FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

嫁がいて旦那がいるから、外の恋

月末最終日が月曜日、なんだか忙しないと思いませんかね、皆さんは。

週明け月曜日、土日を休んでの出勤でなんとなくエンジンが掛かり難かったりする中、

月末ならではの業務とかね、ありますからね(笑)。

んー・・・そんな訳で明日から8月でございます。

相変わらず暑さ、続きますね。

アタシは昨日一昨日と、日本有数の別荘地、そして避暑地といわれる軽井沢へ

一泊二日のゴルフ旅行でございました。

去年もこの時期に同じことを書きましたね(笑)。

毎年の恒例行事になりつつありますね、夏の軽井沢。

もちろん、言うまでもなく全員オッサン、今回は20名。

アタシはその中で年齢が上から3番目、いや4番目ですかね。

20名の平均年齢は50歳くらいかと思いますよ(笑)。

アタシらは当事者ですけどね、ふと客観的な頭に切り替えて、俯瞰するように

アタシら20名が軽井沢の街を歩く姿を想像してみますと、

やはり景観にそぐわないですね(笑)。

似合いません、オッサンが軽井沢に集結する図、しかも下品な宴会を長々と(笑)。

そうは言いながらも、来年もまた軽井沢に集まるこの会は続くと思いますが(笑)。

東京に比べると、やはり軽井沢は涼しいですねぇ。。。

10度くらい差があると思いますよ、ええ。

おかげでね、オッサンたちのゴルフも汗のような汁を滴らすことなく、

快適にプレーできました。

さんざん呑み食いしてお金を惜しみなく使いましたから、ええ。

下品に騒ぐのは大目に見てやってください(笑)。

さて、軽井沢の話はオシマイといたしまして(笑)、

今日もね、外の恋のことをね、書いてみようかと思いますよ。

外の恋、既婚者のする恋愛・・・不倫ですね、浮気です(笑)。

既婚者ですから、お互いに配偶者というね、存在がいますね。

外の恋をする人には3種類あると思っておりまして、

ひとつは嫁(旦那)が嫌で嫌で仕方ない人、

もうひとつは嫁(旦那)が嫌ではない、好きでもない(笑)、ただこの先も夫婦でいる人、

3つ目は嫁(旦那)が大好き、だけど外でもセックスできる相手が欲しい、癒しが欲しい。

アタシはこれまで何人かの人妻熟女と外の恋をしてまいりましたが、

3つ目の人妻熟女には遭遇、つまりアタシの外の恋の相手としてつながったことがない。

ひとつめと2つ目はいましたねぇ(笑)。

というか、大半といいますか、過半数以上がひとつめと2つ目で占められるんでしょう。

DVの旦那に蹴られたり、ぶたれたり、警察騒ぎになった人妻とは

2年半以上お付合いしましたし、旦那とも週1はセックスするけど、早漏な上に射精ありきで

気持ち良くないので(笑)、外の恋でアタシと思う存分に性欲を満たした人妻も。

旦那と3年間ほとんど会話がない生活を送っている人妻熟女もいました。

逢えば皆、語るんですねぇ。

誰かに聞いてほしいというのもあるでしょうし、心許せる相手、体を委ねて、

愛し愛される相手にこそ、愚痴も含めて全部を言いたい、そんなこんなでしょう。

DVは最低です、男だけでなく女でもDV加害者になる時代ですけど(笑)。

旦那が30秒もしないで射精してしまう超早漏を何とかできないか、とかね、

そんな話をアタシに振られても何をどうしていいものやら(笑)。

旦那の悪口、愚痴、聞かされることに嫌悪感はないんです、アタシ。

全部聞きました、相手が話すことは。

ただ、同調して外部から参戦するような、そんなことはしない(笑)。

アタシにとって関係あるのは目の前にいる相手、余所の人の奥さんその人で、

その人の旦那はアタシは見たこともなければ、この先、お会いすることもなく、

ましてや相手の実生活のことじゃあないですか。

偉そうなことは言えませんし、言っちゃいけないでしょう。

外の恋はあくまでも外の恋ですから。

外の恋を続ける中で、誰にも言えないことがある。

その誰にも言えないことを外の恋の相手だけに言えるとして、

そのことで暫しの間だけでも、心が軽くなるとか、スーッと気持ちが楽になるとか、

また明日から頑張るしかないな、と腹決めできるとか、そういうね、そういう存在、

そんな存在に多少でもなることができていたと、過去の外の恋でね。

だとしたら、アタシはああよかったな、と思うんですね。

で、アタシもね、仕事や嫁のこと、親のこと、諸々の背負うものを、

外の恋の相手に喋って、伝えて、只々それを聞いてくれただけで、

とてもありがたいな、と思ったものです。

お互いにこんな自分でも求め合って、こっそりと支え合って、そして、

セックスが気持ちいいと思い合える相手で。

この先もそういう在り方で外の恋、続けていけたらなと思うのですねー。

スポンサーサイト

人目を避ける外の恋

毎度お世話さまです、アタシです。

いきなりアレですが、最近アタシは気になっていることがありまして。

気になっていることと言いますか、気になっている人、ですかね。

アタシんところの会社の近くを歩いておりますと、

朝とか夕方にある人と擦れ違うんですね。

ある人・・・アタシよりだいぶ背が高い。

推定180センチくらいかと。

スリムです。

黒系のスーツ、下はスカートです、ひざ上10センチくらいですかね。

スカート穿いてますから、女性ですね、しかもかなり大柄だ。

髪型は何て言うのかわかりませんが、ピターッと全部後ろに撫で付けてあって、

縛ってあるんですね、後頭部のところで。

颯爽と歩きます、ヒールがそこそこの高さがある靴を履いて、大股で。

何が気になるかって・・・性別です(笑)。

あのー・・・化粧は完璧にしています、口紅も、眉も書いてますね。

ただ、顔がね、顔が、これはどう見ても女装だろうと(笑)。

んー・・・一応ね、アタシんところの会社はオフィス街にあるんですよ。

大股で歩く身長180センチのミニスカートと擦れ違う人、大抵は二度見します(笑)。

【え?・・・えぇ?!】みたいな(笑)。

ただ単に男顔の正真正銘の女性・・・かもしれませんが・・・いやぁ、それはないな(笑)。

アレは間違いなく女装だ。

あの人、仕事の途中・・・なんですかねぇ(笑)。

声、気になりますね。どんな野太い声なのか(笑)。

んー・・・7月も早々と過ぎていきますね。

いよいよ間もなく8月でございます。

今日も外の恋のこと、書いてみようかと思いますが。

もう長々と何年もね、書いておりますんで、くだらないことを(笑)。

物好きな方が意外と少なくなくて、初めから全部読みました何度も!なんてことを

仰る方がいます(笑)。

お暇なんですか?(笑)

