FC2ブログ

出逢い、めぐりあいから始まる | 大人がする外の恋

出逢いは偶然か必然か。めぐりあいは運命か。それは大人の秘密の恋。

期待と不満の狭間に

すっかり秋、しかも秋雨の日々ですね。

もうシャワーでは風邪を引きそうな、湯船で体を温めたい、そんな陽気です。

天気予報を見ると今週も雨マークが並ぶ関東地方。

夏の終わりは不意に、あっという間に、という感じで間もなく9月ですね。

秋になればすぐに寒さを感じる日が増えて・・・すぐでもないんでしょうけどね、実際は(笑)、

何気に振り返ったら冬の足音ですよ、ええ。

何が言いたいかというとね、心底一年経つのが早いよね、と(笑)。

意味なく焦りますね、ホントにね。

気が付けば還暦、そんな日が来るんじゃあないかと、不意に(笑)。

アタシはその日その時、スケベなオヤジ・・・いやジジイですかね(笑)、

懲りることなく外の恋に邁進しているんでしょうかね、果たして。

今の気持ちで言えばね、間違いなくスケベオヤジ・・・いやスケベジジイでいたい(笑)。

あ、あのね、アレですよ、独りよがりの他人の迷惑顧みずなジジイじゃなくね(笑)、

相手の気持ち、恋愛模様の心の機微を分かるジジイでいたいですねぇ、ホントにね。

で、チンコも元気でそれなりに、今の彼女かどうか、相手はわからないけどね、

外の恋のセックスを今のような8時間に4回も5回もしなくていいから(笑)、

楽しめるカラダでいたいもんですね、希望としては。

んー・・・アレですね、年齢がどうこうではなくね、バランス感覚に優れた、

優れなくてもいいんだけど、そこそこバランスがいい人でいたいですね。

常識というか、場やシチュエーションを理解できる感覚というか。

外の恋をする皆さん、彼や彼女に不満ありますかね。

ある!あり過ぎる!という人、いるんでしょうねぇ・・・(笑)。

不満など全くない、という人もいるんでしょう。

不満がない、全然ない、というね、そんな外の恋の関係なんかあるのかと、

不満だらけの人にしてみたら、信じ難いアレでしょうね。

アタシね、アタシはね、外の恋の相手、つまり他所の人の奥さんですけど(笑)、

その人にね不満を感じたことは一度もないんだ。

感じたことがないと言うよりも、感じる思考回路がない(笑)。

いや鈍感でバカで人の気持ちがわからないダメなヤツではないですよ。

いい意味で諦めがあるんです、そもそも。

望まないというかね、そもそも。

期待しないというかね、はじめから。

外の彼女は他所の人の奥さん、だからアタシのものではない。

例え旦那に憎悪さえ感じるような冷え切った夫婦の、

その片割れである人妻がアタシの彼女だとしてもね、アタシのものではない。

逢ったその日、その許された時間の中でお互いが求めるモノ、セックスの快感と、

過ごす時間の共有だけ、それだけで充分なんですよ。

要求などない、それ以外に。

離婚して再婚しようなんてね、そんなこと欠片も思わないし、

それじゃあ外の恋でもなんでもないもんね。

ましてや外の恋の関係だから、都合のいい関係だから成り立つ訳で、

実生活に踏み込まなければならない結婚に、いや再婚に向かうなんて

あり得ないよね。

外の恋だからあの人といい関係でいられる訳ですよ、ホントにね。

んー・・・どうかなぁ。

女性はね、特に外の恋をする熟女の方々は(笑)、心の繋がりの深さや強さをね、

表現するしないは別として欲しがるでしょう?

男はその点、醒めた対応ですからね、醒めてなくても(笑)。

外の彼にもっとこうしてほしい、こうあってほしい、なんてことをね、

思っていたりするんでしょうかね。

言わない、伝えないだけで、人生経験を経た大人の女性だから。

スポンサーサイト

セックスの回数のこと

会社の近くにコンビニがあるんです。

週に何度か、会社で昼飯を食べる日にはそのコンビニへ行くんですよ。

誰もが知る大手コンビニチェーン、そのフランチャイズ店ですね、中年夫婦が経営者です。

アタシはパスタが大好物でして、ええ。

キッチンでね、自宅の。缶ビール片手に自分でパスタを茹でて、

ガーリックの効いたトマトソース系のヤツを作るのも大好きなんですが。

あ、話が脱線しました(笑)。

んー・・・そう、そうです、パスタが好きなんで、そのコンビニでもよく買うんです、パスタを。

先日もパスタを手にレジへ行きました。

レジのオバサンね、経営者の奥さんだと思うんですけどね、

温めますか?と聞かれたので、お願いします、と。

で、温めている間にお会計済ます訳ですけど、この人がこう尋ねるんだ。

【フォークお付けしますか?】

は?お付けしますか?って・・・

お付けしなかったら、アナタ、アタシに素手で熱々のパスタを掴めってことですか?(笑)

【フォーク付けてください】と答えました、いらないとは言えないので(笑)。

何かこう変だなぁ、オカシイよなぁ、フォーク要らない人、いるのかぁ?と、

ずっとモヤモヤした気持ちでいたんです。

昨日、久々にまたそのコンビニへ行きました。

勿論、勿論でもないんだけど(笑)、パスタです、買ったのは。

レジはやはり同じくあのフォーク要りますかオバサンだ(笑)。

【フォークお付けしますか?】と聞かれる前に

【フォークいるからね】と先に言ってやろうかな、なんてね、そんなことを

思っていたんです、ええ。

昨日はね、違ったんです(笑)。

新手のフレーズがアタシに飛びかかってきました(笑)。

【フォークと割り箸、どちらにしますか?】(笑)

おーい!蕎麦じゃないんだよ!

スパゲッティ!パスタ!外国の麺なんだってーの!

と、心の中で瞬時にツッコミを入れましたが(笑)、アタシは迷わず答えた。

【フォークでお願いします】(笑)

・・・皆さん、おかしくないですかね、このコンビニ(笑)。

フォーク要りませんって人、いるんですかね???

だってね、アレですよ、オフィス街のど真ん中ですよ。

アタシ、近所の買い物ついでにコンビニに寄った主婦じゃあないんですから。

見りゃわかるよね、サラリーマンだ、会社でランチを食べるんだ、と。

マイ・フォークとか持ち歩くサラリーマン、いるんですか???(笑)

ましてや、箸との選択権を与えるって、一体なんだ?!

箸でパスタを食いそうなオッサンに見えたんですかね、アタシ(笑)。

実に奇っ怪、不可思議なコンビニのオバサンだ。

んー・・・でもね、ついつい行っちゃうのはね、そのオバサン、ムッチリした

艶々しい熟女なんですねぇ。。。(笑)

あのコンビニのユニフォームの下の緩々の柔肌を妄想しちゃってね、ついつい(笑)。

いや、嘘ですよ、冗談ですって・・・多少はホントですけど(笑)。

次回、またパスタを買いましょう。

今度はなんて言うんでしょうかね、楽しみですね。

【スプーンお付けしますか?】・・・いや、さすがにそこまではないな、ない(笑)

んー・・・話は180度というか、まるっきり変わりますが(笑)、

日本人の生涯セックス回数ってのがある雑誌に載っていました。

どうやって調べるんでしょうね、コレ(笑)。

いや、そりゃあアンケートに答えてもらい集計したんでしょうね。

いちいち現場を見に行って数える人がいる訳ない(笑)。

で、その数、回数ですけどね。

アタシは驚きました。

俄かに信じられませんでした・・・というか、未だに信じたくない(笑)。

なんとね、なんと、年平均46回だそうで、仮にそれを60歳までのカウントで計算すると、

46回×60年で2760回なんだそうです。

1歳からする訳じゃあないけどさ、60年で計算するのは若い頃の数量を多めに見て、

そういう理屈なんでしょう。。。

年46回・・・します?(笑)

