fc2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

思うことは自由

ども、アタシです。

皆さま、お元気ですか。

そうですか、元気ですか、それは良かった(笑)。

アタシも相変わらず元気です。

花粉症の人にはつらい季節・・・なんですよね、今の時期って。

目が痒い、鼻水とクシャミが止まらない、喉がいがらっぽい、微熱が・・・

今どき、そんなことを口にしようものなら、コロナじゃないの?!みたいなね、

もう決めつけにも等しいような(笑)嫌疑を掛けられますから(笑)。

この2年位、花粉症が大変だ、エライことになっている、そういう声をあまり

耳にしないような気がしませんかね。

年がら年中マスク生活だからなのか、花粉症がコロナ前より重くないというね、

そういう人が少なくないらしい・・・らしいので、確証はない(笑)。

まぁホントにね、年がら年中マスク着用生活ですから、外では。

マスクを外した顔を知らないっていうね、ウチの社員の中にも数名いますよ(笑)。

入社した頃がコロナ第一波、それからリモートワークだ、緊急事態宣言だ、と

繰り返してきた2年がありますんで、ええ。

マスクを取ったままの顔を知らないんです、数名(笑)。

マスクを外していい生活になった時に、外で会ったら本人と気が付かないかも(笑)。

いや、そんなことはないか、ないね(笑)。

んー・・・と、アレです。

他所の人の不倫ブログで、あ、かなり前の話ですけどね、見かけた話です。

東京と山梨という距離でW婚外をしていた2人がいました、と。

電車で2時間くらいの距離らしいんですね、お互いの住む場所が。

逢う時はほぼ男の側が電車に乗って逢いに来る、と。

何故ならば、女の側には小学校低学年の子供が2人いて、中々遠くへ出られない。

まぁありますよね、こういうこと。

どちらかが逢いに行くという外の恋。

【今日も彼は逢いに来てくれた】

【往復4時間かけて、私との時間のために来てくれる】

そんな思いで過ごした訳ですね、付き合っていた時は。

始まりがあれば終わりがあるのは全ての事に共通する真理だと思いますが、

この2人は別れました、理由は書いてなかった・・・というか

詳しく探してまで読んじゃいないの(笑)。

今日書きたいのはこの先の話です。

【地元スーパーで買い物の帰り道。駅前にスーツ姿の元カレがいた】

【なんでここ(女の地元駅)にいるの?なんで?・・・こわい・・・】

わかります?これ。

別れた不倫相手が自分が生活しているエリアに姿を現すという。

理由はわかりません。確かめる術はないんだね。

LINEも通話もメールアドレスも、全部消した、削除した、解約したから。

偶々仕事で来るような場所ではない、と。

じゃあ、何故。

因みに自宅を知っている訳ではない。

地元駅を教えた訳でもない。何々線の沿線に住んでいる、という事まで。

嘗ては逢いに来てくれた相手として恋焦がれる思いでいたその存在が、

これって、もしかして付きまとい?ストーカー?という気持ちが湧き上がる対象に。

どう思います?皆さま。

これは想像ですけどね、男の側の心理を想像しますが。

もしかしてバッタリ逢えるかもしれない、未練でも何でもなく、と。

いや、未練だろう(笑)。

未練とは言わずとも、心にまだ残る存在を懐かしむ、或いはもう一度やり直せないか、

地元駅に姿を見せるということは、意志をもって来た訳だね、間違いなくそれは。

コレも想像だけど、男の側にはこれはやるべきではない行為だ、

ストーカーと思われるかもしれない、という気持ち、考えは多分ない。

そんなつもりはないんだ、と。悪意など微塵もないんだ、と。

・・・ま、分かりませんけどね(笑)。本当に付きまとい、ストーカーかもしれない。

外の恋、婚外って、何しろ後ろ指を指されることを承知の上でやっている訳で、

普通はね、普通は現実と切り離したところだけで楽しまなきゃダメだと思うのね。

離婚して再婚しよう!なんて話になる2人も中にはいるんだと思いますが、

少なくともアタシのしてきた外の恋は不真面目なことを真面目にする婚外でしたし、

お互いの家族、家庭に迷惑を掛けない前提で始まり、そして終わりましたから。

別れた後、今でもね、西の空を遠い目をしてさ、嗚呼、アイツは元気に生きてるかな、

なんてことをね、思うことは、そりゃあありますよ、アタシだって(笑)。

思うことは思いますが、じゃあ確かめに行ってみよう!とはならない(笑)。

それは駄目よね、と。

確かめる術があったとしてもさ、終わった相手はもう関係ない存在ですし。

終わりながらも、何だか終わっていないような、またいつか復活するような(笑)、

そんな一時休止みたいな終わり方をしている人もいますけどね、きっとね。

思うのは自由。思うだけにしておこう。

では、股。


スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/1259-5d5c1a16