FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

避暑地へ向かう朝

避暑地・・・オッサンには不向きな、アンバランスな言葉です(笑)。

そのオッサンには不向きでアンバランスな場所へ行くのです。

んー・・・おはようございます、アタシです。

アタシは今日ね、これから避暑地へ旅立ちますよ、ええ。

新幹線に乗って。

いや、だからね、残念ながら外の恋の避暑地じゃあないんだ(笑)。

オッサン25人(笑)。

全員、同業者で仕事仲間で呑み仲間、そしてゴルフ仲間です。

40代~50代、まぁ同世代でしょう。

長い付き合いの人なら、もう30年近くですから(笑)。

繰り返しますよ、全員オッサンです(笑)。

平均年齢・・・48歳あたりでしょうね。

行く先は・・・避暑地であり屈指の別荘地でもある・・・そう!軽井沢!

軽井沢にオッサンが大挙して乗り込む・・・ちょっとした迷惑行為ですね(笑)。

やることはね、素晴らしく健全ですよ、ええ、ホントに。

朝から呑む、ゴルフする、宴会する、酔って寝る、翌朝ゴルフ、宴会で〆て帰る。

女っ気ゼロです!(笑)。

いやぁ・・・ホントはね、女っ気を求めて、夜の軽井沢へ繰り出そうってヤツもね、

一人や二人、三人や四人や五人や六人・・・いると思いますよ、そりゃあね(笑)。

あ、アタシはそっちじゃあない、違います(笑)。

外の恋はしても、女遊びは致しません。

1泊2日の宴会付きゴルフ旅行、いやゴルフ付き宴会旅行ですかね(笑)。

新幹線に乗るってーと、アタシは去年までお付き合いしていた関西在住の人妻ね、

その前の人妻も関西でしたけど(笑)、あ、その前もね(笑)、遠距離W婚外を思い出しますよ。

今となっては懐かしい思い出の数々です。

新幹線に乗ってお互いに逢いに行き、1泊2日の外の恋旅行もしました。

温泉巡り、ドライブ、街を散策・・・など皆無でした(笑)。

何たってね、人目を憚る関係ですから(笑)、堂々としていられない(笑)。

ホテルのはしごをしたようなものでしたねぇ・・・。

部屋ん中ってのは密室ですから、ええ。

何をしようが2人の自由、一番羽が伸ばせる場所なんですよね。

結局、1泊2日でやったことと言えばセックスと食事と睡眠の順回転(笑)。

アタシもまだ当時は今よりも数年若かったからね、チンコもお元気でね、

あ、今チンコが元気じゃないって話じゃあないですよ(笑)。

2日で何回出しましたかね、精子(笑)。

やることがそれしかない!みたいなね、というかそれをしたかったんだろ!みたいなさ(笑)。

今、できますかねぇ・・・アタシ(笑)。

出来ちゃう気がする(笑)。

今日は堂々と誰に見られようが関係なく、全員オッサン、団体様御一行です(笑)。

ささやかな大人の夏休み、みたいなもんですよ。

スポンサーサイト

外の恋の総合評価

おはようございます!

夜中の震度5弱の地震に全く気付かず寝ておりましたアタシです(笑)。

アタシの住むところは震源地から少し離れておりますが、

それでも震度4はあったみたい。

気が付きませんでしたねぇ・・・深い眠りについておりました、ええ(笑)。

のんきなオッサンですかね(笑)。

7月も末に近付いてまいりましたよ、皆さま。

来週は8月、もう早目の夏休みを取るって人もチラホラいます。

というか、子供たちは夏休み真っ只中なんだね、今(笑)。

もう全然気が付きませんで・・・(笑)、鈍感なのか、何なのか(笑)。

んー・・・今日はね、恋愛感情のことをね、書いてみますよ、恋愛感情。

何もね、好きってなんだろう、恋愛ってなんだろう、なんてね、哲学的なことを

自ら問うてみるなんてことじゃあない(笑)。

アタシ、頭悪いですからね、ムズカシイことはわかりません、といいますか、

ムズカシイことを考えてると寝てしまう(笑)。

恋愛感情・・・好きという気持ちですね。

好きにも色々あるんですね、世の中。

外の恋をしている人たちの【好き】を見たり読んだり聞いたりしておりますと、

実に面白い、勉強になります!

一点集中型といいますか、ここが好き!ここがすべて!みたいな好きという感情で

恋愛が成り立っている人、多いんですね、いや少なくない、でしょうか(笑)。

【あの人の声が好き、声に癒される】なんてね、言うんだね。

で、他のこと、見た目とかね、性格とか、あまり気にならない。

気にならないというか、気にしていない(笑)。

声が好きって・・・そりゃあわかるけどね、声フェチなんて言葉もありますし。

他に拘りってのはないんですかね。

カラダが好き、あの人の体つき、肉体が好きってのは実に多い(笑)。

まぁセックスと密接に紐付きますからね、カラダってのは。

中にはね、いるんですよ、セックスさえ上手い人ならもう充分、

気持ちいいセックスをしてくれるなら合格、それ以外は気にしない・・・(笑)。

割り切った大人の関係での外の恋、このパターンかもしれません。

一方でね、総合的に捉えて、総合点で見る人もいます。

デートでのお金の使い方・使わせ方、喋り方、食べ方、セックス・・・。

全部を見て感じて、それでもって好きか、好きでいられるか、みたいなね。

コレはイマイチだけど、アレはいい、ソレもまぁまぁだから、トータルで合格!とか(笑)。

先ほどの一点集中型の人は、その一点がダメになると、もう全てがダメになる、

つまり好きではなくなる、いやになる。

そんな話も聞いたことがありますが、アレもコレもを見ないからいいんだと、

好きなところひとつだけを見るのは、嫌なところを見たくない、見ないでいたいから、

そうしているんだと、そういう意見もありました。

・・・なるほど(笑)。

アタシはどちらでしょうかねぇ。

おそらく総合評価型ですかね。

人間、不完全な生き物ですから。

いいところもあれば、そうじゃないところもありますよ、そりゃあね。

嫌だなと思うことはゼロになんかできやしません。

見て見ぬふりもOKでしょうし、大人の対応といいますかね、必要ですよ、そりゃあ。

マイナスに思える、感じられるところも含めて、

あぁこの人でいい、この人と分かち合おうと思えるかどうか、ですかね、アタシは。

アナログだったあの時代のこと

いや、どうも、アタシです!

ご機嫌いかがですか。

ご機嫌斜めです?

