FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

その可能性は・・・

先ほど雨が一頻り降りました。

降りましたが、全然涼しくならないんですねぇ・・・(笑)。

寧ろ、逆に蒸し上がったような(笑)。

昔は・・・昔は、ってのもアレですけどね、夕立とか降りますと、そのあとの時間は

涼しくなりまして、空気が入れ替わると言いますか、過ごしやすくなったもんですね。

今やそんな雨上がりの夕涼み的なのはない、久しくない(笑)。

8月も末です、明日から9月です。

そして来週はまたまた台風が日本に向かってギュ~ン!と曲がってくるらしい。

予報ではそのあとね、台風が過ぎた後から秋らしくなる・・・らしい(笑)。

そろそろホントにね、夏は退散していただいても宜しいと思うのはアタシだけですかね。

んー・・・話はガラリと変わりますが、何の前触れもなく(笑)。

ウソか誠かわかりませんが、出会い系サイトで繋がった相手と会ってみたら、

顔見知りだった・・・という話を聞いたことがあります。

遠くのエリアで相手を探すのは面倒だし、手軽さがないってことでね、自分の生活圏、

地元ですかね、近いところで条件を入れて検索して相手を探したらしい。

で、何度かやり取りして、双方納得の上で一度会いましょう、と。

で、駅だったそうですが、見たことがあるヤツが立っていて(笑)、

ん?・・・は?・・・まさか・・・まさか?!

みたいな感じになり、あの~もしかして・・・と声を掛けたら出会い系の相手が

同じ生活圏内にいる知り合い(顔見知りと書いてありました)だったという(笑)。

こういう経験したこと、あります?(笑)

予めね、そもそも前提として知り合い、顔見知りの相手を選んで不倫をするのとは

結果的には同じに見えますけど、起点は全然違いますよね。

知り合いでいい、顔見知りがいい、とは思っちゃいないんですから(笑)。

近場、近距離で探そうとすると、こういう繋がり方をする、してしまうことがある、望まなくとも。

想像してみました、初めて逢う相手と待ち合わせ場所で初対面・・・してみたら知り合い(笑)。

知り合いにも色々あるんでしょうけどね、色々と。

その種類にもよるんでしょうけど、現れたのがママ友だったとか、いつも行くスーパーの店員だったとか、

習い事先の先生だったとかね、生活圏内の現実生活に絡む人だったら嫌ですよねぇ・・・(笑)。

遠距離ならそんなことが起きる筈はない・・・でもないんでしょうけどね(笑)。

限りなく確率としてはゼロに近いでしょうね。

アタシは何たって、そもそもの知り合いを相手に外の恋をしたことがないですから。

その意味で顔見知りと繋がる確率はゼロ、ですね。

ですが、知り合いの知り合い、そのまた知り合いだった・・・なんてことはね、あるかもね(笑)。

何度も書いたテーマですが、外の恋の遠距離と近距離。

正解・不正解はないんです。

良し悪し共にどちらにもありますから。

物理的な距離は手枷足枷になるかもしれないですけど、

じゃあ近かったら何もかもが思いのままかと言えばそんなこたぁない(笑)。

相手が誰なのか、どんな相手なのか次第でしょう。

少なくとも、まさかの知り合いでした!という出逢い方はしたくないアタシです(笑)。

スポンサーサイト

誰にも言えないからこそ

8月も末となりますね、もう間もなく。

残暑、まだまだ続く・・・ということでもないんですかね、どうなんでしょう。

今年は梅雨が短くて、7月頭から猛暑の夏が始まりましたからね、ええ。

6月も梅雨なんだか夏が始まっちゃったのか、よくわからない状況でしたから。

3ヶ月近く夏、そんな感じですよねぇ・・・。

皆さま、そんな訳でお元気ですか。

アタシは元気です(笑)。

今月もバタバタ~っと過ぎていく感じで、もうすぐ9月です。

今年もあと4ヶ月なんですねぇ・・・早いなぁ・・・早い、早過ぎる(笑)。

時間、月日が過ぎることに、ホントに加速感を感じますよ、アタシは。

自分だけ倍速の時計で過ごしているような(笑)。

そう思うと、もうね、ホントに1日1日を大切に意味も価値もあるものにしないとな、と

そんな風に思う・・・ばかりで何もできていない(笑)。

いけませんね、これではいけません。

いけませんが、じゃあどうするの?ってことに妙案もなく(笑)。

まぁいいや、今を生きましょう!(笑)

外の恋のこと、意味なくダラダラと長々書いておりますが、んー・・・何か役に立つんですかね。

ブログってのはカウンター機能のようなものがありまして、日ごと、週ごと、どれくらいの人数が

何処から見に来ているのか、凡そわかるんですね。

いや、何処の誰かはわかりませんよ!ご安心ください(笑)。

神奈川の横浜から、とかね、北陸の金沢から、とか。

グアム島とか、モンゴルとか、ブタペストとかね、いやホントになんですよ!(笑)

ブタペストの人、アナタ一体何処の誰?(笑)

