fc2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

価値観、考え方

ども、アタシです。

暑中お見舞い申し上げます。

暑いですね、しかし、まぁ連日。

街で行き交う人、100%眉間に縦ジワが寄っている(笑)。

しかもね、皆マスク着用の夏、2年連続で(笑)。

堪らんですね、ホントに。

アタシなんかもうね、汗っかきですからね、マスクが濡れてスケルトンになる・・・いや大袈裟(笑)。

ふと、カレンダーに目を向けると、もう7月も末ですよ。

アタシは今日、2回目のワクチン接種を終えまして、ええ。

東京は大手町の大規模接種センターです。

1回目、副反応ゼロだったんですよ。

赤く腫れたり、倦怠感が出たり、発熱したり、ありますよね。

何も出ないまま1回目が終わり、今日を迎えました。

朝8時に接種を受け、んー・・・今、正午少し前ですが、今のところ何もない・・・。

体温計で検温したところ、36度しかない(笑)。

身体が火照ってる感はあるんですけどねぇ・・・家ん中が暑いだけか(笑)。

まぁ、副反応が出るとしたら今日の夕方以降でしょうかね。

でないといいなぁ・・・でない気がする・・・根拠なき自信がある(笑)。

何たって、明々後日の日曜日にゴルフなんですよ。熱出してる場合じゃないの(笑)。

愚かもの、馬鹿ですかね?(笑)

話は変わりますが、急に(笑)。

ダメな男って言われるいわゆるダメな男がいますね(笑)。

お金にだらしない、働かない、働いてもすぐやめる、女にもだらしない・・・等々ですかね。

ダメな男と言われる側、当の本人はそうは思っちゃいなかったりもしますね。

全然ダメな男じゃないよ、女にモテるし、そもそも俺は女に優しいんだ、と。

今はお金がないかもしれないけど、その気になれば稼げるから平気だ・・・みたいなね(笑)。

います?身近に。

実は旦那がそうだ、とかね(笑)。

いや、ある人のSNSで、ダメ男との付き合いが繰り返される人妻の話がありまして。

その人妻は婚外、外の恋をしているんですが、その相手がダメな男なんだ、と自ら言う(笑)。

どうダメなのかというと、とにかく女が何人もいるんだ、と。

自分以外に少なくとも4人いるらしい。

逢ってセックスしてご飯食べてというデートをして、次の日には別の女と逢っているとかね(笑)。

隠すことなく披露するんだそうですよ、そういうことを。

でも、切ることができないんですってさ。

酷い男だと思うのに、また逢いたくなるんだというね。

それ、婚外なんですかね。

セックスする男のお友達じゃあないんでしょうか(笑)。

まぁ概念なんかどうでもいいんですが。

色んな人がいますよ、不倫、婚外、外の恋の世界には。

価値観、考え方、何を求めているか、人それぞれですもんね。

唯一この人とだけ繋がっていたいという純愛のような外の恋もあるし、

飽くまでも遊び、真面目に遊ぶための存在、だからプライベートに立ち入らないし、

立ち入ってほしくもない、逢う時だけ全力を注ぐ、という人もいる。

愛していると言われたい、それが心からの望みという人もいますし、

私の前で、嫁や家庭の話を絶対にしないで!という人も。

外の恋、婚外の関係に進むか進まないかは、一度逢ってセックスしてから決めましょう!

という考え方を前提にしている人もいて、実際に逢ってセックスして、その日を境に

一方的に音信不通になった人もいますねぇ・・・(笑)。

いや、アタシの経験を綴っているんじゃあないですよ、ホントに。

ダメな男がいるように、ダメな女も多分いる。

ダメでも何でもいいんだと思いますよ、本人が納得している限り。

ただ、思うことには、始まる前にすり合わせておいてもいいんじゃないですかね。

何をすり合わせるかというと、外の恋に何を求めるか、何に価値を置くのか。

逢うことがひたすら先行してしまうと、勢いだけで逢うことになるでしょうし、

それはそれでいいのかもしれないけどさ。

価値も考えも不一致では続かない、楽しくないってのは配偶者で実証済みでしょ?(笑)

今日は吞みませんよ!

