FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

マイペース

このところ、1週間が経つのが早い、頗る早いと感じているアタシです(笑)。

何なんですかね、この感覚ね。

ますますオッサンになったという証拠なんですかね、この月日が早く過ぎる感覚は。

今週もまた週末まであと1日です。

明日からは6月ですよ、皆さま。

桜の季節もGWも遥か昔のことのように感じませんかね・・・アタシだけですか(笑)。

煽られるような、後ろから急かされるような、とにかく慌ただしい毎日です。

その慌ただしさの割には全然儲からない(笑)。

仕事のパフォーマンスが落ちてんですかね、加齢により(笑)。

自分のペースで仕事もプライベートも進めることができたら一番ですね、ホントに。

そんなことを思っていたら、お世話になっている取引先の社長から言われました。

マイペースで仕事してたら取り残されるだけだよ、と。

まぁ確かにね、仕事は勝ち負け、勝たなきゃ意味ないですからね。

ただ、プライベートはマイペースでできるものなら進みたいじゃあないですか(笑)。

究極のプライベート、しかも隠されたプライベートと言えば外の恋です(笑)。

外の恋、マイペースでできたらいいと思いませんかね、皆さま。

恋愛関係ですから、相手がいなきゃ成り立たない訳ですけどさ。

相手のペースに翻弄されるのも、相手のペースに合わせ過ぎるのも、巻き込まれるのも

何れも疲れますね、最終的には(笑)。

外の恋に限ってみてもね、とかく無理をしたがる、無理をすることが必要とさえ

思えてしまう時期なり、タイミングがあるんですね、時として。

外の恋をする前、つまり相手がいない時ってのは、まさに自分本位で過ごせますし、

そもそもそれが日常生活じゃあないですか、要するに。

ですから、当たり前の毎日なんですね、ルーチンであり、いつものリズムであり、

日々の日常なんですね。

そこに外の恋が加わると、途端にリズムが変わることがありますね。

寝る時間、起きる時間が変わってしまう・・・相手の存在によって。

時間の使い方が違ってくる、やるべきことの順番や優先順位が変わってくる、等々。

ありませんかね、そういう経験が(笑)。

ある意味で相手に合わせている、相手に追従するような。

いいんです、それでもね。

最初はできるんです、エネルギーに満ち溢れてますから、ええ。

目新しさが余計にそうさせます(笑)。

ですけど、人間というのは慣れますからね、ええ(笑)。

慣れてくると我儘も出てきます、外の恋以前の生活リズムに戻りたくなるんです、

外の恋は継続しながらも(笑)。

ここに、ひと山あるんですね、これを越えられるか、越えられないか。

突っ走り過ぎて疲れてしまうのも、マイペースをユアペースにし過ぎたがためでしょうし、

でも、じゃあ急にマイペースを取り戻せるかと言えば、さてどうでしょうか(笑)。

最初から、外の恋の関係としてスタートする前から、お互いにできることとできないことを

ハッキリとさせておいても問題はない・・・どころか、そうあるべきじゃあないでしょうか。

自己中心とマイペースはちょっと違う。

相手あってのことですから、自分の事だけ優先もできないのは事実ですけどね。

とは言え、楽な方がいい。

マイペースはあっていい、それは我儘ではないとアタシは思うのでありました。

スポンサーサイト

恋すれば男も変わる・・・らしい(笑)

