FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

他責にしない外の恋

1月最終日でございますね~。

大晦日も元旦も、はるか遠い昔の記憶となりつつありますね(笑)。

皆さんお気付きか、実感されているかもしれませんが、

日の出の時間、早くなってきました。

つい少し前までは真っ暗だった朝の時間がね、仄暗い感じに変わり、

今でははっきりと明るくなりました。

季節は春へ向かいますよ、何をしても、しなくても(笑)。

いや、まぁそれにしましても、寒さね、これは相変わらずです。

アタシは昨日の朝ね、家から駅までママチャリで行くんですが、

夜半に降ったみぞれが完全凍結状態の道路でね、ママチャリごとスライディングしました(笑)。

前カゴに入れたビジネスバック、無事。

スライディングしてアイスバーンの路面に打ち付けたコート、スーツのズボン、

革靴も無事。

何処も傷付かず、破れることもなく。

会社に着いて、どうも膝小僧がヒリヒリするなぁ・・・と思い、ズボンを捲ってみたら

見事に擦過傷、軽~く出血です(笑)。

ママチャリもカバンもコートもスーツも革靴も、まさに守ったんですね、

アタシは自らの身を挺して(笑)。

しかし不思議なもんですね~膝を擦り剥くようなスライディングをしたのに、

スーツのズボンは解れひとつない・・・よく滑る氷だったからですかね(笑)。

皆さま、路面の凍結はまだまだ続きますから、ええ。

お気を付けてください。

そんなわけで、今月ラスト。

1月最後の記事を書いてみますかね。

書かなくたっていいんですけどね、誰に指示されている訳でもないし(笑)。

んー・・・外の恋、既婚同士の大人がする恋愛です。

感情を伴う人間関係、肉体関係ですね(笑)。

感情、誰にもあります。

喜怒哀楽、いつもいつも一定レベルで安定などできませんね。

外の恋をする2人の間にも、感情の縺れ、行き違い、いざこざ、あるものでしょう。

で、そういう時にね、明らかに相手が悪いということ、ありますね。

自分は悪くない、原因は100%相手側にある!というような(笑)。

相手を責める・責めないは別として、事の発端を作り出したのは相手、

だから自分は悪くないという。

その部分だけ、今起こっていることだけを切り取ってみれば、

確かに相手が100%悪い・・・かもしれない、かもしれない(笑)。

ただ、人間関係って連続形じゃあないですか。

今を起点にして遡ってみると、今起こっていることの火種が見つかったりしませんか。

燻っていたその火種を作ったのは自分だったりする(笑)。

古い話まで持ち出して感情を交差させ始めると、ことの本質やそもそもの目的なりが

見えなくなりがちで、何を一体こんなに揉めてるんだっけ?みたいな状態になったり(笑)。

日本には古くからお互いさまという言葉、考え方がありますね。

迷惑をかけた、でもそれはお互いにあることだから、と。

相手を責めても意味がないとは言いませんし、スッキリするのかもしれませんけど、

それで解決するのかどうか、それは疑問。

我慢を強いる・強いられるのもオカシイ。

言うべきは言う、伝えるべきは伝えるのが正しい。

ただし、言い方、言葉選び、伝え方、タイミングはあるよね。

アタシは外の恋で相手を責めたことはないんです、一度も・・・多分(笑)。

責めたところで意味がないと思うし、他責にしてもいいことないし、

ある意味で達観しちゃうんですね、それ仕方ないよね、と。

浅はかにしか考えずに適当なことをするのは違うと思うけど、

雁字搦めに拘り、許容範囲を狭くして、相手をコントロールするような、

そんな関係は外の恋じゃあないと思いますし。

人間、ミスをするんです、間違うんです、外の恋でも(笑)。

もっとおおらかに、許す気持ちを持って向き合いましょう、皆さま。

スポンサーサイト

油断と慢心というリスク

あ、どうも!アタシです。

先週の今日は大雪でした。

1週間経ちましたけど、まだ都内でも彼方此方に残雪があります。

何たってウン十年ぶりの寒波、冬日続きですからね。

そして今週、またまた雪の予報が出ているんですね、関東地方も。

どうなりますかねぇ・・・祈るような気持ちですね、ホントに(笑)。

勿論、降らないでくれ!の祈りですよ(笑)。

先週は大雪が降ったり、極寒続きだったり、驚かされることが続きましたが、

アタシとしては雪よりも寒さよりも驚かされたと言いますか、

ドキッとさせられたことがありました。

金曜日の夕方の事です。

アタシは電車に乗っておりました。

で、アタシのスマホに着信がありました。

電車の中だったので、通話に出られなかったわけですが、

そのあと留守電が入りました。

スマホの画面を見るとその着信も留守電も嫁からです・・・。

追ってメールで用件を伝えてくるのかと少し待ったんですが、

それがない。

妙に嫌な胸騒ぎがありまして(笑)途中の駅で降りて、

嫁からの留守電を聞きました。

【・・・!(何を言っているか聞き取れない)もう今日という今日は頭に来ましたから!】

という言葉に続いて、

【夕飯は作りません!このあと家にいるかもわかりませんから!】

そしてガチャ!と音がして留守電は終わります。

モノ凄い剣幕です(笑)。いや笑い事じゃあない。

この日、金曜日ですけどね、ある人の不倫話でバレました、

ちょっとした修羅場です、というような話を知りまして、ええ。

いやぁそれは凄い、たいへんだ、お気の毒だ、と思った矢先にね、

嫁からこの留守電なんですね。

某駅のホームでスマホを片手に持ったまま、

アタシは身を硬くして立ち尽くしていたと思います。

これまでの数々の外の恋、悪行が嫁に知られてしまったか!と。

アレか、コレか、それか、どれか?!みたいな(笑)。

嫁のスマホに折り返し電話をしました。

着信のコール音がエンドレスに続くばかりで、終ぞ出ません。

これはもう、まさに嫌なこと、あってはいけないことが起きたか!と

アタシは遠い目をして某駅のホームに立ち尽くしていたと思います(笑)。

いつもより早く家に帰りまして、ええ。

家路まで逡巡しましたねぇ・・・。

バレる要素がない、何もない。

ないとは思うけど、いや100%完ぺきじゃあないよな、そりゃあ。

誰かにラブホに入る姿を見かけられたか、そんなのいつの話だ(笑)。

考えても想像しても、アレも、コレも、それも、どれも消去できちゃうんだね。

アタシの悪行のことじゃあない、そんな話で怒り心頭な訳じゃあない・・・

そう思おうとする気持ちと、いや万が一が起きたかも!という気持ちを

往復させながらアタシは、しばし家の玄関前に立ち尽くしました(笑)。

そして思い切って玄関を開けリビングに入る・・・。

包丁を握りしめた嫁がいるかもしれないと想像をしながら(笑)。

・・・結論を先に申し上げましょう。

怒りの原因は嫁姑の大喧嘩です・・・アタシの母親との危うくつかみ合いになる寸前の(笑)。

あ、アタシん家は二世代住宅もどきでして(笑)。

毎日のように嫁とアタシの母親は顔を合わすんです。

で、ちょっとしたことが原因で出てけ!バカヤロー!みたいなね(笑)、

そんな言葉は使わんけど(笑)。

アタシは心の底から安堵したのです(笑)。

嫁が言いました。

【なんだ、そんなこと?みたいな顔してるね!】

いや、そんなことはない・・・なくはない(笑)。

しかしね、アタシは外の恋のことはホントに抜かりなく油断なく、

完全犯罪を成し遂げてきたつもりでいました(笑)。

しかしね、今回のこの出来事で改めて思い返し、振り返りました。

もしも嫁がITに詳しい奴だったら彼是調べられているかもしれない。

とっくにバレているかもしれない。

長年やっているTwitter、アタシの個人情報を特定できてしまうような

情報はないか、なかったか、全部チェックしました(笑)。

こんな肝を冷やすようなことなら外の恋などしなけりゃいいんだ、ホントに。

でも、そうもいかないじゃない(笑)。

やっぱり他所の人の奥さん、人妻熟女は素敵だし(笑)。

ということで、全然懲りていない、反省はしたけどね。

いい人である必要はないけれども

極寒という言葉の意味を概念ではなく体感で思い知る今日この頃ですね(笑)。

いやホントに寒い、極寒です。

関東でさえこうなんですから、冬に雪が当たり前の地域はもっと極寒!なんでしょうね。

アタシは今日、これからこんな極寒だというのにゴルフです(笑)。

バカなんですかね(笑)。

今週月曜日の大雪の影響で、関東界隈のゴルフ場は、

昨日一昨日あたりまで悉くクローズでした。

で、残雪といいますか、氷のように硬く固められた雪があるものの、

どうやらできるらしいよ、じゃあ行こうよ・・・ということで(笑)。

やはり、バカですね(笑)。

どうせ行くならアタシは日帰り温泉の方が断然いい、そうしたい。

まぁ、これもお付き合いですからね、全身にカイロを貼り付けて、

ゴルフ行ってきますよ!

