FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

2017年お疲れさまでした!

皆さま、お疲れさまです。

年の瀬にアタシのブログを読んでいるなんて、どうかしてますよ(笑)。

暇なんですか?(笑)

あるいは余程の変わり者(笑)。

いや、失礼いたしました、変わり者じゃあないですね。

今年も明日で終了ですねぇ・・・あっという間の2017年、アタシ的にはそういう感覚です。

2017年に限らず、この5年、いや10年位は毎年があっという間です、ハイ(笑)。

目くるめくと言いますか、瞬きをしたら過ぎ去っていたと言いますか、

とにかく一年が物凄く早く過ぎていきますね。

老若男女問わず誰もが同じ時間を過ごしている訳ですが、どうしてこうも早く感じるんでしょう。

今年もツラツラと何の意味もない、役にも立たない好き勝手なことばかりを

書き連ねてまいりましたこのブログ。

始めた当初から立ち寄っていただいてはコメントをいただく物好きな方(笑)、

コメントはいただかなくとも、いつもお読みいただいているであろう方々、

ごく最近、幸か不幸か(笑)、偶々アタシのブログに辿り着いてしまったという方、

皆さま、今年もお世話になりました。

ありがとうございました。

アタシの2017年、色々あったような、そうでもないような(笑)。

仕事は上半期好調、下半期停滞、今に至る(笑)。

外の恋は・・・人妻熟女大募集中というね、そういう今ですからね、ええ(笑)。

ご縁がなかったですかね、今年もね。

元気に健康に過ごせたこと、コレが一番なんでしょう。

来年、2018年もまず健康で元気で、そしてしっかりと世の中のために働き、

誰かの役に立つ存在として仕事をして。

そして外の恋もね、チンコが屹立して精子が迸るような魅惑の人妻熟女に

出逢えるよう、ハンターの気持ちを忘れずにチャレンジの心を持って

2018年を迎えたいと思いますよ。

皆さま、お疲れさまでした!

来年もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

女医は受け流しました(笑)

どうもどうも、アタシです。

仕事納めイコール会社休みでございます。

今日から6日間というね、あっという間に過ぎるであろう年末年始休暇でございます。

空港も新幹線ホームもお約束の混雑ぶりですねぇ・・・。

アタシは年末年始、遠出しませんよ。

嫁の実家に行くくらい。それも東京だから(笑)。アタシは千葉だし。

おかげでね、高いお金使って長時間の移動ってのがないんだね。

大掃除ね、これを今日明日でやり終えること、拝命しております!(笑)

