FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

外の恋の起点

皆さま、お疲れ様です。

アタシです。

いやぁ・・・10月もアレですね、あっという間に終わりそうな(笑)。

月捲りのカレンダー、あと2枚ですよ、ふと気が付けば。

・・・焦りますね、意味もなく(笑)。

アタシは何を隠そう、未だに夏のスーツで仕事をしておりますが(笑)、

いや、だってね、暑いでしょ、昼間とかさ、晴れの日に歩くと。

関東より北へ行くと違うんでしょうけどね、まだ衣替えにはちょっと・・・(笑)。

今日、仕事の移動で山手線に乗っておりましたら、Tシャツにハーフパンツ、

裸足でサンダルの外国人数名がいました。

何ですかね、あの外人の薄着ってのは(笑)。

かと思いきや、同じ車両でダウンジャケットやウールのコート、マフラーぐるぐる巻きの

人がいたりするんです。

そんなに寒いのか?!(笑)

こういう季節がバラバラな風景を見ると、夏のスーツのアタシは一番まとも、

最も相応しい恰好をしている!・・・ような気がしてきませんかね(笑)。

週末には11月、段々らしくなってくるらしいですよ、気温が。

今度の土日に衣替えかなぁ、アタシもさ(笑)。

さて、今日もどうでもいいことを長々と書いてしまいました(笑)。

前置きが長いのはアタシの特色だね、ホントに(笑)。

いきなり質問ですが(笑)、外の恋、んー・・・つまりは不倫、浮気ですが、

それを今現在進行形でしている人、その在り方って理想的ですか?

望んだとおりの形、状態で推移していますかね(笑)。

そもそも、何で外の恋をするに至ったのかという話に遡らないと、

今のそれが理想的なのか、どうなのか、計れないかもしれないですね。

ハンターの如くに、相手を探して、見つけて、仕留めた!という人もいるでしょうね(笑)。

それは単にセックスしたい、性欲が強い動機になっての行動だったりね、ありますね。

誰でもいいという訳ではないけれども、割とね、妥協もしちゃったりね、

セックスできる相手なら、と(笑)。許

容範囲内ならよしとしよう!みたいなね(笑)。

外の恋にセックスはほぼ間違いなくセットになっているんですが、そりゃあね。

ただ、それが唯一最大の要素でもなくて、単に話がしたい、自分のことを語りたいと、

コミュニケーションとしての会話ができる異性が欲しいという人、実は相当いますよね。

・・・アタシがそうだもの(笑)。

おい、ウソを吐くな!と思いました?(笑)

いや、本当だってーの。

チンコを挿入したいばかりじゃあないの、ホントに(笑)。

アタシは熟女専門でね、外の恋をしてきたわけですけどね、やっぱりみんな寂しさや

孤独を抱えていましたもんね、多かれ少なかれ。

旦那が居て、確かに家族であり、夫なんだけど、それでしかなく。

子供もいるけど、もう親離れして子育て云々の話ではなく、

私って社会の中の何のための存在?みたいな素朴な疑問が湧き上がるときに

言い知れぬ孤独感とか、孤立した自分、危うさを感じるんですよねぇ・・・男も(笑)。

外の恋に突き進まない代わりに、パブとかスナックとか、小料理屋に通いつめちゃうヤツ、

理屈と思考回路は同じですよ、多分。

ママや女将に話を聞いてほしいんだ。

で、カウンターに座りながらも、チンコが勃起しちゃうのはアタシ(笑)

・・・冗談だってば(笑)。

男として、まだ行けるのか。女として、見てもらえる価値があるのか。

イチかバチか!みたいな勝負に出る、そんな決意があったりね、外の恋のスタート時。

しないで済む人生なら、それは正解で、しないではいられないなら、するしかなくて、

してみたらわかるのも確かにそうで。

外の恋予備軍っているんですって。

でね、予備軍の特徴って、待ちの体制らしい。

きっかけを与えてくれたら、始める、始まる。

きっかけを待つ人たちなんですってさ。

なるほど・・・待つうちに1年経っちゃいませんでした?(笑)

