FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

緊張感、時々、慢心

あ、どうも、アタシです。

5月31日、明日から6月でございますねー。

だから何?というアレじゃあないんですけどね(笑)。

6月・・・1年の折り返しの月ですけどね、どうやら。

・・・嗚呼、やっぱり1年早いぞ!(笑)

もう今年誕生日を迎えた人も、これからの人も、ついこの間が誕生日だったような、

そんな気がしませんかね・・・え?しません?(笑)

じゃあアナタはまだまだ若いんだね、そういうこと。

アタシくらいの世代・年代になるとね、もう1年が半年くらいの感覚ですから(笑)。

いや、ちょっと大袈裟ですけどね(笑)。

んー・・・振り返ってみますと、嫁と結婚して22年目です、確か(笑)。

見合い結婚じゃあありませんからね、こう見えて(笑)。

恋愛期間を経て結婚したというね、そういうアレです。

もうあまりにも昔のことですから・・・なんてことを言うと、だから男はダメなんだ!と

言われそうですけど(笑)、嫁と恋人同士だった頃、独身の頃は

今の嫁との関係性の中にはない、新鮮さ、初々しさ、ありましたよね、きっとね(笑)。

夫婦になり、お互いに子を持つ親になり、1年365日、何年もひとつ屋根の下で

暮らしてくると、もう空気のような存在、凡そ恋人時代に感じたような、

燃え盛るような恋愛感情も性欲も微塵もない(笑)、ホントにない(笑)。

姿かたち、在り方が変わりました。

家族であり、人生の運命共同体であり、多分おそらく死ぬまで寄り添うであろう相手。

それでいい、そう思うんですよ、アタシはね。

恋愛は外で。

燃え盛るような恋心と欲情する心を向ける相手は外に。

それでいいと、そう思うんだね。

ただ、外の恋でもね、付き合いが長くなれば、あるいは長くなくても深くなれば、

嫁や旦那に感じるような、妙に安定感のある気持ちと、

楽であることに慣れ過ぎて慢心というか、手抜き感といいますか、

別の言い方をすると、トキメキが足りなくなるような(笑)、そんな感覚があるんだね。

そう。慣れは人をだらしなくする、緩ませる。

慢心と安定は表裏一体ですから。

良くも悪くも人は慣れる、楽をしたがる。

それが時に心のすれ違いになるんだけどね。

でも仕方ないと思う気持ちもありまして、それは誰しもあることだから。

ただ、本質を見誤らければいいと思うんだね。

大切なものは何だったか、それさえ忘れなければ。

スポンサーサイト

外の恋のベースにあるモノ

今日も暑くなるようですね。

暑くなると言ってもね、30度位のことですけどね(笑)。

でも、ホラ、今まだ5月ですからね、しかも梅雨入り前ですから。

一体いつからこんなオカシナ陽気になっちゃったんですかねぇ。

しかもね、今年の夏はさらに猛暑、酷暑の夏になるんだとか。

季節がズレてますね、そして日本ではなくなってきている。

嫌ですねぇ・・・暑いの。

今朝、通勤電車で汗だくの肥満体・中年ハゲ頭サラリーマンが至近距離にいまして。

臭うのなんの!(笑)

アレはいけませんね、汗が臭うオッサンというのは!

嫌われる事はあっても絶対に好かれません、モテません(笑)。

デブなのは仕方ない、自己責任で太ってるんでしょうから。

しかし、汗を臭わせて公共の場に佇むのはやめなさい(笑)。

アタシもね立派に中高年、正真正銘のオッサンですから。

臭っちゃいないとは思いますが、身だしなみ、エチケット、マナー、忘れちゃいけませんね。

さ、間もなく梅雨入り、夏へと季節は進んでいく訳でございますが。

外の恋、いかがですかね、皆さんは。

アタシですか?

