FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

外の恋のセキュリティ

快晴微風の土曜日ですねえ。

青い空が眩しいですよ。

今日のような日を絶好の行楽日和と呼ぶんでしょうね。

行楽の人、おめでとうございます。

普段の行いがヨロシイからいい天気になりましたよ(笑)

アタシはね、なんとまあ仕事です。

こんなうららかな晴れの日にひとり休日出勤です。

まぁでもね、いいんですよ。

誰もいないオフィスで仕事をするってのは嫌じゃあないんだ。

まず捗りますよ、何と言いましても。

さて、話は変わるんですがね(笑)、皆さんはスマホなどお持ちかと思います。

スマホ・・・便利ですねえ。

もう片時も手放せないっていう人もいるんじゃあないですかね、スマホ。

スマホで以てゲームにハマっちまった人、ウチの会社にも1人2人といますがね、

ほどほどにしておきませんとね、アレですよ、中毒ってヤツになりますよ(笑)

もう暇さえあれば・・・というか、暇じゃなくてもスマホを見つめてる、指でツツツーっと

画面操作してね、歩きながらやってる人、増えましたねえ。。。

中にはゲームにハマったんじゃあなくて、LINEにハマったという人もいます。

あと、恋人との通信手段としてのアプリにハマりこんでる人もね(笑)

主婦とか人妻なんかを見てますと、大体わかりますね。

あ、この人は外の恋してるな、今まさにスマホで連絡取り合ってるな、と。

街中でもそういう雰囲気、風情の熟女がたくさんいます(笑)

アレね、わかるんですよ。

雰囲気、匂いが本人意思関係なく漂いますから(笑)

独特の色香、エロさ、そういうのがにじみ出るんですよねえ。

スマホは自分専用、基本的にはそれがごく当たり前の在り方ですね。

ウチの会社にね、パートで働く主婦がいるんです。

いい感じの熟女ですよ、ええ(笑)

お尻がドーンと大きくてね、ムッチリしていて、下っ腹が程よく出てて(笑)

知らぬ相手なら一度くらいは抱いてみたい・・・あ、いや冗談ですが(笑)

そのパートさんはね、まぁ今書いたようにいい感じの熟女です。

多分、男からしてみたら魅力的な女性だと思います。

ただ、このパートさんは絶対に外の恋をしていないと断言できるんですよね、ええ。

何故か・・・何故だかわかりますかね。

このパートさん、スマホを子供と共有しているんですよ。

それもね、小学校6年生の息子と幼稚園年長組の長女と共有、1台のスマホを(笑)

子供たちは何に使っているかというと、言うまでもなくスマホゲームです。

で、パートさんはママ友のグループでLINEをやっている。

凄くないですかね、コレ。

先日、そのパートさんがこんなこと言ってました。

【子供がゲームの最中に「ママー!●●のママからLINE来てるよー!」って教えてくれるの】

・・・この「」の中が「ママー!誰だかわからない人から明日いつもの場所で待ってるよ」だったら

怖すぎますよ、ええ(笑)

子供がいじり倒すスマホにメールもメッセージも通話もね、出来ないですよ(笑)

スマホに限らず、パソコンでもタブレット端末でも。

何処からでも通信手段があります。

とにかく便利な世の中だ(笑)

慣れてくるとIDもPWも自動ログインに設定したくなるし、実際そういう人が多い。

何もない限りは何も起こらないから、何も恐れない(笑)

何かあった時のリスクね、コレは中々考えているようで考えていない気がしますよ。

まさか!ということは滅多に起らないから、まさか!なんですけどね。

自分にだけはそのまさか!は滅多にどころか、決して起り得ないと思っている(笑)

自分がどうにかなっちまった先のことで嫁や旦那、子供たち、家族のみんなに

知られてしまい、悲しみと怒りの坩堝に陥れるような失策を演じないためにも。。。

今ある状態の外の恋に関連するアレコレはセキュリティと在り方を

見直してもいい・・・いや見直すべき、なんてことをね、思いましたよ。

お父さんの書斎の引き出しの奥からエロDVDがたくさん発見された位の

衝撃じゃあ済まない話だもんね(笑)


スポンサーサイト



Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.10.25 22:45 | | # [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
しなのさん、コメントありがとうございます。
外の恋は静かに密やかに。
若い頃のように気持ちのままに突っ走ってはいけません(笑)
分別ある大人ですから(笑)
2014.10.26 05:33 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/326-c8de7407