FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

外の恋と金銭感覚

9月最終日、台風に翻弄される日曜となりましたね。

アタシの住む千葉はまだ小雨が降ったり止んだり程度ですけどね、

夜~夜中ですかね、影響が出るかもしれないのは。

首都圏のJRも全面運休を早々と決めましたし、今日はもうアレですね、外出はNGで(笑)。

まさか外の恋のデートの人・・・います?(笑)

いや、近いエリアに住む同士なら何ら問題もないんでしょうけど。

新幹線も止まりましたよね、既に。飛行機も飛びません。

行ったまま、帰れませんよ!(笑)

んー・・・話は変わりますが(笑)、世の中にはお金持ちって人がいますね。

富裕層とか億万長者とかね、呼ばれ方は色々あります。

アタシは逆立ちしてもお金持ちじゃあありません(笑)。

富裕層でも億万長者でもない、全くない(笑)。

ただ、知り合いにはいます、大勢のお金持ちが。

お金持ちには2種類あると思いまして、金使いが派手な人とケチな人(笑)。

やたらと奢りたがる人、呑みに行ってもここは俺が出す、いいから!俺が出すから!と

他の人に一銭も出させない、ある意味で周りからしたらありがたいヤツがいたりね(笑)。

かと思うと、10円単位まで割り勘にしないとダメなお金持ちもいるんです(笑)。

もっとひどいのがいて、支払いの時に長々トイレに籠る、出てこない(笑)。

自分の金は使いたくないお金持ちもいるんですねぇ・・・。

外の恋でもお金持ちの人がいますよね。

デート代、全部出す!交通費も出す!・・・いるんですって、こういう人が(笑)。

全部出された相手側にしてみたら、どういう感じなんでしょうかねぇ・・・。

お金出さずに楽しめてラッキー!・・・ですかね(笑)。

何だかお金で囲われたような、愛人契約を暗黙の裡に結んでしまっているような、

そんな気がしてきやしませんかね。

もしも、もしもアタシが大金持ちだとしてね、もう使いきれないほどのお金があったとしてもさ、

外の恋にかかるお金は全部奢り!・・・にはならないだろうなぁ。

いや、いいんですよ、例えばねご飯食べました、2人で7000円です、と。

今日はアタシが出すよ!次回は割り勘で・・・こんなことはあるでしょうね、きっとね。

ただ、相手に一銭も出させないというのはね、やっぱり違和感しかないですよ。

自分の意思でデートをしていることを否定してしまうような、そんな気がしませんか。

派手に使いたがる人も苦手ですねぇ・・・アタシは(笑)。

お金の使い方って人柄と言いますか、人格が出ますもんね。

せこいのもそう、細かいのもそう(笑)。

高級ホテルの高層階でディナー・・・これもアタシには無理(笑)。

狭い居酒屋のカウンターとか、立ち飲みとかね、ダメですかね(笑)。

ダメですかね、じゃなくて、そういう価値観を無理なく共有できる人が、

振り返りますに、アタシがお付き合いしてきた人妻熟女でした、ハイ。

庶民・・・ですね、要は(笑)。

何処にでもいるようなね。

そういう金銭感覚の一致はかなり大事かと思います。

スポンサーサイト



外の恋、心配性

晴れましたね~!

晴れてませんか、皆さまのいる場所は。

いや、海外は知らない(笑)。

日本で今日晴れていないのは台風が接近中の沖縄方面だけじゃあないですかね。

皆さま、ご機嫌いかがですか、アタシです。

今朝は久々に朝日を見ました。眩しいんですねぇ・・・朝日って(笑)。

この9月、合計で25日近く雨降りだったらしいですから、ええ。

コインランドリーは大儲けだったという話です、今月(笑)。

で、アレですね、台風ですけど。

本州の形に沿って進むんじゃないかと、こういう予報じゃあないですか。

しかもこの土、日、月と。

10月1日、内定式です。ウチの娘もそうだ(笑)。

やるんですかね、できるんでしょうか・・・果たして。

ウチの嫁は昨日の晩、内定式を控える娘にアレコレと喋りかけておりました。

【台風が来るから、予定通りにやるのかどうなのか、会社に聞きなさい】

【やらないならいつに延期なのか、先に自分の予定をチェックしておきなさい】

【○月○日は予定があったでしょ、その日に順延なら予定を変更するように】

・・・傍から聞いていて、実にくどい(笑)。

というか、半ば大きなお世話にさえ聞こえてきますからね、ええ(笑)。

本人は生返事(笑)。

で、その態度に嫁がイライラしてくるというね(笑)。

んー・・・アレですかね、性格なんでしょうけど、主婦、特に40代以降の人は

心配性の傾向、ないですかね・・・ありません?ないです?(笑)

