fc2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

自分のことは自分で

ども、アタシです。

段々と朝晩、冷えるようになりましたね、しかし。

伴いまして、人肌のぬくもりが恋しくなってくるというね(笑)。

人肌のぬくもりって言ったってね、嫁のぬくもりじゃあ駄目だね、御免被りたい(笑)。

やっぱりアレでしょ、他所の人の奥さん、それも四十路、五十路、六十路もいい!(笑)

・・・そんなことはどうでもいいね(笑)。

ちょっとね、仕事の話を書きますけど、今日は。

転職のお手伝いをする、それがアタシの仕事だってことは100回以上書きましたが(笑)、

老若男女問わず、色んな人の相談を受ける訳・・・老はないか(笑)。

先日20代半ばの男子、転職をしたいという相談がありまして。

某有名大学を卒業して、今は公務員です。

まぁ安定性がありますよね、何かトンデモナイことをやらかさない限りはね。

理由は敢えて書きませんが、とにかく転職したい、と。

地頭がいい、若い、元気、爽やか、見た目の印象も頗る良い!(笑)

予想通りにすぐに仕事が決まりました。

本人も喜んでおりまして、【ここに決めました!ありがとうございます!】

なんてね、言ってたんです・・・言ってたんですよ、ええ(笑)。

地方に住んでいる親にも報告しますという話が出ましてね。

あ、これは暗雲垂れ込めるな、と瞬間的に思いました、アタシは。

そして1週間ほど、彼からの音信が途絶えます。

分かりますよね、どういう展開になったかって(笑)。

結論、転職はゼロリセット、転職回避、公務員に留まる、です(笑)。

いや、アタシね、本人との面談の時にいの一番に聞いたんです、彼には。

【何で公務員を辞めたいの?ご両親は背中を押してくれるんだろうか】と。

そもそも親に相談とか、親の意思確認とかね、そこを手順として踏むのも

20代半ばの男としてどうなのか、うーーーーん、微妙なところはあるよね、と。

【両親には辞めるのが早過ぎる、結果も出さずに次に行ってもどうにもならん!】

【早まることはない、辞めたらもう後戻りできないぞ!】みたいなことを言われたらしく。

今回は親の意見を聞いて尤もだと思いました、というのね、彼は。

展開が予想通りだなぁ・・・ホントにね。

なので、仕事がひとつ決まらなかったというショックも何もないんですが(笑)。

高校生が就活する訳じゃなし、20代半ばですよ、しかも男子!

