FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

外の恋のプレゼント

街は何処も彼処もクリスマスムードが漂いますね。

クリスマス商戦ってヤツですかね。

アタシのようなオッサンには全く関係のないイベントですけどね、クリスマス(笑)。

何をそんなに盛り上がるんだと、不思議で仕方ないですよ。

昔も今もアレですかね、予約したレストランでディナーを食べ、

煌びやかなイルミネーションの中を歩きながら、

これまた予約したホテルに行く・・・

そんな感じなんでしょうか。

今年はね、イブが木曜日、その前の日は天皇誕生日で祝日。

連休で何処かクリスマス旅行に行くなんてことでね、

派手に過ごす人もいるんでしょうかね。

んー・・・そういった意味ではアタシは今年もクリスマスには無縁です。

いやそもそも興味がないんだな(笑)。

クリスマスに限らず、バレンタインデーとかね、ホワイトデーも、

七夕だとか、事あるごとに何か踊らされるかの如くにデートだ、イベントだ、

みんながやることだから乗り遅れちゃイカン!みたいなのがダメ。

いつも通りにすりゃあいいじゃん、と思ってしまうんですー。

なんて事を書くとね、だからオッサンは困るね、と思われますかね(笑)。

でも仕方ないんだよな、ホントにそう思うんだから。

外の恋でもね、12月はいつも以上にデートの予定が立てにくいという人、

少なくないんじゃあないですかね。

何たって優先順位1位にはなりえない関係ですからね、外の恋は。

よくて2番目。

3番目でもいい方かもですよ、ええ。

外の恋は不倫ですから、お互いに家族、家がある関係なら、

それを飛び越えてはできないでしょ、クリスマスもね(笑)。

アタシね、不思議に思っていることがありまして。

それは何かというとね、プレゼントなんです。

外の恋のプレゼント。

貰います?

あるいはあげます?

いや、言い方を変えるとね、貰えますか?

あげることができますか?

何でもいいんです・・・例えば指輪とかさ、アクセサリーとかね。

ネクタイとかシャツとか、靴でも何でも。

貰ったり、相手にプレゼントしたり、できるんですかねぇ・・・。

いや、できる人はたくさんいるんだよね、実際。

んー・・・アレですかね、何を貰うか、プレゼントするか、によりますかね(笑)。

アタシはしたことがない、外の恋の相手には。

だってリスクでしょ。

アタシの彼女に例えばネクタイをプレゼントされたらさ、

アタシはいくらそのネクタイを物凄く気に入ったとしてもね、

それを家に持ち帰れ・・・ないよなぁ。

アタシがネクタイを買って帰ってくるはずがないんだもん(笑)。

怪しさしかないってーの(笑)。

アタシも彼女に、じゃあ例えばマフラーとかね、セーターとか。

買ってデートの時に渡すなんてね、やはりできないなぁ。

困るんじゃあないかと、嬉しそうにしたとしても本心は困惑じゃあないかと。

過去歴代の外の恋でプレゼントのやり取りって一度もない。

オカシイですかね???

不倫をしている人たち、外の恋のお仲間たち(笑)、

ブログやTwitterでクリスマスプレゼントを買いに行く、買った、

今日渡しに行く、なんて事を沢山の方々が書かれていらっしゃる。

マジっすか?!(笑)

度胸あるなー・・・という感じと、何故できる?という不思議さと。。。

やはりアタシがオカシイのかな(笑)。

スポンサーサイト

外の恋、主導権争い(笑)

いい天気の日曜日でございます、関東地方。

土日ともいい天気、お出かけの皆さんも大掃除の皆さんも

お疲れさまです。

アタシはね、12月は土日にあれやこれやと予定が入り・・・

まぁゴルフですけどね(笑)、なのでこの土日は大掃除メインです。

毎年思うんですが、何故12月に大掃除なんでしょうね。

1年の収め、塵も埃もキレイにして新年を・・・それはわからないでもないんですけどね、

何もまとめて12月にやることないんじゃないの?と。

9月でも10月でも、大掃除的なことをすればね、12月にクタクタになることはない(笑)。

小分けにして大掃除したらいいじゃないかと、確かにそうだと、

そう思いながらも今年も残り1か月になっちましました~(笑)。

大掃除は12月にしなきゃ・・・ではないと思いつつ、

でも春や夏、秋にやるかと言えば、何だかね、気乗りしない(笑)。

いや、それにしても大掃除ってのは疲れますねぇ。

外の恋で散々セックスしても全然筋肉痛にも翌朝に残る疲労感もないのに、

今朝はカラダのアチコチが痛い、軋む(笑)。

ある意味、激しいんですかね、アタシの大掃除は(笑)。

んー・・・主導権争いなんて題名ですが。

夫婦でも外の恋でも、主従関係のような、どちらかが上で

どちらかが下のような関係、ありませんかね。

いやウチはフィフティーフィフティー、主も従もない、上下もない、

そういう人もたくさんいるんでしょうけどね、

意外と少なくないのは女が強くて男が従う関係。

外の恋でもね、彼が年下だとか、そういうことでもないけど、

何でも決めるのは女の方というのを時々見聞きします。

デートプランも決めるのは彼女、男は付いていくだけ(笑)。

セックスも女性主導、ある意味で男は奉仕させられる、みたいな。

面倒臭くなくていい、全部女に決めてもらった方が楽、

手抜きじゃないけど、そう思う男もいるんだな、実際。

それがお互いにとって違和感なり強要なりがないことならば

まぁいいじゃないの、と。

そう思います。

アタシんところはね・・・あ、嫁のことじゃあなく(笑)、

アタシの彼女はアレですね、決めるところは決めるし、決められるし、

放っておけば何でもできる人。

ただ、アタシも同じなので結局はフィフティーフィフティーですかね(笑)。

今の彼女の前の彼女、この人妻は違いました。

仕切りたがりの熟女でしたねぇ・・・(笑)。

デートの日、日程も率先して提案してきましたし、

何でも先回りして決めてくれました(笑)。

アタシは楽だったですねぇ、確かに。

楽じゃあなかったのは、セックスが終わらないことだったでしょうか(笑)。

セックスも仕切りたがりでしたからね、ええ。

3度4度と求めてきた(笑)。

もう射精する元がないってのに、舐める、ハメる(笑)。

それに反応できちゃったアタシもアタシだけどね(笑)。

困るのはアレですね、お互いが優柔不断なタイプかな。

コレはね、もう前に進むのが遅々としてね、傍から見てもイライラします(笑)。

アタシが代わりに決めてあげましょうか?なんて気になりますよ、ええ(笑)。

夫婦での関係性と外の恋での関係性、どちらも男女関係ですけど、

相手が変われば関係性も変わります・・・かね?(笑)