まぁ今月は休日出勤にゴルフと、家にいない週末が毎週のように続きましたから、

やることやっとかないと、嫁にこの先怪しまれるようなね、そんな気もしますんで、ええ(笑)。

んー・・・話は変わりますが、昨日、アタシは会社近くの皮膚科に行きました。

以前にも書いたことがありますね、女医がやってる皮膚科です。

で、昨日ね、アタシの足を診て、こう言うんですね。

【●●さん、少し外反母趾ですね】

えぇ?!外反母趾?!と心の中で叫びました、アタシは(笑)。

で、心の中の叫びとは全然関係なく、口から出た言葉は

【え?でも、ハイヒールなんか全然履きませんよ】

・・・我ながらバカなことを言ったと思いました、一瞬で(笑)。

しかもね、何で咄嗟にこんなくだらないことを口にしたんだろうとも思いました(笑)。

一瞬の妙な間があったのち、女医は言いました。

【・・・まぁ履かないでしょうね、ハイヒールは】

勿論笑顔ではなく、能面のような表情で(笑)。

そのまま受け流されて本来の診察を手際よく、ササっと済まし終了です(笑)。

・・・冗談が通じない(笑)。

いや、そんなね、笑わしてやろうとか、そういう意味や意図があったんじゃあないの。

唯々、いきなりそんなことを口走ってしまったアタシなんです(笑)。

自分で自分に驚いているんです(笑)。

時と場所と相手を間違えましたね、完全に。

カルテに書かれましたかね、このオッサンはつまらないことを言うので要注意、とか(笑)。

んー・・・人を見て語れとか、相手を見て対応しろとかね、仕事のシーンでもありますけど、

外の恋でもありますよ、相手を間違えちゃいけないということ、

時と場合を見誤っちゃいけないこと。

外の恋もね、心の状態、気持ち、エネルギー、その時々で前後左右に振れます。

ですから、ひょんなことで、うっかり選んでしまう相手ってのがあったりします。

勇み足、場の勢い、出会いがしら(笑)。

人恋しくて、寂しくて、人の心の温もりが欲しいがために

偶々すぐ傍にいた相手と繋がってしまう・・・結果として正解の場合もあれば、

大きな間違いでした~!ってこともあるかな。

焦って選んだり、直感とかひらめきという言葉に置き換わりがちな軽率な選択とか。

外の恋は浮気で不倫ですけどね、だからこそ真面目に真剣に、なんですよ。

真面目に不真面目なことをするのが外の恋なので。

本意じゃない選択を一時の気の迷いでやるのは、やはり勿体ない。

勢いも大事だけど、グッと堪えて我慢して見極めて選ぶことはもっと大事。

いい年をした大人がする外の恋ですからー。

嘘か誠かへのこだわり

今日、仕事納めです、多分(笑)。

個人的には全然納まらない、納まれない、納めたくない(笑)。

年内決着しておきたかった彼是、年越しちゃうってのはねぇ・・・なんとも。

ったってね、来週の今日は仕事始めですけどね!(笑)。

そうかぁ~もう来週の今日は正月明けなんだ・・・年末年始って感じじゃないね(笑)。

そんな訳でして、今日も性懲りもなく(笑)、外の恋の事を書いてみますね。

外の恋をした事がある人、今まさにしている人、これからしようとしている人、

外の恋の関係の中で相手に対して嘘ってありませんか。

嘘・・・つまり本当は違うんだというね、事実ではないこと(笑)。

大小様々、いろんな場面でね、嘘ってあるんじゃないですかね。

一点の曇りもなく清廉潔白だ!なんて人は中々いない・・・とアタシは思っておりますが、

何たって外の恋は浮気、不倫ですからね。

嘘も方便じゃあないけど、嘘でも吐かなきゃ成り立たないことだってあるでしょう。

で、その嘘ですけどね。

嘘かどうかも確かめようもないこと、多々ありますよね。

例えばね、例えば年齢。

45歳です・・・と言いながら、本当は50歳(笑)。

主婦です・・・と言いながら、実は離婚している。

相手はひとりだけ・・・と言いながら、2人、3人と関係を持つ相手がいる(笑)。

バレなきゃいい。いや、バレてもいいかな。

だって、それがために何か不利益ありますか、と思ったりもするアタシです(笑)。

外の恋は純愛だという人がいて、アタシはそれを否定しません。

否定しないどころか、そうありたい、その方がいいとさえ思うんだね。

でもさ、人間って二面性があるじゃあない、多かれ少なかれ。

時と場合によっては違うことをしたくなる、選びたくなることだってあるじゃない。

ましてや不倫ですから(笑)。

踏み込めない、踏み込んじゃあいけないこと、あり過ぎるくらいにあるとアタシは思う。

本名も知らなければ、生年月日も自称(笑)、何処に住んでいるかも定かじゃないことだってあるでしょう。

ただ、デートする。相手が目の前に存在する、現れる。

語らって、抱き合って、愛し合って、暫しの間だけ満たされて、家に帰っていく。

存在が確かめられたら、お互いがお互いを求めて必要としていて、それがセックス主体でもね、

いいんじゃないですかね、当事者間OKなら。

嘘が許されないような関係じゃなく、嘘があるからやりやすさがある、そう思うのでありました。

ご縁とタイミング

いよいよ2017年もカウントダウンという感じ・・・でもないですか?(笑)

アタシはもう随分前から感じていたことですが、12月ってのは忙しないだけで

クリスマスだ、年の瀬だ、という感じが全然ない。

・・・オッサンだからですかね(笑)。

明日で仕事納めです。

納まるんですかね(笑)。

納まりが付かないような気さえします(笑)。

お客様先へ年末のごあいさつ回りをしておりますが、

もうアレですね、オフィスの大掃除をしていたり、新年を迎える準備だったりね、

それこそ忙しなくされている中、お邪魔しますと、まさに邪魔な感じですね(笑)。

まぁセールスですから、アタシは。それが仕事。

今年も仕事では出会いがたくさんありました。

アタシは人材ビジネスに携わっておりまして、人との出会いこそが仕事なんです。

出会いはタイミング、タイミング次第だなぁ・・・と感じたこと多々ありました、今年も。

運命的に出会う、引き寄せられるように出会う、そんなこともあれば、

タイミングを逸した、先週だったら違ったのに、みたいなね、チャンスを逃し、

まさにご縁がなかった出会いもありました。

無理やり紐づけるアレじゃあないですが(笑)、外の恋も出逢い、そしてご縁、タイミングですね。

用意周到に準備して必然を装うかのようにして出逢いを演出するような、

そんなことでね出逢ってしまうこともあるとは思います(笑)。

出会い頭に出逢う、ひょんなことで出逢う、繋がる、これが実は意外と多いかもしれないですかね。

古い話になりますが、アタシの嫁ね、セックスレスの(笑)。

嫁との出会いはアタシの部下の結婚式の三次会です(笑)。

アタシは部下の結婚式で散々呑み、流れで参加した二次会でも更に呑み、

もうほぼ出来上がっておりました(笑)。

悪酔い寸前ですね、もう呑めない、美味しくないんだお酒が。

で、三次会には行かずに帰ろうとしたところに、新郎である部下が

泥酔状態で近寄ってきましてね、アタシを羽交い絞めにして帰してくれない(笑)。

アタシはフラフラの状態で嫌々三次会に行ったのです。

で、その三次会の席で偶々隣の席に座ったのがアタシの今の嫁。

ほぼ酔い潰れていたアタシにおしぼりや冷たい水を用意してくれた・・・らしい(笑)。

後でそれを聞かされて、しかも新郎の高校の同級生だということですから、

泥酔者看護のお礼を・・・ということで会わせてもらったのが始まり(笑)。

三次会に行かなければ、アタシは嫁と結婚していない、そういう話です。

人生何処でどうなるか、ホントにわからないものです。

今日このあと、アタシと出逢ってしまう人妻熟女がいるかもしれない(笑)。

・・・妄想ですね(笑)。

外の恋は人妻熟女が女に戻るということ

毎度どうも、アタシです。

今週で仕事納めって人、多いでしょう。

アタシんところは木曜日まで。

で、仕事始めは4日から。

・・・皆さま、嫌な事を書きましょうか?(笑)

来週の今日、月曜日はね元旦です(笑)。

もう大晦日も終わってね、新年なんですよ!(笑)

そんでもってね、来週の木曜日から仕事始めって人、多いでしょ?

もうね、アレですよ、年末年始なんか瞬きしたら過ぎ去ってますね(笑)。

いやぁ~バタバタしますね、何かとね。

かと思えば、先週の金曜日が仕事納めで仕事始めは、

なんと1月9日からって会社もあるんですねぇ・・・。

まぁ長々と休みたい訳じゃあないんでね、アタシはさ。

家にいたってアレじゃないですか、嫁と過ごすんですから(笑)。

んー・・・さて、今日も書いてみましょうか、外の恋のこと。

今更ながらではありますが、アタシは最近思ったことがあります。

それは何かというとね、外の恋は男は男に、女は女になること、だと。

・・・当たり前過ぎなこと書いてます?(笑)

男は男に、女は女になる・・・あるいは戻る、ですかね。

外の恋をしている人にお聞きしますけど、

んー・・・あなたは女性です、人妻熟女ですね、そうでしょ?(笑)

お聞きしますけど、あなたの旦那さんはあなたのことを女だと思ってますか?

別の言い方をしましょう。女として扱ってますか?

