FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

ラブアフェアとプライオリティ

さ、そんな訳でアレですね、9月最終日というね。

あっという間に夏が終わり、さぁ9月ですと書いたのが、ついこの間のような(笑)。

いやはやホントにね、早いですよ、時間が経つのが。

もう10月なんですって、明日から(笑)。

10、11、12と、あと3カ月で令和2年が暮れるという、いやぁ何っていうんですかね。

慌ただしくもないのに、忙しなく過ぎていくような日々で。

今年はほぼコロナ一色でここまで来た感じですね。

前代未聞、人生初、経験したことがないというアレやコレやで、

三密に気を付けろ、濃厚接触に注意しろ、なんてことでね、人と会う、

接触するのを極力避けましょう、なんて話が当たり前のようにある中、

何て言うんですかね、不倫の報道は次々出ましたね(笑)。

ついこの前はオリンピック代表の人ね、安っいラブホでチャチャチャっと1時間。

凄いですね、セックスします!という目的のみが分かりやすい(笑)。

料金4,600円ってのがセコイとか、女をバカにしてるとか、いやそれでも行く女も女だとか、

まぁ色々なご意見・・・好き勝手に市井の人達は言い募る訳ですが(笑)。

有名人、著名人は叩かれますねぇ・・・当事者以外の人は何の被害も何もないのにね。

アタシなんかさ、何たってさ、それを長々してきた側ですから(笑)、わかるんですよ。

バレたらオシマイね、ということも。

幸いにもアタシはただの一般人ですんでね(笑)、外の恋、浮気、不倫を寄って集って

叩かれるアレはないんですけどさ(笑)。

まぁとにかくね、バレたらイカンのですよ。

そしてそして、思いました。

コロナ禍関係なく、する人はするんだよね、と(笑)。

事の前、デートの前にPCR検査を受けるという人、いますね。

それでも100%の保証なんかできるものでもないんだけど、まぁお守りみたいな、

ここまでして逢うんだという本気度、相手への誠意ですかね。

もう彼是10年近く、Twitterの中でフォローし合っている人妻がいるんですが、

あ、言うまでもないアレですけど、アタシと関係したことは一度もない(笑)。

この人妻ね、10年以上の不倫相手がいるんですよ。

凄いと思いませんか、皆さま。

10年間、関係が壊れることなく続くという。

山あり谷もあり、ギクシャクした時期もあったと、アタシは知っていますが、

今もって続いているんですねぇ・・・

つい数日前にはラブホの写真をTwitterに上げていた(笑)。

アタシが数年前に外の恋を終えたときに、Twitterでその人妻と会話したんですが、

それでわかったことがいくつかありました。

この人達の外の恋が長々続いている理由が。

まずね、依存していないんですね、相手に。

自分は自分、相手は相手、寄り掛からない、もたれ掛からない、物心とも。

それから、期待はするけど期待通りにはならなくても、当然と思っている。

自分には旦那がいて、相手には奥さんがいて、お互いが秘密の恋をする当事者で、

優先順位は実生活で、実生活には踏み込まない、出しゃばらない、姿を見せない。

・・・まぁそうだよね、その通りだよね、とアタシは思いましたし、

アタシもそうしてきたつもりでも、相手あっての事だからね(笑)。

続けようにも続かないことだって、そりゃあ、ありますさ!(笑)