本音と建て前

来週から12月なんですねぇ・・・師走でございますよ、ええ。

いやホントにやはり今年も早かった(笑)。

怒涛の12月が目の前に、という感じですね、個人的には。

忘年会、一体今年は何回あるんでしょうか(笑)。

既に4つ確定、まだこれから入るらしい・・・お金が足りませんよ(笑)。

何たってね、アレですから、全員がオッサン、オッサンオンリーの忘年会ですからね。

もう臭いのなんの(笑)。

加齢臭が酒の肴だ、みたいな(笑)。

安酒呑んでオシマイですね、おそらく。

まぁそれが楽しいんですけどね、ハイ(笑)。

んー・・・本音と建て前。

皆さんにもあるんじゃあないですかね、本音はこうだけど、

建て前としてこう、みたいなのが生活の中で。

それはね、人間関係を上手く進めるために必要なことだったりもするし、

いや本音を言ったらオシマイでしょ、身も蓋もないみたいなのもある、かな(笑)。

あと・・・恥ずかしくて、認めたくなくて建前を言うとかね(笑)。

恋愛、外の恋にでもありますよ、きっとね、本音と建て前が。

外の恋をしました、もう草臥れました、懲り懲りです。

なんてことを言いながらも、実は密かに心ときめかされる人がいたり(笑)。

彼(彼女)がいるので、他の人とはお付き合いできません・・・と言いつつも、

この他の人が気になってしかたない、逢ってみたい気がする、とか。

建て前は正論だったり、常識だったり、バランスのとれた意見だったりする。

で、本音はその逆で、異論であり、非常識でもあり、アンバランスな意見。

だけど、それはとても分かっちゃいるんだけど、魅惑的なんだなぁ・・・(笑)。

鉄の意志、鋼の心でもって貫き通すことが正しい・・・のかもしれないし、

建て前を建て前として認識しつつ、捻じれた本音を許容することだって、

ありと言えばあり・・・なのかもしれませんよね。

要はそれを相手に見せるか、見せないか、認めるか、認めないか。

誰にも感情があり、感情は動くものであり、移ろうものでもあり、

人間何処かで自分を正当化しますから、必ず(笑)。

正解はあるようでないからね、外の恋。

最終的には自己責任ってことで。

無駄の積み上げ

最近の若い者は・・・なんてことを言う中年、それ以上の年代の人ってのは、

いつの時代にもいるもの・・・でしょうかね(笑)。

最近の若い者は・・・の後に続くのは大抵は批判めいたモノ・・・かなぁ(笑)。

アタシもね、かつては若い頃ってのがありました、ええ。

で、その若い頃には【最近の若い者は・・・】ということで、

批判・非難されたんじゃあないですかね、覚えてませんけど(笑)。

気が付けば今やアタシは、【最近の若い者は・・・】と言う側になっちまいましたねぇ・・・(笑)。

嫌がられるでしょうね、そんなことを若い者に面と向かって言った日には。

【うるせぇよ、ジジイ!】とか言われて、下手すりゃ刺されちゃったりしますね(笑)。

んー・・・何でこんなことを今日は書いているかと言うとね、

やはり【最近の若い者は・・・】と言いたくなることがあったからなんです(笑)。

少し前にね、20代の男女が集まる場所でちょっとした宴会がありまして、

お酒が入りますからね、段々と酔っ払っていい気分になってきて、

最初はあまり喋らなかった若い子たち、饒舌になってきました。

で、そういう場ですからね、若い子が集まりますと、恋愛話が出ますね。

ある子がね(男子、20代)、こう言いました。

【恋愛することが面倒】

【結婚はすると思うけど、お見合いでいいや、楽だから】

この発言にね、【まぁわかるよね、それもね】と言うヤツがいるんだね。

【恋愛する時間が勿体ない】とか、

【そもそも好きとかよくわからない】とかね。

アタシはテーブルをバーン!と叩いて彼らを諭しました・・・大嘘です(笑)。

只々聞いていただけです。

いや、ホントにいるんですね、こういう醒めたというか、対人に無関心と言うか、

あ、あとね、こうも言っていた。

【セックスも面倒臭い】(笑)

もう世も末じゃあないですかね、皆さん!(笑)

この若い子たちは将来どうなるんだろう・・・と、全く大きなお世話ですけど、

心配な気分になりました。

セックスするならオナニーした方が手っ取り早いし、楽だし・・・とか。

結婚するんですかね、ホントに。

そもそも恋愛もしない、結婚も興味なし、という人が増え続けているらしい。

もうこうなるとね、アタシがしているような外の恋など死滅しますね(笑)。

外の恋に辿り着かないんですから。

アタシは10代、20代前半と木端微塵に砕け散る失恋の連鎖、

モテよう、モテたい、モテなきゃ!と必死になってもがいて、もがいて、

そしてまた玉砕して(笑)の繰り返しでした。

今思えば、馬鹿なことをした、無駄な事をした、遠回りをしたと、

つくづく思うことばかりでもあります。

ですが、それを経て何故か諦めの境地に入った20代後半から、

どういう訳か、いわゆるモテ期のような時期がやってくる・・・。

結婚する前後にもアチコチで・・・いやそれは大袈裟(笑)・・・勃起と射精を

させていただいたように記憶しております。

全部、思えば全部が全部余計なことであり、無駄な事かもしれませんよねぇ・・・。

だって女の事を追いかけ回して、お金かけてアレもコレも企んで(笑)、

結婚後も今に至るまで断続的に外の恋でしょう?

最近の若い者は・・・の彼らに言わせたら、【オッサン、アンタはオカシイよ】と言うでしょう(笑)。

無駄かどうか、やってみなはれ。

そう言いたいですけどね。

無駄の中にしかないロマンもエロも憐憫もあるんだけどな。

あとね、もしかすると思いやりを学べるかもしれないよ。

夫と彼、妻と彼女

先日、某家電量販店に行ったんですよ。

買いたいモノを選んでレジに行きますね、最後に。

並んで待ってます、レジ前で人が。

順番に前に進み、アタシの番。

【お待たせしました、こちらのレジへどうぞ~!】という声、

その声のするレジへスタスタと歩いていきました、アタシ。

声の印象、若い女性、20代前半・・・レジに着いてレジの女性を見て、

アタシは思わず二度見をしそうになりました。

【えぇ?!あの声の主はアナタ?!】

アニメ声なんです、有名な・・・ハテ、誰だっけ・・・?

で、そのアニメ声の主、推定50歳の熟女です(笑)。

ふざけて出しているアニメ声かと思いたくなるような(笑)。

恰幅のいいオバサン・・・いや熟女が【お会計●●●円です~】なんてことでね、

アニメ声でしゃべるんです。

誰だっけ、誰だったかな~この声・・・とボンヤリ考えていたところ、

アニメ声熟女の制服にネームプレート発見。

【磯野】とありました。

イソノ・・・磯野さん・・・。

アタシは【ワカメだ!】と叫びそうになりました(笑)。

そうだ、そうだった!サザエさんのワカメちゃんの声だ!

