FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

鈍感と鋭敏

夕方5時より前に、日が落ちて、もう真っ暗になるんですよね。

夕方前に、こんばんは~と言いたくなるような、言わなきゃダメなような(笑)、

それくらい日の入りの時間が早くなったんですねぇ・・・冬だなぁ。

熱燗、ぬる燗、焼酎のお湯割りが美味しい季節となりました(笑)。

皆さま、お疲れ様です。

アタシです。

先週のことですが、東京ドームでコンサートがありました。

いや、アタシのコンサートじゃない(笑)。

韓国のアーティストですかね、3日連続での公演だったようですが。

アタシは東京ドーム近くで仕事をしまして、コンサートを観に来た人たちが

界隈のコンビニや飲食店に大挙して訪れる、その中に巻き込まれました(笑)。

悉く、いや殆ど、いや大半ですか(笑)客層は熟女ですね!

30代どころか40代、50代と推定される熟女の方々が東京ドーム周辺に

約5万人・・・そんなに居たのか?!(笑)

熟女の波、圧が凄いですね、しかし。

怖いものなし、傍若無人(笑)、その太々しさはどこから来るのか(笑)。

いや、褒めている。大好きですから、熟女、ホントに(笑)。

コンサートのチケットだって、それなり以上の金額ですよ、きっと。

熟女はお金を使いますねぇ・・・使うと腹決めしてしまえば(笑)。

アタシもあの大挙して押し寄せた熟女の黄色い歓声じゃなくて、

野太い雄叫びを浴びてみたい・・・嘘ですけど(笑)。

・・・そんな話はどうでもよい、ですね(笑)。

さ、話を本題に切り替えましょうか。

世の中には鈍感な人ってのがいますね、鈍感、鈍い人。

その真逆で鋭い人、感が。

鋭敏な人ってのもいます。

で、これは一般論なのか、確かに根拠があってのことなのか、迷信なのか、

分らないんですけどね、女は鋭敏で男は鈍感だ、という全体傾向があるとか。

逆な言い方をすれば、鈍感な女はいない、少ない、ですかね。

女の嗅覚、感は鋭い、なんて言いますもんね。

旦那の浮気がバレるのは、だからなんだよ、と。

脇が甘くて、何かと杜撰で、それだからバレるんじゃないかとも思いますが(笑)。

んー・・・アタシのことをね、全て過去形の話ですが、書きますと

嫁は鈍感な女ではないと思いますよ、ええ。

ただ、外の恋という浮気、不倫がバレたことはない・・・と思う(笑)。

と思う、と書いたのは、実はバレていて、それでも知らぬフリをしているというね、

そういう可能性がゼロなのか?と問われたら否定できるものじゃあないもんね。

ただ、バレた上に、問い詰められ、修羅場と化す・・・この経験はないの。

疑われたかなぁ・・・というシーンはね、一度や二度あった記憶もありますよ(笑)。

ただ、今に至る中で何もないですから・・・おかげさまで(笑)。

上手くやっている、上手く立ち回り、万全を期して都度都度アリバイ工作と、

行動管理と、諸々の手筈、防御線を引いた賜物だ!と思うほど自惚れちゃいません(笑)。

きっとね、偶々これまでがそうだったというね、そういうことなんだと謙虚に受け止めます。

前回の記事に書いたことですが、ドタバタの一年、2019年でしたから。

おかげさまでバレる外の恋がない。

してないんですから、ええ(笑)。

過去を遡って、それこそ新婚時代から後のことがね、まさにバレてしまったら、

修羅場じゃ済まないのかもしれない、かもしれない、ハイ(笑)。

いつも通りに過ごし、いつも通りのリズムの中に紛れ込ませなきゃバレるよね、外の恋は。

鈍感な嫁がいたとしたら、それは実は鈍感ではなくてさ、無関心なんだと思いますよ。

最早、どうでもいい、と。

浮気?好きにしたらいいじゃん、というね。

こういう場合は冷徹にとどめを刺されそうですね、怖いわぁ・・・。

バレちゃあオシマイ、外の恋。

油断大敵、外の恋。

スマホはトイレに持ち込むな。

交通安全の標語みたいな(笑)。

スポンサーサイト



心に隙間ができるとき

皆さま、アタシです。

今日も仕事に家事に、外の恋と(笑)お疲れさまです。

風邪、流行ってますよね。それからインフルエンザも。

アタシんところの会社ですけど、先週あたりからマスク姿が急に増えまして、

予防の意味でのマスクじゃなくて既に病んでいる(笑)。

熱があるとか、咳きこんでいる、鼻の下を赤くするほど鼻をかんでいる。

もう完全に風邪ひいてますよね、誰がどう見ても。

で、隣り合わせた席の順にマスク姿が増えまして(笑)。

幸いにもアタシの席から遠く対角線のエリアでマスク姿が集中しております。

まぁね、アレですよ。アタシは風邪は引かないことに決めておりますんで、

ええ。引きません、風邪は。心に決めれば引かないんですよ、風邪。

・・・全然信じてないでしょ?(笑)

でもねぇ、案外そういうモノなんだと思うんだけどなぁ。

気合いとか根性の話じゃないけどね(笑)。

いや、しかし11月も下旬となりまして。

もう師走もすぐですね。

怒涛の1年・・・だったですかねぇ、アタシにとっては。

いや、外の恋が怒涛とか、そんな話じゃあなくてね。

プライベート、仕事、人生初のアレやコレやが満載、連続でした。

1年を振り返るには、まだ早いとは思いますが(笑)、

怒涛のプライベートが漸く収まるような、終着ではないにしろ、

ひと息もふた息もつけそうな、そんな師走になるかな、と。

それまで、あと半月か3週間位ですかねぇ・・・。

そんなこんなでバタバタの1年を過ごしてきたアタシですが、

しょうもないブログは書きましょうかね、今日も今日とて(笑)。

心の隙間って言葉がありますね、余り日常的に使わないでしょうけど(笑)。

隙間なのか、ぽっかり空いた大きな穴なのか、人それぞれですかね。

隙間でも穴でもいいんですが(笑)、そこにある感情ってのは、多分おそらく

寂しさや不安、焦りとか、何かが足りないという気持ち、だったりしますね。

心の隙間に入り込む、ぽっかり空いた穴を埋めるモノ、それは何?