何の役にも立ちませんよ、こんなブログ(笑)。

それこそ暇つぶしですね、ええ。

で、そうそう。アレですね、読み返してみたり、過去記事を辿った方はお分かりかと思いますが、

アタシの外の恋のデートはホテルに籠城するパターンがほぼ100%です(笑)。

籠城して、そのあとお酒を呑みながら美味しい夕飯を2人で食べて、

余韻に浸りながら、新幹線ホームで東西に分かれていく。

半日近くを一緒に過ごす、そんなデートが多かったですねぇ・・・。

朝から・・・あるいは昼から夕方まで、ホテルの部屋に籠ります。

平日の朝、9時前にラブホに入り、入る前にコンビニで食料を買い込み、

9時半過ぎには最初の射精をし終えていたりする(笑)。

夕方まで3回、4回と射精しました・・・いや、射精させられたといいますか(笑)。

彼女だった人妻熟女の方々、何たってアタシの外の恋の相手ですからね、

言うまでもないアレですけど、セックスが大好きなんですね、押し並べて(笑)。

見た目にもわかる淫乱な雰囲気満載の人もいたし、地味でね、大人しそうな、

話す声も控えめで、セックスなんかしません・・・みたいな人妻でさえも、

裸にしてみたら愛液が糸を引くほど溢れていたり(笑)、

叫ぶように喘いで何度も何度も昇天した、見た目とのギャップが大きい人もいました。

射精して萎えたアタシのチンコをおもむろに舐め始めて、

それで勃起する方も勃起する方だけど(笑)、上に跨ってアタシに抱きついた格好で

腰を振り続けたりね、尋常じゃないスケベな奥様だね(笑)。

とにかく、やはり、全員がセックス好き、性欲が強かった。

それと、女であることを心から実感したかった、そういうことだったとも思いました。

外の恋をする人妻熟女はスケベ、これは間違いないでしょう(笑)。

だから外の恋のデートでね、朝から8時間近くラブホに籠城しても苦じゃない、

苦じゃないどころか、それを心から望んでいる、そういうアレだったように思います。

アタシもそれは同じでございまして(笑)、セックス大好きですから、ええ。

こんな風に書くとね、セックスありき、それしかないみたいな印象になるのかもしれない。

でもね、セックスは性欲の発露でもあるけど、愛しい人とのコミュニケーションですから。

愛しさ、可愛さ、そういう気持ちがなければ8時間も籠城できないです(笑)。

しかし、世の中はそうじゃない価値観、別の在り方の外の恋がありますね。

セックスは勿論する、するんだけど、デートの最後に軽く(笑)。

軽くってなんだ?(笑)

まず、待ち合わせてお茶を飲み、手をつないでウインドウショッピングをし、

ランチを食べた後、映画館に行く、そのあとホテルに・・・。

あるある!って人、います?

アタシにはにわかに信じられない外の恋のデートです(笑)。

何がって、人の目ですよ。

公然と堂々と外を歩けます?しかも手をつないで。

誰か知り合いに見られるかもしれないという心配、ないんですかね。

ないんですかね、じゃなくてリスクと思わないんでしょうか。

アタシのツイッターのフォロワーさんに遊園地とかテーマパークが大好きな人妻熟女がいて、

その人のタイムラインには彼(余所の人の旦那ですよ!)とディズニー・シーに行った写真、

お揃いの浴衣で縁日に行った写真、デパートの屋上でビール飲んでる写真、

もう大衆の中で堂々と外の恋デート、オンパレードなんですよ。

凄いなぁ・・・堂々として(笑)。

お互いに既婚者で子供がいて、共通の生活圏内でそれをできちゃうのが凄い!

で、今までバレたことがない(らしい)のも凄い!(笑)

案外そんなもんかもしれませんけどね、バレる、バレないって。

いやしかしね、アタシのする外の恋のデートとは対極にありますね。

ホテルに籠るのは誰にも見られることがない安心感、誰にも邪魔されない安堵感、

それもまた大きな理由なんですよね。

その上で何度も愛し合う、その至福感。

アタシはこの先もやはり人目を避ける外の恋だと思います。

朝から夕方までホテルの部屋に籠城、いいですね~。

でも、チンコが朝から夕方まで仕事をしてくれるか、それは甚だ疑問だ(笑)。

遠くて近い、近くて遠い

昨日、今日と曇りから雨交じりの天気です、関東地方。

雨交じりどころか、大雨洪水警報が出まして、アタシの住むエリア。

元々低い場所にあるんです、自宅。

で、もう慣れっこなんですが、道路の冠水、今朝もありました。

この20年でクルマを2台、水没させてますからね(笑)。

さすがに学習したといいますか、3回目の水没となると保険会社も疑惑の目を

向けてくると思いますんで(笑)、ええ。

・・・話が脱線しておりますが、んー・・・と、そうそう、雨ですね(笑)。

で、今日はね、25度くらいの予報なんですよ。

涼しいというほどでもないですけど、蒸し暑さなし!です、確かに。

日本には四季があって、とは言え、ここ数年は四季らしさがなくなっていますが(笑)、

季節や天気への表現、言葉、言い回しに素敵なのがたくさんありますね。

梅雨明けして、また雨降りが続く、これを、もどり梅雨というんですね。

なんとなく素敵な響き、そんな気がしませんかね、もどり梅雨。

まぁ梅雨がもう一回来ちゃった、みたいな意味ですから、歓迎されませんけどね(笑)。

さて、話はガラリと変わりますが(笑)、8月11日は金曜日ですが、祝日なんですね。

皆さん、知ってました?

山の日なんですね。

去年から決まったらしい(笑)。

で、アタシんところの会社ね、お盆休みが8月11日から始まるんだね。

いつまでか。

なななーーーーーんと、8月20日まで!

ドーン!と10連休!

・・・困りますねぇ、10連休(笑)。

家にいられませんよ、10日も毎日(笑)。

嫁と10日連続で朝昼晩と過ごしたら大変なこと、大惨事ですよ、ええ(笑)。

もう、アタシは心に決めております。

何日かは会社に行こう!(笑)

いや、実際ね、アタシの仕事の性質上、どうしても土曜日とか、こういう休暇の時期に

仕事になる可能性があるんです。

家で嫁と過ごすより、会社に出た方が健康的だ!(笑)