で、その声の主の名札が磯野って・・・(笑)。

冗談かと思いました。

いや、ホントにね、ホントにワカメちゃんの声なんですって。

思わず隣のレジはフク田サザエじゃないかと振り返ってしまいました(笑)。

んー・・・今日まで3連休という人、多いんでしょうかね。

アタシは金曜日が日帰り出張で、会社に行きませんでしたので、

土曜日は所用もあり休日出勤でした。

天気もイマイチですねぇ・・・何気に肌寒いし。

こんな日は人肌の温もりに触れるのが一番ですかね(笑)。

さ、今日はね、アレです。

夫婦のことです。

夫婦、既婚でありながら、外で他所の人と恋愛関係、これが外の恋です。

外の恋をする理由も色々あると思いますよ、ええ。

夫婦円満でセックスもするけど、外の恋もする、いますね。

夫婦仲最悪、冷え切った関係、セックスレス。恋愛もセックスも外オンリー(笑)。

こういう人も沢山いますね。

夫婦仲が良くても悪くても、外の恋。

理由は色々なんです、ホントにね。

ただ、共通していることは案外多いように思えます。

それはね、現実の生活をこのまま出来るだけ平穏に進めるために、

そのために外の恋がある、というような。

夫婦仲最悪でも中々離婚できない、いざとなったらやはりできない、

そういう人って少なくないでしょう。

経済的理由だったり、子供の将来を考えて、とかね。

旦那には愛情を感じない、男としても何の感情も持てない、

唯々、ひとつ屋根の下で生きる共同生活者のような。

女を目覚めさせてくれる、忘れていた悦びを呼び覚ましてくれる人が

外の恋の相手、日常のあんなこともこんなことも全部忘れて、

セックスの快感に酔い痴れて過ごせる時間さえあれば、

またあの現実に戻る元気が出る・・・とかさ。

家のこと、旦那のこと、嫁のこと、子供のこと、職場のこと、

愚痴をね、吐き出すことができて、尚且つセックスまでできちゃうというね、

そういう相手が外の恋の相手。

日常を上手く回すためにいる存在かもなぁ・・・とシミジミ思うのでした。

【まぁ、いいか】ができる人、できない人

昨日は出張で新幹線に乗りました。

いや、デートじゃあない(笑)。

正真正銘の仕事、日帰り出張です。

朝一番の北陸新幹線に乗りまして、長野方面に向かった訳ですが、

昨日は金曜日、世の中的には平日ってヤツですね。

新幹線通勤、それから新幹線通学って人が思いのほか多いのには

新鮮な驚きでしたけれども、オバサン・・・いや熟女でした(笑)、

熟女の集団が新幹線車内に結構いましたねぇ・・・。

何て言うですかね、あの、ホラ・・・あ、山ガールってヤツですか。

山登りの格好してね、リュックなんか背負っちゃったりして。

山ガール・・・ではなく、元・山ガールの皆さま方は朝の6時台から

まぁ喋る喋る(笑)。

何でですかね、あのオバサンの・・・いや熟女・・・もういいや、オバサンで(笑)。

あのオバサンの高笑い、けたたましさ(笑)。

早朝よりテンションが高過ぎやしませんかね、いやホントに。

余りにも賑やかなので、ひとこと言ってやろう・・・と思い・・・ませんでした(笑)。

倍返し喰らいそうで・・・(笑)。

彼女がいつだったか言ってましたねぇ・・・オバサンは集まれば集まるほど、

傍若無人になると(笑)。

まさにその通りな気がしますねぇ・・・熟女もひとりひとりを個別にね、

並べて見てみたら、案外可愛いかったりするんでしょうけどね、

集団になるともうね、ある種のデモ行進のような(笑)。

んー・・・オバサンパワー、恐るべしです。

えー・・・と、アレです。

世の中には物事の白黒をハッキリさせたい人ってのがいますね。

白黒ハッキリしないとダメ、気が済まない。

中間色じゃあ許さない、白なのか、黒なのか、ハッキリせい!みたいな(笑)。

こと、人間関係でも、男女間のね、色恋沙汰でも白黒ハッキリ!の人がいます。

曖昧さはどうにも居心地がよろしくない、とかね。

一方で、その真逆な人もいますねぇ・・・。

大体でいいじゃないか、と。

白でも黒でも灰色でも(笑)、別に大丈夫じゃないの?みたいなね。

中途半端ではないんでしょうね、おそらく。

ハッキリさせないことがバランスだという。

人間関係、突き詰めようとすればするほど、居心地は悪くなる。

1から10まで全部をハッキリさせなきゃならない理由も実はない。

ないけれども、ハッキリさせないとダメなんだという人と、

その辺は緩々でいいんじゃないの、決めても意味ないし、なんてことでね、

ファジーな人、曖昧さの中で進めたがる人がいます。

どっちがいい、悪いでもないアレですよ、コレはね。

外の恋でもハッキリさせたい派と曖昧さ許容派、両方が必ずいます(笑)。

そもそも不埒でふざけた関係なんだから、大体のところでいいじゃんか、と。

探究も追求もせずに楽しく面白おかしくできたらいいでしょ、というのと、

例え不倫であろうとも、男と女の真面目な恋愛だから決め事はしっかり、

約束事は必ず、気持ちの在り処も状態も確認、確認、確認・・・!(笑)

ある人がブログでこんなことを書いていました。

【続く恋は何事も適当にやり過ごせる恋、続かぬ恋はお互いのいちいちを見過ごせない恋】

当たっていると思います、時と場合によりけり(笑)。

アタシはねぇ・・・適当でもあり白黒ハッキリでもあり、混在型ですかねぇ。

アタシのする外の恋ってのは、マジメに不真面目な関係を結んでいる訳ですから

お互いを雁字搦めにするようなことは、まずもってしたくないし、しちゃあいけないと思う。

けどね、じゃあ適当に、それこそテキトーに(笑)繋がってりゃいい・・・とも思わない。

そう、やはりバランスですな(笑)。

でもね、当たり前なことなんですけどね、コレは性格ですよね。

性格が違うモノ同士の外の恋なら、それが続けたい外の恋なら、

何処かでお互いに折り合いをつけなきゃ、それこそ続くものも続かない。

な~んてね、文字にして書くのはとても簡単だ(笑)。

外の恋占い

突然アレですけど、皆さんは占いってのをやったことがありますかね。

あの、アレです。街角とか駅ビルの中の一角で占い師がいて、

その占い師に色々見てもらう、そういうヤツ。

有名な占い師とかいるんですってね。

新宿だか何処だか忘れましたけど、長々と行列ができるほどの

人気占い師がいます。

並んでいるのは大抵は女性ですね。

大抵どころか、100%女性じゃあないですかね(笑)。

で、占い師も女性・・・でもないみたいですね、コレは。

貫禄タップリのオバサン占い師だったり、20代そこそこの若い女性占い師だったり、

あと、アレです、オトコの占い師もいますね。

夜の街で仄暗い行燈を机に置いてお客を待っている易者、見たことあります。

アタシはね、言わずとも・・・いや書かずともお分かりかと思いますが(笑)、

占いってモノを受けたことがない。

女性の皆さんは一度や二度の占い体験があるのかもしれませんね。

繰り返しますが、アタシは経験ゼロだ。

興味がない・・・って訳でもないけどね、わざわざお金を払ってまで・・・という感じです。

スポーツ新聞にも毎日出てますよね、今日の運勢なんてのが(笑)。

アレも占いです。

【方角、北北西が吉。トラブルの予感、暴飲避けよ、待ち人から朗報あり】とかね(笑)。

いいことも、悪いことも書いてある。

そりゃあそうですね。

いいことばかり書かれていたら嘘っぽさが際立っちゃいますから(笑)。

んー・・・占い、占い。

皆何を思い、占ってもらうんでしょう。

求めるモノは誰かの助言だったり、背中を押してくれる一言だったり、

迷いを断ち切るキッカケだったりするんでしょう・・・かね?(笑)

