FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

慎重に大胆に

今年もあと2日、明日は大晦日ですねぇ。

大掃除、終わりましたかね。

もうやらないまま、適当にやってオシマイなんてことでね(笑)、

それはそれでいいんじゃないですかね。

2016年、色々あった人も、な~んにもなく平凡に過ぎた人も、

まぁ一年お疲れさまでございました、ええ。

平等に、皆に平等に2016年が暮れていきますよ。

外の恋のこのブログ、お読みいただいた方々、コメントをいただいた方々、

今年もお世話になりました。

何にもお返しできませんが(笑)、来年もまたよろしくお願いいたしますね。

外の恋、飽きもせずに・・・いや、人生賭けて率先して(笑)、他所の人の配偶者をね、

求めていくアレですけど、誰でもいい訳じゃあないですね、相手というのは。

誰でもいいなんてことは、やはりない、そうじゃあないね。

かと言って、選り好みと言いますか、限定的過ぎてもいけない。

こだわりがあり過ぎると、そんな相手はいない・・・いやいるんでしょうけど、中々いない(笑)。

旦那以外であれば、旦那と違うパーソナリティーなら、他のことは大抵は許容!(笑)、

そんな奥さんがいましたね。

いや、それが本音かもしれないけど、実際は他にもあるでしょう、求めたい条件。

嫁や旦那がそうだったように、出逢ってみて関係を重ねていくうちに、

むむむ?なんてことを感じてしまうことだってね、ない話じゃあないですよ。

外の恋も人間関係、完璧な相手などいないもの、目をつぶることも必要かもしれませんね。

見ないでいいモノは見ないで済ませばストレスにもなりませんからね(笑)。

でもね、でも。

折角の外の恋ですから、間違いたくないじゃあないですか、相手をね。

心ときめく相手であってほしい、そうあり続けてほしい訳で。

だから慎重になる、しっかり観て、感じて、確認して選ぶ。

そして腹決めする・・・みたいなね(笑)。

良き出逢いを良き関係にしていきたいものですねぇ・・・来年は。

皆さま、良いお年をお迎えください!

スポンサーサイト



続く外の恋と続かぬ外の恋

おかげさまで、本日より年末年始休暇でございます、アタシ。

休日出勤、この年末はないままに過ごせそうです・・・今のところ(笑)。

まぁ家でね、家で仕事するんですけどね(笑)、出勤していないだけで。

年末年始休暇、7日間です。

1週間後の今日は・・・あ、仕事始めじゃねぇ~か!(笑)