あ、どうも。

アタシです。

んー・・・今日はね、これから定期健康診断なんですよ、年一回の。

女医が満載(笑)、看護師もほぼほぼ女性ってことでね、

アタシのチンコも・・・いや、そうじゃない(笑)、そういう話じゃあない(笑)。

去年もその前の年も、その前もね、まぁ要は毎年必ず受けてますよ、健康診断。

20代でもない、30代でもなく、アタシは正真正銘50代ですからね、何と言いましても。

健康に自信はありますが、過信はいけません。

アタシよりも年下の連中が彼方此方ガタが来て、手術だ入院だというね、

そういう話もチラホラと出てきますから、ホントに。

それにしても健康診断結果の、あの数値ってのは悩ましいですね(笑)。

ここまでは正常、ここを超えたら異常、そんな分け方しますでしょ。

僅かでも基準値を超えたらアナタ、異常ですから再検査です・・・って(笑)。

気にし過ぎちゃあいけませんよ、体のこと。

気にし過ぎないのはもっといけませんけどね。

中高年の皆さま、どうかお体を大切に。

んー・・・そんな訳でね、健康診断会場に行きますと、今日健診だって人がワンサカいます。

多いですねぇ、中年太りね(笑)。

それから妙に老けている人、疲れ果てたような人、かと思えば果てしなく元気はつらつな人。

何て言うんですかね、エネルギーを感じる、感じさせない、その違いですかね。

生命力のような。

巷では昔から恋をすると女は変わる、見た目も変わる、奇麗になる、艶が出るとかね、

まぁ色々な言い方がありますが。

名前は忘れましたけど、何ですか、なんとかって言うホルモンが出るんですってね、恋愛すると。

それが美肌とか、髪の艶とかね、諸々にいい影響を及ぼすってことが

医学的にも証明されているんだという話。

アタシは最近知ったことなんですが、このホルモンね、男も出るらしい(笑)。

ホルモンの種類こそ違えども、恋愛することで出るんだそうですよ、男も。

で、イキイキとする、はつらつとする、肌艶がよくなる、そんな変化があるんだとか。

なるほどですねぇ・・・うまくできてますね(笑)。

恋愛ってことでね、括れますから外の恋もね。

外の恋をする人妻熟女、確かに奇麗になりますよ、オーラが出ますね。

往々にしてその変化が旦那や家族に怪しまれる元にもなるんですが(笑)。

男もホルモンが出るって話ですけどね、果たしてどうなのか、アタシはやや疑問(笑)。

明らかに変化が見て取れちゃあ困る人もいるでしょう、世の旦那衆(笑)。

いつも通りの自分でいた方が断然安全ですからね(笑)。

ホルモンが出てイキイキする、元気はつらつは大いに結構な事なんですけどね、

そういう変化よりも、浮かれて墓穴を掘る方が多そうな気がしますよ、外の恋をする男(笑)。

うっかりしちゃあいけません。

気を付けないといけませんね。

外の恋に見る生活感の是非

いい天気の日曜日の午後、皆さまご機嫌いかがでしょうか。

明日からは曇り続きの予報ですね。

いよいよ、ついに、とうとう、梅雨入り間近・・・ですかね(笑)。

今日がその意味では貴重な晴れなんだと、今朝の天気予報で言っておりましたが

そのせいなんですかね、アタシん家の周辺にお住いの方々、ベランダからたくさんの洗濯物。

いや気のせいかもしれませんけどね(笑)、日曜だからまとめて洗濯って人もね、いるでしょうし。

アタシん家のお隣さんは奥さんがフィリピン人なんですね。

言うまでもなく熟女です(笑)。

異国の人妻熟女です(笑)。

今朝、洗濯物を干しているそのフィリピン人の奥さんを見かけました。

小柄でね、細い体をしているんです。

確か看護系の仕事をしていたと思いますが、まぁ何て言いますかねぇ・・・疲れた表情ですね。

へとへとになるまで働く仕事なのか、それとも人生に疲れちゃっているのか、

元々そういう顔付なだけなのか(笑)、わかりませんけどね、今朝洗濯物を干している姿を見て、

ちょっと気の毒に感じてしまいました・・・大きなお世話でしょうけど(笑)。

これ、生活感があるのかないのかと言えば、モロに生活感があるというシーンですね。

目の前に見るその人の生活シーンですもんね。

時々、あの人は生活感があるとか、アイツは生活感が全くないよね、なんてことを言うシーンがありますね。

生活感がある、生活感がない、このあるなしはどちらか一方をいい、もう片方はダメと

そういう意味合いでとらえる人もいますけど、アタシはそう思わないんですね。

生活感がないなんて言われちゃってさ、俺も捨てたもんじゃないね!てなことを言う男がいました。

独身に見える、既婚者とは思えない、つまり若く見られている、まだまだモテる・・・という思考回路(笑)。

生活感がない=所帯染みていない、ではないですよねぇ(笑)。

生活感がないというのは、何だか謎、生活実態が見えない怪しさ、そんなニュアンスもありませんかね。

アタシは人妻熟女と外の恋をしてきましたが、生活感がない、生活感を感じさせない人ってのは

いなかったですよ。実生活を見たことなど勿論ない相手ばかりですけどね。

主婦をし、母親もして、妻もね、一応はやりながら(笑)、これら現実の生活の中での

役割を務めつつも、女として外の恋も楽しむという図。

逆にね、生活感がないってのは謎めいてしまい、不安要素になるような気もします。

いや、ミステリアスな主婦の方がいいじゃねぇ~か、魅力的だという人もいていいし、

それはそれでOKなんですけどさ、アタシはそうではないというだけで。

過去、このブログで書いた記憶もありますが、アタシも生活感がない人だってことを

会社の若い女子社員に言われたことがありました、かつて、何人かに(笑)。

そん時はどう感じたかと言えば、都合のいい解釈をしましてね、ええ。

所帯染みて草臥れたサラリーマンには見えないんだと勝手に思いました(笑)。

今となってはもう生活感満載かと思いますねぇ・・・アタシ自身(笑)。

生活感がある、感じさせるお互いの方が安心材料になり、外の恋が上手くいく。

そんな気がしますがいかがでしょうか。

選び方色々、選ばれ方も色々

今週は何気に進むのが早い気がするアタシです(笑)。

もう気が付けば木曜日、明日は金曜ですね、当たり前ですが(笑)。

来週の明日は6月です。

いやぁ・・・1年の半分まで来ちゃうんですよ、皆さま。

恐ろしいですね(笑)。

何をしても、しなくても、どんどん月日は流れていく、そう感じる今日この頃でございます。

前回の記事の最後の方で外の恋の相手はくじ引きみたいなものだ、

当たりも外れもある、なんてことを書きました。

今日の記事はその続き・・・でもないんですが、まぁ関連する話ですかね。

外の恋の相手、何処でどう出会うか、見つけるか、手段も方法も様々あるでしょう。

皆、真剣ですよね、相手探し、相手選びに(笑)。

不倫をしようというね、道徳に反することを分かっていながらする。

でも、だからこそ相手を間違えたくない訳です、ええ。

色んな人がいますから、世の中には。

危ない人、怖い人、いますね(笑)。

間違っても外の恋の相手に選んでも、選ばれてもいけないようなね。

見極めていかなきゃならない訳です、しっかりと。

その見極めていく過程で、作業と言ってはアレですけど、自問自答するじゃないですか。

言葉、声、文字、会う以前はこういうコミュニケーション力、つまりはメールとか通話とかね、

LINEとか、そのやり取りの中で相手を計りますよね。

