FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

ブランクとギャップと

皆さま、こんにちは。

アタシです。

・・・とあるところで、と言っても実際の場所じゃなくてネット上の事ですが、

アタシの書くこのブログについて感想のような、何て言うんですかね、レビューですか、

何方だかが書かれていらっしゃるのを、アタシは拝見する機会がありました、偶々。

【文章量が多い】って書いてありまして(笑)、まぁ意味なく長文なんでしょうね、確かに(笑)。

いや、文章量が多いってのを批判的な見方で書かれているんじゃなくて、

読めば読み応えがある、みたいなね、そうですか、ありがたい話です(笑)。

思わず吹き出してしまったのは、書き手であるアタシの性別です。

アタシ、アタシと何度も何度も書くこの人は女だろう、と(笑)。

熟女に違いないと思って読み進めると、話の辻褄が合わなくなってくる、と。

アタシのチンコを、とか、アタシは射精しました、とかね(笑)。

な~んだ、このアタシってのはオッサンじゃないか~!と(笑)

いや、スミマセン。アタシは正真正銘のオッサン、中年でやんす(笑)。

・・・もう既に今日も長いね、ブログが(笑)。

んー・・・書きましょうか、今日もね、書きますよ。

あのね、アレです、他所の人の不倫ブログで読んだ話ですが。

細かな事は端折りますが、ある女性が12年ぶりに不倫をしたんだそうですよ、ええ。

40代前半まで不倫をしていて、その不倫が終わってから12年間、干支一周(笑)

不倫のふの字もない生活だったらしいんですが、この度めでたく相手ができた、と。

推定55歳前後かと思います、この女性。

12年ぶりに不倫相手ができ、メールや通話でときめく気持ち、遠い目をしている自分に

ふと気が付き、おお・・・危ない危ない、家の中でぼんやりしてちゃバレる、

みたいなことを書いてありました。

いや、もうね、ホントに分かりますねぇ・・・恋する気持ちね、ときめき。

あの人、今頃何してるかしら・・・なんてね、夕飯の準備しながら思いを馳せるとかさ。

12年前にもあったな、そうだった、そうだった、こういう気持ちだった、と。

12年経とうとも、まだ私って女だわ、恋してときめいて、と。

デートをしたんだそうです・・・いきなりラブホですが(笑)。

12年ぶりのセックスだ。

私は濡れるのかしら、ちゃんとセックスできるのかしら、と、初デートの日が

迫る内に動悸がしてきたと(笑)。

12年間の中で更年期障害が始まり、どうやら閉経もした、女としてまだ価値があるのか。

そんなことを思うと、また動悸がして(笑)セックス中に心臓が止まったらどうしよう!

とかね、もう気持ちが落ち着かないまま当日を迎えたんだそうですよ。

セックスはできました、こんなに気持ち良かったっけ?と思うほどに

カラダが反応してしまい、恥ずかしいくらいに乱れたらしい・・・(笑)。

ですが、その日のうちに股関節が痛くなり、腰痛も出る、おまけに膣が驚いたか

下腹部もちょっと痛い、翌日は歩けないほどの筋肉痛で・・・(笑)。

・・・と、まぁそんなこんなの内容でして、12年ぶりのデートが無事にでき、

まだ行ける、女としてもう一花咲かせられそう、みたいな結びでした。

いや、よかったですねと、ちょっと拍手を送りたい気持ちになりました。

12年のブランクは長いですよね、実際にね。

でも、ちゃんと女の部分は内面も含めて残されている、この素晴らしさですかね。

呼び戻されるといいますか、呼び覚まされるといいますか、女の本能が。

昔はなかったであろう筋肉痛とか、翌日の疲労感ね、これはもう仕方ないんだな。

何しろそれが年齢を重ねるという事ですから。

アタシだってさ、40代の頃のようにできないですよ、きっと(笑)。

朝9時から夕方6時までラブホに籠城して、チンコに仕事させた当時のように

今やれますかって、あらためて問うまでもない(笑)。

年齢、世代と共に在り方もやり方も違っていくのは自然な事ですもんね。

では、股。

スポンサーサイト



真正面の謎、真隣の怪(笑)