世代によって違うんだと思いますが、30代以降、子育て以降、子供が独立した、

親が他界した、云々のシニアに向かう世代だったら、

入り込むモノ、穴を埋めるモノ、それは恋愛だったりしますよね。

外の恋です(笑)。

意識してそうなる場合だけじゃあなく、気が付けばそうだった場合もあり、

既婚なのに他所の人の奥さんや旦那さんに心奪われる。

アタシは思うんですが、心の隙間もぽっかり空いた穴も、それが生まれるには

ひとつ絶対的な条件があると思うんですよ。

それはね、余裕です、余裕。

気持ちの余裕、精神的な余裕、お金の余裕、時間的な余裕。

やることが満載で毎日を無事に生活することで一杯いっぱいだったら

余裕が生まれる訳がない。隙間も穴もないんですもん(笑)。

そう思うとね、外の恋をするというのは、実は贅沢なことなんだな、と(笑)。

というか、物事の優先順位、やるべきことの順番を間違えないから

外の恋に身も心も向かっていける、でしょうね。

30代には分かりようもないことは当然あって、分かるはずもないんですよね。

それはもう実体験しない限り分からない。

40代には40代の、50代には50代のライフステージがあってさ、

それぞれ人生初体験のシーンが待ち受けているんだね、いいこともそうじゃないことも。

アタシは50代を生きてますけど、50代ってつらさやしんどさ、ありますねぇ。

気力、体力の衰えとは言わないけど、40代のそれとは違うんだと体感的にわかる。

人の悩みのほとんどは対人のことで、見ようにも見えない先のことを案じるから

藻掻き苦しんでしまうという話を巷で見聞きします。

その通りだと思います。

今を生きるしかないもんね。

では、股。

その性欲の正体

毎度、皆さま。

アタシです。

お元気でしょうか。

11月もそろそろ半ばになるんですが、気の早い仕事仲間から忘年会のお誘いがありました。

気の早い・・・でもないんですかね、もう日によっては予約が取れないお店もあるらしい。

アタシもね、もうアレですよ。忘年会もできればパスしたいんですよね、意外にも(笑)。

と言いますか、選んで出る、ですかね。

昔、若い頃(笑)片っ端から参加、同じ日に3つの忘年会を梯子したことがありましたが、

もうね、もうそれはいいや(笑)。

身が持ちませんよ、あとお金も(笑)。

とは言え、3つか4つはあるんだと思います、アタシの忘年会。

全部オッサンしかいないというね(笑)・・・楽しいからいいんだけどさ。

んー・・・と。前々回の記事でオフィスで勃ち話、いや立ち話をしたって書きました。

禁煙しましたって、ウチの女子社員との会話。

昨日ね、その続きって訳じゃあないんですが、その女子社員と勃ち話・・・じゃなくて(笑)、

立ち話をしたんです。その後、禁煙続けてるの~?ってアタシは聞いたんですね。

【禁煙、続いてます!でも、そのせいか太っちゃったんですよ】と言うんですね。

そしてこう続けた。

【あ、でも。もうすぐ生理なのでそのせいかも。】

【生理が終わると体重減るんで、そうなれば禁煙のせいじゃないですね】

・・・何故にアタシに生理の説明をする?(笑)