さて、話はがらりと変わりまして(笑)。

ある人と仕事で話をしていて、なるほどそうだね!と思ったことがあります。

【皆、自分のことをいい人だと思っている】

これ、どう思います?

謙遜とか遠慮とかでね、いい人じゃあないよ~自分は・・・と言うけれども、

でも心の中ではそんな風には思っちゃいない(笑)。

いい人、それもそこそこでもなく、かなりいい人だと思っている、自分のことを。

そんなことないですかね。

自分のことが嫌で仕方ない、どうして自分はこうなんだろう!なんてことでね、

悩み、苦しみ、絶望感さえ覚えた記憶もある人、いるでしょう。

アタシもあった、その昔(笑)。

でもさ、そうは思いつつもね、実は自分が可愛かったりもするじゃない。

嫌じゃない、悪くもない、むしろ逆にいいかも・・・みたいなね(笑)。

いい人はモテないとも言いますね、昔から巷では。

むしろいい人じゃなく、毒気があったり、ワルいヤツの方がモテたりね、しますね。

外の恋でも、いい年した大人が妙にいい人を演じてみたりします。

あたかもそれが必要不可欠であるかのように。

いい人・・・本音を飲み込んで語らない人、相手に合わせてしまう人、

不本意なのに本意であるかのように振舞ってしまったりね。

本音をズバズバ言い放ち、相手がこちらに合わせることが当たり前で、

それが叶わないとあからさまに不機嫌になるようないい人じゃない人(笑)、います。

で、どうしたことか、そういう人がモテたり、優しくされたり、支えられたり。

誰にそうされているかと言えば、いい人に、ですね(笑)。

いい人ってのは損ですねー。

報われないこと、多々ある。

いい人じゃない(と思われる)人がいい思いをしていたりします。

そんなことを思い感じるのは、常にいい人の側なんですって(笑)。

いい人は外の恋が下手ではない。

上手くいかない外の恋ばかりというわけでもないでしょう。

ただ、不器用というか、純粋だからなのか、遠回りしたり、

必要ないことまで背負い込んだり、一見すると報われないかな。

アタシは・・・んー・・・アタシは自分で言うのも可笑しなアレですけどね、

いい人なんだと思うんですね。

案外不器用です(笑)。

遠回りもする、無駄も多い、学びを学ばない(笑)。

でも、そうやってここまで辿り着いて、もうね今更変えようもなく。

いい人はいい人のままでいいんじゃないですかね。

二度あることは三度ある・・・とは思えない(笑)。

いや、しかし寒いですね。

久々のとか、前代未聞のとかね、そんな大寒波らしいですね、今回。

確かに寒いです。

吹く風が肌に痛い感覚です。

何たってアレですよ、関東の気温が冷蔵庫の中よりも低いんだとか。

そりゃあ寒い訳だね。

いっそのこと、冷蔵庫の中にいた方がいいですよ、皆さん(笑)。

こう寒いと体の芯まで冷えますね、外を歩きますと。

アタシは今日、営業で外回りをしていて便意を催しました(笑)。

お腹が冷えちゃったんですかねぇ・・・あ、食事中の方、ごめんなさい(笑)。

ちょうど東京駅近くの商業施設もたくさん入っている高層ビルにいましたので、

そこのトイレに行きました、ええ。

男子トイレは小用便器が4つ、大用が3つ。

アタシは大に用がある訳ですから(笑)、3つある内の

ひとつだけ空いていた個室に入りました。

ベルトを外してスーツのズボンを下げ、ボクサーパンツを脱ぎ、尻を出し・・・

あ、そんなことは書く必要はないですね(笑)。

まぁとにかくね、アタシは個室で用を足しました・・・と言いますか、

足しておりました(笑)。

アタシが入ったことで大用の個室、3つ全部が使用中です。

するとね、早歩きというか急ぎ足というんでしょうかね、

激しい靴音をタイル張りの床に響かせまして、

誰かが入って来ました、トイレ内に。

で、立ち止まった後、すぐに出ていく足音が聞こえました。

間違いなく大用に用があったんでしょう(笑)。

全部使用中なので待てない!別のフロアのトイレへ・・・!

と、アタシは用を足し終えながら(笑)瞬時に判断したのです。

用が済んだら長居は無用ですからね、こんなところに(笑)。

アタシは用を足し終え、身支度をしておりますと、

先ほどのあの靴音がまた戻ってきました(笑)。

もう何て言うんですかねぇ・・・靴音に切羽詰まった感がある(笑)。

他の2つの個室ではまだ用が足し終えられていない気配ですから(笑)、

アタシがいち早く出て、この人を救わねば!と思いまして、ええ。

鍵をスライドさせて個室のドアの押し開けて、その人と目が会いました。

さぁどうぞ、と会釈くらいしようかと思いつつ、ドアを開けたんです。

1メートルもない先に立つ人は、30歳前後の女性でした!(笑)

アタシと目が会った瞬間に【え?!あら?!え?!】

なんて言葉を発しております(笑)。

アタシの方こそ【え?!あら?!え?!】と言いたいですね(笑)。

完全に女子トイレと勘違いした様子ですね、この女性。

【え?!あら?!え?!】と言った1秒後には小走りに去っていき、

すぐ隣にある正しい入口へ駈け込んでいかれたようです(笑)。

アナタ、すぐ目の前に小用の便器が並んでいたでしょうに(笑)。

切羽詰まると目の前にあるものさえも目に入らなくなるんでしょうかね。

いや、まぁとにかくね、ちょっと驚きましたね。

一瞬、アタシが女子トイレに入ってしまったのか?!と(笑)。

かなり以前にこのブログで書いた記憶がありますが、

アタシは女子トイレで用を足した経験がありますから(笑)。

入口に掲示してある古代ローマの彫刻にあるような絵で

男女のトイレを示していたんですけどね、アタシはその日その時、

まさに切羽詰まった瀕死の状態でしたので(笑)。

入口の絵をよく確かめずに(笑)、もう駈け込んでドアを閉めて用を足して、

ホッと一息ついたんです。

個室の中、目の前に見慣れない白く塗られた金属製の缶のような

ものがありまして(笑)。

何だこれ?と思っていたら、会話をしながらトイレに入ってくる女性の声です。

アタシは腹痛による脂汗のち、ここから如何に脱出するかの冷汗です(笑)。

誰もいない、いなくなったと、人の気配がないと判断できるまで

何分だか、何十分だか、忘れましたが(笑)、個室にとどまり、

そして意を決してドアを開け、アタシは駆け抜けましたトイレの出口へ。

洗面所の大鏡で化粧を直す女性と鏡越しに目が合いまして(笑)、

あの時の女性の驚愕の表情ね、未だに忘れることができません(笑)。

事件にも何にもなりませんでしたけどね、おかげさまで(笑)。

今日の出来事で、遠い記憶を呼び起こしたのでした。

ある意味で、今日の女性はアタシの驚愕の表情を記憶に刻んだことでしょう。

またいつか、何処かでお会いしましょう(笑)。

理由はいくつあってもいい、やるなら明るく楽しく外の恋

一昨日の大雪、凄かったですねぇ・・・関東地方以外にお住いの方々、ニュース観ました?