自分の人生、自分で決めて切り開けないのかなぁ・・・と思ってもみたり。

ま、ちょっと愚痴ですね、コレはね(笑)。

話は変わりますが(笑)、アタシと同世代と思しき性別・男の

不倫ブログで見かけた話なんですが。

デートするでしょ、不倫相手とさ。

そしたらね、キスしてオシマイなんだって。

セックスしないんだってさ・・・えぇ~?!と思っちゃうね、アタシは(笑)。

何でキスで終えるのか。

面倒臭い気持ちが出てしまい、いいやもうキスだけで今日は・・・って思うらしい。

面倒臭いのは、ホテルを予約するとか、移動するとか、探すとか、セックスしたあとに

相手の匂いとか残らないかとか、それを考えると面倒臭くなってしまうんだ、と。

ときめき、恋愛感情にワクワクする気持ちは感じたい、他所の人の奥さんと

デートをしているという背徳感、俺は浮気をしているんだという罪悪感、

それは感じていたいがしかし、キスから先はもういいや、と。

アタシには信じられない感覚ですねぇ・・・(笑)。

読み進めると、もう性欲がそれほど強くなくなっていて、

キスだけでセックスしたも同然的な感覚らしい、思いとしては。

いや、そうなのか、そういうものなのか、そうなるものなのか(笑)。

そりゃあね、アタシだって不倫、外の恋を始めた頃を思えばさ、

朝の9時前から夕方6時頃までホテルの部屋に籠城してさ、

汗と唾液と汁に塗れて射精を3回4回と繰り返した日々もね、

今となってはもう無理だ、気力も体力もそこまで持たない!とは思うけどさ(笑)。

このキスだけって展開は、相手の女性はどう思うんだろうね、しかし。

私もキスだけで充分ですって関係性なのかな。それなら利害一致だけどね。

したくてしたくて仕方ない!性欲を何とかしたい!って強い気持ちがある女性だったら

もう壊滅的に駄目な男でしかないね(笑)。

アタシも何れそんな感覚、そんな思考になっちまうのかなぁ・・・。

何時までも他所の人の奥さんの膣の奥の奥、一番の奥で精子をぶちまけたいよね、アタシはさ(笑)。

では、股。

スポンサーサイト



求めているもの、求められているもの

ども、アタシです。

今日はね、インフルエンザワクチンを打ちました。

副反応ってんですか、あの赤く腫れたり、痒くなったりするアレね。

今のところ、腫れも痒みもないですね。

今年の冬はコロナとインフルとWで流行るかも!とか言ってますよね、巷では。

もう既に4回目のワクチン打ちましたしアタシ(笑)。

で、今日はインフルのワクチンでしょ。もう打つものがないね(笑)。

振り返れば、この2年位は注射ばかり・・・年1回のインフルエンザワクチンにプラスして

新型コロナのワクチンが加わっただけですが(笑)、

やたらと針をぶっ刺されている気がしますねぇ・・・。

注射・・・【私にはいつ注射をしてくれるの?太い注射・・・】そんなことを言っていた、

人妻熟女がいたなぁと不意に思い出してしましました(笑)。あ、遠い記憶です(笑)。

さ、そんな訳で話は変わりますが。

求めているもの、求められているもの、何の話?(笑)

外の恋のことを書いているブログですから、ええ。

外の恋、婚外、不倫に求めているもの、求められているもの、ですね。

これね、当たり前と言えば当たり前で、もう話はそれが結論になっちまうんですが、

求めているものと求められているものが一致していて、

しかもどちらかに偏ることなく2人の中でバランスが取れていたら、

まぁ素敵なこと、素晴らしいことだとアタシは思う訳。

外の恋に求めること、何でしょうね。

求めるものが明らかで、はっきり自覚していて、それを目指して相手を見つける、

探すという人がいる一方で、求めるものがボンヤリとしている、朧気、曖昧、

その日によって違ってくる状態のままでいる人もいるんですよね、案外。

止め処なく溢れ返るような制御不能な性欲を吐き出しても受け止めてくれる相手、

したくてしたくて仕方ないセックスを思う存分に楽しんでくれる相手、

それが唯一にして最大の外の恋をする理由・・・いますよね、大勢いると思う。

いや、ちょっと待てと。それは恋愛感情伴わない唯のセフレじゃないの、と。

まぁそうかもしれない(笑)。いや、そうだよね、きっとそうだ。

お互いにそれが求めている本音で、最優先項目にして最大の目的で一致していたら、

それでいいんだという話ですよ、実際。

その関係性を何と呼ぶ、どう意味付けるか、そんなことはどうでもいいんだもの、実際。

求めているものが、だいたい合っている~少なからず合っている~少しだけ合っている(笑)

等々、いわゆる部分一致の2人。一番多いんじゃないかなと勝手に思います(笑)。

本当はメールや通話、SNSで日々時間の許す限りコミュニケーションを取りたいけど、

忙しそうなので、その本音は抑え込み、隠して、ある意味我慢している自分がいたり、とか。

家でも外ででも自分の価値や存在意義を見つけることができなくて、

女として(男として)、もう賞味期限も消費期限も終わってしまったのか、

本当に駄目なのか、もう二度とセックスをすることなく枯れて終わるのか、

誰からも見向きもしてもらえないのか、それを確かめたいという求めの人もいる。

ありのままの自分を受け入れてくれる、否定されずに容認してくれる、

そういう存在をひとときを過ごしたい、現実逃避したいということを

求めている人もきっといるじゃない。

その求めに応じてくれる人がいいに決まっている。

その求めていること、その求められていることが、時間の経過とともに変化もするけどね。

外見とか見た目、生理的に無理だとか駄目だとかはあったとしてもさ、

求めるもの、求められるものって、表面的なものばかりじゃなくて、中身、内側にあるもの

居心地がいいと思えるか、その日のデートを終えて寂しくも家に帰る自分に手を振って

見送ってくれる人なのかとかさ、些細で些末な事かもしれないけど、案外そういうことかも。

では、股。

部屋、若しくは場所の話

ども、アタシです。

10月ですね、それにしても。

しかも、ちょっとブログをサボっているうちに月の半ばになるというね(笑)。

いや、毎度のことながら早いっすね~ホントに。

来年の手帳?