サッポロ

これは昨日呑んだヤツ(笑)

今日はノンアルコールビール呑みます!(笑)

スポンサーサイト



結婚を前提に・・・

ども、アタシです。

言ったところでどうなるものでもありませんが、いやホントに暑いです(笑)。

梅雨明けして、もう容赦ないのね、助走みたいな期間、段々と暑くしますよ~みたいなね、

そういう心遣いがない、微塵もない(笑)。

一気に猛暑日ですもんね~身体がついていけません。

早々と夏バテ気味,暑さ負けで食欲不振なんて人もいることでしょう。

アタシは・・・アタシは(笑)、一切無縁ですねぇ・・・汗をダラダラ流しつつ辛いカレーを

食べた後に熟女のDVDを観てみると、チンコが臍に付くほど屹立する・・・嘘ですよん!(笑)

まぁとにかくね、しばらく猛暑続きって話ですから、ええ。

どちら様もどうかお気を付けください。

えー・・・・と。アレですね、アタシのこのブログを意思を持って読んでいる人ってのは、

既婚者か結婚経験者で不倫経験者か、不倫の可能性の入り口に立つ人・・・ですかね(笑)。

他の人たちはどうしているんだろう、他の人と自分は違うんだろうか・・・てなことでさ、

不倫や婚外、外の恋のSNS、ブログを見て回ってね、相場じゃないけどさ、自分の立ち位置とか、

あり方の正誤、これから先の進み方みたいなものを確かめたい、そんな感じじゃあないですか。

外の恋、不倫です、浮気です、不貞を働く行為です(笑)。

知っていて、尚且つそれをする、しないではいられない・・・でしょ?(笑)

その進み方って似たり寄ったりでもあり、全然そんなことはなかったり。

大きく分かれるのはさ、離婚するかしないかの状態、そういう方向に向かう人の婚外と、

離婚はしない、それはない、だけど不倫はするよ、という人ね。

離婚に向かう人の外の恋、婚外って、ある意味でどう転ぶか、わからないんだ。

なぜ離婚をするのか、その理由にも依るところは大きいんだと思うけど、

外の恋の相手が外の恋の相手から発展して、離婚した後の再婚対象に・・・あり得ますよね。

非現実の生活の中にいる存在だった相手が、現実の世界の実生活の中での存在に置き換わる。

いや、そんなことはない。そんなつもりは微塵もないというスタンスで始まった外の恋が、

そのまま不変の関係で、永久に交わらない平行線の関係で進む・・・かもしれないけど。

人生何処でどうなるか、誰にも分んないですから、ええ。

旦那が亡くなった、この家に一人で暮らす生活を突き付けられたとき、誰かと一緒に生きたいと思ったとしても、

何の不思議もないじゃない。その時、相手がそれを望むかどうかは別として。

嫌で嫌で心底嫌で仕方なかった旦那と念願かなって離婚できると決まった時に、外の恋を続けるのではなく、

外の恋の相手と新しい生活をスタートできないことが分かり切っていた時に、どんなに居心地がよくて、

逢えば幸せな時間を過ごせて、感じたことがないセックスの快感を与えてくれる相手でも、

この先の人生を見つめたときに、別の相手と再婚という選択はあるんですよねぇ・・・。

・・・あ、実体験を語りました(笑)。

今年も暑い夏がやってきましたよ。

爽やかな飲み物でのどを潤しましょうか。

では、股。

金麦


節目になること

ども、アタシです。

7月も半ばに差し掛かり、どうやら関東も梅雨明けしそうですね。

今年の夏は猛暑になるんですかねー。

35度位じゃあもうね、驚いちゃいけないですから(笑)。

去年も一昨年もありましたね、気温40度超えとかね。

マスクなんか付けて歩いてたら倒れそうですな!(笑)