分解すれば、週平均1回あるか、ないか、ということになる。

あ、なるほど。

それならわかる、充分にあるな、と。

いや、でもね。

アタシは年46回もしてないなぁ。

過去も昔もないと思いますよ、ええ・・・いや、ホントに。

外の恋をする今だってね、何たって遠距離婚外ですからね。

逢えば8時間半裸、全裸のラブホテル籠城状態ですけどね(笑)、

でも、それでもね、デートの日だけは多くても3回、4回、5回の世界ですよ。

・・・いや、もうそれが多いじゃないか、この五十路過ぎのオッサン!と、

そんな声が降り注いでまいりましたね(笑)。

まぁ仕方ない、スケベなんだ、アタシは(笑)。

年46回を今、取り戻そうと励んでいるの(笑)。

ま、冗談はともかくも。

もしも遠距離婚外でなかったら、もっと至近で都合もつけやすい2人だったら、

年46回ペースは難易度の高い数字ではないのかもね。

そんなこんなを書いていて、思い出しました。

今の彼女の前の彼女、あの人は旦那ともセックスをする人だったなぁ、と。

旦那が嫁を愛して止まない、結婚して20年経っても週に何度も求めてくると。

セックス嫌いじゃないので旦那ともするよ~なんてことを

アタシの上に跨って腰をグイングイン振りながら言ってましたねぇ・・・(笑)。

あの人妻は年100は行きそうですね、今思えば(笑)。

まぁね、数じゃあないんだ、ホントに大事なのはね。

質、クオリティですから。

濃くて深いセックスであればいいの、いいのですよ。

数をこなしたくてもこなせない者の負け惜しみ・・・ですね(笑)。

ほどほどが難しい外の恋

このところ関東地方はすっかり涼しくなりました。

なりましたが、空はどんよりと鉛色、スカッとした青空になりませんねぇ・・・。

アタシね、アレなんです。雨とか曇りとか、あと雪もね(笑)、好きじゃあないんだ。

何たって濡れるでしょ、足元とか着るモノが。

夏場は蒸れるし、冬場は濡れて冷たいし。

雨や雪を愛でるなんてことがね、どうにも下手です(笑)。

晴れ、コレが一番いいですねぇ、やはり。

灼熱の炎天は勘弁ですけどね(笑)。

んー・・・今日もね、こうしてしょ~もないブログを更新しておりますが(笑)、

いつもわざわざ覗きにきてくださる奇特な皆さま、ホントにありがとうございます。

お暇なんですか?(笑)

いや、失礼いたしました。

オッサンの何の役にも立たない駄文の羅列ですから、間違っても真に受けないように(笑)。

コメントを入れてくださるありがたい方、感謝しておりますよ、ええ。

ブログを始めた頃から飽きもせず(笑)、コメントを入れてくださる方、御礼に伺いたい(笑)。

色んな方からコメントをいただき、勉強になります。

こういうね、外の恋、婚外や不倫ですね、要は(笑)、そのジャンルのブログってのは、

圧倒的に女性が立ち上げ、書いている率が高いんだそうです。

アタシのようなオッサンが書くなんてのはむしろ希少なんですかね(笑)。

時々よそ様のブログにお邪魔いたしますが、悩み、苦しみ、心の内側の葛藤や

行き場のない思いを時に数行だったり、時に小説のように長文で、書かれていますね。

皆、外の恋に悩む。

読者の方も同じく悩む。

共感し、同調し、時々反論もし(笑)、心の拠りどころを求めてブログを覗きに行く。

相談のような、愚痴のようなコメントをいただくことも少なないんですけどね、

あ、困惑している訳じゃあない、大歓迎しておりますよ!ホントにね(笑)。

分かっちゃいるけどできない、アタマでは理解しているけどどうにもならない、

そんなこんなの外の恋の出来事や気持ちを書いてくださいます。

で、アタシは思う。

皆、同じだ、と。

彼には家族があり、彼女にも同じく家庭があり、自分は曖昧であやふやな存在。

特にね、やはり女性と男性は思考回路、精神性が違いますから。

心でのつながりをしっかりと感じたいんですよね、熟女も(笑)。

届かないメールに悪しき想像を無限に拡大してしまい、ありもしないことを

勝手に作り上げてしまい、ますます苦しくなってみたりね、しますよね。

男もありますよ、程度の差こそあれ。

女々しい・・・なんて言い方は失礼ですけど、女の思考回路に近い男、いますから。

悶々として上の空のオッサン、アタマの中は外の彼女のことで一杯!みたいな(笑)。

想いを寄せるのと、考え込むのは違いますからね、似ている行為ですけど。

楽しく過ごしたい、気持ちイイ時間を共有したい、ホッとしたい、小さな幸福感を

暫しの間だけ味わいたい、皆そう思う。

だからこそ、想像力を逞しくし過ぎちゃあいけないんですよね。

わかっちゃいるけどさ、できないの、いい歳した男も女も(笑)。

同窓会という出逢いの場

もうアレですね、記事の題名がすべてを物語りますね(笑)。

同窓会・・・行ったことありますかね。

どの学齢の同窓会なのか、それによって再会する相手も違う訳ですが、

高校の時の同窓会ってのが何となく根拠なく(笑)、多いような気がします。

まさか幼稚園時代の同窓会なんてないでしょ?(笑)

いや、あるんですかね???

あっても誰も文句も言わないだろうけど(笑)。

中学時代よりも、やはり高校時代の方がね、より大人に近付いていますから。

当時を振り返ってみても、きっと恋愛の意識も中身も、明確にあったんじゃあないですかね。

だからと言って、同窓会は高校の時のに限る!なんて言っちゃあいませんよ(笑)。

20年ぶり、30年ぶりにクラスメイトと再会するって話になる訳ですが。

40代、50代の同い年の・・・当たり前ですね(笑)・・・男女が再会する。

元彼・元彼女だったりする場合もありますよねぇ。

【よぅ!久しぶり!元気?】なんてこと言っちゃってね。

で、【全然変わんないねぇ~!若いね~!】なんて思ってもいないこと言ったり(笑)。

【2次会行くの?2人で呑み直さない?】・・・もうやる気満々です(笑)。

で、大人がする外の恋に発展してしまう・・・なんてことが多々あるんだそうですよ。

いや、全く以てごく自然な展開、流れだと思います、ホントに。

実生活に抱える悩みや不満、かなりの確率で共通だったりしますもんね。

なんてことを、ツラツラと書いてみましたが、

アタシね、同窓会ってモノに出たことが一度もないんです(笑)。

出逢いを拒絶しての不参加なんてことじゃあないですよ(笑)。

過去、同窓会の案内をもらったこと、何度かありました。

ありましたが、一度も出席していない。

偶々都合が合わない、先約があって調整が付かない、等々ありました。

でもアレかな、気持ちとしては参加したくない方が多いかな。

何十年ぶりの再会で当時を懐かしむとか、お互いの変わり果てた容姿に驚き合う(笑)とか、

そういう場がね、何処かこう面倒な気がするんですかねぇ。。。

ただね、こうも思います。

根がスケベにできてますんでね、アタシ。

もし今ね、これから近いタイミングでね、高校とか大学の同窓会なんかがあったら、

スケベなオーラ出捲っちゃうと思います(笑)。

あわよくば・・・なんてね!(笑)