セックスレスなら、まぁ異性としての女、性の対象ではなくなっていますね。

アタシが嫁に対してそうであるように(笑)。

もはや、今となっては男と女の関係ではない、夫婦ではあるけれども。

皆が皆、同じとは言いません。

一般化するものじゃあないですよ。

ただ、まぁね、概ねの事として、旦那さんにしてみれば、ウチの嫁が

外の恋をしているなどとは思っちゃあいないでしょう。

まさか、他所の旦那に乳首を吸い上げられて腰をくねらせながら

悶え声を上げ続けて、挿入とピストンを要求している姿なんて、

やおら他所の旦那の上に跨って、打ち付けるように腰を上下に振り続けているなんて

想像さえできないでしょう(笑)。

アタシの嫁だってね、アタシが他所の奥さんの股間に顔を埋めて、

溢れ出る愛液を舐め、吸い、チンコをしゃぶらせていたなんて、

バックからアナル丸見えの巨尻にピストンして精子を迸らせていたなんて、

微塵も思っちゃあいないでしょう・・・多分(笑)。

旦那も嫁も、そして子供も知らない男と女の姿になることが

つまりは外の恋なんですねぇ・・・。

もしかしたらね、恋人時代や新婚当時にさえも見たこともないような、

スケベで淫乱で、まさに解放されたセックスに酔う状態かもしれないですね。

何たって女のセックスは40代、50代が一番いい時期ですから、ええ。

家に帰れば別の顔、いや家に帰る道すがら、女の顔も男の顔も脱ぎ捨てて、

家の玄関を開けるんですな(笑)。

きっかけはストレスという外の恋もある

あ、どうも。アタシです。

クリスマスイブですね、何気に今日は(笑)。

パーティーとか、やるんですかね、皆さんのところでは。

アタシんちはね、大学生の娘は友達ん家で1泊2日でパーティだそうで、

家にいませんし、今更嫁とね、二人でクリスマスイブだ、とか不気味過ぎますし(笑)。

何もしませんね、普段の通りに過ごしますよ、ええ。

と言いますか、アレですね。

今月は休日出勤の土曜日2回、昨日と先週の土曜日がゴルフってことでね、

アタシが担当するべき大掃除メニューが放置のままですから(笑)。

これをやんないとね、そろそろ・・・あ、もう来週の今日は大晦日でした(笑)。

・・・んークリスマスですね(笑)。

今日、あるいは明日に外の恋のデートっていう大胆不敵な人、いるんでしょう。

旦那(嫁)がクリスマスとかね、バレンタインデーとかそういうイベント日に無関心、

興味が全然ないなんて夫婦は、いつどこで旦那(嫁)が何をしようが、

最早関係ない、興味が全然ない(笑)。

ならばクリスマスに外の恋も堂々と・・・堂々とじゃあないんだろうけど(笑)。

アタシは因みにね、クリスマスや年末年始休暇とか、それからお盆とかね、

目立つ時期に外の恋のデートはしたことがないんですね。

平日とか、休日出勤で仕事のフリをした土曜日とか(笑)。

夫婦不仲じゃあないんですよ、ウチは。

只々、セックスレス。アタシのセックスは他所の奥さん限定ですから(笑)。

バレる要素が増すような時期、タイミングに外の恋をしないというだけの話です。

んー・・・年末のこの時期、イライラして気持ちが落ち着かない主婦、多いですね。

色々なイライラの理由がある中で子供の受験がありますね。

中学受験、高校受験、大学受験。この時期はまさに大事な時期でしょう。

この子供の受験で旦那(嫁)と揉めに揉める、険悪な状態になる、

さらには片方ならまだしも両方の親が口を挟み(笑)、余計に揉める(笑)。

アタシも何年か前に娘の受験で、そんな時期を過ごした記憶がありますね(笑)。

そんな時期にもアタシは外の恋のデートをしておりましたね、確か(笑)。

そう、このね子供の受験ストレスがきっかけで、諮らずも外の恋が始まってしまう人、

案外多くいたりするみたいですね。

子供の受験が終わったら初デート、それまではメールでやり取りすることで

気持ちを盛り上げ、心の安定を保つ・・・みたいなね(笑)。

女である自分を再認識したいというね、セックスがしたくてしたくて仕方ないという、

そういう理由からではなく、ストレス解消のために始まる外の恋。

いいと思いますよ、どんな理由で始まろうと。

外の恋、こうあるべき、こうでなければならないというものじゃあないですから。

ただ、始まってみてわかることはある、確実に。

子供の受験ストレスから解放されて外の恋をしてみたら、意外とガッカリだったとか(笑)。

期待が大き過ぎて肩透しだったりね(笑)。

逆もありますよ、こんなに素敵なセックスがあったなんて!とか(笑)

まさにそうなりますと、外の恋の始まりの始まり、繰り返し続きます、アタシのように(笑)。

年末、心穏やかに過ごしましょう、皆さま!

人妻熟女が選ばれる理由はきっと本人想定外

昨日は忘年会でございました。

サラリーマンの聖地、東京は新橋で。

新橋、関東に明るくない人にはわからないかもしれませんが、

オフィス街で呑み屋街です(笑)。

よくTV番組の街頭インタビューで駅前のSL広場んところでね、

酔っ払いのサラリーマンがインタビューを受けてますね、新橋は。

ニュースとかでね、見たことある人もいるでしょう。

いやしかしね、昨日は呑みました(笑)。

久々に酒が残りました、翌朝に。

軽~く二日酔いですね、ええ。

二軒目のワインがいけなかったね、やはり(笑)。

ふぅ~気持ち悪い(笑)。

アタシが先ほど二日酔いで呆けた面をして椅子に座っていたところへ、

産休・育児休暇を終えて職場復帰した人妻社員が歩み寄りまして、

【●●さん、おはようございます】ってね、挨拶してくれました。

酒が残っているからじゃあないんですが(笑)、人妻しかも子供を産み、育てた人は

やはりいいですねぇ・・・(笑)。

何たってあの何て言うんですかね、肉感ですかね、むっちりしたシルエット。

5年位前、アタシが面接して採用した頃に比べて、おなか周りのふくよかさ、

垂れ気味でボリュームが増したお尻、やはり違いますね。

今の方が段違いにいい!(笑)

目じりのしわとか、もう堪りませんね!(笑)

と、こんな風に書きますと、オカシイんじゃないの、その好みの要素、

ってな指摘をされそうなアレですけどね。

でもね、仕方ないんですね、本当にそう思っているんですから。

しわもシミもたるみも緩みも白髪も全部経年劣化の象徴ですけど、

で、それに抗うためにね、色んなトライを女性の方々は皆、するんでしょうけど、

アタシは、しわもシミもたるみも緩みも白髪も全部全部、大好物なんです。

・・・変態です?(笑)