何だかアレですね、あっという間に正月もオシマイなんでしょうね。

何はともあれ年末年始でございます、ええ。

外の恋も年末年始は休業という人、少なくないでしょう。

何たって不倫ですから(笑)。

お互いが家族持ちであればこその関係ですから、外の恋。

嫁や旦那、息子や娘を捨て置いてデートって訳には中々ね、特にこの時期は。

と思うのはアタシで、世の中で外の恋をする数多の男女は年末だろうが、正月だろうが、

関係なくデート、一緒に過ごす・過ごせるというね、そういう人たちもいますね。

それはそれでいいんです、そうできるんですから。

アタシはできない、できない環境、あるいはしないという選択をしてきたという、

そういうアレです。

アタシのTwitterつながりの人妻・・・あ、アタシと関係があるという意味じゃあない(笑)。

浮気、不倫が共通項というね、そのつながりだけの関係ですが、

来年早々にも離婚して外彼の住む飛行機で2時間かかる場所へ転居するんだそうです。

外彼は×イチで、その彼の元へ行く。

外の恋の発展型ですね。

5年の付き合いを経て、離婚を現実のものとして、再婚・・・するのかわかりませんが、

一緒に生活するんだとか。

外の恋という同じ括りの中でも、アタシには異次元の世界です、離婚は。

望んでそうなる場合もあれば、流れの中でそうなっていくこともあるんでしょうね。

5年、短い期間ではないですよね、外の恋の期間として。

思い切ることができたんだ、とも言っておりました、その人妻は。

アタシはアレですね、30代後半以降、外の恋を重ねてまいりましたが(笑)、

お付き合いの最長期間というのは2年半くらいです。

大阪在住の人妻と2年半、新幹線を使った遠距離W婚外でした(笑)。

それまでも、それ以降でも、2年半という記録・・・記録?(笑)を

超えたお付き合いというのはない、ないんですね。

長いからいい、短いからダメというものでもないとは思いますが、

長く続くことが自然であるならば一番ですよね。

続く関係というのは、やはりお互いにとっていい関係だからでしょう。

価値観とか考え方とかね、物の見方、捉え方、金銭感覚。

それからセックスへの期待値、相性、コレも大きい要素(笑)。

過干渉しない、いやそもそも干渉しないこと、オフリミットはお互いに守ること、

依存し過ぎないというよりも、依存しないこと、我慢、忍耐を忘れない事。

それらが概ね維持できたなら無理なく。

その外の恋は続くんでしょうし、もしかするとね、発展型に繋がるのかもしれません。

アタシの最長記録である2年半の外の恋を遠い目をして振り返りますと(笑)、

今、書いたようなことがあったので2年半続いたように、やはり思えます。

5年、それ以上の関係継続の方々からしてみたら、たったの2年半ですが(笑)。

続かない外の恋はね、それはそれで仕方ないことだと思いますよ、ええ。

平たく言えば、ご縁がなかったということでしょうし、

無理に続ける意味などないもんね。

歯を食いしばって頑張るものでもないでしょう、外の恋(笑)。

外の恋、その意味

年末、いよいよ押し迫ってまいりましたねぇ・・・。

今週前半で仕事納めって人、多い事でしょう。

アタシんところは明日で仕事納め・・・ですが(笑)、明後日は仕事。

で、金曜も仕事が入りそうな・・・(笑)。

いいんです、年末年始然したる予定もなく、家に居てもね、何かとアレですから(笑)。

それにしてもね、来週の今日は1月2日ですよ、皆さん。

来週の明日でアタシんところの会社は年末年始休暇がオシマイ、4日から仕事始めですから。

もうそれでお正月もオシマイというね、何とも慌ただしい話です。

1年経つのも早いってのはホントですねぇ。

今年を振り返るというアレでもありませんが、皆さま、いかがだったでしょうか2016年。

プライベート、特に外の恋関係、点数をつけるとしたら何点ですかね。

アタシは60点くらいですかね、100点満点で。

良くはないね、60点ですから。

瞬間瞬間で見たときにはね、合格!満点!みたいなシーンもありましたが、

総合的に見たら、やはり60点台でしょう。

贅沢をいうモノでもなく、上を見たらキリもないし、そもそも比較するモノでもないですけどね。

外の恋、何でそんな恋をね、恋といいますか不倫ですかね(笑)、人はするんでしょうか。

いい歳をした大人が道徳に反すると分かっていながら、それをする外の恋。

アタシなんか10年、15年とそれを繰り返している訳で(笑)、大悪人ですかね、実際(笑)。

何で?何であの人が?なんてことを思い、感じるような外の恋だってあります。

一見したら幸せを絵に描いたような家庭、家族、夫婦に思えても、

奥さんは外の恋に邁進している!なんてこと当たり前にあります。

セックスレスから冷え込んだ夫婦関係、女である自分を自覚できない悲しさとか、

毎日が家政婦のような生活の繰り返しでしかなく、このままあと10年20年と同じことをして

何の疑問も差し挟まずに生きていくと思うと空し過ぎる・・・とか。

ふとしたキッカケで家庭外、全く関係のない外の世界に目を向けたくなるんですね。

この今の自分をわかってくれる人、見てくれる人、認めてくれる人。

それが外の恋の相手になる人・・・なんだとアタシは常に思っております。

単純明快にセックスがしたい、したくてしたくて、本当にしたくて堪らない!というね、

そういう理由の奥さんもいましたし、アタシはそれが嫌じゃないので(笑)、

お互いに利害一致でもあり(笑)、セックス三昧の外の恋を過ごしたこともありました。

まぁふと考えると、それはセフレ?みたいな気持ちにもなりましたけどね(笑)。

2016年はあと少し、2017年、誰も彼もまたひとつ歳を重ねる訳ですが、

アタシは来年も外の恋、楽しもうと思っております!

まずはその相手を新規に見つけることから、ですが(笑)。

外の恋、名を呼ぶということ

3連休の人、かなりいますよね。

アタシもそうです(笑)。

金・土・日と3連休でございます。

で、アタシは今、会社にいる(笑)。

3連休の真ん中の日にひとり、オフィスで仕事をしております(笑)。

いや、仕事というよりもオフィスのレイアウト変更があって、席の引っ越しです。

アッチからそっちへ移動するんですけど、週明けにやるもアレだなぁってことで。

まぁね、アタシは誰もいないオフィスで仕事をするってのがイヤじゃあないからね。

むしろ好きな方だね、土曜日の静かなオフィスってのは。

やること今日済ましちゃって、もう年内はバタバタしないままに終われるでしょう!(笑)。

昨日はね、3連休の・・・一応3連休の(笑)初日、ゴルフに行きました。

忘年ゴルフ(笑)。

キャディーさんが付いたんですけどね、いい感じの熟女でしたねぇ(笑)。

アタシより背が高いんだ、聞けば172センチあるって話で。

デカい熟女です(笑)。

アタシは何がお気に入りになったかというと、キャディーさんがね名前をすぐに憶えて

いちいち名前で声掛けしてくれたことだね。

【●●さん、ここは左にだけは行かないように!】とか、

【●●さん、暫定球お願いします!】とか(笑)。

必ず名前をね、発してから言葉につなげるんですよ、ええ。

コレはねぇホントに耳障りがいいですよ。

あ、ちゃんと個々人を見て理解してくれているな、と。

ベテランのキャディーさんかと思ったら、まだ2年目です、その前はクラブで

雇われママしてました!なんてことまで平気で教えてくれる(笑)。

なるほどね、クラブのママなら、そりゃあ名前を覚えるし、覚えてこそだわね(笑)。

名前ね、名前を呼ぶという行為。

仕事でも大事な事で、名前を言い間違えたり、違う漢字で名前を書いたメールを

送ったり、送られたりしたら、やっぱりガッカリしますもんね。

場合によっては仕事が台無しになっちまうなんてことだってあり得ますから。

外の恋でも、デートの真っ最中、本人の前で元彼、元彼女の名前を思わず口にしてしまう、

セックスの最中に全然違う名前をね、叫んでしまうとか(笑)。

ありませんかね、そんな経験。

アタシは・・・大昔、独身の頃にありましたけどね、人生で1回だけ(笑)。

外の恋をしている皆さま、相手のことをどんなふうに呼んでいるんでしょう。

本名で、という人多いんですかね。

苗字で呼ぶなんてこともあるんでしょうか・・・鈴木さん、とか吉田さん、とか(笑)。

あるいは、同じく本名で下の名前でね・・・タカシさん、とかナオミさん、とか。

アタシはアレでした、あだ名で呼んでもらったことが多かったかなぁ。

大学の時に友達に呼ばれていたあだ名で。

確信も根拠も何もないアレですけど、女の人は下の名前で呼んでほしい、

呼ばれたい、そんな人が多いような気がするんですが、どうですかね。

ただ、それも注文があって、旦那と同じ呼び方は止めてくれと(笑)。

例えばね、ナナコって名前だとしましょうか。

で、旦那からはナナコと呼び捨てにされます、と。

で、アタシが外彼だとしたら、ナナコとは呼ばせない、呼んでほしくない、と。

旦那と被るのがイヤなんだと、呼び方だけでも(笑)。

で、ナナちゃん、とか、なっちゃん、とか変形して呼んでくれ、みたいなね(笑)。

女の人は特にそうですよねぇ・・・感情で体も反応が変わるからね。

名前で呼ばれる、好きな人から。

それだけで幸せな気分になり、心解き放たれるなんて人もいましたから。

セックスして見つめ合いながら腰を動かして、キスをしては名前を呼ぶ・・・

名前も呼ばずに、何も発せずにするよりも断然いいと思いますよ、ええ。

ただし、間違った名前を発しない事が大前提ですが(笑)。

30<40<50<60?