地道な作業です(笑)。

そもそも外の恋の相手に対して求めたい物がハッキリと明確になっている人がいます。

そういう人は、ある意味で理想像が既にありますからね、ええ。

その理想像に適う相手を探す、求める・・・中々いませんが(笑)。

理想はあるものの、その理想形との差、乖離は認めていこうという人もいて、

それが多数かなとも思います。

じゃなければ始まらないですもん(笑)。

ここは目を瞑ろう、ここは良しとしよう、ここはまぁ仕方ない・・・妥協の連続(笑)。

で、最終的にOKなのか、OKじゃないのか、その判断、ですね。

言ってみれば、条件を削ぎ落した末に相手を選ぶような。

逆もあります。

そもそも理想も何も描かない、フラットな状態で相手を見て感じ取っていく。

いいなと思えることを一つひとつ積み上げていくように。

積み上がった高さがあるレベルに至ったところで腹決めするようなね。

ブレない信念のように相手への基準とか求めるものが安定的な人でも、

日々の生活の中で色々と出来事がある中で、外の恋に求める内容が変わってくる気もします。

ニーズが変わるんですよね、要するにね。

気持ちが変わるとも言うかな。

それが例えば外の恋の相手選びというくじ引きで、特賞を喜ぶ人もいれば

参加賞の方が嬉しい人もいるということなんでしょう。

見た目だけが選択肢じゃあないですもんね、外の恋も。

その見た目さえ特賞も参加賞も、どちらにもニーズがあるんですよ。

アタシが段腹で垂れ乳でセルライトの人妻熟女こそが最大ニーズであるように(笑)。

その時々の価値観が合えばOKということですね。

そういう時に出逢えた相手こそが選ぶべき相手でしょう。

ありのまま、あるがまま

まだ降ってはいませんが・・・それどころか薄日も射している状態ですが、

今日はこれから雨になるんだそうですね・・・関東ですが(笑)。

昨日一昨日あたりは30度近くまで気温が上がりまして、夏日ですね。

夏日というより、最早、夏が来たというような(笑)。

うっかり忘れそうですが、このあと梅雨が待ち受けているんですねぇ・・・。

あの何もかもが湿って乾かない季節がやってくる。

中高年にはキビシイ季節ですよ、ええホントに。

ただでさえ、清潔感や爽やかさというカテゴリーから大きく逸脱しておりますんでね、既に。

その前提の上に湿気というね、汗、脂、汁、つゆ、液・・・滲むわけです(笑)。

アタシも世間様にご迷惑が掛からぬよう、最低限のエチケットを心がけようと

こう思う訳ですね(笑)。

んー・・・話は大きく変わりますが、世の中には面白いといいますか、

そんなことあるの?!といいますか、俄かに信じられないようなことがあるもんですね。

ある既婚男性・・・アタシと同じく50代だと思いますが、人生初の不倫をしましたと。

SNSで知り合った女性・・・40代だと書いてありましたが。

あ、この話はその男性のTwitterに書いてあったことです。

SNSでやりとりが始まり、盛り上がったわけですね、ええ。

そのSNSにはお互いのアイコンがありまして、相手つまり40代女性のアイコンは

女性の顔写真を加工した状態のもので、何となく顔かたちや髪形がわかるんだと。

一度会いませんかと男性側から誘っても、今は仕事が忙しいとか、子供の受験があって、とかね、

何かと理由がつきまして、会うに至らない日々が続きました。

結局ね、逢うことになったのはSNSでのやり取りがスタートして半年以上経ってから。

結論から言いますと、無事に逢ったんだそうです、某駅で待ち合わせたと。

アタシがげげっ!と驚いたというのはね、その現れた女性の姿かたちの事でした。

SNSのアイコンに使用されているその女性と思われる写真ね、加工された写真、

待ち合わせ場所に現れた本人と似ても似つかない(笑)。

そりゃそうで、何故なら全然関係のない赤の他人の写真を加工して使っていただけという(笑)。

しかもね、40代と言っていたけれども・・・どう見ても50代じゃないのかと(笑)。

顔も違う、知らされていた年齢もどうやら違う(笑)。

皆さま、仮にね、仮にこういうシチュエーションになったらどうします?(笑)

この男性はその初対面の相手とそのままホテルに行き(笑)、久々のセックスに感激し、

今も尚、その女性と続いているんだという話ですが(笑)。

・・・結局は誰でもいいのかよ!(笑)

まぁね、わかりませんけどね、SNSでの言葉のやり取りがあって、信頼があって、

関係性が築かれていたから写真と違っても大丈夫だったのかもしれませんし。

実物とSNSの写真、どちらが映えているかと言えば、SNSの写真、他人の写真だそうです。

まぁ何て言いますかねぇ・・・詐欺まがい?(笑)

その女性もね、写真は他所の人のを使うのはダメですよね。

あと・・・まぁ老けているだけなのかもしれませんけど年齢詐称も(笑)。

文通をするように、永久に会うことのない相手ならね、いいのかもしれませんけど、

外の恋をしようってことは逢う訳ですから、ええ。

そのときに驚愕されるのも、驚愕するのも望まないこと・・・ですよね?(笑)

見た目も何もかも、ありのままでそもそもスタートしないとね。

初めて逢うまでお互いの顔かたちを知らないというスタートもあるでしょう。

アタシも何度もあります(笑)。

他所の人の写真を使うくらいなら、顔かたちなど知らないままに関係性を作り上げた方がいい。

本質はそっちの方にありますもんね。

見てがっかり、逢ってがっかり、なんてこともあるのかもしれないけどさ。

それはそれで仕方ないじゃない。

くじ引きみたいなものですから。

当たりも外れもあるんです。

費やした時間とお金の意味と価値

毎度どうも、アタシです。

鼻毛を切り過ぎてスースーしますね・・・やたらとクシャミが出ます(笑)。

そんなことはどうでもいいですね、いや失礼いたしました。

少し前にお金の事について書いた記憶がありますが、

家計簿とかね、今どき紙に書くタイプのヤツは少ないんでしょうけど、

お金の管理ってやりますよね、大抵の大人は(笑)。

今月、何に幾ら使ったのか、ひと目見て分かるようなね。

PCやスマホで管理できる便利なのがありますから、それを使う人も多いでしょう。

アタシも自分のお金の出入りは管理していますよ、ええ。

しかも手書きで(笑)。

いや、毎年使うビジネス手帳に項目ごとに手書き+エクセルの表計算で。

時々古いデータを見ます。

あ、そこにね何が書いてあるか、ですよね(笑)。

飲食費とかね、今月幾ら酒を呑んだかとか(笑)、どれくらい本を買ったかとか、

あとはね、アレです・・・外の恋の出費とかさ(笑)。

数字ですから、金額ですね、要はね。

遡ってその数字を見ると、記憶が呼び起こされますね、何となく、概ね(笑)。

この年のこの月のデート代が跳ね上がっているのは、ああそうだった、

一泊二日でラブホをはしごした上に更にビジネスホテルに籠って

新幹線で往復したんだな、とかさ(笑)。

つらつらと眺めておりますと、アタシはこれまでの人生で一体幾らの金額を

外の恋に費やしてきたんだろうと、ふとそんなことを思ったりします。

100万や200万円じゃあないかなぁ・・・(笑)。

記録もなければ、今となっては記憶も曖昧な40代の頃の外の恋も含め、

この数年記録が残っているモノ、全部を足し込んだら果たして幾ら?!(笑)