実際に占ってもらい、スッキリした、その通りになった、上手く行ったなんてことで

あの占い師はイイ!よく当たる!ってな評判になり・・・とかね。

そもそも人に相談できずに悶々とするお悩み系が占い師に持ち込まれるらしい。

んー・・・なるほど(笑)、確かにそうでしょうね。

例えば外の恋。

不倫、婚外、浮気。

コレを占い師に相談されたときに、占い師は何と答えるんでしょうね。

倫理観・道徳観に則った正論を述べるが如くに、諭すんでしょうか。

それとも人の道など関係なく、その不条理な恋愛を成就させるために、

【方角は南南西、アナタはしばらく紫色の服を着なさい】とか言うんですかね(笑)。

アタシもね、こんな風なふざけたブログを書いていますとね、

コメントいただく方から相談事のような内容をいただくことがあります、多々(笑)。

・・・にわかに占い師気分になります(笑)。

人知れず悩む外の恋のこと、誰にも言い出せず、アタマの中でモヤモヤするばかり、

それをコメントという形でアタシに送って下さっちゃう(笑)。

・・・いや、ありがとうございます。

全然イヤじゃあない、迷惑でも全くない、嬉しいくらいです、ホントに。

アタシのようなスケベオヤジに相談なんかして、アナタ大丈夫?みたいな、

そんな気分になることも多々ありますが(笑)。

まともなこと返せていないと思いますし・・・。

アタシも夜の街角でやってみますかね、占い師(笑)。

立て看板か何か掛けちゃってね、外の恋専門、なんて(笑)。

案外儲かるかな(笑)。

視線の先にあるモノ

ウチの会社に出産・育児休暇を経て復帰した女子社員がいるんです。

アタシがね、10数年前に面接して採用した女性です。

30代半ばに差し掛かる人妻、熟女の入り口に立つところ・・・ですかね(笑)。

元々美人でして、結婚し、出産を経て益々大人の女の色気っていうんですかね、

妖艶さと言いますか、見た目の綺麗さも増したように感じます。

今では部署も違うんですが、何たってアタシが採用した女性です。

元上司・部下であり、仕事の勘所をよ~く分かってくれているビジネスウーマンです。

気さくな性格で、アタシに何でも・・・何でもじゃあないんだろうけどね(笑)、

色々話してくれます。

先日、その女子社員・・・Aさんとしましょう。

Aさんが風邪を引き、体調すぐれない中、出勤してきました。

大丈夫?大丈夫です、みたいな会話の中で、風邪薬飲めないんですよ、なんて話になり、

え?何でなの?と返したところ・・・

【母乳で育てているので薬は飲まないようにしたいんです】と、こう言いました。

そこから何故か母乳話で盛り上がりまして(笑)・・・アタシの頭の中では

Aさんの母乳、オッパイ、乳首が渦巻いてしまう(笑)。

いや、母乳は興味ないぞ!(笑)

ですけどね、いやもう正直に言いますけど、Aさんの裸体を妄想して

会話をしながら実は股間は膨らんでいたという・・・。

アタシはやはり変態ですかね、ヤバイですね、ホントに(笑)。

・・・しかし、今日は何の話をしているんでしょうか(笑)。

よく巷で言われる事で、オトコの目線・視線がイヤラシイってのがありますね。

巨乳の女性を目の前にすると、胸ばかりを見てしまう、何度も(笑)。

それはね、確かにあるもんですよ、ええ。

見なきゃ逆に失礼だ(笑)。

ただ、誰が見るのか、誰に見られるのか、見られ方と程度の問題でもありますね。

アタシはね、初対面の女性・・・彼女だとか、そういうのは関係なくね、

最初に見るところ、それは・・・相手の股間です(笑)。

いや、冗談ですって!(笑)

いくらアタシがスケベでも股間をね、初対面の女性の股間を見ませんよ!(笑)