もう捨て鉢になって、どうでもいいや、みたいなね諦めきって女を捨てたような、

その結果のしわ、シミ、たるみ、緩み、白髪じゃあダメなんです(笑)。

抵抗はする、でも劣化は進む、その中で女であることを諦めていないのがいい。

人妻熟女以外にないでしょ、こういう存在って(笑)。


遠距離にある良さ、近距離にもある良さ

さ、今週も忘年会がありますよ、アタシは。

全然張り切っちゃあいません(笑)。

いつも顔を合わすオッサンの呑み会・12月バージョンなだけですから(笑)。

しかもね、ただでさえ忙しないこの師走にね、何処も彼処も混んでいて、

どういう訳だかいつもより料金割り増し感があり(笑)、極めつけは2時間経ったら

さっさと出ていけ的な・・・(笑)。

わざわざこの時期に呑まなくてもいいんじゃねぇ~のと思うんだね。

・・・まぁ、やりますけどね、男の・・・いや、オッサンの約束ですから(笑)。

外の恋のこと、師走の忙しい時期も書きますね(笑)。

アタシの外の恋、過去形の外の恋は概ね遠距離でした・・・今まで何度も書いた通りです。

近距離・・・どこからを近距離と呼ぶのかわかりませんが(笑)、

まぁどうですかね、アタシは千葉でお相手が東京、これは近距離と言ってもいいですかね。

数少ない近距離の外の恋の思い出ですね、千葉と東京。

遠いからいい、近いからよくない、そんなことはなく。

遠いからダメ、近いからいい、でもないとアタシは思うんですね。

距離という物理的な事実は確かに時に邪魔をすることはありましたけどね、ええ。

ある人妻熟女のブログに書いてあったこと、こんな内容です。

【遠距離の彼と終わって、日常に姿かたちも何もかもがない】ということが

【寂しさばかりかと思ったら、そんなことは全然なく(笑)】だそうで、

【気持ちの切り替え、次へ行くことへの邪魔にならなくて最高!】だって(笑)。

この人妻熟女ね、近距離で不倫のお付き合いした過去があって、

別れてからも日常生活の時々で元彼を目にすることがあったらしいんですね。

で、別れの経緯は知りませんけど、同じ生活エリアの中で元不倫相手の姿がチラつくのが

まぁホントに鬱陶しかったと(笑)。

・・・余程ひどい別れ方をしたんですかね(笑)。

確かに遠ければ、新幹線や飛行機で逢いに行くような遠距離婚外なら、

もう二度と会わない、会えない、そういう確率は高いでしょう・・・ほぼ100%かな。

近ければ近いほど、同じエリアで生きている限り、不意に見かけてしまう、

出くわしてしまうこと、あるのかもしれませんね。

何とも思わない、興味を失えば何の感情もない、だから見かけようが、出くわそうが平気。

そういう人もいるんでしょうけど。

要はアレですね、けじめだね。

近かろうと遠かろうと、お互いに物心共にすべてけじめをつけたらね、いいんでしょう。

外の恋を終えるたびに引っ越しなどできませんし(笑)。

また別のある人の・・・これは本だったかなぁ、書いてありました。

遠くても近くても、出逢ってしまうことはある、それは再会という形でも。

まぁそれが運命というやつかな。

見たくないもの、知りたくないこと

冬晴れの日曜日ですが、風が強いですねー。

そして寒い。

昨日は暖かな日差しの中、一日中穏やかでしたから、

同じ晴れでも真逆ですね。

昨日がゴルフで良かったですよ、ホントに(笑)。

昨日のゴルフは仕事仲間の集まりで、4人のうちのひとりはね、熟女。

48歳、熟女です、まさに。

アタシはね、この熟女とは25年くらい前から知り合いなんですよ。

いや、肉体関係はありません、今も昔も(笑)。

同業者です。

昨日、ゴルフをしてみて、改めて思いました・・・熟女って素敵な生き物だと(笑)。

彼女はね・・・彼女ってそういう意味での彼女ではないんですが(笑)、

結婚歴なしなんですよね、本人曰く、しはぐったと(笑)。

仕事が出来過ぎるほどにできる女性で、しかも稼ぐ(笑)。

男が近寄ってこないんですね、中々。

隠れ巨乳で(笑)、太ももムッチムチでいい女なんですけどね(笑)。

いや、だからアタシは手を出しませんって、知り合いの中にまで(笑)。

結婚は諦めた訳じゃあない!って言ってましたからね、昨日も。

陰ながら応援しましょう。

んー・・・話は変わりますが。

外の恋をしてきた中で、過去の話ですけどね、アタシが見たくないもの、

知りたくないこと、書いてみますかね。

外の恋、不倫であり、浮気です。

大っぴらにできない、隠す、隠し通して続ける関係です。

お互いに配偶者がいて、子供もいる場合も多々あり、家族持ちなんですよね。

その中で恋愛関係、セックスもする、食事もします、何度も。

時に・・・個人差はあるんでしょうけど、相手に嫉妬するような、

独占したい気持ちをね、どうにも抑えきれなくなるようなこと、あるんじゃないですかね。

アタシのお相手だった人妻熟女の方々、何人かいましたね、駄々っ子のような、

我儘を言うような人が・・・本人が一番それを分かっていながら(笑)。

可愛くもあり、愛しくもあり、困惑もしましたが(笑)。

アタシが醸し出しているつもりなど微塵もなく、むしろ逆にね、漂わすことを

100%回避したいと思っている家庭の匂いというかね、夫、父親としての

雰囲気を感じとったらしく、悲しい顔をした人妻熟女もいましたね、かつて。

アタシはさ、相手が母親の顔になる瞬間、何度も見ましたし、それが嫌でも何でもなく、

旦那さんとセックスしようが、嫉妬の欠片もないんです。

ただ、見たくないものはあった。

それはね、帝王切開の傷跡でもなく、三段腹でもなく、セルライト満載の巨尻でも勿論なく、

使い古され感満載の褐色の乳首と大乳輪でもなく(笑)、これら全部大好物です、逆に!(笑)

