FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

好みは変遷するモノか

暖かい日が来たと思ったら、急にまた冬のような気温の日が来て、

いい天気だなぁ・・・と空を見上げた翌日にはどんより曇り空というね、

春に3日の晴れなしとはよく言ったもんですね。

まだ満開ではない、3分咲き、それ以下かもしれないですね、都内の桜は。

明日土曜日にかけて、冷たい雨、雪交じりになるかも知れないという話ですから、ええ。

無理に花見などしない方がよい(笑)。

来週明けてから1週間がちょうどいいんじゃないですかね、お花見は。

んー・・・アタシは職業柄というアレでもないんですが(笑)、往来を行き交う人や

電車に乗った時にね、人間観察のようなことをします。

いや深い意味はない(笑)。

暇つぶしかもしれません、単に。

ただ、例えばね、例えば、電車の中で向かいの座席に座る人を見て、

どんな職業だろう、老けて見えるけど実は若そうだ、とかね。

この女子はお父さんそっくりの顔じゃあないかな、とかさ(笑)。

実にどうでもいいようなことを、全く以て勝手気ままに想像するんです。

往来にも電車の中でも、熟女はいます、必ず。

当然、人間観察します!(笑)

キツイ顔付きだなぁ、眉間のしわが深いね、とか(笑)。

この奥さんは不倫の匂いがする、とかね(笑)。

・・・まさか当人からしてみれば、そんなことをこのオッサンが想像しているとは

夢にも思わないでしょう・・・多分(笑)。

いつか何処かで見聞きしましたが、電車の中で人間観察をするという人は

意外と多くいるらしいですよ、ええ。

ということはね、何処かの知らない人妻熟女がね、アタシを観察しているかも知れない訳だね(笑)。

このオッサンはとことんスケベそうな顔してるね、とか(笑)。

不倫常習犯だとか(笑)・・・当たってますけどね(笑)。

観察力、洞察力、思考する力とか、そういう訓練にもなるんだそうですけど、

まあ、暇つぶしの域を出ませんな、所詮は(笑)。

街中を行き交う人妻熟女、電車の中で見かける人妻熟女、見た目もアレですけど、

漂う雰囲気とかね、全身から出る空気感で、あぁ素敵だなと思うことがあります。

思うだけで何もしません(笑)。

ふと気が付いたこと、あぁ素敵だなと思う事、大抵は共通項で括られるんですね。

気が強そう、ハッキリした性格(に思える)、態度がデカイ・・・いや堂々としている(笑)、

これらね、アタシが昔から変わらずに魅かれる傾向だったかというとね、

そうではない気がします。

20代の頃、独身時代、30代前半、その頃はそうではなかった気がします。

既婚者になり、親になって30代後半、40代突入と進んでいく中で、

気が強く、ハッキリした性格で態度が大きい(笑)人妻熟女に気持ちが向くように、

そんな風になった、変わっていったように思うんですね。

で、それはそう変わっていったと言える一方で、

人妻熟女とはそもそも気が強く、ハッキリした性格で、態度が大きい生き物じゃあねぇのかと(笑)。

それがつまりは人妻熟女という生き物の生態じゃあねぇのかと(笑)。

好みが移ろっていったというよりも、人妻熟女を選ぶから必然的にそうなんだと。

確かにね、過去を振り返りますと、皆それぞれにそれぞれの在り方でもって

気が強く、ハッキリした性格でした(笑)。

横柄ではないけれども、態度は大きい(笑)。

特に子を持つ、つまり出産と育児を経てきた人妻熟女は顕著にその傾向ありですね。

それはそうなってしまうもの、経年の中で母親、主婦を担ってきたことで、

そうなるんだと、そういうものなんだと、で、アタシはそれが大好物だと(笑)。

気が強いのではなく、そうして人生切り抜けてきたからこその状態なんでしょうね。

そういう人妻熟女でも、ふと見せる弱さとか脆さがあるでしょ。

あれがイイネ!

オンナになってセックスの快感に酔い痴れて乱れる時に見せる甘えとか。

何て言うんですかねぇ・・・暫し、今だけは可愛く愛しい女でいることを自覚して楽しんでいるような。

若い女子には到底できないね、いやできないではなくて、その域に達していないね。

それはつまり、人生経験の総量そのものだから。

スポンサーサイト



外の恋でも人は感情の生き物

昼間、街を歩いておりますと、やけに子供の姿が多いんですね。

もう何処を見ても子供、子供、子供だらけ。

あぁ・・・今、春休みなんだ、と気が付いたアタシです(笑)。

そう言えば、ウチの娘もこのところダラダラと朝寝に夜更かしの

日々を過ごしておりますね、ええ(笑)。

いいですねぇ、春休み。

大人にはないからね、そういう休みってのは。

1泊か2泊、何もしないで過ごす温泉旅行など、してみたいもんですなー。

ひとり、ぶらりと出掛ける温泉へ。

向こうに着いても何もしない。

酒呑んで温泉浸かって景色を眺めて物思いに耽る・・・。

・・・できれば人妻熟女と行きたいのが本音(笑)。

そうなると、もうチンコを固くしては挿入、浴衣を肌蹴て朝に昼に晩に(笑)。

疲れを癒すどころか、ヘトヘトに体力消耗して帰ってきそうですが(笑)。

んー・・・そんな話じゃない(笑)。

そうじゃあないんですね、今日の話は。

アタシのこの性もないブログをお読みになっている方々、おそらく中高年世代でしょう。

アタシの大好物である人妻熟女の方々も多数いらっしゃるはずかと思います。

そして外の恋をしている方々も数多いらっしゃることでしょう。

最近、喧嘩しましたかね、外の恋の相手と。

喧嘩等、日常茶飯事だ!なんて人もいるのかもしれませんが、

喧嘩、諍い、気持ちの擦れ違い、感情のコミュニケーション不全、まぁ色々ですかね。

アタシね、誤解なくお願いしたいんですけどね、人妻熟女で感情が一定で穏やかで

何があろうと健やかに過ごされている方っていないと思うんです(笑)。

いや、だから怒らないでと言ったのに!(笑)