アタシがこのブログに書いた通りの光景が展開されていたでしょう?(笑)

月曜日、アタシは昼過ぎに埼玉県に営業に出かけておりました。

吹雪・・・と言えば大袈裟ですが、もう一面銀世界で早くも立ち往生する車が何台もあり、

これは電車が止まらぬ内に帰宅だなということで、早上がりしました。

おかげで何のトラブルもなく家に辿り着きましたが(笑)、夕方以降は首都圏大混乱でした。

早く帰れというね、会社からの通知が多分一斉に夕方5時前後に

集中しましたね、アレは。

で、電車に乗れない、バスも来ない、動けないというあの図。

アタシの部下は駅前の立ち飲み屋で11時ごろまで呑んで、それから駅に行ったら

ホームも電車もガラガラに空いていて楽々帰れましたと言っておりました(笑)。

案外そんなものかもしれませね(笑)。

皆が一斉に動くと、何となくそれに同調して動いてしまうような、行動を共にしてしまうような、

そんな心理が働くものでしょう、人間は。

外の恋ばかりはね、他の人に同調してやるものじゃあない(笑)。

こればかりは実にプライベートなことで、誰の助けも借りずに自力で自己完結ですから。

とは言え、いやだからこそ、他の人はどうやっているんだと知りたくなる、

参考にしたくもなりますね(笑)。

先日、有名な音楽プロデューサーが不倫報道が起点になって引退を発表しましたね。

個人的には不倫と活動引退は理屈が繋がらないと思うんですが、

まぁアタシが言うことじゃあないね(笑)。

奥さんが要介護でした、あの方は。

不倫、浮気、外の恋をする人の中に、嫁や旦那が介護状態の人、

当たり前のようにいるんですよね。

介護状態ではなくとも、病気がち、入院しているとかね、

それが配偶者や子供だったりもするかな。

そういう境遇で外の恋をするって、罰当たりと言いますか、人として最低じゃあないかと、

そんなことを言う人は当然います。

そういう境遇ではないとしても、外の恋は罪だ、不貞だ、裏切りだと。

・・・おっしゃる通りですね(笑)。

でも、それをわかっていて尚、尚ね、それをしてしまう、しないではいられないんだね。

介護をして身も心も疲れ果てた状態を救うのは、外の恋の場合だったりするんですよ、

きっとね。

いや、不倫ですし、善悪を問うような話になれば、そりゃあね、そりゃあアレです(笑)。

でもさ、外の恋をすることで、その相手がいることでね、ギリギリ自分が保てるとか、

何とか頑張っていられるとかさ、個人差はね、あるにせよ、あると思うんだね、アタシ。

これは理論のすり替えというか、全くの詭弁のように思いつつ(笑)。

ただ、やはりね、やはりそれがバレてはダメなんですねぇ・・・引退してしまったように。

バレなかったら引退もしなかったかもしれないし、関係は続いたのかもしれない。

結局は自己責任でした、ということになる訳です。

何度となく書いてきたことですが、外の恋も人間関係で、

しかも既婚者同士がそれをお互いに知った上で繋がろうとする行為ですから。

お互いに敬意、誠実さは絶対に必要で、それがつまり真面目に不真面目な事をするというね、

そういう意味なんです。

それぞれの家族のため、実生活のためにする外の恋だってあるんです。

そして、やっぱり恋愛ですから。

悲壮感漂うより、明るく楽しく過ごしたいじゃあないですか、ひと時の夢幻でも。

楽しむことを遠慮しては不完全燃焼ですし。

勿体ないですよね!

形あるもの、形ないもの

今日はね、関東地方在住の人は何気に緊張した朝を迎えていると、

アタシは感じているんですね、ええ。

何故かと言いますと、大雪が降る予報なんです、昼過ぎから。

平野部でも10センチ、いや30センチ以上の積雪もありえる・・・という予報。

日本海側、北日本、東北、北海道にお住いの方々、ニヤリと笑いましたね?(笑)

高々30センチくらいで何をそんなに騒ぐのかと、ましてや緊張って何?みたいな(笑)。

今日、夕方以降の首都圏のニュースを観てください、是非。

関東地方の映像を、是非。

革靴で足を滑らせるサラリーマン、何をトチ狂ったか、ハイヒールを履いているOL、

道路の真ん中でノーマルタイヤが空転して、二進も三進もいかない図・・・。

きっと映像満載でお届けできると思います!(笑)

年に1回あるかないかの大雪ですからね、関東地方にしてみましたら、ええ。

慣れようがないんですよ、ホントに。

降らなきゃいいなぁ・・・ホントに心からそれを願うアタシです(笑)。

今日はデートは控えましょう、特に関東地方の方々は(笑)。

不要不急の外出じゃあないのかもしれませんが、満を持しての今日なのかも

知れませんが、悪いことは言いません(笑)、今日はお止めなさい。

話は変わりますが(笑)、外の恋をする皆さま。

外の恋の相手にプレゼントをしますかね、あるいは貰うこと、ありますか。

もうこれはね、2つしかなくて、プレゼントをするし、貰う人と、

その反対で、プレゼントをしないし、貰わない人。

プレゼントをするけど、貰えない人、プレゼントをしなけど、貰うことはする人、

これもあるかとは思いますが(笑)、まぁそれは置いときましょう(笑)。

そのプレゼントも有形無形、ありますね。

アタシのやっているTwitterの中で、外の恋の相手に年中プレゼントを貰う人妻がいます。

誕生日は勿論のこと、クリスマス、ホワイトデー、お中元、お歳暮・・・冗談です(笑)。

ケンカの仲直りでもプレゼントを貰う・・・というか、そう仕向けるんだね。

全部、有形です。形あるもの、アクセサリーやファッション系のもの。

貰うばかりでもなくて、外の恋の彼にもプレゼントをしていますね、その人妻熟女は。

ある意味、盛り上がっていますね、常に。

自由に使えるお金が充分にあり、それをモノに変えて相手に渡す余力もあり、

尚且つそれが当たり前というか、標準的なことになっている。

アタシはそのTwitterの呟きを目にするたびに不思議に思うんです。

そんなに彼是貰い続けて、嫁や旦那、家族は怪しまないのかと。

全部自分で買った、或いは友達からのプレゼント、会社でお祝いしてもらった、云々。

そんな理由に置き換えているらしいんですが、何とも腹落ちしませんね、アタシは(笑)。

アタシはね、外の恋でプレゼントをしたことがない冷たい男です(笑)。

いや、冷たいんですではなくて(笑)、リスクを考えたらプレゼントなど形のあるものを

渡せないでしょうと、こう思うんですね。

同じ理由で、貰うこともしない。

そもそもプレゼントを買って渡そうとした人妻熟女とお付き合いしたことがないんですが(笑)。

偶々そういう人妻熟女ばかりとお付き合いしただけなのかもしれませんが、

でもね、貰うのもあげるのも、やっぱり気が引ける、躊躇するんじゃあないですかね。

形がないものをプレゼント・・・というか、デートの度に買って持ってきてくれる人妻熟女、

その経験はあります。

ホテルに籠って過ごす時間用に、ビールやワインを買って持ってきてくれる、

お腹が減るだろうからデパ地下で売るような、ちょっとおしゃれで美味しい弁当を

2人分、買って持ってきてくれる。

プレゼントと言えばプレゼントですよね、形あるけど持ち帰るものではなく。

この人妻熟女は本当に気配りや心遣いがある人で、アタシは心から大好きな人でした。

プレゼント、要は相手への気持ちだと思うんです。

形があろうとなかろうと、気持ちです。

ねだるものではない、買わせるものでもない(笑)。

関係が上手く進むための潤滑油のような、そんなプレゼントがいいですねぇ・・・。

アタシはもらうなら無形、有形でも無形になるものを希望します!