アタシはねぇ・・・先日も書いたと思いますが、何だかなぁ・・・という感じですね。

打てば響くという言葉がありますけどね、打てども響かないと言いますか(笑)。

何を考えているのかが、よく分からないんですね、この人妻はね。

掴み所がないと言いますか、張り合いを感じないと言いますか。

ご縁がないというのはこういうことを言うのかなぁと、そんな感じですね。

ダメなモノはダメ、ズルズルと引っ張るつもりは全然ないんですよ、アタシ。

素敵な人妻熟女は世の中に数多いる訳ですからね、出逢いさえすればよい(笑)。

その出逢いが簡単なようでそうでもなかったり、意外と簡単だったり(笑)。

要はご縁、タイミングですね。

アタシは気が多い訳じゃあないと思っておりますが、前々から素敵な人だな、

お話をしてみたいな、一度お会いしてみたいなと思っている人妻がいるんです。

いるんですが、その人妻には外の彼がいる(笑)。

お相手がいる人に挑んでも仕方ないですからね、やはり。

これもまたご縁、タイミングなんだろうと。

まあ明日がわからないのが外の恋ですからね、どうなりますか・・・。

アタシは外の恋のことを真面目に不真面目な事をすることだ、と常々書いておりますが、

浮気であり、不倫であり、道徳を問われたら全く以てアウトですし、

ダメな事をわかっていながらそれをするというね、トンデモナイ話な訳です(笑)。

でも、そうしないではいられないという話でもあり。

求めるモノは誠実さ・・・なんて書くとバカなんじゃないの、不倫の身分で!というような

声も聞こえてきそうですが、でもホントにね、求めるモノは誠実さなんですよ。

真面目に不真面目な事をするのが外の恋なら、基本のところで誠実さがないことには

関係性を保てない、そう思うんです。

約束は守る、守れない約束はしない、配慮する、遠慮する、きちんと伝える、

相手を見て話を聴いて、意思疎通に手を抜かない・・・。

コレって真面目さ、誠実さがあればこそ・・・ですよね?

セックスが上手ければいい、カラダの相性が抜群に合えばいい、深入りせずに、

お互いに心地よい時間を過ごせる関係で維持できれば、それでいい。

それが外の恋だという人もいます。

何故ならお互いにそれが一番楽でいられるから、と。

それはそれで正解のひとつ、在り方のひとつでしょう。

そうではない真面目さ、誠実さの上に成り立つ外の恋もあるという話です。

優しくていい人という存在

金曜日、関東地方は雨でございます。

雨もまたよし、ですよ。

晴れてばかりじゃあいけません、今日は蒸し暑さも一段落で

ちょっとホッとしますかね。

5月も下旬、来週後半は6月に入りますね。

梅雨が来て、そのあと夏が来て。

今年は猛暑の夏らしいですが・・・というか、毎年猛暑じゃないですかね(笑)。

何をするにも体が資本、健康第一ですから、ええ。

元気だからこそ恋愛もできるってことですよ、ホントにね。

時々耳にする言葉、あの人はいい人だ、優しい人だ、というのがありますね。

優しくていい人、褒め言葉でしょうね。

言われて嫌な気はしないでしょう。

そんな優しくていい人だったら、外の恋の相手にしたらいいと思うんです(笑)。

でも、必ずしもそうならないんだね、コレが(笑)。

外の恋に何を求めるのか、人それぞれに色々なモノがあるんでしょうけど、

優しい人がいい、気持ちが暖かい人がいい、なんてことを言いますね。

なのに(笑)、そういう人が現れても恋愛対象になり得ない(笑)。

要は別要素が絡んでくるんだね、相手選びには。

それは例えばね、外見だったり、全体のシルエット、体型、顔、表情、

漂わせる雰囲気、イメージ、諸々の要素が加算されますね。

優しくなくていい人じゃないのを選ぶ人もいる(笑)。

心にグッとくるような言葉のひとつさえなく、意地悪なことさえも

されても尚、それでもその人がいいというね(笑)。

何なんでしょう?(笑)