一財産、分譲マンションの頭金位は使ったのかな(笑)。

コレってね、こういう話をするとね、ムダ金使いましたね的な、

勿体ないお金、唯々浪費しただけですねというような、見方をする人がいますね。

そもそも外の恋などしない人、したくもないという人たちです。

そりゃあそうでしょうね、しない人には一切出ないお金ですもん(笑)。

そしてお金と共に費やしたもう一つのもの、時間。

外の恋をしない、したことがない人には想像もできない時間の使い方でしょう。

他所の奥さんに逢いに行く、しかも新幹線に乗り込んで。

あらゆるリスクを背負ってまで、遥々逢いに行く、そして朝から密室に籠ってね、

腰を振って射精して、垂れ乳と段腹を振るわせて見悶えて善がって、

中高年の男女がそんなこんなを過ごすことに費やした時間です。

さて、アタシは通算で累計で何時間・・・いや何百時間ですかね(笑)、

費やしたことでしょう。

意味がないと思う人には意味がないものでしかないでしょうけど、

別に意味を持たせようなんてね、微塵も思っちゃあいないんですよ。

そうしたかったから、そうしただけのことなんですから。

アタシの人生にとって、その時々で自らが選択した外の恋ですんでね、ええ。

いい思い、散々しました。

そうでもない出来事、多少はありました(笑)。

そこにお金も時間もかけないで生きてきたら、つまりは外の恋をしないままに

人生を生きてきたとしたらね、アタシは大金持ちになっていたんでしょうか(笑)。

プライスレスでタイムレス、外の恋。

その隙間を埋めるもの

おはようございます、皆さま。

来週、年一回の定期健康診断を控えるアタシです(笑)。

健康診断、受けてますか、皆さま。

アタシの嫁のママ友は確か40代後半だったかと思いますが、聞けばもう10年近く

健康診断を受けたことがないという。

ズボラなのか、健康に絶対的な自信があるのか、はたまた単なる面倒臭がりなのか。

まぁそれでもどこも悪いところがない、この10年風邪一つ引いたことがないそうで、

やはり自分に自信があるんでしょうね。

健康診断の結果に一喜一憂するのもアレですけどね、

中高年ともなれば、それなりに彼方此方ポンコツ化してきますんで、ええ。

アタシも今日からはお酒控えめに(笑)。

一方で自分の体調、見た目に常に気持ちを向ける人、いますね。

ちょっと変だな、おかしいなと思えば医者に行く、検査をする。

老いることに徹底的に抗うように、体に悪いと言われることは一切しない(笑)。

美容に関することへの投資が凄い、とかね(笑)。

外の恋と紐づいていることもありますね、美容と健康への投資、意気込み、気持ち。

まぁいいじゃないですか、それはそれで張り合いになりますもんね(笑)。

元気で健康でいることに誰も文句はありませんから。

出逢いはいつ何処で、どんなタイミングであるものか、わかりません。

計られたように出逢うばかりじゃあないですよ、やはり。

不意に、ひょんなことで、偶々・・・そんな言葉で言い表すことがピッタリの

そんな出逢いもあるもんでしょう。

不思議なものでどんないい男、いい女が目の前に現れようとも

何とも思わない、感じない、そんなときがあるんですね、ええ。

既に自分には満たされた相手がいるとかね(笑)。

他所に目が向かないんだな、要は(笑)。

また、そもそも外の恋に・・・つまり不倫や浮気に全くと言っていいほどに

気持ちがわかない、向かないということもね、あるもんでね。

興味がない、その気がない、そういう人にそういう時期に何を差し出しても(笑)、

どんなに熱い口説きや繰り返されるアプローチがあったとしても、

成らない、全然進展も何もないんです。

ところが、ある日ふと思うんですね。

この心に吹く隙間風は何だ、と。

この沸き起こる寂しさと誰かと繋がりたい思いは何だ、と。

同じ人ですよ、これね(笑)。

ある意味で機が熟したということかもしれないですよねぇ・・・。

それこそ何かのタイミングかもしれない、何かの。

ドラマや映画を観て、感じ入った主人公に自分を重ねたことで

あんな風に大人の恋愛をしてみたい、不倫でも気持ちを満たされたいとかね。

以前は思いも感じもしなかったこと、何故か思い、感じてしまう(笑)。

その時に誰が周囲にいるか、自分が誰を見ているか、ロックオンしているか(笑)。

平たく言えば、それが出逢いのタイミングというね、そういうものなんでしょう。

ある人は子育てが終わり、子供が独立して、母親の役割を終えて、

その日常に出来上がった隙間を感じたその日がきっかけかもしれない。

その時にね、何歳なのかはあまり関係ないんだと思います。

人によっては40歳かもしれない、30代かもしれない。

あるいは50代かもしれないし、還暦を過ぎてからなのかもしれない。

相手次第、そして自分次第ですもんね。

心の隙間を埋めるものが外の恋でしかない・・・のではない(笑)。

外の恋などしなくてもよい。

してもいいけど(笑)。

したらいいことありますけどね、きっとね。

いいことだけでもないかもしれないけどね。

それもこれも自己責任で。

AIでは外の恋はできません

ご機嫌いかがですか、皆さま。

今日も意味なく元気なアタシです(笑)。

今朝、いつも乗る電車がいつになく混んでおりまして。

何故かというと、いつもなら乗っていない人たちが乗っているからなんですね(笑)。

勘の良い方ならお分かりかと思いますが、そうです、修学旅行に行く学生の集団です。

アタシは在来線に乗って都内まで通勤しておりまして、関東在住の中高生は

大抵は東京駅か浜松町駅へ向かいますね、修学旅行で。

新幹線、あるいは飛行機。

この子たちの親世代は多分30代後半から40代後半くらいなんだろうな、と

子供たちが修学旅行に行く、そして親は外で不倫デートをする、なんてね、ありそうですね(笑)。

実際、アタシもありましたから。

娘が修学旅行で京都大阪方面へ行くその日、アタシも新幹線で西へ(笑)。

東京駅にいる朝の時間帯がね、微妙に重なりそうでねぇ・・・気が気じゃなかったです(笑)。

だって、アタシはその日、会社に行っているはずなんですから(笑)。

新幹線に乗り込むはずがないんですから(笑)。

まぁ今となっては懐かしいだけの思い出ですね、ハイ(笑)。

話は変わりますが(笑)、最近AIのことを書いた本が巷にたくさん出始めた気がします。

人工知能ですね。

この先、人工知能が仕事をどんどん奪っていくなんてことが書かれていたりしますが、

んー・・・まぁね、それは確かにあるんでしょう。

仕事でもプライベートでも、人工知能の仕組みを知らず知らずの内に使っている、

実はもうそんな世の中になっているんですねぇ・・・。

モノを探すにも、買うにも、スマホやパソコンをいじれば、リコメンド、おススメってのが

画面上にジャンジャン出てきますね。

アナタの欲しいものはコレでしょ?みたいなね。

アタシはもう10年それ以上ですかね、使っておりませんが、

出会い系サイトも最近はAIのような機能があって、おススメが出てくるらしい(笑)。

アナタの嗜好、趣味に合うのはこのオッサンです、みたいな(笑)。

何をどう読み取っておススメなんでしょうね(笑)。

おススメされたら、その人をおススメされるままに受け入れる・・・んですか?!(笑)