見るのは顔、もう少し狭めて、目、ですね、目。

そして髪型。

これはもう癖なのか、本能なのか、目と髪型は必ず見る。

そのあとにオッパイ(笑)。

いや、オッパイでもないかなぁ・・・顔全体、表情の印象ですかね。

偉そうに言いますけど、目と髪型、顔全体の印象で、その人のイメージが

大体わかる・・・と思いませんか。

合っている・合っていないは別として、大抵のイメージがつく。

女性の髪形、大事です。

ロングでもセミロングでも、勿論ショートでもね、その人に似合っていれば

好み云々はないんです。

長過ぎるのと短過ぎるのはアレですけどね、地面に引き摺るような超ロングとか、

少年野球の五厘刈りみたいな髪型は困りますけど(笑)。

アタシも見られているんでしょうねぇ・・・何処を見られているんでしょうか。

股間ですかね、やはり(笑)。

マズイですねぇ・・・この人、股間が膨らんでる!なんてね、下手すりゃ通報されます(笑)。

本当に見たいものは姿・・・でもあり、その内側にある心、気持ちだと思います。

外の恋も色々

今更驚くようなことは全くないアレですけど、

平日のディズニーランドってのも尋常じゃない混みようらしいですね。

土日祝日だけじゃなく、平日でも人がワンサカいるという。

アタシはディズニーランドもシーも人生で1回しか行ったことがない(笑)。

それもアレです、会社のイベントで20年以上前に1回だけ。

デートでディズニー、一度もない(笑)。

家族で子供を連れて・・・これも一度もない(笑)。

今更行く理由もありませんが(笑)、たぶんこの先の人生でも行くことはないでしょう。

何故、いきなりディズニー云々のことを書いたかっていうとね、

外の恋をする男女がディズニーデートを楽しんでます~!みたいな話を

ツィッターで見かけたからなんです、ええ。

2人で仲良く並んで・・・どころか体を密着させて、写メを撮ったのを

顔の一部だけモザイク処理をしてアップしているんですな。

断っておきますが、男女とも既婚者ですよ(笑)。

アタシが口あんぐり状態で驚いているのは、

何万人がいるであろうあのディズニーの施設内で独身同士のデートのように

堂々とイチャイチャできること、不倫の2人が白昼のディズニーで顔面晒してデート、

それをツイッターにアップしちゃうということ・・・等々(笑)。

いや、アタシの方がオカシイんですかね。

そんなのどうってことないじゃんか、と。

外の恋でディズニーデート、当たり前にやるでしょう、と。

もし万が一、アタシが彼女とディズニーデートするとしたらね、

アタシは人相が分からぬ状態にまで変装します(笑)。

何ならアトラクション側に紛れ込んでみましょうか(笑)。

2人とも、この外の恋の2人共にディズニーが大好きなんだそうですよ。

2ヶ月に1回位、ディズニーデートだって話ですからねぇ・・・やはり驚く(笑)。

遠距離婚外、近距離婚外、至近距離婚外(笑)、外の恋にも色々ありますが、

地元同士で駅前の居酒屋デート経由の駅前のラブホでセックスってのを

安定の定番コースにしている(週2、時には週3!)外の恋カップルもいます。

みんな凄いなぁ・・・堂々としてるねぇ・・・なんてことでね、妙に感心しちまいますよ(笑)。

アタシんところは2~3カ月に1回、新幹線で中間地点で落ち合うデート。

コソコソした密会です(笑)。

コソコソしようが、堂々としようが周囲にある目が変わる訳じゃあない、とは思いますが、

いや、でもね堂々とはできないよねぇ・・・(笑)。

デートは年に2回、それ以上はお互いにムズカシイという不倫の2人がいて、

その2人は今年5年目を迎えたとか、そんな話もあります。

いやぁ・・・人それぞれ、求めるモノは色々ですね。

2人が一番いいと思うあり方、やり方でいいということですかね。

お互いさまのオッサンとオバサンの恋愛

土日と関東地方は雨降りでございましたねぇ・・・。

生憎の天気だったという人、いやいやそんなことはなかったという人、

どちらもあるんでしょうけど、アタシには生憎の雨模様でした。

土日に外でする趣味のスポーツが雨で流れましたんでね、

これはこれで結構ガッカリなんですよ(笑)。

1週間の疲れを癒す、また1週間の活力を生むためだったりしますからね。

そんなこんなの土日でしたから、雨が上がった後、夕方にね、

ちょっと散歩に出かけてみました。

散歩なんて滅多にしないんです、ええ。

いいもんですね、夕方のお散歩ってのも。

雨上がりの匂い、夕餉の準備をする匂い、音、暮れていく西の空。

秋から冬へ移ろう頃の夕方の匂い、好きですねぇ・・・。

ひとっ風呂浴びて、ビール呑みつつ、今に至る、です(笑)。

風呂場の鏡に写るアタシの姿を見て、あぁ、オッサンだなぁ、とことんオッサンだなぁ、と

しみじみ思いました(笑)。

オッサンですねぇ・・・でも恋もします、セックスもします(笑)。

彼女は47歳、自他共に認めるオバサン真っ只中ですね(笑)。

オッサンとオバサンの恋愛でございますね、いや全く。

あるサイトのアンケートで、男が思うセックスの時に思うオバサン行動ってのがありました。

アンケートに答えているのは30代男性です、ここお忘れなく(笑)。

アンケートの第1位は【お腹にパンティの痕がクッキリついている】

第2位は【騎乗位で下っ腹の肉が大揺れに揺れる】

第3位【悶え声がデカイ、野太い】(笑)

第4位【ホテルの備品(シャンプーとかパックとか)を残さず持ち帰る】

・・・以下略(笑)。

アタシね、この結果を見て思いました、全部アタシの彼女だ(笑)。

いや、アタシの彼女、歴代みんなそうじゃねぇ~か!(笑)。

さすが、オバサンだ!(笑)

いや、オバサンなんですかねぇ・・・若い女の子だって備品持ち帰ったりするし、

下っ腹にパンティの痕があるでしょってーの(笑)。

アンケートに回答しているのが30代男性ってのがね、これが特徴的ですね。

アタシくらいの世代にしてみればね、オバサンだなぁ~と思うアレコレに対して、

すべて好意的、どころか愛おしささえ覚えますからね(笑)。

パンティどころかブラジャーの痕がクッキリとついたカラダで、

騎乗位で下っ腹のお肉をブルンブルン震わせながら、

野太くデカイ声で悶え乱れる姿、最高じゃあないですか。

30代男子はその点がね、まだまだ分かっとらん!ですね(笑)。

30代女子が思うセックスの時にオジサンを感じるアンケートがあります。

第1位【最中に息切れしている】(笑)

第2位【中折れする、そもそも勃起しない】(笑)

第3位【早い、2回戦目がない】(笑)

30代女子、労わる気持ちが足りないですねぇ・・・オッサンを敬わないと、もっと(笑)。

でもね、確かにあると思います、このアンケート結果。

オッサンとオバサンのセックスはお互いさまですね、ホントにね。

円熟ですよ、円熟。

若い子には分かんない味わいがあるんだ、いやホントにね!(笑)

微力というサポート

11月も半ばになりますねぇ・・・。

段々と冬らしくなってくるんでしょうけど、

先日沖縄へ出張に行った友人が気温30度でマイッタ!と言っておりました(笑)。

東京から沖縄へ。

当たり前のように冬物のスーツで飛行機に乗り込み、

那覇空港に降り立ったら真夏だったというね(笑)。

汗だくだったそうですよ、沖縄出張は(笑)。

そうかと思えば、北海道はもう気温10度を下回る日が当たり前です。

日本には四季がありますが、同じ日に南と北でも四季がありますね(笑)。

さて、巷では風邪引き、インフルエンザ、段々と増えつつあるようですね。

ウチの会社にもマスク姿の病み上がりが何人かいます。

アタシはね、健康そのもの、元気でスケベなオッサンです!(笑)