アタシは女子社員と話し終えて、自席に戻ったところで、不意に頭の中に曲が流れた。

【もしかしてだけど~もしかしてだけど~それってオイラを誘ってるんじゃないの~】

・・・(笑)(笑)(笑)。

話は変わりますが、昨日ね、仕事で都内から埼玉へ向かいました、電車で。

昼間の下り在来線、車内はガラガラですね、さすがに。

アタシは7人掛けの長い座席に座っておりましたが、対面の座席に20歳前後ですかね、

女子が座りました。ゲームなのかスマホに夢中です(笑)。

で、電車が走り進む中で、その女子の両足がどんどん開いていく(笑)。

短いスカートなんですよ、この子。

やがて太腿の奥、パンティが見えてきました、というか丸見えですね(笑)。

黒いパンティだ。スマホに夢中で足が左右に開いていることに気が付かないのか・・・

それとも・・・【もしかしてだけど~もしかしてだけど~】(笑)

いや、くだらなくてスミマセン。

パンティなど見せつけられたら、普通はムラムラするものなんでしょうけどね、

若い女子の、しかもこれでどうだ~!みたいな、正々堂々と(笑)惜しげもなく

開帳されても何とも思わないんですよね、寧ろ居た堪れない気持ちになりました(笑)。

これがね、熟女でね、見えそうで見えない、太腿の奥に何かある、みたいな構図ならね、

もう、アタシは降りる駅に着いても座席から勃ち上がれない、いや立ち上がれない(笑)。

・・・いや冗談ですってば(笑)。

ムラムラするという感情、性欲ですね。

性欲がない人は多分おそらく外の恋、不倫も浮気もしない・・・んでしょうね。

性欲に人は突き動かされますもんね(笑)。

いい歳して性欲が強くて強くて異常なんじゃないかと思うって女性、いますよね。

個人差でしかないし、比較検討して多い少ないの話じゃないですよ、これはね。

オナニーをすると性欲がスッと治まっちゃう人もいて、

そういう人の性欲と、また違うカテゴリーの性欲が外の恋に繋がる関係欲のような、

旦那や嫁ではない他所の人とセックスして得る快感、満たされる欲ですかね。

そこには女として、男として認めてほしい、人として受け入れてほしい承認欲求も

きっと絡むものだと思います。

旦那や嫁とセックスすることで満たされる性欲なら、誰も苦労しない(笑)。

旦那や嫁はあり得ない、オナニーも違う、となれば他所の人を借りるしかないんですね。

自分の中にある欲望や感情を程度の差こそあれども、相手である他所の人にも求めている。

まぁ、それが成立した状態が外の恋の満たされたセックスですかね。

では、股。

変化と伴走、変化に対応

お疲れ様です、皆さま。

インフルエンザの予防接種を受けた翌日に発熱したアタシです(笑)。

いや、アレですよ、6日の水曜日にね、インフルエンザ予防接種、

受けてきたんです、前回の記事に書いた通り。

で、翌日7日。アタシは偶々代休を取っておりまして、

いつもより少し遅めに目を覚まし、一瞬慌てましたけどね、遅刻!って(笑)。

あ、今日はそうそう、代休だから・・・と安堵して、

さて、そうは言ってもそろそろ起きようと、布団から出て。

・・・怠い、寒い、いや悪寒?、そして体の節々が痛い。

まさかの風邪?!・・・いや、インフルエンザ?!

