FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

心の隙間問題

マスクの夏、前代未聞の夏、いよいよ始まるというね、そんな陽気の6月中頃、

皆さま、お疲れさまです。

アタシです。

梅雨入りしたと思ったら、真夏日の晴れ続きで、いやホントに暑いの何の。

そんな暑い中でも、概ね皆、マスク姿です、都内。

真面目ですよね、日本人って。

中には何かにつけて全く言う事を聞かないおバカさんもいますけど(笑)、

日本人はルールとか規律とか、マナーとかね、守りますね、ホントに。

真面目で素晴らしい人たち、国民だと思いますね、ハイ。

日本人に生まれて良かった、日本人の人妻熟女は最高だ・・・(笑)。

いや、そんな話じゃなくてさ(笑)。

心の隙間という言葉がありますね、心の隙間。

一昔前にココロのスキマ、お埋めしますというセリフが有名なTVアニメでありました。

アニメの主人公であるセールスマンがお客である人の心の寂しさ、隙間を埋めてくれる、

ただし、ハッピーエンドとは限らない、寧ろその真逆、ブラックユーモアや皮肉な結果で

一話が終わるような、そんなアレだったですかね。

話が脱線しましたが(笑)、その心の隙間があって、それを自覚していて、

その隙間を埋めたいがために、浮気、外の恋をするという人は

世の中に溢れかえっている・・・と、アタシは勝手に思っています(笑)。

若くても若くなくても、それぞれの事情の中で隙間はあって、

アタシのような世代、年代にもね、あるんですよ、それなりの心の隙間がさ(笑)。

一括りになんかできないものだと思いますが、んー・・・何ですかね、孤独感ですか。

何かこう取り残されたような感覚、人として、男として、女として、

誰からも認識されない、認めて貰えていない感覚とかね。

いちいち理由なんかヒアリングもメモもしたことはありませんが(笑)、

アタシの過去のお相手だった人妻熟女の方々、それぞれに心の隙間があったと思いますよ。

女なのに、女であることを実感できない日々、それはさ10年それ以上もセックスレスで

気が付けば40代も半ばに入り、或いは更年期が始まって、子供は独立して、旦那はいても

いないに等しいような存在、空気感で(笑)、このまま枯れていく恐怖感とかね。

心の隙間どころか、心が空洞、空っぽ。そんな人もいたかもしれないね。

外の恋をしたときに、その隙間なり、空洞なりが埋まるのか、なくなるのか、ですが、

どうですかね、時には埋まり、なくなり、時には埋まらず、なくならず、ですかね(笑)。

外の恋、浮気、するのは自分自身ですが、相手がいて成り立つ話で、

相手次第でもあるけれども、相手が解決してくれる保証はないんだね、実際。

心の隙間を埋めてくれ、空洞をなくしてくれとお願いされたとしても、

合点承知!とはならない、多分。

結果的に運よくピッタリと嵌ってね、上手い具合に隙間も何も消えてなくなる、

そんな場合もあるんでしょうけどね、少数派じゃないかな。

よ~し!頑張って隙間を埋めちゃうぞ、解決しちゃうぞ!なんてね、

意気込んで、張り切ってみても、相手にその期待通りにお返しできるか、

それは別問題になりますね、きっと。

約束事にはできないだろうし、そういう期待そのものが多分違うんだろうと。

何でしょうかね、一瞬の麻薬のような。その日、その時だけ効く魔法のような。

アタシは外の恋をしていた時に、心の隙間を埋めて貰えたかと言えば、

埋めていただきました、大なり小なり(笑)。

やっぱりね、男としてアタシのカラダを求められること、そして他所の奥さんが

アタシのカラダで悦ぶのは、男としての価値を実感できる瞬間だし、

ある意味で縁も所縁も何もない中で、ひょんなことで繋がった人妻熟女が

他愛もない会話に時間を費やして、ああ今日はいい日だった、楽しかったと

駅の改札口で別れて、家に帰っていく姿って、いい眺めでもありました。

で、また暫くして、お互いに抱えた心の隙間を埋めるために逢うというね(笑)。

心の隙間に外の恋。そうとは限らないけど、確かにあるとアタシは思うのでした。

では、股。

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/1178-556e952c