fc2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

選ばないから決まらない

ども、アタシです。

着々と師走に近付いてまいりました今日この頃、

皆さま、お元気でお過ごしでしょうか。

アタシは相も変わらず頗る元気ハツラツです。

とは言え、今巷で大流行の喉風邪。

アレを貰いましたね~。

アタシんところの会社、オフィスでも何人も咳だ、鼻水だ、喉がイガイガする、痛い、

そんなこんなの症状の人がアッチにもコッチにもいましてね!

先週の月曜日辺り、ん?喉がちょっとオカシイな・・・と感じたんですよ。

熱はない、測れば平熱。じゃあ関係ないか!ってことでね、予定されていた呑み会、

次の日の火曜日にあったんですが、渋谷で。

行きました、当たり前のように(笑)。

ワーワー騒いで、5時間も吞んじゃって(笑)。

完全にコレで喉がイカレましたね(笑)。

相変わらず平熱、喉の痛みはなくなったものの、イガイガと鼻水。

会社に来れば、未だに彼方此方で咳、ガラガラ声(笑)が聞こえてくる。

休んでいた奴が一人、咳以外何の症状もないけど、コロナ陽性でした!ということもあり、

アタシも行きました、耳鼻咽喉科へ。

検査して、コロナでもなくインフルでもない、流行りの咽頭炎だと医者はいう。

しかも!2週間くらいかかりますよ、治るまで、という。

そろそろ2週間ですけどね、喉のイガイガ、古い話ですがエヘン虫ですか(笑)、いますね!

この秋以降、大流行だそうですから、ええ。

皆さまもご自愛くださいませー。

今日は、書きますよ!外の恋のこと!(笑)

もうネタ切れで書くことがなくなっちまったんだろ、お前!みたいな声なき声が、

どこからともなく聞こえてくるような、こないような(笑)、どっちだよ!(笑)

んー・・・とね、アレです。

アタシの仕事は、そうです、転職のお手伝いをしているんですよね。

若い人ばかりじゃない、相談に来る人は。

アタシのようなオッサン、それからオバサン・・・熟女(笑)も来ます、時々。

50代の人、まぁ色んな人がいますね。

プライドがめっちゃ高い人、かなり多い(笑)。

その逆で、プライドなんか欠片もない、自分を卑下するかのような人。

このプライドも何もない人でも生きていく上で、働かなければ!の思いはあるんです。

で、アタシのような存在を頼ってくる人、相談にくる人がいる訳です。

【もうこういう年齢なので選んでいる場合じゃないとわかっています】とか言うんだね。

【選ぶほどの余裕も実力もありませんので、何でも構わないので仕事を探してください】と。

こういう人、意外と曲者です(笑)。

選ばない、選ぶ立場にない、そう言った筈なのに、仕事をいくつか紹介すると、

【いや、それはちょっと遠慮したいです、さすがに嫌です、無理です】と言う(笑)。

なんでもいいという話じゃあないんだ(笑)。

中にはね、いますよ。本当に何でも構わないって人も。

そういう人はね、要は選ばないから。まぁ大抵は決まります、仕事が見つかる。

ですが、すぐに辞める(笑)。

これね、当たり前の話で、選ばないからダメなんですよ。

選べるような立場(年齢が行っている、経験がない、等々)ではないことを自覚していて、

だから決まるところで決めちゃう、安易に。

とりあえず働いてみよう、お金が必要だし、と。

すぐ決まる、そしてすぐ辞める、また相談にくる(笑)。

失礼ながら厄介です、正直言うと徒労感しかない、アタシは(笑)。

何でもいいから!ってお前、言ったじゃね~かよっ!(笑)