振り返りまするに、過去のアタシの外の恋の彼女だった人妻熟女の方々、

個性派揃いだったようにも思いますが、それぞれに皆、感情的でした、良くも悪くも。

嬉しい感情、楽しい感情、それはまぁいいじゃないですか、誰しもね。

喜怒哀楽の怒と哀、特に怒かな、やはり感じて考えさせられたのは。

何があったか突然機嫌が悪くなる、顔や態度にそれが出る。

電話でもメールでも。

今アタシは何があったか・・・と書きました。

男であるアタシには、何があったのかわからない、気が付かないこと、

それがそもそもの原因だったりする・・・こともあったような(笑)。

一言で言えばね、男の鈍感さに頭にくる人妻熟女の図でしょうね、つまり。

ちょっとしたこと、ほんの些細なこと、どうでもいいようなこと、だったりする。

それは実は当の本人である人妻熟女の方々は皆よ~~~~くご存知で

自覚さえしているんだね、多分。

だけれども!(笑)

だけれども、いや、だからこそ、察しろと。

思い至れと。

そして、それを言葉なり態度なりに表せと。

まぁそういうことなんでしょうね。

そもそもの話、外の恋ですから。

不自由な関係、窮屈な関係なんです。

嫁や旦那とはできない感情と気持ちと想いをお互いに共有して

それをセックスや食事、一緒に過ごす時間の中で持ち合うもの。

だから嫁や旦那に感じている不満や不平や怒りや諦めや達観も含めて、

外の恋には持ち込まない・・・つもりでいても。

つもりでいてもね、恋愛感情が絡めば抑えが効かない、効きにくくなる。

外の恋の中だけは穏やかに、自分の事を認めて求めて欲しいからこそね、

だからこそ、その裏返しで不機嫌さ、怒りが顔を出してしまうこともあるんだねぇ。

まぁ仕方ないね、それも含めて一緒にいたいと思うかの話だからね。

男女差あるいは個人差

瞬く間にというと大げさなアレですが、今月も早、月末でございますねぇ・・・。

今週の土曜日はアナタ、アレですよ、4月です。

しかもね、しかも、年に一回のエイプリルフールだ。

年に一回のって(笑)、そりゃあ年に一回だね、アレは(笑)。

世の中には年がら年中嘘を吐きまくっているような、

年中無休のエイプリルフールな人もいますが(笑)、

嘘も可愛げのある、ニヤッと笑ってしまうようなアレがいいですね、ええ。

いや、それにしても昨日今日と寒い!真冬です。

もう着ないと思っていた真冬用のコート、ジャケット、引っ張り出した人も

少なくないんじゃないでしょうかね。

明日からは暖かくなるという話ですから、桜の満開予定も変わりないようですね。

んー・・・話はガラリと変わりますが(笑)。

よく巷で、新聞の折込チラシとか、雑誌の・・・特に女性誌ですかね、

出てますね、ダイエットとかエステとかのビフォー・アフター写真が。

こんなに太っていたのに→こんなにスリムになりました、を示す

何故か決まってレオタード姿の写真(笑)。

アレね、全部が全部本当じゃあないんでしょうけど、まぁ痩せましたよね、

スリムになりましたよね、アナタだってこんな風に変われますよ的なメッセージ。

アタシはこの類の写真、ビフォー・アフターを見る度にね、思うんだね。

【ビフォーの方が断然いい!】

【こんなに肉を落としちまって、一体なんてことしてくれちゃったんだ!】と(笑)。

熟女の皆さま、この下っ腹をどうにかしたい、この波打つように広い背中を

狭く小さく変えたい、このセルライトを・・・と思うんでしょうかね、やはりね。

それはアレですかね、誰かのために!なんでしょうか?

アタシはそれが誰かのために!だとしたら、まさか旦那のためではなかろう、

やはり見て褒めて欲しい誰か・・・外の恋の相手とかね(笑)、のため・・・ですかね。

となれば、世の中の中年熟女、人妻熟女にもスリムで贅肉のないモデルのような

美肌とプロポーションを求める外の恋男子が少なくない!ということなんですかねー。

アタシはさ、ね、分かると思うけどね。

下っ腹マニアですからね(笑)。

垂れ下がったオッパイも弛んだ二の腕も太腿も大好物ですからね。

言ってみればエステ、痩身、ダイエット産業の真逆を行くんだね、要は(笑)。

アタシのような趣味嗜好は少数派なのか、隠れ主流派なのか(笑)、

それは全然わかりませんけど、痩せたい、若返りたい、という切実な願いを

決して安くないお金を投資してまで成し遂げようとする熟女の思いとは裏腹なんですねぇ。

それはしないでくれと、寧ろ逆の願いを持ちますね、ええ(笑)。

いや、だからと言ってね、大相撲の力士級を容認するアレではない!(笑)