中にはね、それこそズボラな人もいますでしょうけどね。

アタシの歴代・・・歴代ってのも変なアレですけど(笑)、お付き合いした人妻熟女の方々、

殆どの人が【心配性】でした。

いや、そのまんま心配性という意味でもあり、そうではなくよく気が付くとか、

先々のことまで段取りが早いとかね、そういう意味での抜かりなさ、も含めて(笑)。

女性ならでは、なのかもしれないですけどね、特に人妻熟女はね。

外の恋などリスクの塊ですから、慎重になる、心を配る・・・心配するのは

当然と言えば当然です。逆にそうじゃなきゃ心配だ(笑)。

ただ、あらぬことまで心配する人っているじゃあないですか。

もうね、ありとあらゆることを心配する(笑)。

デート中に大地震が来たらどうしよう、とか(笑)。

ありもしないようなことまで想像して、心を重たくしてしまうようなね。

誰が言ったか忘れましたが、心配事ってのは今のことではなく、

この先の事なんだと。

つまり、未来に向けて心を乱している状態が心配するという行為で、

で、実は心配事の9割以上は実際に起きない、起きても大したことない、

そういう話でした。

そんなことはない!という意見もありそうですが(笑)。

でもね、実際にありますよね、心配して損したこと、一度や二度や三度や四度(笑)。

杞憂とか取り越し苦労という言葉があるように。

備えは大切ですけどね、ええ。それはアタシも思う。

台風が来るってのに、何の準備もしないのはバカだ(笑)。

でも、心配し過ぎてもいけません。

これまで何とかなってきたように、この先も何とかなるもんでしょう。

何ともならないかもしれないけど、多分何とかなるように出来ていると思う(笑)。

数多いる同類、或いはお仲間

3連休、明けました。

2週続けて、土日月と3連休。

アタシは昨日休日出勤しましたんで、アレですけどね(笑)。

皆さま、ご機嫌いかがでしょうか。

遠出などされて、グッタリお疲れの3連休明けの人もいますかね。

アタシは土曜が実家の墓参り、日曜が嫁の実家の墓参り、でした。

日曜はね、高速道路を走って少し遠くにある場所だったんですね。

高速道路を走ったことがある人は分かると思いますが、インターチェンジ付近ね、

どうしてラブホテルが軒を連ねるんでしょうね(笑)。

必ずありますでしょ、インター近くにド派手なネオンと看板で手招きするように立つラブホテル(笑)。

日曜の高速道路、まぁ大渋滞でして。

中々前に進まない、進まない中、インターチェンジに差し掛かり左右を見上げればラブホ。

・・・いや、行きませんよ(笑)。

同乗者は嫁ですから!(笑)

いや、しかしね、真昼間だってのに、満室ランプが点いてたりする訳ですよ。

これはもうアレですかね、渋滞でお疲れの皆さま、是非いらっしゃい!的な流れですか(笑)。

渋滞が渡りに船的なヤツもいたりしてね(笑)。

昨日は休日出勤だった訳ですが、アタシんところの会社近くにラブホがあるんですね。

で、ですね、アタシは休日出勤という中、堂々とラブホに出入りする中年男女ね(笑)。

夫婦なのか、不倫なのか、多分不倫でしょうけど(笑)、まぁ秋分の日、その振り替え休日も

ラブホは繁盛してますね・・・シミジミ思いました。

アタシもこうして長々所謂不倫ブログを書いている訳ですが、同じように不倫ブログを書く人、

数えようもないんですが(笑)、果てしない数ですね。

数十万件あるんじゃあないでしょうか(笑)。

その全員が不倫、外の恋関係者・・・なのかどうかは別として、

ブログを書かない外の恋の人もいますからね。

既婚者のどれくらいが不倫、外の恋の経験者・実践者なのか、気になりますねぇ(笑)。

数えようもないんですが(笑)。

色んな切り口、テーマで以て書かれているんですけどね、皆さん。

共通していることは当然ながら秘密の関係性、誰にも言えない話、なんですよね。

なので、書く。書き連ねて自分で自分を確認する、みたいなね。

読み手の側は他所の人のやり方、在り方を知って安心したり、納得したりする。

そういう目には見えないけれども相互関係があるのが不倫ジャンルのブログですかね。

そういう意味では互助会のような(笑)、全員共犯者のような(笑)、妙な仲間意識とかね(笑)。

価値も意義もないかもしれませんが・・・と思いつつ、今日も書いてしまいましたね(笑)。

外の恋だからこそ話すという話

皆さま、アタシです。

暦では3連休、アタシんところの会社もね、先週に引き続き3連休です。

3連休初日、アタシは早朝より成田空港へ行き、異国の地へ・・・行きません(笑)。

オヤジの墓参りに行きました。

隣の県ですけどね、クルマで30分かかりません。

明日・・・嫁の実家の墓参りです(笑)・・・いや、何で(笑)?・・・(笑)

コレは少し遠くてですね、ええ。高速道路を使いますね、明日は。

で、3連休最終日は・・・休日出勤です、ありがとうございます!(笑)