暖かいですね、しかし。

妙に暖かいですよ、この2~3日。

師走だ、クリスマスだ、年末だ、というこのタイミングにアタシは外を歩いたら

汗ばんでおりました(笑)。

いや、デブの汗っかきではない(笑)。

暖冬なんですかね、この冬は。

雪が降るより断然いいとは思いますが、こうも暖かいと不気味な気がしませんか。

あ、しません?アタシだけ?(笑)。

んー・・・話は変わりますが。

年賀状など一度も行き来させたこともないヤツからね、喪中ハガキが来ました。

・・・なんかおかしくないですかね(笑)。

今年は出すつもりでいたんですかね、年賀状(笑)。

そしたら喪中になっちまった、と。

いやぁ何だかこれもまた変な気分です(笑)。

今日の記事の題名、何だか分かんないですよね。

アタシのセックスの回数、総量、それを年齢・世代で示したものです!(笑)

30<40<50・・・つまりね、30代よりも40代、40代よりも50代でのセックスが

多かった、たくさんセックスしたという・・・そんなことどうでもいいですかね(笑)。

50代は今まさにその10年間にいる訳で、まだ40代と比べたら回数も量も

遠く及ばない訳ですが(笑)、50代を終える頃に40代のそれを超える!

か、どうかはわかりませんがね、無理かな(笑)。

でもね、実際の話、アタシは30代よりも40代の方が圧倒的にセックスしました。

それはつまり、外の恋をある意味継続的にしていたというね、そういう証でもあります(笑)。

30代は結婚した年代でもあり、まだ嫁とセックスしましたからね。

35歳から先、40代に入った頃からね、徐々に徐々に外の恋が・・・。

で、40代は嫁とはやらずに外で、他所の人の奥さんとひたすらしました。

ひたすらって(笑)、いや、誰彼構わずじゃあないですよ。

全員真面目に外の恋の相手、オンリーです。

10年単位ではなく、5年単位で見たら、45歳から先が一番多かったですかね。

というか、その流れのまま今に至っているといいますか(笑)。

アタシの外の恋のお相手だった人妻熟女の方々はアタシと同じように

30<40<50だったのか、そりゃあわかりませんが、でも大方はそうじゃないかなぁ。

少なくともアタシと付き合っていた時期は間違いなくそうだったはず(笑)。

ちょうどね、女の性欲が増す時期、セックスの快感が本当にわかる時期、

味わい尽くせる時期なんだと思うんですよ、40代以降ってのは。

だからね、あんなにも狂おしく乱れて快感貪るようにセックスしたがるんだね。

垂れたオッパイ、褐色に色づいた乳輪と小豆のように固く勃てた乳首、

緩んだ下っ腹を波打たせて腰を振り、デカイ尻を打ち付けるようにピストンしながら

野太い嬌声を上げて痙攣しながら何度も果てる・・・あぁイイネ!(笑)

先日のオッサンだけの忘年会で、チンコが役立たず、勃たない、勃ってもすぐ萎える、

超早漏(笑)、そんな下品な話題がありました、長々と(笑)。

【チンコが勃たないから靴べらを使って挿入した】なんてバカ話で大笑いしましたけどね。

40<50ってのは難しいかな(笑)。

・・・いや、アタシはそう思いたくないけどね。

50<60・・・これはどうかな(笑)。

さすがにムズカシイかも。

そこではないといいたい

年内、あと10日余りとなりました。

今週末は3連休、クリスマスもあるんですねぇ・・・。

レストランでディナー、イルミネーション眺めて、ホテルの高層階にお泊り、

そんな素敵な過ごし方をされる方々、いらっしゃるんでしょう。

アタシ?

生涯で一度もないね(笑)。

小汚い居酒屋のカウンター席で焼き鳥を焼く煙に塗れながら、

チューハイを呑みつつ煮込みを喰らい、2軒目に立呑みでハイボールを呑み、

怪しげなネオン瞬くラブホテルにしけ込んだことは多々ありましたけどね(笑)。

いや、だってね、それを嫌がった相手じゃなかったんですから、ホントに。

レストランなんか肩凝っちゃってダメだと。

居酒屋で緊張感ゼロで呑みたいと。

そういうアレでしたから、ハイ(笑)。

まぁでもね、外の恋では中々ね、クリスマスに合わせてデートってのもね、

アタシの場合は出来ませんでしたね。

お互い家族持ちだった訳で、クリスマスの晩に家にいない、帰らないってのは

割と難易度高いでしょ?・・・そうでもない?(笑)。

何もクリスマスに照準を合わせなきゃなんない話でもないでしょうし。

なんてことを書くからロマンチックじゃないと思われるんだねぇ・・・(笑)。

最近でもなく、だいぶ以前から、新聞の折り込み広告とか、あとアレね、TVの通販番組とか。

やってますね、ダイエットの器具とかサプリメントとか、お茶とか。

こんなにスリムになりました~!驚きました~!ウエストマイナス15センチ~!とか(笑)。

太腿が見違えるほど細くなりました!お腹ポッコリが目立たなくなりました!とかね(笑)。

アレね、アタシは見ていていつも、いつも必ずね、思うんです。

【なんでそんなことしちゃうんだよ、熟女の魅力半減以下じゃねぇ~か】と(笑)。

思いませんかね、アタシだけですかね、こういう思いを抱くのは。

痩せたい、引き締めたい、若返りたい、そういう切実な思いに駆られて、

みんなそれをするんでしょうけど、誰かに指摘されたんですかねぇ・・・。

そうしなきゃダメだ、終わるぞ、みたいなことでも言われたんでしょうか。

アタシはね、ダメなんだね、むしろ逆で。

もうね、セルライトとか大好物ですから(笑)。

熟女の二段腹、三段腹、なんなら四段腹も大歓迎ですし!(笑)。

デカい尻だからこそでしょう、人妻の魅力はさぁ・・・!