緊張感なし、1日5000カロリー当たり前!みたいなのも困るんですけどね(笑)。

男女差なのか、個人差なのか、多分個人差要素が大だと思いますが(笑)。

磨くなら外見ではなく内面、心の方がアタシは重要かなぁ。

それぞれが外の恋に求めるモノ

今日は火曜日なんですね、何気に(笑)。

うっかり月曜日のような気分でおりましたので、何だか得したような気分(笑)。

そういえば、昨日まで3連休だったですもんね。

間違いなく、今日は火曜日!でした(笑)。

いい天気の3連休だったことで、皆さんお出かけされたんでしょうかねぇ。

アタシはゴルフ、スポーツジム、あとは・・・家で仕事(笑)。

まぁ平和に平穏に過ごしました3連休。

今日、東京は桜が開花したというね、生憎の雨の中の開花宣言。

今日からだいたい2週間くらいですかね、桜を楽しめるのは。

桜の木の下でビールでも飲みたいですねぇ。

んー・・・今日はね、ちょっと告白しますけどね、いや大したことじゃあない(笑)。

アタシがこのブログを書き始めた当時、存在していた大阪在住の人妻ね、

一昨年の暮れにお別れしましたが。

そのあと、今日に至るまで、アタシには彼女がいなかったのかという話。

いました、彼女という存在、人妻熟女(笑)。

お付き合いした存在はいたんです、ええ。

・・・数人です。

今に至って、その誰もが過去形になってしまいましたが(笑)。

皆、人妻であり、熟女であり、実際にデートしました、ええ。

セックスもしました、勿論のこと(笑)。

誤解なくお願いしたいんですが、何処にでもいる普通の主婦の方々でしたよ。

全員過去形です。

過去形にすることが目的でお付き合いする馬鹿な話などない訳でしてね、ええ。

続くはず、続けたい、続いた方がいい、続け!(笑)、そんな思いでおりました、都度。

ただねぇ、こればかりは思惑通りにならないこと、多々あるモノですよ。

どうにもならない理由が立ちはだかることだってありますし、

何となく乖離していく気持ち、擦れ違う想いとか、そういう誰のせいでもない中で

発生する残念な事だってありますからね、ことこういう関係には。

アタシは外の恋にいったい何を求めているんだろうと、ふと考えることもありました。

セックスがしたい人妻とセックスがしたいアタシ、その関係だけで成り立つのなら、

もうそれでもいいんじゃないかと、そうも思ってみたりね(笑)。

いや、それじゃあ意味がない・・・意味がない?意味って何だ?とかね。

一昨年の暮れに別れた大阪在住の人妻の頃のアタシと、去年のアタシ、

そして今年、今のアタシ。

外の恋をする、していた、しようとするアタシに変わりはないんだけれども、

求めるモノには微妙に変化はあるように感じているんですねぇ・・・。

カラダが追いついてこないのではなく、何て言うんですかね、注ぎ込める熱量とか、

その目盛が違ってきたのは確かですかね。

それを巷では歳を取ったというのかもしれないけど(笑)。

面倒臭いことはしたくないでしょう?

わざわざ遠回りもしたくないでしょう?

放電するかのようにむやみやたらに、いや、無駄にエネルギーを使いたくないでしょう?

いや相変わらずね、スケベなんです(笑)。

人妻熟女に射精して射精して射精し尽くしたいんですよ、今も変わらず。

人妻熟女にはアタシとのセックスで、快楽に溺れて酔い痴れてほしいんですよ、相変わらず。

ですけれども(笑)、落ち着ける関係、安心感や安堵感、緩く縛りがない存在、

柔らかに過ごせるような、そんな人妻がね、いいんじゃないの~?なんて思ってもみたり。

・・・いや、わかりませんがね、どうなんだか(笑)。

・・・今ね、ふと頭に浮かんだ言葉がありました。

気を抜いてお付き合いできる存在。

んー・・・違うか?(笑)