一番のプレゼント、それは逢えることかな。

逢えること、暫し一緒に過ごして愛し合うこと、それにまさるプレゼントはないねー。

外の恋はFOR MEでいい

あ、どうも、アタシです。

アタシの愛用のノートパソコン、壊れかけております。

壊れかけておりますといいますか、ほぼ再起不能ですね。

あの何ていうんですかね、ノートパソコンの蝶番のところね、ヒンジですかね。

乱暴に扱ったつもりはないんですがねぇ・・・ヒビが入り、段々とヒビが広がり、

いつしか画面側を閉じられなくなりまして、ええ。

閉じられないノートパソコンです(笑)。

今日はね、朝から新しく買ったノートパソコンの設定とデータの引継ぎと、

諸々の作業をやっておりまして、クタクタです(笑)。

この蝶番が壊れて閉じられなくなったノートパソコンね、思い出深いんですよ。

何たってアレです、このブログを書き始めた頃に使い始めたヤツなんですね。

当時はね、大阪在住の人妻熟女と遠距離W婚外の真っ最中でした。

2年半位のお付き合いでピリオドを打ったその外の恋でしたけど、

当時はね、今回お役御免になったノートパソコンで彼女とのメールも繰り返し、

そしてこのブログも更新していたんです。

前回の記事までそのお世話になったノートパソコンで。

今日の記事から新しいノートパソコンで。

新しいものは快適で新鮮で何しろ最新型ですから、新しい機能もついていたり。

でも、長年・・・長年でもないけどね(笑)、思い出とともに使ってきたものには、

愛着がありますねぇ・・・ホントにお世話になりましたというね、そんな気分です。

今日から使うこのノートパソコンで、新たな思い出を刻んでいくことになりますかね(笑)。

さ、そんなこんなの感傷に浸るのはこの辺で(笑)。

外の恋のこと、書きましょうか。

何のためにする外の恋、そんな話です。

何故、外の恋をするんでしょうかね、アタシたちは(笑)。

恋に恋する、みたいなね、何だかよくわからないけど出逢っちゃって、

何となく始まっちゃった関係、みたいなのもあるんでしょうけど、

男は男として、女は女としての存在確認をしたいがため、

どうにもならない性欲を満たして足りる相手を嫁や旦那以外に求めたくて(笑)、

唯々トキメキや安らぎや、至福を感じ味わいたいから、とかね。

色々それぞれにあると思うんです、外の恋の理由がね。

で、当たり前といえば当たり前なんですけど、全部全部自分のためなんですよね。

相手がいなけりゃ始まりようもないのが恋愛であり、外の恋ですけど、

外の恋は相手に尽くすとか、自己犠牲の上に成り立つものじゃあないと思いませんか。

不倫ではない浮気でもない、独身同士の恋愛とか、結婚とかね、

そういう関係には博愛のような、相手が幸せになるなら自分はどうなっても・・・みたいな

そんな在り方があるじゃあないですか。

外の恋でそれをします?

しませんよね、多分ね。

それを求められている関係じゃあないと思うんですね。

ある意味で都合のいい関係であり、いいところ取りで成り立つ関係であり、

面倒臭いことや、ややこしいことは回避しまくりたい訳ですし。

相手にいい思いをしてほしいとは思うけど、それ以上に自分がね、自分が

快適に感じることがなければ、続くものも続かないです。

つまり、自分のためにしていることなんですよね。

出逢った相手にもいい思いをしてほしい、それは間違いない。

けれども、滅私じゃあない。

自分がいい思いをしない外の恋なんて、時間とお金の無駄です。

もっと違う使い道、使うべき他の相手を探した方がいいですよねぇ・・・。

ダメな男に尽くす人妻とか、ロクでもないオッサンにはまる熟女なんて

案外少ないもので、それはね人妻熟女は海千山千、学習してきましたからね(笑)、

だから外の恋もFOR MEの精神で実践していると思いますが。

アタシもね、この先の外の恋は勿論FOR MEです。

真面目に不真面目なことをするんです。

分かっていながらする愚かさが信頼

アタシはメガネをかけております。

遠近両用ですね、んー・・・といいますか、老眼ですかね、いわゆる(笑)。

裸眼でも不自由はないんですよ、ええ。

ただね、近くのモノがねぇ・・・見えにくいんだね、細かい字とか(笑)。

いや、仕方ないでしょう、これはね。

何たってアナタ、アタシは50代ど真ん中世代なんですからね。

年齢に伴う加齢現象、劣化、衰え、どうしたって否めません(笑)。

同世代100人をズラリと並べてね、比べてみたらアタシは肉体的にも

精神的にも上位入賞、まだまだ若い!と勝手に思っておりますが(笑)。

・・・というわけでメガネ、かけています。

かけ具合の調整をしてもらいに、時々行くメガネ専門店がありまして。

昨日、すぐ近くを通る用事がありましたんで、ちょうどいいということでね、行きました。

正直に白状しますけどね(笑)、そのメガネ専門店にね、アタシのお気に入りの

女性店員がいるんですね、ええ。

もちろん、熟女です!(笑)

人妻かどうかはわかりませんけどね、多分、雰囲気から察するに既婚でしょう。

年齢は・・・んー・・・おそらく50歳前後かなぁ。

メガネを専門に扱うお店、接客販売業でしょうね。

数年前、偶々訪れた時、偶々担当してくれた女性なんですけどね、まぁ素敵です(笑)。

美人とかスタイルがいいとかね、そういうアレじゃあないの。

何ていうんですかねぇ・・・気持ちというか、心が籠った対応といいますか、

いつも笑顔で、アタシの目を見て会話をしてくれる、都度気にかけてくれる、

数回しか行っていないのに前回のことを覚えていてくれる・・・これ感激しますよ、ホントに。

で、しかもいい塩梅に熟女でしょ(笑)。

もうね、接客を受けながらホントにチンコが勃起します・・・冗談だよ(笑)。

仕事ぶりがプロです。技術も接客も素晴らしい・・・尊敬の念ですね。

そうなんです、アタシがそのベテラン女性店員に抱くのは尊敬なんだね。

働く女性として、そのスタンスに尊敬の念を抱きます。

尊敬は恋愛感情の始まりという言葉があります。

尊敬できるから恋愛に繋がる、発展する、あるでしょ、そういうの。

アタシもね、これまでの外の恋を振り返った時に、ああ、確かに尊敬できる人妻熟女が

殆どだったなぁと思うんですよ、ええ。

専業主婦もいた、社会人でもある人妻熟女もいた、皆、一生懸命に生きていたと思います。

訳あって、外の恋をすることになったんでしょうけどね、出鱈目に生きてきた訳じゃあなくて、

皆みんな必死にがむしゃらに生きてきて、偶々なのか運命的なのか、わかりませんけど、

アタシと出逢い、外の恋をすることになったんです。

どの方々もね、外の恋は不倫、浮気、道徳的に考えたらアウト、全部理解しているんです。

で、そういうことを全部わかっていながらも、尚且つする外の恋。

ちゃんと生きている、真面目に生きている中で、ある意味、踏み外したことをするのが

外の恋ですから。

尊敬できる相手がする出鱈目な、不真面目な行為である外の恋だから、

信用も信頼もあるんだね。

今日はそれが言いたい!(笑)

相手を間違えてはいけない外の恋

今朝の通勤電車で、ドアの横に立っている女性がいました。

おそらく20代後半か30代前半ですかね・・・最初見たときは風呂上りのように

すっぴんでした。

もう、お分かりですね(笑)。

その女性ね、ドア横に立ったまま器用に化粧を始めたんだね。

駅に停車する度、乗客が乗り込むドアの、そのすぐ横で顔面を作成中(笑)。

これまでも何度となく見かけた光景ですけどね、電車内の化粧。

何度見ても、お見事です(笑)。

見る見る内に顔面が変貌していきますね、ええ。

で、場合によっては別の人かと思いたくなるような変わりようだったり(笑)。

アレは騙されますね。

スキー場で可愛い人、美人だ、と思って、東京で会ってみたら別人のようだった、みたいな(笑)。

女の化粧ってのはある意味凄いですねぇ・・・そしてね、電車内でするという度胸ね(笑)。

羞恥心など何処かに置き忘れ・・・いや、捨て置いてきたんでしょうかね(笑)。

外の恋のデートで、すっぴん状態になること、ありますよね。

ないです?

いやぁ・・・あるでしょう。

汗で化粧が落ちることもあれば、お泊りデートなら洗顔もするでしょうし(笑)。

あ、思い出しました!