間違いないことは、自分に興味や関心、気持ちを向けていない人とは

恋愛関係は成立しないということですかね。

優しくなくても気持ちがこちらに向いていればいい、それでいい、と。

思うに任せないことだらけの外の恋ですから、できる限り不自由さも

無意味ないざこざも諍いも避けて過ごしたいものです。

楽しむため、穏やかに過ごすため、暫し現実を忘れて幻でもいい至福に

浸ることを許されたい、そういう外の恋の在り方にしたいですもんね。

守秘というルール

いや、毎日暑いですね、まだ5月ですが(笑)。

これから梅雨が来るって時期なんですがねぇ・・・夏日、真夏日の連続ですから。

もうすでにバテ気味、食欲不振だ、なんて人もいますね。

アタシ?

アタシはもう食欲も性欲も枯れることなく、漲りっぱなしでございます!(笑)

50も半ばに差し掛かろうというのに、いいですかね、この食欲に性欲に(笑)。

んー・・・まぁ何はともあれ・・・書くこともないアレなんですが、書きますかね、ブログ。

文章書くとボケ防止にいいって話ですし(笑)。

世の中には言っちゃいけない、漏らしてはいけない事がありますね。

いわゆる秘密というヤツですね、秘密、シークレット(笑)。

よく巷で見かけたり、耳にしたりしますのが【ここだけの話だけどね・・・】を連発する人(笑)。

全然ここだけの話になっちゃいないっての(笑)。

口が軽い人でしょうね、つまりこういう人はね。

信用できませんね、どうしてもね。

アタシはツイッターをやっておりますが、そのつながりの中で

外の恋・・・不倫をしている人妻同士がお互いの不倫の話を包み隠さずに

書き込んでいるのを毎日のように目にします。

いや、そりゃあね匿名というか、何処の誰だかお互い皆が分からない同士です。

ですが、アタシはちょっとね、この状態に違和感を覚えるんですね。

もし、もしもアタシがこの人妻の外の彼だとしたら、いいこともそうじゃないことも、

何もかもをこんな風に【晒される】んだろうな、と。

過去の外彼のことも明け透けにタイムラインに書くんですね。

【意外と早漏だった】とか(笑)。

まぁね、お互いに知らない同士だから誰のことだか特定できない恋愛話ですし、

この人妻たちはここで毒を吐き、愚痴り、鬱憤を晴らしているんだとも思います。

良し悪しではない、アタシとは価値観が合わないというだけの話。

外の恋のことで群れる人がいます。

アタシはダメなんだね、どうしても、それが。

孤独を囲って自己責任で自己完結する気持ちでいてほしい訳です、外の恋。

SNSで群れずにね、時々アタシのブログにコメント的に相談を入れられる方いますけど、

余程そっちの方がいいですって(笑)。

主婦の井戸端会議のネタにされたんじゃあ外の恋の相手も気の毒だ。

んー・・・前回の記事でどうもハッキリしない相手がいます、多分ダメでしょう、てな事を書きました。

まだそれから数日しか経っていませんが(笑)。

いや、その後のことを知らせるアレでもないんですが、

終わっちゃいないんです、その後。

始まったという訳でもないんですが(笑)。

アタシに対してその気がないんでしょう?それなら迷惑になるばかりだと思うので、

アタシは撤収しますよ・・・という返しをしたんです。

そしたらね、いやそれは嫌だ、と(笑)。

その気がない人に対して、こうして連絡を行き来させると思うんですか?と返してきた(笑)。

アタシはどちらかと言えば直感的にこの人!って決めて進むタイプなんですが、

この人妻はね、じわじわと見て確かめて見極めて進むタイプみたい。

因みに熟女カテゴリーは勿論外しておりませんが、干支が1周以上年下なんだね(笑)。

いいのか、こんなオッサンで!(笑)

