fc2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

合う・合わない、または価値観の相違

ども、アタシです。

いきなりどうでもいい話ですが(笑)アタシは電車通勤です。

月~金で電車に揺られて会社に行く、真面目に(笑)。

通勤って、大抵は同じ時間に家を出て、同じ時間の電車に乗る、同じ車両の同じ席。

違いますかね、アタシはそうなんですが。

毎日違う時間で、違う電車で、違う席で、という人もいるのかな、気まぐれ的な(笑)。

しかしアレですね。電車、色んな人が乗りますね。

コロナ禍が収まったものの、今の季節はインフルエンザですか、あと秋の花粉とかね。

マスクをしている人、少なくないと思います。

アタシも電車、人混みでは、まぁ概ねマスクをつけますね。

時々うっかりしますけど(笑)。

朝、アタシと同じ車両に乗る男がいます、ほぼ毎日。

いや、そんなのね、珍しいことじゃないですよ、同じようなことは何処にでもある。

そうじゃあないんです、話ってのは(笑)。

その男、風体で推測するに、30代後半かなぁ・・・40前という感じかな。

スーツ、ネクタイ、革靴、鞄。

ごく普通ですね。

マスクをしております、顔に・・・2枚(笑)。

2枚です、顔に(笑)。

いや、2重に重ねているってことじゃなく。

鼻と口に白いマスク、誰もがしているような。

目、アイマスク(笑)。

アイマスク、通勤電車で。

見たことあります~?(笑)

顔面の7割近くがマスクで隠されているんですよ(笑)。

アタシと同じ駅で乗車、アタシの至近距離の向かい側の座席に座るまでは

アイマスクしておりません、さすがに(笑)。

座ると即、アイマスクを装着するんだね。

終点まで行っても30分弱ですよ、電車。

寝たいのか、眠いのか、目を瞑れば済むものかと思うんですがねぇ(笑)。

頑なに何かを視野に入れたくないのか、とにかくアイマスクです(笑)。

次の停車駅で乗ってくる人、大抵はギョッとしてますよ、何だ、こいつ!みたいな(笑)。

騒ぐわけでもなく、唯々座っています、挙動不審ではない(笑)。

謎ですね、実に謎(笑)。

そのアイマスクの訳を聞いてみたい衝動に駆られています、アタシ(笑)。

さ、長々とどうでもいい話でした(笑)。

話を変えますよ~ここから本題!(笑)

アタシは人間、あなたも人間(笑)。

似たもの同士かどうかは分かりませんが、まぁアレですよね、不倫、婚外に

手を染めたか、染めようとしているか、染め続けてきたか(笑)、お仲間でしょう(笑)。

お仲間なんですが、皆、同じじゃあない。

外の恋・・・不倫ですが、それをするにもね、思うことや考えることは違うんだね。

昔、言われたことがありますよ。

【あなたとは求めるものが違うのでお別れします!】って(笑)

コレね、コレ仕方ないですよね。無理して付き合うものじゃあないもの。

合うもの同士が繋がっていればいいという、実にシンプルな話で、

合わないもの同士が無理に繋がろう、繋がっていようとするから揉める、楽しくない(笑)。

あの、不思議に思うことがありまして、というかアタシにも経験があるんですが、

逢えば喧嘩になるような、メールの行き来でも疎通がスムーズじゃなく誤解があったり、

本意が伝わらなかったりすることが、度々あるのに、また逢う約束をする(笑)。

お互いに相手が自分に合っていないと思いながらも、おしまいにしない、ありません?(笑)

アタシはあったなぁ・・・。

好きか嫌いかで問えば、好きなんだと思うんだね、実際。

だけど、だけどさ、根本的なところでなのか、枝葉のところでなのか、分からないにしても、

合わない二人なんですよ、間違いなく。

ダラダラと、と言っちゃあアレですけど、続いたのはセックスの存在だったかな。

気持ちも考えも合わないのに、カラダだけは抜群に合う、相性がいいというね。

婚外には概ね付き物、セットだもんね、セックスってさ。

それだけで繋がるものではない・・・とも言い切れない人もいるけどさ(笑)。

アタシと3つ、4つしか年が変わらない熟女とランチを食べに行く機会がありました。

バブル期を知っている、バブル期を体験した、そういうお互いということでね、

同じ時代を生きてきた、人生の節目や区切り、ライフステージも似ている訳です。

アタシね、思うんですが。

やはりね、外の恋の相手は年齢でもあり、肉体的にも精神的にもお互いを分かって、

かっこいいことを言えば、優しい存在でいてあげられるんですよ。

労わる気持ちというかな。

20も30も年齢が違ったらね、何でそんなに診察券がたくさんあるの?とか、

朝、起きてみないとその日の体調は分からないとか(笑)、親が入院した、手術だ、とか、

自分のカラダがポンコツになっていることとかさ、感覚的にもわからないからね、言ったところで。

できることなど限られているけど、年齢が近いと、支えになり得るんですよ、お互いの存在が。

お互いが現実での生活をシミジミ分かるからこそ。

話が横に飛びましたが(笑)、戻しますね、先の3つ4つ年下の人妻熟女の話。

銀座でランチをしましたねぇ・・・柄にもなく(笑)。

予約しましたよ、お店をね、柄にもなく(笑)。

いや、昼飲みはしません。

ナイフとフォークを使ってランチです、柄にもなく(笑)。

初対面、その印象。

厚化粧の若作り!(笑)・・・あ、本当に失礼な発言ですね!(笑)

ワンピースを着て行きます・・・確かにワンピースだと思いました、ただしボディコン。

左右の指、合計10本ありますね、人間には。

5本の指に煌びやかな指輪が嵌っておりました。

まばたきするとそよ風が起きるような長い長いまつ毛。

何を塗ったか、瞼がキラキラと輝いておりました(笑)。

Vの字にワンピースの胸元が割れておりまして、乳の谷間主張が凄い(笑)。

アタシに見せつけるように、これでも食らえ!というような(笑)。

若作り・・・いや、あの美魔女コンテストに出てくるようなね、そんな感じの。

【私、普段、居酒屋には行きません】と言います。

【何でですか?】とアタシが問う前に【だって、喧しくて会話が聞こえないでしょ?】と言う。

【本当はイタリアンは苦手で、フレンチがいいんです、本当は】と言う。

【赤ワインは悪酔いしますから、ワインは白に限ります。ビールと焼酎は嫌い】と。

【サンマは旬ですけど、食べないです】と言うので【高いですもんね、値段が】と答えると

【私、魚の骨が嫌で。小骨とか面倒ですよね、取り除くのが】と言う(笑)。

【煮魚とか、やっぱり骨がありますし。フレンチの方がいいですね】と言う。

何もかもが合わないですよ~アタシに(笑)。

小汚くて狭い居酒屋のカウンター席に押し込んでやりたい気分になりましたね(笑)。

ま、お互いに100%合わないことが分かり過ぎるくらいに分かるというケースですね。

合う・合わないは色んな角度、色んな要素で判断でわかるというもの。

では、股。

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/1312-8a00a210