冗談ですよ、冗談です。

終わらぬ関係のこと

朝晩すっかり秋めいた陽気になりましたねぇ・・・。

今年は猛暑の後、残暑がそんなに長く続かないような、

そんな気がしてきました。

ほんの少し前までは暑い、暑過ぎる、異常だ、どうなってる!と、

散々ぼやいていたのが妙な気分ですね(笑)。

で、夏が終わることに少し寂しさを感じてみたり、みなかったり(笑)。

もう、このまま一気に季節は秋へ・・・となりますかね。

秋、いい季節です。

何をするにもいい。

美味しいモノを食べに行く、温泉に旅行、ぶらぶらと散策・・・

デートのプランも楽しさを増す、そんな人も少なくないでしょう。

んー・・・アレですね、ツイッターでのことなんですが、

外彼と喧嘩、別れる、また付き合う、喧嘩する、別れる・・・(笑)を

何度も繰り返している人妻がいると、そう思ってください。

いや、思わなくてもいいんですけどね、ええ(笑)。

まぁとにかくね、付き合ったり別れたりの繰り返しをしています、その人妻は。

理由はね、色々あるんだと思います。

些細な事・・・当人には些細ではない場合が多いんですが(笑)、ちょっとしたことで

関係が拗れて、じゃあ別れよう!もう今度こそ別れる!みたいな。

皆さんは経験ありますかね、別れたり、よりを戻したりの繰り返し。

アタシはね、少し様子は違うんですけどあります(笑)。

まだアタシが30代後半だった頃ですかねぇ・・・。

もちろんアタシは既婚、相手は干支一周年下の独身女子(笑)。

先に言いますけどね、セックスは物凄くいい女子でした。

12歳も年下でこの色気と妖艶さは何だ?!と思いましたから(笑)。

ただ、ただね、ちょっとアタシの一方的な言い方になってしまう気もしますが、

物凄く気分屋なところがある女子で、感情の起伏も含めて、

喜怒哀楽が激しいんです。

ちょっとしたことで何かと突っかかってくる。

12歳年下ですからね、おおらかな気持ちで受け止めてあげたいと、

そんな思いでいましたが、さすがにね、何度もそういうことが続くとね、

アタシもまだ若かったですから(笑)、じゃあもう逢うのやめよう!と。

いや、そもそもね、お付き合いという形がハッキリとあった訳じゃあないんだ。

ただ、定期的に逢ってはお酒呑んだり、そのままホテルでセックスしては、

またね~!っていうね、曖昧な関係でありました。

セックスフレンド・・・ですかね(笑)。

でもね、当人たちはそういう思いでもなかったんですよ、実際。

もしかしたら彼・彼女のつもりで心の中ではいたのかも、と今更思います。

・・・話を戻しますが(笑)、じゃあもう逢うのをやめる!やめた!と

お互いに言い放った数日後に逢っていたりしました(笑)。

喧嘩した後のセックスは燃える!なんて話がありますが、

元々その女子は体の相性も良かった訳なので、まぁ凄かったですね。

感情の激しさがセックスに出るから、泣き叫ぶように・・・実際に泣いて、

果ててはまた求め、散々仲直りのセックスに興じた翌朝に、

また険悪な関係になっていたり(笑)。

先ほどのツイッターの人妻がつぶやいていました。

【好きだから、ある部分が許せない、認めたくないと喧嘩になる】

【好きだから、その不満部分を直してほしいと期待して喧嘩になる】

【好き過ぎるから喧嘩になるんだ】

分かる気もします。

アタシも当時のことを思えば、そんな感情があったような気がします。

まぁあとはね、性格なんでしょう(笑)。

相性ってのは体のそれだけじゃあないからね。

素敵な人だけどどうにもウマが合わないってあるじゃない。

んー・・・アタシも年齢を重ね、経験もある程度積みました(笑)。

おかげさまで外の恋で相手と険悪になる、喧嘩を繰り返すような、

そんなことは40代以降皆無となりました。

それは我慢か、諦めか、あるいは達観か(笑)。

まぁ楽しくやるのが一番ですからね。

他所の奥さんに思うこと

昼間も何となく、というか明らかに猛暑ではなくなってきましたよね。

季節は少しずつ秋に近付いているんですね。

それが証拠に赤トンボがウチの裏の森の上空を飛び始めました。

夕方になり、吹く風も涼しいよりも少し肌寒さを感じるような、

そんな日曜日でございます。

外の恋をする皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

デートの真っ最中にこんなくだらないブログを見ている人、

まさかいませんよね(笑)。

旦那や嫁の目を盗んで、トイレの中で外の彼や外の彼女にメールを送りつつ、

不倫ブログを巡回している人、いたりするんでしょうか(笑)。

アタシはね、今日はアレです。

地元の趣味仲間と午前中はスポーツで汗を流し、午後はスポーツジムに行き、

筋力トレーニングをし、サウナに入って帰宅、早々とビールを呑んでいます(笑)。

平日は外の恋をする人も、土日は一切お休み、

そんな人、少なくないようですね。

まぁそれは土日休みのサラリーマンの場合でしょうけど。

そういう人は土日は家庭人に徹する・・・場合も少なくない(笑)。

良き父親、母親、そして良き夫、妻を演じる・・・か、どうかはわかりませんが(笑)。

アタシね、他所の人の奥さんとデートをして時々思うんです。

どうしてこの人、こんな素敵な熟女が旦那以外の男に抱かれるんだろうって。

見た目が美形とか素敵とかね、そういうアレじゃあないんです。

人として、常識を当たり前にわきまえているし、それこそ魅力的な人ですよ。

そんな人がね、何で外で他所の男、他所の人の旦那に抱かれてさ、

狂わんばかりにセックスで乱れに乱れるんだろうって。

いや、分かっているんです。

この目の前にいる素敵な奥様は、家の中では旦那に虐げられ、

あるいは罵られ、リアルにも精神的にも暴力を振るわれ、

女の扱いなど遥か昔に終わらされていると。

逆の見方もね、できるでしょう。

この人、家でどんな夫なんだろう、父親なんだろう、と。

これ程までに心奪われた人が、奥さんには冷たくされているなんて。。。

いや勿論ね、夫婦円満で、それでも外の恋をする場合もありますよ。

アタシだって見かけ上というか、セックスレスである以外は普通に夫婦です(笑)。

でも、アレだなぁ・・・家の中にいるあの人は外の恋のあの人とは

全然違う人・・・なのかもしれないね。

それを見ることも知ることも意味はないし、必要もないと言えばないんだけどね(笑)。

いい歳したオッサンは思います

つい1週間前はまだお盆休みだったんですよねぇ。。。

明けて1週間、今日も休日出勤でございます(笑)。

慌ただしく今週も過ぎ去っていった、そういう印象ですね。

今週は1泊2日の出張で京都、大阪へ行きました。

京都ではちょっと新鮮な驚きというか、何て言うんですかね、

関東ではあり得ない場面に遭遇しました。

ホテル近くのコンビニへ行ったんですよ。

で、レジでお会計、当たり前の事ですね。

【お会計○○円です、▽▽円お預かりします、お釣り◎◎円です】

と、ここまでは全国何処のコンビニでも共通の店員さんの言葉です。

そのあとなんです、未だに新鮮な気持ちでいる言葉。

【おおきに~】って言うんですね。

おおきに、は関西地方で普通に使われるんだと思いますけど、

そのコンビニのオバサンに言われた【おおきに~】が妙に耳に心地よくて(笑)、

いつまでも聞いていたいような(笑)、何度もレジに並んでやろうか、みたいな(笑)。

関東のコンビニで【おおきに~】なんてあり得ませんからね。

【ありがとうございました~】が大抵。

酷いところになると【ありぁっしたぁ~】って、もう略し過ぎですから(笑)。

方言とかね、地域で違う言葉、結構面白くて好きですねぇ。

えー・・・と、まぁそんな訳で、今週も慌ただしく過ぎて行くというね、そういうアレですが。

1年経つのもそういう意味では早いですね、いやホントに。

アタシは来月にまたひとつ年齢を重ねてしまいます(笑)。

四捨五入したらまだ50歳ですが(笑)、事実ひとつ歳を取る。

