FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女→妻→母→女(熟)

んー・・・ここ数日ね、やたらと目に入る、耳にするようになったことがあります。

母の日(笑)。

そんなことないですかね、アタシだけなんでしょうかね。

5月13日の日曜日が母の日ってことでね、母の日ギフトだ、母の日のプレゼントだ、

母娘で旅行に行きましょう!みたいなね、母当事者以外の方々にお金を使わせよう、

とにかく使わせようと必死になっている感があります(笑)。

またそれをね、母の日という日を心の底から楽しみにしている人もいるんだね、実際。

うっかり忘れようものなら血の雨が降る・・・そんなことはない(笑)。

母の日ですねぇ・・・6月には父の日ってのも待ち受けておりますが(笑)。

母ってのは永遠に母なんでしょうね、当たり前ですが(笑)。

子供から見れば永久不滅に母です。

ま、同じ理屈で父も永久不滅に乳・・・いや父ですね(笑)。

アタシも父です、父親です。

大学生の娘がいますが、んー・・・振り返りますと、娘が生まれて数年後には

外の恋というね、他所の人の奥さん、しかも熟女限定で(笑)、色恋を楽しんできたんですねぇ。

かつてアタシのお相手であった人妻熟女の方々、殆どが子供を産んだ人でしたから、

子育て中、あるいは子育てを終えての母親でありつつ、外の恋をしていたわけですね。

子供たちから見れば父親であり、母親であり、ですが、その子供たちが知らないところで、

男と女に大変身しちゃってるというね(笑)、そういうアレですね、要は。

独身時代があり、女として生活する中で出逢いがあり結婚し、夫婦になって出産し、

母となって子を育て、育てていく中で女である自分を見失い、気が付けば中年というね。

男も同じ辿り方でしょう。

外の恋などしなくてもよい、しないで済む人生だって当たり前にありますから。

選択肢は自分の中にあるものですからね、外の恋というものは。

女→妻→母と経てきて、もう一度女に戻る、戻ってみたいという気持ちになった時に、

大抵は熟れています(笑)。

だからね、必然的に人妻熟女が完成してしまうんですね(笑)。

5年ぶり、10年ぶり、20年ぶりか、それは個人差でしかないですけど、

忘れていた気持ちの高揚感とかね、セックスの快感とか、

初めて知る快楽の味ってことだってありますからね、特に女性の場合はね。

40代以降のセックスが一番いい時期だってのは証明されているんだとか。

だからと言って、その世界に足を踏み入れる必要はない(笑)。

自己責任と覚悟をもって一歩前に出る勇気と決断はなきゃね、ダメですね。

スポンサーサイト

Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.04.24 08:45 | | # [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.04.24 11:42 | | # [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
いちごさん、コメントありがとうございます。
何よりでございました(笑)。
申し分のないことでしょう。
年齢と共にできること、やりたいことのギャップが立ちはだかること
多々出てくる場合もありますが、無理は禁物ですね(笑)。
流れに任せつつ、一方で緊張感と自己管理の気持ちを持ちつつ。
頑張りましょう、励みましょう(笑)。
2018.04.25 06:54 | URL | #- [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
紅蓮さん、コメントありがとうございます。
色々あるものです、それぞれに。
母の日ひとつ取っても、夫婦、家族の在り方が問われたりするんですよね。
父の日、誕生日、クリスマス、バレンタインデーにホワイトデー、
敬老の日もそうかもしれませんね(笑)、イベントに絡めると面倒臭いことが
多々起きる、しかも予想だにしていない展開で(笑)。
それも経験、それを経て生きてきたという受け止め、捉え方で前に進みましょう。
2018.04.25 06:57 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.04.25 22:40 | | # [edit]
dan.m says... "Re: タイトルなし"
いちごさん、コメントありがとうございます。
悪気もなく、元々そういう在り方、やり方の人だと思うしかないですかね(笑)。
わかっていながらも、そうじゃない対応を求めたがる自分がここにいると自覚もあるでしょ?(笑)
長いお付き合いなんでしょうから、山も谷も超えてきた2人なんですから、
この先もこのまま進んでいくのが案外一番なのではと思いました。
2018.04.26 07:02 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://391107.blog.fc2.com/tb.php/1019-36d0a773
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。