だから言っただろ、本当にいいんですか、ここで?考えてみてくださいよ、冷静に、って(笑)。

話を外の恋へと展開しますね(笑)。

このね、何でもいい、相手に多くを望まない、選べるような自分じゃない、みたいな考えで

相手を探す、決める人って案外多い気がします、アタシは。

こんな体型だし、見た目も中身も平均以下だし、何にも取り柄がないし・・・。

という前提で、でも婚外恋愛してみたい、誰かと、と言う。

出会い系とかマッチングアプリですか、とりあえず相手を見つける!みたいなね。

本人の心理、気持ちの中で自覚しているか、していないか、自覚していても敢えてそれに

蓋をして気が付かないふりをしているか、誰でもいいから付き合いたいのではなく、

本当はこの人だ!という一人と関係を作り上げたい筈なんですよね。

女として相手にされない、女として見てもらえていない、誰からも求められない自分が寂しく、

悲しく、気の毒過ぎて、だから誰かを探してしまう。

そう。実は寂しさを埋めるための相手を探している、とりあえず。

なので、端折ります、関係構築のための確認事項、作業を(笑)。

急ぐんですね、逢うことを。

逢ってみりゃわかるさ。逢って、そん時に考えよう!みたいなね、そういう感じの。

で、逢って関係を持って、何か違う、全然違う、こうじゃない、と思い至る・・・ことも(笑)。

何を目的にしますか、転職に。アタシはこの質問を相談にくる人にします。

以前にも書きましたが、目的?目的って・・・?と、意外な顔、反応をする人、多々。

理由ではなく目的を、とアタシは言う。

外の恋でも、目的が明らかな方が、相手に対してもブレない、と思うんですけどね。

誰でもいい・・・というのは、やはり違うと思う。

思いを寄せてくれる人ならいい、というのも、やや違うかな、と。

自分はどうしたいのか、外の恋、婚外でどうなりたいのか。

そういうことを自分に問うと、相手に相応しいイメージが見えてくるじゃない。

それが現実的なのかどうかは別として(笑)。

そんなこと突き詰めたら、見つかる相手も見つからない・・・ハイ、一理あると思います(笑)。

そこは考え方、それぞれの。

では、股。

スポンサーサイト



ナビとの闘い

ども、アタシです。

急に冬めいた陽気になりましたね(笑)。

ほんの5、6日前に夏日、気温27度を叩き出していたんですけどね(笑)。

カラダが付いていけないって本当ですよね、特に中高年以降は(笑)。

アタシもね、今朝、慌ててスーツの衣替えをしましたね。

昨日やろうと思っていて忘れていたという(笑)。

まぁこれで本来の季節、晩秋と言うことなんだそうですが、

どうにも季節感も追いつかない感じです。

忘年会のお誘いがチラホラと入ってきまして、ええ。

これが一番季節を感じる(笑)。

んー・・・と、話は変わりますが。

クルマ、運転しますか、アナタ。そう、コレ読んでるアナタ!(笑)

今やクルマにはカーナビ、それからETCカードね、搭載してますね、かなりの数。

どっちも付いてない、付けてない!という人、少数派だと思います。

余談ですが、あの【ETCカードが挿入されました】の音声ね、誰の声だか知ってます?

声優の日髙のり子さんなんですって!アタシも最近知ったんですけどね!(笑)

それまではよくできたコンピュータの音声だとばかり思っていたんですが(笑)。

あ、余談はここまで(笑)。

カーナビです、アレは便利ですね、とにかく。

何たってアレです、道先案内をしてくれるわけですから、何処へでも。

知らない場所、行ったことがないところへ、音声とモニターで導いてくれる。

そりゃあもうアナタ、便利とはこのことだ!と思いますよね。

アタシもカーナビ付きのクルマに乗っておりますが、

あ、今のクルマに乗り換えるまではね、カーナビなし、ETCなし(笑)。

スマホのナビを使ったり、匂いと勘で突き進んで行ったものですよ、知らない道を(笑)。

・・・脱線しましたが、カーナビです(笑)。

アタシね、便利な筈のカーナビで時々困らされるんですね、酷く(笑)。

【間もなく、左方向です】ってよくあるでしょ、カーナビが言うんですよね。

この間もなくの左方向がね、交差点ならいいんです。

【この信号を左です】って言い添えますからね。

信号のある交差点でもなく、大きな通りでもなく、県道とかセンターラインがない

一本道とかでね、間もなく・・・と言われたときに、ですよ、問題は(笑)。

左に入る道が2本、3本あったりする!(笑)。間もなくと言ってから(笑)。

どの道なんだ、その間もなく左の道は!(笑)

ありませんか、こういうの。ありますよね!

この前の土曜日にゴルフに行きまして。

初めていったゴルフ場でして、そこで発生したんです【間もなく左です】が(笑)。

お!ここか、ここだな、この道だな!と左折したら、民家の入口に繋がる私道(笑)。

運悪くその家の家主と思しきジジイ・・・じゃなくてご主人が門付近にいて、

【なんですか?】って顔して近付いてくるの。そりゃそうだよね(笑)。

【すみません、間違えてしまいました!】と窓から顔を出して謝りましたけどね!

あの、【間もなく・・・】は、大いに改善の余地がありますね!

・・・アタシだけですか?(笑)

その日、ゴルフの帰り道。

ナビ、入れます。

行先を自宅に設定して、クルマを走らせます。

途中でアレ?と思いました。

高速道路に向かっている。

あ、そうか・・・有料道路を選ばない設定でやらなかったか・・・!