いやぁ~それは困りましたね。

いくらご機嫌斜めでもね、アタシは直接的には何もできませんから(笑)。

年がら年中ご機嫌では過ごせないアレでしょうけど、まぁでもね、

意味なくイライラするのも、不機嫌面するのも、結局は自分が損するだけですから。

作り笑いでも笑顔で行きたいモノですね!

アタシは人からね、よく多趣味と言われます。

本人的には・・・つまりアタシ的にはそんなことはない、全然ないと思っているんですが、

何故かどういう訳か(笑)、趣味が多いね、なんて言われます。

まぁアレでしょうね、いわゆる下手の横好きってヤツですかね(笑)。

アレもコレも手を出すけれども、どれもモノにならない、というか、

そこそこまでは行くけど、それ以上、極めるようなレベルにならないという(笑)。

まぁいいんじゃないですかね、それで。

趣味なんてのはね、所詮趣味ですから(笑)。

息抜き、気分転換、それで充分だと思いますよ、ええ。

アタシは音楽鑑賞というね、100人いたら90人以上が趣味は音楽鑑賞ですと言いそうな、

その音楽鑑賞が趣味のひとつです(笑)。

音楽ってのは思い出、記憶だったりしませんかね。

その音楽を聴けば、当時の思い出が果てしなく鮮明に思い起こされるような。

普段は微塵も思い起こさないアレ、ソレ、コレがたった1曲で鮮やかに蘇る。

音楽って不思議なモノですよ、ホントにね。

だから皆、歌い、聴き、そして時に泣き、心揺さぶられるんでしょう。

アタシはね、まぁ色々とジャンルを越えて音楽は聴き続けておりますが、

んー・・・例えばね、大学の頃は松任谷由実をね、LPレコードからカセットテープに

録音してさ、それをカーステレオのテープデッキに入れて、

ドライブデートをね、画策した記憶がありますねぇ・・・(笑)。

今思えば、涙ぐましい手間暇をかけてますね、ホントに。

30代以前の人なら、もう何のことだかわかんないでしょ、LPレコードとか

カセットテープに録音とか(笑)。

時代はその当時から30年以上経ちました。

アタシは50代。

既婚のオッサンです。

外の恋・・・浮気、不倫をしてみて、出来ないデート、したいデートがありますよ。

例えば・・・

ドライブデート、音楽を聴きながらドライブデート、してみたいですねぇ・・・。

別に出来ない話じゃないね(笑)。

彼女が朝早起きして作ったお弁当を公園で一緒に食べる・・・出来ない話じゃないね(笑)。

夕暮れの観覧車の中、一番高いところで不意にキスをする・・・コレも出来なかない(笑)。

出来なかないけど、中々出来ない、いや、しない、しようとしない。

正々堂々と胸を張れる2人じゃないもんね。

コソコソと密やかに隠れるように見つからないようにいる2人だから。

この先の外の恋で、いつかやってみたいものですよ。

ドライブデート、人妻熟女お手製のお弁当、夕暮れ時の観覧車・・・。

案外、やる気の問題なのかも(笑)。

大学の頃、音楽でムードを高めて埠頭でカーセックスでもしてやろうか!と

ふしだらで不健全で邪ま(よこしま)な気持ちで作ったミュージックテープに

この曲は定番中の定番だったんだよね。



離婚しても再婚しない他所の人の妻

あ、どうも!

アタシでございます!

いきなりアレですけどね、この数日で街中に歩きスマホが溢れかえってませんか?(笑)。

ナントカGO!ってヤツね・・・あえてズバリの名称言いませんけど(笑)。

歩いて高速道路の入り口に入ってっちゃったとか、ビルの自動ドアに気付かずに

ドーン!と、ぶつかってるおバカとか、もうどうかしてますよね、アレは。

アタシ?

やりませんよ、あんなモノ(笑)。

いい歳したオッサンがね、スマホを見つめて街ん中を当て所もなく歩くなんて、

みっともない以外の何物でもないでしょ。

といいますかね、それ以前に危ないっての。

スマホ見つめて歩くんじゃあない、恋人の姿を見つめなさい(笑)。

んー・・・話はガラリと変わりますが(笑)、アタシのこのブログをお読みになる方々、

まぁ殆どの方々が既婚者、離婚経験も含めた既婚者ではないかと思います。

アタシも勿論既婚者でございます・・・だからこそ、外の恋になる訳で(笑)。

アタシのこれまでのね、過去の。

過去の人妻の方々、皆押し並べて熟女でしたが(笑)、大きく2つに分類できますかね。

分類なんて書き方しちゃあ失礼ですかね、分けてみると2つになるという、かな。

それはね、旦那と不仲か円満か、この2つ。

夫婦円満でも外の恋、するんですよ、人妻は。

旦那とのセックスに物足りなさを感じて、マンネリを感じて、刺激を求めて、

新しい性の発見を探して、円満でも外の恋、あるんです(笑)。

もうひとつ、旦那と不仲、険悪、冷戦状態。

口も利かない、目も合わせない、家庭内別居、DV・・・そこまでではなくても、

旦那が疎ましい、イライラする、必要最低限のコミュニケーションしかしない、

勿論、セックスレス。そういう人妻が外の恋をする。

一番多い在り方かもしれませんね、コレが。

どっちがどうという話じゃあないんですよ、ええ。

アタシはどっちも経験、つまり夫婦円満の人妻も家庭内別居の人妻とも、

お付き合いをしたことがありますよ、という話です。

旦那と険悪、最早、愛情の欠片も存在しないという夫婦関係で、

アタシと外の恋をした人妻がいましたけど、離婚できるものならしたい、と。

将来的にタイミングを見計らって離婚したいと。

そのためにお金を貯め、仕事を頑張り、一生懸命働き、その合間のひとときに

アタシと外の恋、セックスで癒され、リフレッシュしてまた頑張る、なんてね、

そんなことを言っておりました。

離婚して、その先にまた結婚、つまり再婚をすることは全く考えない、

考えないどころか、あり得ない、そうも言っておりました。

本音かどうか、それはわかりませんでしたが、おそらく本音でしょうかね。

もう結婚生活という枠組みに納まるのはご免だよ、と。

自由に恋愛を楽しめたら充分だと。

外の恋をする人妻に・・・いや男にもある話ですかね、実際は、

外の恋をする人に、またここで2種類いると思います。

離婚して再婚したい人、離婚したら再婚しない人。

離婚して再婚・・・誰と再婚?(笑)。

外の恋のその人、その相手と・・・でしょう?