話は変わりますが、ワクチン接種。

アタシの周りでも、つまりアタシと同世代の人ですが(笑)ここに来て

一気に接種した人、予定が決まった人、増えました。

ウチの嫁も1回目が終わり、アタシとほぼ同じタイミングで2回目が決まっている。

昔からの仕事仲間、ゴルフ仲間とかもね、打ち終わったという話も。

お盆から先、秋めいた陽気になる頃には、コロナも随分と違ってきますかね。

狭い居酒屋で焼き鳥を焼く煙を思い切り浴びながらビールを吞みたい!(笑)

んー・・・と。またまた話は変わるんですが(笑)、節目という話。

長々と不倫をしている女性がいると思ってください・・・アタシとじゃなくて(笑)。

で、不倫ですから、その女性には旦那がいる、家族もいる。

旦那が病に倒れました、と。入院、手術、そのあと治療はエンドレス。

微塵も予想していない出来事、まさに青天の霹靂というような。

この女性は迷い、悩みます。

このまま不倫を続けるのか、と。

憎んでさえいた旦那が病に倒れ、命を落とすことはないとしても、

今までの健康な状態ではなくなる旦那がいる中で、他所の人の旦那さんに

抱かれて痺れるようなセックスに今まで通りに興じることができるのか、と。

長々と不倫関係を続けてきて、一度も感じたことがなかった良心の呵責を

今回初めて感じる自分がいる、と。

揺れ動いているんですね、その女性。

今まで通りには暫くできないかもしれないけれど、別れるまでしなくていい。

いや、もうこれ以上はダメだ。罰が当たったんだ、これはそういう意味なんだ。

身体が求めてしまう、他所の人の旦那さんである相手の身体を。

セックスを手放したくないと思っている自分をどうにもできない、と。

でも、でも、やはりダメだ、このままズルズルと行ってはダメだ、とも。

同じような境遇と言いますか、嫁や旦那、あるいは自分の親とか、子供の事とか、

実生活の中で起こる出来事が、外の恋のブレーキや終止符になること、ありますね。

何があっても平気、旦那が倒れようが、親が要介護になろうとも、外の恋は別。

それはそれ、これはこれ、という割り切り方ができる人もいる筈で。

同じ不倫、外の恋でも、世代や年齢によって実生活で起こり得ることが

かなり違ってきますもんね。

30代ではあり得ないことが、40代では普通に起こる。

50代になると、もうね、気力・体力(笑)、そして自分も含めた健康問題とかさ、

不意に巻き起こることが出てくる訳さ。

そのとき、その外の恋をどうするかという話だね。

正解はないと思いますが。

ひとつ言えることは、人生は有限で、躊躇しているうちに時間は過ぎ、

それもさ、あっという間に過ぎてしまうということかな。

では、股。

女医、女医、女医!

ども、アタシです。

沖縄地方、梅雨明けしましたね。

例年なら6月半ばに梅雨明けするはずが、プラス2週間以上だったそうで。

2ヵ月間、梅雨だったんですね、沖縄。

今日も関東地方は雨、朝から激しい雨ですよ、ハイ。

梅雨明けまで、あと半月位かかるんでしょうかねぇ・・・。

んー・・・6月の頭に健康診断を受けました、会社の年1回やるヤツ。

健診日が近くなってくると、妙に食べ物に気を使ってみたりね、しませんか(笑)。

昼、麦飯食べてみたり、週に3日も4日も、もり蕎麦だったり(笑)。

少しでもいい数値を叩き出してやるんだ~!みたいなね、足掻き(笑)。

先日、健診結果が届きまして。

・・・異常なし!異常な~~~~~し!(笑)