どうなるか、全くわかりません。

そもそも明日がわからないのが外の恋ですけどね。

アクションありき、外の恋

日射しがしっかり・・・どころではなく日焼けを感じるような天気ですね。

夏日だそうです、今日。

季節感がなくなってませんかね、日本。

冬の次には春じゃなくて夏が来る、そのあとに秋のような日が少しだけあって、

冬が来る・・・四季じゃなくて二季(笑)。

気が付けばもう5月も下旬に差し掛かります。

1年早いねぇ・・・と、今日もまた思う訳ですアタシはね(笑)。

1年前、何をしていたか、何を思っていたか、鮮明に覚えていますよ、ええ。

意外と記憶が薄くなっていない(笑)、どころか、思い出深い去年の今頃でした。

季節は巡り、もう少しすると6月、一応(笑)梅雨の季節がやってくるというね、

そんな時期でございます。

んー・・・最近、このブログもどうしたものかと思うこと、しばしばです。

賞味期限と言いますか、使命といいますか、ブログ自体の存在意義、価値がね、

もう変質してしまいましてね、その意味でも書くことがない、ないんですね(笑)。

放置するのはアレですから、やめるならやめる、ハッキリさせたい。

そんなことをこの1か月ほど思うアタシでございます(笑)。

んー・・・外の恋はね、皆さまにお知らせするようなモノがないんだね、実際。

いや、何もないと言えばその通りなんですが、アクションがないアタシじゃあないですよ。

1人、ちょっとアプローチと言いますか、アタシとお付き合いしませんか、奥さん!

みたいなね(笑)、そんなアクションをかけている人妻がいるんです・・・。

・・・いるんですが(笑)、たぶんダメだね、これは(笑)。

なんて言うんですかねぇ・・・こう、反応が薄いって言うんですかね(笑)、

パッション、熱量を感じさせないんだね、これっぽっちも(笑)。

要するにご縁がないということ、相手間違いということ、そういうことかと(笑)。

出逢いは何処にでもあると思うんですよ、アタシはね。

何処にでも、って言ってもね、家ん中にはないよ(笑)。

外に行かなきゃね、外に。

会社でも、仕事繋がりでも、地域の集まりでも、子供の学校関係でも、

SNSでも、出会い系サイトでも(笑)、同じく出逢いは外にある。

そしてそして、出逢いがない、相手が現れない、と、ぼやき、嘆き、

1人悶々としている人、自ら動きましょう!と言いたいんだね、アタシは。

口説かれるのを待つなんて勿体ないですよ、ホント。

時間は有限、中高年の時間は更に有限ですから(笑)。

そもそも失うモノなど何もないんだね、この外の恋の始まりには。

ダメなら仕方ない、ご縁がないということ。

なので、アタシは先ほど書きましたように、いい歳して他所の奥さんを口説こうと

頑張っている訳でございます(笑)。

いや、頑張るモノじゃあないね、これは。

ただ、アタシの新しい外の恋にはどうやら発展しそうにない。

じゃあどうするか・・・次、行きます!(笑)

