FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

その時々の選択の中で

秋雨前線、停滞中ですねぇ・・・。

何気に梅雨のような蒸し暑さに、朝から無駄に汗が滲みます(笑)。

皆さま、ご機嫌いかがですか、アタシです。

8月も残り僅かとなりました。

9月、季節は夏から秋へとね、移っていく訳ですね。

いい季節に向かいますよ、秋。

ふらっと旅に出たくなるような(笑)。

んー・・・話は変わりますが、いきなり(笑)。

人生は選択の連続だ、なんてことを昔から言いますね。

すべて、選んでいく。すべてが選択だ、と。

今日の昼ごはん、何にしようか。何処で食べようか、これも選択ですもんね(笑)。

選択イコール決断でもあります。

アタシは五十路真っ只中、振り返りますと確かに選択と決断の連続でした。

外の恋、これもね、選択ですよ、間違いなく選択だ。

この人妻熟女とお付き合いしよう!・・・選択です。

相手にもね、アタシとお付き合いしよう!という決断、選択があったんですよね。

お付き合いをやめよう、終わりにしよう。これも選択。

選択には判断が伴います。

直感的に決められることもあれば、悩みに悩んで、漸く決めることも。

でね、選択には結果が伴う訳で、結果を見て、感じて、失敗だったなぁ、と。

これもありますよね、誰しもね。

正しい選択をしたと思ったけれども、全然そうではなかった。

間違った選択だったかな、と後悔したら、実はそうでもなかった、とか(笑)。

わからないものです。

人生、人それぞれにその時々の立ち位置、ライフステージがあるじゃあないですか。

外の恋も、いつどういうタイミングで、どういう相手と知り合うか、出逢うか。

これこそ運命だと思いますよ。

出逢う順番が違っていたら、また違う人生だったかも、なんて想像をしたりね(笑)。

昔話をしますが、嘗てDV夫に悩まされていた人妻とお付き合いしました。

40歳になる少し前に初婚、幸せな夫婦、明るい家庭を描いたけれども、

儚く夢砕け散り、暴力を受ける日々の中で、アタシと出逢いました。

もう結婚は懲り懲り、離婚して、一人でノンビリと自由に生きていく、

猫1匹飼って、恋人1人いればそれで十分、と。

アタシは既婚者、彼女も既婚者。

アタシは外の恋を楽しむ考え、彼女も同じく。

ただ、違ったのは、彼女は離婚したい、必ず離婚するという目標はあった。

今、その彼女は再婚しました。

アタシと別れて数年経ちますが、彼女も五十路、気ままなひとり暮らしではなく、

離婚して再婚を選んだという話。

想像の域を出ないことですけど、この先を一人で生きていくことへの不安や、

この先を二人で生きていくことに夢と希望を抱けたからだと思います。

アタシと別れ、旦那と離婚して得た選択の結果、ですねぇ・・・。

良かったと思います。

四十路には四十路の思うこと、考えることがあり、五十路には五十路なりの理屈や

思いや、諸々ある訳です(笑)。

六十路にはきっと六十路のそれがある・・・んでしょうね、未体験ゾーンですが(笑)。

いつまで外の恋をするんだろう・・・なんてね、ふと思うことがあります。

いつまで・・・さて、どうなるんでしょう(笑)。

では、股。

スポンサーサイト



外の恋も幻想

毎度、皆さま、アタシです。

気が付けば、秋の虫が鳴き始めましたね。

で、朝も涼しい・・・朝だけはですが(笑)。

今週末で8月もオシマイですもんね、そりゃあ涼しくもならないと。

お元気ですか、皆さま。

アタシは元気、飯も旨いし酒も旨い、呑み過ぎて下痢もします(笑)。

いい歳して、懲りませんね、反省を直ぐに忘れるというね。

程々に食べ、程々に呑み・・・時々それが過ぎてしまう(笑)。

夏が終わる頃に、今度は秋バテなんてのがあるらしいですから、

身体を大切に、労わりましょう。

さて、そんな訳で、今日もどうでもいいことをツラツラと書きますが、

んー・・・幻滅って言葉がありますね、幻滅。

辞書で意味を調べますと(笑)、調べなくてもいいんですが(笑)、

【期待していたことや、思い描いていたことが、何かがきっかけとなって

現実とは違っていることがわかり、がっかりする】という意味です。

ありますよね、人生の中で一度や二度、いや三度や四度や五度くらいの幻滅(笑)。

こと、人間関係での幻滅・・・最たるものが嫁や旦那だ(笑)。

いや、スミマセン。

嫁や旦那に幻滅など微塵もしちゃいないよ、という幸せな人もいますね。

アタシは嫁に幻滅はしちゃいませんけど、女としての興味はゼロだ。

25年以上夫婦をしてきてさ、人生を共にする相手ではあるけれども、

まぁ何て言いますかねぇ・・・家族ですね、つまり(笑)。

・・・話が脱線しかかっておりますので、軌道修正します!(笑)