予防接種を受けた翌日にインフルエンザに罹っていたら大したもんですよね(笑)。

まぁでもさ、あり得る話ですけどね。

熱っぽい、確かに寒気がする。やだなぁ・・・。

代休に組んでいた予定を全部なしにして、夕方まで寝込みました、自主的に(笑)。

でね、あ~ら不思議!夕方には寒気もない、熱っぽさもない、節々痛くない!

それどころか半日近く寝たお陰でメッチャ快適、元気!(笑)

・・・調べましたところ、アレですね、予防接種の副反応ってヤツですかね。

注射したところが赤く腫れるとか、発熱するとか、それですね。

もう夕方からは酒をガンガン呑みましたし(笑)。

今日もね、会社帰りにジムで思い切りトレーニングして、サウナに入り、

ビールが旨い!ってことで(笑)。

さて、どうでもよい前置きが長いねぇ・・・毎回毎回(笑)。

変化に伴走、変化に対応って記事です。

アタシは今50代半ばを通過しておりますが(笑)、

3年前、5年前、10年前とね、ふと振り返りますとね、

当たり前の事なんですが、今と全然違う諸々がありますね。

年を重ねての見た目、内面の変化云々は勿論ですが(笑)、

何たってアレですね、取り巻く環境ってんですかね。

周りの環境、アタシ自身の立ち位置、変わるもんですね。

このブログで散々書いてきましたが、30代、40代、そして50代と

外の恋を繰り返してきました。

その時々で素敵な人妻熟女と外の恋をさせていただいたわけですが、

例えば当時のあの人妻熟女と今、もしも出逢っていたら、果たしてどうだろうか、と。

外の恋を楽しめるのか、そもそも成り立つのか、そんな風なことを思うんですね。

かつて、当時だからできた。今だったらそうはできない、なんてね。

外の恋も人間関係ですから、お付き合い・・・公言できないけどさ(笑)、

お互いにそれなりの努力と妥協と譲り合いと我儘と、まぁ色々をね(笑)、

混ぜこぜにしながら進んでいく関係じゃあないかと思うんです。

お互いに家族なり、嫁や旦那とか、親とかね、リアルの生活がある中で、

不倫という外の恋の関係を続けていくにはさ、お互いの変化というものを

嫌が応にも認めていかなきゃならなかったりしますもんね。

認めなくとも、対応しなきゃならないとかさ。

永久不滅にいい状態で関係を維持し続けるなんて夢幻で。

一瞬で状況は変わる事もあるんだよねぇ、外の恋は。

他所の人のブログやツィッターで見聞きする話にもたくさんありますよ。

子供の受験、浪人、旦那の転職、失業、親の老い、介護、そして

外の恋の本人・当事者のことでもね、色んな事が巻き起こる。

それでも続く2人の関係もあれば、一時中断もあるだろうし、

無期延期のまま消滅状態もあるかもしれないね。

寄り添うように、この日の目を見ない外の恋の関係に対して、

伴走して関係を紡げる場合もあれば、それがどうしても許されない場合もね、

変化に対応できるばかりでもなく。

その時々のシチュエーションなんですねぇ・・・要は。

あとは優先順位と最後は気持ち、想いだね。

では、股。

選り好み、または食わず嫌い

朝晩、グッと冷えるようになりましたね、急に。

風邪などひいていませんかね皆さま。

お疲れさまです、アタシです。

今日はね、アレです、インフルエンザの予防接種を受けてきました、ええ。

11月・・・遅いですよね、もうね(笑)。

アタシが住むエリアでは、学級閉鎖とか、出てますからね、インフルエンザで。

もっと早く受けないと意味がない・・・とまでは言わないけどね(笑)。

生涯一度もインフルエンザの予防接種を受けないどころか、インフルエンザに罹らない、

そういう人もたくさんいますよね、実は。

アタシの義父、嫁の父親ね、この人がそうだ(笑)。

本人曰く、80年生きてきて一度も罹らないんだから、今更変な事はしない方がいい、と。

変な事ってのは、予防接種だね(笑)。

予防接種を受けても罹る人は罹りますもんね、それもワンシーズンに2回とか(笑)。

何でしょうかね、結局は気合いの違いですか、精神力とか(笑)・・・ではないね(笑)。

話は変わりますが・・・昨日、ウチの女子社員と立ち話をしました、オフィスで。

いや勃ち話じゃあない、立ち話だ(笑)。

アタシは外の恋、不倫は社内には持ち込みませんから、その気配は微塵も出さない、

出していない、醸してもいない・・・つもりでいる(笑)。

えーと・・・何の話をしたかというと(笑)、タバコをね、止めたんですって、その女子社員。

年齢はね、33歳だったかな、独身です。

尻がデカくてねぇ・・・若いのにいい塩梅に垂れ尻でさぁ・・・そそる(笑)。

いや、だから!社内ではそういうアレはNG!(笑)