いやホントにそう思うんだね、ホントに。

なので、美容整形とか痩身エステとかね、通いに通いお金をかけて

見目麗しき美魔女・・・というのが、からっきしダメなんだねぇ。

崩れてこそ、草臥れてこそ、それこそが人妻熟女の最高の魅力なんだなぁ。

・・・って、一体何の話をしたいんですかね(笑)。

そう、だからアタシはいいたい。

世の中の奥様、人妻、熟女の皆さま。

そこじゃない、いじるのはそこじゃない。

ありのままでよい、よいのだと。

必ずあるとは限らないスイッチ

皆さま、おはようございます。

関東地方、冬晴れでございます。

日本全国的に晴れの日曜日という感じですね。

大掃除、もう終わりましたか?(笑)

アタシんちはもうね、終わりました・・・というより、もうやらない(笑)。

嫁がぎっくり腰になりまして、ええ。

昨日今日でやる予定だった最終の大掃除、まぁいいか、と(笑)。

アタシがやればいいんですけどね・・・まぁいいか、と(笑)。

昨日はぎっくり腰の嫁に変わって、日用品の買い出しに行きました、ひとり。

週末のスーパー、ショッピングセンター、アタシは割と好んでいくんですよ、ええ。

買い物頼まれても別にイヤじゃあない。

何故かって言うと、他所の奥さん、人妻の買い物姿を見るのが楽しみで・・・

・・・いや、冗談ですって!(笑)。

まるっきり冗談でもないけどね(笑)。

買い物をする主婦、特に熟女ね(笑)、見ていて思うこと、感じること。

【外の恋の匂いがする・しない】(笑)