中年オヤジのど真ん中にいるという、まさにそういうことですね。

お盆前に仕事仲間で行ったゴルフ旅行もほとんどが同世代のオッサンです。

酒の席で酔いが回ってくれば・・・回る前から(笑)、下の話が飛び交う訳です。

【もう俺のチンコは勃たない】とか、【もう使わないからいいんだ、俺は】とか(笑)、

かと思えば、【1日に3回でも4回でもセックスできる!】と豪語するオッサンもいて、

・・・あ、アタシのことじゃあないですよ(笑)、否定もしませんけどね(笑)。

中年オヤジ、同世代でも肉体・体力・気力・精力、諸々ハッキリと差が出ますね。

もうすっかり衰えちゃってセックスどころか、女に興味がない、なんてのもいます。

アタシに言わせたら人生オシマイですよ、それじゃあ(笑)。

いやでもね、ホントにね、カラダの声と言うか、自分のカラダの事は抜かりなく手入れをして、

コンディションを整える、鍛えることは大切だとシミジミ思います。

何もしなくても、色んなことをしたとしても、人間年齢と共に衰えますからね。

男も女も平等に衰える、カラダは劣化していきます、どうしても。

でも、気持ちまで滅びるように衰えて行くのは、意思を持って何とかできるもんね。

10代、20代のような何を見ても勃起していたような、そんなことは今ではあり得ないけど、

でも、40代を経て50代になり、他所の奥さんをお借りして外の恋のセックスを楽しむ、

それはこの先もね、いつまで続くか誰にもわからないけど、続くまで続けたいと、

そう思いますよ、ホントに。

無駄にはできないじゃあないですか、外の恋に費やす時間とエネルギー。

だって、この先にきっと緩やかな下降線を描くエネルギーのグラフが見える訳だし。

楽しめるときに楽しんでおきたいもんね。

できるときにできることを躊躇なく、後悔なくしておきたいもんね。

人生1回、過ぎてしまった過去に巻き戻ってやり直すことは、

何一つないからこそ、今とこれから、楽しめるだけ楽しまないとね。

いい歳したオッサン2人、アタシ、この2人の大ファンです(笑)。


外の恋のリスクのこと

昨日だか一昨日だか忘れましたが、

世界最大規模の不倫サイトの個人情報が流出したというニュースがありました。

以前にこのブログでもね、書いたことがあるアシュレイ・マディソンというサイトです。

個人情報、全部・・・会員全員の個人情報が抜き取られたというね、

そりゃあもうアナタ、気が気じゃないというか、仕事も家事も手に着かない(笑)という、

そんな人もいるんでしょう。

日本人だけでも180万人いるんだそうですよ、登録会員数。

180万人の中で俺だけ、アタシだけ、みたいな目に遭う人もそうはいない気もしますが(笑)、

何処でどう漏れる、知られたくない人に知られてしまう、なんてことがないとは言い切れない。

まぁそりゃあそうでしょうね、確かにね。

でもまぁ世の中、想像した心配事の8割以上は実際には起らないという話もありまして。

会員になられている方、戦々恐々な日々の方、あまり気に病んでもいけませんよ。

もう手遅れだ(笑)・・・いや冗談ですよ。

いやしかしアレですね、不倫サイト、出逢い系ってのは昔からありますけど、

廃れない、終わらない、次から次へと新しいサイトが出来ているようですね。

みんな出逢いたい、このままでは終わりたくない・・・んでしょうかね(笑)。

幾つものサイトに登録して片っ端から声をかける・・・いや、メッセージを送るですね(笑)、

数撃てば当たる的な事をしているオッサンがワンサカいる、なんてことを耳にしました。

まぁそういう人もいるんでしょう。

誰でもいい・・・訳じゃあないにせよ、まずは誰でもいいみたいな(笑)。

出逢い系なんてのは安い出逢いの安い関係ですからね、はじまりは。

カッコつけても仕方ないもんですよ、ええ。

でも、見境なく手当たり次第に片っ端から漁る、みたいなのをさ、

大歓迎する人もそうそういないと思うんですけどね、どうなんでしょうかね(笑)。

出逢い方、出逢う方法、色々あると思うんです。

外の恋の場合、人さまには言えないアレですから(笑)、日常の自分を消し去って、

別の自分で存在したい、そういう人も少なくないんですよね。

だからネットで出逢いを探す、求める。

そうではなく、自分の日常の生活圏の中で例えば職場とか、地域のつながりの中とか、

身近と言えば身近なエリアの中でつながる人もいます。

一概には言えないけど、遠距離婚外も厭わないようなアタシね(笑)、アタシなんかは

日常ではない非日常の自分で外の恋をしたい派なので(笑)、

どうしてもネット経由での出逢いになりました、今まですべて。

名前・・・本名ね、あと何処に住んでいるとか、大体のエリアはわかっても、

住所まで知らない・・・知ってどうする?(笑)。

知りたいとも思わないし、知らない方がお互いのためですよね、きっと。

リスクですから、共有する情報が多ければ多いほど。

個人情報もないならないで済ませた方がいいし、それでも外の恋はできるし。

そのスマホの中には旦那や嫁に見られてはいけない、知られてはいけない、

恥ずかしい写真やメッセージ、いくつもあったりするでしょ?(笑)

全部即時消去という流石の対応をする人もたくさんいるけどね(笑)。

そうですよねぇ・・・やはりリスクをきちんと管理できる人じゃなきゃね。

バレること、洩れることへの防御線と緊張感がない人は思わぬ墓穴がありますから。

・・・思えば面倒な事、たくさんありますけど。

でもそれでも尚、あの人に逢いたい、抱かれたい、抱きたいから。

リスク管理、あらためてしっかりと。

気付かぬ想い

出張から帰りの新幹線。

隣の席は巨乳の若奥さん。

1歳か2歳の赤ちゃんがその巨乳に顔を埋めて

スヤスヤと寝ておりますね。

羨ましい(笑)。

アタシも赤ちゃんの振りをして、若奥さんの巨乳に

顔を埋めてみましょうかね…あ、現行犯逮捕ですね(笑)

初の試み、新幹線の中でスマホでコレを書いております。

暇なんですかね~。

まぁそういうアレですね、暇です(笑)。

昨日今日と京都、大阪にいました。

関西弁を浴びまくった2日でしたねぇ。

いや、嫌いじゃないんです関西弁。

むしろ、好きですね。

特に女性、更には熟女の話す関西弁はね、

いやぁいいもんですね、ええ(笑)。

オバハンががなり立てる関西弁はシンドイけど(笑)。

んーアレですね、人の気も知らないで…、

なんてことを時々耳にしますね。

気持ちをわからない、気が付かない人。

いるでしょ、鈍感で鈍い人(笑)。

こういう外の恋でもありますね。

好意を寄せて、それを感じ取って欲しい、

だけどあの人は素っ気ない。

気持ちが伝わらないのか、わからないのか。

わざと気が付かない振りをする人もいます。

ちょっと焦らす人(笑)。

あとね、気付かぬ振りで脈なしを悟らせようと、

やや残酷な(笑)分かりにくい人。

その事で相手を傷つけまいとしているのかも

しれませんけどね、ええ(笑)。

気持ちをドーン!と直球を投げ込むように

真正面から伝えるやり方、あります。

わかりやすさの極みだ(笑)。

女の人は中々いないかな、中々ね。

アタシはもうアレです。

直球投げ込む派(笑)。

で、コントロール悪くて危険球、退場!みたいな(笑)。

いや冗談ですって(笑)。

んーでもね、わかりにくいよりは、

わかりやすい方がいいよね。

時間が勿体ないし、ダメなら次!ですし。

伝える側への感謝というか、敬意もなきゃね、

だから伝える事への反応はわかりやすく。

外の恋の礼儀ですかね~大袈裟ですか(笑)。

外の恋、日本的やり方

今日はね、夕方から出張です。

新幹線で西へ向かいます。

先月も西でしたねぇ・・・大阪でした。

今回はまず京都、それから大阪。

夕方から現地入りしますんでアレです、前泊です。

いや、いかにアタシがスケベでもね、彼女をホテルに連れ込むなんてことは

さすがにいたしませんよ、ええ(笑)