いいや、ナビを無視して曲がっちゃおう!ということでね、

高速入口に向かう手前で横道に入り朝来た道へ戻ります。

暫く走りますと【間もなく左方向です】とナビが言う(笑)。

もうね、アタシは【間もなく左方向です】が怖い、ビビる、トラウマ(笑)。

信号のある、大きな交差点で、ここを左だとナビは言う。

あ、これなら間違える筈もないということでね、アタシは左折してナビに導かれるまま

進んでいくのです。するとね、すると・・・さっきまで向かっていた高速の入口が

視界に入ってくるじゃあありませんか(笑)。

ナビ、何としてでもアタシを高速道路に乗せたい魂胆なんだな!(笑)

アタシは高速を使いたくない、というか、使わずに帰れるんですよ、朝、来たように。

またまた曲がります、ナビを無視して(笑)。

朝来た道を進むのです、只管。

ナビ、混乱しているんですかね、高速ルートを外れたものの、

朝来た道とは違う道を進ませようとします(笑)。

暫く進むと・・・嗚呼!別の高速入口が出てきました!(笑)。

ナビは乗れという。アタシは拒否してそのインターチェンジをスルー。

ナビ、大混乱(笑)。

アタシはもう既に何処を走っているのかよくわかっていない(笑)。

ナビを見ずに道路看板の地名で、あ!次を右だ!その次、左だ!とやっている(笑)。

頭の中に地図を思い描いたんですが、最短ルートとは大きくかけ離れた、

弧を描くような遠回りをしているんですね、最早(笑)。

何やってんですかね、しかし(笑)。

高速に乗れってナビが言うには意味があるんでしょうね、つまりね(笑)。

国道と一般道を進む、ナビも機嫌を直したらしく(笑)アタシに道案内します。

暫くすると渋滞にはまり、遅々として進まない。

事故渋滞。迂回したら工事中で片側対面通行で渋滞(笑)。

もう、途中でナビを終了しました(笑)。

行きの倍以上かかりましたね、時間が。

唯一、民家に入っていかなかったことだけ、それが帰路の収穫ですな(笑)。

・・・あ、外の恋、不倫婚外のこと、全然書いてないや!

ま、いいでしょ、こんな日があっても。

では、股。

合う・合わない、または価値観の相違

ども、アタシです。

いきなりどうでもいい話ですが(笑)アタシは電車通勤です。

月~金で電車に揺られて会社に行く、真面目に(笑)。

通勤って、大抵は同じ時間に家を出て、同じ時間の電車に乗る、同じ車両の同じ席。

違いますかね、アタシはそうなんですが。

毎日違う時間で、違う電車で、違う席で、という人もいるのかな、気まぐれ的な(笑)。

しかしアレですね。電車、色んな人が乗りますね。

コロナ禍が収まったものの、今の季節はインフルエンザですか、あと秋の花粉とかね。

マスクをしている人、少なくないと思います。

アタシも電車、人混みでは、まぁ概ねマスクをつけますね。

時々うっかりしますけど(笑)。

朝、アタシと同じ車両に乗る男がいます、ほぼ毎日。

いや、そんなのね、珍しいことじゃないですよ、同じようなことは何処にでもある。

そうじゃあないんです、話ってのは(笑)。

その男、風体で推測するに、30代後半かなぁ・・・40前という感じかな。

スーツ、ネクタイ、革靴、鞄。

ごく普通ですね。

マスクをしております、顔に・・・2枚(笑)。

2枚です、顔に(笑)。

いや、2重に重ねているってことじゃなく。

鼻と口に白いマスク、誰もがしているような。

目、アイマスク(笑)。

アイマスク、通勤電車で。

見たことあります~?(笑)

顔面の7割近くがマスクで隠されているんですよ(笑)。

アタシと同じ駅で乗車、アタシの至近距離の向かい側の座席に座るまでは

アイマスクしておりません、さすがに(笑)。

座ると即、アイマスクを装着するんだね。

終点まで行っても30分弱ですよ、電車。

寝たいのか、眠いのか、目を瞑れば済むものかと思うんですがねぇ(笑)。

頑なに何かを視野に入れたくないのか、とにかくアイマスクです(笑)。

次の停車駅で乗ってくる人、大抵はギョッとしてますよ、何だ、こいつ!みたいな(笑)。

騒ぐわけでもなく、唯々座っています、挙動不審ではない(笑)。

謎ですね、実に謎(笑)。

そのアイマスクの訳を聞いてみたい衝動に駆られています、アタシ(笑)。

さ、長々とどうでもいい話でした(笑)。

話を変えますよ~ここから本題!(笑)