とは言え・・・外の恋も恋愛感情を伴う人間関係で、その感情という厄介なモノに

蓋をしては過ごせないんですよね。

分かっちゃいるけど、取り乱さずにはいられないとか、

分かっちゃいるけど、どうにも収まりがつかない気持ちとか、

滅茶苦茶になってみたい、後先考えずに・・・そんなときもあるよね、きっとさ。

では、股。

スポンサーサイト



逢ってみてわかる求めていたこと

皆さま、アタシです。

少しばかりご無沙汰をしておりましたが(笑)、お元気ですか。

アタシは相も変わらず極めて元気ハツラツ、健康そのものです(笑)。

4連休真っ只中というね、そんな人も少なくないんじゃあないかと思いますが、

アタシもその真っ只中の一人です。

隔週でリモートワーク、更に4連休と、無策でいれば、嫁と同じ空間、

時間を過ごすことが増える一方ですから(笑)、ゴルフに行ったり、ジムに行ったり、

まぁチョイチョイ一人出掛けてはリフレッシュというね、そういうアレですよ。

んー・・・そんなこんなでね、季節は秋めいてきましたかね。

気が付けばセミの鳴き声も聞こえなくなり、秋の虫の合唱が賑やかになって、

夏仕様の布団では夜中~朝方にひんやりするようになりましたね。

・・・逢ってみてわかる求めていたこと、という題名の記事ですが、

あ、いきなり話は変わりますよ、今日もね(笑)。

アタシの書くブログですから、逢ってみてというその相手ってのはね、

外の恋の相手、不倫相手という話になるわけですが。

どうですかね、皆さんは。逢ってみてわかることがあるでしょ。

或いはさ、逢ってみてわかったことがあったでしょ、嘗て(笑)。

逢えばわかるのは、相手の姿かたち、実際の存在から得る印象、情報。

それらに対して自分が感じる気持ち、感情ですかね、感想とかさ。

少し話が脱線しますが、アタシは採用のお仕事を生業としておりますが、

人の採用には鉄則があると思っておりまして。

それは何かといいますと、迷ったら会い、会ってみて迷うままなら見送りましょう、と。

意味、わかりますか。

つまりね、こういうことです。

履歴書・職務経歴書を見れば、その人の経歴とか、経験内容とか、

実績(自己申告ですけどね(笑))、年齢、わかります。

で、どうしてもね、迷うことがあるんですね、その人に対して。

転職回数が多いとか、何度も短いサイクルで職を変えているとか。

でも、もしかしたら理由が正当で人間性や人柄の問題ではない・・・かもしれない。

・・・わかんないですよ、結局ね、会ってみないと(笑)。

で、会います。いわゆる面接です。

会った瞬間に、あ、駄目だ、この人と感じることがあります。

見た目の印象、醸す雰囲気、態度、表情、直感的に合わないな、とかね。

会ってみて、尚迷いが消えない、消せない相手もいます。

駄目じゃないけど良くもない、だけど何か引っかかる・・・何かが。

こういうときはもう一度会います。

で、考える。

やっぱり迷う、迷いが消せない、そういう場合は採用しない。

最後のフェーズで迷うのはアラート、本能的な警告なんですよ、大抵は。

経験的に感じる、この人を採用するのはやめておいた方がいいよ、というね。

長々脱線しましたけど(笑)、外の恋でもね、これは当て嵌まる、と思うんですね。

きっかけがあって繋がり、やり取りがあって、その先に初めて逢うシーンがある。

ここまではね、期待感とか、よりよいものを想像したがる心理も手伝って、

見るべきを見ないままに進むこともありますし。

勢いでとりあえず突っ走る、みたいなね(笑)。

そして、初デート。

何処かで待ち合わせしますね。

駅ですか、或いは街中の何処かでも。

姿を見て、逢ってみて、実物を目の前にしてみて、知る情報は少なくないからね。

良くも悪くも、期待は裏切られたりします(笑)。

その逢った瞬間から初デートが終了するまでに、多分気持ちが揺れ動いたりしますね。

迷わずこの人ともう一度、もう二度、いやこの先も何度も逢おう、逢いたいと思うか、

迷いがぬぐえず、迷いが深くなり、一体全体何がどうなっちゃったのか、

自分の気持ちを見失い、今朝まであった思いやエネルギーが何処かに消えてしまい、

どうしたいのかわからなくなる・・・こともありますね、きっとね。

それは仕方ないんだなぁ・・・逢ってみてわかる求めていたことの正体だから。

唯々寂しくて、誰かに抱かれたいだけだったかもしれないし、

セックスしたかっただけ、一度してみて、もう充分満足と思うかもしれない。

言えることは迷いが続くなら、前には進みにくいということかな。

迷いを正面から見ないように自分を仕向けて、適当に楽に関係を繋いでいく在り方もあり、

いや、それはエネルギーの浪費・消耗、相手にも失礼、自分も可哀想と思うか。

まぁそれぞれですね。

嘗ては迷いが消せずにいた相手でも、数年経てばそうではない場合もあり。

相手も自分も生きていく中で変化しますから、シチュエーションも感情もね。

再び繋がり直す2人もいますよ、きっと。

では、股。

古いクルマと熟女は

9月も半ばへと向かう訳ですが、いやしかし暑い毎日ですねぇ~。

皆さま、お疲れ様です。

アタシです。

少し前の記事で、長年乗り続けた愛車を手放すことを書いたかと思いますが、

実際に手放しました。

20年近く乗り続け、走った距離13万キロオーバー、丈夫で長持ち、

そういう印象です。頑張りましたね。

新しいクルマを買いまして、二束三文の値段で愛車は下取り、

傷だらけのボディは、洗車してもそれなりにしか綺麗にならず、

運転席のシートは草臥れてボロボロ、内装もTHE劣化!という感じです(笑)。

でもね、本当にありがたかったのはエンジン、最後まで一度も不調にならず、

買った当時から変わることなく、快適にクルマを走らせてくれたんですよね。

以前から何度となく思っていたことですが、クルマは扱い方次第、

大事に丁寧に、気持ちを向けて乗れば応えてくれる、と。

20年近く乗って、アタシには愛車が熟女のように思えたものです(笑)。

草臥れてへたっていく座席、洗っても磨いてもそれなりにしか変化しない(笑)、

でも、深い味わいがある、反応してくれる。

相手はクルマで人、熟女であるはずもないんですが、勿論ね。

でも、手放すとき、ディーラーで大型トレーラーに積まれるのを見て、

どうやらオークション会場に運ばれるらしいことを聞かされた時、

何かこうね、長年愛した熟女と、今まさに別れるような気持になりました(笑)。

いい女だったなぁ・・・勝手に性別を決めつけていますが(笑)。

新しいクルマがやってきました。

人生初のカーナビ、ETC搭載だ(笑)。

いや、だってね、カーナビなんてなくたって、ETCなんか積まなくても、

アタシは平気で何処にでも行きましたから・・・時に不便は感じたけどね(笑)。

この新しいクルマ、10年、15年、いや20年と乗り続けたいと思いますよ。

手厚く愛情を向け続けて、へそを曲げられないよう、丁寧に優しく扱いたいと思います。

・・・もうこのクルマも熟女だと決めつけている(笑)。

・・・20年?そのときはもう免許を返納しているかもですね!(笑)

では、股。

その存在の意味と価値と

毎度、アタシです!