・・・にわかに信用できないという声が多数聞こえてまいりました(笑)。

仕事ですからね、仕事。

会社経費で泊まるホテルにアナタ、いくらなんでも女をね、しかもアレです、

外の恋の女を連れ込んだらマズイでしょ~(笑)。

節度とルールを守って正しく外の恋、コレが大切なことですから(笑)。

しかしアレですね、新幹線ってのはホントに便利な乗り物ですよ。

東京から乗って、1時間半少しで名古屋、京都でも2時間ちょっと。

乗り慣れればホントに車中快適に過ごせます。

まぁ外の恋のデートの時も仕事で出張の時も、距離に感じる疲れと言うかね、

外の恋の時は、使い果たした肉体に感じる疲労感はありますけどね、どうしても(笑)。

んー・・・話は変わりますが、アタシは日本人です。

和顔といいますか、あの何て言うんですかね、純日本風な顔立ちってのがありますね。

アレとは全く真逆の顔立ちです(笑)。

中近東、ラテン系にありそうな、そんな顔の作りらしいですよ、ええ(笑)。

ただ、考え方は日本ですねぇ・・・生粋の(笑)。

アメリカだかヨーロッパの何処かだか、忘れましたけどね、恋愛のやり方とか、始め方、

日本のそれとは全然違うという話を聞いたことがあります。

どういうことかと言うとね、アメリカ・・・面倒なので欧米としましょう!(笑)・・・

欧米の人は恋愛にお試し期間を必ず作るんだと、こういう話です。

この人と付き合うと決める前に、何度かデートをする、相手の様子、人となり、

諸々をデートの中で観察すると、こういう訳です。

コレはね、日本人でもない話じゃあないですね、むしろありますね、普通に。

ただ、決定的に違う・・・と思う(笑)・・・のは、お試し期間中にセックスもする、と。

セックスもしてみて、それでもって恋人にするか、しないかを決めるんだと。

なので、アレですよ。お試し期間中は複数名をお試しして問題ないどころか、

皆そうするモノなんだと、こう言うんですよ。

どうです~これ(笑)。

羨ましい!・・・なんてね、思っちゃいますかね、少しばかり(笑)。

なるほど言われてみれば理屈に合わない話でもない・・・気もします。

ただね、日本人・・・決めてかかっちゃあいけませんけどね、日本的な風習というか、

ならわし・・・でもないけど、あるじゃあないですか、何となくこうなっているというのが。

デート数回を経て、カラダを許す・・・みたいなのがね(笑)。

お試しも何もないというような。

一発勝負に賭けろ!的な(笑)。

・・・と、ここまで書いてみて、ふと思いました。

アタシの場合、あ、外の恋の場合です(笑)、初デートでセックス100%ですねぇ・・・(笑)。

外の恋はそこが違うのかな、日本の独身の正しい恋愛とは(笑)。

ただ、お試しはしないですよねぇ。

というか、結果的になのかもしれませんけど、お試しになったことがない。

自己弁護をするアレじゃあないけど、しっかりと相手を観て、知って、

それは特に内面ね、考え方とか価値の置き所とか。

その上で初デートを迎えていますんで。

だから大外れ的な展開もお試しにしなきゃならない経験も、

今までのところはゼロでした。

いや、そんな風な考えでいるのは実は少数派で、案外セックスを含むお試し期間が普通な人、

多いのかなぁ・・・(笑)。

そんな気もしてきました(笑)。

進む先はそれぞれ

さ、お盆休みもオシマイですねぇ・・・。

9連休、終わってみればね、やはりアレですよ、あっという間だ(笑)

お盆休みが終わってホッとしている、ウキウキした気分の人も少なくないでしょう。

特にね、外の恋をする人はそうかもしれませんね。

家で旦那の仏頂面を散々見せられてストレス満載な奥様、お疲れさまですね(笑)

いや、訳も分からず不機嫌な嫁の刺々しい態度に草臥れた殿方の皆さんも、

それはそれはお疲れさまでございました(笑)

アタシは思いますよ、やはり。

長い休みは有難迷惑(笑)

明日から社会復帰、仕事再開です。

スーツに革靴、また始まる訳ですが・・・コレばかりは気が重い(笑)

さて、世の中には色々な人がいる訳ですが、

外の恋の世界にも同じく色々な人、考え方があるもんです。

まさに、人それぞれの世界ですね。

ある主婦の話です。

子供がいます、中学生の男子です。

旦那はいません、離婚したんですね、数年前に。

離婚前から外の恋をしていて、離婚して今に至るまで、

その外の彼と続いている。

外の彼、14歳年下です(笑)

いや、笑っちゃあいけない(笑)

あ、外の彼と書きましたけど、今では外ではないですね。

元々彼は独身で、その女性も今では独身ですからね。

堂々と誰に咎められることもない関係・・・ですよね。

でも、誰にも知られていない関係、知らせていない関係。

再婚を望んでいる訳じゃあないんだと、その女性は言うんですよね。

彼に申し訳ないと。

バツイチで中学生の男子がいる14歳上のオバサンと結婚する理由がないと。

でも、このまま彼に抱かれ、優しく愛され続けたいとも言うんだなぁ。

外の恋の時のままの関係でいいんだ、と。

他所の人の恋愛模様ですから、アタシには何も関係ない話なんですけどね、

彼はどう思い、考えているか、あるいは考えていないか(笑)、聞いてみたいですね。

何が幸せなのか、人それぞれの価値ですからね、どうもこうもないんです。

結婚あるいは再婚が幸せへの道へと続くとは限らないしね。

でも、不幸せになるためにするのが外の恋ではない。

不幸せにつながる展開を呼び込んでしまう、それがないとも言えないけどね。

いやぁ~アレですね。

それぞれにドラマではなくてもストーリーはありますね。

あらためて、外の恋の相手の条件

今朝・・・今朝ですよ、朝の9時ですから(笑)。

今朝ね、嫁と娘をクルマに乗せて隣の市にある大型ショッピングセンターへ行きました。

いや、望んで行った訳じゃあない(笑)。

どちらかと言えば不本意・・・いや、明らかに不本意な同行です(笑)。

朝一番、開店と同時に何故にショッピングセンターへ行かねばならぬ?

一体何を買いに行こうというのか???

朝一番に行くということは、目的がハッキリとあって、それを買えば

もうあとは何もない、1時間もあれば十分過ぎる、きっとそうだ、そうに違いない。。。

とんでもない思い違いですね、アタシの(笑)

昼を過ぎてもいつ終わるのか全く見えてこない店舗巡り。

聞けば、今更浴衣を買いに来たというんだな、ウチの娘。

で、試着しては悩み、悩んでは次を試着し、揚句にここでは買わない、次の店に行く。

嫁は嫁でアンティークのお店に入り浸って、更にあろうことかママ友に遭遇して、

果てしなき立ち話を展開するわ、もうアタシにとっては拷問でしかない(笑)

結論を言いますとね、先にクルマで帰ってきました(笑)。

あとで駅まで迎えに行くということで(笑)。

アタシはダメですねぇ・・・昔からダメ、あの女の買い物っていうヤツね。

直線的に済まないでしょ、買い物が(笑)。

買うモノが決まっていても、そこにすぐに行かないのは何故だ!何故なんだ!(笑)

独身時代、彼女と・・・あ、今の嫁じゃあないけどね(笑)、ショッピングデートをして

険悪な雰囲気になったこと何度もありましたねぇ・・・。

世の中の男は女の買い物に難なく付いていけるんでしょうか・・・。

アタシだけですかねぇ、買い物先のお店で遠い目をして立ち尽くすのは(笑)

さて、お盆休みも残り僅か、明日1日ですね。

外の恋も暫しお休み中、来週から装いも新たに再開・・・装いも新たにじゃなくていいんだけど(笑)、

早々にデートの予定あり!という人もいることでしょう。

久々に逢う人、中には初めてのデート、初対面という人もね、きっといるんでしょうね。

どんな風であれ、相手がいなければデートも何もできません。

選び・選ばれたお互いがいなかったらね、成り立たない関係ですよ、ええ。

このところ時々思うことがありまして、それはね、外の恋の相手の条件のこと。

相手選びというか、相手に求める条件、希望みたいなもの、ありますよね。

男だったら(女だったら)あとはもう何だった構わない!な~んて人いないでしょ(笑)

多くは望まない・・・なんて事を言いながらも、数えてみたら意外と条件が多い、

そんな人も少なくないような気がしますよ、ええ(笑)

あるネットアンケートで不倫相手に求める条件というのがありました。

いくつかある回答の中でなるほど、確かに、と思うものがありました。

1、秘密を共有できる人

2、お互いの生活を尊重できる人

3、相手のパートナーに嫉妬しない人

4、別れたあとも一切口外しない人

・・・どうです?

アタシは1~4、すべて賛成できました(笑)

加えて、5つ目の条件をあげれば、買い物時間が短い人!(笑)・・・冗談ですよ!

回答数ランキングみたいなのがありまして、容姿とかね、顔がどうとか、

体型が云々というのは断然下位なんですよ。

コレ、分かる気がしますねー。

見た目もそれなりに必要かもしれませんけどね、不倫関係はそればかりじゃあない。

ちゃんと話ができる人、穏やかな人、深入りしない人、踏み込まない人、

こんな条件も上位にありました。

うんうん、そうですね、アタシもそう思いますよ。

あ、あとね。

こういうのも条件として出ていました。

自分にとって都合のいい人・・・(笑)

身も蓋もない話ですけど、ある意味で本音であり、正論中の正論・・・ですかね(笑)。

深読み時々誤解、一時理解(笑)

今どき持っていない人などいないと言ってしまうのは、

もしかすると語弊があるかもしれませんが、

少なくとも外の恋をする人なら間違いなく持っているモノ。

携帯電話、スマホ。

インターネットに接続できる環境にない、メールアドレスがない、

外の恋をする人で、そういう人、中々いないですよね(笑)

むしろメアドは複数あって当たり前、LINEもSNSもアカウントを持っていて

当たり前のように使う人、大半じゃあないかとも思いますよ、ええ。

ただ、ただね。

言っちゃあ悪いが・・・と言うか、自戒の意味も含めて敢えて言いますけどね、

ネットの使い方が下手、上手くないという人はたくさんいますよね。

メールもSNSも、アタシは全くやらないLINEもね、下手くそな人いるでしょ?(笑)