墓参り2連発でも休日は休日ですからね、問題ありませんよ、ええ。

今日は午前中にオヤジの墓参り、その足で日用品の買い出しとなりまして、

アタシは買い物要員ですね(笑)。

共同生活者とも言うべき嫁には感謝しておりますんで、ホントに。

大切な家族です、セックスはできない、したくない相手ですが(笑)。

夫婦の会話、ありますよ。

家庭内別居などウチにはありません・・・今のところ(笑)。

色々と話をします、日々。

イラっとすること多々ありますけどね、話が長い、くどい、細かい、意味不明で(笑)。

まぁでもね、ホントに感謝の気持ち、あるんです。

ありがたいと思います。

昔から・・・外の恋を始めた頃からそれは変わっていないと思うんです。

アタシは嫁を女として見ることができないという話ですね、要は。

ですから、女という存在は外で(笑)。

人妻熟女限定で他所の人の奥さんと外の恋をしてきた訳ですね。

アタシの嫁と同年齢、5歳も10歳も年下、何人もいました。

アタシより年上の人妻熟女とお付き合いしたこと、人生の先輩ですよね、

何度かありました。

んー・・・外の恋は浮気だ、不倫だ、遊びだ、という意見や考え方がありますね。

概念なんて人それぞれ、どうでもいいと言えばその通りです。

浮気相手に何を真面目に話をする必要があるという人、考えの持ち主もいます。

浮気相手でも心を通じる相手だから、彼是と深い話をするのがいい、当然という人も。

外の恋の相手に対して、何を何処まで話すべきか、知らせるべきか、という分かれ目ですかね。

所詮浮気相手、後腐れのない大人の遊び、だから何もそんなにアレもコレも話す必要がない・・・

確かにその考え方はあるのかもしれないですよねぇ・・・。

お互いに家族持ち、家庭がある中で、リスク覚悟で身も心も繋がろうという意味で、

お互いの事は勿論、家の事、家族の事、仕事の事、何もかもを話すのがいいという考えもあり。

それはね、お互いの完全無防備と言えるセックスの合間に、あの密室のホテルの部屋で

全裸で抱き合う、その合間に交わされる他愛もない会話の中の一部分だったりね、しますね。

お互いのことを話さないルールで成り立つ外の恋もあり、

ルールではないけれども、割と何でも話す外の恋もあり。

アタシは多分後者(笑)。

外の恋で復縁する人、しない人

今日は水曜日なんですよね・・・あ、アタシです(笑)。

3連休明け、昨日は月曜気分の火曜日でした(笑)。

今週はそういう意味で早いですね、実際。

明日はもう木曜ですからね、ええ。

で、明後日は金曜だ・・・それがどうしたって話ですけど(笑)。

で、また土日月と3連休でしょ。

来週の今頃も同じような気分でいる気がします(笑)。

んー・・・アレですね、今日は復縁というテーマで書いてみますかね。

もちろん、外の恋のことです(笑)。

一度別れた相手と再びよりを戻す、これを復縁と言いますね。

離婚して同じ相手と再婚した、なんて人もいるらしいですが(笑)、

じゃあ何で別れちまったんだよ、と問いたくなりますね。

やんごとなき理由で引き裂かれた二人が困難を乗り越えて再び、とかですかねぇ・・・。

外の恋、これは不倫ですから(笑)、結婚も離婚もないんですが(笑)、

ただ、男女の肉体関係ですんで、ええ。

お付き合いをする訳で。

始まりがあれば終わりがあり、何らかの理由でピリオドを打つ訳ですね。

アタシもこれまでピリオドを打つこと、数回(笑)。

いや数十回なんてありませんよ、外の恋のピリオド(笑)。

そして、アタシは外の恋の復縁ってのは未体験です。

ある人のブログで、不倫相手と復縁した話が書いてありました。

既婚であれ未婚であれ、復縁にはいろんな要素、理由があるんでしょうけど、

その人の場合はね、結局この人(別れた不倫相手)よりいいと思える人は

いないんだ、今後も出逢えないんだ、という気持ちに思い至ったことが、

復縁へのスタートになっているんですね。

別れてみて、他の人と不倫をしてみて、そして思ったんですねぇ・・・。

もう一度、あの人とよりを戻したい、と。

復縁・・・外の恋の。

どうなんでしょうね、良し悪しではなく。

アタシは先ほど書いた通り、外の恋で復縁経験なし、です。

それはね、意志をもってそう決めている・・・訳でもないけど(笑)、

戻るより前に進め!という気持ち、スタンスは常にありました。

過去の相手を記憶の中で思い起こせば、懐かしさや想い出の数々、

そりゃあ、あります。

誰しもあるもんですよね、外の恋を経験した人ならば(笑)。