昔、あまりに激しいセックスをするあまりに(アタシじゃなく相手がね!)、

つけまつげが片方弾け飛んだ人妻熟女がいましたねぇ・・・(笑)。

汗まみれで化粧もほとんどなくなりまして、ええ。

セックスの始まり、キスをしたときに至近距離で見た顔が、セックスの終わり頃に、

アタシにしがみついて、腰をグイグイ振りながらイクー!イク-!イク!イク!と啼く様に叫んで、

アタシの射精を膣の奥で受け止めた時の顔がほぼ別人だ(笑)。

いや、失礼いたしました(笑)。

アタシはすっぴんのその人妻熟女が愛しくて可愛い人だと心底思いましたよ。

・・・そんな話を書こうと思っていたんじゃなかったですよ(笑)。

んー・・・とね、アレです。

他所の人が持っているモノを欲しがる人っていますよね。

それはまさにモノである場合もあれば、人だったりすることもあります。

そもそも外の恋は不倫ですから(笑)、他所の人の持ち物じゃあないけど、他所の人の配偶者を

拝借するというね、不貞なわけですが。

アタシが今日書いているのは、他所の人の外の恋の相手を欲しがる、奪いに行く、そんな話。

既に外の恋をしている人を好きになる、あるいは欲しくなる。

で、頭の中だけに留めることができず、行動に移すんですね。

漢字二文字でいうところの略奪ってやつですかね(笑)。

略奪される側もね、される側ですよ(笑)。

断らないんだから(笑)。

モテちゃった自分にいい気分になっちまったり、下心の下心みたいなのとかね(笑)。

Twitterで、少し前にこんな話を聴いたことがあります。

外の恋をしている人妻熟女がいて、安定的な関係で続いている。

で、そこに刺客が現れた(笑)。

その人妻熟女に猛烈にアプローチを開始する男が現れた訳です。

で、口説かれる自分にいい気分になってきちゃったんですね。

何とも新鮮な気持ちになってしまったという。

結局、その男とデートをするんですね。

結果どうだったかというと、ヒモのような男だった。

後でわかったことなんですけど、何人も同じような目に遭っているんだね、皆、人妻です。

それも経験、自己責任でやった結果の授業料・・・とは思いにくいですよねぇ・・・。

別にね、アタシは複数の人と付き合うことを否定などしませんし、

それがその人の在り方、生き方なんですから、それはいいんです。

ただ、それが誰なのか、どういう相手なのかを踏まえないで進むものじゃあないですよね。

他所の人の外の恋人を口説くのは、アタシはしないかなぁ。

偶々ね、偶々いいなと思った人がすでにお付き合いしている相手がいます、と。

それが分かった上でも尚且つ、気持ちが萎えない時には考えますけど(笑)。

ダメ元でアタックしてみるかもしれませんけどね。

見極めると言うと何ともドライな感じに聞こえてきてしまうんですけど、

外の恋の相手を選び間違えるとロクな事になりませんから、ホントに。

相手選びは慎重に丁寧に、でも勢いを以て果敢に(笑)。

言葉と態度、そして雰囲気

1月もちょうど半分まで来ましたね。

今年も残すところあと11ヶ月余りとなりました(笑)。

いや、今年はまだ始まったばかりだと思いますよ、ええ。

でもね、アレですよ、あと少ししたらね、何となく日差しがしっかりしてくるんです。

で、花の香りがし始めて、桜の開花だ、花見だと騒ぐうちに、どうもジメジメした日が

始まりまして、雨が止まない。そうこうしているうちに、セミが鳴き始めるんですから、ええ。

そういう感じだったでしょ、去年も(笑)。

ぼんやり過ごしておりますと、何もかもが勝手に過ぎ去っていきますから、ホントに。

その意味では、仕事もプライベートも日々しっかりと取り組みたいものですねぇ・・・。

今日もこうしてこの駄文ブログを更新しておりますが、お読みになっておられる方々、

面白いんですかね。間違っても役に立つとは思えない(笑)。

害にはなっていないですかね、たぶん(笑)。

まぁ暇つぶしにはなっているのかもしれませんが。

そんな訳で、飽きることなく、懲りることもなく(笑)、今日も書きましょうか。

世の中の女性全般というとアレですが、アタシの大好きなジャンルである人妻熟女ね、中年の。

その方々にスポットライトをあてた話として書きます。

外の恋をする人妻熟女の方々、好きとか愛しているとか、可愛いとか、言ってもらいたい、

伝えてほしいと思いますよね、大方。

最後のところで大方なんて、付け加えちゃいましたけど(笑)、アタシは大方そうだと思うんだね。

好きなら好きと言って、愛しているなら愛していると伝えて、可愛いと思うなら可愛いと表現して、と。

で、皆さまの外の恋の彼はそれを言いますか、伝えますか、表現しますか(笑)。

アタシね、たぶんですけどね、満足のいく状態ではないと思うんだね、これ(笑)。

何かの本で読んだんですけど、日本人男性は恋愛表現が下手で乏しいんだと。

外国人から見たらあり得ないくらいに表現が少ないんだという話でした。

だからといって、日本人がダメだとか、恋愛下手だとか、アタシはそうは全然思いませんけどね。

ただ、確かにね、女性の側からしてみたら足りないんでしょうねぇ・・・。

それはね、日本男性の代表として・・・ではない(笑)・・・けど言いましょう。

日本人は恋愛表現をすることの気恥ずかしさが先行しがちで、尚且つ不慣れ、

場数不足で、つまりはやり慣れていないだけなんですよね。

更にもう一つ加えると、言わなくてもわかるでしょ的な発想がありますね。

これ、家庭内で嫁に対することと同じかもしれませんね(笑)。

アタシはどうなのかというね、そういう問いがありますね、皆さんの中に。

アタシはね、言います、伝えます、表現します、それなりに(笑)。

愛しているは、ちょっとね、ちょっと嘘っぽさといいますか、違和感がありまして。

ただ、愛しいという感情はあって、それは伝えましたねぇ・・・これまでの方々に。

こんなアタシを外の恋の相手に選んでくれて、わざわざ時間を作って、彼方此方に都合つけて

デートの時間を持ってくれて、女であることを証明するようにセックスの気持ちよさを

思う存分に堪能する姿を見ると、嗚呼、この人ホントに愛しい・・・!と思います。

で、そう思うと、チンコの硬さも増します!(笑)

