FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

その気持ちがわかる

これからお話するのは、ツイッターのフォロワーさんのことです。

あ、もちろん人妻です(笑)

更にもちろん、外の恋をしている人妻です。

その人妻さん・・・仮にAさんとしましょう。

Aさんは時々体調が悪くなるんだそうですよ。

何となく気分が落ちてくる、モヤモヤとしたどうにも重たい心持ちになるんだそうです。

更年期の症状とかね、元々の性格とか、そういうものでもないらしい。

本人がいうには外の恋をし始めてから、という話なんです。

それもね、大抵決まった時期というかタイミングがあるんだ、と。

自分でわかっちゃうんだそうです、そろそろ気持ちが凹んでくるな、と。

どういうタイミングでそうなるか、皆さんわかりますか?

自分はわかりました。ひょっとしてこういうことじゃないかな、って。

で、そのあとのAさんのつぶやきにあった答えは

ズバリ当たっていました。

【彼とこれからデートをする日、かならず体調が優れない】

いや逢えばね、癒されて愛されて、そして満たされてね、素敵なひとときを

今日もありがとう、という気持ちになって帰ってくるんだそうです。

でも、逢う前までは・・・気持ちが塞ぐような・・・罪悪感に苛まれるような。

Aさんは自覚しているんですよね、その心持ちの原因を。

家族、旦那に対する後ろめたさ、裏切ってしまっている自分への苦悩。

でも、そういう気持ちを持ちつつも彼と逢う、抱かれる、愛されて帰ってくる自分・・・

その晩また、家族が待つ家に帰った時に感じる申し訳ないという気持ち。

そんなことをツイッターでつぶやいていました。

Aさんのつぶやきを読んで、自分はわかるなぁー!わかる、わかるぞ!

と、頷きながら声をあげそうになりま・・・せんけどね(笑)

でも、その心理は本当によくわかると思いました。

自分もね、毎回デートの度に似たような思い、気持ちになります。

裏切り、隠し事、不義理、不条理。

外の恋をする人、全員が全員、こんな気持ちになるわけじゃあないよね。

良し悪しを言うつもりはなく、冷え切った夫婦・いがみ合う家族だっているし、

そういう状況で外の恋をしたとしたらね、何にも感じないのかもしれない。

それは人それぞれだから。

Aさんはこんな風にもつぶやいていました。

【こんなに苦しくなるのなら、いっそのこともう彼と逢うのをやめようかな】

いつかそうなる時がくるのかも。

それが収まるべき場所、あるべき所へ落ち着いたのかどうか、

それも本人にしかわからないことですけどね。




スポンサーサイト



Comment

みい says... ""
初めまして。私もW婚外しております。

一気にブログを拝見しました。管理人様の様に私も理性的でありたいです。
始まって4年目になる彼と逢う前は、私も苦しくなります。彼には内緒にしていますが1年以上、心療内科に通院しています。

最近は彼も私と逢う日の前後に、よく体調を崩していて心配です。(彼が苦しくなっているのかは、わかりませんが)
付き合い始めの頃は割り切った関係を強調されていて冷たくされていました。ここ2年程はとても気持ちを感じます。情でしょうかね…

これからも寄らせてください。
2014.05.19 19:58 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.05.19 21:03 | | # [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
みいさん、コメントありがとうございます。
お読みいただき感謝です。
気持ちも心も動くもの、安定的に平穏ではいられないものですよね。
苛まれる気持ちも申し訳なく思う心理もあっていいんだと思います。
というか、失くしたらダメかなと思っています。
また時間のあったときにでも、思い出したらお越しください。

2014.05.19 22:12 | URL | #- [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
しなのさん、コメントありがとうございます。
外の恋は悩ましい、悩ましいけど底なしに深い歓びもありますね。
それぞれのシチュエーションの中で出逢った2人が、それぞれに
悩みつつ想いを寄せ合うんですねー。
十人十色とはよく言ったもので、まさにそれぞれの恋の在り方です。
参考になっても答にはならない、それが大人のする外の恋かな、と。
そんな風に思います。
2014.05.19 22:17 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/195-a61b0280