FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

夫婦であるからこそ外の恋

1月も最終日、31日でございます。

ね、早いでしょ、今年も(笑)。

1年またまたあっという間に過ぎちまうんでございますよ、ええ。

そしてまたひとつ年齢を重ねてしまうというね、いやホントに恐ろしい(笑)。

今日はね、愛妻の日なんだそうですね。

1月31日、1をアルファベットのIと読ませて、あい(愛)、

3と1でさ、い、で3つ合わせて愛妻・・・無理やり感がないですかねぇ・・・(笑)。

今日は何の日?みたいなのは年がら年中ありますからね、ホントに。

11月22日はいい夫婦の日とかね、もうすべてが商売につなげようとした動きです(笑)。

愛妻の日、つまり今日はね世の旦那方は花屋で花束を買って家に帰りましょう、と。

花屋が儲かる話です(笑)。

いや、そもそもね、今日に限って花束を買って家に帰ってごらんなさいよ。

気がふれたか、アタマがおかしくなったか、さもなければ何か悪だくみを隠そうと

そういう伏線があるな・・・なんてことを勘繰られるだけですって(笑)。

アタシにも嫁はいます。

結婚して22年ですかね。

家族です、大事なね。

でも、セックスはできないわ~(笑)。

それは外で(笑)。

このブログをお読みになっているアナタにも旦那がいるでしょ。

旦那、大嫌い!バカ!ぼけなす!死んじまえ!(笑)そんな心持ちの奥様もね、

たくさんいらっしゃるんでしょうけど、でもさ、旦那がいるから生活成り立つ、

そういう側面もあるからね、きっとね。

旦那となんかセックスできるか!って奥様、外の恋でセックスを満喫してますね(笑)。

嫌でもムカついても夫婦でい続けるしかない、それしかない、そういう夫婦もたくさんなんだ。

離婚したら外の恋じゃあなくなるもんね。

かと言って、離婚したら表立って堂々とできる関係・・・でもないような(笑)。

アタシにも嫁がいる、嫁には文句もあるけどさ、数えれば色々と(笑)。

お互い様だしね、きっとね、嫁もアタシに不満満載だと思うし。

ただ、アタシは外の恋をする、これまでも、これからも。

離婚はしない・・・しないつもりで生きていきますよ、ええ。

スポンサーサイト

外の恋、必要な会話力

突然ですが(笑)、スミマセンいきなり(笑)。

寡黙な人ってのがいますね、寡黙な人。

あまり喋らない、言葉が少ない、物事全般で多くを語らない人。

アタシは寡黙な人ですよ、ええ・・・大嘘です(笑)。

アタシは喋りますよ~必要以上に・・・ではなくて、必要程度にね。

いや、必要よりはやや多めかな、多分(笑)。

仕事がセールスですからね、喋らずには売れない、そういうこともありますけど。

喋らない人、寡黙な人ってのはそれが美学のような、男は黙っているのがいいんだ、

そんな意味がわかったような、わからないようなことを言う人がいますが、

寡黙過ぎるのは誤解を生みますよね。

コミュニケーション不全で巻き起こる人間関係の不自由さってあるじゃないですか。

仕事だけじゃないですよ、プライベートでも勿論あるんだね。

寡黙な旦那、喋らない嫁、どうですか、皆さん!(笑)

何考えているかわからない、どうしてここまで無口なのか、声を発しないのか(笑)。

訳も分からず何が不満なのか、不機嫌なのか、面白くないのか。

だから外の恋をしたくもなるってもんだね!(笑)

外の恋の相手、その相手にも寡黙な人はいますよね。

要するにそもそも無口なタイプ、大人しい人・・・なのかもしれません。

ですけどね、ですけど、外の恋で会話が足りなかったら何を拠り所に

相手を知り、理解したらいいんですかね。

そりゃあ不倫ですよ、浮気です。ですけどさ、アタシは再三再四書いておりますが、

外の恋は不真面目なことを大真面目にやるからこそ、なんですよ。

他所の奥さんをお借りする、他所の旦那さんを拝借する関係の中で、

唯々セックスだけ、それだけで利害一致なら別に構わないですけど、

そうじゃないでしょう。

どうにもならない関係だとわかっているからこそ、お互いを知りたいとアタシは思うし、

そのために会話を、コミュニケーションを重ねたい、必要最低限よりやや上目で何度も(笑)。

そう思うんでございますね。

何もかもを知る必要などないけれども、お互いを安心する存在、心の中にいる存在なら

寡黙じゃ伝わらない、勿体ないとアタシは思う訳でございます。

案外、思うほどではない

今日は暖かいですね、皆さま。

汗ばむ陽気・・・ほどではありませんが(笑)、コートなしでも昼間はOK!