仕事ついでにデートなんかもしてみたいもんですねぇ・・・人妻熟女と。

アタシはこのブログを書き始めたころ、大阪在住の人妻熟女と遠距離W婚外、

新幹線を使う外の恋をしておりました。

距離にして500キロくらいあるんでしょうね。

遠いといえば遠いです。

でも、気持ちの中でね、確かに物理的な距離は横たわるものの、心理的な距離はね、

決して遠さを感じるばかりではなく、むしろ近さ、力強さを感じたものです。

その大阪の人妻熟女とお別れをして、現在までに何人かの人妻熟女と出会いがあり、

お付合いもしましたが、同じく遠距離もありましたし、近いといいますか、

関東圏同志というね、そういうときもありました。

東京に住んでいる人妻だったですね。

アタシは千葉ですから、まぁ近いですよね。

新幹線、使いませんから(笑)。

遠距離だから中々逢えない、という傾向はあるとは思います。

でも、近距離だからいつでも逢えるかといえば、必ずしもそうではないね。

近くに住んでいたとしても、地球の裏側にいるかのような距離を感じるような、

そんなことだってきっとあるでしょう。

要は心の在り方、状態。

電話でもメールでも、アタシはやらないけどLINEとかね、コミュニケーションの在り方、

やり取りの中身、充実度、それと心地良さ、ストレスのないこと、

これらが総合的に一緒になったときに感じる温度とか。

それが遠くて近い、あるいは近いのに遠い、その違いなんでしょうね。

相手次第であり、自分次第でもあり。

お互いの心の状態が向き合ってさえいれば遠くても近い。

それを知っている人は遠距離でも素敵な外の恋を続けていけると思います。

匂いと傷跡と

7月も最終週でございますねぇ・・・来週は8月、そしてお盆。

やはり思います、今年も月日が経つのが早い(笑)。

ボサーッとしているうちに、除夜の鐘が鳴り響くような(笑)。

いや、ボサーッとはしておりませんが、でも早いですよね、ホントにね。

昨日はオッサン4人でゴルフでした。

アタシはね、何たって晴れオトコですから、ええ。

昨日も勿論、雨知らず・・・ほぼ、ほぼね(笑)。

昨日の担当してくれたキャディーさん、茨城訛りのオバサン・・・いや人妻熟女でね(笑)。

良かったですね~キビキビ動く、声がデカい、そのデカい声が茨城訛り(笑)。

【○○さん(アタシの名前)、そこはダメ、こっちね、こっち。】

声だけ聴いてると、セックスの場面みたいな(笑)。

尻がデカいのね、しかも(笑)。

おかげでアタシの股間も膨らみかけ・・・冗談ですよ(笑)。

やはりね、キャディーに限らず、働く中高年女性は素敵ですよね。

昨日は曇りベースで気温もそんなに高くなかったんですけど、

キャディーさんと汗の話になりまして。

汗の匂いを香水で消そうとするお客さんが時々いるんだという。

で、余計に臭くなるという(笑)。

匂いはね、まぁ特にこの季節は気になるってのはわからないでもないですけど。

汗の匂いを消すためだけでもなく、香水を日常的に使う人、いますよね。

アタシはオッサンのつける香水はどうしても理解できないんですが、

いやそもそも男が香水をつけるのが気に入らない派です(笑)。

で、女性でもね、香りが強い香水をつける人、いますね。

アタシの過去の彼女・・・人妻熟女ですけど(笑)、この人が香水好きで(笑)。

デートのとき、まぁ匂う匂う(笑)。

待ち合わせ場所で姿が見えなくてもいることが分かるくらい匂う(笑)。

セックスしますからね、裸で抱き合い数時間を過ごすわけですから、密着して。

もうその香水の匂いがアタシの皮膚から中に染み込むような、擦り込まれるような。

しかも!しかもね、その人妻熟女は噛み付きの性癖があった(笑)。

ピストンするアタシの肩、胸、腕をね、無意識なんだそうですけど噛む(笑)。

アタシはデートの後、香水の匂い付きの傷だらけというね(笑)。

もう誰がどう見ても浮気してきました的なたたずまいになるんだね。

物凄くチャーミングでセックスが情熱的で、アタシとの相性も抜群に良くて、

でも匂いと噛み付きがねぇ・・・(笑)。

香水やめてくれる?あと、噛み付くのも・・・って言ったら泣きましたね、彼女。

暫しの間だけでも私だけの人、唯一私の彼、そう思いたいがため、だったみたい。

いや、それは分からないでもないけどさ、アタシにだって帰る家があり、

帰れば嫁がいて、嫁の前で裸にはならないけどさぁ・・・でも、でもね、ですよね。

香水はつけないようにする、噛むのもやめるようにする、

そう約束してくれましたけど、噛まない代わりに吸うようになりました(笑)。

キスマークもダメだって!(笑)

アタシは香水はつけない、噛まない(笑)。

吸うけどね、跡が付くほど吸いません(笑)。

それもまた外の恋のルール&マナーかなと思うんですよ。

自薦、外の恋

毎度、アタシです。

西日が射す窓辺で、でも風が意外と心地良いですね、ビール吞んでます!(笑)

お疲れさまですね、皆さま。

今日も暑い、暑い関東地方でございます。

ご機嫌いかがですか。

元気に外の恋に励んでますか?(笑)

バテ気味の人、かなりいるようですね。

何たって中高年ともなりますと(笑)、気持ちがあってもカラダがついてこないとかね、

どうしたってありますから、ええ。

更年期障害、オトコにもあるんですよね。

アタシには無縁のようですけどね、今のところ(笑)。

昨日、帰りの電車でね、ふと窓に映るオッサンの姿が目に入りました。

草臥れた中年・・・アタシでした(笑)。

その隣に立つスーツ姿のサラリーマンを見ると、

明らかに20年くらいの年齢差を見た目からも感じるというね、寂しいもんですね(笑)。

嗚呼、ホントにオッサンだなぁ、こんなオッサンが恋愛だ、浮気だ、不倫だ、

なんてね、おこがましいような、そんな気持ちになりました(笑)。

まぁね、年齢など関係ない、気持ちだ気持ち、パッションが大事だ、

そういう思いでアタシはやってきましたけどね、おこがましくも(笑)。

外の恋をする中高年、ブログやツィッターで見聞きすることに、

こんな自分と恋愛をしてくれる人など最早いないんじゃないか、

多くを望まない、もう最低限のことさえ整っていれば、あとは何も求めない、

そんなこんなの表現、心からの叫びがあります(笑)。

こんなにも使い古されて緩んで弛んでしまったカラダを誰が欲しがるか、

シワとシミとホウレイ線と、瑞々しさの欠片もない肉体でセックスなどできるのか、

そんなこんなの複雑な想い、気持ち、ですね。

でも、実際にそんな場面、出逢いの場面になった時に、妥協はできない(笑)。

ここまで待ったんだから譲れない、最後の外の恋かもしれないから。

自分自身への自信のなさ、大きく持った相手への許容範囲だったはずが、

意外と狭い、譲れない条件が出てきたりするんですね(笑)。

外の恋は自薦しかありませんからねー。

誰か他所の人に推薦してもらう、他薦で始まる外の恋ってないでしょ?(笑)

いい人だからちょっとお付き合いしてみて・・・なんてのはあり得ない(笑)。

自ら探す、あるいは見つけてもらえるように仕向ける。

それしかない。

アタシもね、最近思うことには他薦してくれたら楽だなぁ・・・と(笑)。

こんな人妻熟女がいますけど、いかがです?みたいなね(笑)。

でも、それはない訳で。

低いハードルであるはずのアタシの外の恋の条件に適う人妻熟女、

何処にいるんでしょうかねえ。

自薦・・・アタシもこの夏は気合を入れて狩りに行きますかね!(笑)

