FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変遷の中にある外の恋

皆さま、お元気ですか。

アタシは頗る元気です(笑)。

暑いですね、今日も。

暑中お見舞い申し上げますよ、ホントにね、心の底から(笑)。

今週末からアタシは9連休に入りますが・・・会社のお盆休みです(笑)。

今日ね、お邪魔した先のお客様の仕事が急ぎなんですね、おかげさまで(笑)。

13日~17日も堂々と仕事に行ける!そういう理由が次々とできそうな予感(笑)。

いや、休みは休みですからね、休みますけどさ。

でも、9日間丸々家に居たくないですって、いくら何でも(笑)。

嫁と朝昼晩と向かい合って飯食いたくないですから(笑)。

まぁアレですね、このブログに過去何度も書いたような、長期休暇の過ごし方、

そのまんまになるんでしょう、今年のお盆休みもね(笑)。

んー・・・来月は9月ですね(笑)。

9月と言えば、アタシの誕生日です、否が応でも(笑)。

またひとつ、歳を重ねちまうと言うね、恐ろしい現実が来月待ち受けている(笑)。

いよいよアレですよ、還暦という言葉がね、遥か彼方のことでもなくなってくるような、

いやまだまだ先だとも思いますけどね、でも月日が経つのは早いし(笑)。

振り返りますれば・・・アタシがこのしょうもないブログを書き始めたころ、

関西は大阪在住の人妻熟女と遠距離W婚外をしていた訳ですね。

ブログを書き始める前から関係は始まっていましたから。

リーマンショックがあり、経験したことがない不況になり、

リストラや会社再編や諸々ありました、あの頃は。

それ以前から、勿論アタシは外の恋をしてきていた訳ですが、

このリーマンショックを境にして、そのあと暫くして出逢ったんですね、

このブログに登場していたあの人妻熟女と。

もう、どうですかね、5年、いや6年も前の事になるんですかね。

外の恋は人生のひと時であり、一場面ですね。

その時々の生活の中にある非日常の時間です。

来月誕生日を迎えようとするアタシと、5年前、6年前、あるいはもっと前、

40代前半の頃のアタシを比べたら、何もかもが違いますね、生活全般。

過去を懐かしんで、あの頃に戻りたいなんて微塵も思っちゃあいないんですよ。

今を生きることにアタシは前向き、嬉しい気持ちでいますから(笑)。

ただ、やはり時の移ろいと共に、自らの変遷、感じます。

外の恋の経験値、それが積み重なっての余裕のようなものがあるとすれば、

それは経験したことへのご褒美のような気もします。

気が付けば五十路になり、それを経て五十路半ばに。

やっぱり違いますね、四十路や三十路のアタシがしてきたこととは(笑)。

肉体面、体力、そりゃあもうね、実感します(笑)。

朝から晩までセックスできませんもん(笑)。

精子、5回も6回も出ません(笑)。

いや、平均的な50代と比べたらアタシはかなりの獣だと思うけどさ(笑)。

変遷しますねぇ・・・周囲もね。

友人や知人が病む。手術だ、入院だ、療養だと耳にする機会が増えました。

アタシがひとつずつ歳を重ねるように、アタシの嫁も五十路を迎えました。

セックスレスのウチの嫁も老いる、等しく老いていく。

親が倒れる、自らできないアレコレが増えていく、介護が始まる。

そういう話も周囲で当たり前のように出ます。

そういう時期に今アタシはいるんだな、と思いますねぇ・・・。

外の恋をして、デートをして、駅でも街中でも何処でもいいんですが、

それぞれの方向、つまり帰るべき場所へ帰るとき。

手を振って別れていく、ひとりの時間になりますね。

変遷しないのは、この瞬間に思い感じることかなと思いました。

【あぁ、今日も無事にデートができた、楽しめた、終えることができた】

お互い、家に帰ろう・・・それが嬉しくないことだとしても。

その気持ちね、感情。

それは10年前も今も変遷しないままだと思います。

多分、この先も外の恋をする限り、そこだけは変遷しないと思うんですね。

スポンサーサイト

Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.08.07 00:45 | | # [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
紅蓮さん、コメントありがとうございます。
変わるもの、変わらぬもの、それぞれありますね、誰しも。
変えたいのに変わらないものも(笑)。
100年以上続く老舗の料理屋は変わらぬ味を守り続けているから、
愛され続けるという話、実は味は変わり続けているんだそうです。
時代やその時々の人々の嗜好に合わせて、微妙に変化を加えている。
でも、それが変わらぬ味になるから不思議ですね。
人もそうありたいものです。
2018.08.07 06:58 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/1070-4bd0c592
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。