前回のブログにアタシは書きました、春遠からずと。

ね、ホントにそうなったでしょ(笑)。

偶々なんですけどね(笑)。

寒いより暖かい方が断然いいですよ、ええ。

気分が違いますな、まず。

何があっても、何もなくても(笑)、暖かいと気分が浮き立ってきますから不思議です。

そんな単純な構造なのはアタシだけですかね(笑)。

んー・・・今年の始まりにアタシは誓いというかね、目標といいますか今年の。

そういうのを手帳に書きました。

スポーツジム年間130回、エレキギターの再開(30年ぶり)、開脚(ペターってするヤツね)、

まぁ他にもね、ゴルフは平均スコア90切りとか、色々あります・・・あり過ぎだ(笑)。

外の恋もね、コレも目標・・・目標ってのはオカシイか(笑)。

1年12か月、最初の月、1月がもうすぐ終わりますが、今月を振り返りますと、

この立てた目標ね、いい感じで推移していると、アタシは自己評価しております。

スポーツジム、今月10回は間違いない、12回行けるかも。

エレキギター、週末土日どちらかで練習してますね、悪戦苦闘しながら(笑)。

開脚もね、毎朝やってますよ、ええ。

まだまだ全く以て開脚してませんが(笑)、其処に向けて日々めげずに。

いい歳したオッサンですからね、アタシは。

50歳を過ぎて数年、肉体は間違いなく衰えていく訳で、

その速度をね、緩やかに限りなく低速にしていきたいじゃありませんか。

チンコもいつまでもカチカチに屹立するような、そんな働き者のチンコでいさせたい(笑)。

まぁこればかりはどうにもならないかもしれない(笑)。

30代には30代の、40代には40代の、そして50代には50代の外の恋があります。

60代にだってあるし、その先にもね、きっとあるんです。

ただし、個人差もある。

そしてね、年齢を重ねて自分自身ではもうダメだな、売り物にならない、なんてことを

思っていたとしても、案外そうでもないんだね。

モテるという話ではなく、需要とニーズがありますよという話。

こんなオバサンをつかまえて、外の恋など誰が相手にするものか・・・するんです(笑)。

思うほどではないんです、案外。

アタシのようにね、垂れたオッパイ、草臥れた乳首、三段も四段もある下っ腹、

だらしなく下がるお尻、セルライト、シミ、シワ、白髪、熟女の持ち物全部がね、

大好きで仕方ない!というか、それじゃなきゃチンコが勃起しない!というね、

そういうニーズが必ずあるんです(笑)。

思うほど悪くない、むしろかなりいい、そういうモノだと思いますよ。

ただ一方で自惚れにも似た勘違いもあったりして、あなたが思うほど良くないよ、と。

自己評価するほど、それほどの美魔女でもないよ、とかね(笑)。

まぁ、あまりいませんね、アタシの知る限りというか、アタシの彼女だった奥様方は

皆、おしなべて謙虚な方々ばかりでした。

美人なのにブサイクだと言う、いいカラダをしているのに最悪の体型と言う、

謙遜もあるんでしょうけど、本音でそう信じている風な人もいたね。

思うほど悪くない、むしろかなりいい、アタシは他所の奥さんを見ていつもそう思うのでした。

外の恋は自己完結と自己責任で

あ、どうも!アタシです。

いい天気でございます、関東地方。

外に出ると風が冷たいんですが、窓辺にいると暖かいんですね、陽射しが。

日本海側の雪の降り方、積もり方を見ておりますと、ホントにお気の毒ですね。

程度ってものがないんですかね、雪のヤツには(笑)。

あんなに思いっ切り降り注ぐ必要などないんです、いや全く。

1月も早、月末に近くなりましたから。

春までそう遠い訳じゃあないですよ、ええ。

陽射しに心なしかアタシは力強さといいますか、冬のそれではないものを感じます。

・・・気のせいですかね(笑)。

んー・・・さて、今日も外の恋のことを書く訳でございます(笑)。

いや、現在進行形の外の恋がアタシにはないんです、ええ。

ですから、書くことと言えば過去のこと、過去に基づき思ったこと、今もって思うこと、

そんなこんなしか書くことがない(笑)。

まぁいいじゃないですか、外の恋のこと、堅苦しくするアレじゃあないですからね。

気持ちを楽にしていただきまして、ダラ~っとした気分で流し読み、それで充分です。

この類の・・・つまりね、外の恋に関するブログを覗きに来られる方々ってのは、

まぁ外の恋の当事者か、参加予定者ですね(笑)。

興味がない人がわざわざお越しになるはずがない(笑)。

外の恋、実に孤独です。

なぜならば秘密だからなんですね。

公然とできない、密やかにしなきゃならない、隠れて隠し切っていなきゃならない関係、

そんなこと言われなくてもね、分かってます!って話ですよね(笑)。

でもね、だから孤独なんですよ。

実生活で繋がりがある人に外の恋のこと、相談できますか?

できる!できるどころか、ずーっと相談する友達がいる!なんて人もいますね。

アタシが数年前にお付き合いしていた人妻は、お友達(ママ友)も外の恋をしていて、

お互いの外彼のことをね、平気で話すんだと、そう言っておりました。

彼と何処其処でデートした、セックスがこうだった、ああだった、と(笑)。

悩んだらそれも相談しちゃうんだとか・・・アタシは只々驚くばかりでしたが(笑)。

まぁそんな人もいるんですが、圧倒的多数は誰にも言えない関係を抱え込んで、

ある時はひとりニンマリ至福の気分を満喫し、ある時はどうにもできない寂しさや

やりきれなさを抱えて悩む、涙する、そんな感じじゃあないですかね。

外の恋にもある喜怒哀楽を誰にも表現できない、伝えられないという孤独。

そもそもが、そういう関係性を覚悟の上で結んでいるんですから外の恋ってのはね。

仕方ないんです。

仕方ない・・・けど、だからこそ、こういうブログがあるじゃないか!(笑)

