FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外の恋のべき論

今週も早、週の後半ですね、皆さま。

あ、アタシです、アタシですよ(笑)。

台風の影響ですか、梅雨に戻ったような天気になりました。

週末まで愚図つくとか、そんな予報ですね。

雨もまた良しなんですけどね、とにかくアタシは革靴が濡れるのが何とも悲しい(笑)。

革靴が不憫で気の毒でなりません(笑)。

雨が降ったら、いっそのこと革靴を脱いで裸足で歩きたく・・・なりません!(笑)

んー・・・昨日ですけどね、アタシは会社からほど近い眼科へ行きました。

少し前に書いた健康診断のね、結果で。

目の異常でもないんですけどさ、半年後に健診を受けてください的なことが書いてあり。

何とも釈然としないといいますか、悪いことはないけど何れまた来なさいというね、

そういう奥歯に物が挟まったようなひと言コメントに納得いきませんで(笑)。

行きました、眼科医。

女医です(笑)。

開業してまだそう日が経っていないんですね。

そのせいか、行ってみたらガラガラ(笑)。

貸し切り状態で診察を受けることになりまして、ええ。

結論から言いますと、何処も何も異常なし!(笑)

何なんですかね、あの健康診断のコメントは!(笑)

目の検査でできること、やれること、全部やってくれました。

アタシの年齢を見て、将来のためにということで緑内障、白内障の検査も。

何処も何も異常なし!健康そのものな目だそうです!

何よりでした・・・めでたしめでたし、です(笑)。

いやしかしね、昨日の女医のことですが(笑)、いい医者でしたぁ・・・。

他に誰も患者がいないからなのか(笑)、まぁ丁寧。

アタシの素人質問にも図を書いて説明してくれる、難しい言葉を使わない、

そして何よりもね、笑顔。終始笑顔で目を見て話してくれるんですね。

安心感がありますね、信頼できる。

また行こうかな・・・何処も何も悪くないけど(笑)。

んー・・・と、どうでもいい話を長々とスミマセン(笑)。

べき論という話でしたね、記事の題名。

いませんかね、皆さまの周囲にべき論を振りかざす人。

【~であるべき】という押しつけをする人。

あの、べき論ってのは確たる根拠があって、良かれと思ってこうした方がいいよ、

こうするべきだよ、という場合もあれば、根拠など皆無に等しいくらいになくて、

その人の思い込み、その人固有の経験と実績、価値観でいうところのべき論と

大抵はこの2つに分かれるようですね。

べき論を振りかざすのは男・・・ばかりでもない、女でもいる、いますね。

外の恋でもべき論は飛び交います、残念ながら(笑)。

人間関係、恋愛関係です、大人の。

いい年をした大人が出逢っての不倫関係ですからね、誰が何と言おうとも(笑)。

出来上がっている個性や品位とか人間性とかね、前提にあるじゃあないですか。

その相手に対して、俺はこう!私はこう!だからあなたもこうでしょ!はオカシイ。

べき論は常識というね、当たり前という言い方に変わることもあるんですね。

あたかも一般常識であるかのように自信満々です、べき論の当人は(笑)。

そんなことはない、ないですね。

人としての善悪、それは普遍的なものが尺度としてあるとは思いますけどね、

こと、恋愛模様についてまで、一般化しては窮屈になるだけです。

ましてや違う人生を散々歩んできた2人が出逢ってのことなんですから、

認め合わないとね、違いを。

べきではないことがあるんだと。

そうすれば今よりももっと楽にできると思うんですが、いかがでしょうか。

スポンサーサイト

Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.07.06 15:47 | | # [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
のん。さん、コメントありがとうございます。
ご無沙汰でした、お元気でしたか?
お元気そうですね(笑)。
繋がりが細かろうと何であろうと、続くことがいいことですよ。
違いを認め合うことができれば、色々と楽になりますね。
2018.07.07 07:10 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/1056-8e4fca60
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。