会えば分かる

梅雨明け、しましたね。

やはり今年も【明けた模様です】という表現で(笑)。

曖昧でいいですね、天気予報の世界は。

明けた!と断言しないのは何故なんでしょう。

何かこう責任を負わされちゃうのは勘弁してね・・・な匂いがしませんか(笑)。

明けたと思っていいですよ、もしかしたら違うかもですけどね、みたいな(笑)。

まぁアレですね、空梅雨の関東地方だったってことは間違いなく、

この暑い夏の水不足は気になりますね、ホントに。

節水生活、心掛けましょう。

んー・・・ツイッターのフォロワーさんの話ですが。

言うまでもなく人妻ですね、熟女ですよ、ええ(笑)。

念のため言いますけど、アタシとは何の関係もない人です(笑)。

この人・・・Aさんとしましょうか、Aさん。

40代半ばです、新しい外の恋をお探しです(笑)。

で、その相手をどう探すかというと、ツイッターの中で探すんですね。

ツイッターをやったことがある人は分かると思いますが、つぶやきにコメントしたり、

相互にフォローしている関係ならダイレクトメールを送ることもできる。

なんとなく気になる人がいたら、あるいはこの人!という人がいたら(笑)、

コメントのやり取りやDMをね、行き来させるんですね、Aさん。

で、先日、そのやり取りを経て、初対面という日があったんだそうです。

お互いに文字でのコミュニケーションだけで相手を推し量り、想像し、

じゃあ一度会いましょうか、と。

さて、Aさんは待ち合わせ場所で相手の男性に会いました。

そのときの相手が見せた反応・・・表情とか態度ですかね、要は。

それをツイッターでこんな風につぶやいていました。

【私を見た瞬間、あきらかにガッカリした感を漂わせた】

・・・Aさんを見た瞬間に【ガッカリ】したと、こう言うんですね、Aさんは(笑)。

【私は美人じゃないけど不細工でもない】

【着るものだって高級じゃないけど気を使うし、見た目にも気を使って生きてきた】

【心で溜息を吐いて、あぁ~あ残念!って思ってるんだろうなぁ・・・私、今日は早く帰ろう!】

物凄くわかる気がしました、いや、わかります(笑)。

本当にガッカリされてしまったのか、そのまんまズバリそうなのか、それはわからないけど、

ただ、会ってみてわかることは確かにありますよね。

だから会ってみるんだとも思うんですが(笑)。

だいぶ以前にアメリカではお試し期間を経て恋人になる考え方が当たり前で、

会って、それこそ場合によってはセックスもしてみて、それから決める、どうするか。

合理的と言えばホントにそうですよね(笑)。

会わなきゃわからない、会ってからしばらく回数を経なきゃわからない。

話をAさんに戻しますが(笑)、Aさんはその相手とはその日、食事だけして

やっぱり無理だな、お互いに無理だな、と感じたということで(笑)、

二度目はないという結論に至りました。

ただ、そのあとにね、次の相手を同じくツイッターで探し、一度会いましょうかという

約束を取り付けたみたい(笑)。全然へこたれない、チャレンジと狩りの精神なんだそうで(笑)。

アタシはAさんの考え方に否定的ではなく、むしろ賛成ですね。

手当たり次第というのは違うとは思うけど(笑)。

リアルの生活、日常にある生活の中で出逢う相手と外の恋に発展していくこと、あるでしょう。

そういう相手の場合ってね、情報があるからね、目からも耳からも予め。

会うまでに心が決まる、お付合いを決めてから会う、それができやすい。

一方でネット経由はねぇ・・・(笑)、わからないことだらけですから。

くじ引きに当たる、外れる、みたいなね、運・不運じゃないけど(笑)、ありますね。

なので、一度まず会ってみたらいいという話は不自然ではない、そう思う。

会ってみて、やっぱり違ったね、無理だよね、これはね、お互いに同じ温度感で

そう感じたなら何でもないことですけど、片方だけがそうだとすると、ちょっと辛いね。

でも仕方ない、無理はできない、嘘は吐けないじゃない。

Aさんのような話、アタシにも勿論ありますよ、これまでに。

アタシもツイッターで繋がった相手と外の恋をしたこと、ありますからね。

同じ流れです、会ってみて・・・これはありました。

アタシがいいな、と思っても、相手がそうは思わない、ありましたねぇ(笑)。

会ったその日、いきなり音信不通になったこともありましたね(笑)。

ひどい女だ!(笑)

会ってみて、お互いにお互いをさらに気に入った、もちろんありました。

2年半以上お付合いした大阪の人妻熟女がその人でしたね。

会ってみてわかること・・・プロセスの中で発生することですから結果を恨んでも仕方ないんだね。

ダメなものはダメだし、何ともならないものは何ともならない、永遠に。

会えばわかる、会ってみてわかる、そういうこと。

鈍臭さと慎重さ

おはようございます皆さま、アタシでございます。

昨日は関東でも物凄い雨と雷、それから雹が降りまして。

クルマのボンネットや屋根がクレーター状態になった人、

部屋のガラスが割れた人、家が浸水被害に遭った人、ご愁傷様ですね。

お見舞い申し上げますよ、ホントに。

何たって日本全国、極端な雨の降り方ですね。

亜熱帯のジャングルがこんな感じの雨なんだそうです。

そのうち、都内で象とかマントヒヒとか見かけるようになるんですかね(笑)。

んー・・・でもね、昨日の激しいにわか雨のおかげだったんですかね、

夜はホントに涼しくて、風がスーッと流れるんですね、網戸越しに。

久々に寝汗・・・いや寝汁ですかね(笑)、を掻くことなく熟睡できました。

今朝は寝覚めがいい!清々しい晴れやかな気分です、アタシ。

さて、今日もこうしてしょ~もないブログを書いておりますが、

なんていうんですかね、ブログを読む人がどこの人なのか、

そういう分析みたいなのをね、時々見るんですが。

今朝、何気に見てみました。

アタシのこのしょ~もないブログを何処の誰が見ているのか・・・

・・・いや誰だかはわからないね(笑)。

何処で見ているか、それは分かるんですね。

分かるったって都道府県、市レベルですから、ご心配なく(笑)。

東京エリア、やはりトップですね。

人口比率そのまんまでしょう。

札幌とか釧路とか。仙台、郡山、横浜、さいたま、浜松、名古屋、岐阜、

京都、大阪、姫路、松山、下関、博多、大分・・・まぁ日本全国津々浦々(笑)。

面白いというか、不思議なのは海外からのアクセスです。

ブタペスト、コートジボアール、チューリッヒ・・・(笑)。

何処の誰?(笑)

何で海外なんでしょう???

ブタペストにお住いの日本人人妻熟女なんでしょうか?(笑)

