fc2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

滅多な事は言うもんじゃない

今日これから書くことはね、女性の中でも受け止めは真っ二つに分かれるかな、と

そう思います。

中間派はいないかなぁ・・・で、多数派はそう思わないという意見、

過半数以上いる気がします(笑)

滅多な事は言うもんじゃない、と書きました。

滅多な事・・・外の恋をする二人の間での言葉。

どうですかね、滅多な事。

言い換えれば稀にでも言わないようなこと、ですかね。

よくいます・・・あ、よくはいないのかな・・・わかりませんがね、こんなこと言う男がいますよ。

【愛している】

外の恋人・・・つまりね、他所の人の奥さんなりお母さんにね、言うんです。

【愛している】と。

興醒めや反論の嵐かもしれませんが、男はセックスしているときにね、

そういうワードをね、思わず口にしてしまう・・・ことが多々ある!(笑)

いや、逆に【愛していない】訳じゃあないんですがね、実際。

ただ、【愛している】を連発するのはね、ラテン系のオヤジじゃあないんですからさ。

どうなんですかねえ・・・少なくとも自分は言いません、決して。

照れくさいとかね、恥ずかしいとかさ、そういうのじゃあないんだ。

敢えて言わないように仕向けていますよ、自分でね。

【もし女房より前に出逢っていたら、結婚していたかもね】

こんなことをね、セックスが終わった直後に言うような男がいたりするんです。

ソレさ、本気かよー本当かよー!(笑)

気持ちの高まり、その場のね、ある種、特殊な状況の中にいると、

あとで後悔するような、消去したくなるような、そんなことを口にしちゃうんだ、男はさ。

で、あとから聞き返されたり、記憶をたどられたりして狼狽えちゃうというね(笑)

聡明で現実的な女性はね・・・まぁそういう女性は不倫なんかしないよ!という

そういうお叱りをいただきそうですが。。。

でも、不倫をする聡明で現実的な女性はちゃーんとわかっています。

外の恋のボーダーライン、ここから先はアンタッチャブルだという位置を。

勢い・・・それもホントに一時的な・・・でもって責任とれないような発言・行動を

しでかしてしまうのは大抵の場合、男ですから(笑)

自分ね、彼女を見て愛しいとは思います。

抱いているとき、妻も主婦も社会人もすべて忘れてひとりの女に変わる姿を見て、

可愛いとも思います。

でも、それを口にしてわざわざ伝えることを繰り返すようなことはしないんです。

・・・愛情の薄い男ですかねえ。。。(笑)




スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/225-2d732eaf