05.27 08:36 | | # [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.05.27 13:10 | | # [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
Hanaさん、コメントありがとうございます。
距離感、精神的にも物理的にも必要ですねー。
近過ぎず、遠過ぎず、時々その感じ方は変わるモノですが(笑)。
ありがたみ、新鮮さも距離感に比例するところがありますね。
2016.05.28 07:30 | URL | #- [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
akoさん、コメントありがとうございます。
どうしても拾う言葉がね、アレですから・・・ホントにスミマセンね(笑)。
覚悟してお読みください(笑)。
2016.05.28 07:31 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/713-e504dcf9