外の恋とセカンドパートナー

最近でもないんですが、アタシは気になっていることがありまして。

巷で・・・巷って何処だ?(笑)・・・本屋とかね、ブログとかでも見聞きしますが、

セカンドパートナーという関係の在り方。

不倫ではない男女の関係、セックスを伴わない既婚者同士の関係、

逢って食事する、映画を観たり、ドライブしたり、要はデートをするけれども

肉体関係は一切ない関係。

プラトニックな関係なんですな、つまり。

で、人によってはお互いの配偶者公認の関係だったりするというね、スゴイね(笑)。

言うまでもなく(笑)、アタシにはあり得ない関係性です。

人妻熟女を目の前にして手も足も出さないなんてね、体に悪いです(笑)。

世の中には色んな考え方がありますから、ええ。

セカンドパートナーを持つ人、それが一番だという人、いるんでしょう。

他所の人とセックスなどできない、嫁(旦那)を裏切れない・・・とかね。

じゃあセカンドパートナーという関係の在り方は嫁も旦那も家族も裏切らないのかと。

裏切っていないんだそうです(笑)。

まぁ解釈の問題ですな、それもこれも。

外の恋、つまり浮気であり不倫ですけどね、セックスを伴う(笑)。

これだって配偶者公認というか、暗黙の了解という夫婦もいるんですよね。

でも離婚しないという。

愛はないが家族としては必要だという話だそうですが。

アタシのブログをお読み下さる方々、コメントをいただく方々は

まず間違いなくセカンドパートナーという関係では満足できない方々ですね(笑)。

押し並べてスケベですから(笑)。

求めるモノがプラトニックではないんだね。

抑えても抑えきれない性欲を満たしてくれる相手であり、

女として(男として)見てくれる、ありのままに認めてくれる存在であり、

母親(父親)、妻(夫)を忘れ去って逢える相手ですから、外の恋の相手は。

アタシには、やはりセカンドパートナーという関係の在り方は無理だね(笑)。


変化に沿うということ

今日、外出先のオフィスビルでトイレに入りました。

ランチタイムを少し過ぎたあたりの時間です。

アタシは女子トイレってのはどんなふうになっているのか知りませんが(笑)、

トイレの洗面所に大きな鏡がありますね、大抵は。

その大鏡の前で歯磨きをしている中年サラリーマンがいました。

歯磨き粉で口の回りを白くさせてね、歯を磨いている。

女子トイレでもいるんでしょうね、歯を磨く人。

男子トイレでも偶に見かけます。

今日はその偶に見かけた歯磨きをする中年のオッサンだった訳ですが、

もうね、アタシは笑いを堪えるのに必死でした、いや笑ってしまいました(笑)。

その歯磨きサラリーマンがね、歯を磨きながら【オエ~ッ!オエ~ッ!】ってエヅイてるんだ。

中年の男にかなりいますね、朝の歯磨きでオエッ!ってなる人。

何を隠そうアタシがそうだ(笑)。

奥まで磨き過ぎるから、とか、胃が荒れている説、色々理由があるらしいですけどね。

とにかくね、用を足して手を洗うアタシのその横で、涙目になりながら歯ブラシを

ゴシゴシやって【オエ~ッ!】ってなってるオッサンを見てね、笑わずにはいられなかったです。

いや、しかし汚いね、ホントに。

歯を磨くのはいいことだけど、公衆の場でオエ!オエ!はマズイね(笑)。

家で旦那が毎朝やってます?(笑)

アタシもね!(笑)