見たくないもの、その最たるものはDVの傷跡でした。

2年前にお別れした人妻熟女はデートの度に、あちこちに傷跡、時には生々しいそれを

アタシの目の前に晒すんですねぇ・・・何たってセックスするには裸になりますから。

アレはね、アレだけは本当に悲しくなりましたね。

青あざ、皮下出血、絆創膏・・・気の毒過ぎました。

そんな傷だらけのカラダでね、アタシの射精を何度も受け止めて、

ピクピクと痙攣してはセックスの快感に酔い痴れてイキ捲る姿が、

本当に愛しくて、そして可哀想でもありました。

そして知りたくないことは、暴力夫の暴君ぶり、家庭での振る舞いでした。

いや、彼女は結局は全部吐露しましたし、アタシは聞き役にならざるを得なかったけどね。

何もできない、手助けできない立ち位置と存在ですから。

外の恋の相手としては勿論、人としてもヘルプできないこと。

アレは辛かったかな。

もう遠い昔話になりつつありますね、2年以上前のことですから。

生活感が漂わないという良し悪し

んー・・・おはよーございます。

まだ外は日の出前、真っ暗です(笑)。

今日はこれからゴルフです。

昨日は会社の忘年会で、思いがけず盛り上がってしまい、

日付が変わる頃に帰宅ということでね、寝不足ですかね(笑)。

全社員・・・ってもね、50人くらいですけどね、全員が宴会場に揃いますと、

つくづく感じましたねぇ・・・皆、若い!世代が違い過ぎる!(笑)

アタシの年齢の半分、半分以下、ゴロゴロいますからね、いつの間にか(笑)。

新人に親の年齢を聞きました、よせばいいのに(笑)。

アタシより年下の親もいるんだねぇ・・・。

まさに親子のような年齢差、アタシもオッサンになったねぇ・・・とシミジミ(笑)。

ウチの会社は辞めずに長く勤める人、産休や育児を経て復職する女性、多いんです。

必然的に熟女と呼ばれる、しかも人妻の(笑)、少なくない(笑)。

普段、会社では仕事の話しかしませんから、当たり前ですけど。

忘年会のようなお酒が入る場でね、そういうアレです、人妻熟女社員と語らうと、

やっぱり中年女子は最高だ!と思いますねぇ・・・いや、勃起はしない(笑)。

だいぶ前にも言われたことがありました、宴会の席で。

【●●さん(アタシの苗字)って、生活感がないよね】と。

【女がいそう】←20代男子社員の発言(笑)。

バカ野郎!当たってるじゃね~か!(笑)

生活感がないよね、も多分同じことを言ってるんでしょうね、きっとね。

危ないですね、社内でそんな雰囲気を醸しては(笑)。

【スケベそうですよね】・・・コレはまだ言われたことはない(笑)。

思ってても言わないだけかも知れないね、みんな大人だから。

さ、くだらないことを書いてないで、ゴルフ行ってきます!

便利さを知らない楽しさ

あ、どうも、アタシです。

この数年で劇的に見かけることが減ったこと、色々あると思うんですが、

そのひとつに新聞ね、紙の。

アレを朝の通勤電車の中で広げている人、少なくなりましたね~。

というか、ほとんど見かけないような気がしませんかね。

夕方以降、夜とかね、家に帰る電車の中で、タブロイド判の夕刊紙を開く人、

これも見かけなくなりました。

全部電子版、スマホやタブレットの中なんですね。

タブロイド判の夕刊紙とか、東京スポーツ、通称東スポとかね、

アレはもう中年サラリーマンの必須アイテムだったように思います(笑)。

風俗情報が結構満載で、読みたいけど周囲の目が気になり、

小さく折りたたんで読んだりね(笑)、家に持ち帰れないから電車の中で速読(笑)。

・・・いや、アタシの経験を語っている訳じゃあない、アタシが長年見てきた

帰宅電車のシーンです(笑)。

昨日の帰りの電車の中で某夕刊紙のエロページをスマホで見入るオッサンがいました(笑)。

アレって有料、定額なのか知らないけど課金でしょ。

スマホで見る(読む?)より駅の売店でタブロイド紙を買った方いいんじゃないの?と思いました。

まぁ大きなお世話でしょうけどね!(笑)

いや、それにしてもね、何かと便利になりました。

出逢いもスマホの中で、お別れもスマホの中で完結しちゃう、できちゃう世の中です。

VRなんてことでね、あたかも既に体験してしまったような、シュミレーションが緻密で、

もう何もかも行動する前から答えが出てしまうような、そんな世界観ですかね。

こと、恋愛もね、そういう影響と言いますか、傾向があって、

人間関係を紡ぐのが面倒、鬱陶しい、無駄、なので恋愛しない・・・多いんですってねぇ。

スマホの中に楽しくてワクワクできて、自分に面倒をもたらさない自分主導の彼是があるから、

ゼロから人間関係を積み上げていくなんて信じられない、特に異性とは・・・なんですって!

結婚もしないでいい、したいと思わない、それはある意味で人生の選択なので自由ですけど、

恋愛もしない、つまりセックスも面倒でオナニーで十分というね・・・マジで?!(笑)

こうなってきますと、もうね、外の恋が成り立ちません(笑)。

外の恋、つまり不倫になる関係性がなくなるというね、そういう流れに向かいますよ。

で、外の恋に突っ走るのは、既婚か離婚経験のある、今の30代半ば以降か、

アタシのような中高年ど真ん中世代(笑)、それからジジイとババア(笑)。

そう思えてきませんか?