まぁとは言えね、50過ぎですから。

アチコチにガタも出てきますね、実際。

女性も40代、50代は体調に大小様々に変化があるようですね。

健康診断はしっかりと受けなきゃダメですよ、皆さん。

元気で健康であればこその外の恋でもありますから(笑)。

んー・・・アタシの彼女ですけどね、

このところ元気がないですね、イマイチどころか、イマニ、イマサンくらいに(笑)。

詳しい話は聞けていませんが、どうですかね、更年期障害ですかね。

アタシはオトコですから、まぁ関係ない・・・でもないんですってね。

オトコにもある更年期障害は。

女性のそれに比べたら圧倒的に少ないんでしょうけど。

どうも元気が出ない、気持ちが上がらない、そんな毎日なんだそうです、彼女。

アタシは医者じゃあないんでね、まぁ専門的なことはわかりません(笑)。

いや、例え医者であったとしてもね、彼女に何か処置なり、治療的なことをさ、

できるかと言えば、やはりできませんね。

何たって不倫関係ですから。

アタシにも彼女にも家庭がある、家族がいる。

彼女には旦那しかいませんけど、彼女の旦那が不調の彼女をケアするべきだ。

・・・しないと思うけどね、あの旦那はね。

DVでワガママで家事のひとつも絶対にしない旦那だそうですから。

熱があろうがお腹が痛かろうが、家事をしろ、飯を作れ、

誰のおかげで生活できていると思ってる!が口癖のヤツですから(笑)。

あ、やめましょう、他所の旦那の悪口を言うのは(笑)。

ただ、アタシは思います。

いいことも、そうじゃないことも、何であれ外の恋の相手の実生活には

一切関わっちゃあいけないんだということを。

彼、彼女が病んだとき、それに対して何かができたとしても、

できることは限定的で、場合によってはできることさえもしない方がいい。

大きなお世話でもなく、むしろお世話するべきであっても、思いとどまる。

ほぞを噛む思い・・・ですかね。

メールやアタシはやりませんけど、LINEとかね、そういうツールで

疎通することはできます。

文字で、音声で、相手に励ましなり、慰労なりを伝えることはできても、

それから先の事は、やはりできないという。

もどかしいですね、外の恋。

セックスのあとに

先日、ある場所で体力測定のようなことをする機会がありました。

のようなこと・・・という微妙な言い回しですが(笑)。

趣味で長年やっているゴルフ、そのスイングの速さ、スピードをね、

計測したんです、専門店で。

で、アタシはね、何たって50歳を過ぎたオッサンですからね、

決して若者じゃあない(笑)・・・当たり前だ(笑)。

アタシの計ったスイングスピード、平均的な50代に比べたら、

圧倒的に速いんだそうです、結果を見ると。

30代半ばくらいとか・・・いやぁ何だかね、嬉しくなりますよね(笑)。

まだまだアタシも捨てたもんじゃあないね!なんてね。

すっかり気分が良くなっちまいまして、新しい道具、買いました(笑)。

・・・今思えば、おだてることで買わせる戦略にまんまとハマったというね(笑)。

まぁでもね、実際欲しかったモノでもあり、いい買い物をしたと思います。

新しいモノに買い替える。

あと何回買い替えるかな、と時々思うことがありますね。

例えばクルマ。

免許証の書き換え、あと何回やるのか、できるのか、とか。

クルマなんか長く乗ろうと思えば、もうあと1回でオシマイかも・・・とかね。

そう思うと何だか寂しさも感じたりしますねぇ・・・。

・・・前置きはこの辺で納めておきましょう(笑)、毎度長過ぎますね(笑)。

外の恋の場面でも、あと何回・・・なんてことをね、思ったり考えたりしませんかね。

あと何回セックスできるかな、とか(笑)。

アタシ、やはりね、肉体の衰えとは言いたくないけど、体力の劣化はね、

セックスしていても思います、感じます。

頭の中では嘗てのこと、当時の事を思ったり、実際にしようと思ってみても、

カラダが付いて行かないことがある(笑)。

まぁ、そういうモノなんだと思いますけどね、誰しも。

永遠の20代、射精しても射精しても、まだ尚、射精できる、勃起する、なんてことをね、

50過ぎのオッサンがやってたらオカシイでしょ(笑)。

射精しました、そのあとにぐったりと脱力、ふぅ~っと息が出る。

しばらく何もやる気がない・・・コレ、賢者タイムと言うんですね。

あの、セックスのあとに急に男が冷たい態度を取る、そそくさとシャワーを浴びに行く、

そういう行動にも似ていて、いや重なるところが少なくなく、

そうなると女性はこう言いますね、

【所詮、セックス目当て】と(笑)。

かもしれないけど、そうではなく賢者タイムかもしれない(笑)。

付き合い始めた頃ならさ、お互いが新鮮ですからね、

射精しても即、またしたくなる、で、実際にする、なんてことがありましたね(笑)。

それがなくなっていく、減っていく。

それが飽きなのか、慣れなのか、安定なのか、見方は色々でしょうけど。

でも、賢者タイムというのは確かにある。

【射精直後の男性に起きる思考で、性的興奮のエロモードから一変、性的対象に関心が持てなくなる

性的対象に対して嫌悪感すら抱く場合もある性的欲求が一切取っ払われた状態】

これが賢者タイムです。

女性にもあるらしいですよ、いやホントに。

オトコから射精後にすぐまた求められるとイヤになる、背を向ける、とかね。

セックスは相性が大きくモノを言いますからねぇ・・・合う合わないがハッキリでますし。

やってみてわかること、でもありますし(笑)。

逆に一度やってみないことにはわからない・・・ことでもあるかな(笑)。

ただね、賢者タイムがどうこうではなく、セックスそのものに人間性は出ますね。

これは男女ともに間違いなく(笑)。

覚悟はあるか、必要か

月曜日でございますね、今日は。

いや、特に意味があっての発言じゃあございませんが(笑)。

今日はね、これからアレです、呑むんです。

月曜から呑み会、やっちまうんですねぇ・・・。

今週はこうなると、もう長い、長く感じることになる(笑)。

早めのお開きとなりますか、どうか・・・。

覚悟なんてことを題名に書いておりますが、

覚悟・・・なんだか重々しいですね、文字にしてみても。

決意とか決断みたいな意味合いですかね、覚悟って言葉は。

ちょっと調べてみましょう(笑)。

・・・辞書によりますと、

【危険なこと、不利なこと、困難なことを予想して、それを受けとめる心構えをすること】

であり、また、

【きたるべきつらい事態を避けられないものとして、あきらめること。観念すること】

なんだそうですよ、ええ。

やはり、重たい、重々しい(笑)。

んー・・・覚悟、外の恋の。

辞書で調べた覚悟の意味とつなげると、外の恋の覚悟ってのは、

その終わり、オシマイに対する覚悟、ですかね。

彼、彼女と別れる、ピリオドを打つ覚悟。

外の恋をする皆さま、覚悟をお持ちですかね。

そんなことは考えたこともない、考えたくない、考えないようにする(笑)。

そういう人もたくさんいらっしゃると思います。

なるようになる、そのときになって考える、感じたままでいいじゃん、と。

一方で、覚悟がある、既にある、常にあるという人もいるでしょう。

その時にはこうする、こうしよう、もう決めてある、と。

アタシはね、後者です(笑)。

もしも、もしも彼女と別れるときが来たならば、

アタシは100%それを許容します。

彼女から別れてくれと言われたら、即時了承です(笑)。

ごねることも、粘ることも、反論も反抗も一切しないですねぇ・・・。

好きだったら、恋愛感情があったら、そう簡単に割り切れるものじゃない、と

そういうこともね、そりゃあそうだ、その通りだと、思っておりますよ、ええ。

でもさ、不倫ですから。

そもそも足場があって、ないような、危ういところで重ねた関係ですからね、

諸事情あって、その諸事情がなんであれ、本当であれ、嘘であれ、

別れが来たら、それまでのこと。

そういう覚悟はずっとあります、その昔から(笑)。

・・・アタシとお付き合いするとね、そういう意味では楽ですよぉ(笑)。

ストーカーになりませんから、まず間違いなく(笑)。

アッサリしたものです、あまりにも(笑)。

なので、逆に拍子抜けされたりね、過去にありました。

逆もありましたけどねぇ・・・ごねられた、粘られた、泣き叫ばれ、付き纏われた(笑)。

まぁそれも経験、勉強になりましたけど。

キレイごとだけじゃあ済まないこともたくさんあるけどね、

でもさ、アレですよ、爽やかに、できるだけ爽やかにいたいじゃあないですか。

外の恋でドロドロするなんてまっぴらゴメンですもん。

続く外の恋と、続かない外の恋と

この数か月で、ウチの会社にアルバイト・パートの女性が

数名入りました。

図って入社させた訳じゃあないんですが、全員が熟女です(笑)。

いや、ホントにね、選んで熟女ってことじゃあないんだ、ホントに。

この人たちの採用にはアタシは微塵も関わっちゃいないんですから。

ということは、この人たちの採用に関わった人が・・・熟女好きとか?(笑)

いや、どうですかね。

そうかもしれませんが・・・社長ですけどね、70歳の(笑)。

熟女好き・・・でしょうね、きっとね(笑)。

で、まぁそれはそれとしてですね(笑)。

アタシの働くオフィス、フロアにその新しく入った熟女の方、数名います。

皆、奥さんです、人妻です。

いや、そんな目で、イヤラシイ考えなど微塵もない・・・とは言えませんが(笑)、

40代、50代の奥様方、皆さんホントに若々しくお綺麗でいらっしゃる。

やはりアレですかね、外に出て働く人たちってのは、

気持ちがピシッとしているというか、緊張感があるというか、

いいもんですね、ええ。

目の保養になります。

ややもすると、うっかり勃起してしまいます・・・嘘ですよ!(笑)

いや、でもね。

アタシは不謹慎ながら思います、このウチの会社に入った熟女の方々も

ひょっとして外の恋をしているんじゃなかろうか、と。

実に失礼で身勝手な想像、妄想ですね(笑)。

でもなぁ・・・アタシにはその匂いがする気がね、どうも漂うんだなぁ・・・(笑)。

いや、わかりません。

勝手な思い込み、妄想ですよっ!(笑)