中年のオッサン、身だしなみも含め清潔感に気を付けないといけません。

放っておけば加齢臭、油断をすれば不潔な中年になり下がっちまいますからね。

昔はもっと清潔感がある人だったのになぁ・・・なんてね、付き合いが長くなるにつれ、

油断なのか、自然の摂理なのか(笑)、男女ともに見た目は変わっていきますね。

劣化、老化、衰え、まぁ言い方色々ありますが、どれもこれもありがたい言葉じゃあないね。

見た目が変わっていくように、内面も変わる、外の恋の在り方も変わります。

変わっていくのはお互い共に、ですね。

自分は変わっちゃいないつもりでいても、そんなことはない。

年齢がひとつずつ重なっていく中で実生活のパターンもリズムもサイクルも

仕事との関わり方も変われば、食生活の好みも変わる、セックスもね(笑)。

全部変わっていくもの、そういうものでしょう。

ただ、その変わるスピードや変わる内容、変わり方は差がありますね。

逢うとなれば朝から晩まで過ごせたデートが、いつしか半日がやっとになった。

泊まりで逢うことが何度もできたはずなのに、今では必ず日帰りに。

お互いにそれを違和感なく、自然に受け入れることができているなら問題なしです。

どちらか片方がそう思っていない場合はね、やはり残念な気持ちになりますかね。

かつてがピークで今はピークから下りの局面にあるというね、そういう状態もあれば、

その逆もありますよ。

以前は半日の時間を作り出すのも一苦労だったけど、今では時間が有り余るほどに

自由に逢うことができる、泊まりがけで出掛けることもできる。

セックスがどんどん気持ちよくなる、ますます良くなる、そういう変化もね、きっとある。

外の恋のことは外の恋のことだけで成り立っている訳じゃあないですからね。

お互い見ることができないお互いの実生活、仕事、その他諸々のことが綯い交ぜになって、

その過程の中に外の恋の状態、在り様があるんですよね。

良くも悪くも変化は避けられない。

変化に対応していく柔軟性と広い心(笑)が欲しいですよね。

それぞれにあるリズム、ペース

ご機嫌いかがですか、アタシです。

今月は前半がGWだったですからね。

もう月の1/3まで来ましたね、早いです。

来月の今頃、梅雨空になっているんでしょうかねぇ・・・。

6月が終わればもう今年も半分オシマイ・・・いやぁ早い!早過ぎる!(笑)