でもね、やはりね、人間関係ですから。

しかも不倫の人間関係ですから。

自己責任ですべて完結できる人じゃないとね、尚且つ楽であること。

・・・それは昔から同じ、全く変わらないことですね。

外の恋は抜け目なく用意周到に

昼間の気温が暖かくなってきましたねぇ・・・春を感じます。

春、いいですねぇ・・・何かこう、意味もなく気持ちが浮き立ちませんかね(笑)。

春は出逢いと別れの季節といいます。

人の動きもね、大きくある季節なんですね。

人が動けば出逢いも別れもあるというものです。

新しいことが始まる季節でもあります。

そう思えば、ワクワクしてきやしませんかね、皆さん(笑)。

外の恋のこと、今日も懲りずに書きますが(笑)。

外の恋、不倫であり、浮気ですね。

悪い事だと分かっていながらするんですから、余計にたちが悪いね(笑)。

事実、悪い事だけど、悪いことだと思っちゃいない人もかなりいますね(笑)。

夫婦、色々ありますからね、夫憎し、嫁憎し、完全冷戦の夫婦関係だってありますし、

他人同前の夫婦もね、そりゃありますから。

世間的には褒められた話では全くないし、公然とできるモノでもないし、

世の中的に後ろ指を指されることだから隠す、それが外の恋。

この外の恋の相手と過ごす時間、関係があるから生きていける、人生やって行ける、

大袈裟にも聞こえますけど、そういう存在にある外の恋もありまして、

だからこそこだわり、だからこそエネルギーを注げるんですね、実際。

外の恋には遠距離と近距離のパターンがあります、何度も書きましたが。

それぞれに理由も背景もあり、良し悪しもあるんですが、

共通して言えること、それはバレちゃいけないということですね。

夫、妻、子供、あとまぁ親とかね(笑)、会社の人とか、とにかく現実生活の中で

関わる人たちにバレてはいけない。

遠距離だからバレにくい、近距離だからバレやすい、そんなことは全くない。

本人及び両人、つまりは当事者次第ですね、それは。

脇が甘いって言葉がありますね、油断とか気の緩みみたいな話ですかね。

外の恋をしていると、時に浮かれますから(笑)。

表情や態度、しぐさ、それから着るモノや化粧、普段の行動も含めて、

あれ?何か違わない?何かちょっとオカシイよね?みたいなオーラ、雰囲気を

漂わせてしまうことがある・・・人もいます(笑)。

また、そもそも適当な人、いい加減な人、緩い人ってのもいますね。

家族のいる前で携帯やスマホを年がら年中気にしている(笑)、

トイレにこもってメールをしている、夜中起き出してスマホを弄っている、

ロックも書けず、メールが開かれた状態でPCを起動させたまま放置とか(笑)、

地元のラブホテルに自家用車で白昼堂々と入っていくとか!(笑)

大胆不敵ではなく無頓着とアタシは思えて仕方ないけど、

そんなこんなを平気で繰り返しても、全然バレない人もいるんだね。

一般的にオトコ、つまり旦那の方が鈍感でルーズで嫁に無関心ですから(笑)、

奥さんが急に色気付いても、妙に艶々しくなってきても、全然気が付かない(笑)。

アンタが丸っきり放置で無関心で家政婦同然の扱いをしている奥さんは、

アタシに跨ってオッパイ振り回しながら腰を振り捲って何度も昇天しては、

快楽に乱れに乱れて嬌声上げて歓んでるんですよ、旦那!と言いたくなる(笑)。

バレちゃいけない、油断しちゃいけないんだね、外の恋はいつでもどんな時でも。

一瞬の気の緩み、しくじり、それが決定的な墓穴を掘ることになりますから。

メールも履歴も写真も何もかも削除、消去、リアルタイムで、という完璧主義の人妻と

かなり前のことですけどお付き合いしました。

この人はアタシにも同じ行動を求めましたよ、都度都度。

せーの!で、お互いにメール消去、履歴削除(笑)。

それもね、ラブホで全裸ででした(笑)。

バレるよりはすべてマシ、そういう意見の持ち主でした。

確かにね、そりゃそうだね。

でもねー皆、自分は大丈夫、自分だけは平気、今までもこれからも、と思うんだよね。

それが油断なのかもしれない。

今、外の恋を楽しんでいる人も、これから始まるよという人も、

気を引き締めて、緊張感をもって、エンジョイしましょう外の恋。

外の恋、誰ではなく、どんなタイプ

もうあと10日も経ちますと、桜が咲き始める頃でしょう。

3月最終の土日あたりに開花宣言、その先1週間位が見頃らしいですからね、

4月最初の1週間くらいがお花見にちょうどいいのかもしれません。

桜、いいですねぇ・・・。

あの淡いピンク色の花びら、仄かに香る匂い、一気に咲き誇り、

あっという間に散っていくさま。

年に1回、必ず咲いて散る、素敵な花です。

散ったらすぐ葉桜、新緑の季節です。

そうなると梅雨がやがてやってくる、そして夏。

夏が来て、秋の足音が聞こえ始める頃、アタシはまたひとつ歳を重ねるというね(笑)、

いやぁ恐ろしい(笑)。

んー・・・今日もね外の恋のこと、張り切って書きますよ!(笑)

外の恋をしている皆さま、お疲れさまです。

今日も外の恋、楽しんでますかね。

外の恋の相手、2種類あると思っておりまして、ええ。

ひとつは相手の事を昔から知っている、幼馴染とか、同級生とか、地元の仲間とか、

んー・・・会社の上司とか部下とか同僚とか(笑)。

もうアレですね、外の恋の関係になる以前から存在を認識しているという関係。

もうひとつは、その真逆。

幼馴染でもなければ、同級生でもなし、地元の仲間でもない、

会社にいる人でもない・・・何の関係性もない中で関係性を作っていく相手。

最たるモノはネット経由でしょうね、ネットで知り合う、出逢う。

アタシはどちらかと言えば・・・ではなく、圧倒的に後者です(笑)。

元々の顔見知りと外の恋、ほぼない、ほぼ(笑)。

ネットで関係を得ることに強い拒否感や抵抗感を示す人がいるのは、

昔も今も変わらないことだと思いますが、なんて言いますかね、手順や段取り、手続き、

そんなこんながあるんですよ、ネットの出逢いには。

何処の誰だかわからないからこその必要なアレコレがあります。

元々の知り合いではないから、よくよく見て確かめて見極めるモノがあるんです。

それはね、歯の浮くようなことを書きますけどね、アタシは誠実さを見たいんだね。

別の言い方をすれば、真面目さ。

不真面目な事を真面目にするのが外の恋という考え方でおりますので、アタシは。

ですから、まずは誠実でないとね、アカンのです(笑)。

約束事、ルール、取決め、あるものです、それぞれの外の恋に。

セックスできれば何でも構わない、ではないんですよ。

何処でどう伝わったのか何なのか(笑)、アタシが巨乳好きというね、

そういう巷の噂があります・・・巷って(笑)。

いや、そうではない。

アタシはオッパイ好きです。

それ以前に人妻熟女好きです。

言い換えれば、垂れたオッパイ、使い込まれて黒ずんだ乳首、

幾重にも重なる段腹に只々デカイお尻、緩々の二の腕とプルプルの太もも、

コレがいい!なんともいい!(笑)