ということなんでしょうかねぇ・・・アタシのブログにコメントをいただく方々の中には

外の恋の相談みたいなね、そんなコメントは少なくない・・・いや多くもない(笑)。

誤解して欲しくないんですが、アタシは迷惑しておりませんよ、ええ。

むしろ大歓迎でございます、ホントに。

見ず知らずの何処の誰だか姿かたちも何もわからない方から、

ご自分のする外の恋のことでアドバイス的なモノを求められ、

アタシも止せばいいのに調子に乗ってコメントしちゃう質ですからね(笑)、

まぁいいんですよ、そのことで何かのヒント、1ミリ程度でもお役に立っていたとしたらね、

アタシは嬉しいのでございます。

始まりもオシマイも外の恋は孤独の中で自分のジャッジ、判断でするもの。

誰にも責任を転嫁できません。

いいことも、そうじゃないことも、全部背負う覚悟がないといけません。

だって現実的には誰も助けてくれないんですから。

そもそも不倫しておきながら助けてくれ、ヘルプ・ミー!なんて可笑しな話です(笑)。

バレちゃいけない、察せられても、勘繰られてもいけない外の恋・・・面倒ですね(笑)。

でも、それをするんだねぇ・・・みんな懲りない(笑)。

トイレに並ぶ熟女を見て思う

アタシは仕事で移動する時、電車を使います。

あ、もちろん通勤も電車だね。

ついでに言うと外の恋のデートでも電車です(笑)。

自動車を運転する仕事、自動車通勤、自動車を使って外の恋デート、

何れもアタシには当て嵌まりません、幸か不幸か(笑)。

いや、自動車はね、好きなんですよ。

運転も嫌いじゃないし、何たってさ、あのクルマってのは密室でしょ(笑)。

考えてみたら凄いですよ、クルマって。

音楽聴ける、TVも観られる、冷暖房完備、その気になれば何処にでも行ける・・・。

そしてね、密室だ(笑)。

男女があの隣り合わせに座った密室の中でイヤラシイ事をしたがるのも

当然と言えば当然でございます!(笑)。

外の恋で自家用車を使う人、案外いるんだそうですね。

抜け目ない配偶者はマイカーの距離メーター、ガソリンの減り具合、チェックしてるとか。

そして特に勘が鋭く嗅覚が強い女性はね、微かに残る香水の匂い、

座席シートにある髪の毛一本さえも見逃さないといいますから、ええ。

恐ろしくてアタシは自家用車を使う外の恋デートなどできませんよ(笑)。

・・・んーと(笑)、話が全然関係ない方向へ展開してしまいましたが(笑)。

なんでしたっけ、話(笑)。

あ、そうそう、だからね電車通勤なんですよ、アタシはさ。

でね、今朝、近くのホールで大きな催し物が開催中のある駅で、

女子トイレに長々と並ぶ熟女の行列を見かけたんです。

厳密に言いますと、熟女よりもやや上、アタシのストライクゾーンよりも少し外れの(笑)。

対象が40代より50代、50代よりも60代が多いような、そんな催し物らしく、

その駅でトイレを待つ人なんですね。

アレね、皆さん、用を足すまで間に合うんでしょうかね(笑)。

朝の時間帯と言えばね、駅の男子トイレ、凄いんですから、もう。

脂汗滲ませ、止まらぬ小刻みな貧乏揺すり、内腿をピターッとくっ付けて、

歯を食いしばりトイレの個室が空くのを今か今かと待つ人々(笑)。

いやホントに笑いごとじゃないですけどね。

あの女子トイレの行列に平然と並ぶ方々は待てるのか、そもそも間に合うのか(笑)、

そんな大きなお世話なことを考えてしまいました・・・

ホント、どうでもいいことですね、すみません(笑)。

先週のある朝、アタシもお腹が痛くなりましてね、駅から会社まで歩いて8分位なんですけど、

大丈夫だ、行ける、会社まで我慢だ、なんてことで駅のトイレに寄らずに(笑)。

コレが大きな判断の誤りでございました(笑)。

あ、あのね先に言っておきますが、粗相をしてしまった訳じゃあないですよ(笑)。

とにかく会社のトイレをのみ目指してアタシは歩く、内股で歩く、小走りに近い状態で(笑)。

こういう時に限って・・・でもないんでしょうけど、赤信号が果てしなく長く感じます。

クルマが来ないから道路を斜めに渡ろうかと思いきや、パトカーが現れる(笑)。

北風が強くてねぇ・・・お腹に堪えるんですよ、こういう時は。

下っ腹をギュッと締めたままアタシは走る、走る、内股気味に(笑)。

オフィスビルに付き、エレベーターに乗った瞬間にアタシはもうベルトを緩め、

勿論コートもスーツの上着も脱ぎ(笑)、マフラーも手袋も鞄に丸めて押し込み、

あとはパンツを下ろして便座に座ればOK!

・・・そこまでは脱いでませんけどね!(笑)、ただホントにベルトは外しておりました。

フロアに着いたら最短最速で行けるように(笑)。

アタシが降りるフロアの一つ手前、そこでなんとエレベーターが止まるんだね、こんな時に誰!