では、股。

スポンサーサイト



既婚と未婚、既婚と既婚

皆さま、毎度です、アタシです。

雨ですねぇ・・・あ、東京地方ですけどね。

アタシの住む千葉県は、15号と19号ふたつの台風で結構な被害が出まして、

今日もバケツをひっくり返したような雨が降ったりね、千葉駅なんか冠水しまして。

アタシの自宅周辺、道路冠水の名所なんです(笑)。

これまでの人生で自家用車4台、道路冠水でお釈迦にしましたから、ええ。

その度に車両保険で新車に・・・あ、何の話を書くんでしたっけ?(笑)

えーと・・・(笑)。

そうそう、雨でね、今朝、駅の上り階段のところでアタシの前を行く女性がいました。

ちょうど階段を上がり切ったところで、つま先が階段の縁に引っ掛かったか、

その女性、躓き気味に転びまして。

至近距離で真後ろを歩いていたアタシの目の前で、です。

スカートを穿いておりまして、運よく・・・いや運悪く(笑)、転んだ弾みで

スカートが半分くらい捲れあがってしまいましてね(笑)。

アタシは図らずも推定30代半ばの太腿~パンティの一部(笑)を

拝み見る恩恵に与りました(笑)。

いや、笑い事じゃあないですね、スミマセン。

アタシは咄嗟に【大丈夫ですか?】と手を差し伸べて、女性を立たせる・・・筈が

そんな間もなく、女性はサッサと立ち上がり何事もなかったかのように小走りで(笑)。

いやぁ、でもアレですね、朝の通勤で大きなお尻を見せていただけるなんて(笑)、

アタシもツキがある・・・あ、違いますか?!(笑)

・・・んーとね、アレです。今日はねアタシのTwitterで繋がりがある女性のことをね

ちょっと書こうと思いますよ。

いつも言いますけど、繋がりがあるったって、アタシの彼女じゃあないよ(笑)。

その女性はね、多分おそらく30代前半だと思う・・・今朝パンティ見せた人くらい?(笑)

で、独身のOLです。

彼がいる・・・年上の。

彼ってのは既婚者なんだね、これが。

つまり不倫だ。

この既婚と未婚の不倫ね、アタシはしたことがないんだね、一度も。

どっちみち不倫は不倫でさ、その通りなんだけどね、独身って、どうなのかなぁ。

その女性・・・Kさんにしますか、意味もなく(笑)。

Kさん、何年もその既婚彼と不倫継続中なんですよ。

結婚という形を望まない在り方、生き方って当然ありますからね、いいんですけどね。

不倫には明るい未来も目指すゴールもないとアタシは思っていて、

いや、だからと言って、夢や希望の欠片もないのかと言えば、

そんなことはないとも言いたくなるんだけどさ。

無理やり、その既婚彼の身になって考えた時にね(笑)、

いいのかなぁ、この先このまま行きつくところまで行くのかなぁ、と

Kさんに対して罪の意識をアタシはやっぱり感じてしまうんだね。

KさんのTwitterのツイートを見ると、勿論そのツイートを不倫彼は知らないけどね、

まぁ何て言いますかね、ピュアなのね。純愛というか。

不倫なのに不倫らしくない、みたいな・・・わかります?(笑)

アタシはさ、既婚×既婚の関係でしか経験がないからね。

次のデートの保証がない関係、毎回が最終回、逢いたくても二度と逢えないかも、

一瞬先の予想も約束もできない関係で繰り返した不倫、外の恋でしたから。

ある意味お互いに無責任でいられて、その日のデートに全力を注げて、

だからこそセックスが物凄くいい関係、セックスで繋がる関係でもあったですねぇ。

そういうものだ、と。

あっさりと、さっぱりとしていなければいけない関係だとも思いました、常に。

感情移入や深く相手の領域に立ち入ってはダメだと、いつも思いましたし。

だからこそ楽でいられたのも事実で。

拠り所とか、心許せる相手であること、これはねその通りだと思うけど、

お互いに自由であるべきだと思うよねぇ。

・・・な~んてね、偉そうに訳知り顔なこと書いてるね、今日も(笑)。

では、股。

外の恋に纏わる画像、映像の話

皆さま、アタシです。

急に秋めいて・・・といいますか、晩秋のような陽気じゃないですかね。

春が短くてすぐに真夏になる、真夏が長い、いつまでも残暑かと思いきや、

秋らしさを実感する間もなく、冬のような気温に・・・。

そんな気がしますよ、アタシは。

四季が二季になったような(笑)。

湯船に浸かりますと、思わず声が出ませんか、こんな風にいい塩梅に気温が下がってくると。

人妻熟女と一緒にホテルのバスタブに身を沈めて、背中越しに乳首を触ると、

大抵固く立ち上がってますね、熟女の乳首は(笑)。

あ、寒いからじゃない?感じちゃってるから?(笑)