ただし、その持ち主は誠実で真面目な人妻熟女でなければならないというね、

そういう順番なんですよ。

その上で、猛烈に性欲が強く、持て余す位にセックスが好きで、

汲んでも汲んでも尽きないスケベさをもった人妻熟女。

コレなんです(笑)。

なんだか所信表明のような(笑)。


外の恋にもあるバランス

んー・・・先日、あることでとあるお店に問い合わせ・・・といいますか、

ちょっとしたクレームをね、電話でしたんですよ、ええ。

アタシはセールスの仕事をしておりますんで、もうクレームやクレームに近いモノ、

年がら年中・・・でもないですが(笑)、長年経験しております。

ですから、クレームを言われる側の気持ち、対応、態度、諸々が

良くも悪くもよくわかる。

クレームではなかったんですよ、アタシが入れた電話というのはね。

【コレはこういうことでいいんでしょうか?】というような、

念のための確認、そうは思っていなかったので確認して納得しようと、

そういうアレでね、電話を入れた。

対応したのはアタシの大好物である熟女です(笑)。

いや、声の感じでそう思っただけ(笑)。

でも、実際に熟女だったことは後で明らかになります。

んー・・・アタシはどちらかと言えば、問い合わせの電話を入れた。

が、しかし。

相手先担当の熟女はね、あからさまに迷惑声なんですね。

で、さっさと電話を切りたい様子がね、もう電話口から溢れ出んばかりに伝わる。

あのー・・・アレですよね、声って表情、感情を現すじゃあないですか。

で、特にね電話という音声で聞く声には、モロにそれが出ると思いませんかね。

アタシは思いました。

このババア、性格悪いなぁ・・・(笑)。

そして、こうも思いました。

きっとブサイクだ(笑)。

あ、スミマセン、言葉が過ぎました(笑)。

結局、返品することになりまして、アタシはお店まで行きました。

内心ワクワクしながら・・・どんなブサイクババアが出てくるんだろうと(笑)。

先ほどね、声には表情があり、感情があります、なんてことを書きました。

アタシはお店まで買った品を返しに行きました、そして電話対応した熟女に会いました。

・・・ホントに声から感じたまま、接客販売には不向きですねアナタは、というような

そういう表情、振る舞いの熟女でした・・・巨乳だったですけどね(笑)。

ブサイクじゃあなかったです(笑)。

ただ、顔に笑顔の欠片もないんだね、対応が事務的、サッサと済ませて帰ってくれという雰囲気が

もう全身から漂うような、そういう感じの巨乳熟女でした(笑)。

熟女を見れば、なんでも外の恋と紐付ける思考回路のアタシですが(笑)、

アタシにだってね、選ぶ権利はありますからね(笑)。

いくらムッチムチのはち切れんばかりに育った巨尻に、プルプルした二の腕でもね、

あのババアは・・・あ、スミマセン、言葉が過ぎました(笑)、あの熟女はダメだ。

楽しいコミュニケーションが成立しないよね、どう考えても、あのタイプは。

何が不満なのか、口がへの字にね、曲がっちゃってねぇ・・・

そんなんじゃ、仕事も人生も楽しくないでしょうに。

まぁ大きなお世話でしょうけどね!

んー・・・この話には特に意味はない(笑)・・・何の関係もない前置きが長すぎますな(笑)。

記事の題名、なんでしたっけ?(笑)。

あぁ、そうそう!外の恋にもあるバランスね!

バランス、ここでいうバランスは生活レベルを含めた価値観のバランス・・・ですかね。

アタシがかつてお付き合いしてきました人妻熟女の方々、自宅を拝見したこともなく、

世帯年収を把握していた訳でもなく、当たり前ですけどね、プライベートは全く知らない。

ですけど、皆、いわゆる中流家庭といわれるような、そういう家庭、家族の人妻だと思う。

まさか自家用車がポルシェで、自宅は100坪、庭付きで部屋は10部屋、そんなはずはない(笑)。

中流、中の上、中の中、中の下、その中に収まる人妻だったように感じております。

アタシがね、中流だからね。

下流ではないけど、もちろん上流ではない間違っても(笑)。

宝くじで5億円くらい当たったら違っちゃうけどね、当たらないから(笑)。

なので、アタシのしてきた外の恋は庶民の外の恋ですよ、ええ。

高級と名のつくことはしない、行かない。

どちらかといえばチープかもしれません(笑)。

数千円で夕方まで過ごせる平日のサービスタイムを100%活用したラブホですし、

赤提灯の居酒屋で飯食いますし、バーなんか行かない(笑)。

ホテルのラウンジとか行った日には緊張して吐きますね(笑)。

いや、そもそも人目が多いって!(笑)

