fc2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

お金と価値観

ども、アタシです。

朝晩、肌寒さを感じるようになりましたね。

伴いまして、焼酎お湯割り、日本酒の燗酒比率が徐々に上がってきた今日この頃です(笑)。

いやしかしアレですね。今年も残り3ヶ月余り・・・ですよ、皆さま。

来年の手帳売り場も彼方此方で見かけるようになりました。

手帳・・・来年はどんなのにしようかな~なんてことでね、売り場に行った訳ですが。

・・・代り映えしませんね、手帳ってのは(笑)。

アタシはもう30年以上、サラリーマンをやっておりますので、毎年手帳は買うんです。

手帳も進化といいますか、進歩ですかね、色々と変わってきたんだと思いますが、

とは言え、何て言うんですかね、画期的なといいますか、見たことがない!みたいなね、

そういう手帳って、ないですよね。

大抵は長方形の、まぁ本と同じようなものですよ、厚みも形もね。

丸形の手帳・・・あります?(笑)

いや、あるのかな案外。アタシが気が付いていないだけで。

でも丸かったら使いにくいよねぇ・・・書くところが少ない(笑)。

新しいのないかな~、コレだ!コレがいい!なんて感じで直感的に決めたくなるような、

手帳を探してみたんですが、ない(笑)。

売り場の人に聞いたんです。

「待てばまだ他にも出てきます?」って。

「いや、もうないと思います」と、即答だもの(笑)。

ないのか~ないんだ~。

じゃあまたアレだな、ここ数年でローテーションしている手帳の中から

買うしかないんだな~。まぁ不満もないんですけどね!(笑)

手帳なんか何でもいい、なくても困らないって人、いますね。

大学ノートとかメモ帳で充分!って人、知り合いにいます(笑)。

あとね、スマホが手帳代わり、そういう人も知っている。

アタシはさ、やはりね、ペンで字を書き込みたいんだね。

で、去年、一昨年、それより前も含めて、手帳は10年それ以上前のものも

デスクの奥に保管してありますよ。

思い出したように、不意に引っ張り出してきては、パラパラ捲ってみたりする。

●月●日、誰それと何処其処でデート、セックス3回・・・なんてことをね、

暗号のように変換して書いてあるのね(笑)。

懐かしい気持ちになりますね、昔の手帳を開くとね。

で、あぁこの人妻熟女は今頃どうしているかなぁ・・・と、遠い目をしてみたり(笑)。

その日、何処で逢って、何を食べて、幾ら使ったか・・・も、書いてあったりします。

意外とね鮮明に思い出したりもするんだね、その文字の記録だけでもさ。

1年間で外の恋に幾ら掛かったか・・・外の恋の家計簿みたいなのも書いたことあったな。

お金と言えば・・・あ、急に話は変わりますが(笑)。

外の恋、婚外恋愛、不倫ですけどお金を掛けないでは成立しないですよね。

このブログで何度か書いたテーマですけど、お金の支払い方の話。

割り勘派、6:4か7:3の比率で男が多く払う、全部男が払う、色々ですね。

アタシは今書いたパターン、全部経験があります。

ここ(ホテル代)は自分が払うから、このあとのお店(飲食店)はお願いね、ということで

結果的にほぼ割り勘になる事もあったし、いや今日は払うよ、という日もあった。

払う気ゼロの人妻もいたなぁ・・・(笑)。

「いいよ、いらないよ」ってアタシが言うとね、

「あ、いいの?じゃあ、すみません」って(笑)。

払う素振りくらいしろよ!と心の中では思いました(笑)。

お金の掛け方、デートのね、これも色々と考え方、価値観ですかね、ありますね。

流石にアタシも経験ないというか、選択しないけど、ファミレスでご飯。

中年の既婚同士の男女がデートの締めにファミレス・・・どうです?(笑)

