fc2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

節目になること

ども、アタシです。

7月も半ばに差し掛かり、どうやら関東も梅雨明けしそうですね。

今年の夏は猛暑になるんですかねー。

35度位じゃあもうね、驚いちゃいけないですから(笑)。

去年も一昨年もありましたね、気温40度超えとかね。

マスクなんか付けて歩いてたら倒れそうですな!(笑)

話は変わりますが、ワクチン接種。

アタシの周りでも、つまりアタシと同世代の人ですが(笑)ここに来て

一気に接種した人、予定が決まった人、増えました。

ウチの嫁も1回目が終わり、アタシとほぼ同じタイミングで2回目が決まっている。

昔からの仕事仲間、ゴルフ仲間とかもね、打ち終わったという話も。

お盆から先、秋めいた陽気になる頃には、コロナも随分と違ってきますかね。

狭い居酒屋で焼き鳥を焼く煙を思い切り浴びながらビールを吞みたい!(笑)

んー・・・と。またまた話は変わるんですが(笑)、節目という話。

長々と不倫をしている女性がいると思ってください・・・アタシとじゃなくて(笑)。

で、不倫ですから、その女性には旦那がいる、家族もいる。

旦那が病に倒れました、と。入院、手術、そのあと治療はエンドレス。

微塵も予想していない出来事、まさに青天の霹靂というような。

この女性は迷い、悩みます。

このまま不倫を続けるのか、と。

憎んでさえいた旦那が病に倒れ、命を落とすことはないとしても、

今までの健康な状態ではなくなる旦那がいる中で、他所の人の旦那さんに

抱かれて痺れるようなセックスに今まで通りに興じることができるのか、と。

長々と不倫関係を続けてきて、一度も感じたことがなかった良心の呵責を

今回初めて感じる自分がいる、と。

揺れ動いているんですね、その女性。

今まで通りには暫くできないかもしれないけれど、別れるまでしなくていい。

いや、もうこれ以上はダメだ。罰が当たったんだ、これはそういう意味なんだ。

身体が求めてしまう、他所の人の旦那さんである相手の身体を。

セックスを手放したくないと思っている自分をどうにもできない、と。

でも、でも、やはりダメだ、このままズルズルと行ってはダメだ、とも。

同じような境遇と言いますか、嫁や旦那、あるいは自分の親とか、子供の事とか、

実生活の中で起こる出来事が、外の恋のブレーキや終止符になること、ありますね。

何があっても平気、旦那が倒れようが、親が要介護になろうとも、外の恋は別。

それはそれ、これはこれ、という割り切り方ができる人もいる筈で。

同じ不倫、外の恋でも、世代や年齢によって実生活で起こり得ることが

かなり違ってきますもんね。

30代ではあり得ないことが、40代では普通に起こる。

50代になると、もうね、気力・体力(笑)、そして自分も含めた健康問題とかさ、

不意に巻き起こることが出てくる訳さ。

そのとき、その外の恋をどうするかという話だね。

正解はないと思いますが。

ひとつ言えることは、人生は有限で、躊躇しているうちに時間は過ぎ、

それもさ、あっという間に過ぎてしまうということかな。

では、股。

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/1230-5ffda98f