便利過ぎると頭でっかちになりますからね、人間。

告白するなんて、恥ずかし過ぎるとか、無意味とか、そんなことはないと言いたいわぁ~(笑)。

硬く勃起させたチンコを女の粘膜に包まれた中でピストンして官能を堪能しないなんて!(笑)

便利さを使うのと同時に、アナログな行為と思考って外の恋には絶対に必要。

それはつまり、面倒くさくて、かなり無駄が含まれていて、徒労もあって、痛い目にも遭うかもしれないけど、

代えがたい喜びや心の拠り所、存在の意味とかね、大げさだけど生きる意味やエネルギーも

そのアナログな中にあるんだよねぇ・・・。


行きつ戻りつしながら進むもの

寒いですね、しかし。

昨日の昼間は15度以上ありました関東地方。

今日は10度以上下がるとか。

寒暖差激しいですから、皆さま、くれぐれもご自愛ください。

アタシの友人、知人、風邪っ引きと、それからねインフルエンザ、いますねぇ・・・。

不用意に近寄らないようにしています(笑)。

アタシより10歳ほど年が下の友人がいるんですが、んー・・・元スポーツマンです。

元ってのはね、大学時代まで体育会運動部で日本代表に選ばれる位の。

その元スポーツマンの友人は現役時代から今に至るまで30キロ体重が増えました。

いや、その間にね、ダイエットに取り組み20キロ減したこともあるんです、一時期。

で、やればできるじゃん俺!みたいな変な自信が油断になり(笑)、リバウンドだ。

彼は昨日退院しました・・・胆石で胆のう摘出です。

色々調べられるハメになり、医者からはきつく生活習慣を変えるように言われたとか。

同じくアタシのゴルフ仲間、これは同級生ですけど、目の手術をするんだね、近々。

なんだかね、急にでもないんですけど、ポンコツになっていく様を身近に見聞きしまして(笑)、

他人事じゃあないんだろうな、そう思うべきだろうなと、思うのであります。

アタシが外の恋をしてきた中で、持病がある、継続して治療中だという人妻熟女、何人かいました。

もしかしたら、言わないだけで他にもいたかもしれませんね。

重症ではないけど、治療しましょうというようなね。

更年期障害だってそうでしょ?(笑)

男にも更年期障害はあるわけですけどね、ある人のブログで思いと行動がズレるもどかしさ、

これが年齢を重ねるということか、とシミジミ書いてありました(笑)。

やろうとして(思い)アクション(行動)が伴わない、または想定した通りにならない(笑)。

このブログの書き手は60代の男性らしいんですが、外の恋をしている人です。

アタシはまだ・・・まだなのか、そう言い切っていいものなのかわかりませんが、

持病もなく健康体・・・だと思う。

ただね、やはり40代ではない自分を感じますね、確かにね。

8時間以上ラブホに籠城して4回、5回とセックスして、その度に射精して、

尚もまた彼女に求められるままに勃起させていた40代ではない(笑)。

いや、できなくはないとは思いますけどね、思いますけど、そうしたいと思わないんだね。

やはり大事なのはバランス感覚だと思いますねぇ・・・。

肉体年齢的にも精神年齢的にも吊り合う、つまり価値観の共有ができる相手じゃないと。

止めどなく湧き上がる性欲を満たしてくれる相手を得たいなら、相手を間違えちゃダメでしょうし、

過ごす時間と過ごし方にセックス以外のシェアが大きいと思うなら、そういう相手をチョイスです。

だから同世代、同じ時代に生きてきた相手を労り、慈しむように逢えることが大事じゃあないでしょうか。

費やした時間に比例するとは限らない

風もなく穏やかな冬晴れの日曜日、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

アタシは・・・呑んでます(笑)。

土日の定番パターンですね、午前中に粗方のことは済ませてね、

で、午後以降は自堕落に(笑)。

昨日の土曜日は休日出勤で、2週連続。

嫁には白い目で見られましてねぇ・・・大掃除いつやるんだと(笑)。

何たって今度の土曜日とその次の土曜日はゴルフですからね、

嫁の【いつ大掃除】発言はごもっともでございます(笑)。

平日に代休取りますって。

アタシは平日に有給とか代休を取る時、その代休や有休は家で過ごすのではなく、

外の恋のデートなんですけどねぇ・・・今月ばかりは大掃除、嫁のために使いましょう。

しかしアレですね、話は変わりますが、夕昏時にノンストレスで呑む酒っていいもんですね(笑)。

目の前に嫁が居座っていたとしても(笑)。

嫁が目の前に座っている中で、こういうね不倫ブログを書くアタシ(笑)。

罪深い夫ですね、ホントにね。

アタシが時々お邪魔する人妻ブログの書き手・・・つまり人妻熟女ですが(笑)、

お互いに忙しい年内に何とか逢えそうだと、久々に。そんなことが書いてありました。

既婚者で社会人で師走ですからね、今月逢えるのは千載一遇かも知れませんね。

で、そんなことを書きたい訳じゃあなくて(笑)。

この人妻熟女はね、この外の恋の相手と関係が始まるまで3年かかってるんです。

出逢ってから、知り合ってから、3年の時間を経て徐々にだったのか、ある時、急になのか、

外の恋の関係になり今に至るというね、そういう人。

アタシね、思うんですよ。

出逢ってから長い時間を掛けたら正解なのか、どうなのか。

逆に出逢ってから短い時間で関係を結んだら不正解なのか、どうなのか。

相手をじっくりと、多面的に見て感じて、それこそ見極めて、その結果として

自然な流れなのか、満を持してなのか、外の恋に至る。

出逢って、知り合って、お試しも前提で関係を紡いで、外の恋に至る。

どうですかね、皆さま。

アタシは・・・アタシはじっくりもお試しも両方ともに経験があります(笑)。

2年以上の時間を経て、アタシからアプローチをして、外の恋の相手としてスタートしたのは

このブログを書き始めたときに存在していた人妻熟女です。

彼女は後に言いました。いつかそうなることを待っていたと。

お互いに見極めて選ぶには充分な時間もありましたねぇ・・・確かに。

ただ、アタシはそれが唯一の正解、在り方だとは思っておりません。

この人!と思えば、感じれば、スタートしたっていいんですね。

見極めが足りない、あるいは情報不足があったとしても、思い切ることができるなら。

スタートしてからわかる相手の良さ、発見する喜び、意外性、ありますから。

時間を余りあるほどかけても、ならないものはならないし、

一瞬で始めたとしても選択に間違いなし!ということだってありますし、

ただやはりね、どちらにしても大事なのは許容範囲を広くとる事、完璧を求めない事ですかね。

倫活

すっかり寒くなりました、ホントにね。

そりゃそうだ、12月ですから(笑)。

アタシは東京生まれの千葉育ち、関東から出て生活したことがないんですが、

毎年ね、冬になりますと悩みますね、いや迷うと言いますか。

何を悩み、迷うかと言いますと、クルマのタイヤです(笑)。

何をそんなどうでもいいことで!と思われた方、多数いらっしゃると思いますが、

あのーアレですね、冬用タイヤね、スタッドレスタイヤとか。

関東も北部ならわかるんです、その必要性が。

アタシは千葉だからねぇ・・・路面凍結とか、ましてや雪がドカドカ降る場所じゃあない。

でも、シーズンに2回、3回と降るじゃないですか、雪が。

で、しかも結構大雪になってね、クルマが埋まるような積雪だったりする(笑)。

ここです!アタシが悩むのは!(笑)

