FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

外の恋、もしもを考える

今日は祝日、休日出勤の様相を呈しておりましたが、

昨日深夜残業をいたしまして、今日は休みにいたしました(笑)。

観たこともないワイドショーを横目に(笑)、結局午前中は家で仕事でした。

明日は休日明けの出勤、月曜気分になりますかね(笑)。

Twitterで昔からつながりがある人妻がいまして。

あ、つながりと言いましてもね、肉体関係のことを言っている訳じゃあない。

顔もカラダも名前も、何もかも知りませんよ、逢ったことないんだから(笑)。

ただ、その人妻も長々と外の恋をしておりまして。

今日は東京へ出掛けるんだと、そんなことを昨日のTwitter上で呟いておりました。

昼過ぎ、その人妻の呟きがTwitterに上がりました、写真付きで。

ラブホテルでしたねぇ・・・お相手の男性の持ち物が写ったベッドサイド。

彼ではない別の相手、ですかね(笑)。

ですかね、じゃなくて、ですよ(笑)。

何か言いたい訳じゃあありませんよ、ええ。

よくあること、何処にでもあること、珍しい話じゃあない。

まぁひとつ思うこととしたら、彼は知らないんだろうな、と。

確か・・・呟きの通りなら、月曜日に彼と散々セックスしたよね。

で、その3日後に遥々・・・そう遥々新幹線に乗って東京に出てきて、

彼ではない・・・いやそれはわからないね、彼#2かもしれないし(笑)。

まぁとにかくさ、別の男とラブホへ、日帰りで。

・・・行動力ありますね。

突き動かされる何かがあるんでしょうね。

何が言いたい訳でもないんですよ、ええ。

そんなことがアタシの知りあいでもない何でもない人にありました、という話。

さて話は変わりますよ~(笑)。

既婚者がするから外の恋な訳ですが、

既婚者の状態で始まった外の恋も、離婚を経たら外の恋ではなくなりますね。

相手が既婚のままなら不倫ですが、相手が独身だったらね、もう不倫ではない!(笑)。

正々堂々と何処にでも行けます、誰に見られようと関係ない(笑)。

アタシが去年の年末までお付き合いしていた人妻は離婚したがっていました。

旦那のDVが最も大きな理由ですね。

何れ、旦那が最も困る状態で離婚してやる!と常々宣っておりました(笑)。

ただ、こうも言っておりました。

【もう二度と結婚はしないと思う】

離婚して再婚、それはしないよ、と。

男はいつもいつまでも欲しい、存在していてほしいと。

でも、一緒に暮らす関係としての存在、それが例えば結婚というね、

そういうのはもういいんだ、と。

その当時のシチュエーションでの本音であり、今となってはもう確かめようもない話ですが、

きっと変わることなく離婚したとしても独身でいたいんだ・・・と思います。

いや、わかりませんけどね(笑)。

結婚してみて何ひとついいことはなかったと。

セックスは射精のため、3分掛らずに終わる行為、裸にさえならずに終わる。

愛も何もない、会話も何もない、あるのは有形無形の暴力。

外の恋で女を自覚出来て気持ちいいセックスが定期的に出来さえすれば、

もうそれで、それだけでいい、と。

そんなことも聞かされた記憶があります。

でもね、でも。

外の恋の相手がホントに優しくて、温かくて、穏やかで。

一緒に過ごした時間が心地よいばかり、ストレスが微塵もない、

そんな感覚を得たとしたらさ、可能ならば結婚して夫婦として生活をする、

あり得ますよね、可能性ゼロではない。

ひと時の逢瀬が夢見心地の時間で、あたかもそれがいつもいつでも

持続可能な時間と空間のような、そんな思いが深まってしまえば、

そして相手も自分もそれが同じ想いで、同じようにアクションできるのなら。

離婚のち再婚に至る外の恋のでき上がり。

そうするか、そうできるか、しないか、できたとしてもしないか。

想像と妄想は尽きませんね(笑)。

スポンサーサイト



Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.02.11 22:22 | | # [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
るるさん、コメントありがとうございます。
向き不向き、何事にもありますね、きっと。
形や形式にとらわれる必要もないでしょう。
経験して分かったことがあれば充分ですよね。
間もなくバレンタインデーであり誕生日であり、
デートの日であり、羨ましい限りのカウントダウンですね(笑)。
2016.02.12 07:08 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/651-f39a724b