想い出は美化もされますし、いいことばかりを記憶する傾向がありますからね、人は(笑)。

別れた相手をその先、何年も何年も忘れられずにいるという人もいて、

もう他の誰かと外の恋などしない、したくない、という人もいる。

復縁のチャンスなり、きっかけがあったら、きっとよりを戻すんでしょうね。

それをする価値観、選択することがその人のベストであればそれがいいですね。

アタシはそうしない、そうしないで今に至る(笑)。

思い起こすことはあります、過去の相手をね。

思うことは、何処にいても幸せに元気にいてくれたら、という事だけですね。

匂わせたい、匂わせない

毎度どうも、アタシです。

3連休、おかげさまで休日出勤もなく残念な気持ちです(笑)、いや嘘ですけどね。

天気がスッキリしない9月、ほとんど晴れていないんですね、関東地方。

3連休最終日、朝から青空で、これは有効に使おう!ということで自転車に乗って

遠出してきました、ハイ。

いや、写真はありません(笑)。

秋の空、風をしっかりと体感しつつ、でも森の中からは、まだツクツクボウシやミンミンゼミの

合唱も聞こえてくるんですね。季節の移ろう時期、タイミングですね。

今日は真夏日になったということで、まだまだ日焼けしますねぇ・・・。

日焼け止めを塗りましたけど、汗で流れ落ちる、落ちる、落ちる(笑)。

何となくね、何となく・・・自分の汗が臭うんじゃあないかと、自転車で走りながら

そんな感覚を覚えました・・・多分事実そうなんでしょう(笑)。

世の中、消臭ブームと言いますか、匂いに敏感になってますよね。

敏感というか、過敏、ですかね(笑)。

4時間ほど自転車で走って、昼過ぎに帰宅しまして、着ていた物、一式洗濯機へ。

自分で洗いますよ、アタシは(笑)。

いや、平日のねワイシャツとか靴下とか、肌着とかね、それは嫁が洗濯しますけど、

週末のスポーツジムとかゴルフとか、今日のように自転車とかね、その類は

自分で洗濯機を回すことが多いです、自発的に(笑)。

スポーツでかいた汗、油汚れ、泥汚れって頑固ですよね、特に中高年以降のそれは(笑)。

何たって加齢臭という言葉がある位ですからね。

平日、仕事から帰ってスーツを脱ぎ、ワイシャツ、肌着を脱ぐときに、

妙に緊張することがありますね、アタシは。

それは外の恋のデートをした日、限定ですけど(笑)。

数時間前まで他所の人の奥さんと肉体を絡ませて、汗まみれ、液まみれだったんです。

勿論、ホテルを出る前にシャワーをね、ボディシャンプーを使って洗います。

これがまた曲者、落とし穴(笑)。

ホテルの、あのボディシャンプーね、アレは匂いがキツイんですよねぇ・・・。

まずもって自宅で使い慣れたその香りではない(笑)。

デートをした相手の匂い、ありますよね。

その人そのものの匂い。

これは家に持ち帰れない、持ち込んじゃあマズイ。

で、ボディシャンプーを使う、使わざるを得ない・・・そしてその匂いが残る(笑)。

アタシのことじゃあありませんが、外の恋のデートの帰り道、どうにもシャンプーの匂いが

気になって仕方ない・・・。

で、どうしたかというと、通勤用のママチャリで激走して汗かいて帰ったという(笑)。

そういうアタシと同世代のオッサンがいたようです(笑)。

女の嗅覚は鋭いですからね、鼻も感覚も。

気を付けます!(笑)

スマホという時限爆弾(笑)

毎度どうも、アタシです。

アレですね、明日から3連休なんですね、しかも2週続けて。

土日月、土日月と3連休が2週続く。

そして9月も末です・・・早いなぁ(笑)。

明日からの3連休はどうも天気が今ひとつスッキリしないようですが、

皆さま、何処へお出かけされるんでしょうか。

アタシは暫く手付かずのままになっている部屋の片づけをしますかね。

もう観ない、観ないのにというか、観ないからなんですかね、

引き出しの奥の奥へ仕舞い込んだ・・・隠しているつもりの熟女AVとかね(笑)。

捨てなきゃ、処分しなきゃと思いつつ、まぁいいや、まだいいや、と。

そんなこんなで、10年以上仕舞い込んだまま・・・です(笑)。

今やんなきゃ、多分またやらないまま、隠されたまんまでしょうね、多分ね。

断捨離じゃあないですけど、不要なものは捨てないとダメですよ、ええ。

まあね、熟女AVがワンサカあるってのは・・・ワンサカ?(笑)、

嫁も知らない筈はなく(笑)、知っていながら何も言わないんでしょうけどね(笑)。

いつかやろう、その内に・・・という手付かずのままの整理整頓。

今週来週の3連休2回を使って、アタシはやります!やりますとも!(笑)