開いたエレベーターのドアの向こうに立つのは掃除のオバサンでした(笑)。

この真冬にコートもスーツも脱いで小脇に抱えて、しかもねベルトが外れかかったズボン(笑)。

掃除のオバサン、驚愕の・・・でもなかったけど一瞬怯んでおりました(笑)。

怯んでおりました、なんて観察をしている余裕もなくてね、実際は。

掃除のオバサン、瞬時にアタシのただならぬ様子で察したか、

【どうぞ先に行ってください】とエレベータに乗らず(笑)。

アタシに襲われるとでも思ったんですかね・・・思うかよ!(笑)。

おかげさまで(笑)、アタシは事なきを得て、3分後にアタシの会社オフィスのフロアへ

現れました掃除のオバサンと再会をいたしました。

【大丈夫だったですか?】とアタシを見た瞬間に尋ねてきまして(笑)。

大丈夫じゃなかったとしても大丈夫じゃなかったですとは言えないアレですけどね(笑)。

【大丈夫でした、おかげさまで】とアタシ。

・・・というかね、アタシがどういうアレだったのか見破られてたんですかね(笑)。

最後まで何の話を書きたかったんだかよくわかりません(笑)。

外の恋を楽しめる人

いやぁ・・・寒いですね、今朝も。

1月も後半となりましたが、あとひと月、ひと月半・・・いやもう少し(笑)、

まだ寒さは続くんでしょうねぇ・・・。

関東在住のアタシとしてはね、とにかくアレです。

雪ね、雪だけは勘弁してほしいですよ、ホントに。

道路も線路もすぐに影響でますからね、関東は。

数センチの積雪で電車止まるんですから(笑)。

雪だけは勘弁していただきたいんでございますよ、ええ。

春が待ち遠しいですね、梅、そして桜の季節、待ち遠しいです。

さて、話はいきなりがらりと変わるんですが(笑)。

人はなぜ浮気や不倫をするんでしょうねぇ・・・。

アタシの場合、外の恋なんて言い方をね、しておりますが。

要は不倫でございます(笑)。

アタシのように男がする不倫、アタシの相手だった人妻がする不倫、

どちらも既婚者、家族持ち、そういう人がする不貞・・・ですね(笑)。

出逢いがあって・・・出逢い方色々ある中で、お付き合いが始まる。

お付き合いが始まるってことはね、お互いの利害一致というか、

まぁ全部が全部完璧な相手なんていない中でも、許容範囲以上の合格ってことで

お付き合いがね、始まる、つまり大人する外の恋の始まりです。

何故に大人の外の恋が始まり、続くのか。

男であるアタシは男であることを実感していたい、

嫁ではできないセックスを他所の人の奥さん相手にしてみたい、

日常生活で巻き起こるアレコレを含め、現実逃避の世界を持ちたい、

そんなこんな・・・ですかね。

女の人もね、アタシが今書いたようなことと同じだったりする・・・かもしれない。

もっと他にもね、理由などいくつもあるんだと思います、それこそ外の恋を

する人の数だけ理由があるんでしょう。

始まることはアタシはそんなに難しいことだと思っちゃいないんです、外の恋。

ただ、始まってから先、始まる前に思い描いていたものと違ってくる、

違ってしまったというね、そういう場合もあるんじゃないですかね。

埋めて埋め尽くされて満たされると思っていた気持ち、心の中の隙間が

全然埋まらないとかね(笑)。

旦那のセックスと大して差がなくてガッカリとかね(笑)。

旦那より下手とか(笑)・・・コレは最悪だ、すぐに別れましょう!(笑)。

アタシね、思うんですよ。

期待は控え目に、感情は抑え目に、要求はほどほどに、と。

期待が大きければ結果的に裏切られたり、肩透しになったりする。

というかそう感じてしまうんだね。

感情が出過ぎれば抑えきれない情念が溢れかえってしまう。

肩透し・・・手応えが感じられない虚しさとか。

そんな風に書けば身も蓋もないというか、醒めたようなアレですけどね。

でもさ、アタシが思うに外の恋が上手く行く、楽しめる人ってのは、

ルール内での動きしか絶対にしないし、遠慮が常にあるし、ある意味で達観しているし、

でもその一方で物凄く楽しもうとする、その都度全力で。

だからいいんでしょうね、多分。

外の恋の会話

今週は忙しないんです、アタシ。

何だか忙しい・・・忙しいような気がするだけなんですかね(笑)。

毎日、何かこう追い立てられるような、次を急げのような、うかうかしている暇はない的な(笑)。

その割には何も前に進んでいないようなね、そんな気がするんでございますよ、ええ。

だから余計に徒労感のような、得も言われぬグッタリ脱力感と言いますか、

空回りのようなね、そんなこんなの気分で今日木曜日を迎えているんでございます。

まぁ暇で暇で仕方ないってのよりは断然いい、そうは思いますが。

そこそこ忙しい、程々に忙しないってのがいいんですけどね、中々(笑)。

仕事は忙しい人に頼め、暇な人に仕事を頼んじゃいけない、なんてことをね、

昔から巷では言われておりますが、知りませんか?(笑)

忙しい人ほど仕事が早い、できる、そうじゃない人に頼むと仕事が遅い、

ミスばかり、手間だけかかる、なんてことらしいです。

忙しい人、確かにそうかもしれませんねー。

忙しいフリをする人ってのもいますけどね、アタシはそれかもしれない(笑)。

忙しいと時間がない、暇がないってことでね、外の恋などする時間が何処にある、

他所の奥さんとホテルに籠ってセックスなどする時間などあるものか、

そういうアレかと思いきや、まぁそうかもしれませんが(笑)、

案外ね、忙しい人でも外の恋はキッチリやってる人が多いんだね(笑)。

多いんだねって数えた訳じゃないけどさ(笑)。

忙しいからこそ、アタシは外の恋も充実というか、意味があるモノになるように思うんだね。

人間暇を持て余すと堕落しますからね、身も心も。

ロクなこと考えませんから(笑)。

じゃあ外の恋はまともな事なのかって問いを投げかけられると、

そりゃあね、アタシにとってはまともな事でございます!(笑)。

外の恋も、それこそ仕事が忙しい、家事や子供のことで時間が取れない、

そんな中で数時間、ほんのひと時のデートしかできないなんてこと、あるもんです。

アタシが嘗て遠距離婚外だった頃はね、往復新幹線の時間とあわせて半日以上を

デートに費やすパターンでしたけどね・・・暇なんですかね(笑)。

近い距離に住む同士の外の恋でも中々逢えない、逢えても1時間とかね、

そんな関係だってあるんだと思いますよ、ええ。

逢えば必ずホテルに籠る、密室で安心できる空間でセックスに溺れる、

そういうデートばかりとは限らないです・・・アタシはセックスばかりでしたが(笑)。

お茶だけ、ご飯だけ、映画を観る、そんな外の恋のデートもね、あるんですよね。

アタシはお茶だけじゃなくセックスも(笑)、ご飯だけじゃなくてセックスも(笑)、

映画など観ないでセックスを(笑)、でしたけどね。

セックスは気持ちいい、その人をそのときだけは占有する歓びというかね、

コミュニケーションですから、要は。

ただ、アタシの場合ね、セックスの後にご飯を食べてから帰るパターンで、

この時間がね至福なんですよ。

全裸で抱き合い、体液と精液と汗と脂と(笑)、塗れて過ごす時間とは別に、

お店で向かい合って、あるいは横に座って、美味しいお酒と料理をね、

いただきながら交わす会話、これがいい、実にいい。

外の恋の関係で話すことなどあるんですか、なんてことを思う人がいるみたいですけど、

ワンサカありますよ、話題など。

嫁や旦那の悪口とかね(笑)・・・まぁ冗談ですけど(笑)。

案外真面目な話をしますよ、仕事のこと、親のこと、子供の教育のこと、お金のこと、

5年後、10年後のこと、自らの老後生活のこと・・・尽きないんです、意外と。

どうにもならないお互いの関係性だから平気で話せてしまうこともあるのかもしれない。

でも、まぁ心許し、気持ちをオープンにしているからでもあると思うんですよね。

愚痴であったり、言ったところで何にもならないアレコレだったりするんですが、

それを例えばアタシの目の前に座った人妻熟女がね、うんうん、と頷きながら

時々相槌を入れながら(笑)、聞いている姿を見て呑む酒はやはり美味いです。

怒る熟女に思う

正月は何でこんなに暖かい?みたいなね、そんなアレでしたけど、

どうですか、ここ数日のこの寒さ!