何がいいのか、よくないのか、誰がいいのか、どれなのか、見つからない、選べない、

そういう人がいたりしますね、不倫と言いますか、浮気、外の恋をしたい人の中に。

だから、リコメンド機能じゃあないですけど、おススメ的なサポートがありがたいとか。

アタシはこういう流れに猛烈に違和感を覚えるんですねぇ・・・。

一からすべて、自分で自力でやらないとダメだと思うんですね、外の恋の起承転結。

相手を見つけるのも、見極めるのも、判断するのも、すべて自力、自己完結ですよ。

誰か他所の人がこの人、いいですよ!おススメですよ!なんてこと、あり得ないでしょ(笑)。

ましてやAIに推薦されてもねぇ・・・どうなんでしょうか(笑)。

外の恋は頭をフル活用するものだとアタシは思っておりまして、ええ。

物凄く頭を使います。

考えるじゃあないですか、色んなことをね、悪だくみも含めて(笑)。

これがいいか、いやこっちか、いやいや違うな、こっちだな、とかね。

バレないように周知徹底とかさ、アリバイ作りじゃないけど、手筈も整えるし。

そして一番大事なこと、相手のこと。

気持ち、感情が動かなければできませんからね、外の恋は。

それを誰か他の人や仕組みに頼るのはダメだと思うんだね。

無駄な事も敢えてしなきゃならないし、必要な無駄って必ずありますし。

手間も暇もかかるんですよ。

それを端折るから逆に成るものも成らないというね、そういうものですよ。

とかく本筋だけを辿りたくなる、何たってもう時間限定を身を以て知る中高年ですから(笑)。

それはご尤もなんですけど、でもだからこそ自力で地道にやるしかないな、と。

そう思うんですねぇ・・・。

永遠の愛を誓ってから

あ、どうも、アタシです。

いきなり関係のない話ですが(笑)、最近気になっている本がありまして、ええ。

で、アタシは毎日のようにと言いますか、暇さえあればと言いますか、

本屋に行くんですね、頻繁に。

行く度に、その気になる本を手にとっては、ページを捲る、捲っては読み、また捲る。

次の日も、また次の日も(笑)。

で、んー・・・どうですかねぇ、もう1週間くらい経ちますかね、その本が気になってから。

本屋に行く、彼方此方の。

行く度に都度、その本を見つけては手に取り、ページを捲る、読む(笑)。

昨日ね、はたと気が付きました。

もう全体の3割以上読んでいる(笑)。

コレ、アタシは買うんですかね(笑)。

読みたい本=買って手元に置きたい本・・・とは限らないような気がしてきます(笑)。

でも買うかなぁ・・・何度も読みたい本でもあるしねぇ・・・。

でも、もう勢いで立ち読みで読了しそうな気もするし(笑)。

セコイですかね、アタシ(笑)。

そんなどうでもいい話じゃあないんです、書こうと思っていたことは。

外の恋のことですね、勿論(笑)。

アタシは、んー・・・言わずと知れた既婚者です(笑)。

結婚して20数年ちますね、気が付けば。

もうなのか、まだなのかわかりませんが、20年数年を経て今に至ります。

ふと思い起こしたことに、アタシは牧師の前で永遠の愛を誓ったんですよね、確か(笑)。

確か、誓ったと思います。誓いますかと聞かれたので、まぁ誓うだろうということでね(笑)。

振り返りますに、全然誓っちゃあいなかったね、外の恋をしてきた身を思えば(笑)。

まぁアタシもね、結婚当初からこんな風じゃあなかったんですよ。

ある日ある時、ふと気が付けば他所の奥さんに心をときめかせ、チンコを固くしていたというね、

そういうアレですから(笑)。

不逞ヤツですね、ホントにね。

永遠の愛じゃあなかったんですかね、あの誓いは(笑)。

女としては最早見ることもできないウチの嫁ですが、家族としては大切な存在ですよ。

存在の在り方、それが変遷しただけで、伴って永遠の愛のカタチが変わっただけで、

アタシはその意味では嘘つきでもあり、そうでもなかったり(笑)。

嫁はアタシをどう思い、どう感じているんですかねぇ・・・不意に思います。

アタシと同じように家族としてのみ、見る存在ですかね、男ではなく。

男として見られていたら困るんですけどね、今更(笑)。

関係性は変わりながら上手く進んでいくのが今どきの夫婦だ、なんて話を耳にしますが。

それはね、外の恋・・・要はこっそりと浮気や不倫をしながらも家族は家族、夫婦で居続けるような。

外の恋でもね、関係性は不変のままじゃあないですもんね。

始まりの頃と比べたら何かにつけて違いがあるものじゃあないですか。

必然の変化、移ろい、必ずありますよ。

その時々でね、当事者2人の気持ちの向き合い方とか、バランスとかね、

それが上手くいかない時もあるものじゃあないですか。

感情レベルまで同じようにはできるがはずがないんですから。

同じ気持ちだとしても表現力やそのメモリや手段、方法は違うしね、どうしても。

その違いやズレを許せば楽、許さねば悶々とする(笑)。

あんまり突き詰めないことですかね、外の恋のことはね。

クルマのハンドルに遊びがあるように、気持ちや感情にもある種の緩さ、遊びがないとね。

何を書いているんだか、よくわかりませんが(笑)。

意識が自分に向かう外の恋

皆さま、ご機嫌いかがですか、アタシです。

5月も早くも半ばまで来ましたね。

今朝はどんよりとした曇り空、昼頃には雨が降り始めるらしい・・・あ、関東地方です(笑)。

今年は梅雨入りが早いとか、そんな予報もありますね。

5月だというのに今週は真夏日予報もありましてね、ええ。

季節の進み方がずれているような、四季がなくなってきたような(笑)。

何を着たらいいのか、迷うような今日この頃です。

アタシは地元のスポーツジムに長年通っておりますが、

更衣室、ロッカールームで、いつも思うことがあるんです。

オッサンの普段着はゴルフウェア(笑)。

あのー・・・週末のスーパーの売り場でも、外出先でもそう感じるんですけどね、

年代でいいますと、んー・・・50代以上ですね、そのまんまゴルフ場にいる姿。

ポロシャツにスラックス、着替えを入れるために持つのはボストンバッグ。

何時だったか忘れましたが、初めて逢う相手がダサいゴルフウェア姿で

現れたのを見て、その服装センスのなさに一気に気持ちが萎えたと、

そんなことをブログに書いていた人妻がいました。

・・・わかりますねぇ(笑)。

他に着るもの、持っていないんですかね(笑)。

何も着飾る必要などなく、そんなことしたらね、逆に怪しまれますからね。

ただ、ゴルフウェアはないよね、やはり(笑)。

外の恋をしたことがある人ならわかるかと思いますが、実感としてね。

意識が変わってきますよね、自分への意識が。

妙に服装を気にし始めるオッサン、普段着ない服を引っ張りだしてくるとかね(笑)。

身だしなみ、髭とか髪型とか、オーデコロンなんか買ってきちゃったりね(笑)。

もろに嫁にバレるわかりやすい変化です(笑)。

女性もね、人妻熟女も意識が自分に向かうんじゃあないですかね。

外の恋が始まれば、久しく眺めたことがない自分の体形を鏡の前に晒したり。

