FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

消去する、消去しないの違い

気が付けば6月もオシマイじゃあないですか、皆さん。

来週はもう7月ですよ。

一年半分終わっちまいますよ、間もなく。

何だかね、実に早いです。

何が何だかわからないうちにね、誕生日が来てまた一つ歳を重ねて、

重なったのは歳だけで(笑)、他に何も積み上がるものがない・・・みたいな(笑)

毎日大切に生きていかにゃなりませんな、ホント。

ところで何時ものようにいきなり話はかわりますが(笑)

スマホ、ガラケー、どっちか持ってますよね、皆さんも。

外の恋をする人で携帯電話を持たない人っているんですかね、どうですかね。

いや、いたっていいんですがね、どうやって連絡取り合うのかな、と。

なんてことを書いていながら、ふと思いました、今。

昔、携帯電話なんかない時代にも不倫や婚外ってのはあったんです(笑)

そういう時代にも連絡手段はあった訳で、今、携帯を持たない人でもね、

それで外の恋ができないことには繋がらないですね、ええ。

んー・・・今日の話はそういうことじゃあないんだった(笑)

スマホとか携帯電話のね、アドレス帳ってのがありますね、アドレス帳。

何件位入ってます?50件とか、その倍の100とか・・・300、500以上って人もね、

きっといるんだと思いますが。

で、その中に昔の彼・彼女のアドレス(携帯番号)が残されてますかという質問です。

別れた相手、過去の人の情報は全部消す、綺麗に消去!という人。

相手により残す・残さないを使い分ける人、全部残す人。。。

自分は相手により残す派です(笑)

でね、コレは何でそうしているのかな、と考えてみたんです。

残すことは何か例えばね、家族に対してリスクを持ち歩くことにもならなくはない。

あ、余談ですが名前を自分と同性に変えて登録する人、いますよね(笑)

彼女の名前をオトコ名前に作り変えて登録している人・・・自分です(笑)

・・・話を戻します!(笑)

過去の恋人の情報を残す理由・・・これは何故なのか。

アドレス消去が過去の美しい思い出まで消してしまうような気分になる?

うー・・・ん、ちょっと違いますかね。

ただの友達に戻った(あるいは友達になった)のだから、消す必要はない?

これはありますかね、もしかしたら。

この先にひょっとして再び連絡をすることがあるかもしれないから?

・・・何で?

再びまた外の恋の相手に戻る可能性がゼロではないから・・・?(笑)

コレね、自分は否定できない気持ちになりました。

以前にも書きましたけど、いがみ合い、憎み合って恋を終わらせたことは一度しかない。

あ、一度はあるんです(笑)

ですから、特別な感情こそないにせよ、嫌いな相手になった訳でもなく。

かと言って最早好きという訳でもない・・・(笑)

人生には時として思いもよらぬことが起きます。

アドレスを消さずにいることが、その思いもよらぬことに繋がる前提条件に

なるなんて、まったく思ってもいませんが。

・・・いや、そもそもね。

相手が自分の情報を全消去している可能性だってある訳ですしねー。

酔って遅い時間の電車に揺られて帰る夜にね、古いアドレス帳をスクロールすると、

懐かしい名前と共に当時の楽しかった日々、思い出を脳裏に呼び起こす。

そんな程度に抑えておきましょう。




スポンサーサイト



Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.06.27 20:20 | | # [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.06.27 20:40 | | # [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
しなのさん、コメントありがとうございます。
この時期、意外と風邪が流行っていますね。
体調を崩しやすい陽気ですからご自愛ください。
過去のことを平穏に懐かしむことができるのは
ある意味幸せなことです。
今が充実していればこそですから。
しなのさんも末永くいい関係が続くといいですね。
2014.06.28 07:24 | URL | #- [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
あおさん、コメントありがとうございます。
人数こそ大きな違いがありますが、あおさんも自分と同じですね(笑)
いい歳をした大人ですから、そっと胸の中だけにしまっておきたい思い出が
ひとつやふたつありますよねー。
2014.06.28 07:26 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/228-74135995