幻滅ですね、幻滅。

こんな人だとは思わなかった、まさか、こんな感じだとは・・・。

恋人、既婚での相手、外の恋の相手にもね、こういう事はあるでしょう。

幻滅に至る理由は幻想があるから、ですねぇ・・・。

意味を調べますと(笑)【現実にはない出来事をあたかもあるかのように、

思い描くこと。また、その想念】

まぁアレですよね、思い込みってヤツですよね。

いいように解釈し、いいように想像し、希望に沿うように思い描く。

旦那に幻滅して、諸事情、紆余曲折あって、その答えを外の恋という手段に求めて、

逢ってみて、逢った端から幻滅しちゃったりね(笑)。

二度三度と逢う中で、段々と幻想から目が覚めるとかさ。

コレね、仕方ないんだと思いますよ、ええ。

だって結果ですもん。

そうしてみて初めてわかる結果ですから。

じゃあ、そもそも幻想などするな・・・というのも無理な話で。

皆、思い描くじゃあないですか。で、その思い描く時間も外の恋の一部ですし。

幻滅したら仕方ない。

幻滅しないかもしれないし、するかもしれないし、許容の範囲内かもしれないし(笑)。

家の中で我慢して、外の恋でも我慢などする意味はないでしょう。

ただ、アタシが思うのは、期待も程々に、まぁこんなものだよな、という気持ちね。

で、仮にお互いに幻想を砕かれても、誰のせいでもないよね、ということかな。

そういうこともあるよね、という気持ちは持たないとシンドイと思う。

では、股。

劣化も味わい

9連休明けまして、本日より仕事のアタシです。

8月の9日に帰宅して玄関で革靴を脱いで以来の、丸々9日間ぶりに

革靴を履いた訳ですが(笑)、まぁ窮屈な履物ですね、革靴って。

30年以上、スーツに革靴で働いている訳ですが、たった9日の休みだけで

革靴が面倒になる、スーツが鬱陶しいと感じる・・・加齢ですか(笑)。

いや、猛暑の夏ですからね、Tシャツに短パン、サンダルってな生活をしますから、

そりゃあもうね、スーツに革靴と真逆ですし。

人間、楽な方、楽な方へと靡き、流されていくものですよ、ええ。

んー・・・まぁ何はともあれ仕事に戻りまして。

家に居て嫁と顔を合わせ、やたらと合わせ(笑)、家事手伝いみたいなことを

連日やるより、スーツに革靴でも仕事の方が断然いい、とてもいい!(笑)