意味もなく慌てなきゃいけないような、そんな気分になってきます我ら中高年!(笑)。

んー・・・アタシはね、どちらかと言えばセッカチな方だと自分で思います。

ゆっくりできないとか、年がら年中駆けてなきゃいられないというね、

そういうアレではないけどね、ノンビリしてますね、とは言われないですよ、ええ。

まぁ性格なのか、仕事柄そうなってしまったのか、両方なのか(笑)、

まぁどちらでもいいんですが、そんなことは。

生きていれば皆、自分以外との人間関係が常について回る訳で、

自分のペースやリズムってものが皆ありますが、

周りの人が皆自分と同じペース、リズムかと言えば、

まずそんなことはないですね。

同じなんてことはあり得ない、むしろ全然違う。

これはもう仕方のないことですね。

セッカチとノンビリが仕事をするとイライラの元だ、なんて話もありますが、

外の恋でもね、これまた相手があることなので。

お互いにいい塩梅にペースもリズムも一致すればいいんでしょうけど、

実際はそうはいきません(笑)。

物凄くゆっくりといいますか、慎重な人がいますね。

外の恋のスタートラインに立つまでが長い、長い、長い(笑)。

その気があるんだか、ないんだか、待てばいいのか、そうじゃないのか。

一方で物凄く素早い決断をする人もいる(笑)。

1秒で決める!みたいな人ね(笑)。

迷わない、いや迷わないのではなく腹決めが早いんでしょう。

付き合う、付き合わないの判断に時間がかからない人、います。

どっちがいいも悪いもないんですが、要は個々人の在り方ですし、自由ですからね。

ただ、やはりリズムやペースは合わないよりは合った方が断然いいですよねぇ。

余計なところで負荷が掛からない方が絶対いいですから。

慎重な人にね、理由を聞いたことがあります。

昔というか、以前の外の恋で相当酷い目に遭ってるんですね、その人は。

騙されたのか、実害を伴うようなことがあったのか、わかりませんが、

とにかく外の恋で心に傷を負いました、と。

だから次への一歩が中々出ない、歩みが止まる、出した足を戻してしまう。

コレは仕方ないことなんでしょうね。

それを無理に曲げて前に進めようったってツライだけでしょうし。

じゃあそれをある意味で気長に、時機が来るまで待ちますよ、心が自然と前を向くまで、

と、なりますかね。

なることもあるでしょうし、ならないこともあるんでしょう。

この人しかいない、という相手かも知れないけど、始まる前ならそうでもないとも思いますよ。

この世の中、アタシから見たら数多の魅力的な人妻熟女はいらっしゃる訳で。

男だってね、目線を横にずらすだけで、もっといい人がいる!・・・かもしれない。

要は都度都度のタイミングですから。

待つのもリズム、決断にもリズムがありますし、もしも最初に合わないものを感じるなら

敢えてその相手と外の恋の関係を始めることもないと言えばないんじゃないでしょうかね。

始まるまでが長いという話、始まってからはもっと長いかもしれない訳ですし。

外の恋の関係は、迷ったら始めないのが正解だとアタシは思っておりまして。

迷いは心のアラートじゃないかなと思うです。

最後の最後で迷うのは本能と言っては大袈裟かもしれませんが、

この人ではないよ、と心が教えてくれているような、そんな気がするんですね。

まぁ勢いで行ってしまえ!という場合もありますし、案外それで正解もありますけど(笑)。

それは外の恋の相手だからこそ

今日から社会復帰のような気分の人もたくさんいるんじゃあないですかね。

長いGW休みが終わりました、ええ。

長いったってね、精々10日とか1週間とかね、そんなもんですよ。

暦通りに飛び石で休みの人もいたでしょうし。

アタシは10連休でしたけど、途中会社に行きました(笑)。

いや、それにしてもね、この社会復帰初日にね、何ですかこの気温。

夏が来ましたね(笑)。

もう梅雨前に夏、ここ数年そんな感じになりつつありませんかね。

昨日までTシャツだ裸足にサンダルだ、なんて格好で自堕落に過ごしてきてね、

で、スーツ着て革靴履いたら、いきなりこの気温ですから。

夏前に夏バテ、そんな人も出てきそうな気がしますよ、ホントに。

何はともあれ、GWが終了ということでね、外の恋もエンジン再開!な人もいますね。

ようやく逢える、やっとその日が来る、なんてことでね、心ウキウキと。

アタシはってーと、何もございません(笑)。

静かに平凡に過ごしております、はい。

他所様の外の恋話を見たり聞いたりしてね、只々羨む日々でございます(笑)。

外の恋というのは不思議なモノで、当事者つまり自分の事になると

よく分からなくなったり、見えなくなったり、袋小路に入り込んでしまうような、

そんな悩み深いことがあったりします。

逆にね、他所の人の外の恋は見ても聞いても、これまた不思議なモノでね、

よ~~~くわかるんですね。

何でそんなことしちゃってるんだよ、とか、

あぁ~あ勿体ない!とか、バカだね~ホントにバカだ、とか(笑)。

要はね当事者は見失うんだね、平静さや客観性を失ってね。

この前もある人のブログ記事を読んでいて思うことがありました。

その人はW不倫をしているんですね、あ、ブログの書き手は人妻です(笑)。

で、相手つまり不倫相手の男性の配偶者、つまり奥さんね(笑)、

相手の奥さんにいちいち気持ちを乱してしまうんだね。

自分とデートをできないのに奥さんとは昨日も今日も明日も出掛ける、

それが気に障って仕方ない(笑)。

余程、普段彼から良くされていないのかな・・・と思いきや、

月に2回、3回とデートしてるし、セックスだって同じ数以上している。

仕方ないと思いませんかね、相手の嫁と比べてみたところで。

離婚して再婚を目指す相手と不倫している訳じゃあないんでしょ?

そう思うとね、勝ち負けを競うようにいちいち気持ちを乱しても意味がない。

今ある状態の中で楽しめるだけ楽しめれば十分だと、そう思えないんですかねぇ。。。

また別の人のブログでは・・・あ、この人も人妻ですが(笑)。

不倫相手のことは大好きなんだけれども、この不倫という関係の中で成り立つから

多分大好きなんだろう、と。

もし不倫関係を越えて、離婚して自由恋愛ができたとしたら、自分はこの人を選んで

再婚するんだろうか、それ以前に恋人として関係を続けるだろうか・・・と。

アタシはこの後者の人妻がイイネ~!(笑)