まじまじと眺めて首を傾げる、この下っ腹でホントにいいのか、とかね(笑)。

女性は元々化粧もするし、普段からファッションやお洒落そのものに意識があるでしょうから、

男ほどのわかりやすい変化は少ないかもしれませんが、それでもね、意識が違ってきますね。

セックスしたことでホルモンが出る、色艶が変わってくるなんてことは当然で、

そうなるとね、傍から見た人たちがその変化に気が付くというね、危ないですね(笑)。

意識が自分に向かうと言えば、内面にも向かいますね、自分の体の健康に。

元気で健康でいること、それが全ての元になることに気が付くんですよ。

見た目の体形に意識が向かい、いくら何でもこのままじゃあダメだと思ったりね(笑)、

そして気にもしなかった健康診断の結果に意識が向く、向き始める(笑)。

中高年ですからね、何があってもおかしくないんですから。

アタシは30代後半から外の恋をしてきましたが、断続的に(笑)。

40代半ば以降は健康であることへの意識はさらに強くなったと思います。

自分に意識が向かうというというよりも、とにかく元気でいること、体力面でも精神面でも。

少しでも長く、濃く外の恋をすること、それを楽しみたいと思えばね、意識せねば、です。

ただ、嫁や旦那に、そして家族や会社の同僚とかにね、

怪しまれたり、勘繰られないように(笑)。

揺るがぬ信念と頑固さと

皆さま、アタシです。

GW明け、ずっと雨模様で肌寒く、季節が逆戻りしたような感じですね。

今朝も東京は雨、アタシの地元千葉は曇りで晴れ間もある朝だったんですが、

都内に出てみたら雨が降っているというね、傘がないってーの(笑)。

もう冬物はクリーニングに出してクローゼットにしまいましたんでね、ええ。

頑なに夏物のスーツです。

スースーして寒い(笑)。

何もそう頑なになる必要などないんですが、なんですかねぇ・・・意地ですかね(笑)。

ウチの娘なんかね、もう何の迷いもなく昨日は冬に着ていたコートを引っ張り出して

外出しておりましたから、ええ。

それが自然な流れ、当たり前のことなんでしょうね(笑)。

オッサンは頑な生き物、いや、年齢を重ねると頑なになっていくんでしょうかね。

頑固と言いますか、融通が利かないと言いますか(笑)、意固地とかね(笑)。

頭が固いとも言いますかね(笑)。

んー・・・アタシも気が付けば50代を数年過ぎましてね、何を隠そう(笑)。

自分でも感じることが多々あります、頑なだ、と(笑)。

今まで生きてきた中で、こうだった、こうしてきた、という経験に基づいて

だからこの先もこう、こうなんだ、という在り方。

それを信念ということもできる・・・んでしょうかね(笑)。

外の恋のことに限ってみてもね、アタシの過去から現在までを振り返りますと、

変化したようにも思えるし、変化など全くしていない、それこそ頑なに、という気もします(笑)。

枝葉の部分が変わっても本質の部分、幹の部分は変わっちゃいないということかな。

もっと柔軟に、もっと融通が利くように、もっと違う発想で、別の視点で・・・というような

そんな思いに駆られることもあるんですよ、アタシでも(笑)。

面倒臭いんですかねぇ、要するにね、今までと違うことをするのがね。

自分のこういうところが嫌だ、変えたい、変わりたいと思いながらも、

それもね、若い頃からそう思ってきたりもしますね、人は。

ところが今に至ってもその変化がない、微塵もない(笑)、そう感じることってあるじゃあないですか。

まぁ、いいかという思いとか、嫌な自分を実は自分らしさに思う自分がいたりね、

中々難しいモノですね。

外の恋は一人じゃあできませんからね、オナニーじゃないので(笑)。

相手がいて初めて成り立つ訳で。

自分仕様に、自分好みに変えようなんて思っちゃあいけません。

自分が変わってもいないのに、頑なに(笑)、相手に求めちゃあ理不尽ですね。

となればね、結局はありのまま、今のままの相手を許容して受け止めて、

それができることが成り立ちの条件じゃあないですかね。

努力はしなきゃいけない、人間関係ですから、外の恋も。

いい人である必要はないけどね、頑なでも信念でも、それがある人がいいと思う。

あとね、顔つきですかね。

生きてきた証、経てきた人生が出るのが顔つきですもんね。

今日は真面目にいいこと書きましたね、アタシ(笑)。

そうでもないですか?(笑)

お金と外の恋

衣替えした途端に肌寒いというね、何ですかね、この仕打ち(笑)。

昨日より更に今日は気温が上がらないんだそうで。

クールビズ姿が寒々しいですよね、ホントに。

あの、何処でしたっけね、環境省でしたっけ、5月からクールビズでアロハシャツみたいなのは。

今日もアロハ姿なんですかね(笑)。

気温差が激しいと体調も崩しやすいですからね、ご自愛ください、皆さま。

そんな訳で、昨日からね、仕事です、9連休明けです。

何たって9日間、家事手伝いのような過ごし方をしましたんで、ええ(笑)。

会社に行くことが、まぁ新鮮なこと!(笑)

都内の風景ってのは街も人もね、刺激になりますよ、やはり。

道行く熟女の姿を見るだけで元気が出ますね、チンコの(笑)。

つくづく思いますね、男も女も家に籠ってちゃあダメだ、身も心も劣化しますよ。

さ、今日も書きますか、性懲りもなく(笑)。

お金のこと、このブログで何度か書いたテーマだと思いますが、

んー・・・お金ね、マネー(笑)。

世の中、お金なしでは生きていけません。

不自由なく、苦労もなく生活ができるだけのお金があればいいという人もいれば、

いくらでも欲しい、どれだけあっても足りない、もっと稼ぎたい、贅沢を尽くしたいというね、

お金がすべてという人もいて。

アタシんちはいわゆる中流家庭というカテゴリーじゃあないですかね、多分。

資産家じゃあない、間違っても(笑)。

湯水のように使えるお金で財布が膨らんでいることもない、一度もない(笑)。

ですが、自由になるお金、外の恋に使うお金、コレはありました、常に(笑)。

外の恋もね、何かとお金がかかりますからね、どうしたって。

呑んだり食べたりする、セックスだって野原でするわけじゃあないですから(笑)、

ホテル代、それから遠距離だったら交通費、それも往復の(笑)。

服や下着とかね、女性ならではの外の恋にかかるお金ってあるものでしょう。

アタシがお付き合いした過去の人妻熟女の方々、性格もタイプも様々でした。

お金の使い方もそれぞれ・・・だったですかね、確か(笑)。

アタシが経験したことではないですけど、他所の人の話ですが、一銭も出さない人がいました。

外の恋のデートでお金を支払うのは全部相手・・・男の側(笑)。

ホテル代、飲食代、全部。

コレ、どうなんでしょうね?(笑)

囲われた愛人のような、そんな気がして来やしませんか(笑)。

それで違和感なく成り立っているんでしたらね、外野が云々意見するアレじゃあないですが。

一般論じゃあありませんが、総額で見た時に男がやや多めに払う、ですかね、概ねの感じで。

きっちりと割り勘にしなきゃ気が済まない!一円単位まで拘る!そんな人、います?(笑)