いったい何をしに買い物に出掛けてるんですかね、アタシは(笑)。

でもね、わかりませんかね、如何にも!なオーラ、外の恋をする人の独特な感じ。

アレは何だろうねぇ・・・艶々しているというか、輝いているというか、色香のような。

要するにオトコに満たされたオンナの解き放つ匂いのようなモノかな。

主婦、人妻、奥さん・・・みんな一般人ですからね、芸能人でもなければ、タレントでも、

モデルでもない・・・大抵は(笑)。

何処にでもいるような、決して美人でもなければ、プロポーションだって普通か、

たいへん失礼ながら普通以下だったりするじゃない。

でも、それでもね、外の恋の匂い・・・漂う人は漂うんだね。

結婚してすぐに不倫・・・外の恋が始まる人ってのは少数派でしょ、多分ね。

まぁいるにはいるんでしょうけど(笑)。

そもそも予め外の恋をする前提でいた人は多分いない。

だけれども、気が付けば外の恋をしている、始めている、始めようとしている(笑)。

それをする誰かの夫、誰かの妻は、お互いにとって他所の人のモノだけど、

身も心も他所の人のモノではなく、外に求めている状態、それが外の恋。

普通の奥さん、何処にでもいる人妻ばかりがアタシのお相手だった訳ですけど、

みんな・・・みんなかどうか今更調べようもないけど(笑)、旦那ではなく、アタシ、

アタシにオトコを求めた訳だね。

女扱いをしてくれない旦那、セックスなど5年も10年もしていない、気が付けば40代、

このまま閉経して女を認識しないまま枯れて終わるのか・・・等々に恐怖や怖れ、

やり切れないような気持ち、悲しさ、虚しさを覚えたときに不意にスイッチが現れる。

不倫ボタンのようなスイッチが意外と近いところに見つかり、

悩みながら、行きつ戻りつしながら、考えに考えて(笑)、スイッチを押してしまう。

そして始まる外の恋のすべてが未体験ゾーンの世界・・・ですかね(笑)。

スイッチがないままに、一生涯ないまま終えられる人もいますねぇ・・・いいことかどうか、

それはアタシには判断付かないけど(笑)。

嫁一筋、旦那に一途、夫婦を全うしきれたら幸せなこと・・・だとは思いますけどね。

アタシはそうならなかったわけで。

アタシは外でオトコである自分を認識して、アタシを求める人妻にオンナを実感させて、

そういう人生を選んだということですね。

外恋欠乏な人

いやぁ・・・今週は長い(笑)。

まだ言ってますね、今週は長いって。

いやホントに長く感じますよ、アタシは。

月曜、火曜と忘年会、コレが原因ですね、ええ。

やっと今日金曜日という実感ですもん、ホントに。

一方で今月はもう半分過ぎようとしているんですねぇ・・・早い(笑)。

あと半月で2016年大晦日ですからね。

目くるめく、という感じですね。

今年2016年、まだ終わっちゃいませんが、どんな一年だったですかね、皆さんは。

外の恋が安定的に今年も年越し、いい関係で続いているという人、

今年始まったばかりの外の恋を満喫している人、その逆で今年、外の恋が終わった人。

終わってまた始まった人、何も始まらなかった人(笑)、まぁ色々ね、ありますよね。

アタシのブログ・・・あ、この場をお借りして御礼申し上げますけどね、

9月から2ヶ月くらい休んでおりましたが、再開しましたところ暖かいメッセージ、

コメントを頂戴いたしました。

皆さん、暇なんですか(笑)・・・じゃなくて!(笑)、お優しい方々ばかりだ。

ありがとうございます。

そんなアタシの書くブログをね、お読みになる方々は、ほぼ100%外の恋を

しているか、していたか、したい人・・・ですね(笑)。

外の恋の相手、彼、彼女がいます、と。

あるいは新しい外の恋を探しています、と。

どちらにしても外恋に身も心も向けている人ですね。

アタシには俄かに信じられないというか、信じたくないということがありまして、

それはね、20代の男女は恋愛が面倒で鬱陶しくて、それなしでも平気という話。

エネルギーがないねぇ・・・スケベが足りないよねぇ・・・ギラギラしたものがないねぇ・・・(笑)。

辱めを受けたくないんだって、フラれるのがイヤで。

夢中になっているのがみっともないと思うらしい。

かけ引きとか、面倒臭いし、だったら必要ない、とか。

この世代の人たちが、アタシくらいの世代になったとき、どうなってんですかね(笑)。

スケベな中年オヤジになるんでしょうか?(笑)。

いや、それ以前に不倫や外の恋の関係の前提になる結婚というね、それ自体をしないんじゃないかと。

大きなお世話様なことを割と真面目に考えてしまったのでありました。

外の恋・・・何となく興味があっても自分には無関係と思ったまま何年も経っている既婚者とか、

不倫してみたいけどキッカケがないとか、暇がないとか(笑)。

そんなのアレですよ、やらないでいる後付けの理由ですよ。

やるか、やらないか、ですから。外の恋は。

で、失うものなど最初からあるものではない。

始まった後にね、別れちゃったってことで喪失感、失った感はあるかもだけどさ、

あ、あとね。嫁や旦那にバレちゃって夫婦関係喪失ってのはあるかもね(笑)。

思っていても叶わない・・・ことが殆どなんですね、外の恋は。

欠乏感があるなら、自ら注入しに行かないとね!(笑)。

外の恋の相手と好みのタイプと

今週は長い、いや長く感じております、アタシ。

何でかなぁ~と、その理由を考えてみますと、もう簡単にわかります。

週の頭から忘年会をやってるからだね(笑)。

月、火と2連発で忘年会、やりました。

火曜のはねぇ、勢い余ってかなり呑みましたね~(笑)。

2日間ともね、全員オッサンなんです(笑)。

それもね、平均年齢50近くのオッサンばっかり。

言うまでもないアレですが(笑)、下品です。

品位の欠片もございません!(笑)。

飛び交う会話は下ネタばかり、速射砲の如く、それもデカイ声で。

普通ならお店から追い出されますよ、ええ(笑)。

いやぁ~しかしね、面白かったし楽しかったのは事実です。

アタシらの忘年会ってのは、大抵話題になるのはゴルフ、健康、病気、女・・・(笑)。

アタシね、そうそう!火曜のオッサン呑み会で言われたんですよ。

何をってね、【●●さん(アタシのこと)ってさ、女の噂が昔から全然ないよねー】と(笑)。

そうですかぁ・・・そう見えますか(笑)。

アタシは心の中でニンマリしながら思いました、上手くやってんだよ、アタシは、と(笑)。

でもね、アレですよ、会社の女子には何度か言われたことがあるんだね、

【●●さん、生活感がないですよね。仲良しのオンナの人、いません?】なんてね(笑)。

アタシは心の中でニンマリしながら思いました、見破られたか!(笑)。

んー・・・何の話でしたっけ?(笑)。

そうそう、今週は長いよ、と。

深酒の寝不足があるとね、1週間が中々進んでくれない気持ちになるんでやんすよ、奥さん(笑)。

記事の題名に中々話が入らないね(笑)。

んー・・・好みのタイプって話だね。

好みのタイプ、ありますかね、皆さんは。

好きになった相手が好みのタイプだ、なんてね言う人もいますが。

一貫性がある人、ブレない好みのタイプ。

ブレ捲る人、一貫性が丸でない人(笑)、まぁ色々ありますね。

出逢い方にも依るんでしょうけど、外の恋で好みのタイプを見つけ、そして

その相手が外の恋の相手になること、中々難易度が高いとアタシは思います。

全部が全部、思いのままになる・・・筈がない(笑)。

何処かで妥協、何処かで譲歩、何処かで諦め(笑)、必要です。

嫁や旦那と同じだね(笑)。

嫁や旦那と同じじゃ困る、外の恋をする意味がなくなるって話もわかりますが、

手品でもマジックでもない、手作りで手探りの人間関係だからね、外の恋もさ。

出逢い、選んで付き合ってみたら旦那の思考回路に似ていた、とかね(笑)。

嫁のすることと似ている!とかさ(笑)。

まぁこんなこと書いてちゃ夢も希望もなくなりそうですけど(笑)。

アタシはね、好みのタイプってのは多分あるね、ある方だと思う。

まず、熟女で人妻・・・あ、コレはタイプってことじゃないね(笑)。

笑顔がある人がいいですねぇ・・・地顔が笑顔なら最高ですね。

笑顔が素敵じゃなくて、笑顔がある人ね。

痩せているよりはふくよか、ふくよか以上でも良い!(笑)。

よく食べる人、呑む人、感情表現がある人。

ここまで書いてみて、あまりに当たり前なことばかり・・・ですね(笑)。

つまりそういうことなんだな、と。

何処にでもいるような熟女で人妻なんだね、要するに(笑)。


嗚呼・・・オッサンだ(笑)

昨日会社で写真を撮りました、アタシの(笑)。

バストアップのね、社内用の業務連絡システムとかナントカで

顔写真を入れる場所があって、それ用に使うんだって話で。

・・・アタシにとってはそんなことはどうでもいいんですがね、正直(笑)。

社内なんかみんな顔見知りなんだから、なんで顔写真を撮ってまで?

な~んてことを思って文句を・・・言いませんよ、アタシはできた大人ですから(笑)。

いや、それにしてもね、アタシはあらためて愕然としましたね、ええ。

何に愕然って、そりゃあアナタ、アレですよ、アタシの顔写真だ(笑)。

仕上がった顔写真、アタシ自身の顔写真を見て、思わず叫びそうになりました。

【なんじゃあぁ~コレは?!】(松田優作風で)