アタシの外の恋の辞書には(笑)、離婚して再婚は存在しないんだよね。

外の恋ではなくなるというか、真面目に不真面目なことをする外の恋ではなく、

人生賭けた勝負、賭けに出るような話になっちまいませんかね、離婚と再婚って。

単純明快に、重たくなる。

想いが執念のような、最早大人の遊びの要素も何もない、只々重苦しくなるような。

それをね、お互いが望むような場合だってね、そりゃあきっとあると思いますよ、ええ。

だから、それを否定するものではない。

お互いがそう望む外も恋ならそれでいいじゃんかと。

アタシはそうではない外の恋の在り方を選んできただけの話です。

大事なモノは何か、優先順位はどうなっているのか、そこは忘れちゃいけない。

何もかも投げ捨てて外の恋などしたい訳じゃあないもんね。

土曜日、休日出勤の風景(笑)。

皆さま、どうも。

アタシです。

土曜日、本日もまた休日出勤をしております。

これで4週連続、いや5週ですかね・・・もう記憶も曖昧になるほどに、

土曜出勤を繰り返しております。

完全週休2日制の会社ではなくなっておりますよ、アタシだけ(笑)。

オフィス、誰もおりません。

アタシだけ。

静かですねぇ・・・電話も鳴りません・・・と思ったら、今日は何故か外線が鳴る鳴る。

固定電話のディスプレーに見たこともない携帯電話の番号が映し出され、

何たって今日はね、土曜日ですから、会社休みですから。

アタシは外線を無視していたんです。

そしたらね、まぁ長々と鳴り続ける訳。中々切らない、諦めない(笑)。

鳴り止んだなと思って、また暫くすると同じ携帯番号でかかってくる。

アタシは出ません。

長々とコールが続き、止まる。

少ししたらまたかかってきた(笑)。

静かなオフィスにアタシひとり、繰り返される同じ着信・・・何だか不気味です(笑)。

4回か5回、そんなことがありまして、次また鳴ったら出てみようかな、なんてね、

思いまして。

鳴りました、例の携帯番号で外線が掛かってきた。

アタシは勇気を出して(笑)、受話器を上げた・・・。

【あぁ、もしもし、もしもし?何回もかけてるんだけど、寝てたの?】と、

いきなり話始めるしわがれた男の声・・・?

【あの、失礼ですがどちら様ですか?】とアタシ。

【はぁ?どちら様って、タシロですけど、なに言ってるの?】

【タシロさん・・・?あの、こちら●●●という会社ですが・・・】

【へ?イシイさんじゃないの、イシイさんでしょ?】

【いや、イシイではありません。●●●です、会社です】

【うそぉ~イシイさんでしょ?番号聞いたんですよ、この番号】

【番号、何番ですか?】

【03の3●●×‐9●×●ですよ、イシイさんでしょ?】

【・・・イシイではないんですけど、番号は合ってます、でも会社ですコチラ】

【いやぁオカシイよ、イシイさんの番号だよ、聞いた番号なんだから】

【ですから、番号は合ってますけど、イシイではないんですって、会社ですから】

・・・アタシは間違い電話で3分近く会話したのは人生初めてでございます(笑)。

相手はジイさんだね、どうも。

聞き間違えをどうしても理解できないようで、切った後、またかかってきた(笑)。

だから!違うって!イシイじゃないんだよ!(笑)。

どうやっても理解できないのか、その聞いたという相手にもう一度聞き直すとか、

できないんですかねぇ・・・ボケちゃってんですかね、実は(笑)。

あるいは暇つぶしにアタシが遊ばれているとか?(笑)。

そんなこんなで午前中、捗るはずの仕事が停滞し、腹が減ったのでビルの1階のコンビニへ。

覚えている方もいるかと思いますが、パスタにフォークを付けますか?の店です(笑)。

アタシは今日もパスタを買いました、というか、そのコンビニでパスタ以外買ったことがない(笑)。

で、今日もいました、いつものレジのヤツが。

【お会計●●円です、パスタ温めますか?】

【お願いします】

【かしこまりました、フォークはお付けしますか?】

(笑)。

まただよ、また(笑)。

だから!レンジでチンして熱々のパスタをアタシに素手で鷲掴みにして食え!ってのかよ。

【フォーク、お願いします!】

【かしこまりました】

・・・解せない、何故フォークの有無を問うんだ、お前は。

と、思いながら温めの終了を待っておりましたところ、アタシの次のお客、

パスタサラダを買いました。

さすがに【温めますか?】は、言わなかったね(笑)。

でもね、やはり聞くんだね、【フォークお付けしますか?】

アタシは心の中でツッコミを入れる!

【パスタを手で食わせるのかよ、馬鹿!】

そしたらですね、そのパスタサラダの女子ね、お客が言うには、

【いりません】

いらないの?!いらないんだ?!(笑)。

素手?アナタ、素手でパスタ行く人?(笑)。

いるんだね、フォーク要らないって人・・・!

だからいちいち聞くんだね、フォーク付けますか?ってさー。

アタシはいるんだよ、必ずフォークを下さい!