男がそうだったらセコイ、セコ過ぎますね(笑)。

昔・・・と言っても10年少し前ですが、当時12歳年下の人妻(新婚でしたね、この人)と

外の恋をしたときは、確か全然払わないヤツでしたねぇ・・・(笑)。

何たってね、お金がないですよ、この人。

お金がないのをアタシも知りながら、勢いもあってお付き合いした訳ですけどね(笑)、

2人分を常に払い続ける訳ですから、ええ。

万単位でお金がジャンジャン出ていく実感ね、これは結構堪えました(笑)。

挙句には、この人妻にはお金を貸したんだなぁ・・・未だに返ってこない(笑)。

貸した時点で返らない確信も覚悟もありましたけどね、勿論。

お金って大切ですけど、使い方、使わせ方、支払いのバランスとかね、

外の恋でも意味が大きいと思うんですよね。

気持ちさえ萎えさせるようなこと、ありますもんね、お金って。

大人ですから、大人のお金の使い方、払い方を忘れちゃあダメですね。

許容とこだわり、譲れない線

皆さま、ご機嫌いかがですか、アタシです。

誰が何と言うとも、GWは今日までです(笑)。

明日から仕事なんですねぇ・・・9連休明けの仕事だ、会社だ(笑)。

もうね、連休に飽き飽きしちゃってね、休みを持て余しちゃってさ、

家に居ても面白くもなんともない、かと言って何処へ行く当てもなく、

何処に行きたいというアレでもなく、とにかく家に居たくない一心で

会社が待ち遠しいなんて人が、結構いるみたいですね(笑)。

旦那が家に居る毎日がとにかく鬱陶しい、邪魔、面倒臭い、事実、臭い(笑)、

そんな奥様方の愚痴や文句が巷であふれかえっておりますね、ええ(笑)。

嫁が口うるさい、アレをしろ、此れを手伝え、何処か行くとこないのか邪魔だ、みたいなね、

そんなこんなの扱いを受けてストレス満載の旦那衆も多いんだ、実際ね(笑)。

旦那がカレンダー通りに仕事だったので、5月1日、2日あたりに外の恋の相手と

ホテルでセックス三昧だった人妻熟女のTwitterも見かけました(笑)。

夫婦共働きで嫁が仕事に行ったので、ここぞとばかりに自分は有給にして

他所の人の奥さんに射精し捲ったというTwitterもまた見かけました。

羨ましいですね(笑)。

まぁいいじゃないですか、それもこれも今日まで、明日からは日常生活ですよ。

今度の長期連休と言えば、もうお盆までないんでしょう。

8月・・・遠いようでそうでもないと思いますね(笑)。

外の恋をしている皆さま、したことがある皆さま、そしてこれからしようと思っている皆さま。

こだわりってものがありますよね、外の恋のことについて。

特に相手へのこだわり、ない筈がないね(笑)。

こだわりと言うには大袈裟で、譲れない線と言った方がしっくりきますかね。

こんな質問をするとね、いやぁこだわりも譲れない線もない、全然ない、なんて言う人がいる(笑)。

そういう人に限って、こだわる、譲れない線だらけ(笑)。

もう自他共に認める中年だ、中高年とさえ言っていい年代だ、体もだらしなく衰えかけ、

裸になることなど想像もできない・・・なんてね、事実思いながらも外の恋はしたい、する。

自分のことを棚に上げて、相手にばかり望むなんて烏滸がましい・・・とも言いながらも、

やっぱりありますよね、こだわりも譲れない線も。

それはね、生理的なものだったりもするじゃあないですか。

アタシが華奢でやせ細ったような女性が苦手なように、デブはダメ、ハゲも嫌とかね(笑)、

ないようであるんです、こだわり、譲れない線(笑)。

若い頃よりも年齢を重ねて色々と人生経験を積んだおかげでさ、

逆に付帯条件が増えたような気さえしてきますね(笑)。

ただ、アタシも思うにはね、許容範囲とか、まぁいいじゃないか、そんなところでというような

いい意味で諦め、概ねOK!みたいなね、許す心のようなもの、これは大切ですよ。

結局はね、いないんですから、100%な相手など。

一瞬は100%と感じることがあるかもしれない・・・けど、一瞬ですから(笑)。

付き合うほどに目減りします(笑)。

それよりも何よりも大事なのは、始めることですね、外の恋を。

今ある状態を動かすことですね。

経験すればわかりますから、想像していたものとの違い、差と言うものが。

想像通り、微塵の差もないという素晴らしく美しい結果を得るかもしれないし、

やはりそうでもなかった、やってみて、触れてみてわかったことにギャップや

場合によってはショックを受けたりね(笑)、ガッカリしたり(笑)。

いいじゃないですか、それもひとつの答えですもん。

相手あっての外の恋ですけど、自分あっての外の恋でもありましてね、ええ。

独りよがりはダメですけど、譲れない線はあってよい。

でも、許容も忘れずに。

知性、痴性、恥性

気が付けば・・・でもないんですが(笑)、GWも終盤なんですねぇ。

有意義な過ごし方されましたか、GW。

アタシは家で仕事、昔の映画のDVD鑑賞・・・いや、だからね、エロDVDじゃないって(笑)。

それから、んー・・・本棚の整理、断腸の思いで古本屋へ出す本の選抜、そんなこんなですね。

あ、あとは家事手伝いです(笑)。

スーツも衣替えしました、そう言えば。

冬物のスーツ、それからコートをクリーニングに出しまして、ええ。

来週からは夏のスーツで出勤ですね、アタシも。

えー・・・と、アタシの仕事は転職のお手伝いをすることなんですが、

男女は勿論、年齢も様々、色んな人の転職相談を受けます。

話を伺いながら見るモノは、その人の履歴書と職務経歴書です。

そこには学歴が書いてありますね、学歴が。

日本の最高学府と言われる大学を卒業した人、何度も会ってきました。

最終学歴が地元の公立高校の商業科卒と言う人にもね、たくさん会いました。

所謂エリートと呼ばれるような人が正真正銘、まさに立派な人・・・でもないんですね(笑)。

最高学府を出た人でも、約束された人生を歩める訳じゃあない。

そして、高校中退でも人生逆風ばかりでもない。

学歴と知力はイコールじゃないなと、つくづく思います。

知性と言う言葉がありますが、んー・・・学歴に紐づくものじゃあありませんね、知性は。

考える力、思いやる力、思考回路、想像力ですかね、知性とは。

地頭がいいというものとは、あまり関係ない気がします。

言葉や文字を大切にする心も、知性かもしれません。

知性と全く同じ音ですが、他にもある、ちせい。

痴性、そして恥性。

アタシね、全く以て個人的見解ですけどね、外の恋には3つのちせい、

知性と痴性と恥性が必要かなと思うんですね、ええ。

バカになる、バカでいられる、夢中になる、あの人がまさか・・・という痴性。

恥ずかしさ、恥を知りつつも、のめりこむように他所の人の配偶者へ突き進む気持ちの恥性。

恥ずかしさを忘れて、セックスの快感に狂乱して酔い痴れる姿。

3つのちせい、です。

元々持ち合わせている人など、殆どいないと思っておりまして、3つのちせい。

でも、ひとつはあるのかな、そもそも。

ひとつがあれば、残りの2つは後天的に得る、身に付く(笑)。

順番はどのちせいが最初なのか、わかりませんけどね、

思うに、知性かな、最初は。

それがあればこそ、備わってくる痴も恥も、ですかね。

堂々といきましょう、知、痴、恥の3つのちせい。

そして楽しみましょう、外の恋。

軌道修正と達観の外の恋

強かった雨も止み、吹き荒れた風も収まってきました。