見事なまでにオッサンでした、アタシの顔貌、姿、雰囲気。。。

あぁ~あ・・・ショック(笑)。

いやショックは受けないけどさ、にしてもね、ホントにホントにオッサンなんだねぇ・・・。

昔、大昔、アタシが新社会人になった頃に見た50代のオッサンたち、

あの遥か彼方に存在していた草臥れて萎びたオッサンたちの側に今アタシはいるんだねぇ。

そんなオッサンがチンコ勃てて熟女とセックス・・・いいじゃないですか、素敵な事だ!(笑)。

先日ね、あるネットアンケートに出てましたけど、女は50代、60代と40%~50%近くが

オナニーもセックスもします、してます!って回答でした。

アタシはホントはもう少し多いような気もしますけどね、ええ(笑)。

で、多分もっとも多いのは、女でいたい、女でいさせてほしい、というね、

そういう思いを持つ熟女じゃあないですかね。

これはツイッターで見かけたんですが、セックスをしな過ぎて自分が誰なのか、

女なのかを完全に見失っている・・・なんてことを呟いている人妻がいました。

アタシはオトコ、オッサンなのでその気持ちそのものになることはできないけど(笑)、

でもね、わかる気がしますね。

だってね、アレですよ。

アタシの過去彼女、外の恋の。やっぱりそういう思いね、女でいたいという、

少なくなかったですよ、ええ。過半数以上がそうだったようにも思えます。

で、忘却の彼方だった女である自分を外の恋のセックスで思い起こす、呼び覚ます、

呼び覚まし過ぎて、遅咲きの狂い咲き、セックス祭みたいな人もいましたが(笑)。

男もねーチンコが勃たない、すぐ萎える、回数できない、息が上がる、めげる(笑)、

色々出てきますよ、そりゃあね、オッサンともなれば(笑)。

できることをするしかないんだね、できないことはできないんだ。

オッサンでもいい、オバサンでもいい、という関係性よりもね、

オッサンがいい、オバサンこそがいい!という関係で成り立つ外の恋がイイネ!