ある人妻から、もう何年も前のことですけどね、コメントをいただきまして。

私も不倫をしていて、誰にも相談できず悩んでいた時に、偶々このブログを読んでスッキリしました、と。

皆、同じなんだ、とか、こういう考え方があるんだ、とか、それでスッキリしたらしい。

・・・お役に立つことができて光栄でした(笑)。

そうですよね、外の恋つまり、不倫ですから、中々相談などできるものじゃあないですもんね。

誰に相談・・・って考えた時に誰も思い浮かばない、そりゃそうでしょうね。

その先ほどの人妻は占い師にネットや電話で相談したこともあるとか、でした。

なるほど~と思いました。

赤の他人だからこそ相談できるんだ、とね。

相談事ってのは、大抵の場合は知り合いや身近にいる人が相談相手ですもんね、普通は。

悩み、答えが出ないことだから相談する、したい。

だけど通常の悩みとは大きく違うことなので(笑)、それができないというね、そういう理屈。

その人妻は言いました。

答えを欲しがっているんじゃあなく、悩みをそのまま吐き出してスッキリ。

言葉や文字にして納得。それで悩み解消だったと。

案外、不倫ジャンルのブログを読む人は、悩みがあったり、他の人はどうやってるの?だったり

言葉に出せない声、できないアレコレを探しているのかもしれないですねー。



居場所探しと外の恋

皆さま、お疲れさまです。

アタシです。

残暑と言いますか、何ですかね、終わらない夏と言いますか(笑)、猛烈に暑いですね。

アタシが住むエリア、今日はまた格別に暑い!暑さが半端ない!と感じましたが、

ニュースを観たら39度だったようで、そりゃあ尋常じゃない暑さを感じる訳ですよ。

もう今週は9月なんですけどねぇ・・・。

このあと、秋という季節は来るんでしょうか(笑)。

もう夏はそろそろオシマイにして欲しい、オシマイでいいよ、という人が大半でしょうね。

まだまだ夏のままでいい、夏がいい!というバカなことを思う人はいない・・・ですよね(笑)。

んー・・・そんな訳でして、8月最終週も残暑が続くどころか、9月も暑いらしいですけどね、

元気出していきましょうか!