前置きが長くなりましたが、皆さまお元気ですかね。

アタシですよ(笑)。

アタシんところの会社の何名か、夏バテで連休明け早々に早退したり、

夏風邪で10連休目に突入したヤツも2人ほどいます(笑)。

今日あたりは少しばかり気温もね、ひと頃に比べたら下がりましたんで、

過ごしやすくなったかな、とは思いますが。

これからまだ残暑が続くって話ですし、体調管理をくれぐれも万全に、

どうぞご自愛ください。

えーと・・・(笑)。

9連休中、普段は家に居ない時間帯に家に居て、

観たくもないのに何となくTVを付けて、観るともなく観ている、

そんな日が何日かありました。

久々に目にする女優さんとかね、タレントさんとか、

懐かしい人だ、まだ生きてたんだ(笑)、とかね、思いました。

顔かたちが変わったなぁ・・・変わり果てたなぁ・・・年取ったわ、とか。

そう感じる一方で、コレ完全に顔面を弄ってるね、整形したね、というね(笑)。

ありますでしょ、明らかにわかるのが。

アレは何ですかねぇ・・・年齢不相応な肌の艶、輝き、しわのなさ(笑)、

首筋には縦にしわが走っているのに、顔面だけ突っ張ったように張り詰めている(笑)。

誰か止める人いないんでしょうかね、周囲に。

オカシイから止しなさい、お止めなさい、と(笑)。

見せる仕事、それが商売だから若々しくしていなきゃならないのは分かるんですけどさ。

不自然は見る側に妙な圧を与えませんかね、アタシはそう思えちゃう。

お金があるからできる美容整形でもある訳ですが。

アタシは熟女好きってことはね、このブログの始まりの始まりから書き連ねております。

熟女は女子高生や女子大生、若いOLではない、当たり前ですが(笑)。

草臥れているんですね、内面も外見も、それなりに。

熟女の熟女たる所以、それを表すキーワードは垂れるということ。

すべて垂れます、垂れ下がります(笑)。

瞼、垂れますね。頬、垂れ下がる。

大小それぞれにしてもオッパイも垂れる。どんどん垂れる。

巨乳であればあるほど、乳首なんか真下を向いて、終いには垂れたオッパイの内側に(笑)。

下っ腹が出るのは必定ですし、それが横二本線、三本線、いや四本線の段腹に(笑)。

腰肉と尻肉の境界線が不明になる、そして下がった尻肉は弛んだ太腿と一体化する、等々。

いや、貶しているんではない、愛しさ満載にアタシは思うんですよ。

熟女は熟女らしくあってほしい訳、見た目も内面も。

ありのまま勝負しかないでしょう、所詮。

男も劣化、女も劣化、みんな年を重ねるんだ、否が応でも。

熟女モノのAVとかね、アタシは観ますけどね(笑)、

もうシリコン入れたオッパイなんか見せられた日には興醒めですから、ハイ。

いきり立ったチンコもナマコのように萎える(笑)。

つまり何が言いたいのかというとね、劣化も味わい、ということ。

アタシも劣化、アナタも劣化。みんな劣化するんです。

でも、いいじゃん。

それでも外の恋はできますから。

では、股。

続く関係の源

皆さま

お疲れさまです、アタシです。

何を隠そう、何も隠しませんが(笑)、先週の土曜日から9連休です。

5日目ということでね、半分過ぎました(笑)。

いや、もうね、何もしていないに等しいアレですね、夏の長期休暇ですよ。

いつもの土日と何ら変わらない日々を過ごしております。

実に平和・・・平和?(笑)