あとになってわかること

師走ですね~。

昨日今日と家の大掃除、仕方なくやりました(笑)。

アレね、大掃除ですけどね、なんで年末にやるんですかね、まとめて。

春でも夏でも秋でもね、やればいいんだ、大掃除(笑)。

一年の汚れを落とそう、キレイにしようって話なんですかね、年末にやるってのは。

そもそもキレイにしなきゃいけない場所があるからアレなんですよね、やんなきゃいけない。

ってことはね、年末師走になる前にやっとけばいいんだ・・・と去年も思った(笑)。

いやぁ~しかし大掃除ってのは疲れますね。

セックスのエネルギー消費より遥かに大きい気がしますよ、ええ(笑)。

そんなことはないですかね(笑)。

今年もあと半月余りですが、外の恋も忙しなさの中で年内デートできるか、

できないか、もう次のデートは来年だって人も少なくないでしょう。

あ、アタシはね、デートする相手がいませんから(笑)、その意味では暇で平穏。

今年2016年に外の恋が始まった人、終わった人、終わってまた新たに始まった人、

まぁそれぞれいることでしょう。

今日はね、出逢いではなく別れの方、そっちの話ですが。

別れには理由がありますね、当たり前ですけど。

何となく終わる、自然消滅する外の恋もあるんでしょうけど、アタシはそれは好まない。

何にせよ理由があり、別れます、と。

相手から去っていく場合もあれば、自ら去っていく場合もあり、

何れにしても気持ちの移ろいってのは関係しますかね。

アタシね、思うんですよ。

別れ間際、別れる頃って気持ちが分からなくなっていることが多々あると。

分からなくなっている気持ち、それはね相手の気持ち、相手への気持ち。

外の恋も恋愛だとアタシは思うので、恋愛感情はある訳で。

ただ、別れた後にね、ひとりになった時に、自分の気持ちに向き合ったときにね、

悲しくもなければ、寂しくもなく、それどころか何も感じない、何の感情の変化もない、

そんなことがあったりしませんか。

コレね、つまりはもう別れる前から恋愛としては賞味期限切れ、終わってたも同然、

そんなことを思い感じることがありました。

残念だ、もっと付き合いたかった、いい女だった、あと1回セックスしとけばよかった(笑)、

等々(笑)、思うこともなく、何も感じないというね。

逆もあります。

別れてからわかる、存在の大きさ、深さ、喪失感。

別れてから引きづる感情、忘れられない思い、とかね。

何で別れなきゃならなかったんだ、と。

間違いなくある事実は別れて、そして終わったということで、

好きじゃなかったのかもしれないと思う感情も、やはり好きだったという感情も

どっちがあろうとも外の恋は次、次へ行ってみよう!なんですね(笑)。

タイミングとご縁と

皆さま、お疲れさまでございます。

金曜日ですねぇ・・・1週間早い早い(笑)。

巷ではね、クリスマスソングがね、何処に行っても流れてますね。

アタシにはクリスマスなんてものは無縁ですが(笑)、

マライア・キャリーの唄うあの歌がね、アタシにとってはどうも耳に付く・・・(笑)。

あ、そんなことないんですかね、世間一般の皆さまは(笑)。

もうね、アレですよ。夕方以降、イルミネーションが点きますでしょ。

男女が群れますねー(笑)。

イルミネーション付近はカップルだらけ、スマホで自撮りやってますねー。

不倫のカップルはあんなこと中々できやしませんよ、ええ、ホントにね。

堂々と手を繋ぎ、イルミネーションの下でキスまでする外の恋の2人もいるんでしょうけど。

アタシはダメだ、そりゃあできない(笑)。

んー・・・話しは変わりますが、タイミングってモノがありますね、何事にも。

外の恋にもやはりありますね、タイミング。

いや、外の恋に限らず、恋愛全般タイミングなのかもしれませんね。

偶然というタイミングもあれば、計算し尽くされたタイミングもあり(笑)、

いずれにしてもタイミングです、タイミング。

タイミングを間違えば、成るものも成らない・・・でしょ?(笑)。

ムズカシイですけどね、タイミングって。

今なのか、今じゃないのか、正解があるようでないですもんね。

結局思いきるしかないんですね、タイミングは。

だいぶ以前の記事に書きましたけど、恋愛感情を持ちながら、

中々それを伝えることをせず、つかず離れずの微妙な距離感で時間が経過し、

結局何も始まらなかった、つまり恋愛にならなかったことがありました、何度か(笑)。

外の恋をするアタシらしくない・・・ですよね(笑)。

いや、昔独身の頃、20代の頃はね、アタシだって引っ込み思案な野郎だったんだね(笑)。

結局何も始まらなかったその相手は他所の男と結婚しましたけど、

【あの時、好きだと言ってくれていたら、付き合っていたと思う】

なんてことを挙式前にアタシに言いました。

まさにアタシが躊躇していたこと、そのタイミングを相手も感じていて、アタシはそれを

ものの見事に逃したというね、そういう出来事でした。

いや後悔はないんですよ、ホントに。

ただ、強烈に思いました。

チャレンジという形だとしても、自らのアクションがなければタイミングを逸するだけだと。

だからという訳でもないんでしょうけど、外の恋はアタシは躊躇しないねぇ・・・(笑)。

いや、軽はずみではないですよ、しっかり考えてから動きますけど。

ただ、思ったら動くようになりました。

逡巡して何もしないままにあとで、ガッカリしたりはしたくないからね(笑)。

そしてそして、タイミングの先にあるのはご縁というモノかも知れません。

外の恋の後戻り、または復縁

今週も後半戦でございますねー。

やってますか、忘年会。

アタシは来週、再来週と、いくつか(笑)。

選んで参加しておりますが、まぁ毎年恒例のヤツ、同じ顔ぶれってのが殆どですね。

どの忘年会も全員オッサン(笑)。

アタシと同世代ばかり、どいつもこいつもオッサンです(笑)。

傍から見たら嫌でしょうねぇ・・・オッサンがゲラゲラ笑いながら、酒を呑むって図。

臭い、喧しい、下品、最悪ですね(笑)。

今年は品よくやりたいものです・・・あ、アタシはいつも品がいいんですけどね(笑)。

んー・・・このところ、といいますか、単なる偶然なんでしょうけども、

アタシのやってるツイッターのフォロワーさん・・・人妻ですが(笑)、

2人、3人と別れた外の恋の相手と、再びお付き合いを始めました、なんてことをね、

ツイートしていましたね、ええ。

どんな事情で別れたのか、そのあたりは詳細わかりませんが、要するによりが戻ったと。

ひとりは5年ぶりの再会だって話だったですねぇ・・・。

あの頃と同じ場所で待ち合わせをして、同じホテルへ行き、変わることなくセックスして、

お互い歳をとったけど、やっぱり最高の人でした・・・なんて書いてある。

外の恋、出逢いも別れも色々ですね。

お付き合いが長く続くこともあれば、そうならないこともあり、良し悪しではなく、

何でしょうかねぇ・・・寿命のような、あるいは運命のような(笑)。

その意味ではよりが戻るってのも運命なのかもしれませんね。

どういう事情でどういうタイミングで別れたのか、それもあるでしょう。

お互いに嫌になり、嫌になるどころか、憎しみさえ感じるようなことでね、

オシマイになった、ある意味で泥沼の終焉だった2人には、よりが戻るってのは

まぁないんでしょう。

そうではなく、仕方なく別れた、別れを選ばざるを得なかった、そういう場合ね、

当時とは状況が変わり、ひょんなことで繋がりを得て、元の鞘に収まる・・・

コレね、あるでしょう(笑)。

もっとストレートでわかりやすくて、実は一番の理由だったりするのが、

セックスが忘れられないというね、そういう理由で再び関係が始まる、コレもね、

多分少なくないんだと思いますよ、ええ。

外の恋をする中年は皆、自らの賞味期限みたいなものをね、意識しますから。

あと何年、女でいられるのか、いやそもそも女として見てもらえるのか、

男として求められるのか、チンコは勃つのか(笑)。

そういう中で、安住の相手だった人と元に戻るのは不自然なことじゃあないですね。

アタシはねぇ・・・元の相手に戻れたケースはないんだね、これまでの経験では(笑)。

腐れ縁的な人妻はいたんです、その昔。

逢えばすぐ喧嘩のようなね、疎通が上手く行かない奥さんでした。

ですけど、セックスが物凄くいいんだね(笑)。