たいへん気になります。

お心当たりのある方、是非コメントをお送りください(笑)。

さて、話はガラリと変わりますが。

鈍臭いって言葉ありますよね、鈍臭い。

主に関西の人が使う言葉ですかね。

段取りや手際が悪いとか、ダサいとか、のろいとか、そういう意味ですかね。

もう彼是1年以上前ですが、鈍臭いと自称していた人妻熟女とご縁がありました。

アタシに言わせると、全然鈍臭くないんです(笑)。

むしろ、電光石火の素早さ、決断が男以上に早い、行動力も男以上(笑)。

気持ちが強い人、何事も自己完結で自己責任でする人、働く主婦でした。

本人のいう鈍臭さは本人の持つ物差しでそう思ったんでしょうけど、

気持ちいいくらいに、そう竹を割ったような性格っていうんですかね、

そういう印象の人妻熟女でした。

物事を中々決められない、時間がかかる、かかった時間に対して答えを出せない。

それを鈍臭いという・・・んでしょうか。

時と場合に依ることだとは思いますが、慎重さ、丁寧さ、その表れじゃあないですかね。

鈍臭い人は優柔不断、これはわかる(笑)。

でも、慎重に丁寧に思考を重ねて物事を決めるのは鈍臭いではないですね。

外の恋の相手を見て、見極めていくことも同じです。

勢いとタイミングと流れと、諸々必要ですけど、その前に鈍臭さに似た慎重さは

やはり必要じゃあないかと、そう思います。

例え、その結果ダメでもね。

冒頭の話に少し戻りますけど、アタシのブログを見る人にしてみたら、

アタシは全裸状態でさらし者になっているようなものですね(笑)。

書いてあること、全部見放題(笑)。

過去の恋愛、思考回路、セックス、成功と失敗、何もかも全部曝していますから(笑)。

ブログをお読みになる方々、日本だけではなく海外の方も(笑)、

読んでいて面白いんですかねぇ・・・暇つぶしにさえもならないと思いますけどね。

毎度のことながら、話がまとまりませんね(笑)。

何を書いているんでしょうか(笑)。

分別・無分別、人妻熟女

今、アタシは自宅のリビングでビールを吞みながら汗・・・いや、汁を流しています(笑)。

リビングルームの窓という窓、全部を開け放っておりますが、部屋は低温サウナ状態です。

地元も今日は35度を超えました、猛暑日でございます。

飼い猫もフローリングの床でダラーンと伸びております(笑)。

暑いですね、ホントに。

皆さま、無事に生きてますかね(笑)。

いや、ホントに生死を分けるような気温ですから、ええ。

こんなに暑い中、世の奥様方は買い物に行くんですね。

アタシは今日、1年点検に出した愛車を引き取りに行き、その帰りに愛車で

日用品の買い出しってことでね、ショッピングセンターに行きました。

嫁と一緒にです。

今日から3連休ということで、道路もお店も混んでますね、しかし。

ショッピングセンターの食品売り場にもアタシの崇拝する人妻熟女、たくさんいました(笑)。

旦那さんと一緒に・・・アタシのようにね・・・という奥様もいれば、

極力、旦那との買い物は避けたい、そういう奥様も多いみたいですね。

理由は旦那と買い物すると急かされて嫌だ、いちいち煩い、鬱陶しい(笑)。

分かる気がしますね、確かにね。

偶に見かけますよね、スーパーの売り場で口喧嘩の夫婦(笑)。

まぁね、女の買い物は時間がかかる、目的以外を見て回るから余計にそうなる、

それが男にしてみると腹が立つ、買わないなら見るな、みたいな(笑)。

話を戻しますが(笑)、こんな猛暑にね、自転車に乗って買い物に来る奥様もいて、

ホントにお疲れさまですよねー。

嫌々なのか仕方なくなのか、率先して自らなのか、それぞれ事情は違うでしょうけど、

家族のため、旦那のため、でもありますよね(笑)。

人生経験豊富ですからね、人妻熟女は。

物事を経験の中で理解してきた訳です。

理解できているんです、あれもこれも。

常識もあり、バランス感覚もあり、他人に迷惑などかけるのは以ての外。

それが人妻熟女です。

でも、でもね、そういう人が時に我儘になるんだねー。

駄々っ子のようになったり、困らせるようなことをしてみせたり。

わかっていながらそれをする、そうなんだと思います。

そうすることで心のバランスを保つような、気持ちを収めるような。

真面目に文句ない主婦業、家事をこなす常識人の人妻熟女が、

外の恋をしたときに、彼の前では全然違うことをする、したがる(笑)。

要するに女になるということなんでしょうけどね。

可愛いと思ってしまうんですね、アタシはそういうのを(笑)。

愛しいと思えてしまい、チンコの硬さが倍増します(笑)。

母親で妻で、家事を毎日こなし、親の面倒も見る場合もあるでしょう、

張り詰めたものを毎日抱えて、外の恋のデート。

全部、脱ぎ捨てて、暫しの間。

何もかも忘れて、暫しの間。

お尻の穴を見せて腰回りの肉をブルブル揺らせてピストンを欲しがる。

茶褐色の乳首を固く尖らせて腰を波打たせるように振り続けて、

射精をするまで、射精をし終えても、まだ欲しがる。

真面目に生きてきて、この先も真面目に生きていくであろう人妻熟女なんですよね。

家では見せない、想像もできない姿。

素敵ですよね。

ホントに素敵だと思う。

年相応の外の恋(笑)

