FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

優先順位、価値判断、外の恋

いや、どうも。アタシです。

今日の都内は太陽が燦燦と輝き、乾いた風が吹く夏の一日でしたねぇ。

まさかもう梅雨明け?!みたいな気持ちにさせられたり(笑)。

去年、梅雨が短かったですよね、確か。

今年もそうなるのかなぁ・・・どうなんでしょうね。

んー・・・今日はね、Twitterで繋がっている人妻の呟きについて書こうかな。

この人妻ね、アタシと同じくらいの年齢だと思う。

50代半ばかな、きっとね。

で、勿論アレですよ、不倫をしている(笑)。

その相手がどうこうの話じゃあなくてね、夫、旦那さんの話です。

詳しいことは勿論知らないんですけどね、旦那さんが急遽入院、手術というね、

怪我なのか、病気なのか・・・多分病気での入院、手術のようです。

不倫相手とのデート・・・この人、遠距離婚外なので、ある意味で満を持す形なんですよね、

毎回のデートがね。

で、予定していたデートを無期延期としました、と。

理由は旦那さんの入院、手術です。

死なれたら困る、旦那を家族として愛している、今でもセックスがある、

まだまだ共に生きていきたい・・・私は不倫を続けるけど(笑)。

そんなことを呟いておられました(笑)。

旦那さんの入院、手術でデートを順延(今回の場合、無期で)する、

この考え方に異を唱える人っていますかね。

いなくはないでしょうね、きっといると思うし、いていいんですよね。

夫婦だけれども、南極の氷のように冷え切った関係、恨みや憎しみしかない、

歯を喰いしばってひとつ屋根の下で生活しているという人にしてみたら、

千載一遇のデートをスキップなんかできない、したくないということで、

旦那の入院や手術をチャチャチャっと事務的にやり過ごしたら、

外の彼のもとへ駆けていく、身も心も・・・いますよね(笑)。

アタシが嘗てこのブログで散々書いた大阪の人妻熟女はね、

こういうシチュエーションはなかったけど、DV旦那を心底憎んでいたもんなぁ。

アタシは嫁を女として見ることができず、家族として大切な存在であるけれども、

他所の奥さんを愛しい相手としてセックスを繰り返しましたしね、ええ。

去年、今年とアタシの嫁は入院、手術をしました、ブログにも書きましたね。

そのタイミングで、んー・・・アタシはデートの順延も何もなかった訳ですけどね。

幸か不幸か、相手が存在しなきゃ、そうはならないし(笑)。

もしも、もしもね、このTwitterの人妻のような状況だったとしたら、

アタシもきっと無期延期を選んだと思います。

そこはね、順番なんですよ、アタシの外の恋の。

優先順位を曲げてまですることじゃあないんだな。

価値判断と言いますか、それはダメ、罰が当たる、みたいなね(笑)。

不倫、外の恋をしている時点で既に罰当たりなんですけどさ(笑)。

外の恋のデートの時、アタシはいつも罪悪感のようなね、罪の意識はありました。

罪の意識がありながらも、他所の奥さんの股間に顔を埋めて唾液と愛液の混合に

顔面を濡らし、罪悪感を感じながら、チンコを舐めさせ、硬くした肉棒を

ズブズブと抜き挿しして、一滴残らず射精したというね(笑)。

・・・罪深い(笑)。

では股。

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/1113-16d9bc50