アタシにとって最高にいいセックスで、相手からもアタシのセックスが最高・・・

だったんだと思います(笑)。

だって、逢えば枯れるほどセックスを求められましたし、狂ったようにしましたし(笑)。

だけど、必ず喧嘩になるんだね(笑)。

で、もう逢いません!みたいなことから、また逢ってはセックスして、また喧嘩して(笑)。

コレはよりが戻ったとは言わないでしょう(笑)。

ただね、アタシは思い起こす相手はいます。

懐かしいなぁ、と。元気でいるんだろうか、と。

それだけですけどね(笑)。

外の恋、向き不向き

何気に更新しておりますが(笑)、いつ止まるかわかりません(笑)。

んー・・・今年も残すところ、3週間少し、来月の今頃はお正月も明けて、

何たってもう仕事始めですから(笑)。

その間に忘年会だ、クリスマスだ、大晦日だ、なんだかんだと色々ありますね。

忙しないね、師走ってのは。

まぁアタシはね、忘年会も選んで出るようにしておりますよ、ええ。

片っ端から参加してちゃ身が持ちませんって(笑)。

それにタダじゃないしね、忘年会(笑)。

今年も暮れていく訳ですが、今年立てた目標とか、今年はコレをやる!みたいなね、

そういうアレ、できましたかね。

できたこともあれば、できなかった、あるいは敢えてやらなかったこと、

諸々ありますかね、皆さんも(笑)。

アタシは・・・外の恋ね、コレはまぁそれなりにしましたが、心機一転、これからも!ですね(笑)。

できたこと、何ですかねぇ・・・何でしょう・・・(笑)。

掲げておきながらもできそうにない、やらず、コレはいくつもあります!(笑)。

エレキギターの再開、足を開脚してペターッと床にカラダを曲げるヤツをできるようにする、

スポーツジム年間150回・・・等々。

エレキギターは高校~大学の頃、少しいじった程度のまま、ギターだけはあるんだね、家に。

今年はやるぞ!オヤジバンドデビューだ!なんて意気込んで、意気込んだまま(笑)。

ギターケースを開けていない(笑)。

足の開脚のヤツね、アレも全然ですねぇ・・・カラダ堅いまんま(笑)。

ジムは120回は行けそうなんですけどね、もう残り3週間少ししかないからなぁ。。。

・・・あ、記事の題名と全然関係ない話で引っ張ってしまいました(笑)。

外の恋、向き不向き。

前にも何度か書いたでしょう、おそらく(笑)。

あらためて思うことなんで、書いてみますけど。

外の恋、不倫です。浮気、不貞ですね。

それをわかっていながらやるのが大人の外の恋な訳ですが。

向かないって人は、アタシは3つすぐに思いつくんだね。

ひとつめ、嘘が下手。

ふたつめ、お金にだらしない。

最後、優柔不断。

他にもありますよ、ええ。

例えば、独占欲が強いとか、時間にルーズとかね(笑)。

嘘が下手ってのは、リスクそのものですよ、ええ。

嫁や旦那にバレるような見え透いた嘘をつく。

しどろもどろになるような嘘を並べてしまう・・・身の破滅です(笑)。

お金にだらしないってのは、もう外の恋以前に人としてアカンですけどね。

外の恋の相手に借金するヤツ、いますからね、平気で。

あと、割り勘を1円単位までこだわるとか(笑)、一切払わないとか(笑)。

優柔不断、コレも外の恋だけの話じゃあないね。

決められない、決めても迷う、迷うまま決まらない、こういう人を相手に選ぶと、

時間だけが過ぎていくんだねぇ・・・ホントに。

じゃあこの3つの反対、嘘が上手くて、お金の使い方がキレイで羽振りも良くて、

決断力が常にある!って人ならOKか・・・と言えば、まぁOKじゃあないですかね(笑)。

少なくともダメじゃあないでしょう。

あとは・・・んー相性とか、気持ち、価値観、カラダ、この辺りの相性が合う人が一番でしょう。

連れて行かれた小料理屋で思ったこと

そんな訳で・・・どんな訳だ?(笑)・・・何となくブログに舞い戻ったようなアタシですが。

リハビリですね、書いている自分に感じることは。

何を書いていたんだか嘗て、感覚とかね、全然思い返せないといいますか、

読み返してみたときに、はぁなるほど。アタシはこんなことやあんなことを書いていたんだねぇ・・・

というようなね(笑)、そんな感じもするんでございます、ええ。

んー・・・まぁね、つらつらと思うままに書いてみますかね。

アタシが書くことですから、そりゃあ、もうね、スケベでエロで熟女のことが殆どですが(笑)。

熟女、熟女と言えばね、あ、話はいきなり飛びますが(笑)。

ついこの前、呑み仲間に連れられて呑みに行きました、アタシは。

個人経営の居酒屋というか、小料理屋というかね、狭くて小さいお店でございました。

そこにはもちろん初めて行ったんですが、女将がいましてね。

絵に描いたような女将です(笑)。

和服に白い割烹着、髪を上げてね、何て言うんですか、よく分かんないですけどね、髪型。

この女将がねぇ・・・いいんだ、いい女なんだ(笑)。

アタシは一目で気に入りましたねぇ・・・チンコが反応しましたもん(笑)。

小柄でね、声がちょっとハスキーなんですけどね、よく笑う。で、ちょい太目ね、ムッチリ。

歩く後すがたの尻の辺りの肉厚感がもう・・・!(笑)。

いや、何が書きたいのかってね、その女将の年齢なんですよ。

本人が教えてくれたんですよ、普通にね。

63歳。

アタシよりだいぶ上(笑)。

アタシは思いました。

外の恋もターゲットが段々と上振れていくものだ、と(笑)。

・・・いや違いますよ、その女将をどうこうしようって話じゃあない(笑)。

ただ、ただ思いました。アタシの好きな熟女は60代でもあり得るのかも、と。

20代がいい、若い娘がいい、っていうオッサンもいるけどね、同世代に。

アタシには理解ができない嗜好ですね(笑)。

やっぱりね、熟女ですよ。

気持ちもカラダもいい塩梅に草臥れてるでしょ、大抵。

その使用感というかね、使い古され感というか、それがいい!(笑)。

あとはね、女の強さみたいなものね、妻とか主婦とか、母親とかを経てね、

動じない強さとかふてぶてしさとか(笑)。

・・・そしてそして、セックスが大好きなこと、それに飢えているようなね、猛烈な性欲。

いいですねぇ・・・人妻熟女。

再び、ごあいさつでございます

んー・・・皆さま。

アタシでございます。

え?誰?・・・みたいな忘却の彼方ですかねぇ(笑)。

いや、だからね、アタシでございます、ええ。

前回、いや前回といいますか、9月にね、ブログを止めますよ~なんてことでね、

パッタリと更新が途絶え、アタシはこの場所から退出したのでありました。

最後の更新の記事にコメントを入れてくださいました心優しき・・・といいますか、

長々アタシのこのブログにお付き合いいただいた熟女の方々(笑)、

コメントをお返しもせずに、本当にすみませんでしたねぇ・・・申し訳ございません。

心苦しく思って・・・はおりませんでしたが(笑)、まぁホントにね、ありがとうございました。

今日はひょっこりと顔を出したわけですが、一体どういう風の吹き回しだ、

何が巻き起こったんだ、天変地異の前触れか(笑)、何か不幸なことが起きるんじゃねぇのか(笑)、

・・・まぁ何でも構わないんですがね、ちょいと、まぁアレですよ、書いてみようかなと。

そんな気持ちになったというね、気まぐれですかね、オッサンの(笑)。

思い起こしますと、去年の12月。

アタシはこのブログを・・・しばらく休んでおりましたが(笑)、このブログをね、

書くきっかけにもなった2年半以上お付き合いした人妻熟女とお別れをしたんですね、ええ。

あれからまもなく早、1年でございます。

1年、実に早いですねぇ。

嫌んなっちまいますね、ホントにね、またオッサン化が進むというね(笑)。

・・・いや、そんな話じゃあないんだ(笑)。

んー・・・アレだ、んー・・・そうそう。お別れして1年経つんだと。

以降ね、この2016年。

師走に入る今日この頃まで。

スケベなアタシが何もないままに過ごした・・・訳じゃあない(笑)。

何もなかった訳じゃあない。

まぁどうでもいいですかね、そんなことはね(笑)。

人生1回ですから、ねぇ皆さま。

久々に舞い戻ってきて、何かを書こうと思ったはずが、

何を書いているんだか(笑)。

いや、復活じゃあないと思うんですがね、ええ。

まぁわかりませんな。

そんな訳で、ご無沙汰しておりました懐かしい方々、アタシでございます!(笑)