いや、全然気にしないよ、平気。というか、ファミレスじゃおかしいの?なんて人もいるのかな。

いるんでしょうけどね。

アタシは大抵は居酒屋とか食事もできるバーとかね、行きました。

居酒屋~?冗談じゃない!ホテルの高層階のバーに連れていけ!という

そういう人妻熟女とは幸か不幸かご縁がありませんでした(笑)。

これもお金に纏わる価値観ですかね。

高給なお店、ホテルも食事も、それが自分に対する価値の現れだというね、

まぁそれは分かるけどさ。

そして男が奢るもの、デートとはそういうもの、という考え方の人もいるね。

そういう人妻熟女とは幸か不幸かご縁がありませんでした(笑)。

逆パターンもあるんですよ、世の中。

全部、私(人妻熟女)が出す、男には支払わせないというね、ヒモのような(笑)。

大抵、10も20も年下の若い男子を相手にしているんですが、その場合。

まぁ、色々ありますね。

お金は大事、ひとつ言えることは綺麗に使いたいということかな。

では、股。

スポンサーサイト



秋の夜長に思う

ども、アタシです。

3連休の真ん中、明日も休みなんですねぇ・・・。

火曜、水曜と会社に行って、また休み。

金曜に仕事で、また連休というね、慌ただしい(笑)。

今・・・今ってのは、このブログを書いている時間ですが、

外から聞こえてくるのは秋の虫の声だけですね。

先ほど、窓から外を見てみましたら月が出ておりまして。

明後日9月21日は中秋の名月だそうですよ。

秋、深まっていくんですね、これからますます。

今月、今年の誕生日を迎えてしまいましたアタシですが(笑)、

訃報とかね、知り合いや友人とかの。耳にしますねぇ・・・。

後輩・・・後輩ですから当然のことながら年下なんですが(笑)、

病気療養、闘病の末に亡くなりました、とかね。

高校の同級生、大学時代の先輩とかさ、この数年もそうだったし、

今年にね、そういう知らせを貰うこと、ありました。

こんなご時世ですから、葬儀も何も儘ならず、それ以前に見舞いにさえ

行くことが中々難しかったりしますしね。

まだ若いのに、なんてね、言われるような年齢、世代でもありつつ、

もういつ何があっても案外驚かない年齢でもあるんだよな、なんて話を

同い年の奴らと話をしておりました。

昨日まで元気でいたのに、突然命を終えることもありますね。

ある日、連絡が途絶えて、メールもLINEも通話も繋がらない。

嫌いになった?フラれた?なんで?意味がわからない・・・!と思っていたら、

その相手は突然の死を迎えていたという話、これ外の恋の話ですよ。

いや、アタシの話じゃあない(笑)。

このね、死んでしまった相手(既婚男性)には家族がいて、

外の恋、婚外をしていた訳ですが、突然死なれてしまった側、つまり、

外の恋の相手である女性(既婚女性)は、心底焦ったというね。

これまでのやり取り、濃淡長短様々織りなしたメールやLINE、どうなっているんだろうと。

消されているのか、残されたままなのか、大問題ですね!(笑)