この年に数回もない、あるかどうかもわからない雪のためにタイヤ4本買うのか、と。

で、結局買わない(笑)。

雪降ったらクルマを運転しなけりゃいい!と理由付けしまして(笑)。

まぁ、必要と言えば本当はね、そうかもしれませんけどね。

この冬、また悩み、迷い、結局買わないまま春を迎えるアタシがいると思います(笑)。

話は全然変わりますが(笑)、先日ネットで見かけた話、婚活サイトに既婚の男が潜んでいるという話です。

審査とかね、身分証明とか、かなり厳しくやっているところもあるんでしょうけど、

緩いところでは誰でも登録できて、自己申告ですからね、未婚です、と(笑)。

で、何が巻き起こっているかというと、婚活女子…女子だけとは限らないんでしょうけど(笑)、

既婚の男に騙されるというね、単なる浮気、女遊びの相手にされてしまうという。

出会い系サイトと同じような感覚らしいですね、自らを独身と偽る男に言わせると。

手早く手っ取り早くセックスできる相手を見つける、みたいなね。

アタシは逆に面倒くさいと思うんですけどね、既婚なのに独身だなんて嘘まで吐くなんてね。

正々堂々と不倫です、外の恋です、と宣言して戦いに挑んだ方がいい!

いや、戦いじゃないか(笑)。

婚活じゃなく、何ですかねぇ・・・不倫ですから倫活ですかね(笑)。

求めるもの、目的、考え方、色々あるのが当然でして、皆、違っていいんですよ、そりゃあ。

ときめき、胸が高鳴るような気持ちをもう一度感じたいとかね、いいじゃないですか。

久しくご無沙汰のセックスを貪るように味わえる相手を見つけたい、これもアリですよね。

アタシは、んー・・・最近はね、こんなことも思うように、感じるようになりまして、

いや昔からありましたけどね、それは何かといいますと、話がしたいんだね。

テーブルで向かい合ってでもカウンター席で横に並んででも、美味い酒とおいしい料理を

食べながら色々な、それこそどうでもいいような話をね、語らいたいんですねぇ・・・。

そういう時間を過ごしたいと、とみに思うようになりました。

いや、しますよ、セックスも(笑)。

射精します、射精しまくります!(笑)