割り箸ではなく、フォーク!(笑)。

そんな訳で、ペペロンチーノ大盛りをフォークで(笑)、食べまして。

赤唐辛子の欠片がね、鼻の奥に入ってしまい、クシャミを連発しております(笑)。

午後も捗りそうにない予感(笑)。

というか、土曜出勤、ろくなことがない(笑)。

30代、40代、50代・・・それぞれの外の恋

ご機嫌いかがですか、皆さま。

アタシでございます(笑)。

今週はアレですね、スタートが3連休明けですから。

もう木曜日ですね、早くも(笑)。

で、ふとカレンダーを眺めてみると・・・

なんとまぁアナタ、来週末の土日で7月もオシマイというね、

早いじゃあありませんか、しかし。

梅雨が明けたら夏は駆け足で過ぎていく、なんてことをね、

見たか聞いたかしましたが、いやホントにそうですねぇ。

さて、再三再四・・・どころか100も200も繰り返して書いたようにも

思っておりますが、アタシは50代でございますよ、ええ(笑)。

今さら言い直すこともないね、そんなこと。

数年前までは40代だったんですよ、これでもね・・・って、どれでもだ?(笑)。

遡ればアタシだって30代、もっと遡れば20代だったんですよ、ええ。

当たり前のことを書いておりますね(笑)。

人間、生きてりゃ年を食う。

気が付けば、アララ~!50代だ、みたいなね(笑)。

30代より外の恋をしてまいりました、ええ。

ふざけた野郎ですよ、ホントにね。

結婚生活の内、7割方は不倫のような(笑)。

振り返りますってーとね、アレです。

それぞれの年代、30代には30代の、40代のときは40代なりの、

そういう何てーのかな、世代ごとに外の恋も違ったように思うんですよ。

何も外の恋だけが独立して存在するものじゃあありません。

アタシはサラリーマンですから、働いている日常の中に外の恋があった訳。

30代の頃には今とは違った日常、仕事の中身も立ち位置も、収入も、

それから勿論、家族ね、女房、子供の年齢も存在の仕方も違いました。

40代も勿論ね、今とは違う。

アタシの肉体、内面も、今とは違っていたはずだ。

・・・チンコだけは昔からお元気でございましたね(笑)。

或いはひょっとして今の方がチンコは働き者かもしれません・・・なんちゃってね!(笑)。

・・・何の話をしてるんでしょうか?(笑)。

んー・・・ですからね、外の恋、それぞれの年代と言いますか、

出逢う時期、タイミングによってあり方も展開も変わってくるだろうな、と。

今、50代のアタシがね、当時30代だったアタシがしていたような外の恋をするか、

できるかと問えばね、多分おそらくできないかなぁ・・・。

シチェーションも環境もね、変わっていく中で外の恋も変化していく。

只々変わらぬままに今に至るのは、アタシが愛して止まないのは人妻だ(笑)。

人妻が魅せるオンナの痴態、旦那も子供も、家族の誰もが知らない姿で

アタシに抱かれて乱れて歓ぶオンナ。

それだけは永久不滅に不変ですね。

誰も皆、コンプレックス

どうも、アタシです!

毎度ながら暑いですねー。

梅雨明け、まだしないんだね関東は(笑)。

まぁ事実上したようなもの、そう思っておりますよ、ええ。

今朝、洗面台の鏡の前で髭を剃っておりました。

んー・・・アタシはね、髭がまぁまぁ濃いですよ。

毛深いと言えば毛深いね(笑)。

胸毛も少しあります、しかもさ、髪の毛同様に白髪交じりだ(笑)。

・・・そんなこたぁどうでもよい(笑)。

そうじゃないんですね、書きたいことってのは。

髭を剃りながらね、鏡を見てシミジミ思いました。

【オッサンだなぁ・・・オッサンだ】と(笑)。

そりゃそうなんですよ、事実オッサンなんですから。

シミもシワもね、アタシにもありますよ。

最早、弾けるような素肌じゃない(笑)。

こういう感情ってのをコンプレックスって言うんですかね。

比べて劣る感情。

分かっちゃいるけど何かどうしても卑下するような。

いいんですよ、そんなこと思う必要も感じる意味もないんだね。

人は誰かと比べたら、必ずと言っていいほどに劣等感を覚える生き物、

誰もが美人と認める大女優でも、何処にそんな部分があるかと、

理解できませんけどね、あるんですって劣等感、コンプレックス。

それがあるのが人間かも知れませんけどね(笑)。

もうね、中年で外の恋をしておりますとね、見た目とかどうでもいい!