やるには家人がいちゃ困るんですけどね(笑)。

引き出しの奥の奥から引っ張り出してきた懐かしい熟女AVを

捨てる前にちょっと観ておくか、最後に1回だけ・・・なんて事を

しちゃいそうだなぁ・・・で、勿体なくなっちゃって結局捨てないとかね(笑)。

話は変わりますが、先日ウチの会社の女子社員がプライベートのスマホを

失くしたって大騒ぎしておりました。

設定をしておけば失くしたスマホの位置がわかる、ロックもできる、

そういう便利なセキュリティ機能があるので、まぁ無防備に危険な状態でもない。

とは言え、嫌な気分、何とも落ち着かない心持ちですよね。

あのスマホの中には個人情報は勿論、知られたくない数々、

知られたら身の破滅をまねく数々(笑)、ないとは言えない人もいるからね。

アタシ?(笑)

完璧に何があろうとも平気だ!・・・とは言えないよなぁ・・・(笑)。

50も半ばのオッサンですからね、スマホを完璧に使いこなしている訳じゃあないですね。

便利な機能、設定した方がいい機能、やっているつもり(笑)。

つもりなだけで、実はそうでもない、とかね。

もしもスマホを失くしたら、もしもスマホが壊れたら、もしも・・・

その想定を意外と皆しないんじゃあないですかね、どうでしょう。

まさか、そんなことが自分には起きない、自分は大丈夫という根拠なき自信(笑)。

失くしたときに慌てるんですよね、大抵。

で、誰に拾われるか、その恐怖ね(笑)。

見ず知らずの善良な市民ならいいんです。

悪意ある人、いないとは限らないですから。

最悪なのは、嫁(旦那)に発見される、拾われることですかね(笑)。

スマホの画面にどんな文字、着信、受信歴が浮き出されているか・・・

考えただけでゾッとする人、いますよね?(笑)

落とさなきゃいい、失くさなきゃいい。

その通りなんですけどね、でもやはりリスク管理は予め、ですね。

手帳の季節

何気に秋めいてきた感じがしますね。

あの灼熱の日々、アスファルトが溶けるような猛暑の日々の記憶が

少しばかり薄れてきたような、そうでもないような(笑)。

皆さま、お疲れさまです、アタシです。

アタシは時間があると本屋に立ち寄る習性・・・いや習慣がありまして(笑)。

今日もね、営業で移動する合間に大きな本屋に立ち寄りました。

いつもは新刊とかね、話題の本とかが積まれているコーナーの一角が

2019年ダイアリー売り場に様変わりしていました。

今週からなんですかね、来年の手帳を売り始めたのは。

と言いますか、年中ありますよね、手帳売り場って。

今更2018年の手帳を買うってヤツがいるんですかね(笑)。

いや、いたっていいんですけどね(笑)。

今年使っている手帳、去年と同じ手帳なんですが、外カバーの色がね

2年連続で同じだったんですね。

いや、好きな色なんで構わないんですが、3年連続で同じ色はないかな、と

秘かに思っていたんです・・・今日まで(笑)。

今日、その本屋の2019年ダイアリー売り場で見つけたアタシの愛用の手帳、

来年も同じ色の外カバーでした(笑)。

中身も全く同じ、違うのは2019年の365日が並んでいるだけ(笑)。

いやぁ・・・どうなんですかね。

人気があるから変えないんですかね。

そろそろ色位変えてもいいんじゃないかと、アタシは思うんですけどねぇ・・・。

去年も秋口に手帳を買いました、確か(笑)。

あれからもう1年が経つんですね、ここでも感じる1年の早さ。

先ほど、去年の手帳、今年の手帳と全く同じデザインで外カバーも同じ色という

去年の手帳をパラパラと捲ってみました。

9月、この時期は何があったかな、何をしていたかな、去年は・・・。

女子プロゴルフの試合を週末3日間、観に行ってましたね。

思い出しました鮮明な記憶で蘇りました。

手帳を開いてみると、あぁこんなことがあった、そうだ、こうだった、

という記憶を呼び戻す記録が記されているんですよね。

記録することで記憶する、記憶に残る。

アタシは人材紹介の仕事をしておりますんで、年間で100人くらいの

転職相談、仕事を変わりたい人の相談を受けるんです。

去年の手帳にも何月何日、誰其れと何時に面談、内容はコレコレ、と

手帳に書いてあります。

雑に書いてあったりしますんで(笑)、自分で書いておきながら判読不能も(笑)。

100人と会ったり、勿論電話だけの人もいますけどね、

不思議なもので記憶に残っている人がいる半面、はて?この人は誰だった???