毎度どうも、アタシです。

いきなりアレですが、アタシは平日5日のランチは、ほぼ外食です。

ほぼじゃないね、100%だね(笑)。

奥さんが作った弁当持参、なんて人もいますよね。

アタシは愛妻弁当ってのは経験したことがないんですね、ええ。

今更経験したいとも思いませんが(笑)。

そもそも外回りの仕事でもありますんで、どうしても昼は外で、となります。

で、アタシは混雑・行列・渋滞ってのが好きじゃあないんですね。

ですから、ランチ時も正午の時報と共に店に突入!ではなくて(笑)、

混んでいない時間帯に行くんです。11時半前とかね、13時過ぎとか。

混んだお店で急かされるように食うってのも、それこそ味気ないですし、

何たってアレです。前も後も横も人、人、人で混み合って狭い席がね、嫌ですね。

ということで、お客が全然いない状態でアタシだけが飯を食う、みたいなのが最高です(笑)。

昨日のことですが、アタシは牛丼を食いに吉野家に行きました。

11時過ぎ、店内ガラガラです。

カウンター席に座り、大盛りと生卵を注文して、1分後にはもう食べ始めました。

と、お客が入ってきまして、アタシと同じように早飯ですかね(笑)。

で、ですね。話はここから本題に入る訳なんですが(笑)。

店内ガラガラなんです。アタシの他に1人先客がいました、遠くの席に。

入ってきたお客、アタシの真隣のカウンター席に、どっかと腰を下ろします。

もう一度書きますが(笑)、店内ガラガラなんです(笑)。

あっちもこっちもカウンター席は自由に選び放題、何処に座ってもOK状態。

何故にアタシの真横の席に?????

横目にチラッと見ると、学生風の男子です。

・・・いや、不思議だと思いませんかね。

繰り返しますが(笑)席はあっちもこっちも空いているんです(笑)。

何故、何故にアタシの真横の席に?????????

一瞬知り合いなのかと思いましたけどね(笑)。

何だか気味が悪いですよ、コレ。

しかもね、アタシの真似をしたかのように牛丼大盛りと生卵を注文する(笑)。

・・・もしかして、もしかして、アタシのこと好きなの?(笑)

アタシはもういつもの倍以上の早食い状態で完食、そそくさと店を出ました。

つい先日は、別のお店ですけど、やはりカウンター席でのことですが、

コの字型のカウンター席なんですけどね、空いているのにアタシの座っている

真正面の席に座りやがった(笑)。

三十代であろう小太りのサラリーマン風男子。

真横に来られるよりマシかもしれないですけどね、

いやぁ真正面って、これまた気持ち悪いよ(笑)。

目が合っちゃうんだから、飯食いながら(笑)。

何で真正面に座るんだってーの!

普通は斜めにズレるだろーよ。

・・・もしかして、もしかして、アタシのこと好きなの?(笑)

ないですか、こういう経験。

アタシは不思議だなぁ、どういう感覚で真隣や真正面に座るのか、

どういう心理なのかと思いまして、調べました、ネットで(笑)。

トナラーって言うんですってね、こういう人たちのこと。

空いているのに隣に座る、トナラー。

調べてみたら、まぁ同じような経験をしている人の多いこと、多いこと。

空いている電車で隣に座られて恐怖を感じたとか、四人掛けテーブルで相席を

お願いされたお客が真隣に座ったとか、映画館でも真横に、とかね。

トナラーにしてみると、感覚的におかしいとは思わないようですね、隣に座るのが。

じゃあもうアレですね、理屈の世界じゃあないんだなぁ。

トナラーと言えば、アタシがまだ20代前半の頃のことですが、

終電1本前の電車に乗り、途中で猛烈な尿意に襲われ(笑)、

これはダメだということで途中駅で下車、駅のトイレで放尿したんです。

アタシだけしかいませんでした、トイレの中に。

小便器は5つか6つあったと思います。

アタシは入口から近く、一番手前の小便器で用を足していた訳ですが、

アタシの真隣の小便器に男がやってきたんです!