男女差というものは永遠にあるもので、違いを許容しなければ上手くいくものも上手くいかないです。

ただ、感情や想いを伝えることは男の側がする努力としては必要ですよねぇ・・・と反省もしております(笑)。

態度や雰囲気だけで外の恋を育むことはできませんもんね。

語るも、語らぬも、同じ理由

今朝は冷えましたね~。

アタシが住む千葉でも氷点下になりました。

クルマのフロントガラス、真っ白です。

表の水道、もちろん凍結状態で蛇口を捻ろうと何も出ません(笑)。

まぁでもね、冬晴れですから、ええ。

日本海側の大雪に比べたら、どうってことないですね。

ニュースで観る大雪の映像、もうホントに凄い。

あんな大雪でも外出しなきゃならない人達、お気の毒ですね。

まさか、外の恋ってことで出掛けているんじゃあないと思いますが(笑)。

雪深い地域に住む人だって、そりゃあね外の恋をするんだと思いますが、

ある意味で命がけですよね、ホントに。

天気次第でデートの予定も何もかも変わってくるんでしょう。

つくづく関東平野に住むありがたさを感じます。

皆さま、ご機嫌いかがですか。

アタシは元気です。

今日は休日出勤が回避できまして、ええ。

朝から・・・家事手伝い(笑)。

日用品の買い出しに付き合わされ、食品売り場で他所の奥さんを目で追い(笑)、

午後はスポーツジムとゴルフの練習に行き、今はビールを呑んでます(笑)。

何でもない平凡で平和な土曜日となりました。

もう自堕落に過ごすだけですね(笑)。

んー・・・アタシの嫁は昔は酒を呑んだんですが、結婚して妊娠してからは

酒を呑まなくなりましたねぇ。もう全然呑まない、一滴も。

時々ね、思います。夫婦で酒を呑んで話す時間があってもいいかな、と。

アタシは嫁とセックスレス歴15年以上ですけど、夫婦不仲じゃあないですから。

夫婦の会話、ありますよ、ええ。セックスというコミュニケーション以外は。

セックスだけは外で、外でと決めておりまして。

他所の人の奥さんと、ですね(笑)。

セックスは性欲を満たす大切なものでありますが、カラダを通じた会話、気持ちのやり取り、

コミュニケーションだと思うんです、アタシ。

過去、振り返りますに、セックスだけがすべてという関係で成り立った外の恋は一度もなく、

それ以外の要素、会話ですかね、セックスの前後での会話、お店でご飯を食べながらの会話、

電話、メールでのやり取り、これも会話だと思うんですが、かなり深く濃く繰り返したと思います。

色んなこと、取り留めのない話や身の上話、旦那の愚痴、親のこと、仕事のこと、

ありとあらゆることを会話しました。

多弁な人もいたし、そうでもなく割と口数が少ないかなという人もいた。

何でも話してくれる人もいたし、話しながらも深いところまでは避けた人もいたかな。

何でも話す人、気持ちを許しているから。

ある程度のことしか話さない人、気持ちを許していないから・・・でもないと思うんです。

こんなことを外の恋の相手である他所の人の旦那、つまりは関係のない他人に

話す事はよくない、遠慮するべきだ、そういう心配りがあって、敢えて話さない人もいるでしょう。

大切な人だと思うから何もかもを話して、唯々聞いて欲しい、聞いてくれるだけでいい。

大切人だと思うからこそ、余計なことで負担をかけたくない、迷惑をかけたくない。

どちらも気持ちの起点は同じです。

聞くことはできても、解決に導くことはできないかもしれないし、解決できないことの方が

圧倒的に多いと思うんですよね。

ある人妻熟女は【答えが欲しいんじゃないの、唯々聞いてくれるだけでいいの】と

そう言っておりました。

外の恋の相手に家庭内のことや旦那のこと等、言っても仕方ないし、言わない主義という

そういう人妻熟女もいました。

どちらも信頼がある相手だから話す、あるいは話さない。

外の恋の相手にそこまでのものを求めていないし、そもそもプライベートを語るのはNG、

そういう考え方もあるとは思うし、正誤の話じゃあないんですよ。

アタシは本音で話をしたい方だったし、そういうアタシを相手に選ぶような人妻熟女は

やはり本音で色々と話をしたい人だったように思いました。

昼下がりのビールは美味い!(笑)

いい塩梅でアルコールが全身に回ってきましたね~。

もう一本、呑もう!(笑)

誰も時に迷い、見失う

毎度どうも、アタシです。

今週は早いですね、何たって3連休明けの火曜日スタートですからね。

明日はもう金曜日です。

何気に風邪を引いている人、それからインフルエンザに罹ってしまった人、いますね~周囲に。

社内で散々ノーマスクでクシャミや咳を連発した挙句に、発熱したので休みま~す!って、

バカなんですかね(笑)。

エチケット、マナー、常識を学ばずに大人になっちまったんでしょうかね、残念ながら。

アタシは正義感が強い男だ・・・!とは思わないけど(笑)、他人の迷惑になるようなことや、

相手が嫌がることをする人はどうもダメですね、苦手です。

お店で店員に横柄な態度を取る人も嫌ですねぇ・・・。

なんてね、言いながら自分が案外そういう側にいたりするんですね、無意識のうちに(笑)。

人の振り見て我が振り直せ、忘れないようにしたいものです、ハイ。

人間、不思議なもので、他人のことは目に入る、気が付く、気になる、良くも悪くも(笑)。

で、自分のことは案外わかっているようで、そうでもなかったりもしますね、時に。

特にね、感情が絡むようなこと、外の恋の事とか(笑)。

他所の人の外の恋、アタシはブログやTwitterとかね、SNSで見聞きしたり、

それからアレですね、アタシのこの拙い文章と内容のブログをお読みになった方から、

外の恋の相談事のようなコメントやメッセージをいただいたり、

そんなこんなで色々な外の恋を知る機会があるんですね。

で、あぁ、なるほどなぁ、とか、それはどうなの?違うんじゃないの?とか(笑)、

バカだ、お前はホントにバカだと感じてみたり(笑)、外野にいる立場だからこそ、

広く浅く、色々と見えてしまうんですね、他人の外の恋の状況が。

アタシには関係のないことと言えば、まさに関係のないことなので意見などしませんが、

アタシのブログ経由でお悩み相談みたいなものをね、いただいた時にはね、

アタシは都度都度丁寧に・・・のつもりですが(笑)、お返しをしています。

そんな時に大抵いつも思うんですよ、偉そうだなぁアタシって(笑)。

外の恋のベテランみたいな見え方、受け止めになっている方々、少なくないと思いますが、

アタシね、そんな自覚はないんですよ、ホントに。

自覚どころか、事実としてもベテランでもなんでもないんだね。

アタシ自身、自分の外の恋で袋小路に入り込んでしまったこと、悩みが深く出口が見えない経験、

何度となくありました・・・だからベテランだと思われるんですかね(笑)。

他人の外の恋のことは客観的に冷静に理解出来るですけど、

いざ当事者として我が身のこととなると、客観的でも冷静でもなくなる(笑)。

いい年をして何をやってるんだよ・・・みたいなね、情けないような、愚かしさのような、

そんな気持ちを抱くこと、多々あります。

アタシも誰かに相談したいときがあるんだよ(笑)。

やはり、信頼あればこそ

いきなりアレですけど、先週って正月だったってこと、皆さん信じられます?(笑)

もう遥か彼方のことだったような気がするのはアタシだけですかねー。

土日月の3連休まで、年末年始休暇だった人も案外少なくないんです。

昨日、客先でその長い年末年始の休みを終えた人に会いまして、

あけましておめでとうございます!とか言われちゃってね(笑)。

なんだかなぁ~な気分になりました(笑)。

正月が過ぎ、もう世の中的には恵方巻に向かっていますね(笑)。

恵方巻・・・あの太い巻物を口に入れる。

去年だったですねぇ・・・アタシんところの会社で30代半ばの人妻熟女社員がね、

会社で振舞われた恵方巻を口に頬張るのを至近距離で観たことがありまして。

・・・なんともスケベな気持ちになりました(笑)。

人妻熟女が巨根をフェラチオする図に見えてきちゃって・・・(笑)・・・オカシイですか?(笑)

変態ですね、アタシ(笑)。

そんな話はどうでもいいんです。

外の恋のこと、書きましょう今日も。

初デートってのがありますね、外の恋にも。

何らかのきっかけで以て知り合い、出逢いがあり、初めて逢うというね。

その初めて逢うまでの時間、期間が長い短いはそれぞれだと思います。

逢うまでに時間をかければいいというモノでもないとは思いますが、

いきなり逢う、今日知り合って今日逢うってのは中々ないでしょう。

目的がね、お互いにあと腐れなくセックスできればいい、それ以上でも以下でもない、

そういう利害関係が一致なら、それこそ出会い系サイトでいいんだと思うんですが、

外の恋はね、不倫で浮気ですけど、恋愛だとアタシは思っておりますんで、ええ(笑)。

ですから、逢うまでに経るプロセスといいますか、手順といいますか、あると思うんですね。

そのプロセスや手順にかかる時間、期間がそれぞれにある訳で。

まぁ簡単に言えば、相手を知るための時間、期間、なんでしょうね。

安心材料を一つひとつ増やすための作業だったり、確認のための手間暇だったりね。

それでも尚、消せない消しきれない要素はあると思います。

思い切るしかないんだね、結局はね。

アタシは男、いい年をした中年のオッサン。相手は人妻熟女、中年の(笑)。

これまでのことを振り返りますと、相手の人妻熟女の方々ね、勇気があるなぁ・・・と(笑)。

だってね、アレですよ。

何処の誰だか知らないと言えば、知らない相手じゃあないですか。

あ、アタシの外の恋はリアルの生活で知っている相手は一度もないんです、お互いに。

ですから、逢うまでに様々やり取りをしても、100%安心なんてないでしょ。

それなのに、それでも尚、新幹線に乗って逢いに行く・・・凄いなぁ・・・と。

そして、初対面してその日その足で何処に行くかと言えば、ホテルですよね(笑)。

で、全裸になってセックスしちゃうんですから、ええ。

考えてみると凄いことしてますよね、皆さん!(笑)