みたいなね、確かに会っているのに記憶が定かじゃない人もいる。

いや熟女の転職相談だけが記憶に残っているというツッコミは要りません(笑)。

そうじゃあないんですよ、実際(笑)。

記録することであとに残す、忘れない。

記録しなくても記憶に残る、忘れない。

外の恋のこと、同じく仕事で使う手帳に書いてきました、これまでの人生(笑)。

分かりやすいことを書くことはしませんよ(笑)。

万が一、手帳紛失!なんて事がないとは言い切れないでしょ。

生々しいこと、名前とかセックスがどうだったとか、何処で逢ったとか、

そんなことは微塵も書きません!(笑)

記録は証拠でもありますからね。

来年の手帳に話は戻りますが(笑)。

3年連続で変わり映えのしない同じ手帳を買うのか、買うべきなのか。

暫し迷ってみたいと思います。

外の恋の理想と現実の話

アタシん家のエリアは、郊外の住宅地です。

それなりに森も草木もありまして、四季を感じることができますね。

今夜、網戸越しに聞こえてくるのは秋の虫の鳴き声、大合唱です。

来年から社会人の娘は大学生活最後の秋を旅行三昧で、今月は毎週のように旅人(笑)。

いいですよね~いい身分だなぁ(笑)。

今日も何処だか忘れましたけど泊りがけで温泉旅行に行きました。

嫁は寝た(笑)。

二世代住宅に同居するアタシの母親も早寝だ(笑)。

秋の虫の鳴き声を耳にしながら静かに日曜の晩を焼酎と共に、です(笑)。

皆さま、ご機嫌いかがですか。

アタシは今日も元気です。

昼間こそ真夏日でしたけど、今は乾いた涼しい風がスーッと部屋を抜けまして、快適な夜です。

漸く秋になった・・・んですかね(笑)。

いい塩梅にアルコールが回った状態でブログを書くってのもアレですけどね(笑)。

書いてみましょうかね、外の恋のこと。

理想と現実・・・何かと何事にもありますね、理想と現実が。

ワンセットで言うくらいですから、理想と現実ってね。

理想はこう、でも現実はこう、というギャップ。

そういう意味合いでの使われ方ですかね。

結婚が理想と現実のギャップの最たるものだとも言われますが(笑)、

外の恋だって、それはあるんじゃあないですかね、多かれ少なかれ。

外の恋をしたい、しようとするときにね、あるじゃあないですか、思う描くものが。

それはね、見た目の好みを言う場合もあれば、性格とかね、金銭感覚とか、

セックスの相性を含めた人間性、人柄とかね、こうあって欲しいというレベルがあるもんですよ。

理想などない、烏滸がましくてそんなのとてもとても・・・と遠慮がちなスタンスをとる人でもね、

それでも案外あるものですよ、理想形というのは。

で、現実です(笑)。

現実はどうか、どうなのか。

結婚相手がこうだったんだから、外の恋だけは理想を・・・果てしなく理想形に近く。

そう思うのが当たり前で、そうじゃなきゃ夢も希望もないもんね(笑)。

思い通りに、思った通りの相手、まさに理想的な存在・・・でした?(笑)

アタシは思いました、遡って今日に至るまでの外の恋を振り返った時に。

理想など幻でしかないんだ、と。

誤解をされては困るんですが、何でもいい、一切構わないんじゃあないですよ。

理想はあっていい、むしろなきゃダメと思うくらいですから。

ですけどね、ですけど、理想を絶対的価値に置いたら、外の恋などできませんよ、と。

相手を自分の思う通りに変えることなどできないことは結婚生活で学んだでしょう?(笑)

外の恋だって、結局は人間関係、他人と繋がることですからね。

何もかもが一致するわけがない。

付き合いが長くなれば嫌でも見えてくる、見えてきてしまうものがあるんですね。

それが嫌でその外の恋をオシマイにする選択肢を選ぶ人もいるんですけどさ、

次もしもね、また外の恋が始まったとしても理想形じゃあないと思いますよね。

自分を棚に上げて理想ばかりを求めるのも、それこそ烏滸がましいですし。

譲れない線は譲れない、それはわかる。

でも、枝葉末節に拘ってたら始まらない、続かない、ですよ。

妥協せよ、目を瞑れではないんですけどさ、大切にしたいもの以外は緩くしないとね。

で、いいところにフォーカスする癖をつけた方がイイネ。

大人がする外の恋の、大人とは

今週も週末となりました。

9月最初の金曜日、ですね(笑)。

一昨日、六曜でいうところの友引ってことでね、ウチの会社の朝礼で

結婚するヤツの発表がありました。

大安とか、先勝とかね、ありますでしょ、仏滅とか。

おめでたいことは大安にした方がいいとかね、仏滅に大事な買い物はしないとか、

アタシは全~然そんなこと気にしない人間なんですけどね(笑)。

割とね経営者とかオーナーとかね、若い人でも六曜を気にする人は少なくないかな。

んー・・・前置きが長い!(笑)