9月ですねぇ~。

令和2年も何とあと4カ月、未だにこんなにも暑いと実感わかない(笑)。

皆さま、お達者ですか?(笑)

アタシは相も変わらず頗る元気、今週は都内のオフィスへ通勤しております!

やっぱりね、東京はイイネ!(笑)

目の保養になりますよ、何たってね。

電車に乗っても、街を歩いても、オフィスでも、熟女を目にすることができる(笑)。

いや、ウチの嫁だって正真正銘の熟女ですけどさ(笑)、

やっぱり他所のね、他所の人の奥さんとか、未亡人とかさ(笑)、

何処の誰だか知りませんが、道行く熟女を目にする・・・いいもんですね!(笑)

んー・・・ちょっと例えばなしをしますが。

あ、話は変わるんですよ、いきなりね(笑)。

例えばなしです。

旦那との関係が冷え切って、愛情の残量がゼロどころか憎悪、憎しみさえある、

そういう人妻熟女がいたとします・・・例えばなしね(笑)。

で、旦那とはそういう訳で家庭内別居状態、必要最低限の会話しかしない、

当然のことながら、久しくセックスレスですよ、と・・・例えばなしです(笑)。

セックスがしたい、誰かに愛されたい、女として認められる実感がほしい。

そういう心情が当たり前のように湧き上がり、不倫相手を見つけ、外の恋をします。

旦那とは全く異次元の、こんなにもセックスが気持ちいいもの、

自分を認めてもらえる嬉しさ、求められる歓び、女であることの再認識を得て、

旦那とは離婚するという気持ちがどんどん大きくなり、何れ時期を見て離婚しよう、と。

ただ、もう結婚は二度と御免だ、もう懲り懲りだ、一人気ままに生きていく、

でも、恋人はいつも存在して、と・・・例えばなしです(笑)。

この人妻熟女は、この先どうなっていくんでしょうね。

離婚して、独身に戻って、恋人と呼ぶ相手と時々逢って、

セックスを楽しんで、一人生きていく、なのか。

それとも、それとも・・・。

結婚は懲り懲り、もう二度としない、あの苦しみはもう勘弁。

多くの人が経験して、確かにそう思って、でもその後に再婚する。

再婚しないまでも、事実婚のような関係ね、ありますね。

その出来事・・・それは離婚や不倫、外の恋の事を言いますが(笑)、

それを30代で経験するのか、40代での経験なのか、50代でなのか、

その時々のシチュエーション、自分自身ではどうにもならない環境とかね、

そんなこんなで違ってくると思うんです。

例えばなしを巻き戻しますが(笑)、離婚前の外の恋の相手と、

あれほどいい関係、女としての価値、人としての価値、存在を認めてくれて、

体験したことがないセックスの快感も味わうことができた、その相手とは

続かずに、別の相手と再婚の選択をする。

何故でしょうか。

離婚前の外の恋の相手は既婚者で、再婚した相手は独身者だった、と。

孤独のまま、誰にも知られずに死ぬかもしれない将来を、ふと想像した時に、

言い知れぬ恐怖、この先どうなっていくんだろう、と。

やり直しの人生を共に歩ける相手がいるなら、迷うことなく選ぼうと。

人はひとりでは生きていけないからね。

そういう取捨選択のドラマ・・・ドラマではないね(笑)、あると思うんですね。

例えばなし、事実にフィクションを一部盛り込んでのストーリーです。

外の恋は外の恋、結婚に繋がっていく前提はない、それがアタシの主義で。

他所の人の配偶者をお借りする、真面目に不真面目なことをするというね。

前提は既婚者同士、お互いに嫁なり旦那なりがいて、生活基盤があって、

外の恋のデートは快楽の現実逃避の数時間ですよ、と。

だから、どちらか、またはどちらもが離婚するなりしない限り、

永久不滅に平行線を維持した不倫関係なんですよ。

アンタッチャブルな領域は守りつつ、できることはする。

女として、男として、相手を認めて、求め合って、でも深く立ち入らない。

例えばなしをしました。

例えばなしの中にいる外の恋の相手、既婚者。

これはアタシです(笑)。

お分かりでしたよね、説明するまでもなく。

もう、まもなくアタシは1つ歳を重ねます。

ますます思うのは、熟女って本当に素敵な生き物だな、と(笑)。

では、股。