まぁ、どちらでもいいや、そんな話(笑)。

つい先日、重婚のような写真と記事が週刊誌に載りましたね。

DVや浮気騒動が前々からあって離婚調停中に重婚を疑われるような写真。

もう完全に男の側の負けですね、これはね。

何でこんなプライベートなね、W不倫状態の2人だけが共有しているであろう筈の

タキシードとウェディングドレス姿が世に出るのか、魔訶不思議ですねぇ・・・。

そんな衣装にならなきゃいいのに、なったとしても写真に撮らなきゃいいのに、と

第三者的な、外野の方々は皆、思う(笑)。

自業自得だと思うんですね、皆ね。

で、30代より繰り返し、外の恋をしてきたアタシはですね、

この写真と記事を見て、読んで、どう思ったか、それ以前に

外の恋をしてきた中で、どう思ったか、どうしてきたかを書きますかね、今日は。

外の恋、つまりは浮気、不倫です。

バレちゃあいけない、バレたらオシマイ、いろんな意味で(笑)。

バレるにはバレるだけの理由、原因が必ずありますよ。

相手との記録ね、これが一番のリスクでしょうね、やはり。

メール、LINE、通話履歴。

これを押さえられたらアウト~!(笑)

それとね、画像、映像。

外の恋をしている皆さま、してきた皆さま(笑)、

写真撮ってます?撮らせてます?

セックスの動画をスマホで・・・どころか家庭用ビデオカメラで

いわゆるハメ撮り状態とか、ね(笑)。

アタシの話をするんでしたね(笑)。

写真、撮ったことあります、撮られたことあります。

相手の顔だったり、揉みしだかれて乳首がコリコリに勃ち上がった垂れ乳とか、

濡れて上下左右に陰毛が張り付いたオマ○コとかね(笑)。

アタシのチンコをしゃぶる顔とか、アタシに跨って腰をグラインドする姿とかさ。

過去ね、遠い過去にそんなことがありました。

嫁に見つかったら・・・なんてことは思わないんですよね、撮っているときは。

見るかるなんてあり得ないと思うんだね、信じて疑わない(笑)。

でもさ、こうしてね、写真週刊誌やネットニュースに出る事がある訳で。

そもそもの話、撮らなきゃいい、撮らせなきゃいいんだね、実際。

そうすれば証拠として残るものはないんですから、記憶の中にしか(笑)。

遠距離W婚外などしておりますと、逢いたくても逢えない日々に思いが募り、

せめて写真だけでも、写真を見て寂しさを紛らわす・・・なんね、思ったりするのが

外の恋をする心情なのかもしれませんが。

その日のデートで撮った写真、動画をデートの終わりに消す、

それでその日を締め括るのがルーチンになっている、なんて人もいるらしい。

悪意が芽生えてネット上に流出させる悪いヤツだっていないとも限らない。

・・・となるとね、もう遠い過去にアタシの裸やアレやコレやを撮った、

人妻熟女はそれを今も持っているのか・・・(笑)。

いや、ないな。

そういうところは女の方が現実的でスパッとしてるからね。

・・・多分(笑)。

リスクなことをするのが外の恋、その上にリスクを上乗せしない方がイイネ!

では、股。

回数、人数の話

いや、どうもアタシです。

お元気ですか、皆さま。

アタシは台風19号にかすり傷さえ負うことなく(笑)、元気溌剌です!

