FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

新しい外の恋様式

ムッチリしたカラダを寄せてきて、汗で湿った太腿を自ら開いて

アタシのチンコに宛がうように腰をくねらせて、挿入し、

汗を滴り落としながら切なげに歓びの声を上げる。

・・・そういう夢を見て、真夜中に目が覚めたアタシです(笑)。

熱帯夜でしたね、昨日も。

クーラーをかけたんですが、設定温度が高過ぎたのか、物凄い寝汗で(笑)。

一体、何ちゅう夢を・・・エロ気持ちいい夢を見たんだ・・・と思いつつ、

この寝汗は夢の中で滴り落ちた汗・・・?なんてね、訳の分からないことを思ったような、

思わなかったような。

夢は目覚めると内容を忘れていくじゃあないですか。

夜中、目覚めた瞬間は、アタシのチンコを宛がうようにしていた女性をね、

覚えていたと思うんですが、今は朧気、全く曖昧(笑)。

・・・確か、嘗て逢ったことがある熟女だった・・・ような気がします。

何なんですかねぇ・・・何かの知らせですかね。

エロい夢を見るのは、欲求不満だからという話がありますが、

どうやらそうでもないらしいですよ。

男女問わず、年齢も関係なく、誰もが見るのがエロい夢らしい。

勿論、欲求や要求、それから願望とかね、あるらしいんですが、

それは性的な事に対してだけではなく、生活全般に対しての事、らしい。

まぁ、どうでもいい話ですかね(笑)。

お盆休み明け、9連休明けで都内に出勤したアタシです(笑)。

静岡では、今日は41度超えだったらしいですねぇ・・・。

都内も暑かったですよ、ええ。

通勤だけで、今、プールから上がりました~!みたいな状態になりますから(笑)。

今週は予報のままですと、連日猛暑。

金曜日まで、5日間出勤です。

来週はリモートワークってことでね、家で働かねばならない(笑)。

そして暦は9月です・・・もう何だかんだで8ヶ月近くコロナウイルス禍ですねぇ・・・。

色んなことが儘ならない、これまで通りにできない、実感して久しいですよね。

コロナウイルス禍で、不倫、外の恋も、その在り方を考え直さなければ、

どうにもならないというね、ありますね、きっと。

世の中の人、不倫、浮気をしてきた人が、このコロナウイルス禍の中で、

どう対応しているのか、対応してきたのか。

こういう話題は対面でインタビューとか、表立って堂々と語れることじゃあないですから、

ネットやSNS、匿名性の高い世界での検索や発見になってしまうんでしょうけど、

コロナ以前と変わらずに、相手と逢い、これまで通りにセックス、つまり濃厚接触をして

それをコロナ以前と変わらずに繰り返していて、勿論コロナ感染もしていないです!

という人もいるもんですね。

無頓着なのか、無謀なのか、リスクをリスクと思わないのか・・・と思いきや、

信頼がおける相手だから、という理由を書かれていたブログがありました。

旦那より遥かに信用も信頼もできるから、コロナ感染を心配しないんだ、と。

そう思える、思いきれる関係は凄いと思うし、ある種、超越した関係なんでしょうね。

どういう経路か分かりませんが、PCR検査を受けて陰性だったから自信をもって

デートをしたという人もいる。

安心材料にはなるのかな、完全ではないにせよ。

アメリカは今や感染大国ですが、新しい性生活様式の提言みたいなのがありますね。

幾つか抜粋しますと・・・

・親しい人だけとセックスする
・安全と思われるのは同居者
・一番の安全な相手は自分自身(自慰を勧めている)

もしも他の誰かとセックスをする場合には

・キスは回避、マスクかフェイスカバーを着用
・唾液の交換に繋がる行為、舐め合いは避ける
・コンドームの着用
・独創的な体位、例えば防御壁越しにセックスをする
・ソーシャルディスタンスを確保して、一緒に自慰をする

などが、大真面目に書かれています。

できます?コレ(笑)。

できないではなく、するか、しないか、だとも書かれていました。

これまでの性生活の在り方に拘っていては、手に入れることができない現実を

まず理解することが大切だ、と。

そして、とにかくセックスの前後には入念に手洗い、うがい、消毒、

セックスのあとは速やかに離れる、距離を取る、帰宅を推奨(笑)。

ある人(不倫をしているブロガーさん)は、ここまでのことをするなら、

身が持たない、心が先に折れると書いていました。

半年後とは言わないが、1年経ったら今できないことができていると

信じて今は我慢、逢わずに繋がる関係を保つと書いていました。

リモートワークなんて、アタシは生涯無縁だと思っていました。

でも、もう5ヶ月近くリモートワークも織り交ぜて働いている。

中高年って変化を望まなかったり、できれば現状維持とか現状の延長線上で

生きていく選択をしたがるんだと思います。

時を待てばいい、その時まで、という発想は間違いではないと思います。

変化を厭わず、できる範囲でチャレンジするのもあり!だとも思います。

何しろ分かっていることは、人生1回ということですね。

では、股。

スポンサーサイト



Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2020.08.18 10:02 | | # [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
コメントありがとうございます。
寝苦しい真夏の夜を書いた翌日あたりから、少し秋めいた空気が流れて
秋の虫も鳴き始めました。季節は巡りますね。
1年早いもので、あっという間に秋、そして冬へと進むんでしょう、今年も(笑)。
コロナ退治の朗報を喜べる日を待ちましょう。
2020.08.19 07:39 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/1187-e5dbe97f