寒いなんて表現じゃ正しくないですね、痛さを感じます、凍えるとはこういうことかと(笑)。

今、仕事を投げ出していいというなら、アタシは迷うことなく温泉に行く!

・・・誰かアタシとご一緒しませんかね、あ、人妻熟女限定ですが(笑)。

触っちゃいますけどね、色々と(笑)。

それでも良ければ是非(笑)。

いや、そんな話じゃないんだ(笑)。

今日はね、この極寒の中、朝一番でアタシはクレーム処理に行きました。

アタシのお客様、アタシが担当、アタシの大好物である熟女(笑)。

いや、だからね仕事だってーの(笑)。

見境ないアタシじゃないよ、さすがにね。

アタシが悪い訳じゃないんだよねぇ・・・このクレームはね。

ただもうね、朝一番9時過ぎだってーのに、よくもまぁこんなに怒れますね、と

感心したくなるくらいに怒ってるんだね、この熟女役員は(笑)。

推定45~48歳くらいかとアタシは思うんだけどさ、スリムでね、髪が短くて。

絶対にスカートは穿かないらしい。

見た目、小奇麗で昔は・・・昔はね(笑)かなり美人だったと思える人。

その熟女役員がね、アタシに向かって剣幕が凄いんだね。

黙って聞くしかない、反論無用だね、こういうときは。

まずは全部喋らせるしかないと。

相手を見なきゃ聞いていないってことになっちまいますから、ええ。

アタシは一生懸命、そのクレームを言う口元、浮き立つ青筋、見開いた瞳と、

やけに長ぇなと思わずにいられないつけまつ毛(笑)、顔全体をね、見てたんです。

真面目に聞いている体を作らなきゃいけないんですから、ええ。

そのうちにね、あろうことか【この熟女役員はセックスが激しそうだな】とか

【乳首がデカいんじゃないかな】とか【ドSかもしれない】とかね(笑)、

どうでもいいというか、そんなこと考えるかよ!みたいなことばかりが

アタマの中に浮かんじゃいまして(笑)。

ニヤニヤしてるんじゃないかと、ハッと我に返りました(笑)。

結果的にはにこやかにしていた印象に伝わったようで、

最後はね【反論なく全部言いたいことを言わせてもらってごめんなさいね】と

ありがたいお言葉で終わることができたんでございます。

すみませんね、ホントは話半分以下で聞いていて、しょうもないスケベな事を

アタマに思い浮かべてたんですよ、アタシは(笑)。

しかしアレですね、怒る熟女って変に魅力的じゃないですかね。

怒り狂うようなアレは困るんですが、喜怒哀楽の怒ね、怒、怒り。

怒りは表現した方がいいですよ、ホントにね。

秘めたる怒りは後々怖いですから、ええ。

怒るならその都度怒っていただきたい、アタシは(笑)。

というかね、感情表現を分かりやすくしてくれるのが一番です。

嬉しいのか、嬉しくないのか、悲しいのか、寂しいのか、怒り心頭なのか、

掴み所がないのがね、一番やりにくいですよ。

所詮不倫だから望んでも仕方ないからということでね、妙に冷静な対応、

多くを望まない静かな人妻と以前お付き合いしましたが、正直盛り上がらなかったね。

張り合いがないんですよ、都度都度。

そりゃあね、ダメなモノはダメでさ、無理なモノは無理なんだけどね、外の恋。

でも、いい歳した大人だとしても恋愛感情ありきの関係ですからね、外の恋。

気持ちよかったら狂おしく乱れ捲ってほしいですよ、男のアタシとしてはさ。

その方が射精し甲斐があるってもんだ(笑)。

んー・・・何の話でしたっけ?(笑)。

あ、そうそう、怒る熟女ね。

静かに怒る人、感情脆出しに怒る人、色々タイプはありますが。

偶には怒ってもいいとアタシは思うんだね、外の恋の関係の中でも。

夫の存在、妻の存在

今朝は寒いなんてもんじゃあないですね。

関東在住のアタシですが、外に出てみたらクルマが真っ白く凍っておりました。

吐く息も真っ白、肌が痛いです。

大阪や名古屋でも雪が降るというね、ホントに極寒ですね。

以前、新幹線を使っての遠距離W婚外をしておりましたが、

2月だったですかねぇ・・・雪が舞う中、新幹線に乗って2人が落ち合う駅へ

向かったわけですが、現地も雪、ホテルに籠ってセックス、ひたすらセックスで

過ごして夕方、チェックアウトをしたら歩けないくらいに雪が積もっておりましたねぇ・・・。

新幹線動くのか?!帰れるのか?!(笑)