で、友引でした水曜日は。

年齢は32かな33だったかな、男性社員ですけどね。

この土曜日に結婚します、と。

明日ですね・・・大安だ(笑)。

32、33歳・・・あ、アタシが結婚した年だねぇ・・・と思いました。

あの頃は不倫・・・外の恋などする気配すらなかった・・・と記憶しています(笑)。

それがねぇ・・・そのあと5年、10年、15年、20年と変わらず既婚でいますけどね、

アタシはどっぷりと外の恋の世界に身を置いて来たんですね(笑)。

自分で自分を褒めてあげたい!・・・なんてことは微塵も思いませんが(笑)、

まぁでもね、自分の感情に正直に、真面目に不真面目な事をしてきたんですね。

明日結婚する彼は、この先に外の恋をするんでしょうか・・・そんなの知るか!(笑)

するかもしれないし、しないままに人生を歩んでいくのかもしれないし、

そりゃあわかりませんね。

このブログのタイトル、大人がする外の恋というね、このタイトルはブログ開設以来、

一度も変えていないんですね、ハイ。

つまり、変わっていないんです、スタンスが。

大人・・・大人って何ですかね(笑)。

成人した人・・・確かにね、そうですね。

辞書を開きますと、大人とは十分に成長した人、考え方や態度が十分に成熟していること。

思慮分別があること・・・なんてことで説明がなされています。

そうですね、その通りですね、と、腹落ちします・・・しますね?(笑)

自身のやったことについて、しっかりと自分自身で後始末をするなど、

自分の行動に責任の持てる人のことを指す場合もある・・・との説明もありました、辞書に。

そのまんま外の恋のルールに当て嵌まりそうですね(笑)。

巷では恋愛をすると大人も子供のようになる、場合によっては見境がなくなり、

暴走気味になったり、掟破りな行動に出てしまうこともある、なんてことを言いますね。

外の恋、基本的に前提にあるのはW不倫の立ち位置ですから、

それぞれに配偶者なりがいて、家庭があり、家族がいる。

堂々とできないんですね、ですからどうしても(笑)。

コソコソと隠れてすることばかり、すべてが秘密なんです。

相談もできない、自己完結が常に求められる、本音では欲していることでも、まずは躊躇する。

これはいい、これはダメ、その割合で言えばどうですかねぇ・・・2対8位ですか?(笑)

手枷足枷、多いですもんねー。

遠慮しなきゃいけないこと、山ほどありますもんねー。

そんな面倒臭いことばかりが満載なのに、なのに、外の恋をする、繰り返す、

これは何故なんでしょう・・・と、ふと考えてしまう人、挙手!(笑)

自分のことを男として女として、異性としてありのままに見て認めてほしいという、

そういう欲求が起点なのかも、ですね。

大人であることを求められるんですよ、外の恋はね。

一歩引いたところで俯瞰するようにお互いの関係性を見る余裕とかね、

欲情と情念が渦巻く一方で、距離を保ち熱くなり過ぎないことを心がけるような、

自動ブレーキシステムのようなね(笑)。

それがないと、離婚して再婚しよう!みたいな話に進んでっちゃうんだ(笑)。

いや、それが双方の利害一致ならいいんですけどさ。

変遷と変化に伴走する外の恋

今年はホントに台風の当たり年・・・ということですかね。

もう間もなく四国地方に上陸するとか。

強烈な台風らしいですから、どうか台風の進路とその影響がある地域の皆さま、

外へ出掛けようなんて馬鹿なことはお考えになりませんように(笑)。

今日が千載一遇の外の恋のデートだ!って人もいますかねぇ・・・。

日本国中を探してみたら数知れずたくさんいるんでしょうね、今日がデートだって人。

運がないと思ってください(笑)。

台風に邪魔されるのはアナタの普段の行いが悪い、悪過ぎるからだ(笑)・・・

いや、冗談です、冗談ですって!(笑)

仕方ないじゃあないですか、台風に戦いを挑んでも勝てません。

千載一遇だとしても、次回のチャンスを待ちましょう。

・・・あ、アタシですか?

アタシは仕事ですよ、今日(笑)。

東京で仕事です。台風の進路から遠く離れておりますが、それなりに荒れた天気です。

・・・アタシの普段の行いが悪いからですか?(笑)

んー・・・そんな訳でして、アタシは昨日9月3日に誕生日を迎えてしまいましたとさ(笑)。

オッサンのおとめ座です(笑)。

誕生日は過ぎましたが、お祝いは受け付けておりますんでね、ええ。

あ、気持ちとかそういうのはいいですから、現金のみ、紙幣のみ、絶賛受付中です(笑)。

いや、しかしアレですね。

誕生日なんて最早嬉しくもなんともないですね(笑)。

自分の年齢を再確認して凹む日ですよ、中高年以降になりますと(笑)。

何がおめでとう、だ、バカ野郎!と言いたくなる(笑)。

外の恋もね、誕生日を迎えるたびにあと何回、あと何年、みたいな気持ちになる人が

巷では多いんだそうですよ・・・わかりますねぇ、シミジミと(笑)。

ある人のブログですが、結婚生活30年、W不倫20年という人がいました。

そのW不倫20年というのは一人の相手と、です。

凄いですよね、20年・・・20年ですよ!