エンディングノートってあるでしょ。

自分が死んだらこうしてくれ、こうしなさい、みたいなね。

書けることは書いておけばいいと思うし、その方がいいと思いますが、

決して書けない、書いてはいけない、それこそ墓場まで持って行く筈の

数々があったりする訳じゃないですか、外の恋をしてしまうとさ(笑)。

そう思うとね、スマホ、ノートPC、究極の地雷ですよね(笑)。

消すべきは消しておけ、躊躇なく。

思い出に酔い痴れ、想いに耽る証拠は跡形もなく失くしておけ、と。

ついこの前のこと、夜にね、本棚の整理をしていまして、

引き出しを開けたら、古い本が何冊か平積みになっておりまして、

その本と本の間にね、20年ほど前、外の恋の相手だった人妻の

写真が挟まれておりました・・・。

記憶がないんだね、アタシ自身に(笑)。

なんでこの写真がここにあるのか・・・という感覚なのね。

いや、でも自らこの場所に写真を挟み込んだんだと思う・・・思う。

アタシは思いましたね、この3連休は密やかに危ないモノを家探ししてみようと(笑)。

皆、人生はまだまだ続く、当たり前のようにと思うし、実際にそうだし、

あり得ないようなことは大抵あり得ないし、悪いことは起きないと信じたいじゃない。

滅多なことは起きないからね、これまでそうだったようにさ。

でも、人は死ぬからねー。

後始末は死んでからではできないので。

痕跡も形跡も証拠も消し去らないとね、どんなに寂しく後ろ髪をひかれても。

では、股。

50:50

ども、アタシです。

スッキリしない天気続きの関東です。

せっかくの日曜だってのに、曇り時々雨でねぇ・・・。

晴耕雨読って言葉ありますから、こんな日は本でも読んで過ごしますかね。

なんて思っていると、嫁から色々頼まれごとが降り注ぐというね(笑)。

ワクチン接種、皆さまどんな感じですか。

ウチの家族は全員2回終えまして、だからと言って何ら生活の仕方に変化はありませんが。

フェスに行ってノーマスクで大騒ぎして酒まで呑んで・・・なんてことはしません(笑)。

秋の終わり頃には、何ですか、移動とか飲食も含めて、様子が変わってきそうな。

そう言えば、ウチの会社でコロナ感染者が出ましたね、2人。

2人ともリモートワークだったのに、一体どういうことなんだか(笑)。

フェスに行ったのか?!(笑)

いや、幸いにも軽症、無症状で済んだみたいです。

んー・・・と、話しを変えましょう!(笑)

巷で・・・巷ってのも変ですが(笑)、外の恋、不倫をする人、特に女性ね、

旦那が嫌、旦那が鬱陶しい、そんな理由で他所の人の旦那と関係を持つパターン、

かなり多いと思いますね、数えようもありませんが(笑)。

男、つまり異性ですけど、旦那をセックスの対象に見ることも考えることも

実際にすることも、もう到底無理だと。

いますよね!あなた、そうでしょ?(笑)

ま、アタシも嫁に対してそういう思いですけどね!(笑)

何故に、旦那をそんなに嫌なのか、嫌になってしまったか、理由はあると思う。

結婚して夫婦になることを選んだ時点では、こうではなかったけれども、

いつしか、なのか、徐々に、じわじわと着実に、だったのか、

ある出来事をきっかけにいきなりだったのか、まぁ色々あるでしょうね。

多いんじゃないかなぁと思っている理由がありまして、それはねモラハラ。

責める、詰める、延々と。くどい、いつまでも説教する、とかね。

絶対なのは自分で、間違っているのはお前だよと。

上下関係、主従関係、それも絶対的な。

離婚が何度も頭の中をよぎるも、今はまだ無理、いつかその時が来るまで我慢、

そういう中で、精神的な開放とか心の拠り所を外の男に求めてしまうのは、

アタシは無理もないと思うし、道徳や倫理は脇に置き去りにしますが(笑)

致し方ないことなんだと思う。

外の恋をする、相手を見つける、繋がるのは、色んな出会い方の中から始まるけど、

そもそも知らない相手でしょ、婚外の相手って。

幼馴染と婚外、外の恋を始めました~!って人もいるのかもしれないけど(笑)。

大方は見ず知らずの相手、ですよね。

出会い系とかマッチングアプリとか、知り合いの筈がないもんね。

繋がって、関係が始まって、暫くしてからわかることがある。

あ、此奴もモラハラだ、と(笑)。

モラハラ夫が嫌で外の恋を始めたのに、その相手がモラハラって最悪です(笑)。

付き合ってみなけりゃ分かんない、結局そういうことなんでしょうけどねぇ・・・。

でも、付き合う前に感じる違和感とか、引っ掛かりがあったとしたら、

それは案外、自分の心が発信している警告・アラートじゃないかな。

兎角、勢いとか流れに任せて進むことが多いとも思うんだけどね、外の恋の始まりは。

年齢差があろうとも、年上でも年下でも、家庭環境とか家族構成とか関係なく、

婚外、外の恋は対等の関係で始まり、続くべきだと思うんですよ、アタシはさ。

50:50、どちらかに主導権とか強さとか、偏るべきではないと思う。

お任せ、依存、その方が楽って考え方もあるのかもしれないけど。

折角だから、失敗をしない選択にしたいよね。

では、股。

焦燥感の時代

ども、アタシです。

9月に入りましたねー。

不思議なもので・・・いや暦の上ではとっくに秋なので不思議じゃないんですが(笑)、

この2~3日で秋めいたと思いませんか、皆さま。

エアコンつけなきゃ寝苦しかった夜が、タオルケット一枚では明け方肌寒かったりね。

雨が続きまして、秋霖というヤツですかね、コレは。

来週はまた30度超えの真夏日が戻るらしい。

体調管理、抜かりなくですね。

さて、9月です・・・くどい(笑)。

9月と言えば何ですかね・・・9月と言えば、アタシの誕生月だ(笑)。

またひとつ歳を重ねるというね、毎年9月はアタシにとっては

もうかなり昔から有難くなく嬉しくもなんともない、寧ろ悲しい月なのです(笑)。

いや、だってね。アタシのこのブログを読む人だってさ、同じように思うんじゃないの?