ガラガラなんです、トイレ内(笑)。

5つも6つもあるんですよ、小便器。

アタシの横をひとつか二つ、空けませんか普通はさぁ。

180センチ以上あろうかと思われる大男で、上下ジャージです。

アタシは酒を呑んで帰る途中ですから、まぁ小便が出るわ出るわ(笑)。

何で真隣?!空いてるのに何で???と思っていると、

【チンコ、見せてくれよ】【フェラチオさせてくれよ】と言う声がする。

アタシの真隣のジャージ男しかいないんですよ、トイレの中には。

コレ、アタシに言ってる?言ってるよね、アタシにだよね・・・!

小便はまだ出終わらない(笑)。

ジャージ男は【なぁ舐めさせてくれよ】と・・・!

ギャー!(心の声です(笑))

アタシは出終わりかけのチンコをしまい込み(笑)手も洗わずに(笑)

猛ダッシュで駅のホームへ駆け上がり、自販機の陰に身を隠して終電を待ったのです(笑)。

いや、コレ、ホントの話です。

ジャージ男はトナラーではなく、あちらの趣味の方でしたね(笑)。

アタシも余裕があったらね、【いや、ダメだ。熟女専門だから】とかさ、

【チンコは人妻熟女限定なんだ】とか言えばよかったですかね(笑)。

そんな余裕なかったですよ、死ぬかと思いましたから(笑)。

では、股。


人生最後の・・・

今日は3月の陽気だという東京地方です。

あ、皆さま、アタシです(笑)。

一昨日の土曜日はアレです、雪が舞いました、アタシん家の辺りも。

積りはしませんでしたけどね、雪が降るほどの気温ですから、まぁ寒かったですねぇ・・・。

今日は暖かい。

仕事で外を歩きましたが、スーツの肩口から背中にかけて太陽光線を浴びますと、

ジワジワと温まるどころか、ちょっと熱を感じました。

あと半月もすれば節分、段々と暖かくなっていきますね。

さて、話は変わりまして。

仕事のことを少し書きますが、んー・・・アタシの仕事は以前に何度も書いた通りに

仕事探しのお手伝い、転職相談、職業紹介というね、そういうことを日々やっております。

アタシの年齢の半分位の、それこそアレですね、親子の年齢差の人から、

アタシと同世代、或いはアタシより年上、そんな方々まで相談に来られることもあります。

40代、50代の人の場合、転職にしても再就職にしてもね、これで最後にします、

最後にしたいです、という気持ちで相談に来られるんですよ、割と多く。

で、この最後の仕事選びという中年の方々、大きく分けると2つになります。

もう何でもいい、多くは望まないから片っ端から応募します!と言って、

3つも4つも、いやもうね、10社位応募させてくれ!という人もいます(笑)。

あまり考えないんです。何がいいとか、どうしたいとか、こだわりよりもまずは

行く先を決めたい、何処かに入り込みたい!みたいなね(笑)。

数打てば当たる的な・・・で、数打った結果、当たった、とか(笑)。

で、どうなるかと言いますと、数打って当たったその会社に行くんですけどさ、

割と直ぐ辞める人が多い気がします(笑)。

理由は簡単で、よくよく考えないままに決めちゃうからですね、それしかありません。

そしてまた、やり直し。片っ端から受けたがる(笑)。

もう1つはその逆で、1つを厳選して、そこだけに集中する。

自分に合っているのか、実際に相手先に面接に行ってみて、肌で感じて、

諸々の条件も含めてよくよく考えて、辞退する、あるいは決める、

そういう人ですね。

どちらが正解かという話じゃあないんですが、多分後者をアタシは応援しますし、

実際にそういう人の方が後々上手く行く。

めでたく最後の仕事探しに相成りました、というケースが多いと感じます。

長々と仕事のことを書きまして(笑)ブログのジャンルを変えたのか?!と

思われてしまったかもしれませんが、そんなことはありませぬ(笑)。

いや、アレです。外の恋でもね、同じだよなと思いまして、ええ。

片っ端から、逢ってみる。誰でもいい訳じゃあないけれども、逢わなきゃ始まらないので