メールの数自慢のように、彼・彼女と毎日何十回、それ以上の数でやり取りをするという

そういう男女がいますね。

若い子かな~と思ったら、そんな事はなくて(笑)、いい歳をしたオッサンとオバサンの

不倫メールがそうだったりするんだそうですよ。

で、そんなに何度も何度もメールを飛ばし合うほどに仲がいい・・・と思いきや、

年がら年中喧嘩や諍いを繰り返しているんですねぇ・・・。

あ、コレね、アタシのTwitterのフォロワーさんの話です。

外の彼とLINEもメールもするんだけれど、しょっちゅう喧嘩になっている(笑)

アタシね、思うんです。

バカだなぁ・・・って(笑)

だってね、言葉足らずなメールを100回飛ばし合ったって意味ないでしょ。

絵文字だけ、主語述語がない単語を1つ、2つだけ。

そんなメールを行き来させて、意味や意図が通じるはずがないってーの(笑)

で、案の定、拗れて定番の喧嘩を演じては仲直りの繰り返しをしているんですよね。

不毛だなぁ・・・といつも思って見ています(笑)

1回、2回のメールのやり取りでも価値ある・・・というか伝えたいことがしっかりと、

誤解なく伝わるメール文章を行き来させた方が断然いいじゃあないですか。

だからこそ、言葉選びと文章の受け取りに意味が複数出てこないか、

ちょっとした気遣いがあればね、余計なエネルギーを使わずに済む・・・はずなんだなぁ。

アタシのように遠距離W婚外恋愛の場合ならね、尚のこと無駄に消耗したくないと、

そう思うんです、いつも。

だから言葉は大事、文字も大事、絵文字に依存しない、伝わる意味を

想像してから送信ボタンを押す・・・(笑)

他愛無いどうでもいいようなメールも関係の潤滑剤になるのは間違いないけど、

折角の日本語、言葉を使える訳ですから。

限られた時間、外の恋のエネルギーを大切に有効に使いたいもんね。

外の恋の夏季休暇

んー・・・アタシは9連休真っ只中でございます。

とは言え、月曜と火曜は会社に行きまして、仕事をしましたんで、

実質は9連休でも何でもないんですけどね、ええ(笑)

予定も何もないと少し前に書きましたが、まぁアレですね、

予定を入れていないというね、そういうことなんです。

暇と言えば暇です(笑)

既に飽きてます(笑)

なんて事を言ったら休みたくても休めない人に失礼ですね。

お盆も関係なく仕事の人、ご苦労さまですね、いやホントに。

世の中的にはお盆休みだ、連休だということで、

家族で田舎へ帰る人、旅行中の人、沢山いますね。

近所のショッピングセンターに行きましたが、

駐車場に入るクルマが大渋滞(笑)、店内も大混雑、

迷子のアナウンスとフードコートで口喧嘩の夫婦(笑)、

何だか休みなのに余計に疲れる展開、彼方此方にありそうな感じです(笑)

ウチの近所も他県ナンバーのクルマがかなりの数、駐車しています。

隣の家に来ている親戚だと思うんですが、東南アジア系の女性ね、それも熟女(笑)、

ムッチムチのカラダでねぇ・・・今朝、ゴミ出しに行った時、Tシャツとホットパンツ姿で

同じくゴミ出しに出たその東南アジア系熟女に出くわしまして・・・(笑)

お尻なんかホットパンツから半分くらいはみ出ちゃってんですよ!

オッパイも無駄にブルンブルン震わして・・・震わしちゃあいなんだろうけどね(笑)

朝から猛烈にムラムラしてしまいました(笑)

んー・・・さて、こういう時期は外の恋も暫しお休み、彼・彼女との連絡も絶つというね、

そういう人も結構いるみたいですね。

もう割り切って何の苦もなく音信不通で過ごす人、それとは真逆で

心の中で悶絶しながら疑心暗鬼にもなりながら(笑)音信不通をやり過ごす人、

まぁどちらもいます。

外の彼、外の彼女が嫁や旦那と何処かへ出掛けていく、一緒にいるというのが、

どうにもこうにも心穏やかでいられないというね、そういう人も少なくない。

アタシはね、アレですよ、全然平気(笑)

旦那と何処に行こうが、何をしようが・・・ナニをしようが(笑)、気になりません。

感じ方、考え方の在り方なので、どうもこうもない話ですね、ええ。

まぁ何だかんだ言って、お盆休みも後半ですから。

アタシは引き続き予定なく過ごしますが、皆さま、どうぞよいお盆をお過ごしください。

こういうブログだからこそ

こういうブログですから、お読みいただいている方々も同じような、

つまりアレですね、禁断の関係(笑)、人さまには言えない不条理な恋愛を

されている方が多いんだと思います。

アタシもね、勿論そっちの側です(笑)

10年以上、禁断の関係を断続的に繰り返しております、ええ。

コレはアレですね、常習性がありますね(笑)

痛い目に遭って、すっかり懲りてしまい、もう二度とやらん!みたいな人もいますが、

痛い目に遭おうとも、またまたチャレンジ、全然懲りない人もいる。

アタシですね、それは(笑)

いや、痛い目になど遭ってもいませんね、多分。

だからこそ常習性があるんでしょう。

んー・・・アレです、アタシのこの拙いブログにコメントいただく方々も何人もいらっしゃる。

いや、ありがたいことですね、ホントに。

で、コメントいただく方々は殆ど・・・いや100%ですかね、外の恋をしているか、

していたか、これからしようとしている方々だ(笑)

皆、人知れず悩みと言いますか、外の恋をする中で心に抱える複雑な気持ち、

想いをね、コメントと共に書いてくださる。

とても勉強になります。

あぁ皆同じなんだなぁ・・・と思います。

誰にも、リアルの知り合いに相談することも、愚痴をこぼすことも叶わず、

コメントとして書くことでアタマの中を整理するように。

だだね、やはり思うんです。

お互いに何処の誰だかも知らない同士だからこそ、

こういうブログの場でコミュニケーションが成り立つ一方で、

こういう場でさえも書けない、言えないこと、やはりあるんだ、と。

アタシはブログを書く側ですが、書きたくても書けない・・・というか、

書いてはダメなんだということ、いくつもあるんですよ。

書きそうになって、いや途中まで書き進めて削除したこと数回あります(笑)

それはね、例えばプライバシーなことであったり、誰彼と特定できないことであっても、

書くことでその人を貶めるような気分になることだったり、

まぁ何て言うんでしょうかねぇ・・・人としてするべきじゃあないこと、ですかね。

何でもありじゃあないんですよね。

寧ろ逆に歯止めや足枷のようなものを自ら用意しないとね、危ないですから(笑)

意外とマジメでしょ、アタシ(笑)

マジメですよ。

マジメに不真面目なこと・・・外の恋をしているんですから。

外の恋である証

てな訳でございまして(笑)、アタシは休日出勤でございますね。

今日、それから明日と通常通りに仕事、働きますよ、ええ。

勿論、誰もいないオフィス、外線電話は留守電設定、実に静かです。

あぁ、でもアレでした。

部下の一人、恐妻家の嫁と9連休も過ごせない(笑)ってことでね、

今日も明日も、それから明後日も会社に出てくるとか言ってましたねぇ・・・。

9連休、アタシは然したる予定もありませんから、ある意味自由気ままです。

家にいてもね、家事手伝いし続けるのもアレですし、嫁と過ごすのもね、

それこそ程々にしないと体に毒ですから(笑)

んー・・・まぁ平穏に過ごすことになるんでしょう、アタシの夏休み。

明けて来週はこれまた慌ただしいんですよ。

関西方面に出張です。

日帰りでも行けるかな、と考えたんですが、朝早い時間から現地で動くので

万が一間に合わないというのはあっちゃあいけない。

ということで、前泊で出張と相成りました。

ここでひとつ予想外に慌てることがありまして。

宿です。

悉く満室なんですね、何処も彼処も。

世の中、夏休みということ・・・なんでしょうね。

それからアレだそうですよ、外国人観光客で予約一杯なんだとか。

んー・・・確かにソレはありますね。

何たってね、ウチの会社の近くにラブホテルがあるんですけどね、

ラブホに外国人観光客が大挙して泊まってるんですから(笑)