男の感覚と女の感覚は違うんだ、みたいなことを初デートの日に言っていた人妻熟女がいましたね。

この人妻熟女とはTwitterで知り合い、外の恋が始まったんですけど、

Twitterで何を呟いているか、何を発信しているか、どう受け答えしているか、

自分(人妻熟女)に対して、どんな返しをどんな頻度でする人なのか、

他の人たちとの差や違いはあるのか、ないのか、ある場合はどう違うのか、

そんなこんなを総合的に受け止めてみて、心の中にアラートが鳴ったら止めておこう、

鳴らなかったらこの人は大丈夫!前に進もう!というプロセスがあるんだという話でした。

要は信頼できるか、どうか、基本的なところで。

じゃなきゃ逢えない、ましてや密室で裸になれないと(笑)。

アタシの外の恋のお相手だった方々は、たぶん皆そういう思考回路とか価値判断があって

初対面でセックスを満喫したんでしょうねぇ・・・。

それ以前にセックスが大好きな人妻熟女という大前提があったんでしょうけど(笑)。

気持ちを許せるから濡れて濡れ捲って何度も欲しくなる、そうも言っておりましたね。

まぁね、アレですよ、男の側にしてみてもさ、信頼関係が前提にならないと、

やっぱり安心感が基本にないとね、外の恋のスタートに繋がらないでしょうね、きっと。

信頼って、じゃあ何をすることなのか・・・。

前回の記事の内容じゃあないですかね、つまりは些細なことを積み上げていく地道な作業。

些細なことを積み上げたその先に

ふとTVをつけるとワイドショーをやってるんですね。

あ、そうか、と。今日は月曜日なんだな、と(笑)。

普段、ワイドショーなんか観ませんからね、アタシは。

まぁアレですね、どうでもいいような内容ですね、ワイドショー。

いったい誰が観るんですかね、こういう番組を・・・と思ってね、

独り言のように、そうアタシは呟いたんだね、さっき。

そしたらキッチンにいた嫁が【観るよ、毎日】だって(笑)。

やっぱりアレですかね、世の奥様方、主婦ってのは観るんですかね、ワイドショー。

アタシがお付き合いした人妻熟女の方々はワイドショーなど観ない、

滅多に観たことがないと、そう言っていた記憶がありますが、

それは専業主婦じゃなく働く人妻だったせいもあるんでしょうね。

ワイドショーでは芸能人の離婚や夫婦喧嘩とかね、まぁホントにどうでもいいことを

繰り返し繰り返し映像と共に流していました。

コメンテーターが訳知り顔で語っておりましたねぇ・・・【原因は些細なことなんです】と。

あたかも一部始終全部を知り尽くしているかのような話っぷりでしたけど(笑)、

この【些細なこと】という言葉、コレはね、アタシは確かにね!外の恋でもね!と

こう思ったのでありますね(笑)。

芸能人の離婚や夫婦喧嘩に限らず、アタシたちのような一般庶民もね、

人間関係は些細なことが起点になりますね、何かと。

で、夫婦関係じゃなく不倫関係もね、些細なことが意味を持つんだね。

更に加えて言えば、些細なことの繰り返しや積み上げが意味を持つんだね。

本の小さなこと、些末なこと、どうってことがないようなこと、その一つ一つが

後々になって深く大きな意味や理由を持つことになった経験、ないですかね皆さんは。

良くも悪くも、些細なことを積み上げていく繰り返しで外の恋も発展もし、衰退もする(笑)。

それは言葉一つのことだったかもしれないし、一瞬の態度だったかもしれないし、

一度や二度はどうってことなかったことでも、何度も繰り返し上書きされ積み上がって、

ある日突然、決定的な理由になったりね、ありますよね、そんなこともさ。

アタシが何の気なしに、当たり前のようにしていたことがね、相手には物凄く心地良く、

それが気持ちを高ぶらせ、大きくさせて、この人と深く付き合いたいと、

そう思わせたことがあったんですね、かつて。

あったんですね、と言うくらいですから(笑)、アタシは無意識だ。

相手・・・当時の外の恋の相手ですけどね、アタシは無意識にしていたことが

嬉しくて、日々小さな幸せを感じていましたよ、と言っておりました。

相手を慮り、心配りをし、立場や状態を思ってすることがすべて正解じゃないでしょうし、

大きなお世話でしかないような、実はそれ、有難迷惑ですよみたいなね(笑)、

そんなこともあったりするでしょうけど、意図せずにやっている些細なことが相手にとって

いいことであったなら、言うことないですねぇ・・・。

その真逆、些細なことの積み上げがマイナスを呼び込むことにはしたくないです。

それが実はムズカシイんですが(笑)。


反省はする、後悔はしない外の恋

休日出勤でございます(笑)。

オフィスに誰もおりません。

空調の音、アタシが叩くパソコンの入力の音、それ以外何も聞こえません(笑)。

先月に引き続き、今月もアレですね、土曜日の出勤が既に来週も確定でして。

んー・・・アタシが土曜出勤になりますのは、まさに仕事でのこともあれば、

仕事のふりをして、実は外の恋のデートってこともありました、過去。

スーツを着てネクタイを締め、革靴を履いていつも通りに家を出て、

向かう先はオフィスではなく、待ち合わせ場所の駅、とかね(笑)。

いや、今日は違います(笑)。

ホントに仕事なんです。

普段やらない行動をやりますと、どうしても怪しさが漂ったりしますね、何事も(笑)。

ですから、土曜日の休日出勤が何年も前から当たり前になっているアタシはね、

土曜日に外の恋のデートだったとしても、まさに平然としておりますよ、ええ(笑)。

んー・・・そんな話はどうでもよいですね(笑)。

反省、そして後悔、外の恋の。

今日は反省と後悔について、書いてみましょうかね。

記事の題名そのものが答えなんですが(笑)、アタシは反省することが多々ありました。

外の恋、過去を振り返りますと、まぁ反省のオンパレードかもしれません。

あの日あの時、こうしておくべきだったな、こうあるべきだったな、悪いことをしたな、

別の選択はできなかったかな、等々、思い起こせばきりがない(笑)。

結果が出て、そう、過去形だからこそ振り返ることができ、

しかも時間がそれなりに経過すればね、冷静さもありますから、ええ。

今更ながら反省できてしまう自分がいるんでしょうね。

いい年をした大人が、大人げないことをした気持ちになる、それも後で思うことなんですね。

そのときはそうでもなかったでしょ?(笑)

次に活かそう、同じ轍は踏まないように。そう思うんです、反省しながら。

で、また同じ轍をなぞるように踏んだりしますね(笑)。

愚か者だと思います。

学習しないんですねぇ・・・あるいは忘れてしまうとかね(笑)。

反省です。

ただ、後悔はないんだな、アタシは。

悔いることはない。

失敗も成功も結果ですからね、やってみての。

学習不十分だとしても(笑)、身を以て体験したことが全てですから、ええ。

後悔があるとすれば、やらずに過ぎてしまったことへの後悔ですかね。

外の恋は頭の中では何も始まらなくて、結局は行動が起点じゃあないですか。

はじめての外の恋であろうが、5回目、10回目の外の恋であろうが、

アクションありきですもんね。

経験に勝るものはないんだな、外の恋も。

ある不倫・浮気系のアンケートですけどね、男性からお誘いを受けて会ってみようと思う女性は

6割以上いるんですって。過半数です(笑)。

で、その中で実際に会ってみた人はどれくらいいるかというと、なんと3割に減るんです。

半分以下になっちまうんだ・・・(笑)。

会ってみようかなと思いながら、会わない、その理由は何ですか~という問いの答え、

何となく決めかねてタイミングを逸した、特に理由はない、この2つでトップシェア。

何となく、なんですよね、確かにそういうものかもしれませんね。

ただ、このアンケートの結果で会ってみようかなという気持ちになる女性ってのが、

6割以上いる!というのは男の側にしてみれば、勇気が湧きますね!(笑)

後悔なく、反省は後ですればよい!