いや、どうでもよくはない(笑)。

たださ、見た目とかね、もう今更どうにも施しが効かないでしょ(笑)。

シワはシワだし、シミはシミだし、段腹は段腹だし、ハゲはハゲ、そういうもの。

人妻だってね、もう年季が入ってますから、肉体に。

乳首だって乳輪だって、二十歳の女子とは違いますって、そりゃあ(笑)。

肌、弾きません。

乳も腹も尻も、全部下がる、下へ下へと(笑)。

アタシはそれがいいんだね。

熟女の熟女たる所以だ(笑)。

ありのままでいいじゃない。

人生の酸いも甘いも嚙みしめてきたであろう人。

いい時もそうじゃない時も経てきた人。

オバサンと呼ばれ、自称ババアでもあり(笑)、

でもね、オンナなんですよ、アタシにとってはね。

コンプレックスさえも魅力、そう思うんだよねぇ・・・。

外の恋のガス抜き

世の中的に3連休ということでね、

おくつろぎの皆さんも多いことでしょう。

アタシは昨日、3週連続の土曜日休日出勤でございました。

今日明日と2連休、しっかり休みますよ、ええ。

今朝、早起きする意味も理由もない日曜日でございましたが、

いつも通りにいつもの時間に目が覚める。

それもね、目覚まし時計が鳴る前に、決まって目が開くんだねぇ・・・。

もう名実ともにジジイ化が進んでおりますね、実感します(笑)。

早朝、耳を澄ますとウチの裏の森でヒグラシが鳴いております。

カナカナカナ・・・と涼やかに。

他に何も音がしない早朝にヒグラシの音色だけが沁みるように。

日本の夏ですねぇ・・・。

今はヒグラシも鳴き止んで、変わって聞こえてくるのはウグイスの囀り。

これもまたいい。

日本の夏ですねぇ・・・(笑)。

んー・・・昔ほどではありませんが、アタシは会社の若い子を連れて飯を食いに行きます。

アタシが誘い、ほぼ間違いなくアタシが全額支払う(笑)。

まぁ居酒屋ですからね、数千円の呑み代です、お安いもんですよ。

オフィスでは口が重たいヤツもね、アルコールが入りますと、まぁ出ますね、愚痴が(笑)。

中々言い出せずに我慢している不満、鬱積した思い、愚痴と言う形で吐き出される。

やはり思いますよ、人間、時々はガス抜きをしないとダメだね、と。

外の恋でも、ガス抜きはありますね。

ありませんか、ガス抜き経験、した側でも、された側でも。

アタシはありますよ、これまでの外の恋で何度も何度も(笑)。

ガスを抜いた側の役割です、ほぼ。

人妻、他所の奥さん、お付き合いが始まってしばらくすると、慣れてきますからね。

言いたいことを言えるようにもなりつつ、一方で外の恋というね、

ある種、特殊でクローズな世界での関係ですから、言うに言えないことがある。

相談もできない、抱え込む。

当事者同士で解決、クリアにするのが一番よろし。

となれば、ガスを抜くしかないじゃない(笑)。

ちょっとしたことだったりするんですよ、ホントにね。

そのちょっとしたことが累積していくと堆積しますから(笑)、

で、マグマ活動が活発化し始める、そこで施しがなされないと、

ドカーン!となる(笑)。

この関係、遠慮も必要、我慢も必要、しちゃいけないことだらけです。

癒しや幸福感を求めて始めたはずなのに、ストレスになっちゃあいけません。

上手い人というか、感情感度がいい意味で鈍い人は自己完結でガスを抜ける。

それはそれでいいことだと思うし、2人がそうだったら楽でしょうねぇ・・・。

中々そうはならないと思いますけどね、ええ。

週に1回とか、2回とか、いや頻度や回数はわかりませんが、

嫌だな、困るな、と思うことがあったらガス抜きする・してもらう方がいいですよ。

それを甘えとかわがままとか思うようじゃあいけません。

そんなに皆、強くないからね。

足元不安定、危ういところに留まる外の恋ですから、

続けていくには協力し合うスタンスが大切じゃあないでしょうか。

トキメキさえあれば

昨日は午後から突然の雨、激しいにわか雨が降りましたねぇ。

壊れて捨て置かれたビニール傘がいくつもありました。

アタシはね、運よく雨に当たらずに済んだんですが、

駅の改札近くで、雨で肩や背中の辺り、脚をね、濡らした女性がいました。

こうして書くんですから、勿論熟女ですよ(笑)。

白いブラウスが濡れて腕のところ、背中に張り付いて肌が透ける。

アレはなんて欲情させるんでしょうね(笑)。

思わず歩を進めて匂いたくなり・・・ませんよっ!(笑)。

同じ世代でも男がね、雨に濡れても、汚さしかないですね、アレは。

雨なのか、汗なのか、その合わせ技なのか(笑)。

アタマから湯気まで立てているオッサンとかいますからね、ホントに。

汚ねぇなぁ・・・とシミジミ思います。

なんて書いてるアタシも同じだね、あはは!

これは独断と偏見・・・かもしれませんが、

アタシはね、思うんですよ。

恋する男は例えオッサンでもね、活き活きとします、と。

エネルギーに満ち溢れるといいますか、晴れやかと言いますか。

色艶がいい、オトコでもそういう変化、あるように思うんです。

恋愛するからそうなる、恋愛したいから、意識してそう変わっていく、両方ですかね。

ひとことで言えば、その源泉はトキメキです。

トキメキがあるからなんですよね。

大袈裟に言えば生きがいのような。

その人にときめくから毎日が輝くような、輝いて見えてくるような。

外の恋は性欲の吐き出し先と言う人もいます。

当たっていると思いますよ、性欲の吐き出し先・・・まぁそうですね(笑)。

でもさ、じゃあセックスして、オトコの場合ならね、射精しました、ハイおしまい!