GW後半戦、スタートしました。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

外の恋の真っ最中ってことでね、セックスの合間に全裸でアタシのブログを

読んでいる人・・・いませんよね、さすがにね(笑)。

高速道路で渋滞に巻き込まれている人、機上の人、自由席で寿司詰め状態の人(笑)、

皆さま、どうぞ心穏やかにね、イライラせずに行程をお楽しみください。

アタシはどうしているかと言いますと、この9連休は休日出勤をせず、

とは言いながらも毎日何気に家で仕事をしています(笑)。

何処に行くというアレでもなく、まぁホントに平和に平凡に過ごしておりますよ、ええ。

暇を持て余した訳じゃあないんですが(笑)、他所様のブログやSNS、Twitterとかね、

ツラツラと見ておりました。

勿論、ジャンルは不倫、外の恋のこと限定ですが(笑)。

アタシの主観と言いますか、個人的な思い込みなのか、事実そうなのか、わかりませんが、

アレですね、不倫のことを書いているブログってのは概ね暗いですね(笑)。

つらい、悲しい、寂しい、そのオンパレード(笑)。

さらにはね、恨むとか、果てには呪うとか(笑)、もうホントに止してくれってーの(笑)。

書いている本人、書き手はそれでスッキリするんですかね。

偶々読んじゃった側にしてみますと、もうね、嫌な気分になりますね。

意味なく凹んだ気分になるもんですよ、ええ。

不倫だからこそ、外の恋だからこそ、明るくやった方がいいとアタシは思うんですがねぇ・・・。

読めば読むほど申し訳ないけど意見したくなるような、いやもうね説教したくなるような(笑)、

そんなブログを偶々見かけまして、ある意味で興味津々です(笑)。

書き手は推定40代の人妻です。

色々突っ込み処が満載過ぎて全部を書いたら原稿用紙100枚でも足りないと思う(笑)。

ということでね、ひとつふたつ(笑)。

【彼(不倫相手の他所の旦那です)が私の思うとおりにならない】

・・・当たり前!(笑)

【付き合い始めた頃と、今とでは魅力が半減、減る一方】

・・・さっさと別れたらよろし!(笑)

【奥さんや家族と過ごす時間を減らして、私との時間に使おうとする努力が足りない】

・・・だって、アナタ不倫でしょ?(笑)

もう一つくらい書いておきますか・・・。

【彼と終わったら、私はきっと抜け殻】

・・・(笑)!セミかよっ!(笑)

アタシね、想像ですけどね、多分間違っていないと思うんですけどね、

このブロガーさんは自己陶酔が凄まじい人だね。

そして自己中で俯瞰する目がなく、もしかすると激情型な人、

何をしでかすかわからないタイプかもしれないですね。

そもそも他人、しかも完成され切った大人の状態で知り合った上で、

外の恋をする訳でしょう。

思い通りになんかなる訳がない。

思い通りにならないことだらけで、思いとは裏腹なこと満載で、

思惑通りにならないことが常で、思っていたことと乖離することが多々あって、

それでも尚、気持ちやスタンスをリセットしたり修正したりしながら、

その人と繋がっていたいと思うか、どうか、というものじゃあないんですかねぇ、

外の恋は。

その人が唯一と思うのは美しいけど、抜け殻になるものじゃあないでしょう(笑)。

所詮、こんなものと思うことが安っぽさとか、軽さとはアタシは違うと思うんだよね。

諦めと悟りを持ち合わせて、そこそこでOK出さないとね、息が詰まります。

完璧など求めちゃあいけません。

罰が当たります(笑)。

外の恋は楽しくする、楽しめるように自分で自分を誘導しましょう。

プラスマイナスゼロでしかないと思う

あ、どうも、アタシです。

GWも半ばまで来ましたね。

仕事の人、お疲れ様ですね、日本経済のために頑張ってください!(笑)

9連休のアタシですが、今日は家で朝から目一杯仕事をしましたから、ええ。

電話とメール、今日は平日なんだなぁ・・・と、再認識しました(笑)。

当たり前のようにお客様から携帯に電話が入る、メールが来る、しかも急げと(笑)。

アタシねぇ、弊社は9連休ですってお知らせをしたんですけどねぇ・・・(笑)。

そうは言っても、このオッサンは5月1日、2日は仕事するはずだ・・・と、

アタシの働き方と言いますか、思考、行動パターンが読まれているような(笑)。

まぁいいんですけどね、仕事大好きですから!

そんな訳でしてね、今日も性懲りもなく書きますかね、外の恋のこと。

出逢いと別れ、表裏一体と言いますか、ワンセットと言いますか(笑)、

出逢うから別れがあり、別れがあるから出逢えるというね、そう思います、アタシは。

別れにも出逢いにも流れがあると思うんですね、そこに向かっていく流れ、展開が。

出逢い、惹かれ合い・・・かどうかは別としても(笑)、付き合うこととなりました、と。

で、その付き合いもね、長短ありますね、どうしても。

儚く数日、数日どころか1日さえ続くない(笑)、なんてことだってなくはないでしょう。

長い付き合い、何年も続く関係、ありますね。

夫婦を超えた深さを感じる外の恋もあるのかもしれない、アタシは未知だけど(笑)。

長かろうと短かろうと、その外の恋の濃さと言いますか、思いの深さですかね、

あるじゃあないですか、感情がね。

お互いに気持ちが冷めて、何も思わなくなり、双方一致で終了を迎えるなら

特別な感慨も何もないかもしれませんが、片方だけがその場合ね、もう片方がそうじゃないという、

そういう場合はね、望まない別れと感じた側にしてみればショックでしょう。

ショック、喪失感、心に空いた穴。

思い入れが深ければ深いほど、その感情は大きくてね、もう抜け殻のような、

何もかもを失くしたような、そんな反応をする人がいます、外の恋で。

アタシだってね、振られたこと散々あります(笑)。

喪失感というにはアレですけど、失ったような、あぁ去って行ったんだなという感情、

それは何度も経験済みです。

でもね、元々いなかったその人妻熟女の存在が、別れたことでいなくなっただけの話でね、要は。

失ったというより、元に戻っただけ、そう思うんですね。

ゼロに戻っただけ、そういうこと。

心理学者だったですか、哲学者だったか、すっかり忘れましたが、人間は得ることよりも

失うことに執着するんだそうですよ。

失くしたといったって、そもそもあったものじゃなく、得たものを失くしただけで、

マイナスになったという訳じゃあいないんだ、と。

わかりますか?(笑)

ゼロに戻っただけ。

だから何だと言われたらね、いや別に何でもないですよとお答えしますけど(笑)。

転職と似て、仕事を次々変わるように外の恋も相手をクルクルと変える人もいて、

一つの仕事を長々と、転職など一度もせずに、外の恋もただ一人だけで長く長く続く人もいますね。

アタシは・・・んー(笑)、もう何度も相手が変わりましたんで(笑)、転職常習犯みたいなアレですが。

ただね、さっき書いたように、喪失感はあってもマイナスにまで落ちたとは全然思わず。

ダメなものはダメ、未練がましいのもダメ、その気があるなら次へ行け、そう思い、そうしてきましたさ。

たくさんのいい思いをしたし、そうじゃない思いもあったかもしれないけどね(笑)、

勉強にもなっただろうし、すべて経験は経験ですから、貴重な、ええ。

本人だけ、当事者だけの貴重な経験。

次に活かしたらいいじゃないですか。