いや、なしでもないんですが。

背が縮みましたね(笑)・・・誤差だと思う(笑)。

体重変わらず、腹囲、2センチ減・・・誤差だと思う(笑)。

血液検査項目も全部合格、優秀な五十路でございます(笑)。

悪いのは何だ、根性か、性格か(笑)。

病気でも要治療でもないんですが、過去1度、健診で目を診てもらえと指摘され、

それ以降、毎年健康診断の結果を持って、年1回かかりつけの眼科に行くんです。

一昨日、行きました。女医の眼科クリニックへ。

前回のブログに書きましたよね。いい先生でね~ホントに丁寧なの。

年の頃は四十路前半だね、多分・・・どうでもいい情報ですが(笑)。

検眼する機器のレンズをのぞき込むとその先に女医がいる訳ですが、

向こうもレンズからアタシをのぞき込むんだね。

で、ちょうどその目線の高さに女医の胸、白衣に包まれた乳がね、あるの(笑)。

ついつい、視線がそのね、女医の乳部分へ泳ぐ(笑)。

すると、【●●さん(アタシの苗字)真っ直ぐ見てください】と間髪入れずに言う(笑)。

去年、言われました。一昨年も確か(笑)。

いや、乳が目立つような白衣がいけないよ、先生(笑)。

検査結果は異状なしです、もちろん。

また来年、乳を見に・・・じゃなくて!(笑)。

それとは別に、これも何度かブログに書きましたが、アタシは整形外科にも行く。

ギックリ腰やったり、足の筋肉を肉離れしたり、肩を痛めたり。

先日は手の親指を痛めまして(笑)。

古傷なんです、コレ。で、その整形外科医も女医なんですが(笑)、

まぁ何て言いますか、性格が竹を割ったような、白黒ハッキリしていると言いますか、

物言いがキツイ(笑)。

【●●さん、ストレッチ、柔軟体操やってますか?やってないでしょう?】と見破られ、

苦笑いのような、半ば呆れたようなね、アンタまた怪我したの?みたいなね(笑)。

もうね、アタシの肉体、かなりの部分を熟知していますね、あの女医は・・・

いやスケベな話をしているんじゃあないよ(笑)。

背中、肩、肘、指、腰、太とも、ふくらはぎ・・・揉んで擦って触診の数々(笑)。

顔が怖いんだ(笑)。だけどね、あのしょうがないなぁ・・・というような表情がいい(笑)。

一体アタシは何をしに行っているんだろうね(笑)。

んー・・・昨日ですが、新型コロナのワクチン接種、してきました。

1回目ですね。

大手町の大規模接種会場です。

会社に寄ってから行きましたんで、スーツにワイシャツで。

腕を出しやすい服装でって話でしたけど、ワイシャツの袖を捲り上げればね、OKでしょ。

で、アタシの順番になりまして、パーテーションの向こう側に行きました。

女医です(笑)。

いや、選んで女医じゃあないのよ、ホントに(笑)。

【では、接種しますので、袖を捲って下さい。肩まで出してください。】と言われ、

アタシはてっきり肩より少し下の二の腕に打つんだと思っていたんですよ。

そしたらね、いや違います、と。

肩です、と。

ワイシャツ捲っても肩はでない(笑)。

結局ワイシャツを脱ぐ羽目になった訳です。

接種はあっという間にオシマイですねぇ・・・5秒もかからないかな。

で、脱いだワイシャツを着なきゃいけない。

何たってアレです、大規模接種会場は混んでいるんです。

急がなきゃ!ってアタシは少し慌てました。

ワイシャツのボタンを留め、スーツのズボンに裾を入れるために、

ベルトを緩めただけなんですがねぇ・・・バックルの重みのせいなのか、

ストーン!とズボンが足元まで下がりまして(笑)。

何故、ワクチンの大規模接種会場で五十路のオッサンがパンツを見せなきゃならんのか(笑)。

会場、ドッと沸きました・・・嘘です(笑)。

今月末、2回目を受けに行きますよ。

Tシャツで行こう!(笑)

では、股。