fc2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

謎の女

ども、アタシです。

12月ですね、師走です、今年も。

来月の今頃は、もう仕事始めの翌日というね(笑)。

大掃除、やってますか、皆さま。

普段から順番に場所を決めて掃除をしておけば、年末に大掃除なんか

しないでも済む説ってのが、あるとかないとか・・・どっちなんだ(笑)。

レンジフードとかね、窓の上の方とか、天井付近、もうやる気さえでない(笑)。

アタシんところは、年々大掃除も手抜き度が増しに増しておりますね、ええ(笑)。

汚いものにふたをする、どころか、汚いものは見なかったことにする(笑)。

ま、多少はね、多少はやりますけどね、大掃除らしきことを。

ヘトヘトになっても仕方ないじゃあないですか、どうせまたすぐに汚れるんだ(笑)。

んー・・・と。

あ、オッサン25人の忘年会ね!先週やりましたよ!

メンバーの意見、感想、それからアタシの見解。

二度とやるものじゃない、ああいうカテゴリーのお店では(笑)。

何たってね、料理がお洒落でさ、量が少ないの、悲しいほど(笑)。

各自の目の前に白い大きな皿で料理が配られるんですが、コース料理の如くに。

40、50、60代のオッサンがズラーっと肩を並べてさ、チマチマとナイフとフォークで。

一瞬で食べ終わると、次の料理まで何もない、酒しかない(笑)。

間が持たないから、唯々飲む、喋る、飲む。

次の料理が来る、また皿だけが大きい(笑)、すぐ食い終わる、飲むしかない(笑)。

イタリアンだってのに、ピザの1枚も出ないんだよ、信じられます?(笑)

もー行かない!(笑)

アレは店側の策略かも。コイツ等、二度と来ないようにガッカリさせようって(笑)。

やっぱりオッサンの忘年会は居酒屋に限りますな!

さてさて、話は変わりますが。

少し前のこと、ある女性と・・・人妻熟女に決まっている(笑)・・・会いました。

酒呑んだだけ、飯食っただけです。何処も触っちゃいません、ホントに。

会うということは、外の恋、不倫のね、そういう方向へ進む可能性というか、

お互いの前提というか、まぁ確かにあったと思いますが(笑)。

初対面は飯食うだけにしましょうということで、お互いの共通認識でね。

まぁ色々話ますわな、酒も入り、口も滑らかになり。

例えば、アタシのこれまでお付き合いしてきた人妻熟女のこと、

何処でどう知り合ったのか、とかね。事細かに詳らかにしませんでしたよ(笑)。

一方でその女性が旦那さんと、どういう生活をしてきて、今に至ったかとかね。

アタシと会って、つまり会う約束をして、面と向かって酒を呑み、飯を食い、

あれやこれやと話を交わした訳です。

酒に強い方ではないと、その女性はいう。

だが、見た目に酔った風に見えない人、いますよね。顔に出ない人って。

和やかに2時間半、いや3時間位ですかね、吞みました。

で、その女性はこう言った。

【今日は楽しかったですね!次、いつ会いますか】と。

【私は●曜日と×曜日が空いていて都内だったら午後がいいです】と言んですね。

これ、次また酒呑みましょう、昼間から・・・ではないでしょ?(笑)

そうではない、そうではないのは、もう語り口からも伝わるわけです。

その日は具体的なその約束はせず、お開きになりました。

アタシは男ですから、男として確認しておかねばならないという事でね(笑)、

次の日、その女性にメールを送りました。

【次、会うのは●曜日か×曜日で場所は■■、こっち(アタシ)の予定を伝える】

【これで合ってるよね?】

返信が来ました。

【昨日はありがとうございました。私、何か変なことを言いました?あまり覚えていない】

・・・覚えていないそうです(笑)。

アタシは返信する。

【■■のホテルに午後からなら余裕で行けます、曜日を決めてください】

って言ってたよ、と。

返信。

【ああ・・・そんなこと言いましたか】

【私、そのとき間違いなく良からぬことを考えていたと思う】

【ごめんなさい。次に会うのは遠慮させてください】と。

面白い展開でしょ、コレ(笑)。

覚えちゃいないんですって。

その後ね、その良からぬことについてメールで説明されました。

そもそもその女性は、旦那さんから断られてセックスレスになって、

心身とも相当苦しくダメージを受けた時期があり、

このまま女として終わるのか、終わりたくないという葛藤を経て、

不倫をすればいいんだ、外で相手を見つければいいんだと思った・・・ようです(笑)。

居酒屋(居酒屋で吞んだんですよ!)での会話で、アタシは質問された。

【何で不倫を始めたんですか?】と。

嫁を女として見ることができない、性の対象になり得ない、だからセックスは外で。

コレ、アタシの偽らざる気持ち、外の恋を始めたきっかけですから。

このね、嫁では無理、セックスできない、勃たない、この発言。

この発言がその女性の逆鱗に触れたんですって。

怒りのスイッチが入ったんだそうですよ。

旦那に拒否されて絶望的な気持ちに陥った人妻がここにいるんだよ!と。

嫁とはできない、勃たないと、背中を向けられた人妻が目の前の私だよ!と。

良からぬこととは、この男をホテルに連れ込んで、

セックスで弄んでやろう、テクニックで骨抜きにしてやろう、と考えたんだって。

セックスレスの時期、空白の時期、その女性は風俗嬢だったという話。

そんなことアタシは知る由もないしねぇ・・・(笑)。

外の恋をする男なんてさ、嫁と円満じゃない割合が圧倒的多数でしょ。

嫁と仲良しでも、家族として円満でもセックスはできない、しない、大多数でしょ。

そういう中でそういう場に挑み出れば、どうなるか、ですよ。

あの女性は何を望んだのだろう・・・何を求めたんだろう。

奥さんともセックス、私ともセックス、どちらも大切にできる人・・・?

後日談はありませんよ、これでオシマイです。

もう二度と逢うこともないでしょう。

世の中、色んな人がいるもんです。

では、股。

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/1284-3e5c66ae