少し前の事、仕事絡みでアタシは介護業界について調べ物をしておりました。

ネットで検索というね、便利で誰もがやる調べ方ですが(笑)。

あのネット検索ってのは面白いですね。

介護と言う漢字2文字をキーワードで調べていたんですけどね、どういう訳ですかねぇ・・・

介護と不倫という検索結果に辿り着きまして(笑)。

そうしたらですね、義母や旦那の介護をする嫁、妻が流れの中で不倫へ進む記事・・・

記事?(笑)、ブログですかね、エッセイみたいなね、そういう数々に行き着きました(笑)。

詳細省きますが、こんなに耐えて忍んで介護をしているのに、何も報われない。

報酬など1円さえもない、いやお金なんか要らない、欲しい訳じゃあない。

だけど、誰にも感謝の一言さえ言われない、この先も言われる予感さえもないという。

そんな終わりのない先の見えない生活の中で、偶然再会した大学の同級生と

気が付けば不倫・・・外の恋の関係になっていた、というような話でした。

不倫と介護をキーワードに検索し直してみますとね、介護業界での不倫が云々という話も

たくさん出てくるんですが、家族の介護をする中で外の恋へ行き着いてしまう人、

そういう流れになってしまった人がワンサカいるんですね。

弱ってしまった心、気持ちを救える存在、救ってもらえるかもしれない、浮かばれるかもしれない存在、

幻だとしても一瞬のことだとしても、自分の存在価値や意味を確認できる場としての

そのための外の恋があるんだ、と。

居場所を見つけたような気持になったと書いてありました。

多分、書き手はアタシと同世代かなと思いました。

きっと50代だと思いました。

女であることを認識するためにある外の恋ばかりじゃあないんですよね。

理解されない自分を許容してもらえる、或いは暫しの羽休めの場所になるような存在を得たい、

そういう外の恋の在り方を少し垣間見た、8月最後の日曜でした。

脳内完結は無意味

少し前にはグッと秋めいた気温になったんですけどねぇ・・・。

そうは甘くなかったですね、今年の夏は(笑)。

台風のおかげで猛暑復活、関東も連日猛暑日です。

お盆を過ぎると秋になる・・・こともある(笑)。

ふと気が付けば来週末には9月なんですけどね、夏がまだまだ終わりそうにないですね

アタシの部屋に10数年ぶりにエアコンが設置されたのは、もう2週間以上も前ですが、

エアコンあるある、ですかね。

猛烈な熱帯夜にならない(笑)。

熱帯夜だけど、エアコンをつけるほどでもない、みたいなね(笑)。

この前、つけて寝ました、エアコン。

数時間後、アタシは寝冷えで目が覚めましたからね、真夜中に(笑)。

設定温度が低すぎた模様ですが(笑)。

まぁいいですね、そんな話はね。

んー・・・アタシの仕事の事、書きますが。

職業紹介をやっておりまして、転職をしたい人の話を聴く、悩みを聴く、

アドバイスもする、その上で仕事を紹介する、そんなこんなをしております、日々(笑)。

ある意味、不特定多数ですからね、お手伝いをする方々は。

下は20歳から、上は・・・上は、どうですかね、70歳とかいましたかね、過去(笑)。

老若男女問わず、色んな方がお越しになる。

人間ですから、まぁ性格もね、ホントに様々で。

合う合わないがありますね、波長とかね、感覚的なものも含めて。

どんな人であれ、アタシは合わせる、合わせる努力はしますが、相手側はそういう努力は

基本的にしませんから(笑)。

その前提でやらねばならない仕事です。

先日、30代の女性の相談を受けましたが・・・まぁ何て言いますかね、困った人でした(笑)。

簡単に言うと地頭がいいけど、頭でっかち。

理屈は凄いが行動がない(笑)。

仕事を紹介しても、それは嫌、これもダメ、こうじゃなきゃ無理、の連発です。

いやいや、アナタの経験が活かせるし、希望条件に合っているからおススメですよ、と

繰り返し伝えても、腰が上がらないんですね、サッパリ。

プライドが高過ぎての高望みなのか、選考で落とされるのが怖いのか、臆病なのか、

10社近く、違う会社、違う仕事を紹介しましたが、全部ダメ、拒否(笑)。

1社くらい受けてみません?と伝えたら、だいたい結果がわかるのでいいです、と(笑)。

アタシはふと思いました。

この人、もし仮に結婚相談所に行っても同じように悉く断るんだろうな、と(笑)。

面接も結婚相談所も、ある意味で仕組み的には似たところがあって、要はお見合いですから。

ご縁があるか、ないか、それが運命的なものも含めて、そういうチャンス、場なんですよね。

となれば、100%揃わなくてもチャレンジ、見てみる、会ってみる、その行動がなきゃね、始まらない。

外の恋だってそうじゃあないですか、ねぇ皆さん!(笑)

望まないことを敢えてする必要など全くないですけどね、想いや気持ちがあるならさ、

リスク覚悟で自己責任で動いてみる、動いてみなきゃ・・・だったですよね!(笑)

その結果、思いの外、よかった、素晴らしい結果を手にできた!かもしれないし、

とんでもなく悲惨な目に遭ってしまう、もうまっぴら御免だ、かもしれない(笑)。

他人の経験を見聞きして、自分事に置き換えて想像してシュミレーションしてもね、

実体験にはならないんですから。

それこそ頭の中で起承転結したところで意味はない、ないですね、外の恋も。

時機もある、タイミングもあるものですから、ええ。

うっかり、のほほんと構えている内に、すぐ1年経っちゃうんだ、ホントに。

と、もう間もなく誕生日を迎えるアタシは思うのでした(笑)。

条件という名の変化するハードル

皆さま、ご機嫌いかがでしょうか。

アタシです。

9連休明け、今日からまたいつもの日常生活に戻った感じがしますねぇ・・・(笑)。

先週の今日、13日はひとり休日出勤をしておりました。

誰もいないオフィスで自由気ままに仕事をしたんですね。

その1週間後、今日はオフィスに人がワイワイいる(笑)。

ま、当たり前ですけどね、お盆休みが終わったんですから。

家に旦那がいなくなってホッと一息ついている奥さまも少なくないんでしょう(笑)。

お盆休みが明けて、これで堂々と外の恋のアレコレを楽しめる!というね、

そういう人もね、多いんじゃあないですかね(笑)。

んー・・・アタシも気が付けば長々とこういう不倫ブログを書いておりますが、

何を血迷ったのか(笑)何度も読みに来る方々、いるんですね。

で、おそらくそういう方々はアタシと同じ世代か、まぁ下の世代でも

40代以降だと、何となく思っております。

このブログを覗きに来られる方々、既婚でも20代、30代の人じゃあないと、

そういう気がするんですね。

何たって50代半ばのオッサンが書き手ですから(笑)。

やはり同じ外の恋でもね、世代が違うんだと思うんですね(笑)。

考えること、思うこと、感じること、やはり違いますね。

20代には20代の、30代にも30代の、そして40代、50代には

その人生の中にあるシーン、出来事がある訳で。

年齢、年代、それぞれにある外の恋がやはりあるんですよね。

根拠がある話をする訳じゃあないんですが、例えばね、ここに2人の女性がいるとします。

ひとりは30代、もうひとりは50代としますね。

ともに既婚という前提で(笑)。

取り巻く環境、今ある状態は共通もあればそうではないことも多々あり、

ですから一概に言えることでは勿論ないんですが、それを前提に書きますよ。

30代の女性が求める、或いは拘る外の恋への条件と、

50代の女性が求めるそれ、その条件をハードルという言い方に変えますが、

ハードルの高さは多分30代の女性の方が高い・・・ですよね(笑)。

いや、そんなことはない!と言う人もいるとは思いますが、

でもね、やはりハードルは年々下がっていくんだと思う。

美人でもない、プロポーションもよくない・・・どころか並以下とかね、

嘗てはそれなりか、それなり以上に(笑)まあまあいい女!を秘かに自負していた人も

年齢を重ねれば劣化しますからね、衰えますから、見た目も内面も(笑)。

こんなだらしない体に需要があるのか、誰が欲情するのか、と。

このシミ、しわ、垂れ下がる肉、情けなくなるようなシルエット。

30代の時にはそんなことを思わずにいられたけれども、

いつしかそうはいかない、そうはならない、というね。

外の恋の条件、相手に求めるもの、自分自身の劣化と衰えと共に

どんどん下がる、条件が緩くなる、広くなる(笑)。

そんな傾向は確かにある・・・と思いませんかね。

容姿なんか気にしないと言いつつも、それなりに譲れない、嘗ては。

今となってはそこまで拘らない、拘れない・・・と思いつつも、

その実、意外と拘りは拘りとして消えない、変わらない部分もね、ありますかね。

寧ろアレかな、拘る先、拘る項目が移ろうのかもしれないですね。

内面、精神面で充実した大人である人、ちゃんとした人。

その上で健康でセックスが問題なくできる人(笑)・・・ですかね。

アタシ自身、30代、40代と今とをね、振り返って考えてみますに、

うーん・・・(笑)どうだったですかね。

確かにね、あったかもしれないですね、相手の見た目への拘り条件が。

飛び切りの美人を求めちゃいないと言いつつ、それなりに美形を探していたり、

それは嘗てあったような・・・そうでもなかったような(笑)。

40代を経て、50代へ差し掛かり、あるいは50代を突き進んでいくと、

もうアレもコレもと条件を付けていたら相手が見つかりません!でもないですよ。

譲れない線は皆あるんだ。

あっていいんだと思います。

だってね、誰でも構わない筈がないんですから。

何歳になろうともデブだけはダメ、ハゲも嫌、そういうこだわりがあってもいい(笑)。

相手はお金持ち、着るもの、身に付けるもの、ブランド品じゃなきゃ嫌だという

そういう拘りが譲れないなら、それで行くしかないんですね。

それが叶うかどうかは別として(笑)。

やはり、こういう年齢になって、こういう状況下で以て

外の恋をするんですから、無駄に痛い目に遭いたくないでしょ?(笑)