ただ、それも大事だけど、その人と語らう時間とか場ね、過ごす空間、これが欲しい。

そういう目的で(笑)、倫活中。


飽きる・飽きない

来月の今日は土曜日、3連休の初日ですね、カレンダーを見ますと(笑)。

しかもね、アレです。もう仕事始めが過ぎている(笑)。

街を歩きますと、今年も性懲りもなく(笑)マライア・キャリーや竹内まりやとかね、

ユーミンとか、ワム!あたりの定番ソングが何処に行っても聞こえてくる。

日が暮れる頃になりますと、イルミネーションにカップルが集まりますね、どういう訳か(笑)。

んー・・・師走でございますね。

何かと慌ただしい忙しない今日この頃を過ごしております。

さて、今日も書いてみますか、忙しいとか言いながら(笑)。

飽きっぽい人っていますね。

興味が薄れると言いますか、まさに飽きてしまう人。

人間関係、例えばね外の恋のことでも、飽きっぽい・飽きるというのは

割と身近にある出来事だったり現象だったりしませんか。

外の恋の相手がコロコロ変わる、すぐまた次へ行く。

これは飽きてしまったというよりも、そもそもそんなに興味が無かった、

そういうことなのかもしれませんね。

まぁでもね、確かにいます、あります、飽きるということ。

付き合ってみて、思いの外、面白くないことに気が付く、描いた期待が外れるような。

で、興味が失せていく、気持ちが萎んでいく、飽きる。

気が多いという理由が絡むこともあるのかもしれないですかね、あるいは。

アタシのツィッター繋がりの人妻に年がら年中ケンカをしていながらも、

5年近くの外の恋が継続中の人がいます。

まさに飽きないんですね。

5年で500回以上セックスしてるって呟いているんです(笑)。

旦那との通算のセックスの回数を遥かに超えたと(笑)。

余程合う、体の相性も含めて、ということとね、本人自己分析的に書いてあったのは、

不満は我慢しないで小爆発(ケンカ)させて、都度スッキリさせておくこと、

期待値を上げない、こんなもんだと何かにつけて思うように自分を仕向ける、

だけどケンカは厭わない(笑)、ということでした。

白黒何でもハッキリさせたがると、続けるのかやめるのか、答えを出そう!なんてことになり、

飽きてしまうこと以前に続かない、そんなこともありますね、きっとね。

ある意味で曖昧さを曖昧さのままに残し、知り過ぎない状態を楽しめば飽きない・・・かな(笑)。

5年も続けば、ある意味で安定の仕方とか、お互いの空気感も含めて、鉄板のものがあるんでしょう。

アタシには未体験ゾーンの話ですけど(笑)。

何たって最長でも2年半少しですからねぇ・・・。

長く続く関係ってどんなものなんだろうと、ふと思う師走でございます。

先着順という在り方

どうも、どうもアタシです。

世の中、色んな人がいますね。

色んな人、顔も形も性格も、色々ありまして。

不思議と馬が合う人、不思議と馬が合わない人、これも何故かありますね。

何かにつけて気に食わない、癪に障る(笑)。

逆もあってね、何もかもがいい、許せる、心地よい、賛同できる、みたいな。

生理的に合わない、ダメというのもありますね。

こと、人間関係で、特にアタシがこうして書いているような外の恋の関係でもね、

生理的に合わない、無理だ、というのは皆少なからずあるものでしょう。

太った人がいいという人もいれば、痩せてなきゃダメという人もいます。

巨乳専門!って男もいれば、貧乳にしか燃えない!というヤツも(笑)。

生理的というより、性嗜好ですかね(笑)。

アタシが生理的にダメってのは極端に痩せた人、鎖骨もろっ骨も透けて見えるような

そんな人妻熟女は難しいですかねぇ・・・。

あとはね、否定的発想が起点になる人ですかね。

わかります?この意味。

何かにつけてマイナスに捉える、悪く考える、暗く見たがる(笑)。

意外と少なくないような気がしませんかね、男女ともに、否定的発想が起点の人。

人間の思考回路がそういう風になっているようなことを何処かで見聞きした記憶がありますが、

まぁね、何でも明るく前向きに、プラスに考えて、とはなりにくい世の中ですから(笑)。

程度の問題ではあると思いますけどね、ええ。

ある人のブログでこんなことが書いてありました。

不倫相手は先着順です、と。

前の相手と別れて、不倫相手がいない中、次の相手は出逢った順で且つ、

言い寄られた順、但し生理的にNGじゃない人・・・と(笑)。

アタシね、割と賛成です(笑)。

出逢った順ってあると思いますねぇ・・・。

そのブログの書き手、おそらく40代人妻だと思うんですけどね、

別の記事では、選り好みできるような立場じゃあないので、

余程おかしな人じゃなく、生理的にNGじゃなかったら、まずはOK。

但し自分にしっかりと気持ちを向けてくれる人が次の人。

こんな風に書いてあるんだね。

わかりますねーこの考え方。

コレね、ハードルが低いとか、誰でもいいからとか、そうじゃあないんだね。

恋に恋するとか、寂しさを埋めたいとか、そうではなく。

こだわりがない話じゃあないんだ。

ただ、なんて言いますかねぇ・・・現実を見ているといいますか(笑)、

ある意味で達観、程々で良しとする、高望みする愚かさは卒業、みたいなね。

そうですね、自分のことを棚に上げて相手にだけ、アレもコレも求めちゃあダメですね、

何たってアタシもいい歳をした正真正銘のオッサンですから(笑)。

謙虚に生きましょう。

無駄の積み上げで出来ている外の恋

皆さま、お疲れさまです、アタシです。

休日出勤の土曜日でございます。

オフィスに誰もおりませぬ(笑)。

イヤラシイこと、今ならできますよ(笑)・・・いやスミマセン。

んー・・・木曜の晩から昨日にかけて、一泊二日の出張でした。

前回の記事に書いた通りです。

もう何度かお世話になっているビジネスホテルなんですが、

最寄り駅も含め、駅周辺も含めて、実に寂れております(笑)。

神奈川のはずれ、もう少し行けば静岡県に入ろうというね、そういう場所ですから。

相も変わらず開けない街、賑わいがない街でしたねぇ・・・。

娯楽がないんです、とにかく。

ホテルの部屋でTV観るくらいですかね、ホントに(笑)。

TVだって面白い、いつも観てるってのがアタシはないもんで、

もう部屋で酒呑んで寝るだけ、それしかなかったですねぇ(笑)。

まぁね、中途半端に開けていると無駄なお金を使っちまうもんですからね、

早寝早起きで穏やかに一泊、昨日は夜明け前にチェックアウトでした。

そんな業務報告のような話はどうでもよい(笑)。

師走に入りまして、もうね、アレですよ、皆さん。

来月の今日は正月2日目、箱根駅伝の日です(笑)。

どうやら年末年始の休暇は少な目ですかね、今回は。

29日~3日まで、6日間ですかね、アタシんところの会社は。

6日もあって羨ましいって声も聞こえてきそうですが(笑)。

カレンダーの並びによっては土日がうまく絡むと9連休、10連休なんですよ。

6日だろうと、10日だろうと、特に変わったこと、予定が組み変わることはない(笑)。

年末年始は外の恋も休業って人も少なくないでしょう。

あ、アタシはそれ以前の問題、相手がいないということでね、まずここからだ(笑)。

今年も公私ともに色々あったような、なかったような(笑)、ある意味平凡に、

波風なく過ごせたように思いますが、忘れちまっただけなのかもしれません(笑)。

外の恋のこと、今年もこのブログでツラツラと書き続けておりますが、

書くこと自体に意味があるのかと言えば、まぁない、ないに等しいんじゃあないですかね。

無駄と言えば無駄、無意味と言えば無意味。

つくづく思うことには、外の恋ってのは無駄な事だらけ、無駄な事のオンパレードかもしれません。

手間暇かけて時間をかけて浪費して・・・なんて書いたら身も蓋もない話ですけど(笑)、

後で冷静に考え、振り返ってみたら意味なかったねぇ・・・無駄だったねぇ・・・みたいなこと、

少なくないんじゃあないですかね・・・アタシだけですか?(笑)

でもね、アタシ思うんですよ。

無駄だけど必要だってね。

必要どころか、必要不可欠の無駄、ですかね。

相手に想いを寄せる、気持ちを馳せるって精神的エネルギーを注ぐこと、費やすこと、

それもね、日の目を見ることのないどころか、隠し通さねばならない不倫相手のことで。

もどかしさや上手く事が運ばないやるせなさ、それから面倒くささ、手間のかかる彼是、

誰しもが経験しますよね、外の恋をしたことがある人ならば。

日常生活の中にあること、煩雑な事、心穏やかでいられないようなことがある中で、

外の恋のことで停滞や後退があったりすると、もうね、すべてを投げ出して捨てたい!

馬鹿馬鹿しささえも覚えてしまうような、そんな瞬間だってあったりするものでしょう。

でも、そうしない、そうできないことが多々あるのも外の恋(笑)。

無駄かどうか、それはね結果なんですねぇ・・・。

やってみなけりゃわからない、無駄だったのか、無意味だったのか。

いいこともあれば、そうじゃないこともあり、それも結果ですから。

絶対的保証があったら、外の恋なんか楽で楽で、逆につまらなくなるとも思います。

そんな訳で、アレですね。

アタシももう暫く外の恋、頑張ってみますかね。

無駄なことをし続けてきましたから、ええ。

今更無駄を省こうなんて思わないですよ。

無理と無茶はしないけどね(笑)。