お互い何処に出掛けている、誰と逢っているなんてことはね、秘密ですから(笑)、

アタシは会社に行っているはずですし、その人妻もいつも通りに仕事のはずで、

アタシの嫁、その人妻の旦那はそう思っている訳ですからね。

祈るような気持ちで新幹線が動くことを待ったことがありました。

台風や大雪、コレばかりはどうしようもないアレですけど、リスクを冒しても

逢いたい、今日を逃したらしばらくまたチャンスがない、なんてことでね、

デートに向かったこと、何度もありました。

今日あたり、当時のアタシと同じようにこの寒波の影響でデートをどうしようか、

悩ましい気分でいる人もいることでしょう。

んー・・・外の恋、浮気であり不倫ですが。

夫婦である相手を暫しお借りする関係といいますか(笑)、アタシから見たら、

他所の人の奥さんを拝借して、ひとりの女としてお付き合いする訳で。

アタシの相手から見たら、他所の人の旦那を貸し出ししていただき(笑)、

セックスさせてもらいますよ、と(笑)。

お互いに夫婦、家族がある。

相手の旦那さんね、色んな旦那さんがいるんですよね、ホントにね。

これまでお付き合いした人妻とね、旦那さんの話をすること、何度となくありました。

いや、まず間違いなく話しますよね、旦那のこと、嫁のこと。

大抵の場合・・・大抵?(笑)、まぁアタシの場合だけかもしれませんが、

如何にウチの旦那はどうしようもないヤツか、愚痴や悪口です(笑)。

家のことに無関心、子供のことにも無関心、無口、不機嫌、横柄、怠慢、

セックスが下手、早漏(笑)、包茎(笑)、不潔、デブ(笑)・・・尽きません(笑)。

多かったのはアレかなぁ、最早愛情はない、家族ではあるけれど、ということかな。

旦那とはセックスレス率90%以上だったですかね、アタシの彼女だった人たちは。

もうできない、したくない、挿入不可だと(笑)。

そこに至る背景も理由も色々あるんでしょうし、それを聞かされたことも多々ありますが、

アタシもね、嫁とはできないし、そういう話をね都度都度しましたし、聞かれりゃ答えるし(笑)。

ただ、そういう旦那、そういう嫁がいる現実の中で生活が成り立っていて、

そういう中で外の恋ができているというのも、事実なんだね。

その意味ではありがたみを感じなきゃいけない、感謝しなきゃいけないね。

いや、アタシは感謝してますけどねホントに。

とはいえ、嫁とはセックスできませんよ(笑)。

ときめきは外で、欲情して燃え盛るセックスも外で。

ひとりで充分、複数人が必要

あ、どうも、アタシです。

いや寒いですね、しかし。

今シーズン一番の猛烈な寒波が来るとか、来たとか(笑)。

毎年この冬の季節に思うことではありますは、アタシはつくづく関東住まいで

シアワセだなぁ・・・と。

北陸とか上越とかね、日本海側の真っ白い雪の世界、吹雪いている映像とか観るたびに、

とてもとてもアタシには生活できる場所じゃあないと、そう思うのですよ、ええ。

転勤とかね、そういう理由で行かざるを得ないとしたらね、そりゃあ行きますけどね(笑)。

自ら望んで行きたい、住みたい、生活したいとは思わないですねぇ・・・。

第一ね、あの雪の世界で外の恋などできますか?(笑)

