FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

はじめに頑張り過ぎる症候群

今朝は久々に二日酔いでしたねえ。。。

昨日夕方から趣味の仲間たちと集まりまして、居酒屋へ。

趣味の仲間・・・スポーツ仲間なんですがね、昨日6人ばかり集まって。

残念ながら全員オッサンです(笑)

5時間近くワァワァ騒いで呑んで、止せばいいのに2軒目に。

で、〆にラーメン屋というね、もうメタボを生む典型的且つ王道パターン(笑)

もう若くないんですからね、サッサと呑んで帰りゃいいのにねえ。。。(笑)

いや、オッサンの集い、面白いんですよ。

何であんなにバカバカしくて、くだらなくて、どうでもいいような話ばかりで

とことん盛り上がれるのか、ホントに不思議ですよ(笑)

いやーしかし呑み過ぎましたねえ。

今日は1日ノンビリしました。

外の恋でも、そうじゃなく独身者同士の健全な恋愛でもね、

人それぞれに自分の恋愛パターンってのがありますよね。

それが自分にとって好ましいか、そうじゃないかは別として。

変えたくても変わらないのが自分のやり方、何にしてもね、全般的に。

中々簡単に変われるモノ、変わるモノでもないんだな。

恋愛の始まり方、進め方というのも自分の中のやり方、

言い方を変えれば【らしさ】みたいなものがありますよ。

良くも悪くもね(笑)

恋愛は付き合いが始まった頃や、付き合いが始まる少し前あたりが

一番楽しい、ワクワクする、ある意味で刺激的なときですよね。

初めてのことが満載ですから、色々と。

で、恋愛パターンの話で言うとね、この恋愛の始まりの頃、初期段階で

めっちゃ気張る人、張り切る人、いませんか。

全力投球してフルにエネルギーを注ぎ込むような。

例えばね、メール。

日に何通も何十通も送り、送られの繰り返しをする。

これね、ホントに無理なく出来ちゃうんですよね、不思議と。

悪いことじゃあない、全然悪くない。

ただ、そのペースが月日を追うごとに落ちるじゃないですか。

高位安定ペースで毎日何十通ものメールを行き来させられるなら

それは素敵で素晴らしいことと思いますけどね。

で、相手がそうなら、こっちも相手をそういう人として認識するでしょう?

そういう相手に合わせようともする、好きだからね、どうしてもさ。

無理がないならいいんだけど、片方が無理に相手のペースに合わせ、

言うこともできないままに我慢するのは最悪で、そうじゃなくても

【頑張る】という行為につながることは、恋愛にジワジワと毒が回るような。

そう思うんです。

最初の頃、あれほど頻繁だったメールが徐々に徐々に減る、少なくなる。

沢山あった文章が数行に、やがて数文字に・・・なんてこととかね。

気持ちの盛り上がり、昂揚感がなせる業、それは誰にもあることだけど、

無理目に張り切り過ぎると、結局は息切れして草臥れてきて、

面倒になってくる、心の状態としてプラスにならないんですよね。

自分もどちらかと言えば初期段階で張り切るタイプです(笑)

過去の経験にだいぶ学びました、おかげさまで(笑)

張り切り過ぎは恋の寿命を短くします。

外の恋は適当に適度に、緩く緩やかに進めるのが

やはり一番いいと思う今日この頃です。


スポンサーサイト



Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.11.09 19:43 | | # [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.11.09 21:01 | | # [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
しなのさん、コメントありがとうございます。
逢うまでとことん慎重に、逢ってからは大胆に。
そういうモノかも知れませんね。
ただ間違いなく前向きに考えていたからこそのこと、
確かめ、自分で納得し、前に進めたということでしょう。
メールは証拠品になりますね、何かにつけて(笑)
そんなこと書いたっけ?的な墓穴を掘るんですよ、男は(笑)
2014.11.10 07:04 | URL | #- [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
あおさん、コメントありがとうございます。
楽しい呑みの場というのはいいもんです。
日頃のストレス発散、しばしすべて忘れる時間です。
中身のない話をするからこそ楽しいんですよね。
恋愛も初期段階のエネルギーはスゴイもんです。
自分にこんなひたむきさがあったのか?!と
ビックリするような(笑)
2014.11.10 07:07 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/339-37dd21e1