やはりね、外の恋も人間関係ですから、基本的なところで価値観レベルが

バランスとれていないとかみ合わない、進まないと思いますよ。

いくら素敵な相手だとしても、生きる世界に違いがあり過ぎると、

楽しいはずが楽しくない、楽しもうにも楽しめない。

ささやかでいいんです、ささやかな楽しみで。

無理は言えない、無理は出来ない、したくない。

そういうバランス感覚は大事だと思うんですね~。

思い入れ過ぎないという在り方

いい天気の土曜日、今日は久々にゴルフに行きました。

天気はいい、でもゴルフはそれに伴いない、連動しない(笑)。

年々下手くそになっていますねぇ、明らかに(笑)。

練習不足の上に、いやそもそも何となく練習しているから尚更、

そしてそして、やっぱり30代ではない、40代でもない、50代という年齢の

肉体劣化、体力の緩やかな低下、ですかねぇ・・・。

まぁ楽しいからいいんですけどね、そんなこんなで思うに任せないゴルフでも。

しかしね、思いますよホントに。

ゴルフ、1回行けば2万、2万5千円、それくらい掛りますからね、お金。

知らない人には驚きの金額ですよね(笑)。

高いお金払って、一日ガッカリして馬鹿馬鹿しいと言えば馬鹿馬鹿しい(笑)。

今日も夫婦らしきカップルでゴルフをする中年男女、ヤケに歳の差がある男女(笑)、

いましたね~。

ゴルフデートってのもいいですね。

アタシも一度くらいやってみたいかな、ゴルフデート。

ゴルフの後、後泊ってことでね、ホテルに・・・(笑)。

疲れてセックスどころではないかもしれないけど・・・いや、頑張ります!(笑)

外の恋の関係ですから、あまり堂々と大っぴらに行動できませんからね、

ゴルフ場でデートってのも大胆不敵って言えば、そりゃそうだね。

まぁアレですかね、何処であろうと何であろうと、2人で過ごせる、楽しめる、

そういうデートがいいんでしょう。

先日、ある人のツィッターで・・・あ、勿論、外の恋をしている人、主婦です。

その人がね、ツィッターでこんなことを呟いていました。

【好きと言えば好き、確かに好き】

【だけど好き過ぎない】

【思い入れない、入れ込まない、だからこうして5年続く関係なんだ】

【時々迷いがよぎるけどね、大して好きでもないのに付き合うの?って】

アタシはちょっと唸りました、そして考えさせられました。

好き過ぎないから続く関係、外の恋。

思い入れ過ぎないから安定する外の恋。

そうなのかもしれないですねぇ・・・。

かもしれないけど、それを許容できない人も、それでは意味がないという人も

たくさんいるんだと思いますね。

外の恋、長くお付き合いが続く人がいる一方で、

その逆の繰り返しの人もいるでしょう。

どっちがいい、どっちが正解でもないアレですけど、

別れるため、オシマイにするために外の恋を始める訳じゃあないもんね。

となればね、となれば、続く外の恋の秘訣があるとしたら、

好きになり過ぎない、構い過ぎない、入れ込み過ぎないというある意味で

醒めたような、一見すると冷たいような、そんな在り方がいいのかもしれない。

それが成り立つお互いならば、ですけど。

お互いが熱烈に求め合う、いつまでも高位安定で同じエネルギーレベルで

引き合い、認め合う関係だからこそ、続く2人というのもある、確かにいると思うんだけど、

外の恋は不倫ですからね、要するに。

不自由だらけの関係の中で探す一致点、妥協点の繰り返しですから。

緩く緩やかに、決めつけ過ぎずに、許し許し合い・・・だと思います。

夢を見て思ったこと

朝は冷えても昼間は暖かい、そんな日が段々と増えてまいりました今日この頃、

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

何の変化も変哲もない、昨日と同じ今日が来て、今日と同じ明日がまたやってくる、

平凡な毎日で元気も出ない、やる気も上がらない・・・なんて人もいるんでしょう。

何も変わらず過ごせるってのはね、でも悪い事でもないですよね。

平穏無事というね、そういう言い方に置き換えてもいい話でしょ?(笑)

ちょっと違いましたかね?(笑)

いつだか、誰だったか忘れましたが、何も起きない日々が一番いいんだと、

そんなことを言っていた有名人・・・だったかなぁ(笑)・・・誰だっけ?(笑)

もうね、最近は思い出せないことだらけ(笑)。

忘れちゃうというよりも、思い出せない(笑)。

いよいよボケ始めましたかね、アタシもさ。

まだ50代半ば前ですからねぇ・・・ちと早いね、ボケちまうには。

外の恋で刺激与えて脳もチンコも元気ハツラツ!にしとかないとね!(笑)