アタシの住む場所はいわゆる郊外というんでしょうね。

都内へ通勤1時間くらい、電車で。

緑も多く、自然豊かと言えばその通りです。

アタシの家の裏手は森で、春はウグイス、夏になればセミが鳴く。

明け方や夕暮れ時になればヒグラシの涼やかなあの鳴き声が

染み渡るように聞こえる、そういう場所だということを何度か書きました。

今年はウグイスもヒグラシも、その鳴き声を聞くことができません。

姿を見ない、見ることができないんですね。

何故かと言えば、森がないからなんです。

宅地造成、森が全部、建売住宅のために切り崩され、伐採されました。

何とも残念、寂しい限りです。

西側の窓辺でビールを呑み、ヒグラシの声で涼をとってたんですけどねぇ・・・

今年は味気ない余所の家の壁を見る羽目になりますね(笑)。

見目麗しい熟女でも引っ越して来たら話は別ですけど(笑)。

んー・・・アタシは50代です、半ばです(笑)。

あと数年したら還暦というね、そういうところへ辿り着いちゃうんだねぇ・・・。

いつの間に!という感じです(笑)、そういう感じしかないんだ、ホントに。

気が付いたら50代、それも半ば・・・いや、ボーっとしていた訳じゃないけどさ(笑)。

肉体、どうしたって衰えますね、劣化します。

どんなに体を鍛えても、20代、30代の体ではない、当たり前だ(笑)。

気持ちが若いつもりでいても、世間はそう見てはくれませんね(笑)。

どうしたってオッサンです、誰が何と言おうとオッサン、逆らっても仕方ない(笑)。

いや、逆らいませんけどね、オッサンですからアタシ。

30代半ばから今に至るまで、オッサンと呼ばれる年代を外の恋と共に生きてきました(笑)。

オッサンでも恋愛はする、不倫ですけど(笑)。

オッサンでも恋愛はできる、そう実感してきた10数年ですねー。

先日、年一回やる定期健康診断、会社のね、受けました。

何処も悪くないといえばその通りで、この数値が高め、ここは低め、

ここは気をつけましょう、なんてことでね、毎年同じようなことですね、概ね。

元気でタフで精力絶倫で・・・嘘ですけど(笑)、女への興味が失せることなく、

あ、人妻熟女限定ですけどね(笑)、でもね最近思うことがあります。

外の恋も無理しちゃいけない、無茶もしちゃいけない、と。

男も女もね、40代、50代と人生を経てくれば、経年劣化しますから(笑)。

知らず知らずのうちにポンコツ化してくるんですね、内も外も(笑)。

持病がある、定期的に検診を受けている、常用する薬がある、

そんな人、当たり前のようにいますからね、40代、50代には。

思うようにできないことが増えるなんて書くと、年寄みたいだけどさ、

でも確かにそれはあるんだと思いますよねぇ・・・。

今までがこうだったから、この先もこうあるべき、ではない。

今まではこうだったけど、この先はこうしてみたい、で良い。

中高年の外の恋、お互いを尊重して、敬う気持ちと、労わる気持ち、

その中で情熱的に愛し合う、求め合う気持ち、その合体形かな、この先はね。

多くを求めている訳ではないけれど

ということでね、本日も真夏ですね。

もうこのまま大した雨も降らずに関東は梅雨明けするんじゃあないですかね。

去年もそんな感じだったような記憶があるような、ないような(笑)。

なんでこんなに暑いのにスーツに革靴なんだろうと、やはり思いますよ、ええ。

30年以上、同じ仕事をしていますけどね、思います(笑)。

クールビズってことでね、世の中的には涼しげな恰好が許されていますけど、

ランニングシャツに半ズボン、ビーチサンダル、そこまでは行かないもんねぇ(笑)。

今日も汗を・・・いや、汁を滴らせて働きますよ、アタシは。

さ、そんな訳で外の恋のことを今日も書きますかね。

外の恋、皆さん悩みは尽きないですね。

思うようにならない、いかない、儘ならない彼是にイライラしたりね、

何のために外の恋をしているんだか、わからなくなるような(笑)。

いろんな人がいて、それぞれにいろんな外の恋の在り方があるんでしょうけど、

大抵の人は外の恋という不道徳な恋愛をわかっていますから、

というか、わかっていながらそれをしている訳ですが(笑)。

ですから、多くを望んでいない、望まない、望めない、と。

そういう理解の上に成り立っているんですね。

ところが、多くを望んでいないけど、そうは言っても望むでしょ、いろいろと(笑)。

いや、大したこと望んじゃいないと思います。

外の恋で当たり前のこと、最低限なこと、それを求めているだけだ、と。

でもそれが儘ならないことが多々あったりします(笑)。

例えば、デート。

基本中の基本ですね(笑)。

デート、逢って暫しの時間を過ごすこと。

この約束が決まらない、実行されない、ありませんか?

メール、送ったら返信、この繰り返しがあるからコミュニケーションが成り立つ。

返信がない、遅い、忘れた頃に的外れな返しが届く(笑)、とか。

ちゃんとしたリズムで行き来させること、それは多くを望んだことにはなりませんよね。

それがそうならない、思い通りにいかない。

すれ違うように、ボタンの掛け違いのまま進むような。

不可抗力もありますね、そりゃあね。

偶々タイミングが悪い、そんなこともあるでしょう。

デートもメールも相手があるから成立することで、当たり前ですけど。

で、外の恋の本質といいますか、相手は余所の人の旦那や奥さんだということ、

家庭があるんだということを理解している中で、関係を重ねていこうと思えば、

逆風も吹く時はあるし、思わぬ邪魔も入るかもしれないし、仕方ないですね、それは。

でも、多くを望んではいないんだと。

只々、逢いたい、抱きたい、触れていたい。

それは多くを望んでいる訳ではないですね。

不自由なことだらけの外の恋の宿命です。

古さにある愛着と安心感

昨日も今日も猛暑日ですね。

北海道でも35度を超えているところがあるとか。

んー・・・梅雨はどうなっちまったんですかね、しかし。

九州は大雨、関東はカラカラ。

満遍なく丁寧にできないもんですかね、雨もね。

今朝は久しぶりに整体治療に行きました。

1年ぶりくらいですかねぇ・・・アタシの体を熟知しているマッサージ師がいるんです。

横になって少し触れば、何処が疲れているか、痛んでいるか、すぐにわかる人。

中年のね、ふくよかな・・・残念ながらオッサンです(笑)。

昨日、乗り慣れないクルマを運転することがありまして、おかげで腰がバキバキです。

いやぁ効きました、神の手ですね、相変わらず。

これがふくよかなオッサンじゃなく熟女だったら最高なんですけどね(笑)。

昨日、乗り慣れないクルマを運転しなければならなかったのは、

愛車を1年点検に出しまして、ええ。

ディーラーから代車を用意されたんですね。

アタシの愛車、もう14年乗り続けているポンコツのステーションワゴンでございます。

エンジン快調、見た目の古さも全体的な草臥れ感もありあり、ですけど、

まだまだイケます!まだまだ行きます!(笑)

14年間、新しいクルマに、しかも最新モデルになんか乗ってませんからね。

今のクルマってのは凄いですよね、その進化に驚くばかりでございます。

サイドブレーキなんかないんだね、あの【ギーっ!】って引っ張り上げるヤツ。

オートマのシフトレバーも左手で前後に動かすヤツ、ないんだね(笑)。

乗ったはいいけど、動かせない(笑)。

ディーラーの担当が苦笑いしながら手取り足取り教えてくれました。

乗り心地、最高ですね。

運転しやすい、確かに。

快適です、何もかも。

ですが、あと数日したらアタシの愛車が1年点検を経て帰ってくる。

古くても手放せない愛着、安心感、壊れても直して乗り続けたい気持ち。

これはね、アタシが思うに。

アタシが熟女好きなことと関係があると思うんだね(笑)。

最新モデルの新車は若い女性、20代、30代の。

キビキビ動く、スピードも出る。

アタシの14年目のポンコツ・ステーションワゴンは人妻熟女(笑)。

味わいがあるんだ。

機械だけど意思の疎通がある。

調子もわかる、どうしたことか機嫌が悪いときがある、どこも悪くないのに。

ね、人妻熟女そのものでしょう?(笑)。

愛しいんですよ。

求めれば狂おしく応えてくれる・・・概ね(笑)。

大切に扱えば、気持ちを向けてあげれば、古いクルマと同じく、

人妻熟女だって存分に反応して、応えてくれるんです。

大切にしましょう、これからも、いつまでも。

どこまでを曝け出せるかの話

曝け出す・・・読めないです!って人、いますかね(笑)。

さらけだす、と読みますよ(笑)。

意味さえも分からないって人、まさかいませんよね(笑)。

辞書によりますと【隠すところなく、すべてを現す。ありのままを見せる】

と、あります。

隠さず見せる。

外の恋のことで。

皆さん、お疲れさまでございます。

今週も週末となりましたね。

金曜日でございます。

嬉しい週末がやってきた、なのか、嬉しくも何ともない週末になっちまった、なのか、

人それぞれの置かれた状況は違うんでしょうけど。

今週は早かったですねぇ・・・早く過ぎたと感じます、ええ。

不思議ですよね、同じ1週間でも中々曜日が進まない感じがして仕方ない週もあれば、

今週のように、あっという間に週末が来た!と感じてみたり。

何気にカレンダーを見ましたら、今日はなんと七夕なんですね!(笑)

アタシには七夕的な催し物も何もないんです(笑)。

七夕デート?

そんなものしたこともないですよ(笑)。

してみたいもんですね、一度くらいね。

んー・・・曝け出す外の恋。

相手に対して全部見せてしまう、何もかも知らしめてしまう。

どうでしょうか、皆さん、曝け出せてますか?(笑)