毎日、嫁の顔を見て、嫁と過ごす時間がやたらと長い、多いというね、プチ拷問だ(笑)。

皆さまはアレですかね、家族で旅行に出かけたり、帰省だったり、はたまた外の恋だったりですかね。

猛烈な台風が明日にも日本上陸というお盆となりますから、予定変更、予定中止というね、

そういう残念な、何とも物悲しい、空しいという人も少なくないんでしょう。

こういうときは予定がない人は全然堪えない(笑)。

何たって堪える対象の予定がないんですから。

外の恋もね、遠距離だったりしますと、こういう誰のせいでもない、どうにもできないことが原因で

待望で千載一遇の予定を反故にしなきゃならない、そんなこともありますねぇ・・・。

アタシも嘗て、そんなことが何回かありました。

同じ回数以上に千載一遇を守り切れた経験もありましたけど(笑)。

やっと逢える、遂に逢える・・・筈が台風で飛行機も新幹線も動かない。

誰のせいでもないんですけどさ、だからこそやり場のない怒りにも似た感情がね、

どうしたって湧き上がるもんですよ、ええ。

台風だ、じゃあ仕方ない、次また・・・と、簡単に予定をリスケできる人達ばかりじゃないもんね。

もしかしたら、もう二度と逢えないかもしれない・・・いやホントにね。

そういうことだってあるんだなぁ。

だからね、いちいち面倒なんですよ、外の恋ってね。

バレちゃいけないという、常に抱え込むリスクと背中合わせに、関係を重ねようとする。

台風に限らず、大雪とか、家庭の急な事情とか、それも不可避な。

どうにもならないことが起きるかもしれない、起きないかもしれないけど(笑)。

一度でも厄介ごとや困難が目の前に立ちはだかると、もう外の恋そのものへの思いや

エネルギーが一気に萎む人、います。

面倒臭い、何もそこまでする意味も理由もないんじゃないか、なんてことをね、思っちゃう。

一方で、それもこれも凌いで乗り越えて、次も、そのまた次もデートを繰り返していく、

そういう2人もいるじゃあないですか。

その違いはなんでしょうね。

相手への想いの強弱なのか、ただ単に困難や厄介ごとを感じない鈍感さなのか(笑)、

・・・あとは、んー・・・アレかな、外の恋に求めるモノ、外の恋に向かう秘めたエネルギー量かな。

続く関係は偶然ではないと思うけど、何事も継続には努力と我慢はあるのかな、と思います。

最近のお気に入りの曲。

1980年代を彷彿とさせて、アタシら世代にはハマる人、多いみたい。

では、股。

外の恋ブランク

皆さま、お元気でしょうか。

アタシです。

言ったところでどうにもなりませんが(笑)何ですか、この猛暑。

去年も一昨年も、その前もね、夏は暑かったですよ。

このブログにも散々書いてありました(笑)。

が、しかし、今年の夏が更に暑い!・・・気がします(笑)。

もう間もなく、世の中的に夏季休暇、お盆休みってことでね、

アタシんところの会社も9連休に入りますよ、ええ。

な~~~~~~にも予定はありません(笑)。

長い休みもね、夫婦にとってハッピーな事だとは限りませんから、ホントに。

9連休、如何に嫁と付かず離れずの絶妙な距離感を保つか、大きなテーマです(笑)。

んー・・・しかし、アレですね、暑いですよ(笑)。

こうも猛烈に暑いと、何もやる気が出ませんな。

外の出るのに覚悟と決意が必要ですから(笑)。

下手したら死んじゃうというね、いやホントに。

まだまだこの暑さ、続くようですから、皆さま、どうかご自愛ください。

んー・・・とね、話はいきなり変わりますが(笑)。

アタシのやっているTwitter。

久々に呟いた人妻がいました。

終わらせた彼に3年ぶりに逢ってしまった、と。

終わらせたのは不倫関係で、彼というのは他所の人の旦那さん。

説明するまでもないですか(笑)。

この人妻が前回呟いたのは3年前で、その時の呟きの内容というのが、

彼とオシマイ、お疲れさま、というような内容だったんです。

久々に呟いた内容が赤裸々に語り尽くされている訳ではないので(笑)、

断片的な情報での話になりますが、この3年間は完全に女を忘れていましたと。

母親で妻、妻と言っても旦那さんと同居するだけの存在として、

平凡に平たんに、何のトキメキも心揺さぶられる出来事もなく過ごしたと。

もう二度と不倫はしないんだろうな、きっと・・・と思って過ごした3年。

何故、どのような流れで3年前に終わらせた彼との再会に至ったのか、

それは分からないんですけどさ。

ただ、再会して話をして、別れ間際にキスをされた、と。

その瞬間に女の自分を呼び起こされたと感じた、ハッキリと。

また始まってしまうのか、始まってしまうのか・・・と書いてありました。

・・・珍しい話じゃないですね(笑)。

不倫のよりが戻る話、意外とある気がします・・・数えれた訳じゃないけど(笑)。

どういう別れ方、終わり方をしたのか、その理由とかね、それにも依りますよね。

もう二度と、コイツとは真っ平御免だ!という怒り心頭な、恨みつらみ満載の

別れ方をしていたら、偶然の再会はあったとしても再開はないでしょう。

致し方なく終わりにした、優先すべき事情があって一旦終了、そんな場合はね、

状況が変われば、つまり障壁がなくなれば・・・ですよね。

過去の相手と再びというのは、何であろうと絶対にない、しない、という

外の恋ポリシーをお持ちの方もいますね(笑)。

あくまでも新規、新しい相手限定という。

アタシはそのこだわりといいますか、よりが戻ったという関係を

否定するものじゃあなくて、かと言って積極推進するものでもなく(笑)。

ただ、結果的によりが戻った経験はないんですけどね。

記憶に残る素敵な思い出の数々を共にした人妻熟女の方々を

思い起こすこと、これはありますね、何度となく。

いい垂れ尻だったな、乳首の色つや形が最高だったな、三段腹が波打ってたな、とかね(笑)。

可愛い声で悶えられず、野太い雄叫びでイキ捲ってたな、とかさ(笑)。

・・・いや、失礼いたしました(笑)。

まぁ何て言いますかね、物事タイミングですよね。

お腹が空いていなけりゃ、どんな美味しい料理でも欲しくない。

飢えていれば、どんなものでも食らい付く(笑)。

外の恋をしたいと思って、その中で何にせよ出逢いがあれば始まるものでしょう。

したいと思っていなければ、まず行動がないですから、何も起きようがない。

かと言って、ハンターのように狩りに出掛けても長く収穫なし!だってありますよね。

では、股。