・・・まぁ確かにそりゃそうですけどね(笑)、なので事前にあまり相手を知らず、

コミュニケーションの質も量も十分ではないままに、一旦逢ってみて、

そんでもって何か違うな、なのか、まぁこんなもんか、なのか、面倒臭くなって

音信を断ち、他に当たる・・・またまた片っ端から。

ネット上、SNS上で散見されますよね、こんなタイプの人もね。

いや、良し悪しじゃあないんです、やり方のひとつですよね。

人生最後の外の恋と思って、事を始めようという人は、慎重になるんだと思います。

できれば失敗したくない、いや失敗だけはしたくない、時間も労力も勿体ない(笑)。

失敗したくないがために腰が重くなる人もいますね、気持ちはあるんだが動かない(笑)。

まぁ、まだいいか、今度でいいか、もう少し先でもいいか、と言ううちに機を逸す、とか。

外の恋って浮気、不倫ですから、アタシの仕事みたいな立ち位置で存在する人がいないでしょ(笑)。

相談できないんですよねぇ・・・片っ端から紹介してください!とか、

この人はどんな性格で、どんな性癖で、とか聞ける相手がいない(笑)。

いたら楽っちゃあ楽ですよね、アタシもお世話になりたいくらいだ(笑)。

いないとなれば、もう自力で自己完結させるしかないんですよね、コレばかりは。

人生最後の外の恋、してみたいもんですよ、ホントにね。

では、股。

相手の嫁や旦那に何を思う

毎度ありがとうございます、アタシです。

この冬は記録的な暖冬だってことでね、雪が降らない、氷が張らないとか。

そのおかげでスキー場もアイススケート施設も商売にならない、なんて話を聞きますね。

確かに暖かい、と言いますか、極寒だー、寒くて死んじまうー、そんな気温を感じたことは

この冬にアタシはない、確かにない。

まぁ寒いのが好きじゃあないアタシにしてみれば、ありがたい暖冬です。

このままどうか関東平野で雪が積もるのだけは、どうか勘弁願いたい、それは祈ります(笑)。

そんな訳で・・・どんな訳ですかね(笑)、ブログ書きますが。

んー・・・外の恋は100万回位書きましたが(笑)不倫です。

W不倫だったりしますね。

ですから、お互いに嫁、あるいは旦那というね、いわゆる配偶者、コレがいます。

子供がいたり、まぁいて当然と言いますかね、家庭がありますね。

長々と外の恋をしているある人妻熟女がアタシのTwitterのフォロワーさんにいます。

ひとりの既婚男性と・・・推定50代と思われますが、7年だか8年だか、続いている。

凄いですねぇ・・・そんなに長く続く不倫関係、外の恋。

余程、相性がいい、価値観が合う、相互理解(当事者同士のね)があるんでしょう。

で、その人妻熟女ですが、Twitterでしばしば呟くことには、外の恋の相手である彼の

嫁に対する不満、嫉妬なんですね。

今日、彼は奥さんと出掛けている、泊りがけで。

この事実に対して、無性にイライラしてくるんだそうですよ。

逢いたいのに我慢している中、彼は嫁と泊りがけで出掛けていることへの

何でしょうねぇ・・・やるせなさ、ですかね。

で、そんなことを考えても、イライラしても無意味だと分かっているのに

尚、納得できないでイライラしている自分にイライラしてくる、と(笑)。

別のある時には、こんな風なこともTwitterでつぶやいていました。

奥さんの彼への愛情のなさを私が全て代わりに満たしてあげている、と。

まぁ、そうなんでしょう、きっとね。8年も続くんですから。

アタシの嘗てのお相手の方々、皆、人妻熟女の方々ばかりでしたが(笑)、

アタシのあずかり知らないところで、こんな風な感情ね、アタシの嫁に対する。

感じていたんでしょうかねぇ・・・あるいはアタシの見知らぬところでその感情を

吐き出していたんでしょうか・・・はてさて(笑)。

感情で生きる生き物というね、そういう側面がありますでしょ、女性はさ。

いや、褒めています!(笑)