喧しいでしょうねぇ・・・幼稚園か小学校低学年くらいの小さい子供が

ワーワー言いながらラブホ館内を駆け回る・・・(笑)

不倫客には傍迷惑この上ないですよ(笑)

落ち着いてセックスもできませんね、これでは(笑)

話を戻しますが、何とか無事に宿を確保できました、ええ。

ちょっと値段が高いね、しかし(笑)

まぁ仕方ない。野宿できないから(笑)

さてさて、話は変わりますよ。

外の恋をする皆さん、既婚の皆さん、結婚指輪、してますか。

自分はしているけど旦那はしていない、その逆パターンもあるのかな(笑)

お互いに結婚指輪をしている夫婦も少なくないでしょう。

アタシはね、アタシん所はアレです。

アタシも嫁も結婚指輪をしています。

結婚してからずーーーーーーっと嵌めたままなので今更外すのもね、変でしょう?(笑)

怪しまれるよね、そんなことしたらさ(笑)

外の恋をする人妻、他所の奥さん方、アタシの彼女、彼女だった人たち、

かなりの確率で左手の薬指に指輪をしていますね。

それが結婚指輪なのかどうなのか、多分違う場合も少なくないと思いますが。

要はアレですかね、既婚者ですよと。

他所の人の妻ですよ、アタシはね、と。

そういう宣言みたいなモノですかね。

外の恋のデートをする時に、彼女の前では結婚指輪を外す男もいます。

アレはどんな心理なんでしょうかねぇ・・・。

嫁に対しての気持ちの表れなのか、彼女に対しての気遣いなのか、両方なのか。

アタシは過去も今も他所の奥さんとデートの時、結婚指輪は嵌めたまま。

セックスの時、絡め合うお互いの手の左手薬指には指輪がある。

改めて文字にしてしまうと微妙な気持ちになります(笑)

ただ、アタシはね、何故結婚指輪を外さずに事に挑むかと言うとね、

お互いの立場を忘れないためなんですよ。

他所の人の奥さんに激しくピストンして、喘ぐその人にキスをして、

射精するその瞬間も、この人は他所の人からの借り物、

この人にとってのアタシも他所の人からの借り物だということを。

外の恋のデートの時だけは男と女に変身する、だから家族・家庭を連想させるモノ、

例えば結婚指輪を外して求め合う・・・という考え方もあるんでしょうけどね。

どっちが正しいではなく、考え方ですね。

外の恋のダメ男

今日は涼しいですね。

風が部屋を抜けて涼しく感じますよ。

涼しいったってね、気温30度は軽くあるんですけどね(笑)

何たって昨日まで連続8日猛暑日だった訳ですから。

30度が涼しく感じるのも無理はない(笑)

さて、今日からアタシはお盆休みです。

9連休、な~~~~~~んにも予定がありませんよ(笑)

旅行、行きませんねぇ・・・先週、灼熱の北陸にゴルフ旅行したばかりですし。

先週一緒だったヤツの1人に今日から嫁とヨーロッパ7泊ってのがいますけど(笑)

お金があるんですねぇ・・・。

いや、それ以前に嫁と2人で海外に行くというね、この過ごし方があり得ん!(笑)

愛し合う2人なんだな、50過ぎでも(笑)

んー・・・9連休ですが、でもね月曜と火曜は会社に行くんだ、実は。

仕事、しっかり入れました(笑)

家で嫁と過ごすのもアレですから、アタシは(笑)

この前、テレビを観ていたらダメな夫とは、みたいなのをやっていました。

ウチのダメな夫はこんな風にダメなんだ、ってのをね、顔にモザイク処理した嫁が

インタビューに答えているんですな。

まぁバラエティ番組ですからね、ヤラセ的な作り込みもあるんでしょうけど。

その後にウチのダメ嫁コーナーもありました(笑)

お互い様だ(笑)

ダメな夫ってね、外に出たらダメでもないんだ案外ね。

ダメ嫁も同じく、外ではダメじゃあなかったりします、かなりの確率で(笑)

家ん中ではお互いにダメな相手同士でも、外に出たらね、恋愛なんかしちゃってますから。

で、他所の旦那、他所の嫁は、誰かの愛しい素敵な存在になっていたりしますよね(笑)

んー・・・ただね、こういうのはありますかね。

外の恋の相手、特に外の彼がダメな男だったという場合。

どうですかね。

付き合う相手が悉くダメ男っていう独身女性、時々いますよね。

何故かダメ男を引き当てちゃう、いや選んでいる(笑)

その外の恋バージョン。

あるのかなぁ。。。

あるんでしょうね、きっと。

お金にだらしないとか、適当な嘘ばかり吐くとかね、約束守らないとか。

でもそんな外の彼を放っておけない、だって優しいから・・・みたいな(笑)

いやぁ~どうなんでしょうね。

アタシが自分で自分を見たときに、まぁダメ男じゃあないと思います(笑)

自分で言うのもアレですけどね(笑)

家ん中で旦那がダメ夫で、外の恋の相手までダメ男だったら、

とてもじゃないけどやってらんないでしょ?(笑)

やはり選びますよね、ダメじゃあない男をさ。

付き合ってみてわかること、多々あるけどね。

段々ダメさ加減が見えてきた、目につくようになった、それはあるかな。

外の恋の相手がダメ男、ダメ女だとしたら、やっぱり早々にリセットでしょう。

損得で測るものじゃあないにしても、そもそも意味がないと思いますし、

何たって楽しめないじゃあないですか。

下手すりゃ不測の事態を招くとかね、あるかもしれないですしー。

相手を見る目、見極める目、大人の外の恋ではしっかりとしたいですね。

話を聴く人、聴いてくれる人

東京は今日もまた猛暑日だそうです。

もうアレですね、猛暑日じゃなきゃ夏とは呼ばない、みたいな(笑)

朝の通勤だけでタオルがすべて汗に濡れてしまい、乾いた部分がない。

2枚、いや3枚でも4枚でも必要ですね、タオル。

それから制汗スプレーとかね、汗拭きシートとか。

暑さにすっかりやられて夏バテ、夏風邪、胃腸の調子が良くないなんて人が

たくさんいますねぇ・・・。

体調管理、健康管理、しっかりやりたいものです。

カラダが資本ですから、何をするにしてもね。

元気じゃあなきゃ恋愛も楽しめません、いやホントに(笑)

んー・・・ウチの会社にね、いわゆるパワハラな男がいます。

話が長い、延々と説教をしたがる、自分の価値観がすべて正しい、相手を罵倒する。

まぁね、典型的なハラスメント上司でしょう。

普段はいいヤツなんですけどね、スイッチが入るともうダメだ(笑)

付き合えば付き合うほどに、本性が見えてきて印象が悪くなっていく。

見た目にはいいオトコなんですがねぇ・・・35歳、独身、彼女多分なし(笑)

大きなお世話な話ですけど、女と付き合うには性格と生き方を直さないとね、と

ホントに大きなお世話ですけど心底思います(笑)

思うだけで何も言いませんけどね、大きなお世話ですから(笑)

相手が大人、自分も大人です。

外の恋なんか特にそうじゃあないですか。

お互いにほぼほぼ完成して出来上がった大人の人格を持つ者同士ですよ。

いい歳をしたオッサンとオバサン、家庭があり、旦那であり嫁であり、父であり、母であり、

でも外では男でいたいし、女でありたい、そういうアレですよね(笑)

生き抜いてきた経験で物事の理解も判断も自分でできるし、

決めることもできるんです、大抵の事はね。

でもさ、欲しい物があって、それは自分を理解してくれる誰かという存在ね、きっと。

外の恋の相手に何かを決めてほしいのではなく、話を聴いてほしいだけ。

で、少しだけ意見を、賛成か賛成に近い意見を(笑)添えてくれたらベスト。

要はね、否定してほしくない、真っ向から反論してほしくない、そういうことですよ。

答えなんか自分で持っているもんね、既に。

でも、その答えに至るプロセスや考えたことを聴いてほしい訳。

でね、いいんじゃないの、それで、と言ってくれたら嬉しいんだ(笑)

それがあればこそセックスだって気持ちイイと思えるんだと、まぁこう思います。

話を聴くのは忍耐力を試されることも多々あるけどね(笑)