じゃあまたねー!って、そそくさと服を着て出て行きます?(笑)。

・・・いるかもしれないね(笑)。

もしね、もしそういう男なら、それは性欲処理だ。

恋愛のふりをした性欲の吐き出し先だ。

射精して勃起したチンコが縮んでフニャフニャになってもさ、

その時間から先も一緒にいたいと思えるのがトキメキの相手ですよ、ええ。

この人が愛しいと思えるからですよ、ええ。

その日、数時間後にはお互い別々のところ、ファミリーというね、その場所へ

引き戻されなきゃならない訳ですけど、その時まで、ギリギリまで、

一緒にいたいと思えるか、どうか。

その気持ちの在り処はとても大事。

外の恋、向き不向き

どうも、どうも、アタシです。

今日はまた一転、梅雨の空と相成りました東京でございます。

梅雨、明けてませんでしたね(笑)。

今週はこれから数日曇りと雨のマークが並んでおります、天気予報。

やはり梅雨明けってのは毎年大体同じ頃、来週中頃か週末あたりなんでしょうかねぇ。。。

んー・・・今日はね、外の恋をする人の向き・不向きなんてことをね、書いてみますよ。

向き・不向きなんてね、そんなことはそれぞれの受け止めや判断ですからね、

大きなお世話って言えば、そりゃあ大きなお世話だね(笑)。

いや、でもね、誰に向かって言ってることじゃあありませんからさ、

オッサンが勝手に思って書いたこと、そういう範囲に収めておけばいいってことですよ。

向き・不向き、外の恋の。

外の恋をしている人、してきた人、しようとしている人、それぞれいらっしゃる訳ですけど、

これだけは永久不滅に不変の不向きってのがあると思うんですよ、ええ。

それはね、秘密が守れない人だ(笑)。

守れないってのは、いくつか意味があって、口が軽い、お喋りの意味で。

それから秘密保持管理が緩い・・・メール送受信、スマホの管理等々。

周囲の目(家庭内、家族、嫁、旦那、親等々)に鈍感、疎い、とか。

そういうのを引っ包めて、秘密が守れない人。

コレはさ、そりゃそうだ!そのとおりだ!と思いませんか。

そんなこたぁない!なんて反論は出ないでしょ?(笑)。

危なくてできませんよ、そんな風な人を相手に外の恋は。

身の破滅を生みますって。

んー・・・不向き、その2(笑)。

アクセルとブレーキを使い分けできない人。

外の恋はね、アタシの言うところの外の恋ってのは、

離婚して再婚するための助走じゃあないんですよ。

何処まで行こうとも平行線、変わらぬ関係なんです。

ですから、この人(外の恋人)はこのあと、必ず家族の待つ家に帰る、

そこで平穏か険悪かは別として(笑)、家族とのリアルの生活があるというね、

生活者としての相手が絶対にあり続けるという理解。

理屈でも感情でも理解すること。

其処に対してあるいは嫉妬、あるいは苛立ち、あるいは羨望があったとしても、

それを相手にぶちまけない、そういう自動制御システムね、手動式ブレーキでもいいんだけど。

それを前提に、デートの時、2人で過ごす時間、セックス。

そのときだけは男と女になって、いや獣になって交尾するが如くに乱れたらいいんです。

と、アタシは思う訳(笑)。

境目など紙一重と言いますよ。

思い余って外の恋の相手の家まで行きそうになった・・・なんて人がいました、他所のブログで。

それをして何になる、どうなる・・・そこを忘れちゃイカンですよ。

あとね、番外編じゃあないですけどね(笑)、こういう人は不向きの話として、

執着心が強過ぎる人、粘着質が強い人ですかね・・・一歩間違えるとストーカー。

それから無職の男は止しましょう(笑)。

お金ないですから(笑)。

高圧的、激しやすい人ってのもおススメじゃあないですよね、心穏やかになれません。

しっかりと、じっくりと、相手を見て感じて考えて、選びましょう。

いい時ばかりじゃない、悪い時ばかりでもない

いやぁ~暑いですね、しかし。

梅雨明け、したんじゃないですかね。

これほど晴れて暑いとね、もう真夏としか思えませんよ、ええ。

今年もまたアレですかね、【梅雨が明けていた模様です】なんてことでね、

過去形で梅雨明け発表があるんでしょうかねぇ・・・。

それにしても暑いです(笑)。

午前中、外出しましたが汗が噴射しましたね(笑)。

拭いても拭いてもね、汗が噴き出ます、もう水芸のように(笑)。

・・・汚ねぇ水芸だなぁ、しかし(笑)。

汗っかきなんですよ、アタシはね。

まぁ昨今・・・といいますか、オッサンになってから先は汗というよりも、

汁のようなね、灰汁が出ているとでも言いますか(笑)、そんな感じでございますが。

んー・・・年がら年中飯が美味い!酒も美味い!そんなアタシもね、

稀に体調がイマイチな時がございますよ。

寝冷えとかね、冷たいビールの呑み過ぎで腹壊すなんてのは、

体調不良じゃありません(笑)。

昨日あたりからどうも鼻水が出る、ノドがイガイガする、ハテ、何だろ?なんてね、

思っていたんでございますよ、ええ。

今朝起きまして、鼻水が鼻水じゃあない(笑)。

青っ洟ってヤツですね、出ましたのは・・・あ、食事中の方、スミマセンね。

てかね、食事中にアタシのブログなどお読みになるアナタがいけないよ(笑)。

・・・話を戻しますが(笑)。

喉もイガイガを越えて、ガサガサした感じでね、声を出したらガラガラで(笑)。

軽くヤラレましたかね、ノドと鼻。

おかげでアタマもボーっとしておりますね、何となく。

いや食欲はあるんです、青っ洟が出ようがノドがガラガラであろうが、

今日のランチは餃子定食ライス大盛り、完食!ですから(笑)。

明日には治るね、きっと。

んー・・・そんな訳でアタシにも稀にね、こんな風な体調の時がありますが、

然したる理由も原因も思い浮かばない、思い当たらないけれども、

どうしたことか物事が上手く行かないとき、ハズレが続くこと、ありますね。

何をしても裏目に出るような、ツキがないような、そんなこと。

運気の上昇と下降をグラフで描くと山と谷が必ず繰り返されるらしいんですけどね、

山の下り、谷に向かっている時期が、つまりはアレコレが上手く行かない時期ですかねー。

連鎖するようにアレもダメ、コレも失敗、またまた上手く行かない、またもや・・・

そんなときがあるもんです。

ジタバタしても仕方ないんでしょうね、そういうときは。

とは言え、何もせずに済む事ならそれでいいんですけどさ、

何かをしなきゃならない事だってあるじゃない。

選ばなきゃならないこと、決めなきゃならないこと、ありますからねぇ。

で、逆目に出るという(笑)。

こういう時はね、外の恋でも同じ流れを汲みますね。

相手があることです、外の恋。

相手も人間、お互い人間、生身の生き物ですからね、

偶々そういう運がいい、運がよくない、そんなタイミングがね、

かみ合ったり、かみ合わなかったり、ありますから。

それが例えばギクシャクする関係に現れたり、いつもなら何でもないことを

どうしたことか気になってみたり、気に障ったりね。

それもさ、お互いに関係のない事で気持ちがクサクサしていて、

とばっちりを喰らうハメになることだってない話じゃあない(笑)。

人間が出来た人ってのは、関係のない事で他人に迷惑をかけない、

それが外の恋の場合でも・・・らしいですよ。

家のこと、家庭内のことでどれだけ腹が立ち、気持ちが荒れていたとしても、

彼、彼女には関係のないことだから、平穏で穏やかに振る舞う。

中々出来そうでできませんよ、実際・・・と、人間が出来ていないアタシは思う(笑)。

いや別にね、八つ当たりするようなことはアタシだってしませんよ、大人ですから。

でもさ、悟りきったように静かに過ごせるとしたらね、何か逆に人間らしさまでも

置き忘れてきたような気がしてしまうんですよね。

その人と接触していさえすれば、何があろうとも笑顔に戻れる、何もかも上手く行く、

平和な気分で過ごせる、そんな存在でいられたらベストなんでしょうけどさ。

喜怒哀楽があっていいんですよ、大人にも。

心には大き目の許容範囲をもって恋愛すること、それも外の恋の必須項目だと思いますし。

色々ありますよねぇ・・・。

そりゃあ、ありますよ、生きてんですから。

外の恋も歳をとるもの

昨日、金曜日の帰りの電車で、アタシは吊革に捉まり本を読んでおりました。

7人掛けのシート、目の前に2人の熟女が座っておりました、偶々ですが(笑)。

2人はお友達関係ですかねー。

よく聞こえませんでしたが、会話をね、しておりました、ええ。

熟女と書きましたが、アタシよりもまず間違いなく年上、それもね5歳かそれ以上、

間違いなく年上でしょう。

60代前半~半ばかなと推定いたしておりますが、2人のうちのね、左側の熟女・・・

左側ったって皆さんにはどうでもいい、右側だろうが関係ないんですが(笑)、

とにかくね、右側のババア・・・いや違う、熟女ね(笑)、そっちじゃなくて左側の熟女。

いや、もとい!超熟女と言い直しましょう!(笑)。

左側の超熟女、いいオンナだなーと思いました、誠に勝手ながら(笑)。

あのねーなんて言いますかね、フランス人のデザイナーとか小説家とかね、

わかります?なんとなく(笑)。

白いシャツを着て、ターコイズのネックレス、顔も腕も少し見える胸元も日焼けしてるんです。

髪は間違いなく染めている(笑)、笑いじわ、ハッキリくっきりあります!

いるでしょ、こんな感じの風貌・雰囲気のフランス人!(笑)。

いや、昨日のこの人は日本人ですけどね、60代半ばだと思しき。

いい感じに草臥れた全体の印象と、でもまだ女なのよ、私!というね、

そういうオーラが漂うような・・・。

そんなことを思ったアタシ自身にアタシ自身がちょっと驚いたんですよ、ええ。

アタシは熟女専門ですけどね、この先は超熟女へ対象が移ろうのか、と。

今まではね、60代の女性など考えたことも想像したこともなかった訳ですけどね、

アタシ自身が歳を重ねていく中で、外の恋の相手、対象も上がっていくんだな、と。

ただ、やはり改めて思ったことは、オンナであること、ここは忘れちゃいけないね。

恋愛の在り方、相手への求めるモノは変化していくんだろうし、何がどう変化するのか、

予想もつかないアレですけどね、アタシはオトコでありたいし、相手にはオンナを求めたい。

だって、恋愛ですから(笑)。

この外の恋という恋愛で得たいもの

あ、どうも!