アタシはね、基本的には曝け出す派だと思う(笑)。

曝け出すというよりも、アタシのことを知ってほしいがために情報開示、かな。

同じ意味で相手にもね、そうあって欲しいと思う訳。

隠し事とは違って、なんて言いますかねぇ・・・秘密ですかね、それが多過ぎるのは

何か信頼をされていないのかな、と。

疑心暗鬼なのかなと思えてしまいますよね、どうしても。

・・・話を戻しますけど(笑)、基本的には曝け出す。

ただ、何もかもを曝け出しちゃあいけないと、そう思うんですね。

言わないでいいこと、言わない方がいいこと、言ってはダメだろう、なこと。

その弁え、分別は一つの価値観として持たないとね。

外の恋のデートで、ホテルに行きますよね。

セックスします。

セックスしてお互いに果てて脱力して、微睡むように寝入ってしまうこと、ありますよね。

アタシはね、微睡むどころか、寝てしまうことがある、少なくないかもしれない(笑)。

そのときに、イビキをかいてしまうこと、多分あったでしょう(笑)。

これもひとつの曝け出しの姿です(笑)。

いや、恥ずかしいことだと思いますよ、イビキ掻いて寝るなんてね(笑)。

場合によっては相手である余所の人の奥さんから幻滅されるかもしれないね(笑)。

【なに、この人。イビキ掻いて嫌だわぁ・・・】なんてね(笑)。

緊張感は必要だと思いますけどね。

ガチガチに予防線を張って、よそ行きの姿しか見せないんじゃあ疲れちゃうでしょ。

お泊りデートがしたい人、したくない人、分かれますね。

何かのアンケートだったですかね、お泊りしたくない女性のその理由が面白い。

【すっぴんを見せて寝るのが嫌だ】

【翌朝、すっぴんを見られるのが嫌だ】

【寝姿(寝相も含めて)を知られるのが嫌だ】

羞恥心が前提にあるんですね。

まぁね、寝るというのは完全に無防備状態をまさに曝す姿ですからね、

それを見せたくないというのもわかる気がしますけど。

外の恋のときだけ、その2人の時間の中だけで演じる自分がいて、

お泊りまでしたらとても演じきれない、そんな人もいるみたい。

要は曝け出さない派なんですね、つまり。

でもね、本音で言ってくれたのか今となってはわかりませんけど、

セックスのあと、寝入ってしまいイビキを掻いていたアタシを、ああ愛しいって

思ったって、当時の外の恋の彼女が言ってましたっけ。

アタシも寝息を立てて眠る彼女、翌朝見た寝ぼけ眼の彼女、可愛いと思いました。

隠さずに曝けてもいいんだと、そう思いました。

そう思わない、そうできない人もいていいんですけどね。

お金のこと、その感覚と使い方

毎度、アタシです。

ウチの会社に年に2回、取引銀行の女性が来るんです、必ず。

年に2回、夏と冬。

何しに来るのか、勘の鋭い人はもうお分かりかと思いますが(笑)、

宝くじを売りに来るんだね(笑)。

サマージャンボと年末ジャンボ。

もう何処の銀行だか分かってしまいますが(笑)。

んー・・・アタシは買いません。

これまで何度も、その銀行のお姉さんが【いかがですか?】なんてね、

満面の笑顔でね、買いません?買いなさいよ!みたいな雰囲気を漂わせて、

アタシんところにも来るんですけど。

一度も買ったことはないんですねぇ・・・。

いや、宝くじ売り場で買ったことはありますよ、何度か。

まぁそれももう5年か、それ以上前のことですかね。

すっかり買わないアタシになりました(笑)。

何故か言えば、当たらないからですね(笑)。

6等は当たりますけど、アレは当たったとは言わないよね(笑)。

因みに1等は5億円ですよ、皆さん!

5億円が20本もあるんですって!

全部当たったら100億円ですって!(笑)

買わなきゃ当たらない、しかし買っても当たらない人が圧倒的大多数。

・・・この夏は久々に無欲で買ってみますかね、サマージャンボ。

5億当たったらパーッと派手に驕りますよ、ええ(笑)。

お金のことです、今日は(笑)。

外の恋、タダではできませんね、お金がかかります、それなりに、意外と(笑)。

1円もかからずに外の恋をするなんて、中々ない、というか不可能でしょう。

外の恋を続けるためにパートで働き、稼いでいる主婦、いますもんね。

家計の足し、子供の学費を稼いでいるフリをして、外の恋のデート代だったりする(笑)。

涙ぐましいですよね、ある意味。

あの人と来月逢うために、ホテル代、食事代、移動の交通費をねん出する。

男だってね、それなりに大変です。

給料が毎月固定額なら、その中でやりくりを考える訳で。

なんだか貧乏くさい話になってきましたね(笑)。

でもね、一般庶民が外の恋をしようってことは、大抵はこういう現実だと思いますよ、ええ。

アタシの過去の外の恋で、アタシと彼女のお金の出し方はお互いに半分ずつだったり、

あるときはアタシが7割、彼女が3割、6対4とか、アタシがやや多めに。

大体こんな感じだったですかね。

20年、いや25年くらい前の当時の彼女・・・アタシはまだ独身ね(笑)、

お金を払わない人でしたねぇ。

殆ど払わないんだ、とにかく。

お金がないんじゃなく、デートは男がお金を出すもの、そういう感覚なんだね。

外の恋をしているという人の中にもね、お金を出させないという話を聞いたことがあります。

愛人を囲っているような気がしませんか、これ(笑)。

出さないでいられる感覚にも驚きますけどね、アタシは。

お金の使い方で相手の人間性が見えるような気がします。

全部奢る、奢られるというのはフェアな関係じゃあないように思えるし、

やはり対等な関係で繋がっていたいと思えば、お金の出し方にもバランスは大切ですよね。

紐のような男と外の恋なんかしちゃあいけないし、男がお金を出すものと頑なに信じる女もダメ。

見栄なのか、派手にお金を使いたがるのも感覚的にどうかと思うしね(笑)。

お金の使い方で外の恋のデートが素敵にもなるし、その逆にもなりますから。

間違った相手、変わってしまった相手

いや、今朝も蒸しますね、おはようございます。

もう何をしても、しなくても(笑)、汗が出る出る、汗が出る。

オッサンの汗、あれは汗じゃあないんです。

汁なんですよ(笑)。

灰汁かもしれません、あるいは(笑)。

舐めたらお腹を壊すかもしれませんからね、愛しい!なんて思ってね、

セックスの最中にくれぐれも舐めちゃいけませんよ、奥さん!(笑)

今日は台風が九州上陸、そのまま日本列島を東にズドーン!と進むとか。

大雨の被害、災害、起こらないことを祈るばかりですね。

今日のような天気の日に外の恋のデートが重なる、そんな経験がある方もね、

少なくないんじゃあないですかね。

台風で電車が動かない、今はまだ大丈夫でも帰る頃には止まるかも。

大雪で車も電車も飛行機も全部アウト!とかね、天気ばかりはどうにもなりません。

アタシはね、何たって晴れオトコなもんですからね、外の恋のデートでも悉く晴れ(笑)。

大抵は天気予報を覆します。

小雨の中、朝からラブホへ籠城開始、夕方出てくる頃には快晴。

ラブホで汗まみれ、愛液にまみれている数時間の内に大雨は通り過ぎる、とか(笑)。

えー・・・と、何の話でしたっけ?(笑)。

間違った相手、でしたね(笑)。

外の恋のことですよ、もちろん。

外の恋、相手がいなけりゃ始まりませんが、その相手をね選ぶ訳ですね。

この人と外の恋を始めよう!お付き合いを始めよう、と。

で、そのときにね、そのタイミングで、100%納得、満足の気持ちで決めた相手、

ですかね?(笑)