話の結論が一向に見えない時ってあるもんね。

つまり、何が言いたいんだろう・・・?みたいなさ(笑)。

でも拒絶も否定もなしに黙って、できれば笑顔で頷きながら話を聴いてくれる人は

やっぱり大切な存在ですよねぇ。。。

主従関係のような人たち

人が数人集まれば、同じタイプの人ばかりがいるとは限らないですね。

むしろアレですね、違うタイプが揃う場合の方が多いんじゃあないですか。

リーダーシップを取る人、それに従う人、不思議と何処にもいるものです。

威張ることをリーダーシップと勘違いしている人も多数いる(笑)

多数いるというか、其処ら中にいますよね(笑)

なんて言うんですかねぇ・・・常に上から目線な態度と発言、

高圧的、威嚇するような態度、仕事をしていると客先の担当者で

時々遭遇しますね、特に若い子に多い(笑)

弱みを見せたくない単なる強がりの裏返しだったりする訳ですが、

まぁ何て言いますかね、みっともないですね。情けないというか。

犬の遠吠えとはよく言ったものですよ、ええ。

旦那という立場でも同じような話をよく耳にしますよね。

いや、そりゃあね、一家の大黒柱だとしたら確かにエライ人なんだろうけどさ。

昭和の時代じゃあない中で、家の中で暴君のように立ち居振る舞ってもね、

煙たがられ、嫌われるだけじゃあないのかなぁ・・・なんてね、思いますよ。

嫁に対して高圧的である旦那が外で浮気をした場合に、

つまりは他所の奥さんとか、まぁ独身の女性でもいいんですけどね、

やはりアレですかね、高圧的な態度なんですかね(笑)

俺の言うことを聞けばいいんだ、俺が決めるから従え、みたいな(笑)

そういう態度・対応を望む人妻、他所の人の女性っているんですかね。

・・・あ、ご主人様に命令されたがるプレーなんてのがありましたね(笑)

首輪とか付けちゃってるヤツ。

アレはアレであるんでしょうけどね、そうじゃあなくてさ。

生い立ちなのか、そういうやり方をを教え込まれたのか、それとも元からなのか、

アタシはどうしても理解できないんですよね、女性に威張る男ってのが。

アンタ、何様なの?と思ってしまうんですねぇ。

100歩譲って家庭内ならね、家族を養っているんだ俺は~!ということでね、

俺様であったとしてもいいのかもしれませんけどね、外の恋の相手にまで

そういう態度対応ってオカシクないですかね(笑)

そもそもそんな関係性で女性は納得するんでしょうか。

・・・納得も何も、それを望んでいるという人もいるのかもですけどね(笑)

持ちつ持たれつであったり、お互い様であったり、時には少しばかり支え合うことも、

あったりするじゃあないですか、外の恋でも。

そう考えると、やはり50%50%のバランスで存在し合う方がしっくりくるんですよね。

主も従もない関係、依存も依存されるのも、できるだけなしで(笑)

外の恋のつりあい、バランス

土日と北陸は金沢へゴルフ旅行に行ってきました。

北陸。

冬の映像を見ると雪ですよ、雪が積もったりします。

ゴルフ場は冬場はクローズですし、極寒ですよね。

ところがね、夏はこれまた半端ない暑さなんですな。

噂には聞いておりましたが、想像を絶する暑さでした。

ゴルフをしていてツライと思ったのは人生で初ですから(笑)

オッサン10数名、全員無事に帰還しました、ええ。

最後はもう気力と精神力で乗り切った感じですね(笑)

いやしかし、北陸新幹線が開通したことで街が大都会のようでした。

新幹線でも飛行機でもホントに近い場所ですね、金沢は。

ただ、夏のゴルフをしに行くのはおススメいたしません(笑)

春先、秋でしょうね、行くならば。

密やかに外の恋のデートをお泊りで、なんてね、いいんじゃあないですかね(笑)

んー・・・金沢でも男女のカップル、たくさんいました。

若い子同士、中年同士、お年寄りのカップルもいました。

で、アタシ思いました。

似合わないカップルってのは何処にでも必ずいるということを(笑)

似合わない、違和感がある、何か変なカップル。

ひとつには男女の年齢差ですかねぇ・・・。

どう見ても20も30も年が離れている男女が寄り添い、手を繋ぎ歩く図。

例えばね、50過ぎのオッサンと20代前半の女子。

親子なら当たり前のようにありますけどね、親子なのか、そうじゃないのか、

そりゃあ見たらわかるじゃあないですか(笑)

年齢差を感じさせないカップルなんてのがありますけどね、

アタシはダメだなぁ。

特にね、外の恋なら尚更ね(笑)

求めるモノ、意味が何か、何なのかにも寄ると思うんですよ。

ひとつ言うとね、アタシの知る人・・・50代のオッサンですけどね、

20代の女の子といい関係です。

いい関係です・・・(笑)、お小遣いあげてるんだ(笑)

でも本人曰く、俺の恋人だよコイツは、なんてね、言っちゃってんの。

堂々としたものでね、アタシに紹介までしちゃってさ(笑)

関係ないんだから止せばいいのにね(笑)

やはりね、思うんですよ。

関係性は対等でありたいな、と。

その意味でも同世代、同じ時代を生きてきた人、熟女ね、人妻(笑)、

これがアタシは必須前提条件です。

話が合う・話題に共通点が見出せるとかね、そういう意味合いもあるけど、

やはり人間的な完成度、習熟度みたいなのは大切ですよ。

カラダの習熟度もアタシは大切ですけどね(笑)

まぁね、アレですよ。

そもそもアタシには若い子は寄ってきませんし、その点で可能性ゼロですね(笑)

外の恋ウォッチャー

今日はこれから新幹線に乗って旅に出るんです。

旅ったってね、アレです、1泊2日(笑)

明日の夜には家にいるんです。

んー・・・行先は北陸。

仕事じゃあないですよ、勿論ね。

デート・・・デートですか?(笑)

いや、北陸方面に彼女はいませんから、ええ(笑)

ゴルフですよ、ゴルフ。

しかもね、仕事仲間のオッサン10数名、平均年齢45歳くらいの(笑)

いやぁアレですね、新幹線の車内が走る居酒屋状態になりそうですね(笑)

というか、品がない。放送禁止用語が大音量で飛び交いそうな。。。

いけませんねぇ・・・オッサン、下品なオッサンは嫌われますからね。

ジェントルマンでなきゃダメですね、いやホントにね(笑)

地元の駅から東京へ向かう電車の中で、向かいの座席に座る女性がいました。

いいオンナです(笑)。

あ、見境なくいいオンナってわけじゃあないですよ、アタシは。

アタシの言ういいオンナってのは熟女です(笑)

熟女で且つ他所の人の奥さん。

その女性ね、他所の人の奥さんかどうか、そりゃあわかりませんが、

多分奥さんでしょう。

雰囲気に出ますよ、主婦というか母というかね、そういうアレが。

で、暇だったもんで(笑)、ちょっと思いを巡らせました。

この女性は何処に行くのかな、小さいながらも旅行鞄を持っている、

これから一人旅・・・?のはずもないなぁ・・・となると待ち合わせして

落ち合って何処かへ・・・なんてね、実にどうでもいいようなことを

妄想、じゃなくて(笑)想像してみたんです。

終点で乗り換えます。

図らずも同じ方向に歩いていくんで、じゃあってことでね、

アタシもその女性の後を歩く形に・・・。

・・・やはりアタシの勘は当たりますねぇ(笑)

ターミナル駅の待ち合わせ場所でね、待ち人が現れるのを待つ人の中に

その女性はやや早歩きになって向かっていきましたよ、ええ。

アタシと同じくらいの年齢のいかにも!な雰囲気のオッサンの下へ(笑)

いや、旦那かもしれませんけどね、実際。

でもなぁ、旦那にあんな満面の笑顔で向かっていかないよね(笑)

不倫旅行と断定します!(笑)

まぁいいんですけどね、そんなことはどうでもさ。

アタシだってね、もしかしたら誰かに見られて観察されてるかもしれないもんね。

アイツは実にスケベそうな顔付きだ、間違いない、これから他所の女と逢うに違いない!

なんてね(笑)

何はともあれ、北陸新幹線で宴会のち、現地で宴会、明日はゴルフで、

寿司食って帰りは飛行機で戻ってきますよ。

品位よく、程々にハメを外して楽しんできます!(笑)