タバコを止めたというので、何で?何かきっかけでもあった?と思う訳でしょ、当然。

で、アタシは【お!どうした、彼氏でもできたか?】・・・とは言わない(笑)。

今時、そんなことを言おうものなら下手すりゃセクハラで訴訟になりますって。

止めたというからね、理由を聞かなきゃね、会話ですから。

【あら、どうした。カラダの具合でも調子悪いのか】と・・・これはセクハラじゃあなかろ?(笑)

まぁそんなこんなで、その女子社員がアタシに聞いたね。

【○○さん(アタシの苗字)はタバコ吸わないんですか、昔から】

アタシはすかさず答えます、この質問には予め用意された回答があるんだ、大昔から。

【タバコ?吸わないよ、そんなもの。吸うのはひとつだけ、熟女の乳首!】

・・・いや、言いませんよ、こんなこと(笑)。

危うく言いそうになりかけましたけど(笑)。

それこそセクハラで訴えられますよね。

でもさ、ホントにそうなんですよ、吸うのは熟女の乳首、それからクリトリス。

これ以外は吸いません!・・・何の話???(笑)

さて、気を取り直してね、記事の題名のことを書きますよ~。

選り好み、食わず嫌い、そんな人いますよね、割と。

アタシの仕事は職業紹介、転職したい人にあんな仕事、こんな仕事を紹介して、

決まるまでのお手伝いをする、まぁそんなことを日々やる訳ですが。

転職の相談に来られる方、まぁ実にね様々ですよ。

物凄く自己分析ができていて、この人なら引く手あまた、すぐに仕事が決まるという人もいれば、

その対極ね、真逆と言いますか。

高望み、条件が細かい、傲慢(笑)・・・います。

先日もひとりいらっしゃいました。

アタシのストライクゾーン、人妻熟女なんですが(笑)、いや仕事の相手には手を出さない(笑)。

希望条件を聞いて、じゃあこんな仕事、この会社はどうですか・・・と資料を渡すと、

ピンと来ません、違う気がします、という。

では、こちらのこの仕事は?と別の資料を渡しても、これは嫌ですねぇ・・・と(笑)。

もうね、こういう人は仕事が中々見つからない典型なんですよ。

簡単に言えば、身の程知らずです(笑)。

身の程知らずでもいいんです、始めは。

始めは高望みでいても、面接を受けて玉砕します。

それを繰り返すと我に返るんですね、気が付くんだ、自分が間違っていることに。

で、軌道修正なり、目線を下げるなり、色々作戦を変える訳です。

先日の人は、そもそも面接に行く前からダメ出しをする、見もしない、聞きもしないで。

面接に行くだけ行ってみて、自分の目で確かめて、感じ取って、それで答えを出したら

どうですか、案外いい話に感じるかもしれないですよ、とアタシは言うんだけどね、ダメ(笑)。

外の恋でもさ、同じような事ってあるんだと思うんです、アタシは。

完璧さを端から求めたら、相手なんか見つかりようもなく、

アレがダメ、これも嫌、ここもNG、と、条件を狭めたら、相手なんかいませんて。

妥協できないのは皆同じで、妥協をしましょうではないんですよ。

千載一遇に期待し過ぎるからダメで、逢ってみてダメだったら仕方ない、お互いさまだ、と。

自分のことを棚に上げて相手にだけ高いレベルを求めるなんて、そりゃあ変だしね(笑)。

外の恋も選り好みし過ぎちゃいけません、食わず嫌いも勿体ない。

食わず嫌い・・・じゃあ食ってみろと?(笑)

まぁ、食わずとも逢わないと、まずは。

外の恋も面接と同じ、ご縁があれば纏まるものだ。

先週、湘南の外れでゴルフをしましたよ。

快晴微風、スコアは・・・(笑)。

では、股。

西湘