まだなんですよ、まだ買ってないの。

もう大体決まってるんですけどね、候補は。

と言いますか、アレですよね、毎年そんなに新作が出捲る訳じゃあない。

結局は今まで使ってきた中から来年のはコレだ!みたいなね、決まり方だと思うけど。

文具売り場の店員に【もう出揃いました?全部出ました?】って聞いたら、

【もうほぼ出揃いました、当店では】という話。

当店ではってのが迷わせるね(笑)。他所の店に行けば見たこともない新しいのが

あるかもしれませんぜ旦那!みたいなことを暗に示しているような、ないような(笑)。

ま、近日中に買いますよ。

きっと変わり映えしないと思う(笑)。

話は変わりますが・・・んー・・・アレです、部屋、場所の話です。

外の恋をする場所、それから部屋。

Twitterで不倫をしている女性の呟きを見掛けたんが、

【初デート、有名な誰もが知る高級ホテルで初デートをして】

【食事は何とルームサービスで】

【高層階のバーで見たこともなければ聞いたこともないカクテルを飲み】

【おまけにブランドのアクセサリーまでプレゼントされ】

戸惑いに戸惑いながらも夢のような時間を過ごしました、と。

ところが、その日の初デートを境に相手の中年男性と、ぷっつりと音信不通に。

LINEはブロックされたらしい。

初デートが最後のデートになってしまうこと、理由様々ではありますが、

よくあることだとアタシは思っておりますが、その経験もあるし(笑)。

凄いですよね、この中年男性。何が凄いって、お金の掛け方、投資額(笑)。

裕福なんでしょうな、きっとね。お金が有り余るような。

この話には続きがありまして、そのフラれた?LINEブロックされた女性がね、

後日、Twitterで同じ経験をした女子のアカウントを見つけるに至り、

その女子は何度かデートを繰り返したらしいんですが、初回高級ホテル、

2回目、シティホテル、3回目、ラブホ。以降はラブホかクルマの中(笑)。

これ、何なんですかね~酷いって言えば余りにも酷い扱いだけどね。

セックスしたいだけ、場所は不問!みたいな扱いをされた自分が惨めで情けない!

って書いてあったそうで、その相手の男ってのが、まさに初回デートで終わった

あの男だったらしいんですね、情報を集めてみたらさ。

酷い男だと、下衆の下衆だと思う反面、初回で終わった自分はセックスで駄目だったのか?

と、モヤモヤするやら腹が立つやら・・・そんなことを呟いていましたねー。

まぁ男のアタシからしてもね、この男は酷いね。詐欺師みたいなものだね。

このセックスの場所をどんどんグレードダウンさせていくって、あんまりだ(笑)。

勝手に格付けしているみたいなアレでしょ?

悪いのがいるから、世の中にはホントにね。

有名な誰もが知る高級ホテル・・・自慢じゃないけど使ったことがないですねアタシは(笑)。

そんなとこ行った日には緊張してチンコの勃ちが悪くなりますよ(笑)。

お金で相手の価値を見定めたりするのは駄目だけど、やりもしていないような、

自分を踏み外したような選択っていうんですかね、それこそ自分らしくないような。

そういうことはしない方がいいね、見栄だとしたら猶更。

外の恋のデート、不倫デートでもラブホは嫌だ、不衛生だ、気持ち悪い、

そういう人もいるようですが、まぁ選び方だと思いますけどね、場所の。

気持ちがあれば場所なんか何処でもいい!って人妻熟女とその昔関係を持ちましたが、

関東の人は分かると思いますが、鶯谷駅周辺のラブホ街。その一つに飛び込みで入りました。

玄関明けたら目の前にベッド(笑)。

え?ここって4畳半?みたいな。

風呂は2人で湯船にしゃがめない、立って洗うしかない(笑)。

それでも私は全然平気~!って喜んでくれた人でしたけど。

まぁ本音はね、もう少しいい部屋でセックスしたかったわ~!だと思うけど。

人目を憚って、人知れず、隠れるようにして逢う関係だから、

色々と足枷だらけで、贅沢も言っちゃいられないってこともあるけどね。

だからといって何処でもいいってのはないね、やはりね。

だからこそ、場所も部屋も大事じゃないかな、寧ろね。

では、股。