外の恋は具体的な行動から。

何かの格言ですかね(笑)。

多くを望んではいない筈の中高年の外の恋

1月4日、仕事始めでした(笑)。

んー・・・まずね、感じましたことといたしまして、

世の中の大半の会社、お店はまだ休みですね(笑)。

朝の通勤電車、ガラガラでした。

会社の電話もいつもの半分以下ですね、着信が。

街を歩けば正面エントランスがクローズのビルや飲食店が目に付きます。

まぁ明日からなんでしょうねぇ・・・でもね、明日金曜日に会社に行くとね、

あらら・・・3連休じゃあないですか(笑)。

なんだかアレですね、一旦エンジンをかけておきながら、すぐにまた停止する。

調子狂っちゃいますねぇ・・・(笑)。

振り返りますと、先週の今日、木曜日は仕事納めだったんですね。

で、今日は仕事始め。

年末年始の休み、お正月ってあったんですかね(笑)。

忙しなく慌ただしく、今月も過ぎていくんだろうなぁ・・・。

何はともあれ2018年が始まりまして、今年の目標や誓い、

皆さんもそれぞれにあることでしょう。

声高らかに宣言する人も偶にいたりしますが、胸の内に秘めて、

密やかにそれに向かって進む人もね、いますよね。

外の恋のことを今年の目標に掲げた人もいるでしょう(笑)。

アタシもその一人だ(笑)。

お付き合いしている相手と、このまま今年も安定の関係を願う人、

今よりも良くなることを切に願う人、新しい出逢いと始まりを思い描く人、

どれもこれも叶えばいいと、関係のないアタシも心から願っておりますよ、ええ(笑)。

大人がする外の恋ですから、分別のある、聞き分けの良い大人が

礼儀と節度を以て他所の旦那や嫁と恋愛をする・・・はず(笑)。

アタシね、今日書こうと思っていることなんですけどね、

いい年をした大人、40代、50代のね、大人ですけどね、

巷で時々こんなことを見聞きするんです。

【もうこんな年齢だから(相手に対して)多くを望めない】と。

既に若くない、どころか老いが忍び寄る気配さえ感じる中で(笑)、

そんな自分のことを棚に上げて、相手に対してああだ、こうだと条件を

求めるなんてとてもできない、失礼だ、と。

アタシもそう思う(笑)。

そう思うんです。

で、実際にそういう考え方を実践しているつもりでいるんです(笑)。

ところが、ところがですね(笑)、案外そうでもない。

多くは望んでいないんだ、確かに。

ただ一方で譲れない線、確たるこだわりが実はある、強くある。

・・・そう思いませんかね、ご自分の胸に手を当てて考えてみましょう(笑)。

寧ろ若い人、若い世代の人の方が不倫でもね、許容範囲も広い。

これはね、こだわっていないのもあるし、経験が浅いが故にこだわる範囲が定まっていない、

だからある意味で何でもOK的な選択ができたりするんだね。

いい年をした大人はその点そうはいきません(笑)。

望まないなんて言いながらも、これまで生きてきた中で培われ、固められた

価値観や考え方に並走若しくは賛同若しくは理解がない人とは

できない、やれない、始まれない(笑)。

・・・そんなことないですかね、アタシの独りよがりですかね(笑)。

アタシは人妻熟女であること、それ以外に付帯条件ってないんです。

いや、それは言い過ぎか(笑)。

垂れ下がったおっぱいとお尻、緩んで弛んだ下っ腹、シミ、しわ、

悶え声がうめき声に聞こえるような、そんな人妻熟女ならOKなんですけどね(笑)。

ただし、コミュニケーションがスムーズで、意思疎通に手抜きがない人。

・・・ほらね、やっぱり多くを望んじゃいないけど・・・ですね(笑)。

求めるものが重なればこそ

明日から仕事始めです。

年末年始、お疲れさまですね、皆さま(笑)。

いかがお過ごしでしょうか。

アタシは昨日、クルマで嫁の実家へ行きまして、

箱根駅伝を観ながら寿司をつまみ、義父と酒を酌み交わしました。

いやぁ・・・呑みました(笑)。

帰りは嫁の運転で首都高速を走って帰った訳ですが、たいへん疲れました(笑)。

あの何て言うんでしょうかね、不慣れな高速道路を運転する嫁の隣で

助手席に座り、疾走する恐怖ね(笑)。

ブレーキのタイミングとか車線変更のやり方とか、もういちいち気になっちゃって(笑)。

家に帰った頃には冷や汗と共に酒がすっかり抜けました(笑)。

今日は正月休み最終日、1日自分のために使いますよ、ええ。

箱根駅伝で母校を応援、そのあとは今年初のスポーツジムに行きます!

今年初と言えば、外の恋デートがもう済んだ人、いますねー。

他所の人のTwitterやブログを眺めておりましたら、もう元旦からセックス、セックス(笑)。

正月2日からラブホに籠っていたりね、羨ましい反面、家族の正月はどうなったんだ?!と

余計な心配をしたくなってみたりね(笑)。

んー・・・それにしましても、外の恋も人間関係ですね。

あらためまして思いますに、外の恋に何を求めているか、それがすべてかもしれませんね。

恋愛ですから、恋愛感情がなければ成立しない・・・とも限りませんよ、ええ。

好きは好き、確かにそれはそうなんでしょうけれども、居心地がいい、楽であるかどうか、

それも実はかなり重要な要素じゃあないでしょうか。

とにかく体の相性、セックスの嗜好が合うこと、セックスが最優先という在り方も

あると思いますし、それが生命線の外の恋もありますねぇ・・・。

人として認め合い、必要とし合って、お互いを男女として見ることができる、

その上で愛し合うこと、そういう在り方もありますよね。

他愛もない話をメールやLINEでね、ストレスなく繰り返すことが細やかな幸せ、

そういう存在を外の恋に求めることだってあるものでしょう。

毎週のように逢いたい、逢わずにはいられない外の恋もあれば、

数か月に1回というペースが丁度いいという2人もいます。

大事なのはお互いにその求めるものが一致するか、許容範囲内に納まるか、

それが外の恋が続き、前に進んで行く理由になるんでしょうね。

そもそもそこが違うのに、無理にそれを見ないようにして関係を続けることは

やはり難しいんだと思いますよね。

あるいはね、最初こそ同じ思い、価値観でいたけれども、実生活の変化に伴い、

嘗てとは違って来ざるを得ない関係性の在り方があったりもする。

その変化をも共有して納得していけるか、どうか。

外の恋って面倒臭いですね(笑)。

でも、アタシはそれが嫌いじゃあない、どころか好きですけど。

あけましておめでとうございます

皆さま、あけましておめでとうございます。

2018年、始まりました。

いかがお過ごしでしょうか。

アタシは・・・一家団欒というほどのアレじゃあありませんが(笑)、

数年ぶりに家族だけで過ごす年末年始となりました。

例年は遥々・・・遥々でもないか(笑)、愛知県在住の弟夫婦とその息子が

アタシん家にやってくるんです。

で、アタシの弟は下戸なんですが、その嫁がね、これが大酒豪(笑)。

まさに水のように酒を呑むんですね(笑)。

で、見た目も言動もタレントの柴田理恵だ(笑)。

もうね、賑やか過ぎて正月明けにアタシはエネルギーを消耗しきって

抜け殻のようになるのが定番(笑)。

今年は弟夫婦ともに仕事の都合で地元で年末年始ということでね、

ある意味、とても平穏で平凡なお正月を過ごしております。

今日はね、初詣のあと、市内の大型ショッピングセンターに行きました。

福袋とか新春初セールとか、やってますね。

何たって元旦です。皆、家で静かに過ごすもの・・・ではないんですねぇ。

5階まである駐車場は既に満車、店内も人、人、人、人妻熟女!(笑)

正月早々、他所の奥さんをたくさん眺めては人間観察しました。

しゃがんで福袋を物色している中年女性ね、ジーンズが自動ローライズ状態で(笑)。

元旦早々、人妻熟女のお尻の割れ目を拝見いたしました(笑)。

今年はいいことありそうですな!(笑)

去年、1年の目標と言いますか、これをやる、目指す、みたいなのをね、書きました。

今年も書きましょうか。

確か、去年もね書いた記憶があるんですが、引き続き今年も同じ項目かな。

体の柔軟性、あのアレです、開脚してペターッと体が床にくっ付くヤツね。

1年間頑張りました、アタシ。

で、かなり柔軟性は増したとは思うんですが、床にペターッとまでは程遠い(笑)。

それからギターの演奏ね。コレは結局ほとんど手つかずのままに終わりましたんで、ええ。

コレは強い意志をもって取り組みたい!

通っているスポーツジムに年間130回以上行き、筋トレに励む。

コレはね去年達成できました、135回通いましたんで。

それから、んー・・・やはり外の恋ですかね(笑)。

今年は、今年こそは人妻熟女と外の恋、したいですねぇ・・・。

アタシも年齢を重ねたせいなのか、精神的なつながりと言いますか、

心の交流と言いますか、大好きなセックスは勿論飽きることなくしたいんですが、

それとは別にね、語らうような、思いや気持ちを行き来させるような、

それを良しとしてくれるような、そういう人妻熟女と出逢いたいな、と。

何事も思わねば始まらないですから、ええ。

思えば叶う、ただし行動することが前提で。

このしょうもないブログもね、いつまで続くのか本人さえ分かっておりませんが、

書くことがある限りは書こうかなと思っておりますよ、ええ。

皆さま、そんな訳で今年も適当にお付き合いいただけましたら幸いでございます(笑)。

よろしくお願いいたします。