3連休の2日目・・・ですけどね、昨日今日、何気に家で仕事をしてますねぇ・・・。

仕事の合間に熟女の動画を観たりね、で、ムラムラしちゃったり(笑)。

いいですね、しかし熟女ってのは。

素敵な生き物ですね、熟女。切なくなるほどにいい!(笑)

・・・回数と人数という話、何を想像しました?(笑)

ナニを想像したでしょ?(笑)

セックスの回数、セックスした人数、外の恋の・・・ではない。

ではなくもない(笑)。

アタシのブログをお読みになる方々ってのは、多分おそらく既婚者か、

離婚経験者だと思いますよ、ええ。

少数派で未婚の人ってのもいるかな。

セックスの・・・じゃなくてね、結婚の回数、離婚の回数、外の恋の人数とか。

そういう話ですよ(笑)。

俳優に吉田鋼太郎さんって人がいますね。

吉田さん、結婚4回目なんですね。

今の奥さん、22歳年下だ(笑)。

お笑いタレントの木村祐一さん、チコちゃんの声で有名のキム兄ですけどね、

あの人も今の奥さんは4人目、18歳年下(笑)。

懲り懲りにはならないんでしょうね、結婚が。

次はもっといい、今までよりいい、そう思うからこそ結婚するんでしょうね。

アタシは結婚1回、離婚経験なしですから、再婚の気持ちとか知る由もないんですが、

離婚をするとそのハードルが下がるって話は聞きますよね。

一度離婚すると、ああこんなもんか、と。

どうってことないな、と。

で、二度目も三度目も躊躇が案外ない、すんなり決めちゃうようなね。

懲り懲りではなく、更に今一度となる。

再婚に進む人ってのは外の恋には行かないんでしょうね、きっと。

ある意味で健全(笑)。

アタシはさ、外の恋は一度じゃないし、二度でもないし、三度、四度、五度、

それ以上・・・だったかな(笑)、いや(笑)じゃないって・・・(笑)。

次こそ!最後の!と思っての外の恋だった筈、毎回ね(笑)。

そういう意味では学んでいない、学習能力が低いのかな、同じ轍を踏むというね。

結婚生活は我慢だとも思う部分はありつつも、我慢してこの先何になるとも思うのも

アタシは分かる、分かっているつもり。

外の恋も我慢なしでは成り立たないけどね。

我慢ばかりじゃ楽しくもないし、それもまた事実で。

話は変わりますが、スクールメイツって知ってます?

アタシのブログを読まれる方々、昭和40年代、それ以前世代ならリアルタイムで知ってますよね。

アタシのお気に入り、サカナクション。

こういう惚けたところがハマります。

では、股。

外の恋、その理由

皆さま、お疲れさまです。

アタシです。

ご機嫌いかがですか。

漸く秋らしい気温、空気になってきましたかね、何気にね(笑)。

巷では風邪、それからインフルエンザが流行り始めているとか。

やりましたか、インフルエンザの予防接種。

もう始まってますよね。

アタシはまだなんですけどね、会社の健康保険組合で毎年無料の予防接種。

ありがたい話ですよ、タダなんですから、ええ。

ただし、遅い(笑)。

11月に入ってからですもん、毎年。

受ける前に罹っちまうんじゃないかと心配だ(笑)。

今月もアレですね、今週末から3連休なんですね。

先月は2週続けて3連休だったですよね。

で、意外と認識されていないのが、10月22日ですね。

今年に限って祝日なんですね、22日。

知りません?