アタシです。

今日はまた暑いですねぇ・・・猛暑日予報の東京でございます。

早くも夏バテ気味な人、いませんかね。

アタシは・・・食欲旺盛でございます!

朝も昼も夜も飯が美味い!酒が美味い!

勿論、性欲もね、旺盛も旺盛、持て余し気味な位に(笑)。

何たってね、とにかく健康第一ですから。

この夏も元気に過ごしましょう。

今日はね、アレです。

昨日電車の中で偶々耳にした若い女子2人の恋バナのことを。

いや、恋バナのことじゃなくて、そのことで思ったことですけどね。

んー・・・その女子の恋バナの内容をツラツラと書くことに意味はないんで、

端折りますが(笑)、その女子の会話はこんなことでございました。

【ドキドキしない、刺激がない、マンネリ】で面白くない、と。

【ビックリさせるとか、不安にさせてみるとか、そういうのがなさ過ぎる】んだそうで、

で、そういう恋愛が面白くない・・・と。

若い子、独身の子の感覚なんですかねー。

メールが来ないなー来ないなー、どうしたかなー・・・あ、来た!みたいな、微妙に不安を

与えるような、そういう間のようなモノが欲しいとも言っておりました(笑)。

全然興味なさ気に窓の外を眺める体のアタシでしたが、全力で耳を傾けておりました(笑)。

外の恋とは全然違いますなー、と思った次第でございます。

いや、正しくはアタシがしてきた外の恋とは違いますなー、ですね(笑)。

ドキドキしたいです?ドキドキさせたいです?

いや、そりゃあね、ドキドキしますさ、これから逢う!これからセックスする!と思えばね。

そういうドキドキじゃなくてさ、意図的に相手をドキドキさせる・・・というか、

不安にさせてそれを恋愛のスパイスであるかのように刺激とする、そういうドキドキ。

アタシはいらないよねぇ・・・いらないし、欲しくないし、与えたくもないですなー。

欲しいモノは安心感や安堵感、包まれている感覚や心に灯がともるような感覚です。

あぁこの人でよかった、この人が好きだ、愛しい、と。

求めているモノが違うんでしょうね、独身の恋愛とは。

プロセスをゲームのように楽しむなんてこと、外の恋でアタシにはないですから。

嬉しい刺激なら歓迎ですけど、盛り上げを目論んだ刺激などいりませんよねぇ。。。

中高年の男女、皆、諸々を抱え込んで草臥れている中での外の恋ですから。

夢でも幻でもいいんです、現実逃避でいいんです。

その時だけはオトコとオンナになって存在していたいんです。

その日まで

何気に涼しい朝でございます、関東地方。

これくらいの気温ならいいですねー。

やる気が漲りますね!(笑)。

やっぱりね、暑い、暑過ぎるってのは駄目ですよ、ええ。

すべてのやる気を削ぎますね、暑いってのは。

だってね、皆さん。炎天下でセックスできますかって話ですよ(笑)。

いや、炎天下って外じゃねーかよ!と、突っ込んでいただいた方、

ありがとうございます(笑)。

まぁ、衆人の目の前でやる訳じゃあないけど、暑い中じゃあできない、

できないというか、したくないでしょ、危ないし(笑)。

ラブホテルを思い起こしてごらんなさい。

あの涼しさ、湿度のない空間、艶めかしい装飾(笑)、

あれだからこそね、よーし!セックスするぞ!ってなる訳で・・・(笑)。

んー・・・そんな話をしたい訳じゃあないんだよ(笑)。

外の恋、男と女の不倫です。

恋愛です。

まぁ何と言いましても、自由がないですね、この関係には。

不自由だらけです。

手枷足枷、アレも出来ない、コレも無理、なんてことがねワンサカありますね。

それでも尚、外の恋をしたがるんですから、皆さん好き者ですねぇ・・・(笑)。

アタシは思うんですが、自由さが制限される中、気持ちを通じることの大切さ、

それは電話で話すことかもしれない、LINEなのかもしれない、メールかもしれない。

恋愛感情があるならば、お互いに気も使い、遠慮もし、冷静さも持ち合わせ、

迷惑だけはかけない、かけちゃいけないと思うんです。

外の恋のお付き合いが長い人、たくさんいますね。

アタシのブログにコメントをいただく方々の中にも3年、4年、5年、それ以上の

長きに渡って外の恋が続いている先輩方がいらっしゃる(笑)。

素敵な事だと思いますねぇ・・・。

ふとね、ふと思うんだそうですよ、ある人が言うには。

【この先、この人といつまで続くかな】と。

【いつまでも続けたいけど、いつかは終わる、終わらせなきゃ】とも。

そんなことを数年思いながら、気が付けば5年経っていた、とか。

平穏に穏やかに5年が過ぎて今があるとは思いませんが、

思いを向けることができるのは今しかないんですよね。

先のことを思い憂いても、それは気持ちを下げる想像でしかなく、

今、楽しくいられたらいいじゃん、と。

ですねー。

アタシもそう思います。

運命の出逢いのその先は運命だけではない

いや、どうも。

アタシです。

寝苦しい夜でございました、昨日は。

夜中、ふと目覚めまして、温度計を見ましたら24度。

ほぼ熱帯夜(笑)。

今日は34度、35度、場所によっては37度なんて予報が出ておりますね。

で、この先の長期予報ってのを発表しておりました、お天気キャスターが。

【7月~8月、猛暑日になる可能性が高い】

ということらしいですよ、ええ。

もう別にね、驚きませんけどね。

この数年以上、毎年夏は尋常じゃない暑さになってますからね、日本は。

それよりも不気味なのはね、アレです、台風ですよ。

今年はまだ台風が発生していないんですよ、皆さん。

不気味じゃあないですか、ねぇ。。。

秋になる頃から先、大型台風が連続して発生・・・なんて止めてほしいですよねぇ・・・。

んー・・・そんな訳でして。

今日は日曜日でございます。

今日はノンビリ過ごしたいと思っておりますよ、ええ。

何もしないで過ごす、たまにはね、そういう時間、そういう日があってもいいでしょう。

今日やること、ブログで記事をひとつアップすること。以上!(笑)。

・・・今日のね、題名。

微妙に長いですね(笑)。

出逢いは運命、アタシはホントにそう思っておりまして。

それまでの生き方、生き様の先に待ち受ける出逢いなんだと、そう思う訳です。

タイミングと言うのもね、出逢うべき相手に、出逢うべきタイミングで、出逢っていると。

それを掴むか、掴まないか、それは別問題でございますが(笑)。

出逢い・・・別の言い方に変えれば、ご縁ですかね。

こんな風な、要は不倫であり、浮気であり、不貞を働くことに違いない訳ですけどね、

つながりを得るということは、運命であり、ご縁です。

その意味でアタシは大切にするべきこと、そう思っております。

例えばね、出逢いました、お付き合いが始まりました、そうなってから先のこと。

運命的に出逢い、つながったとして、その先のことです。

コレはね、そこから先は運命任せ・・・ではないよね、と。

9割か、それ以上、アタシは努力だと思う。

恋愛、ましてや外の恋などというふざけた関係の中に努力?努力って何?