・・・できるんでしょうね、そりゃあ(笑)。

ただ、そうは言ってもさ、何かと不便じゃあないんですかね、どうなんでしょうかね。

豪雪のためデート不可・・・あるんじゃないですかね。

外出しようものなら遭難するかもしれないとか(笑)。

電車にしても、クルマにしてもね、大変だと思いますよ、ええ。

なんてことを思うのは関東住まいのアタシだけで、雪が当たり前の地域に住む人は

意外と平然に、当たり前のように楽々と(笑)、外の恋をエンジョイできているんでしょう。

外の恋のためなら知恵も行動力もエネルギーも湧くんですね(笑)。

んー・・・外の恋ですが、お相手がひとり、お互いに1対1というね、

そういう関係が自然であり、普通であり・・・とは限らないんですよね。

外の恋をする人、お相手が複数人いるという人妻、いるでしょう。

逆も勿論ね、複数人の人妻とお付き合いしているという人も。

良し悪しじゃあないですよ、コレは。

あり方、それぞれですから。

アタシはね、複数人派・・・ではないんだね(笑)。

お相手は常にひとりだけ、都度、人妻熟女ひとりとお付き合いしてきました。

正直に言うと、重なった期間があったかな(笑)。

終わりかけた関係の人妻と、始まろうとしている関係の人妻と1週間の中で

デートしたことがありました(笑)。

どちらともセックスしました(笑)。

すみません・・・って誰に謝ってんだろうね(笑)。

いや別に謝ることじゃあないね、良し悪しじゃあない、考え方、価値観だから。

まぁとにかくね、そんな微妙な重なり合いはありましたけれども、

アタシは常にお相手はひとりだけ。

身が持たない(笑)。

時間も持たない(笑)。

気持ちもね、分散化するような器用さがないんです、むしろ不器用(笑)。

じゃあ、相手はどうだったのか、アタシだけが唯一の存在だったか。

それはさぁ、わかんないですよね。

かも知れなかったし、そうじゃなかったかも知れないし。

で、アタシはどちらであったとしても構わないというね、そういうアレでした。

だって、アタシがコントロールできることじゃあないからね。

そうしたいなら仕方ないことで、ただ、ただね、気持ちとしてはアタシ以外の男がいても

それを公言も宣言も、あるいは匂わすことも希望はしませんでした(笑)。

複数人いるならいるでいいけれども、分からないようにやってくれと。

・・・こんな風に書いてみたら、そんなことを昔言われたことがあったなぁ、と

ある人妻に【私以外の人とセックスするのは自由だけど、こっそりやってね】

なんてことを言われた記憶が浮かび上がってきました(笑)。

アレはやっぱり気持ちとしてはひとりだけ、自分だけと関係してねというね、

そういう意思表示のひとつだったと思いますけど。

んー・・・やはりアタシはひとりだけ、ひとりの人妻熟女だけでいいなぁと思います。

独身の不倫ではない外の恋

正月明け、仕事始めからすぐに3連休・・・アタシは出勤もしましたが(笑)、

その3連休の最中に成人式というイベントがあり、今年はウチの娘がその成人式で、

成人式など親は関係ないアレですけどね、それなりに忙しい連休となりました。

朝早くから美容室で着付け、その送迎をするにあたりアタシは運転手(笑)、

生憎のね、雨模様でねぇ・・・式のあと、夕方からは同窓会があるって話で、

雨ですからね(笑)、ここでもアタシはドレスを着込んだ娘の運転手だ(笑)。

その日は昼間はね、女房のご両親も都内から電車に乗ってやってきまして、

食事をしたりね、晴れ着姿の娘を囲んで撮影とか、草臥れましたねぇ・・・(笑)。

アタシの親も女房のご両親も、アタシの娘もね、勿論女房も、

アタシが外の恋を延々と繰り返してきた不届き者だとはつゆ知らずでしょう。

間もなく二十歳になるウチの娘、将来いずれ結婚をする・・・んだと思いますが(笑)、

親の遺伝で不倫はしないようにね、そう願いますよ、ええ(笑)。

年末にテレビを偶々観ておりましたら、不倫をする独身OLの話をやっておりました。

付き合ってから相手が既婚者だと知った、知った後も関係は続いているという話。

まぁ珍しい話じゃあないですね、よくある・・・よくある話でしょう。

アタシにはあり得ない話ですけどね、独身の女性とのお付き合いなど。

そもそもね、アタシはこのTV番組を観ていて、男のヤツがね狡いヤツだなぁと思いました。

事情やキッカケはどうであれ、既婚である事実を知らさずに事を前に進めた訳でしょう。

騙したつもりはない、そんな話をしたらしいですけどね、

つもりはなくても騙したのと変わんないんじゃあないですかねぇ・・・。

その独身女性は悩んでおりまして、これもよくある話ですが(笑)、この既婚の男と

別れるべきか、別れずに進むべきか、という話でした。

他所様のことですから、どうなろうともアタシには関係ないアレですけど、

どういう未来を描いちゃってるんでしょうかね、この独身女性は。

また、どういうつもりでいるんでしょうかね、この既婚男性は。

そう思いました。

離婚して再婚する・・・かもしれないね。

そもそもそんなつもりは更々ない・・・お互いに、なら話は簡単だけどね。

不倫や浮気に倫理感や道徳を持ちこんだところで、

何の意味もない話だとアタシは思っておりまして。

そもそもそんなことは皆、承知している上で尚且つの外の恋だからね。

確信犯なんですよ(笑)。

狡いんです、みんな自分が可愛いんです。

ただね、ただ、外の恋、しかも既婚者限定条件付きでするアタシの外の恋は

独身×既婚の組み合せはあり得ないし、あってはいけないし、今までもこの先も

間違いなくありませんね。

もっと言えば、人妻熟女限定ですから(笑)。

この外の恋の相手と人生を歩むパートナーになろう!なんてことは

微塵も考えちゃいないんですよ、ええ。

むしろ逆で、実生活をこの先も生きていくための、ほんのひと時の息抜きや

心のオアシスのような、逃げ場、隠れ家、そんな存在であれば充分なんだね。

そのために傍から見たらアホみたいなリスクも抱え、時間もお金もかけて

その人妻に、その他所の旦那に逢いに行く訳でしょう、外の恋は。

不倫は不倫、それは同じだとしてもね、独身のそれとは違うんだね。

後悔も失望もない

暦の上では3連休・・・ですよね。

未だに年末年始休暇が続いているって人もいるんだね(笑)。

来週火曜日から仕事始めなんて人もいますよ、ええ。

今日明日明後日と3連休・・・ではない、アタシは。

本日会社に出ております、出勤、仕事でございます。

例によって例の如く(笑)、ひとりアタシだけがオフィスにいる。

静かですねー快適ですね、電話も鳴らない、聞こえるのはアタシの吐息だけ(笑)。

いや冗談ですよ(笑)。

今日はこれからオフィスに来客があるんです。

熟女です(笑)。

いや、仕事ですからね(笑)。

オフィスでデートしようなんて話じゃあない(笑)。

仕事柄、人と会うことは日常的にあるんですが、仕事を忘れそうになるような、

魅力的な女性、人妻ね、熟女と対面すること、あります。

いや、だから仕事!(笑)。

仕事は仕事、飽くまでも仕事ですから!(笑)。

ですけど、そんな様子も素振りも見せていないアタシですけどね、

いいオンナだなぁ・・・と思うことはありますよ、そりゃあね、仕事でも(笑)。

椅子に座って話を聞きながら、実はアタシは勃起していた・・・とかね、いや冗談だ!(笑)。

いやしかしねぇ・・・なんて素敵な生き物なんでしょうね、熟女ってのは。

つくづく思いますよ、ええ、ホントに。

今までお付き合いしてきた熟女、人妻ね、皆それぞれの事情を抱えての人生を生きていて、

その中でアタシと出逢ってつながって、外の恋の相手として存在した訳ですが、

嫌な思い出とか後悔の念が未だに消えないとかね、そういうのが丸でないんだね。