選ぶべき相手を間違えたくないですから、誰しも。

その意味でハードルは下がるのではなく、内容と種類が変わるのかも、ですね。

9連休最終日に思う

皆さま、アタシです。

お盆休みという名の9連休、ついに最終日となりました(笑)。

長かった・・・という実感はないですけどね、結局2回休日出勤しましたし(笑)。

お金がかかるようなことは何一つせず、かと言って家に引き籠った訳でもなく、

平穏に過ごせたということでしょうかね、まぁね(笑)。

いつもの週末、土日に過ごす時間と変わらずに家事手伝い要員だったり、

ジムにも行きました、ゴルフの打ちっ放しにも行った、休日出勤だけで収まらずに、

家でも仕事をしましたし、ホントにいつも通りの生活でしたね。

この2~3日は急に秋めいた陽気となりまして、お盆を過ぎると秋になり始めるというのは

やはり本当のことだなぁ・・・と思ってみたりね。

赤とんぼがやたらと目につきます(笑)。

でも、その傍らでアブラゼミが力一杯鳴き続けている(笑)。

秋の虫の鳴き声も聞こえ始めましたからね。

そしてそして、台風がジャンジャン発生していますねぇ・・・。

来るんですか、今週これから。

猛暑も勘弁ですけど、台風はもっと勘弁ですね。

まぁそんなこんなでね、アタシの夏休みは今日でオシマイです。

爽やかに吹く風に誘われて(笑)、自転車でぶらりと出かけてきました。

IMG_0148.jpg

何となく、空に浮かぶ雲が夏のそれとは違う気がしませんかね。

IMG_0150.jpg

サイクリングロードから見た海・・・ではない(笑)、沼です、沼。

先週同じところを自転車で走りましたけどね、その日は36度越えでしたから(笑)。

途中で遭難するかと思いましたが(笑)、今日はホントに快適でしたねぇ・・・。

IMG_0151.jpg

向こうに見える橋へ行きたかったんですけどね、そこへ行く迂回路がとんでもなく遠くて諦めました(笑)。

そんな訳でして、9連休最終日は外の恋と全く関係ない、掠りもしない内容ですね(笑)。

まぁいいじゃあないですか、アタシだって年がら年中チンコを固く勃てているばかりじゃあないんだ(笑)。

明日から仕事再開、日常に戻る思いですね。

ちょっとホッとしています、ええ(笑)。

より良い関係のために

今日が何曜日か、分からなくなりがちなアタシです(笑)。

いや、ボケちゃったんじゃあないの、9連休が長過ぎて長過ぎて(笑)。

13日の月曜日に会社に行き一日働きました。

火曜、水曜と・・・まぁ概ね家の用事・・・家事手伝いをベースに(笑)、

ジムに行ったり、本を読んだり、趣味の時間を過ごしておりますが。

ノンビリし過ぎて、それこそこういうなんて言いますかね、刺激がない生活、

頭を使わない生活を繰り返しておりますと、ホントにバカになる気がしますね(笑)。

無理やり用もないのに会社に行こうかな、今日(笑)・・・冗談です!(笑)