自らお調べください(笑)。

さ、外の恋のブログですから、外の恋のことを書きますかね、今日も。

浮気、不倫、婚外恋愛、それを外の恋という言葉に置き換えているアタシですが(笑)、

結婚という制度ができてから、ずーーーーーっと昔からあるんです、外の恋は(笑)。

大昔の人も、嫁以外、旦那以外と関係を持っていたというね、今も昔も男と女ですね。

大昔の人はどんな理由で浮気をしたんでしょうねぇ・・・。

時代背景とか価値観とかね、まったく今と違う訳ですけど、アタシは思います。

案外、理由は大差がないと。

あるアンケートで何故、アナタは浮気をしたいのか・しているのかというのがあります。

この類のアンケートはたくさんありまして、どれもこれも似たような結果なんですね。

順位こそ上下しますけど、上位の理由はそんなに変わりません。

・パートナーへの不満

・パートナーの浮気

・パートナーとのマンネリ化した関係

・セックスレス

・女としての価値確認

・満たされない性欲の相手探し

こんなところが上位にひしめき合う(笑)。

で、実際にね、外の恋をする人って唯一ひとつの理由だけでそれをするのではなくて、

複合的な理由、いくつかの理由が混在して外の恋に向かうんじゃあないですかね。

最早、嫁(旦那)に興味は持てないけれども、女(男)としての存在確認をしたい、

セックスの快感を知らないまま終わりたくない、未開拓の性を知らずに終わりたくない、

人生の最終コーナー前にもう一度は恋愛感情に浸ってみたい・・・とか、とか。

案外シンプルだと思いませんか。

格好つけても仕方ないんだ(笑)。

本能だったり、本質だったり、本音だったりの理由ですもんね。

それは職業や立場など関係ない話なんですよね、実際。

平凡なサラリーマンでも、専業主婦でも、医者でも先生でも、社長でも。

誰でも同じ、皆、外の恋に行き着いてしまう可能性はあるんだということだね。

では、股。

年齢差は世代差

毎度どうも、アタシです。

お元気でしょうか。

アタシは頗る元気です(笑)。

10月ですね。

消費税も10%にね、なりまして。

何ですか、あのキャッシュレスってんですか、現金払いじゃないヤツね。

レジんところで現金を出さずに、スマホを翳して支払うというアレ。

自慢じゃないですけどね、アタシはやったことがない・・・何の自慢?(笑)

やり方がわかんないとか、面倒だとか、そういうアレでもないんですよ。

何れはね、もうそういう流れになっているんでしょうから、

現金払いではなくなる、そういうことになっていくんでしょうね、色々と。

ある人のブログで見かけた話ですけど、不倫相手とホテルに行き、

クレジットカードかスマホ決済でホテル代を支払う、そんなことがあったと。

フロントに電話して現金払いにしてもらったという話なんですけど、

アタシはその気持ちわかるなぁ(笑)。

証拠隠滅、そのことだけですよ、現金払いにしたいのは(笑)。

クレジットカード、スマホ決済、記録がね、残りますから。

いや、奥さんとかさ、その記録を万が一にも見るようなことがあったら・・・。

そんなことはないよ、万が一なんかないからこそ、万が一なんだ・・・とは思うけど、

リスクなんですよ、やっぱりね。

アタシもきっと現金払い、これまで現金払い以外でホテルに籠ったことはない(笑)。

この先もできる限り、そうしたいと、こう思う訳ですね。

・・・んーと、どうでもいい話を長々書いておりますが(笑)。

TOKIOのリーダー、城島 茂さんね、結婚しましたね。

あ、話は毎度のことながら急に変わります(笑)。

お相手、24歳年下ですってねぇ・・・48歳の城島さんのちょうど半分。

親子ですかね、よくある年齢差で言えば(笑)。

で、24歳差ともなれば、義理の親の年齢が自分より年下というね、やはり。

意味もなく自分の身に置き換えてみますと(笑)、

24歳年下ったらね・・・30代前半だね。

アタシの愛してやまない熟女というカテゴリーには入りそうで入らない、

入りかけの手前、みたいなね(笑)。

ウチの会社に30代中頃の人妻社員・独身女子、何人もいますけど

いやぁ・・・やっぱり若いよね(笑)。

年齢もさることながら、生きてきた時代、見てきた世の中、体験した生き方とかね、

24歳も差があればどうしたって違いますからね。

価値観が合うから年齢差は気になりません、なんて話もよくありますけど。

価値観だけじゃあないんですよ、必要なのは。

憂いとか草臥れた姿とかね、苦労を重ねて辿り着いた今があるみたいな(笑)、

熟女ならではの存在意義ってのがあるんだなぁ。

また別の人の不倫ブログの話ですけど、20代、30代の頃はポイントカードや

メンバーカードの類が長財布の中に何枚も何枚もあったけれど、

今となっては(今が何歳だか想像するしかないですが)病院の診察券、

次回の診察予約カードだらけだと(笑)。

段差も何もない道でいきなり躓いて派手に転んで膝から流血した(笑)。

そんなことが書いてありました。

本当にわかる、実にわかる!そして愛しい!(笑)

久々に逢った不倫相手と、溜まりに溜まった性欲を一気に満たそうと、

ついつい無理な体位で激しいセックスに挑み、

挙句の果てに股関節が痛くなり、足を引き摺りながら家に帰ったとかね、もうホントに分かる!(笑)

新たに整形外科の診察券が増えたらしいです(笑)。

何だか脈絡がない話を書いているだけになってしまいましたが(笑)、

カラダを大切に、キャッシュレスには充分に注意しながら外の恋を楽しみましょう。

では、股。