過去を勝手に美化しているだけかもしれませんが(笑)、それならそれでいいとも思うわけ。

癒されない傷を抱えていつまでも恨むような、そんな生き方したくないじゃない。

お付き合いの期間もね、頻度も、長短、多い少ない、色々ありましたけど、

どの人を思い起こしてみても、素敵な人ばかり、ホントにそう思うんだねぇ。。。

それはひとつには別れ方、終わり方にも理由があるんだと思います。

憎しみ、憎悪をもって泥沼のように状態を混沌とさせて終わりを告げるような、

そんな経験は一度もなく、相手からさよならを言われたら即OKだったし、

気持ちが冷めてしまったなら仕方ないということで、静かにキレイに終わらせたことも

何度かあったし、関係をゼロリセットしただけのことだったですね、要は。

あとはね、そうだね、アレだ(笑)、外の恋に過剰な期待を持たないからだね。

キッカケがあって出逢い、逢うことになって初対面しますね。

アタシはね逢った相手を見たときに、ショックを受けて愕然としてチンコが萎えたことなど

一度もないんですよ(笑)。

それはつまり誰でもいいのか・・・ということではなくてね、勿論。

アタシ自身がこんな程度なのに、相手にばかりアレもコレも求めるような、

そんなエラそうな事できないでしょ、というね、そういうスタンスですかね。

それがつまり、何処にでもいるような主婦だということでもある訳で。

縁あって出逢い、外の恋の関係になったんですから、今ある状態の相手をね、

そのままに見て認めて受け止めましょうよ、と。

無理にそう仕向けているんではなく、アタシは最初からそうしてきたんです。

みんな、み~んな何処にでもいるようなフツーの主婦、奥さんでした。

美魔女でもない・・・いや美人もいましたけどね、プロポーションが抜群ではない、

それどころか体型は崩れている熟女です(笑)。

でもアタシはそれが好きなんだね。

旦那がいて、子供がいて、ひょっとしたら孫までいるような奥さんですよ。

白髪染めしてるし、下の毛にも白髪が混じっていたりね(笑)、

もはや抗いようもない全てが垂れ下がる体型の熟女がね、

アタシの前で誰も知らない姿を見せる訳、忘れていた女を呼び戻すように。

素敵じゃないですか。

毎回がラストデートになる可能性が常にあるのが外の恋ですから。

楽しまなきゃね、毎回。

後悔も失望もする暇などないし、勿体ないですよ。

外の恋、最初で最後になる人、ならぬ人

先週の今頃はまだ大晦日前、2016年だった訳ですが(笑)、

仕事始めから数日経ちまして、もうお正月などあったのか?というような、

そんな気分になりませんかね、皆さま。

年々・・・そう、年々そんな風に感じるようになっている気がします。

季節ごとのイベントとかね、あるいは季節感のようなものも含めて、

らしさ、というものがなくなってきたなぁ・・・なんて思うのはアタシだけなんでしょうかね。

師走らしい気分、正月らしい雰囲気、どんどん薄まっているような(笑)。

んー・・・もう間もなくアレですね、成人式ですね。

ウチの長女、成人式です。

晴れ着を着てね、成人式に出るらしい。

アタシにもあったね、確か成人式が(笑)。

式典に出ずに地元千葉から遥々・・・遥々でもないけどさ(笑)、都内へ繰り出して

ディスコで呑んで騒いでおりました(笑)。

懐かしいですねぇ・・・二十歳。

二十歳からもう倍以上生きちゃったね(笑)。

あの頃と比べて、今の方が断然女好きだと思いますよ、ええ。

スケベだね、根っから(笑)。

今じゃその女好きが熟女専門になり(笑)、人妻、他所の奥さんオンリーになり(笑)、

出逢い、付き合って、別れて、また他の熟女と出逢い・・・その繰り返しで今日に至る!(笑)。

生涯一度も外の恋などしない、理由は何であれしないで済んじゃう人がいる。

それとは真逆に生涯何度も外の恋を繰り返す人・・・アタシのような(笑)・・・もいる。

外の恋をする人でも、1回で終わる人、1回で充分な人、最初で最後、最初が最後まで続く、

そんな人もいますねー。

アタシはその類ではなく、何度も何度も派(笑)。

懲りちゃってね、もう1回目でそれこそ酷い目に遭い、もう嫌んなっちゃったって人もね、いますよ。

だから最初で最後というね、そういうことになるんでしょうけど。

酷い目に遭おうとも、しばらく経つと次へ進む人、います(笑)。

アタシは酷い目に遭ったことはないんだね、概ね。

皆、いい思い出。

だから別れた後は、次のいい思い出を作れる相手探しに向かっちゃうというね、そういうアレです。

いや、別にね、果てしなく繰り返していくことは本意ではない(笑)。

次の出逢いで人生最後の外の恋、そう思っているんですよ毎回ね(笑)。

結果的にそうならないから・・・(笑)。

何で繰り返すんでしょう、外の恋。

セックスしたい、他所の奥さんがアタシに跨って腰を振りながら身悶えて善がる姿を見ながら

その人に一滴残らず射精し尽くしたいというね、そういう熱情はあります。

でも、それだけじゃあないくてさ。

なんだろね、こう女としての存在意義とか価値とか、そういう確認をね、

人生の中でアタシに求めてくれたその人が愛しいというか、可愛いというか、そういう気持ち。

お互い中年でそれなりに草臥れていて、萎びてもいて(笑)、でもお互いの存在があることで

生きるエネルギーの助けになっていたりさ、そういうのってあるじゃない。

ないですか?(笑)。

50歳も半ばへと向かって行くとね、果敢に行くぞ!だけではどうにもならないアレコレがあります。

でも、アタシにとって外の恋はやはりエネルギー、生きるエネルギーの源。

それは間違いのない事なんだね。

あけましておめでとうございます

皆さま、あけましておめでとうございます。

今日から仕事始め、電車に乗って会社へ通勤でございます。

予想通りにあっという間の年末年始休暇でしたねぇ。。。

電車、やはり空いておりました。

明日から仕事始めのところも少なくないんでしょう。

振り返りますと、ちょうど先週の今日が休み初日でしたね。

アタシはその日、家でパソコンをカタカタさせ、メールと携帯電話で

仕事をしておりました。

29日も30日も似たようなこと、してましたねぇ。。。

初詣は元旦に、恒例の近所の神社へ、いつも通りです(笑)。

変わったことと言えば・・・ありましたねぇ・・・ひとつ出来事が。

大晦日の晩に駐車禁止を取られました!

いや、近所で。

それも長年、何十年、何回となく、その場所に停めたことがあるんですよ。

駐車禁止の場所じゃあないんですけどね。

近隣の住民から【邪魔だ】との通報があり、通行の迷惑行為だと。

嫌がらせとしか思えません(笑)。

まぁとにかくね、そういうアレで駐禁です。

2016年、ラストに思いも依らぬ締め括りとなりました(笑)。

年始以降は暴飲暴食・・・したつもりもないんですが、したんでしょうね(笑)。

3日間、腹を壊しておりました(笑)。

懲りずに呑むからね、酒を。

バカですねぇ・・・3日間、腹下し(笑)。

そして今日から社会復帰でございます。

今年がどんな年にしましょうか。

初詣で願い事、しましたか。

外の恋のことを願った人、いるんでしょうね(笑)。

そんな人の道に外れたことを願って神様は叶えてくれるんでしょうか(笑)。

アタシはまず、まずはね健康第一で行きますよ。

元気であればこそ、健康であればこその外の恋ですから、ええ。

それとね、んー・・・アレだね、チャレンジを忘れない事、これは心に刻みました。

やらずに後悔よりも、やってみて後悔、コレを忘れずに。

やらずにわかったつもりにならないで、まずはやってみよう、いい歳しても(笑)。

何はともあれ、2017年始まりました。

1年きっと早いんだと思いますよ、今年もね。

外の恋も頑張ります!

今年も宜しくお願いいたします。