暇に飽かせて、Twitterなどツラツラと眺めておりました。

不倫とか浮気とかね、そういうことをしている方々が色々と呟いておりますが、

中にはホテルで不倫セックスの真っ最中、実況中継みたいな人もいますね(笑)。

色々な人がいる、ホントにそう思いますね、ええ。

外の恋も人それぞれの形、在り方があるんだなと、そう思います。

年がら年中デートをしている不倫の2人もいれば、年1、千載一遇の人もね、いますね。

昨日逢い、散々セックスに興じて、また明日逢う、逢えるのに不満タラタラな人、

偶にしか逢えないけど、それで充分に満たされる人、

この違いは何処から?と思うんですね。

週に2度も3度も逢っても、逢えている現状があっても不満、足りないという。

数か月に一度、あるいはそれ以上に間隔が空こうとも不満を感じない。

価値の置き所が違う、与えられ過ぎてありがたみを忘れている、とかね。

そもそも外の恋に求めるモノの価値とか意味へのこだわりが違う、かな。

思いますに・・・他の誰かの外の恋を自分事に置き換えてみても、あまり意味はない。

自分に成り代わって誰かが代わりに外の恋をしてくれるわけじゃあないからね(笑)。

こういう自分とそういう相手とする外の恋ですから、他と比べて羨ましがっても仕方ないんだね。

こう在りたい、こうしたい、という希望や想いはあって当然で、お互いにそう思うなら、

そうなるようにできる限りの努力なり、妥協なり、協調をね、しなきゃなりませんよ、やはり。

それさえも面倒臭がるから惰性になる(笑)。

そんなこと考えてもどうなるものでもない、成るがまま、成るようになるだけというね、

そういう考え方で繋がる外の恋も勿論あるんでしょうし、それがベストならそれがいいですし。

んー・・・つまり、皆、オリジナルなんだな、それぞれの外の恋(笑)。

他所と比べるのは止しましょう、意味がない。

でも、良い関係であるための努力はね、そりゃあ必要だと思います。

それは男女差かもしれないけど

皆さま、アタシです。

会社にいます(笑)。

土日と休んで・・・あ、これはいつも通りのことですけどね、週休2日の会社ですから(笑)。

土日と休みまして、今日も明日も明後日も、19日まで休みなんですが、出勤しました(笑)。

いや、仕事が入りまして、ちょうどいい塩梅に(笑)。

家でもできなくはないんですが、せっかくですからね、ええ、出勤ということで(笑)。

そんなに連日家に居ちゃあいけません、そう思いませんかね。

家で嫁の顔、四六時中見たいと思いますかね(笑)。

旦那が9連休、ずーーーーーーーーーっと家に居たら発狂したくなるでしょ、アナタ(笑)。

お互いのためなんです、夫婦は適度に距離を持ち、視野に入らないことも大切です。

メリハリですね、コミュニケーション不全では困りますけど、適度に離れること。

アタシは嫁とはセックスレスもセックスレス、15年以上アンタッチャブルですけど(笑)、

日常生活の会話、コミュニケーションは活発にありますよ、ええ。

アタシだってね、色々と気を使ってんですから、こう見えて(笑)。

洗濯機、アタシが回して、そのあとベランダで干すこと、結構あります。

昼ごはん、夕飯、アタシが全部作ること、多々あります。

買い物も、ちょっとした頼まれ事もね、二つ返事で承っておりますし(笑)。

でも、外の恋をする(笑)。

恋愛、セックスは他所の人の奥さんとね、楽しまないわけにはいかないんですね。

もうこれは仕方ないんだ、ある種の病です(笑)。

今朝の電車ですけど、混んでましたね。

サラリーマン、OLの姿も意外と多い。世の中、一斉にお盆休みじゃあないんですよね。

電車が混んだのは、やはり旅行に行く家族連れ、帰省する人たち、その人たちの

両手、背中に背負う大荷物のせいでもありますね。

東京駅の往来、物凄かったですから。

んー・・・しかしアレですね。

女ってのはね、喋りたい生き物、聞いてほしい生き物だと思います、つくづく。

逆に言えば、喋らせない、聞かないという状況に置かれると、明らかにストレス状態ですね。

大抵、不機嫌になります(笑)。

その最たる例がアタシの嫁だ(笑)。

何度も言いますが(笑)、アタシと嫁は不仲じゃあない。

会社から帰りますと、金麦を呑むアタシに向けて待ってましたとばかりに話始めるんですな(笑)。

聞き流しつつ、聞いているフリもしつつ、相槌も入れ、生返事・・・いや生返事はしない(笑)、

きちんと的を得た答えを返します。

エライと思いませんかね、皆さま。

一日汗に塗れて、働いて帰ってきて、嫁のどうでもいい話に・・・ばかりじゃないけどさ(笑)

耳を傾けるアタシ、何てよくできた旦那でしょう!(笑)

それがあることで、嫁がご機嫌になるならお安い御用ですよ、ええ。

だってね、アレですから。ガーっと30分位、ほぼ一方的に今日あったこと、

今日のうちに伝えたいことを言い終えたらね、嫁はさっさと寝室に行きますから(笑)。

じゃ、お先に~とか言っちゃってね、いい気なもんだ(笑)。

アタシは外の恋をしてきて、そのお相手というのは100%他所の人の奥さん、または

奥さんだった人、要は人妻熟女カテゴリーですけどね、何方にも共通項がありますね。

ウチの嫁がそうであるように、話を聴いてほしい、話したい、喋りたい、ということが。

程度の差、濃淡あります。

ありますけど、間違いなく話を聴いてほしいんですね、アレコレと。

旦那のこと・・・大抵は愚痴です(笑)。

子供の事、家族の事、仕事の事、これまでの外の恋の事(笑)、趣味の話、

自分のカラダの事、健康の話題、この先の事・・・止め処なく話が続くんですよ。

何か明確な解を求めている訳じゃあないんですね、唯々聴いてほしい。

で、できることなら否定しないで欲しいというね、受け止めてほしいと言いますか。

それはつまり、誰にも言えずにいた心の中の声、吐き出したかった叫びだったり、

そういうものなんでしょうね。

一頻り喋ると、すっと黙る。

安堵したように。

そういうシーンが何度もありました。

それはセックスの合間にベッドの中で腕の中に抱かれたまんまの状態の時もあれば、

ホテルを出て、お店でご飯を食べている時のこともあり。

メールや通話での場合もありましたよね。

外の恋に求めるものはセックスだ、味わえないでいた女の悦びを感じたい、

それが最優先だという人妻熟女もたくさんいるものでしょうけど、

話をしたい、充分に満たされるコミュニケーションを継続的に繰り返したい、

そういう理由を一番に置く人も、かなり多いとアタシは思います。

両方ね、セックスと会話と。

それがバランスよく、というのが一番ですかね。

その意味で・・・。

家で寡黙、終始不機嫌な旦那というのは外の恋をしたときに、寡黙なのか、

他所の人の奥さんの前でも不機嫌なのか(笑)、メールも雑で杜撰なのか、

アタシはとっても気になるんですね(笑)。

発見率、遭遇率との心の戦い(笑)