外の恋、アタシも長年に渡り、繰り返してきました。

短い期間で終わった外の恋もあれば、長く・・・今の彼女とのそれが

最長不倒記録更新中な訳ですけどね(笑)。

前々から分かっていたことではありますが、長く続く外の恋と、

そうではない外の恋、短く終わるそれとの違い。

皆さん、わかりますかね。

きっとお分かりの人、たくさんいらっしゃると思うけど。

適当にしておくのが長く続く外の恋の理由になりませんかね。

適当にする・・・何事も。

程々にするとも言い換えることが出来ますかね。

こだわらない、突き詰めない、とかね。

恋愛ですからね、外の恋も。

ですから好きという感情がある。

好きが過ぎると、拘束が始まりませんか。

深入りしたがり、知りたがることが増え続ける。

物心ともに自分に向けてもらわないと不安で仕方ない、とか。

そもそも外の恋は他所の家庭の奥さんや旦那さんを

無許可でお借りしてセックスの相手になっていただくというね、

そういうアレですからね。

都度都度、ご自宅へご返却しなければなりません(笑)。

連続して持ち続けること、ダメなんですよね。

そこをわかっていても、気持ちが感情が言うことを利かない人がいて、

そういう人の外の恋を見ると、大抵は修羅場だったりいがみ合いだったり、

果ては泥沼化だったりしませんか。

そうならないために、あえて引く。

引いたところでOKとする。

それが時々ね、時々冷めたというか、冷たい印象になったり、

マンネリだ、平凡だ、と不満になったりもするんでしょうけど。

でも、平穏に静かに続く外の恋をお望みなら、

アタシはこうあるべきかな、と。

そう思うのでありました。

外の恋のデートスポット

今日もいい天気ですねぇ・・・。

昼間はまだまだ暖かい、朝の気温と随分違いますね。

昨日だったですかね、北海道の何処かで最低気温と最高気温の差が

25度位あったとか。。。

真冬と夏が同じ日にというね、何を着たらいいのか、困りますね(笑)。

そんなこんなの気温差のせいでしょうか、風邪引いたって人がチラホラ。

これからインフルエンザの季節でもありますからね。

年末に向けてイベント盛りだくさんの人も多いでしょうから、

体調を整えておきたいものですね。

デートもね、体調万全で臨みたいじゃあないですか(笑)。

気力・体力充実の中でデートしたいですよね、セックスだけじゃなく(笑)。

アタシの場合ね、何たってもう朝一番からラブホへ籠城しますから。

世のサラリーマンの方々が始業前、通勤途中のその人の波の中を

すり抜け、かき分けるようにしてラブホへ入る(笑)。

8時間位立て籠もるんです(笑)。

その時間、ほぼ全裸です(笑)。

デート=セックス+そのあとの夕飯。

そんな感じです。

映画館に行く、公園をお散歩する、ショッピングモールを歩く・・・

そんな風なデート、皆さんは・・・外の恋をする皆さんはするんでしょうかね。

アタシはアレだなぁ・・・今の彼女に限らず過去もね、ほぼ全員ともに、

ラブホ籠城+夕飯というね、この黄金の組み合せで推移しておりますね(笑)。

いや、ホントにスミマセン。

他にすることないのかよ、と突っ込まれそうですけどね。

アタシは・・・というか、歴代の彼女もそうだったと思うんですけどね、

人目につく、人の目に触れる場所に出没したくないんですよね、ええ(笑)。

堂々とお天道様の下を歩けない(笑)。

時々、外の恋のデートを堂々とされている方々のブログやツイッターを

拝見することがありますが、いやホントに驚くばかりです。

地元の駅前の居酒屋で外彼と呑んで、そのまま駅前のラブホへ行った、とか。

レンタカーを借りて地元まで迎えに来てもらってディズニーランドへ行った、とか。

あの、念のため言いますけどね、コレ全部W不倫の人たちですよ(笑)。

恐ろし過ぎますよ、アタシには。

バレやしないのか、知り合いに見られたらどうするのか、思わないんでしょうかね。

案外大丈夫なモノかも知れません、灯台下暗しとかね、言いますしね(笑)。

いやぁ・・・でもアタシには無理だね(笑)。

アタシなんか新幹線に乗って自宅から数百キロ離れた場所でデートしてても、

人の目を気にしてますから、ええ、ホントに(笑)。

ふとね、ここまで書いてきてふと思いました。

アタシの彼女、歴代の彼女、皆ホントはつまらないデートだと思っていたかな、と。

セックスだけ、何度も何度もセックスだけ、そして飯食って終わり、

それで楽しいのか、嬉しいのか・・・なんてことをね。

まぁね~でも、ホントにゴメンナサイだよね。

セックス好きだし、一番安全安心な隠れ家になるからね、その場所は。

多分、きっとこれからも、このデートは変わらないんだろうなぁ・・・。

外の恋適齢期

昨日は祝日ってことでね、仕事が休みだった人も多いでしょう。

アタシはアレです、休日出勤しましたんで、ええ(笑)。

いつも通りに今日は今週3日目の水曜日というね、そういう気分です。

昨日休みだったことで、今日がまた月曜気分な人、いるみたいですね。

ブルーだ、気持ちが上がらない、なんてことを言う。

でも、明日明後日でもう週末じゃあないですか、ねぇ?(笑)

今月は勤労感謝の日が月曜ですから、またもうすぐ3連休ですよ。

それが終わればもうね、師走直前というね、いやぁ・・・年末まで、あっという間ですね。

昨日、休日出勤のあとに野暮用で銀座へ出掛けました。

銀座で買い物・・・なんてことはない(笑)。

アタシはそんな高級品を買い求めるような、そんなアレじゃあないですから。

ま、でもね、行きました、銀座の有名デパートへ(笑)。

用事が済んで、エレベーターで下へ、1階フロアへ降りようと下がるボタンを押して

アタシは待っていたんです。

するとね、アタシのあとに推定60歳過ぎの女性が来まして、

エレベータの上がるボタンを押しました。

上ったってね、もうあと一つしかフロアがないんです、上には。

階段で上がってもすぐだし、エレベーターを待つ間に階段を使えば早いのに・・・

なんてね、思いませんか。

見たところ足が悪そうでもなし・・・。

下からエレベーターが到着して、乗ってた人が全員降りた。

さぁオバサン、アナタ乗りなさい、と、思う訳です。

・・・乗らない(笑)。

アタシ、関係ないですから、みたいな雰囲気と表情で(笑)。

そのあとね、結局そのオバサンは上から下がってきたエレベーターに乗り込んで、

アタシと共に1階フロアまで。。。

押し間違えですかねぇ・・・単なる。

と思って、家で女房にこんなことがあった、と言ったら、

【あ、ソレは下にあるエレベーターを上に上がって来い、の意味だと思うよ】と(笑)。

いるらしいんです、下ボタンは上から下に呼ぶ意味、上ボタンは下から上に呼ぶ意味、

そういう捉え方のお年寄り世代が(笑)。

いや、います?!ホントに???(笑)

教えてあげたくなりましたね、昨日の女性に。

いやその前に、昨日の意味を聞いてみたい(笑)。

押し間違えですか、それとも上がって来い!ですか、と(笑)。

いや、スミマセン。

今日もまた全然関係ない話を長々と書いてしまいました(笑)。

外の恋適齢期なんて題名でしたね。

そんな適齢期があるとは到底思えませんが(笑)。

外の恋、不倫、それをする年齢には一定の割合があるんだ、と。

30代半ばあたりから~40代にかけて、初めての外の恋というね、

そういう人が男女ともに多いらしい。

理由はまぁ色々あるんでしょうけどね。

ただ、子供が手離れし始めた頃の女性ってのが、シェアとして多い、と。

子育て一段落、もう今までのような手間暇がかからなくなった、

髪を振り乱して家事と育児をしてきた自分が、ふと何なんだと。

このまま女でなくなってしまうのか、と。

で、そこで何かキッカケが生まれて外の恋デビュー。

結婚歴5年位で子供がいない夫婦というのも、外の恋に向かう傾向はあるとか。

コレはアレですかね、単に飽きちゃったとか、脱マンネリをしたいとか、ですかね(笑)。

子育て一段落も、そうではない場合でも、結婚して数年からそれ以上が経過しますから、

上手い具合に女は熟女になっているというね、そういうアレですね(笑)。

アタシにとっては喜ばしい経年劣化・・・いや劣化しなくてもいいんですけどさ(笑)。

なんてことで、年齢を見てみると、やはり外の恋はオッサンとオバサンが

思う存分に楽しむべきもの・・・そんな風に思えてやきませんかね、皆さん!(笑)