そんな意見もおありかとも思いますが、ええ。

何も修行・苦行をするが如くに苦しいことに努めなさいではない(笑)。

努力などと書くと、印象的に小難しくなってしまいますが、そうではない。

恋愛関係を紡いでいくのは、お互いの思いを寄せあい、思いやることではないですかね。

不倫です、ハイ。

勿論のこと、これは浮気です。

そんなことは当事者皆分かっているんですよ。

でもね、それをする訳でしょ。

不真面目なことを真面目にやるんです。

ここで言う努力ってのはね、小さな約束事を守りあうとか、

ほんの少しのことに手を抜かないとか、気持ちを慮るとか。

そういうアレですよ(笑)。

メール、便利です。

外の恋にはマストアイテムです。

便利なのに、便利に使わない人、逆に不自由にしてしまう人、いるじゃあないですか。

言葉足らず、コミュニケーション不全、意味が分かれてしまう言葉、文章、

図らずも深読みを要求してしまうような行間とかね。

送り手と受け手がいるから成り立つのがメールであって、

運命で繋がり合う関係だったとしてもね、関係を維持・発展させるには、

緊張感は必要だと思うんですよ。

気を使うというのではなく、思いやる。

想像してあげる。

少し遠慮して立つ。

それが努力というべきものか、そんなのは当たり前というものなのか、

個人差があることですね。

人妻ランジェリー

今日から7月でございますね、誰が何と言おうとも(笑)。

今更言うまでもなく・・・でも言いますが(笑)、1年の半分が終わっちまいました。

げげっ!早い!てな気分になりやしませんかねぇ・・・。

焦っちまいますね、ホントに。

何が何だか分かんないうちに、今年も大晦日だ、なんてね、なりそうで(笑)。

関東は梅雨も中休みだそうですよ、ここ数日は。

早々とプール開きってところもあるみたいですね。

プール・・・久しく行ってないですねぇ。

50過ぎのオッサンがひとり、プールサイドに佇んでいたらね、間違いなく不審者扱いだね(笑)。

盗撮か、痴漢か、みたいなさ。

アタシなんかね、別に若い子のビキニとか見たところで何ともないからね(笑)。

体型がお崩れになられた熟女の無理やりな水着姿の方が断然そそる!勃起する!(笑)。

いや、だからと言ってプールに行かないけどさ(笑)。

んー・・・アタシん家のお隣さん、今年初めに第2子を出産した奥さんがいます。

年齢は30代半ば・・・らしい。

別に何かどうしようって話じゃあないですよ、ええ(笑)。

いくらなんでもね、そんなアナタ、お隣の奥さんを捕まえて外の恋もないもんですよ。

そういう話じゃあない(笑)。

洗濯物の話なんです。

お隣の2階のベランダ、ちょうどアタシの部屋の窓から同じ高さ、真正面にあるんです。

でね、洗濯物を干すじゃない。

で、干したものがね、見えるじゃない。

ベビー服とか、旦那さんのシャツとかね、干してある中で、

その奥さんのね、下着がね、ブラジャーとかパンティとか。

な~んの目隠しもなく堂々と丸見え状態で干してあるんです。

もう、週末土日なんかね、アタシが窓を開けるとそこには・・・奥さんの下着が(笑)。

毎週末が楽しみで楽しみで・・・(笑)、冗談ですよ!

しかし何なんですかねぇ・・・全然気にしていない、無頓着なんですかね?

それともアタシなど、もうチンコも勃たないジジイとでも思ってるんですかね(笑)。

・・・いや、あるいは・・・アタシを誘ってる?(笑)。

んー・・・下着、ランジェリー。

いいですねぇ・・・たいへん興味があります!(笑)。

いや下着泥棒とかね、そういうアレじゃなく!(笑)。

人妻の下着姿、そそりますね、実にそそる。

デートの時、アレでしょ、今日はどんなランジェリーにしようかって、

悩むんでしょ、外の恋をする奥様方は(笑)。

アタシもね、どんな下着で現れるのか、脱がせていくうちに露わになる下着がね、

もう楽しみで楽しみで(笑)。

色、柄、形、表面積(笑)、どれもこれも重要ですね。

何もね、Tバックがいい!とか、紐みたいなヤツが好きとかね、そんなことはないんだ。

その人に似合うヤツ、且つね、期待を裏切る意外性とかね、そういうのね、いいのは。

まぁイヤラシイのが一番いいんですが(笑)。

かなり昔、相当昔の話ですよ、コレは。

ノーブラ・ノーパンでデートに現れた人妻がいました。

んー・・・アタシの希望で(笑)。

いや、冗談で言ったんですよ、下着なしで来る~?みたいなね。

冬だったんですが、コートの下、セーターとジーンズの下は裸、全裸。

コレはねぇ・・・アタシもさすがにやられましたね、ええ。

燃え盛りました!(笑)。

オトコの場合、下着ってのはどうですかね、外の恋をする奥様は興味ありますかね。

どんなパンツ穿いてるのか、外彼が。

興味あります?

興味あるのはパンツの中にあるモノでしょ?(笑)。

アタシはボクサーパンツかトランクスか。

ブリーフは穿きません。

Tバックもね、穿きませんよ。

というかさ、女房がいるんだからね、そんなの買えない、置けない、洗えない(笑)。

何時だったか、ふんどしが似合うと言われたことがありますよ、ええ。

日本男児!みたいなアレですかね???

ふんどし・・・それも買えない、置けない、洗えないって!(笑)。

やはりアタシは人妻のランジェリーが好き、そういうことですよ。