皆さま、お疲れさまでございます。

アタシです。

言うまでもないアレですが(笑)、明日から9連休です。

いつからでしょうか、連休が微塵も嬉しくなくなったのは(笑)。

学生の頃、そりゃあ嬉しい楽しい連休だったですね、間違いなく。

独身の頃もね、そうでした。

結婚してから・・・暫くは嬉しかったはずですね、大型連休。

いつからなんでしょう・・・大型連休が嬉しくない、ありがたくないのは(笑)。

何気にふと思い当たることがありますね。

それは外の恋を始めた頃に符号するタイミングではないのかと(笑)。

要はね、要は家で嫁の顔を見ているのが嫌んなってきた頃、

セックスレスが安定的になってきた頃、その頃からじゃあないでしょうか。

つまり、外の恋を始めた頃と重なり合う(笑)。

今朝、通勤時間帯にもね、大きな旅行鞄やキャスター付きのケースを引く人ね、

駅構内でたくさん見かけました。

空港も朝から混んでいるらしいですね。

皆、それぞれの休暇を過ごすわけですなぁ・・・。

この時期を利用して外の恋のデートという人もいるんでしょう。

お盆の時期は家族で過ごす、お盆のみならず、クリスマスや年末年始、

GWとかね、そういう時期はデートを入れない、しないという人も多い。

時期関係なくという人も少なくない(笑)。

まぁ考え方色々ですから。

ただ、こういうね、お盆の頃とかは人出が増えます、何処も彼処も。

新幹線ホームなんかね、もうどうしました?ってなくらいに混むでしょ。

ごった返すとはこのことだ、という状況ですよね。

あの混雑の中に誰がいる、誰が潜んでいるか、知り合いや親せきや友達や、

はたまた家族とか(笑)。

遠い遠い記憶の中の事ですが、アタシは結婚前提で付き合っていた相手と

お互いの親に嘘をついて婚前旅行のようなことをして、

その姿を東京駅構内で相手の家の近所のオバサンに目撃され、

悪気なくそれを相手のお母さんに伝えられ(笑)、それがために結局は

破談になった経験があるんですよ(笑)。

人は何処で見ているか、わからないものだと思いました。

アタシがしてきた外の恋、相手が誰であろうと何であろうと、

お互いに誰か知り合いなり、面が割れている人に見られちゃいけない。

そういう立ち位置の・・・要は不倫ですね(笑)。

空港でも、新幹線ホームでも、在来線のホームでも、街中でも、

ホテルへ向かう道の途中でさえも(笑)、人の目はある。

誰かに会うかもしれない、こちらが気が付かずに見られているかもしれない。

今や、日本国中何処にでも監視カメラもありますし(笑)。

その意味で確たる証拠を押さえられている・・・んでしょうね(笑)。

そう考えると、外の恋ってホントに厄介で手間でややこしくて、面倒です。

でも、でもね、でも逢いに行くじゃあないですか、全力で。

滅多なことは起きないと信じながら(笑)。

油断なく、抜かりなく、万全を期して、皆、逢いに行くんですね。

分かり合い、分かち合う関係

皆さま、毎度です。

アタシです。

今朝も涼しい関東地方、台風が近づいてますねぇ・・・。

アタシん家、直撃かも(笑)。

千葉県に上陸か、掠めて進むか、どちらにしても今夜から明日にかけて、

アタシん家は大雨と暴風に晒される・・・かもしれないですね、まだわかりませんが。

こういう天気にね、どういう訳だかデートが当たるって人いますね(笑)。

雨男、雨女、いや、悪天候男に悪天候女ですかね(笑)。

普段の行いが悪過ぎるんじゃあないですかね、アタシが思うに(笑)。

だってね、アレですよ。アタシなんか外の恋のデートで台風とか大雨とかね、

新幹線が動かないとか、止まるとか、二進も三進も行かなくなる経験、ゼロですから。

15年以上、外の恋をしてもゼロ、凄いと思いませんかね・・・思いません?(笑)