んー・・・昨日、いや一昨日?(笑)このへんも記憶が曖昧なんですが、

夢を見ました、寝ていて。

夢の詳しい前後関係はきれいサッパリ忘れて思い出しようもないんですが、

誰が登場したのか、それだけはハッキリと覚えているんです。

高校の時の同級生・・・もちろん女子です(笑)。

同じ部活の女子、名前は・・・んー・・・出てこない(笑)。

・・・あ、出た!思い出した、恵美子だ、恵美子。

何故だか全然わからないんですけどね、恵美子が出てきたんですよ。

しかもね、しかも。

どういうアレだか全然わかんないんですけど、アタシの部屋に遊びに来るという(笑)。

まぁ大抵の夢ってのは支離滅裂で意味不明なのが多いんですけどね。

アタシの部屋に遊びに来て・・・そのあとは思い出せない(笑)。

いや、そのあとになる前に目が覚めた気がするんですね、確か。

ただ、そのとき、アタシのチンコはへそにくっ付くほど勃起しておりました(笑)。

朝勃ちなのか、そうではないのか(笑)、まぁどちらでもよい。

高校の同級生ですからね、30年、いや35年位、会ってもいない、見かけてもいない。

ましてや今どこでどうしているのかもね、勿論知らないんだね、アタシは。

夢に出てきてそれこそ何十年ぶりに思い出した人だね、実際。

卒業する前、恵美子から付き合っている人がいなかったら、私と付き合って、

なんてことを言われたのを思い出しました。

付き合っている相手など誰もいなかったけど、アタシは確か有耶無耶にして

話が流れた・・・ような気がしております、ええ。

今思えば、何でお前あの時付き合わなかったの?と、自分で自分を責めたい気分も(笑)。

何だったんでしょうねぇ・・・思い出せない(笑)。

何かあったんでしょう、付き合わなかった理由がね。

可愛い子でした。

背がアタシより高い(笑)。

ムチムチした体でねぇ・・・ああホントに今思えば勿体ないことしたわー(笑)。

アタシと同い年・・・当たり前ですが。

今や人妻熟女なんですね、間違いなく。

街でバッタリ出会ったら面影あるんだろうか。

そもそもすれ違っても分からないほどに変わり果てているお互いかも(笑)。

夢を見て、そんなことをね、現実的ではないそんなことを思ったのでした。

外の恋、日帰りと宿泊

話はいきなり始まりますが(笑)・・・んー・・・アレです、ウチの娘ね、大学生の。

今ね、ちょうど春休みなんですね、長々と。

で、昨日からね、旅に出かけてます・・・旅行だね(笑)。

羽田から飛行機に乗って四国へ2泊だか3泊だか、それくらい(笑)。

いや、オトコとじゃあない(笑)。

大学のお友達、女子4人で・・・と言っている、本人は(笑)。

別にいいんですけどね、オトコと行こうと、どうしようと(笑)。

四国旅行、いいですねー。

四国なんかアタシ行ったことないからね、未だに。

親も行ったことがない場所へ20歳そこそこで行っちまうという。

しかもね、しかも。

来週はアナタ、アレですからね、台湾旅行なんですよ、ウチの娘。

今週は四国、来週は台湾・・・いや、オトコとじゃあない(笑)。

オトコとでも構わないんだけどね、実際(笑)。

いや、しかしさ、優雅だね、お金があるね、ウチの娘はさ。

親より金回りがいいね(笑)。

んー・・・別に娘の旅行話を書きたい訳じゃあないんですよ、ええ(笑)。

ふと思いついて書いてみただけなんです(笑)・・・スミマセン(笑)。

いや~でもいいなぁ・・・アタシも旅行くらい行きたいよね、他所の奥さんと。

アタシの外の恋のデートは宿泊パターンは殆どなかったもんなぁ。

大抵・・・もう9割以上日帰りです(笑)。

遠距離でもそうじゃなくても、日帰りの外の恋デート。

泊まるとなればさ、それなりの尤もらしい理由がね、なきゃならないでしょ?(笑)

普段と変わらない生活の中で示されるアリバイ、嘘が必要になる訳で。

それを考えたり、アレコレ段取りを組み換えてリスク回避にエネルギーを使うのも

なんだか疲れちゃいますからね、アタシ(笑)。

だったら日帰りで思う存分に楽しんだ方がいい・・・なんて思いながらも(笑)、

一泊くらい泊まってのデートもいいよなぁ・・・なんてね、思ってもみたり。

このブログに書いていた大阪の人妻とはね、名古屋でデートを繰り返したんですけど、

1泊2日のデート、したことがあります。

もうね、言うまでもないんですけどね(笑)、ご想像の通りなんですけどね(笑)、

セックスと睡眠と食事、これ以外しませんでしたから(笑)。

2日で何回セックスしましたかね、よくもまぁチンコが機能したもんだ(笑)。

アタシは干からびて帰った記憶があります(笑)。

泊まりたがる外の恋の相手・・・どうですかね、皆さんは。

泊まりたがらない、泊まることができない外の恋の相手・・・圧倒的多数でしょうね、こっちが。

そりゃあそうだね、他所の人の奥さんであり、他所の人の旦那さんなんだからね、

中々泊まりでってのはムズカシイ、やろうと思えばやれるけど、怪しさ満載(笑)。

外の恋などない生活の中でも年がら年中出張だとか、泊まり込みの仕事だとか、

そういうアレなら普段通りのことだから1泊2日のデートもあり、なんでしょうけど。

ただね、朝、目覚めた時に横に外の恋の彼女が寝ているというのはエロいね。

エロいどころか、セックスをしなさい的な状況にあるよね、常に(笑)。

しかもね、しかも、完全にスッピンじゃないですか、寝る前から寝起きまで。

アタシの過去の外の恋で2人、宿泊バージョンのデートがありましたけど、

当然のことながらスッピンでベッドに入る、スッピンで目覚める。

アレはねぇ・・・イイネ!(笑)

