FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

条件という名の変化するハードル

皆さま、ご機嫌いかがでしょうか。

アタシです。

9連休明け、今日からまたいつもの日常生活に戻った感じがしますねぇ・・・(笑)。

先週の今日、13日はひとり休日出勤をしておりました。

誰もいないオフィスで自由気ままに仕事をしたんですね。

その1週間後、今日はオフィスに人がワイワイいる(笑)。

ま、当たり前ですけどね、お盆休みが終わったんですから。

家に旦那がいなくなってホッと一息ついている奥さまも少なくないんでしょう(笑)。

お盆休みが明けて、これで堂々と外の恋のアレコレを楽しめる!というね、

そういう人もね、多いんじゃあないですかね(笑)。

んー・・・アタシも気が付けば長々とこういう不倫ブログを書いておりますが、

何を血迷ったのか(笑)何度も読みに来る方々、いるんですね。

で、おそらくそういう方々はアタシと同じ世代か、まぁ下の世代でも

40代以降だと、何となく思っております。

このブログを覗きに来られる方々、既婚でも20代、30代の人じゃあないと、

そういう気がするんですね。

何たって50代半ばのオッサンが書き手ですから(笑)。

やはり同じ外の恋でもね、世代が違うんだと思うんですね(笑)。

考えること、思うこと、感じること、やはり違いますね。

20代には20代の、30代にも30代の、そして40代、50代には

その人生の中にあるシーン、出来事がある訳で。

年齢、年代、それぞれにある外の恋がやはりあるんですよね。

根拠がある話をする訳じゃあないんですが、例えばね、ここに2人の女性がいるとします。

ひとりは30代、もうひとりは50代としますね。

ともに既婚という前提で(笑)。

取り巻く環境、今ある状態は共通もあればそうではないことも多々あり、

ですから一概に言えることでは勿論ないんですが、それを前提に書きますよ。

30代の女性が求める、或いは拘る外の恋への条件と、

50代の女性が求めるそれ、その条件をハードルという言い方に変えますが、

ハードルの高さは多分30代の女性の方が高い・・・ですよね(笑)。

いや、そんなことはない!と言う人もいるとは思いますが、

でもね、やはりハードルは年々下がっていくんだと思う。

美人でもない、プロポーションもよくない・・・どころか並以下とかね、

嘗てはそれなりか、それなり以上に(笑)まあまあいい女!を秘かに自負していた人も

年齢を重ねれば劣化しますからね、衰えますから、見た目も内面も(笑)。

こんなだらしない体に需要があるのか、誰が欲情するのか、と。

このシミ、しわ、垂れ下がる肉、情けなくなるようなシルエット。

30代の時にはそんなことを思わずにいられたけれども、

いつしかそうはいかない、そうはならない、というね。

外の恋の条件、相手に求めるもの、自分自身の劣化と衰えと共に

どんどん下がる、条件が緩くなる、広くなる(笑)。

そんな傾向は確かにある・・・と思いませんかね。

容姿なんか気にしないと言いつつも、それなりに譲れない、嘗ては。

今となってはそこまで拘らない、拘れない・・・と思いつつも、

その実、意外と拘りは拘りとして消えない、変わらない部分もね、ありますかね。

寧ろアレかな、拘る先、拘る項目が移ろうのかもしれないですね。

内面、精神面で充実した大人である人、ちゃんとした人。

その上で健康でセックスが問題なくできる人(笑)・・・ですかね。

アタシ自身、30代、40代と今とをね、振り返って考えてみますに、

うーん・・・(笑)どうだったですかね。

確かにね、あったかもしれないですね、相手の見た目への拘り条件が。

飛び切りの美人を求めちゃいないと言いつつ、それなりに美形を探していたり、

それは嘗てあったような・・・そうでもなかったような(笑)。

40代を経て、50代へ差し掛かり、あるいは50代を突き進んでいくと、

もうアレもコレもと条件を付けていたら相手が見つかりません!でもないですよ。

譲れない線は皆あるんだ。

あっていいんだと思います。

だってね、誰でも構わない筈がないんですから。

何歳になろうともデブだけはダメ、ハゲも嫌、そういうこだわりがあってもいい(笑)。

相手はお金持ち、着るもの、身に付けるもの、ブランド品じゃなきゃ嫌だという

そういう拘りが譲れないなら、それで行くしかないんですね。

それが叶うかどうかは別として(笑)。

やはり、こういう年齢になって、こういう状況下で以て

外の恋をするんですから、無駄に痛い目に遭いたくないでしょ?(笑)

選ぶべき相手を間違えたくないですから、誰しも。

その意味でハードルは下がるのではなく、内容と種類が変わるのかも、ですね。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/1076-2016bb8c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。