過去の方々の中で、急に不機嫌になったり、怒りモードな雰囲気を漂わせたり、

まぁ確かにいらっしゃいましたし、そんなことはアタシは気にしませんでしたよ。

理屈では理解しているつもりでも、感情では理解できないから、

喜怒哀楽の特に怒と哀に、その態度が見え隠れしちまうんでしょうね。

いや、褒めてます!(笑)

そういう人妻熟女こそ人妻熟女たる所以、証だとさえ思っております、ホントに。

逆の立場で、アタシは相手の旦那に嫉妬を感じたかというと、

これがない、皆無なんですね。

旦那と旅行に行こうが、旦那とセックスしようが、どうでもないんですね。

おかしいですかね、コレ(笑)。

嫉妬しろよ、歯噛みしてのたうつ様に怒れよ!と?(笑)

だって仕方ないじゃあないですか、そういう感情が湧き起らないんですから。

そういう感情がないから7年、8年と続かない・・・んですかね(笑)。

他所の人の奥さんを暫し拝借している訳なので、物心共に出しゃ張っちゃあいけない、

外の恋の立場、立ち位置を忘れちゃあいけない、と思う訳なんですが。

では、股。


その手間暇が面倒という人たち

皆さま、お疲れさまです。

アタシです。

先週の今頃は、まだお正月真っ只中だったなんて、もうとても信じられません(笑)。

1月も早、1週間を過ぎ、もう間もなく10日目、今月の三分の一が終わりますよ~!(笑)

今年の決意、諸々を心に誓い、或いは目標を手帳に書いてみたりね、した人も

数多くいらっしゃるかと思いますが、どうですか。順調ですか?(笑)