完璧な相手など何処にもいないのは、結婚、それまでの恋愛経験で

皆さんもよくよくお分かりかと思いますが(笑)、だからこそ、外の恋だけは

完璧な相手を選びたいとも思うのかもしれませんが、いませんね、残念ながら。

100%納得、満足というスタートで始まったとしたら奇跡だと思います。

何処かで妥協、折り合いをつけながら、でもこの人にはこんなにいいところがある、

素敵なところがあると、それを見つめていくことが大事じゃあないですかね。

それでも。

それでも、時間の経過と共に、違和感や腹落ちしないアレコレが出てくることがある。

元々の性格や習慣、価値観、考え方を完璧に事前に知ることなんかできませんから、

それは後々になってから見えてくるのも仕方ないといえば、確かにそうなんだと思いますねぇ。

【相手を間違えちゃったかなぁ・・・】と、ふと思うことがある。

そういう時はね、大抵は満たされない自分の気持ちと体とが心の声と共に、

叫びを上げ始めているんだね。

でも我慢して続けていく関係もあるし、そうではない選択をすることだってあるし。

以前はこうじゃなかったのになぁ・・・こんな人じゃあなかったのに。

こんなのもありますね(笑)。

変わってしまった相手ですね。

物事、すべて変わっていく。人の心も見た目も(笑)。

お互いに見えないところに実生活があって、それは敢えてお互いに知らしめるばかりが

正しい選択じゃあないこともありますから。

実生活が外の恋の相手を変えてしまうこと、あります。

それでも尚、この人と寄り添い、心を紡いで行こうと思えるか、そうではないか。

それもその時々での判断、タイミングでしょう。

いいことばかりじゃあない、けど、悪いことばかりでもない。

我慢も必要、でも我慢ばかりじゃ何のための外の恋だかわからない(笑)。

お互いに人間だから、大人がする外の恋なので、そりゃあ色々ありますって。

相手をしっかり見て、考えて、そして深呼吸して(笑)、物事判断しましょう。

きっかけ、外の恋

一日中、汗が滲むような、少し動くと汗が滴ってくるような、

いや今日はホントに蒸し暑い日です。

夕方になっても、涼めない(笑)。

ビール呑んだ先から汗になっていくような。

アタシん家は一軒家ですが、エアコンが4つあります。

そのうちの1つは壊れて動かない、10年以上前から(笑)。

アタシの部屋のエアコンです(笑)。

完全にオブジェ状態ですね、アレは。

というか、修理するなり、新しいのを付けるなりすればいいんだね、実際。

動かないエアコンほど無意味なモノはないですね、ホントに。

夏暑く、冬寒い、家でも会社でも(笑)。

まぁね、エアコン、特にクーラーの冷気って好きじゃあないんですけどね。

網戸にして夜風に吹かれて寝る方がいいです、アタシは。

で、腹出して寝冷えするというね(笑)。

台風も発生しました。明日から連日夏日続きらしいですから。

気を確かにもって(笑)、しっかり生きていきましょう。

蒸し暑くても、猛暑でも、外の恋は変わることなく、ですね(笑)。

どんな場所に居ても、どんな季節であろうとも、外の恋は始まり、続いていくもの。

始まるには理由、背景、きっかけってものがありますね。

いきなり始まる外の恋なんてのも、あるのかもしれませんけど、

気配さえない中でそんなことは中々ないのも事実でして。

人それぞれに現状があって、そこには少なからず不満があるんじゃないですかね。

旦那(嫁)に対する不満、怒り、諦め、自分自身への悲しさもあるかもしれない。

私の人生、何なんだ!みたいな(笑)。

今や見ず知らずの人とつながりを得ることはムズカシイ世の中じゃあありませんからね、

その気になれば、いつでも何処でも誰かと知り合いになることができます。

リアルの生活の中でも、ネットの中でも。

女としての自分を実感したい、もう一度。

男として求められる存在になってみたい。

このままこの嫁(旦那)と不機嫌なまま10年、20年と共に生きていくだけとしたら、

何を生きがいに、何を楽しみにすればいいというのか・・・等々。

そんな毎日の中で、心に響く出来事やひと言や、存在を知ることがある。

ありのままの自分を是としてくれる存在がいた。

男でも女でも、速攻で相手にアプローチして外の恋を始める人もいますが、

気が付いたらそういう関係になっていた、という外の恋も多いんじゃないですかね。

自然とそうなっていた、みたいな(笑)。

承認欲求がそこにはありますかね、男女ともに。

特にね、中高年は人生の第3コーナーを回っていく中で、

拠り所がないことに気が付きますんでねぇ・・・寂しさ覚えるんですね、走りながら(笑)。

生きていくことは止めることができない中で、伴走も並走もしてくれなくていいから、

一時の支え、サポートになってくれる存在ね、これが外の恋の意味かもしれないね。

目指すべきゴールがない外の恋

土曜日、今日は休みでございます。

会社は完全週休2日なんですけどね、仕事の都合で土曜日に出勤、

割とあるんです。

仕事、嫌いじゃあないですからね、休日出勤が苦ではない。

誰もいないオフィス、仕事が捗りますしー。

それとね、それと・・・。

休日出勤があるという働き方を嫁に見せておくこと、日頃から。

コレがね、例えば土曜日に外の恋のデートだという場合にいいんですね(笑)。

仕事のフリして怪しさ漂わすことなく外の恋へと向かえますから(笑)。

勿論、そういう訳ですから、外の恋の時のアタシの服装は100%ビジネススーツです。

平日に有給休暇を取って外の恋のデート、これまで幾度となくありましたけど、

この場合もね、アタシは仕事に行っていることになっています(笑)。

ですから、やはりビジネススーツ、革靴。

ビジネス街から少し外れた場所にあるラブホへ朝から入っていく、徒歩で(笑)。

傍から見たら不倫100%、誰が見てもそう映ったでしょう(笑)。

ビジネスホテルでデートをしたことも多々あります。

アレはねいいですね(笑)。

ラブホへ入っていく恥ずかしさから解放されますからね(笑)。

話は変わりますが、昼顔って映画やってますね。

不倫の2人を描いたドラマ、その映画版ですね。

観ました?

アタシは観ておりませんが。

いや、中々ね観に行くには勇気がいりますよ(笑)。

誰かに見かけられやしないか心配で心配で(笑)。

いつだったか、何処でだったか、すっかり忘れましたが、

主演の上戸彩さん、あんな風な美人じゃなかったら不倫なんかできないよね、

なんてことを見たか、聞いたか、読んだかしました(笑)。

それは偏見ですよねぇ・・・(笑)。

アタシなんか、斎藤工と似ても似つかないですけどね(笑)、

散々不倫をさせていただきましたから。

・・・あ、今、こうして書いていて思い出したことがあります!

以前お付き合いさせていただいた人妻がね、旦那に言われたこと、

【お前みたいな不細工な女は浮気もできない】

・・・で、その不細工な女はアタシと不倫、外の恋をエンジョイしました(笑)。

不細工だとは思いませんでしたし、そもそも顔かたちがどうこうの話じゃあないんですよね。

相手がイケメンじゃなきゃダメ、美魔女限定、そんな決め事を頑なにしたがる、

そういう外の恋に拘る人もいるようですけど、アタシとは対極ですね。

不細工が好きな訳じゃあないけどさ(笑)。

人間性とか性格とか、心の在り方とかね、それがあって、そしてセックスの相性。

考え方、スタンス、外の恋についての。

それが一番大事かな。

離婚して再婚したいって話じゃあないですしね。

好きだし、愛しい。

だけど、発展型はない、進む関係ではない、ゴールはないけど維持をするような。

それがアタシの外の恋。