誕生日、来ちゃったよ~!やだなぁ、嗚呼いやだ、また年取った!ってさ(笑)。

しかし、アレですね。何度となく書いたことではありますが、1年1年が加速してませんか。

もうね、体感的には音速ですよ(笑)。

昨日誕生日だったのに、もう誕生日なの?!みたいな(笑)。

そんなことはないか(笑)。

いや、でも早いよなぁ、実際。

20代が過ごす1年と、50代が過ごす1年は、時間軸が違う設計になっていると

疑いたくなるような今日この頃ですね(笑)。

中年の男女、Twitterとかブログとかね、見てみますと。

共通のキーワードが見て取れる気がしておりまして。

それは何かといいますと、焦りです。

時間がない、追い立てられている、タイムリミット、この先の時間、

あと何回、60歳まであと何日、自分の賞味期限と消費期限・・・等々の

言葉やそれが散りばめられた文章を数多、目にすることができますよ。

みんな、焦る。

それも意味なく焦る(笑)。

自分で勝手にね、自分が起点で自ら焦っているという人も多いんだけど、

相手や周囲から焦らされる、急がされるというね、そういう人も多いかな。

外の恋、婚外や不倫ですが、メールや通話アプリ、皆さま駆使しますよね(笑)。

それがなければ出逢いもなければ、出逢ってから先のこともできやしない、と。

本当はそんなことないんだと思いますが、不便にはなるのかな・・・考え方だけど。

メールを送る=ボールを相手に投げた。投げたボールは投げ返してくるもの、つまり

返信があって然るべき、と。

そりゃそうだと思いますし、それがなきゃコミュニケーションが不成立ですしね。

ですが、その求める早さ、タイミングね。これを言いたいんだ、アタシは(笑)。

ある不倫の2人、推定アタシと同年代だと思いますが、SNSで見かけました。

W不倫ですから、お互いに家族がいる。で、配偶者の目を盗みつつ、LINEや通話で

コロナで逢うに逢えない今をなんとか繋げているらしいのですが、

彼の方ね、この彼がせっかち(笑)。

LINE、既読になったらすぐに返信せよ!なんですってさ。

じゃないと不機嫌になるという(笑)・・・面倒臭い男ですね~。

既読=読んだ。読めるなら返事を返せるだろう、という理屈みたい。

こんな男のどこがいいんだろう???と、アタシは大きなお世話な気持ちを持つ訳だ(笑)。

メールでも会話のリズムみたいなさ、タイムリーに送信、返信の繰り返しで

充実感がある会話、いい時間を過ごせたなと思うときは当然あるし、分かるんですが。

仕事、家庭、それもお互いに見えない時間があって、状況も知り得ない中での

繋がりを探る訳でしょう?

監視カメラで相手の様子を確認している訳じゃないんだからさ(笑)。

メールがない時代、アタシは20代だった訳ですが、それでも恋愛はできたし、

家の電話のコードを目一杯引っ張り出して部屋に籠って話し込んだり、

ありったけの10円玉を両方のポケットに捻じ込んで外に出て、

電話ボックスの内側が曇るくらいに熱を帯びて長電話もしましたし、

今より圧倒的に便利じゃないのに、充実した恋愛だったと思うのは

単に昔話だからなのか、アタシが年を重ねたせいなのか(笑)。

40代、50代と1年、1年、年齢を重ねて行くと変化のない平凡な毎日に

焦りを感じるんですよね。

このまま何もないままに老いを感じる自分に到達してしまうのか、と。

今のうち、今のうち、だから急がなきゃと、その思いが余計に焦りを呼ぶ(笑)。

その割には受け身で、何をしない自分がいたりしますけどね、案外(笑)。

では、股。