書いてはなかったことですけど、20年間にそりゃあ様々あったんでしょうね。

山も谷もね、紆余曲折あったんじゃあないかと想像します・・・勝手に(笑)。

アタシがその人のブログを読んで、なるほどなぁ・・・と思ったことは、

お互いの不倫相手は変わらず同じ人だけれども、お互いの取り巻く環境は少しずつ、

あるいはある時急に、変わる、変わり続けて今に至っている、という言葉。

子供の入学、卒業、就職、転職、子供の結婚、出産、家族や自身の怪我や病気、親の老い・・・

20年間で取り巻く生活がどんどん変わっていく中で、お互いにその変化に対応できた、と。

・・・凄いことだな、と思いました。

もう無理だ、シンドイ、続けられない、そう思ったことがなかったはずはない・・・と思う(笑)。

それでも、この人とだけ続く不倫、外の恋というね、あるんですねぇ・・・。

それは多分、深入りしない、干渉しない、見て見ぬふりもする、だったり、

親身になる、寄り添う、我がことの様に対応する、だったり、その都度の使い分けなんでしょう。

20年続いているのはひとつの在り方、結果でしょうけど、

で、別に長く続けばいいってもんじゃあないよというね、そういう考え方だってあります。

逆に短いサイクルで次々と相手が変わる外の恋がダメでもない、それはひとつの在り方で。

中高年になると、生活の中で区切りやピリオドがあるじゃあないですか。

その時々にいる外の恋の相手の存在の意味ね、理由とか。

ふと、そんなことを考えた昨日の誕生日なのでした、オシマイ(笑)。




外の恋も個人差

9月ですね、9月です。

アタシの住む千葉県、昨日今日と雨模様、強い俄雨が降ったり、雷が鳴り響いたり。

久々に・・・でもないんですかね、雨の日曜日、しかも涼しいんですね。

9月末の気温だとか。

季節がめくるめく動きますね、真夏だったり秋だったり(笑)。

台風も凄いのが来てますよ、大平洋を北上中です。

外の恋のデート予定が台風に邪魔されないか、気が気じゃない人もいるんじゃあないですかね。

アタシは海外からお客様が来る日が、予報では台風上陸の日。

アタシは晴れ男で有名ですけどね(笑)、ですから今回も台風のルートを曲げる!(笑)

んー・・・先週の金曜日は東京は新橋で痛飲しました。

仕事仲間、同じ世代の同業者です・・・あ、オッサンですよ(笑)。

53歳、元がん患者です。

元、というのは直近過ぎる位で、この夏前に手術をしたばかり。

元気に社会復帰した訳で、ですから新橋でしこたま吞める訳ですけどね。

同世代が入院だ、手術だ、何だと耳にすること、増えましたねぇ・・・。

他人事じゃあないなと思いつつも、アタシは自称鉄人ですから(笑)。

酒吞みですけど、程度を弁えている自負、自覚はありますし(笑)、身体に悪いと言われることは

一切しませんよ、ええ。

タバコ?25年前に止めました。

吸いません、一切。

アタシは誓ったんです、吸うのは熟女の乳首だけにしよう、と(笑)。

以来、熟女の乳首専門です(笑)。

中高年と言われる世代になると、なんて言うんですかねぇ・・・老け込むとか若々しいとか

その差が激しいと思いませんか。

もう生気がないと言いますかね、何もかもに草臥れてしまったような人がいれば、

アタシと同世代、年上なのに、元気溌剌、チンコが勃起して仕方ない!人とかね(笑)。

50代で異性に興味がある・なしは、大きな違いらしいですけどね、そう思いますねぇ・・・。

と言いますか、アレですかね、心をときめかせる対象とか気持ちを掴まれるような、

打ち込める対象とかね、その有無・・・ですかね。

30代には30代の、40代には40代の、そして50代にもそれなりの外の恋があると

アタシは思っておりまして。

この1年位ですかね、自分の年齢をやはり意識するようになりました。

チンコ?

勃ちます、勃ちます!果てしなく(笑)。

このブログを書き始めた当時と同じ・・・じゃあないのは間違いないですけどね(笑)。

そこはね、衰えは確かにある、それは認めざるを得ないと言いますか、当然の事ですね。

同世代が病に倒れる、手術、入院、リハビリという知らせを見聞きするたびに

健康で元気でいることがすべての基本で、それがあるから気持ちも気力もね、出るんですよね。

外の恋を楽しめる前提はそういうことじゃあないですかね。

病んでしまってはできないこと、なしえないこと、多分想像以上にあるんだと思う。

外の恋も相手があって成り立つことで、その相手は間違いなく他所の人の配偶者ですから。

踏み込めない、立ち入れない家庭内、プライベートはありますねぇ・・・。

ですから、どうしてもね、どうしても自己管理でお願いするしかないんですね、

身体の事、健康の事。

相手に迷惑かけたい人などいない訳で、お互いに楽しみたいだけですから。