FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

details unknown

英語なんかで書いちゃったりしてね(笑)

読めないっつーの!意味わかんないっつーの!なんて声がね、

聞こえたり、聞こえなかったり。

いや今日ね、街を歩いていたんです仕事でね。

交差点のところで横断歩道の信号待ちをしていたんですが、

そしたらね、旅行者らしき外国人男性がね、地図を片手に近付いてきた。

日本人てのは昔ほどではなくなったようですが、あの外国人ってのが

どうも苦手な人が多いですね。

何ですかね、近くに来られると構える(笑)

だいたいアレですよ、道を尋ねるか、行きたい場所は何処なのか、

そういう類の話な訳です。

宗教の勧誘なはずがない(笑)・・・あ、でも日本人女性をナンパする

そういう意図でもって道を尋ねる不届き者もいるみたい(笑)

んー・・・ちょっと脱線しましたが、話を戻しましょう。

自分にスススッと近付いた白人男性、地図を指で差しながら、

【俺はここへ行きたいんだ、道はどっちだ?こっちか?あっちか?】

と、まぁこういうことを言っていました・・・あ、英語でですよ(笑)

何を隠そう・・・隠したつもりはないんですが(笑)自分は英文科卒です。

第二外国語なんかフランス語を履修しましたからね、外国語は得意!

なはずだったんですがね、そもそも日本人ですから・・・(笑)

外国人が近くに来るとサッパリ喋れない、舞い上がっちゃってる。

いや、それでもね、教えてやりました。

【そうか、わかった。よくぞ俺に道を尋ねてくれた。お前はラッキーガイだ】

【この道を真っ直ぐだ。信号を2つ越えた交差点、そこにそのお店はある】

【俺も時々その店に行くことがある。店長は英語がペラペラだから安心しろ】

というような気持ちを込めましてね(笑)

【この道を真っ直ぐ、ストレート、ストレート、ディスウェイ】と教えてやりました、日本語で(笑)

あー・・・すみません、どうでもいいような話を長々と。

details unknownでしたね、今日の記事。

ちょっとばかし外国人とのやり取りがあったもんですから、スミマセン、つい英語で(笑)

訳します。

詳細不明・・・という意味ですね。

詳細不明、何のことかと言いますとー。

外の恋の相手、自分の彼女のことです。

外の恋をする皆さんは相手のこと、どれだけ知っていますかね。

名前、年齢、何処に住んでいる、出身地、趣味、身長、性癖(笑)

まぁアレですね、デートを重ねる中で知ること、わかること、

多々あります、多々。

でもね、会話やセックスで知る情報とは別にね、もっと根本的なこと。

例えばさ、名前。名前です。

コレ、本当に本当の名前ですかね。

いや、俺は運転免許証で確認したんだ!ってことなら話は別ですけど(笑)

【アタシ、ヨーコっていうの】なんてね、言われちゃったとしたらね、

それが洋子なのか、陽子なのか、曜子なのか以前にさ、本当にヨーコかどうか、

わかんないと思いませんか?

・・・実は【よしこ】かもしれない、いやいや本当のこというと【とめこ】かも・・・(笑)

年齢だって45歳なんて言うけど、本当は50歳かもしれませんよ(笑)

まぁ、そうだとしても、だからなんだ!という話かもしれませんけどね(笑)

自分はね、確証をもって知り得ている情報は携帯電話の番号とメアドだけ。

冷静になって考えてみたらそんな気もするんです。

語らう時間でお互いが伝える話、情報が嘘でペテンで、なんて思っちゃいません。

いませんけど、100%事実という保証もないじゃあないですか。

でね、自分はこう思っているんです。

この先も知らないことがいくつもあろうと関係ないな、と。

知る必要がないという気がします。

知ってどうする、どうなる、というか。

だからと言って、存在までも砂上の楼閣のように危うくて、曖昧なものではない。

確かにいる、そこにある生身の存在です。

そしてそして、絹よりも細い糸かもしれませんが繋がっている相手です。

自分は過去何人かは知らないことだらけの人妻とお付き合いしたなぁ・・・と

今更ながら思いました(笑)

でも、みんな素敵な人ばかりでしたよ。

知ることが大切ではなく、知らなくても大丈夫と思えること、

コレが大切と。

長々と駄文を連ねてしまいましたが、

言いたいことは、そういうことでした。

オシマイ。


スポンサーサイト



Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.10.16 23:15 | | # [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
しなのさん、コメントありがとうございます。
自分は間違っても理系ではないですね(笑)
数字を見てロジカルに物事を分析できる人に憧れる日々です。
名刺を渡されるということは、余程の信用と信頼があればこそ。
その日まで、きっと何度も繰り返し熟考されていたんだと思いますよ。
慎重派の彼ならではだったのではと感じました。
2014.10.17 07:08 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/319-155000a0