スッピンってエロさが増しますな!(笑)。

何て言うんですかねぇ・・・生活感が出るってんですかね、素がそのまま出るというか。

まさに裸にした感じがしたものです。

まぁね、日帰りより宿泊が勝るのは一緒に過ごす時間の多さ、これが最大だね。

滅多に逢えないから、次の約束が見えないから、だからこそ、その日そのタイミングを

100%満喫するというね、そういうことなんだけどね。

無理なく泊まれるなら、それもいい。

無理してまで泊まるものではない。

できる範囲内でできることをするのが一番ですから。

夫が知らない他所の妻、妻が知らない他所の夫

日曜日、今日は暖かいんじゃあないですかね。

近所をクルマで通りかかった時、名前は知りませんが(笑)、この3月とかね、

毎年この時期に香る花の匂いがね、漂っておりました。

季節は巡る、もう今月末には桜も開花ですからね、ええ。

そんな訳でして、外の恋を楽しむ皆さま、ご機嫌いかがでしょうか。

外の恋、楽しんでますか。

アレはね、楽しみたいですよね、楽しくありたい、楽しくあるはずのモノです。

なのに、気が付けば苦心惨憺状態だったり、何を間違ったか悩みの泥沼状態だったり。

外の恋も恋愛、そして人間関係ですからね、他人同士の。

思うに任せない、思うとおりには行かない、そういうものなんでしょう。

今日は昼間、嫁と買い物に行きました。

アタシはね、嫁と不仲じゃあないですよ、過去も今も。

この先の未来も不仲になろうなんてことは思っちゃいないし、添い遂げたいですよ。

唯々、この嫁に女を感じることができない、性的不成立な関係なんだね、要は。

20年以上夫婦を続ければ、粗も見え過ぎるくらいに見えるし(笑)、

アタシにしてみたら性別が女であるだけで、セックスの対象にはなり得ないんだね。

そんなことで、30代後半から先、アタシは外の恋で他所の奥さんをね、拝借しては

セックスを満喫して、恋人としてのひと時を過ごすデートをね、重ねてきた訳です。

一度もバレることなく、悟られることなく。

つくづくヒドイ男、夫だと思いますねぇ・・・(笑)。

アタシんところの嫁ね、外の恋をしているか、いないか・・・。

まぁないでしょうね、少なくとも肉体関係がある相手は過去も今もないでしょう。

・・・なんて思うのは夫であるアタシだけ?(笑)

実際はわからない・・・かもしれないけどね、まぁでもね、アタシにはわかるんだね。

あの嫁には外の恋はない、未体験の世界のままでしょう、この先もね。

嫁からしてみたら、アタシはどんな旦那、夫なんだろうねぇ・・・(笑)。

30代後半から、何人もの他所の奥さんとセックスして、それも新幹線を使うような遠距離で。

もしかしたらね、嫁と交わしたセックスの累計回数よりも外の恋のセックスの方が

多いんじゃあないかと(笑)・・・数えてないからわかりませんけどね!(笑)

会社に行くように朝、家を出て他所の奥さんと落ち合い、ホテルに籠り、

お互いに中年の男女がね、全裸でセックスに没頭するということ、

家事を済ませ、家のこと、旦那へのこと、万事段取り済ませた上で、

友達と出掛けてくる、仕事で今日は遅くなる、なんて言い残して、実はアタシと逢っている。

まさに夫も嫁も知らない姿ですねぇ・・・ホントに。

知らない姿じゃなきゃダメだんだけどね、バレちゃいけないわけだから(笑)。

余韻に浸りつつ、リセットしながらお互いに家に向かい、帰る。

その時にはもう完全に夫であり嫁である顔に戻るという。

それができるから外の恋として成立するんだね。

3月、新しい年、季節の変わり目

毎度どうも、アタシです。

少しばかりサボっておりました(笑)。

いや、サボっていた訳じゃあないんですよ、これでもね。

これでもって、どれでも?みたいなアレですけどね(笑)。

んー・・・前回の記事で花粉症が全然ない、感じない、なんてことをね、

書いた訳ですが。

・・・その記事からだいたい1週間後ですかね、今日という日は。

今のアタシ、というか、この3日4日、すこぶる花粉症です(笑)。

ノドに来ましたね~それからそのノドのダメージに繋がっている鼻水ね。

アタマがボーっとしている、うっかりすると鼻水が垂れる(笑)、ノドがイガイガする、

コレはもしや風邪?

いやいや、遅れてやってきたインフルエンザ?!

などと思いもしましたが、アタシは風邪もインフルエンザも罹らないことに

決めているんですよ、ええ(笑)。

なので、風邪でもなく、インフルエンザでもない!

実際、熱もないですからね、計ってないですけど(笑)。

いやしかしアレですね、このノドと鼻、なんとかしたいです。

いい歳したオッサンが街中を歩きながら鼻水垂れてたらイカンですよね(笑)。

バカにしかみえない(笑)。

誰だか忘れましたが、段々と暖かくなってくるとおかしな人、ちょっと変な人が出てきますね、街に。

春なんです、それはつまり。

春ですねぇ・・・いよいよ。もう3月に入りましたからね、明日はひな祭りじゃないですか。

春、3月、新年度。

去年の今頃、アタシは何をしていましたかねぇ・・・。

今の会社を辞めて、単身赴任の転職を真剣に考え始めた時期だったですかね。

アタシは関東人ですけど、縁も所縁もない北陸へ行こうかと。

親しい友人に声をかけていただきまして、ええ。

仕事手伝ってくれないかと、そういう話でした。

1年経つ今、アタシはそのまま今の会社で働いておりますけどね(笑)。

もし、北陸へ転居していたら、生活も変わる、何もかも、それこそ外の恋の在り方も、

全て変わっていたことでしょう、きっとね。

それをしなかったという選択、そして今がある訳です。

選ぶも選ばぬも、人任せにはできないアレですからね、人生何事もね。

外の恋だってさ、自己選択じゃあないですか。

他所の誰かにお膳立てしてもらうことなんかあり得ないし(笑)、

起承転結、全部ね、全部自分と相手の中で完結しなきゃいけないというアレですね。

何を書きたかったのか、何を書いているのか、書いている内にわからなくなってきましたが(笑)、

んー・・・まぁね、アレですよ。

人生何処でどうなるかなんてことはわかんないもんだね。

だから面白いんだけどね。

面白いと思わないと損だね。