行いがいいとは言いませんが(笑)、悪運がいいんですかね、或いは強運かも(笑)。

アタシんところの会社のね、バックオフィス・・・まぁ事務職ですね(笑)・・・の女性が

この度、第二子の出産に向けて産休に入りました。

あ、話は変わりますからね(笑)。

30代半ばです、勿論人妻ですね、出産するんですから(笑)。

アタシが10数年前に面接して採用した新卒で入社した女性なんです。

アタシは別に美人とか美形とかね、採用に当たって全く気にしないんですけどね、

この女性・・・Hさんにしますね、Hさん。

Hさんはまぁ誰もが認める美人です。

元モデルですから(笑)。当時、Hさんが入社した頃にウチの男子社員のざわつき、

張り切りぶりとかね(笑)、色めき立ち方が半端なかったですから(笑)。

10数年経過して今回2回目の産休、昨日アタシんところに挨拶に来まして。

いい塩梅に人妻感が増して、ワンパクな第一子の子育てに疲れた感もあり、

あと10年したら相当いい感じの人妻熟女になると感じました(笑)。

感じましたけど、そんなことは微塵も見せませんけどね、アタシは(笑)。

つくづく思いました。アタシが人妻熟女に惹かれるのは、この草臥れた感じなんだな、と。

草臥れ果ててはダメなんです(笑)。

そこそこ草臥れた感じがいい(笑)。

20代、30代の女子なんか見てますと、もう元気でしょ、何かと。

弾けるような若さ、エネルギーを感じるじゃあないですか。

アレがね、アレがいい!だから若い女子がいい!という中年のオッサンもいますけど、

アタシはダメだねぇ・・・全然ダメ(笑)。

やはりね、人生山あり谷ありを経て、苦労もあり、どん底ももしかしたら経験して、

今に至る姿、形ね、これが響くのね、アタシの心の琴線に(笑)。

同じ時代を生きてきた別々に。

だから分かり合えるもの、価値があるんですよね。

辿ってきた生き方に分かち合える共通項があるんですよね、人妻熟女には。

そしてそして、この草臥れた肉体に、劣化したカラダに需要があるのか、チンコが勃つのかと、

怯えるように、戸惑いながらも裸になる姿ね、これがいい(笑)。

その戸惑いの裏側に潜む猛烈に強くある性欲と愛欲のエネルギーがまたいい(笑)。

・・・何が言いたいのかと言いますと(笑)、人妻熟女は素敵ですね、ということ。

いいこと言ったね、今日も(笑)。

変遷の中にある外の恋

皆さま、お元気ですか。

アタシは頗る元気です(笑)。

暑いですね、今日も。

暑中お見舞い申し上げますよ、ホントにね、心の底から(笑)。

今週末からアタシは9連休に入りますが・・・会社のお盆休みです(笑)。

今日ね、お邪魔した先のお客様の仕事が急ぎなんですね、おかげさまで(笑)。

13日~17日も堂々と仕事に行ける!そういう理由が次々とできそうな予感(笑)。

いや、休みは休みですからね、休みますけどさ。

でも、9日間丸々家に居たくないですって、いくら何でも(笑)。

嫁と朝昼晩と向かい合って飯食いたくないですから(笑)。

まぁアレですね、このブログに過去何度も書いたような、長期休暇の過ごし方、

そのまんまになるんでしょう、今年のお盆休みもね(笑)。

んー・・・来月は9月ですね(笑)。

9月と言えば、アタシの誕生日です、否が応でも(笑)。

またひとつ、歳を重ねちまうと言うね、恐ろしい現実が来月待ち受けている(笑)。

いよいよアレですよ、還暦という言葉がね、遥か彼方のことでもなくなってくるような、

いやまだまだ先だとも思いますけどね、でも月日が経つのは早いし(笑)。

振り返りますれば・・・アタシがこのしょうもないブログを書き始めたころ、

関西は大阪在住の人妻熟女と遠距離W婚外をしていた訳ですね。

ブログを書き始める前から関係は始まっていましたから。

リーマンショックがあり、経験したことがない不況になり、

リストラや会社再編や諸々ありました、あの頃は。

それ以前から、勿論アタシは外の恋をしてきていた訳ですが、

このリーマンショックを境にして、そのあと暫くして出逢ったんですね、

このブログに登場していたあの人妻熟女と。

もう、どうですかね、5年、いや6年も前の事になるんですかね。

外の恋は人生のひと時であり、一場面ですね。

その時々の生活の中にある非日常の時間です。

来月誕生日を迎えようとするアタシと、5年前、6年前、あるいはもっと前、

40代前半の頃のアタシを比べたら、何もかもが違いますね、生活全般。

過去を懐かしんで、あの頃に戻りたいなんて微塵も思っちゃあいないんですよ。

今を生きることにアタシは前向き、嬉しい気持ちでいますから(笑)。

ただ、やはり時の移ろいと共に、自らの変遷、感じます。

外の恋の経験値、それが積み重なっての余裕のようなものがあるとすれば、

それは経験したことへのご褒美のような気もします。

気が付けば五十路になり、それを経て五十路半ばに。

やっぱり違いますね、四十路や三十路のアタシがしてきたこととは(笑)。

肉体面、体力、そりゃあもうね、実感します(笑)。

朝から晩までセックスできませんもん(笑)。

精子、5回も6回も出ません(笑)。

いや、平均的な50代と比べたらアタシはかなりの獣だと思うけどさ(笑)。

変遷しますねぇ・・・周囲もね。

友人や知人が病む。手術だ、入院だ、療養だと耳にする機会が増えました。

アタシがひとつずつ歳を重ねるように、アタシの嫁も五十路を迎えました。

セックスレスのウチの嫁も老いる、等しく老いていく。

親が倒れる、自らできないアレコレが増えていく、介護が始まる。

そういう話も周囲で当たり前のように出ます。

そういう時期に今アタシはいるんだな、と思いますねぇ・・・。

外の恋をして、デートをして、駅でも街中でも何処でもいいんですが、

それぞれの方向、つまり帰るべき場所へ帰るとき。

手を振って別れていく、ひとりの時間になりますね。

変遷しないのは、この瞬間に思い感じることかなと思いました。

【あぁ、今日も無事にデートができた、楽しめた、終えることができた】

お互い、家に帰ろう・・・それが嬉しくないことだとしても。

その気持ちね、感情。

それは10年前も今も変遷しないままだと思います。

多分、この先も外の恋をする限り、そこだけは変遷しないと思うんですね。

出逢いはご縁

毎度どうも、アタシです。