アタシは人間、あなたも人間(笑)。

似たもの同士かどうかは分かりませんが、まぁアレですよね、不倫、婚外に

手を染めたか、染めようとしているか、染め続けてきたか(笑)、お仲間でしょう(笑)。

お仲間なんですが、皆、同じじゃあない。

外の恋・・・不倫ですが、それをするにもね、思うことや考えることは違うんだね。

昔、言われたことがありますよ。

【あなたとは求めるものが違うのでお別れします!】って(笑)

コレね、コレ仕方ないですよね。無理して付き合うものじゃあないもの。

合うもの同士が繋がっていればいいという、実にシンプルな話で、

合わないもの同士が無理に繋がろう、繋がっていようとするから揉める、楽しくない(笑)。

あの、不思議に思うことがありまして、というかアタシにも経験があるんですが、

逢えば喧嘩になるような、メールの行き来でも疎通がスムーズじゃなく誤解があったり、

本意が伝わらなかったりすることが、度々あるのに、また逢う約束をする(笑)。

お互いに相手が自分に合っていないと思いながらも、おしまいにしない、ありません?(笑)

アタシはあったなぁ・・・。

好きか嫌いかで問えば、好きなんだと思うんだね、実際。

だけど、だけどさ、根本的なところでなのか、枝葉のところでなのか、分からないにしても、

合わない二人なんですよ、間違いなく。

ダラダラと、と言っちゃあアレですけど、続いたのはセックスの存在だったかな。

気持ちも考えも合わないのに、カラダだけは抜群に合う、相性がいいというね。

婚外には概ね付き物、セットだもんね、セックスってさ。

それだけで繋がるものではない・・・とも言い切れない人もいるけどさ(笑)。

アタシと3つ、4つしか年が変わらない熟女とランチを食べに行く機会がありました。

バブル期を知っている、バブル期を体験した、そういうお互いということでね、

同じ時代を生きてきた、人生の節目や区切り、ライフステージも似ている訳です。

アタシね、思うんですが。

やはりね、外の恋の相手は年齢でもあり、肉体的にも精神的にもお互いを分かって、

かっこいいことを言えば、優しい存在でいてあげられるんですよ。

労わる気持ちというかな。

20も30も年齢が違ったらね、何でそんなに診察券がたくさんあるの?とか、

朝、起きてみないとその日の体調は分からないとか(笑)、親が入院した、手術だ、とか、

自分のカラダがポンコツになっていることとかさ、感覚的にもわからないからね、言ったところで。

できることなど限られているけど、年齢が近いと、支えになり得るんですよ、お互いの存在が。

お互いが現実での生活をシミジミ分かるからこそ。

話が横に飛びましたが(笑)、戻しますね、先の3つ4つ年下の人妻熟女の話。

銀座でランチをしましたねぇ・・・柄にもなく(笑)。

予約しましたよ、お店をね、柄にもなく(笑)。

いや、昼飲みはしません。

ナイフとフォークを使ってランチです、柄にもなく(笑)。

初対面、その印象。

厚化粧の若作り!(笑)・・・あ、本当に失礼な発言ですね!(笑)

ワンピースを着て行きます・・・確かにワンピースだと思いました、ただしボディコン。

左右の指、合計10本ありますね、人間には。

5本の指に煌びやかな指輪が嵌っておりました。

まばたきするとそよ風が起きるような長い長いまつ毛。

何を塗ったか、瞼がキラキラと輝いておりました(笑)。

Vの字にワンピースの胸元が割れておりまして、乳の谷間主張が凄い(笑)。

アタシに見せつけるように、これでも食らえ!というような(笑)。

若作り・・・いや、あの美魔女コンテストに出てくるようなね、そんな感じの。

【私、普段、居酒屋には行きません】と言います。

【何でですか?】とアタシが問う前に【だって、喧しくて会話が聞こえないでしょ?】と言う。

【本当はイタリアンは苦手で、フレンチがいいんです、本当は】と言う。

【赤ワインは悪酔いしますから、ワインは白に限ります。ビールと焼酎は嫌い】と。

【サンマは旬ですけど、食べないです】と言うので【高いですもんね、値段が】と答えると

【私、魚の骨が嫌で。小骨とか面倒ですよね、取り除くのが】と言う(笑)。

【煮魚とか、やっぱり骨がありますし。フレンチの方がいいですね】と言う。

何もかもが合わないですよ~アタシに(笑)。

小汚くて狭い居酒屋のカウンター席に押し込んでやりたい気分になりましたね(笑)。

ま、お互いに100%合わないことが分かり過ぎるくらいに分かるというケースですね。

合う・合わないは色んな角度、色んな要素で判断でわかるというもの。

では、股。