早くも目標の軌道修正・・・どころか挫折・・・どころか忘却の彼方とか(笑)。

アタシはね、アレです。目標ってな話でもないですが、まずは健康第一、コレですね。

何をするにも、ナニをするにも(笑)体が元気で健康じゃなきゃね、ダメですから。

去年はスポーツジムに140日通いました。今年もそのレベルは維持、或いは越えたいです。

話はガラリと変わりますが、アタシの古くからの仕事仲間、勿論男性(笑)、同世代の。

会社の社長をやっておりまして、社長ですから、まぁ羽振りもいい、着るものも

身に付けるものもお洒落、小粋な男です。

去年の忘年会での話ですが、普段はまずそんな話をしませんが、女の話になりました。

前々から薄々知っていた事ではありますが(笑)、アタシは初めて知ったように装いました。

何の話かと言いますと、そいつはソープランド通いが楽しみなんです(笑)。

まぁどんな女がいいとか、好みだとか、そんな話じゃあなくてですね、

何故、俺がソープランドに行くのか、その理由とは!みたいなことを

アタシに語るんですね、滔々と(笑)。

話が長くなるのは本意じゃないので、理由を先に書きますが、

【不倫とか浮気は面倒だ】というんです。

出逢いが手間、其処から先のやり取りも手間、メールとか勘弁してほしい、

バレないようにする工作が鬱陶しいし、間違いなく草臥れる、と。

その点、ソープはいいぞ、行けばいいんだから、後腐れも何もない、と(笑)。

で、そいつはアタシに言いました。

【お前、ソープとか行かないの?】と。

加えて【ひょっとしてアレか、浮気してんのか】とも(笑)。

いや、ソープも風俗も人生で一度も行ったことないよ、浮気?しないよ~、と(笑)。

ソープと風俗は本当ですが、浮気は嘘ですね、皆さまご存知の通り(笑)。

まぁアレですね、嫁とはセックスしないが目一杯の性欲はある。だからお金を払って性欲を

満たすことを定期的に(笑)しているという話ですね。

それはそれでいいことなんでしょう、アタシは選択しない手段・方法だけど(笑)。

女性でも同じ考え方があるようで、女性専門の風俗店ってありますもんね。

レビューとか見ますと、外で浮気はリスクだけど風俗なら後ろめたさがない、とか

プロ(プロなのか???(笑))のテクニックで味わえない快感を知れました、とか(笑)。

浮気、不倫、外の恋はしたくないけど、性欲は外で処理したい。

そういうアレですかね、男女ともに。

まぁ、確かに面倒な側面といいますか、抱え込んだままのリスク付きのね、ありますね。

外の恋は他所の人の旦那や奥さんを拝借するようなものですから、

悪いことであるのは議論の余地がない(笑)。

だから皆、ヒヤヒヤしながら逢う、逢ってセックスして、食事して、

メールやLINEもして、日常的なコミュニケーションまでありますもんね。

それが面倒で手間で、と思う人にはそもそも無理で、それこそリスクしかない。

時間も労力も使う、そのためのエネルギーが必要というのも間違いない。

外の恋は公言できない人間関係ですから、常に2人の中で解決しなきゃなりません。

時に袋小路状態になるかもしれないし、この関係って、何のためにしていること?と

自問自答したくなるようなシーンもありますよね、誰しもね。

でも、それでも尚・・・外の恋がいいというのは何故なんでしょうね~。

40代、50代の自分自身をそのまま許容してもらえる有難さとか、

同志のような気持ちになれるときがあったり、この人は人として自分を見てくれるという

安心感とか、男であり、女であることを身を以て再認識できるから、ですかね。

それだけでもないんでしょうね、人それぞれに価値も意味も違うものがありますもんね。

では、股。

外の恋も男と女

皆さま、あけましておめでとうございます。

アタシです。

新年あけました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

年末年始の9連休、いやぁ~長いのなんの(笑)。

先週の今日・・・だったですよね、休みの初日。

長いのなんの、なんて書きましたけど、あっという間のような気もしたり(笑)。

アタシは大晦日前に打ち納めのゴルフ、これがプライベートと言いますか、

自分だけの時間で(笑)、元旦に嫁と娘とで初詣、翌2日は嫁の実家に年始の挨拶で

おせちと寿司とビールと日本酒で、昼間っからヘベレケになるまで呑み倒し(笑)。

おかげで翌日は二日酔い(笑)で半日使い物にならず。

そんなこんなで今日を迎えまして、ええ。

気が付けば、明日で9連休オシマイというね、早い!(笑)

いや、しかしアレですよね、巷でよく言うじゃないですか、

年末年始は家族でノンビリ、ゆったり過ごして疲れを癒しますとか、ね。

できます?そんな疲れを癒すなんて(笑)。

朝、会社に行って、夜、家に帰っての繰り返しが日常のリズムのアタシにしてみたら、

もうね、連日に渡って嫁が至近距離の生活、嫌でもなく寧ろ尊敬している義理の親の

家に行くってのも、それはそれで気は使いますし(笑)。

いやぁ・・・疲れは癒されちゃいない(笑)。

旦那が朝も昼も晩も家にいる、旦那の実家に否が応でも行く、それがために

アタシと同じようにグッタリしている人妻熟女の方々、お疲れさまですね!(笑)

適度な距離感とかね、嫁や旦那が物心共に視野に入らない日々ってのは、

あらためて重要且つ必要不可欠だな、とシミジミ思うのですね(笑)。

アタシは嫁を女として見ちゃいないと言いますか、見ることができないと言いますか、

まぁだからこそ、外の恋で他所の人の奥さんを女として見る訳ですが(笑)。

女として見ちゃいなくても、性別は女で、中年で、所謂更年期障害世代で、

実際に更年期障害ですし、そもそも気が強い(笑)。

改めて思いますが、会話が噛み合わないこと、多々あるよなぁ、と。

思っている事と言ってる事が全然違うんじゃないの???とか、

いちいち面倒臭いことをしたがるよなぁ、とかさ。思うんですよねぇ・・・。

それが女であり、男との違いなんだと言えば、ハイ、それまでよ(笑)。

他所の人の奥さんだって、アタシの嫁と同じ世代だった訳ですからね、実際。

理解が難しかったり、分かり合えない瞬間とか意識とかね、そりゃあ、ありましたさ。

で、それはそれで仕方ないんだと、そういうものなんだと、

分かっていますって!(笑)

それでも尚、嫁ではない(旦那ではない)他所の人に気持ちを向ける訳でしょ。

今年もよろしくお願いしますね!

では、股。