賛成です、この考え方、心の置き所。

外の恋というね不倫、これすべてタイミングとご縁です。

で、不倫関係だからバランスが取れることが思う以上に多いんだね。

見えないところでそうなっているんだ。

とかく嘆かわしく、上手く行かないことだらけに思えて仕方ないことが

ホントに多いのが外の恋ですけどね、だからこそその人と上手く繋がっている、

安定できているというのはかなりあるように思いますよ、ええ。

見なくていいモノは見ないで済ますことができるのが外の恋。

いいとこ取りで済まそうと思えば、それもできなくはないのが外の恋。

たまにしか逢えないからこそ燃えるんです(笑)。

だってね、嫁や旦那に感じる思いって日常生活の果てにある訳でしょ。

日常生活のように外の恋の相手と生活したらね、最早もうそれは恋愛ではなくなりますよ。

外の恋の相手の嫁や旦那は戦う相手じゃあない、土俵が違う。

ましてや再婚相手にはならないんじゃあないですかね。

これもまたある人の・・・人妻です(笑)・・・ブログからの言葉。

【不倫するような人と再婚したって浮気されるに決まっている】

正解だと思います。

だけど外の恋は素敵。

アタシはこの先も外の恋をエンジョイしたいと斯様に思うのでありました。

想いの持続、男女差

どうも、アタシです。

GW、ようやく終盤の終盤、最終コーナーに差し掛かりました(笑)。

もうね、10連休は拷問でしかないですよ、ホントに。

5月1日は休日出勤しましたけど、他は結局休みまして、ええ。

今日明日と休みです、勿論(笑)。

家にいる時間が長くなればなるほど、嫁と過ごす時間が長くなるわけで、

いくら不仲じゃないとは言ってもね、良くないですよ、こういう過ごし方は(笑)。

何年、何十年経とうとも愛が溢れる夫婦、GWにたっぷりとセックスする中高年の

夫婦っているんでしょうけど・・・アタシにはあり得ない世界だね(笑)。

んー・・・何はともあれ。

GWがストレスになる人、もう少しで開放ですから、ええ。

来週からいつもの生活リズム、我慢していた外の恋の時間もあるんじゃないですかね。

5月最初の記事です。

特に書くこともないんですけどね、でも暇ですから(笑)。

ちょっと書いてみますかね。

アタシがツィッターでフォロー関係にある人妻ですが、3年前に外の恋を終えたんですね。

いや、アタシとではない(笑)。

遠距離で既婚の彼と外の恋をしていたんですが、理由は忘れましたけどオシマイに。

で、そのあとね、その人妻はその元彼への想いをねオシマイにできないんです。

時々思い詰めたようにツィッターで呟くことには【もう次の恋などしない】とか、

【永遠に好き】とか【(他の男に)言い寄られても気持ちが1ミリも動かない】とかね、

とにかく元彼への想いは募るばかりなんですよ。

で、しばらくはツィッターの呟きも途絶えました、1年以上だったと思います。

このGWに久々にその人妻の呟きがタイムラインに上がりまして。

何とね、元彼と再会して再開したんだそうで(笑)。

いや洒落を言ってるアレじゃあないんですけどね、2年、いや3年ぶりにもう一度

大好きな人と繋がることができました、と。

アタシの知る人・・・と言ってもツィッターやブログなどの中でのことですけどね、

ずーっとその人を好きで好きで仕方ない、終わった関係でもまだ好きなまま、

そういう人妻が少なくないんです、不思議と。

これ、女性特有なんですかね。

いや、そんなことはない。終わった外の恋などサッサと区切りをつけて、

早速次の外の恋へ行く!という人妻も多いように思います(笑)。

要はアレかな、どういう形で終わったか、フラれたか、好きなまま終わったか、

マイナスイメージや酷いことをされて終了した外の恋ではない、

そういう前提なんでしょうね。

にしても・・・アタシは戻ったことはないねぇ。

終わったら次、そういう繰り返しでした。

この人妻は素敵だ、素晴らしい、愛しいと毎回思いながらも、

終わってしまったなら、もうね仕方ないと思うんですね。

思い出に浸ることはあっても、よりを戻すことはない。

アタシの過去の彼女だった人妻の方々、アタシともう一度・・・と思うことがあるんでしょうか。

いやぁ・・・ないな(笑)。

ないと思います。

皆逞しく次へと進んでいると思うんですよ、根拠なく(笑)。