言いたかないですけど、暑いですね、相も変わらず(笑)。

35度位じゃ驚かなくなりましたね、昨今。

体温越え、発熱どころか高熱を出して寝込む位の気温が連発ですね。

明日からですかね、夏の甲子園。

やるんですかね、普通に。

どう考えてもスポーツをする環境じゃあないと思うんですけどね、この気温で。

歴史と伝統で今まで続いてきたその流れと、ある意味で悲壮感と極限の中で戦う姿に

これまで何度となく感動させられてきた、その記憶が誰にもあるから変われない、

すぐには変えようもない・・・ですかね。

炎天下の甲子園球場、選手も応援する人も命がけですね。

先週の土日は雨と風の軽井沢にいましたが、今週は地元千葉で過ごすアタシです(笑)。

休日出勤もなく、とは言え、家で何気に仕事をしておりますが(笑)。

書きますかね、何気に今日もこのブログを。

アタシのこの駄文満載、何の役にも立たないが毒にもならないブログをお読みになり、

コメントなどいただく方々、いつもありがとうございます。

それぞれの方々にそれぞれの夫婦関係や離婚、外の恋の相手がいたり、過去いたり(笑)、

外の恋の長さもね、10年それ以上続く人もいたり、どういう訳か年がら年中相手が変わる人も(笑)。

アタシはそれら、様々な人のコメントや書かれているブログを見て思います。

外の恋も実に様々、色々な形や在り方があるんだな、と。

尺度も価値観も、気が付かないこと、気が付かされること、多々あります。

10年以上続く外の恋の人、これまでに山も谷も嵐も平穏で穏やかな時も当然あった訳で、

でも、今もって続く関係を紐解くと、わかることがありますね。

基本的なところでの2人の価値があっている、それは確かにある。

一方で緩いんですね、縛りがあるようでない、許容範囲が広い、こだわらない。

見たくないものは一切見ない、あえて回避する、微塵も触れない(笑)。

それがお互いのため、いい関係でい続けるための。

年数回しか逢えなくても構わない、それが丁度いいというね、そういう2人もいるし、

何度も逢うけど、長居しない、それがいいという2人もいる。

関係を長く続けることが目的じゃあないんだと思いますが、かと言って短くありたいのも違うでしょ。

結果論なんですよね、それはね。

ただ、続けたい、続いて欲しいと思う関係を、その願い通りにするとした時に、

急いだり、無理をしたり、力んだり、短気を起こしたり、投げやりになったりはダメだね。

知らないことがある相手だから興味が尽きなくていいという人がいましたね。

知り過ぎると、何かと負荷がかかるから、敢えて知ろうとしない、知らないことは知らなくていいとも。

それじゃあ寂しい、実感がない、もの足りないという意見の人も多数いると思うし、事実そうだと思います。

ただ、恋愛感情が伴うとも、外の恋だからね。

独身の恋愛とは違うんだな。

手かせ足かせ、必ずあるし。

その中でどう折り合いをつけるか、都度妥協もしなきゃ・・・かな。

ブログのコンセプト・・・サブタイトル?(笑)じゃあありませんけど、

出逢いはめぐり逢い、必然かと思います。

ご縁があればこそなんだと思います。

大事にしたいと思えば、まずはそれを大事にね、しましょうか。


優先順位と価値判断

皆さま、アタシです。

8月、ですね(笑)。

毎日暑くて、何が何だかわからない内に7月が過ぎ去ってしまいました・・・。

そうでもないですか?(笑)

しかしまぁアレですね、何度も何度も書きましたが、月日の経つのが早い!(笑)

ゴールデンウイークなんかもう記憶を呼び起こせない位に昔のことのような、

そんな気がしませんかね・・・しませんね(笑)。

来週末からお盆休みって人も多いんじゃないかと思います。

アタシんところの会社も確か休みです、9連休だ。

困ったなぁ・・・9連休(笑)。

家にいても仕方ない、息が詰まります(笑)。

暦通りに、いや暦以上に会社に行きますかね!(笑)

さ、そんな訳で、今日もどうでもいい話ですが(笑)、書きますかね。

外の恋をする人は、2種類に分けることができるかなと思っておりまして、

それはね、嫁や旦那、子供、家族を第一に、大事に考える人とそうではない人(笑)。

わかります?

嫁や旦那に何の思いもない、ないどころか嫌悪しかない、いなくなって欲しい(笑)、

そういう思いで一杯の人がする外の恋と、家族は大切、嫁も旦那もこの先も必要、

だけれども、外では女でいたい、男でいたい、恋愛をしていたい、という違いかな。

外の恋ができるのも、実は嫁や旦那がいるおかげだ、なんてことをね、思ったりもします。

そういう人は主婦の務めをキッチリとする、日々繰り返し。

働く母親なら家事は勿論、仕事もしてそれなりに稼いで、家計を管理して、

旦那、子供の世話もする。

でも、女であることは家庭内では最早感じることもなく、感じたいとも思わず(笑)、

外で他所の人の旦那と愛欲に塗れる訳ですね。

冷え切った夫婦、いがみ合う夫婦でも、主婦の務め、家事、つつがなくやりますね、きっと。

ですけど、外の恋に求める意味合い、価値は少し違うのかもしれない。

離婚したい、そのタイミング待ち、それまでの生きるエネルギー、心の避難場所が外の恋。

そんな思いでいる人も確かにいるんでしょう。

外の恋ってのはW不倫ですからね、概ねは(笑)。

相手の夫婦の関係性とか中身までわかりようもないと言えばない。

いや、余すことなく話してくれる人もいましたけどね、でもあくまでも言葉ですから。

知るにしても限界はあるし、知ったところで何かできる訳でもないし。

アタシは過去、その両方の人妻熟女と外の恋をしましたけど、んー・・・どうですかねぇ。

夫婦円満じゃあなくてもね、夫婦関係が破綻していない人の方が外の恋も楽だったかな。

楽ってのは変な表現ですね(笑)。

でも確かに気が楽だったように記憶しています。

旦那の悪行の数々を止めどなく聞かされて、気の毒で気の毒で仕方なかったですね。

心の底から離婚を応援もしました(笑)。

円満でも不仲でも、仮面夫婦でも(笑)、共通するのは外の恋は何処まで行っても

外の恋でしかないという意識ですかねぇ・・・。

離婚して外の恋の相手と再婚したい訳じゃあない。

女でいる自分を再確認したい、精神的にも肉体的にも実感したいという気持ちね。

振り返りますに・・・人妻熟女って、やはり強く逞しく生きているということかな。