外の恋のキリカエ力

キリカエカじゃないですよ、片仮名のカじゃなくて力、

チカラですよ、最後の字は(笑)。

キリカエリョク、切り替えるチカラ。

物事全般、自分の身の回りでいいことも、そうじゃあないことも、

毎日たくさん起こりますね。

いいことばかりじゃあない、残念ながら。

悪いことばかりでもない、と思います(笑)。

まぁね、悪いことばかりが続くよね、なんてね、思う人、感じる人もいます。

でも、アレですよ。

悪いことだと思うから、そう思えてしまう訳で(笑)。

そんなに悪いことでもないんじゃねぇ~の?と思うように仕向ければ(笑)、

人間不思議なモノでそういう気分になったりします、いやホントに。

・・・あ、始めから脱線気味ですね(笑)。

まぁ何ていうんですかね、色々な出来事がありますね、日々。

で、ありがたいことばかりじゃあないと。

そういうね、何かこう残念な、凹むような出来事があったときに、

気持ちをキリカエられる人と、中々そのキリカエが上手く行かない人がいますね。

引き摺ってしまう、長々と尾を引いてしまう。

未練と言う言葉に似ていたりもしますね、キリカエが上手くない背景にあるものは。

外の恋のことを書くブログですから(笑)、外の恋のことに絡めてのキリカエについて、

まぁ書く訳ですけどね(笑)。

例えば好きな人ができました、と。

自分も相手も既婚者です、と。

で、気持ちを伝えました・・・で、断られました、と。

結果、激しく落ち込む人がいます(笑)。

人生の一大勝負に挑み、木端微塵に打ち倒されたかの如くに(笑)。

ダメなら次、次を探しませんか、とはならない・・・らしい。

また他にもね、例えば外の恋でお付き合いしました、と。

で、理由は何であれ、別れなきゃなりません、と、こういう時に。

振った、フラれたの真逆の関係がそこにあるんだとして、

フラれた側が悲しかったり、嘆く気持ちはそりゃわかる。

わかりますけど、長々とそこにとどまり続けるのはどうか、と(笑)。

アタシなんか、もうね、アタックしてダメだったら1分後にはその人を忘れます(笑)。

付き合っていた人妻にフラれたら、翌日には別の人妻を・・・いや冗談ですって(笑)。

・・・んーでもね、気持ちの中に引き摺るモノは残さないかなぁ。

いい思い出だけ、それだけを忘れずに、あとは全部忘却ですかねぇ・・・。

こと、外の恋などと言う不埒で破廉恥で、人の道に外れたアレですからね(笑)、

それをわかっていながら、尚且つそういうことをしたがるわけですから。

サッサとキリカエて次に行くなら行く、しばらく休止するなら休止、

メランコリックな気分に浸るのはアタシはしないんだなぁ。。。

魅惑のネギラーメン熟女

先日、昼飯を食いにラーメン屋へ入りました。

平日の昼飯ってのは、アタシはほぼ一人ですね。

何たって営業マンですから。

出先、客先への移動の合間に一人昼飯、大抵はそうなります。

ですから、4人とかが座るようなテーブル席にはまず座れない(笑)。

ほぼほぼカウンター席か、テーブル席なら相席です。

先日のラーメン屋では相席になりました。

アタシの座る向かいに先に座っていたのは、女性。

おひとり様ですね、この女性も。

女性・・・見た感じの印象で言うとね、40歳少し手前かな~

いや、30代半ば過ぎかな~という年齢の。

ま、いわゆるアレですね、熟女です(笑)。

一人でラーメン屋に入る女性、まだまだ少数派ですよ、ええ。

皆、変に自意識があるのか、恥ずかしくて一人で入れない、なんてね、言うんだ。

誰も見てないっての、アナタのことなんか(笑)。

いやホントにそうなんだって。

勇気を出して行ってみよう!(笑)

・・・話を戻しますよ~(笑)。

その女性の注文したモノ、アタシより先に出ますね、

アタシより先に座ってたんですから。

【お待たせしました~!】ってことでね、その女性の前に置かれたのは

【ネギラーメン大盛りお待たせしました~!】(笑)

最近のラーメン屋ってのはボリュームが凄い店が多いでしょ。

で、その出てきたネギラーメンね、大盛りの。

凄いのなんの(笑)。

細くカットされたネギ、赤々とした唐辛子がまぶされた山脈のようなネギ、

これをこのオバサン・・・いや、熟女が食うのか?!食えるのか?!と・・・。

アタシの注文した味噌ラーメンもやがて到着しました、大盛り、勿論です!(笑)

アタシはまずね、そのネギラーメン大盛りというね、ネギ臭さを全く厭わないというか、

アナタ、これから午後も仕事じゃないの?と心配したくなるような、ネギの匂いをね、

きっと漂わすことになるであろう、このネギラーメン大盛りを食す熟女に驚愕です。

凄いの、食べ方が(笑)。

女性って麺類を食べるとき、音を立てないように、立てないようにしますよね。

いや、日本蕎麦なんかホントは音を立てなきゃダメなんですけどね、

女性はお上品に食べたがる(笑)。

ところがね、このネギラーメン大盛り熟女は(笑)、【ズズズー!ズボッ!ズバッ!】って

豪快な吸引力であっという間に平らげちまったんですよ、ええ。

アタシまでペースに巻き込まれて、味噌ラーメン大盛りを超早食いしてしまいました(笑)。

いや、見事な食べっぷりにアタシは・・・何ていうんですかね、んー・・・萌え?(笑)

見た目のイメージとのギャップですね、コレは。

とにかく男の、それも食欲が底なしの男子高校生のような食べ方、惚れました(笑)。

で、レジでお会計をする訳ですが、アタシのひとり前にそのネギラーメン熟女。

【690円です~】っていう店員に何を思ったのか千円札と数枚の百円玉と十円玉を・・・。

何だよ、アレ。何で小銭バラバラ出しちゃってんのさ~(笑)

お金の計算できないの?なんて思ったんですけど。。。

【おつり、650円ですね~】って500円硬貨と100円硬貨、50円硬貨の3枚。

何?何?何~????

アタシは720円の大盛り味噌ラーメンに千円札一枚出して、

280円分のご銭をジャラジャラと受け取った訳ですけどね、

店を出て、おつり650円の謎・・・謎でも何でもないけどさ(笑)、

わかりました、1,340円を出しておつり650円を貰ったんですね、あの熟女は。

シンプルに、いや全くシンプルに驚きというか、新鮮なモノを見た思いというか。

アタシ、50年以上生きてきましたけどね、レジであの計算、頭の回転は

見たこともなければ、自分でやったこともない(笑)。

頭いい~!(笑)

いや、そんなアレでもないか(笑)。

でも、ちょっと凄いな、と思ってしまいましたねぇ・・・。

あの大盛りのネギラーメンをブルドーザーのように片付けていく姿、

レジでの支払い。。。

ああいうのにアタシは弱いね(笑)。